« BBQの準備 | トップページ | 若さが足りない? »

コートの袖口の擦り切れ

綿のコートで、袖口が擦り切れているものを良く見かけます。

原因は様々です。
時計が擦れて切れたり、汚れで擦り切れたり。

ただ、そのままの状態ではあんまり着たくはありませんよね。
かといって、袖口が擦り切れているだけで、他は何とも無いし、捨てるのも勿体無い。

実は、これにはいい方法があるんです。

袖を5mmほど詰める事で、袖口が綺麗に直ってしまいます。

昔の人は、良く修理して着つづけて物ですが、最近はあまり修理をしないのでこの方法を知らない人が増えているんですよね。
詰めると言っても、5mmほどですから、着ていても影響はありません。

これは覚えて置いて損は無いですよ。
ご主人のコートで、袖口が擦り切れているものがあったらぜひ、この期間に直しちゃいましょう。

ではいったいどこでやってくれるか?となりますが、リフォーム屋さんでOK。
また、クリーニング屋さんでも受け付けてくれます。
修理をする前に一度洗った方が良いですから、クリーニング屋さんのほうが楽チンかもしれませんね。

リフォーム屋さんの中には、パートさんを使って、技術の無いお店もあるようです。
そのようなお店で直すと、仕上がりが雑だし、綺麗に直してくれないケースもあります。
事前に、周りの人からお話しを聞いて見てくださいね。

当店でも、お受けしています。
当店で修理して頂く方は、本当の職業は仕立て屋さん。
修理する方ではなくて、作る方が本職なんです。
この人が直すと、どこを修理したの?という位、綺麗になって返って来ます。

これが技術なんだなあと、実感できると思いますよ。
おそらく、うちの仕事しか受けてもらってないと思います。
高齢なのと、本職の方が忙しい方なので、こちらも多少無理を承知でお願いしているんです。

これは余談ですが、修理をクリーニング屋さんに出すときに、同じ地域で周らない方が良いかもしれません。
普通は、その周辺のクリーニング屋さんの修理を一手に引き受けている業者さんがいまして、気に入らないからとか断られたとかでクリーニング屋さんを回っても、最終的には同じ修理屋さんへ行ってしまうので、結果は同じになります。

違う結果を求めたい場合は、当店のように他のクリーニング屋さんと違う業者さんに頼んでいる所か、まったく別の地域でお願いする方が良いと思います。

服は結構修理がきくものです。
直して着るのもいいものですよ。

|

« BBQの準備 | トップページ | 若さが足りない? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BBQの準備 | トップページ | 若さが足りない? »