« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年、お疲れ様でした。m(__)m

みなさん、一年お疲れ様でした。
当店ももう少しで本年の営業を全て終了いたします。

ブログも何とか続けてくる事が出来まして、そちらもほっと一安心。
クリーニング屋として、いろいろな事をお伝えしたいと思いつつ、思う様に書けないというジレンマも多少ございますが、来年ぜひ書ける様にと思っています。
先に延ばすほどお楽しみもふえる・・・、と言うことで。(笑)

今年は色々ありました。
仕事も順調に増えてきています。
府中に越して来た方が多いという現実もあるんでしょう。
また、高額な衣類を扱う機会も増えて来ました。
今までも、カシミヤクリーニング.COMに代表される様に、当店には高級獣毛繊維が数多く持ち込まれています。
カシミヤやアンゴラですね。
しかし、それ以外にも、ウール製品だけどとてもいいものだったり獣毛繊維の中でも特別なものだったり。

世の中に、これだけいい製品が出回っていると改めて認識したと共に、これらをクリーニングする事にお客様が不安を感じていると思いました。
いいクリーニング屋さんを探している方は沢山いらっしゃいます。
そして、現在ご利用されているクリーニング屋さんに満足されていない方も沢山いらっしゃいます。

来年は、そういった困っている人に少しでもお役に立てる様になればいいなあと思います。

振り返るとね、楽しかった事、悲しかった事、色々とあります。
今年はよく泣きました。
でもね、後数時間でまた来年が来ます。
忘れる事は出来ないけど、進んでいかないといけませんね。

みなさん、今年はどんな年だったでしょうか?
また来年のこの時期、いい年だったねと言える様に来年一年頑張りましょうね。

本年も沢山の方々の愛情に助けられ、今年も一年無事に過ごす事が出来ました。
改めてみなさんに御礼をさせてください。

本当にありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。
よいお年を。

続きを読む "2006年、お疲れ様でした。m(__)m"

| | コメント (2)

市場は大賑わい

いよいよ残す所後二日。
お店も正月休に入った所が多くなってきましたね。

クリーニング屋さんも今日までの所が多いんではないでしょうか?
当店は31日までフルに頑張っています。
今年は、品物が多く、最後の最後まで仕上げっぱなしになりそうな予感です。

さて、今朝朝早く起きまして、分倍河原のお客様の所は集配に行く前に、市場へいってみました。
大東京総合卸売センターです。

着いたのが7時半頃。
すでに駐車場は満杯で、なかなか停める事が出来ません。
しかも、駐車待ちで構内が大渋滞。
早く買い物しないと帰れなくなるなと思いまして、何とか車を停め、買い物です。

いつもの市場と違い、今日は物凄く人がいます。
鮮魚の方なんかは、あふれかえるほどの人・人・人。
やはり年末だからですね。

マグロの解体ショーなどもやっていまして、大盛況です。
飛ぶ様に売れてましたね。

他にも、正月用品や他の食材、いろいろな所に人だかりがあります。

私はお目当てのものがなかったので、いつもの様に吉祥さんでお豆腐を買って帰ることに。
ところが、吉祥さんまで物凄い人だかりなんですね。
これにはびっくりしました。

大東京卸売センターは今日までの営業らしいのですが、一部大晦日までやっている所があるようです。

今は元旦から営業されている所もあるので、買いだめする必要もないんでしょうけど、やっぱりねえ。
どうしても何か買っておきたくなります。

今日も11時近くまで仕事をしておりました。
後は明日、残った品物を仕上げるだけです。
近年まれに見るハードな年末になってしまいました。(笑)
いい年を迎えられる様に頑張ります。

| | コメント (0)

擦り切れの修理は必要です。

HPをご覧になったお客様からスーツのクリーニングのご依頼です。
府中市にお住まいの方で、早速引き取りに伺いまして、スーツをお預かりして来ました。

洗う前に検品と言いまして、ポケットに何か入っていないか?目立つシミはないか?キズがないかなどチェックします。
すると、お預かりしたスーツの中の一着にキズを発見。
ズボンの右ひざのちょっとした辺りに、擦ったような傷があります。

早速電話で確認をすると、転んだ時にすったらしいんですね。

このようなスレのキズの場合、突発的に起きた傷と恒常的についたきずとあるんです。
恒常的とは、常に何か当たっているような状態、くせなのかもしれませんしイスなどにあたっていると言うのもあります。
一番多いのがお財布でしょうか。

