« お店を選ぶ理由の一つ | トップページ | 染み抜きで起こる事故とは? »

成功体験があるから使うんですよね。

先日、お馴染みのお客様がご来店。

ポロシャツにしみがあったので、自分で洗ったら黄色くなってしまったんだそうです。
洗うだけで黄色くなるはずがありませんので、何かしました?と聞くと、キッチンハイターをつけたといいます。

それも原液で。

それだけ聞けば原因も判明。
キチンハイターを服に使っちゃいけません。

ワイドハイターなどと変わらないのですが、その違いは濃度。
濃度が濃すぎると、服には使えないんです。
ですから、もしどうしようもなくて使うときは十分に薄めないとダメ。
衣類用の漂白剤は、きちんと濃度を抑えて作ってあるので、普通に使う事ができるのです。

去年から、このような事故が後を絶えません。
そのほとんどが、キッチンハイターやカビ取りハイターを原液でつけたものばかり・・・。

なぜ、こうも使ってしまうのか、聞いてみると、成功体験があるかららしいんです。

物凄く汚れたタオルにキッチンハイターを使ったら落ちたとか、そういう体験があるから、服でも同じようにしてみようと思うんですね。

タオルなら、ダメ元でもかまわないでしょうが、お気に入りの服にはそういう訳にもいきません。

洗剤と違い、漂白剤は高度な知識が必要です。
理由が分らないのであれば、衣類用を使う方がいいとおもいます。

衣類用よりも強力でしょ!なんていう考えで使っては絶対いけませんよ。

このような事故を減らすにはどうすればいいんでしょうか。
クリーニング業界で、ドライマークが洗える洗剤の時の様に、消費者に伝えていくしかないんでしょうね。

クリーニング屋さんが教えてくれるセミナーなんてあったら、面白いかなあ。

| |

« お店を選ぶ理由の一つ | トップページ | 染み抜きで起こる事故とは? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お店を選ぶ理由の一つ | トップページ | 染み抜きで起こる事故とは? »