« あなたもクリーニング屋だったのね。 | トップページ | よこはま動物園 ズーラシアへ。 »

アイロンの裏は汚れます。

午前中に、お客様が血相を変えてやって来ました。

娘さんの真っ白のブラウスをアイロンがけしようとしたら、襟が青くなってしまった!と言うのです。

早速見てみると、襟が確かに青くなってしまっています。
しかし、全部と言うとそういうわけではなく、凸凹している山の所が青くなっているようです。

見て、すぐにピンっ!と着ました。

これは、アイロンの汚れですね。
アイロンの裏側ってかなり汚れています。

汚れの原因は様々です。
衣類の汚れが付いてしまったり、糊が焦げてついていると言う事もあるでしょう。
極稀にあるのが、染色の移りです。

どうも今回もそれが原因のようです。

昔、お祭りで使う法被をアイロンがけした時の事。
全部仕上げ終わり、さ〜次はYシャツだ!と気合いを入れてアイロン台でアイロンを滑らせていると、どうもすべりが悪いんですよね。
で、おかしいな?と思ったので、アイロンの裏を拭いてみると・・・・・、青くなってしまいます。

法被の裏が移ったな?と思い、このままYシャツを仕上げると大変な事になってしまうので、すぐさま、裏側を拭き、青い色が出なくなるまで拭いた事があります。

気付かない所で、お客様もやってしまったんでしょう。

他にも、アイロンは事故が多いんですね。
プリントなども熱で剥げてしまいますから、アイロンがかけられないですし、最近ではファスナーも熱で溶けるようなものがあったりと、難しくなってきています。

熱に弱い素材も多く使われています。
アイロンをかけるときは、慎重にしましょう。

シャツなどでスプレータイプの糊付けをする方は、アイロンの裏の掃除もお忘れなく。
水を吹きかけた時に移る事が多いようです。

| |

« あなたもクリーニング屋だったのね。 | トップページ | よこはま動物園 ズーラシアへ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あなたもクリーニング屋だったのね。 | トップページ | よこはま動物園 ズーラシアへ。 »