« 硬いのと柔らかいのと | トップページ | ガリガリ君 »

暑いので、つい・・・。

本日、夏らしい青色のワンピースをお持ちになったお客様がいらっしゃいました。
聞くと、娘さんに縮んだ、と言われたようです。

品物を拝見しますと、素材表示の所にレーヨンと書いてある・・・。
水洗いしましたか?と聞くと、

『綿でしょう?暑いし綿なら大丈夫だと思って水洗いしちゃった。』

とおっしゃいます。

実は、ここ最近多いのですが、綿製品だと思って水洗いしてしまって、おかしくしてしまうケースが増えているんです。
綿だから水洗い大丈夫だとか、微妙な噂が流れてしまっているようです。

洗う、と言うことに関してだけ言えば、綿なら水洗いはできるでしょう。
しかし、洗うことができるのと着る事ができるのとは全然違うんです。

たとえば、水洗いは出来たけど白っぽくなってしまったり。
これではもう普段着にしか使えません。

どうもまだ洗濯の判断がちゃんとできる人は少ないような気がします。

今回のケースは、レーヨンを水洗いしたために縮んでしまったので、当店でお預かりし、クリーニングの後整形して延ばすことにしました。

素材はあくまでも洗うときの判断材料の一つです。
織り方や色、装飾品などで、扱いが全然違ってきます。
ここ数日、確かに暑すぎますから水洗いしたい気持ちも分りますが、洗う前に表示をきちんと読んでくださいね。

外国の表示で分らない場合は、最寄のクリーニング屋さんへ聞いてみてください、
教えてくれるはずです。

|

« 硬いのと柔らかいのと | トップページ | ガリガリ君 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 硬いのと柔らかいのと | トップページ | ガリガリ君 »