今回は突発的なキズですから、傷が広がらない様に処置する事にしました。

とても柔らかく細い糸を使用しているスーツなので、このようなちょっとしたキズでも完全に穴があいたり広がる可能性があります。
未然に防ぐ為に、修理が必要なんです。

今回は、薄い生地を裏から貼り付けることで強度を持たせることにしました。

無事に張りつけ終了。
修理も目立たないし、何よりこれで破れるなどの不安はなくなります。

クリーニングにおだしになる時、もし今回の様に、傷があるときなどは事前に伝えた方がいいとおもいます。
今回は気付いたから良かったのですが、もし、気付かずに洗ってしまって傷口が広がる可能性もあるわけです。
事前に伝えておけば、広がらない様に処置したり、丁寧に洗うなど選択する事が出来ます。

ほんのちょっとした事ですが、教えて頂くと非常にクリーニングしやすくなるんですね。

みなさんいいスーツをお持ちの方が増えている一方、ちょっとした事でスレやキズなどが本当に多く見受けられます。
そのまま放置するのではなく、適切な処置をしておくと、長持ちすると思います。

お近くのクリーニング屋さんに相談してみてくださいね。

| | コメント (1)

セブンイレブンとごみ。

毎朝、うちの周りには物凄いごみがある。
そのほとんどが弁当の空き箱だったりカップラーメンの残りだったり。

一本道をはさんでコンビニがあるから、そこできっと買っているんだと思う。

コンビニにはごみ箱がいくつも置いてある。
燃えるごみ用、燃えないごみ用、ペットボトル用、きちんと分けられている。
しかも、店員さんがこまめに片付けているので、ごみ箱がいっぱいで入らないと言う日はない。

でも、お弁当のごみとかはそのまま道路に放置していく。
ちょっと歩けばすぐごみ箱があるのに。

見てみると、座って食べて、その横にそっと置いたままいったんだろうなあと言うのが分るようなごみもある。

何でちゃんと捨てないんでしょうね?

セブンイレブンさんはすごい。
なんとその弁当やカップラーメンの残りを掃除して回っている。
周辺をぐるっと回り、片っ端から片付けている。

これを当たり前と思うか?すごいと思うか?どちらなんでしょ?

ごみを持ち帰ろうとはいいません。
ちゃんとごみ箱があるんだから、せめて食べ終わったらごみ箱へ捨てようよ。

誰かが拾ってくれるからいいってもんじゃないよね。

いつも綺麗にしてくれて、セブンイレブンさんありがとうございます。

| | コメント (0)

年末年始の予定です。

慌しく毎日が過ぎていきますね。

お客様に、ずいぶんと沢山お問い合わせを頂いていたんですが、ようやくここにきて年末年始の予定が決まりましたので、ご報告いたします。

年内営業

12月31日 
31日は6時ごろに閉店いたします。他は通常営業です。

年明け営業

1月6日

となりました。

まだ、何とか年内仕上がり間に合います。
お問い合わせの上、ぜひお持ちください。

いつもなら12月頭には予定が決まるんですが、今年はなかなか予定が決められずにいました。
と言うのも、当店は日のいい日を選ぶと言うのがありまして、今回の年末年始はどうも合わなかったんですね。
日のいい日を選ぶと10日近く休んでしまってご迷惑かけるし、かといっていつものように開けると日が良くないし・・・。

何故縁起を担ぐようになったかと言いますと、私の兄が関係しているんです。
以前ここでも紹介した事がありますが、私の兄は6歳の時に白血病で亡くなりました。
私が生まれる一年前の話ですので、私には兄の記憶がありません。

順調にすくすくと育っていた子供が、ある日からだがだるいと言い出し、検査をすると白血病と判明。
それから辛い闘病生活を過ごします。
何か自分たちに理由があれば、少しは楽になるのかもしれません。
しかし、病気って突然やってくるんですね。
しかも、何で自分たちに?と思うほど、理由もなく突然に。

いろいろな事が頭の中をよぎったそうです。
何か悪い事したのか?
行いが悪かったのか?
先祖供養してなかったか?

悪いと言われるものがすべて病気に繋がってしまうんだそうです。

日の良し悪しも。
関係ないとは頭で分っていても、日が悪かったからかなあと思うと、自分を責めてしまうんですね。
それからのようです、縁起を担ぐのは。
後で何か起きても、気にして後悔しないように。

もっとも、商売をやっている人は、縁起を担ぐ人多いんですけどね。

さー、年末年始の予定も決まりました。
後は、気合い入れて仕事をこなしていくだけです。
みなさんも、残り数日、風邪など引かずに頑張りましょう!

| | コメント (0)

駆け込み寺のクリーニング屋さん。

クリーニングの駆け込み寺、と称されているクリーニング屋さんがいますね。
それとはちょっと違うかもしれませんが、うちも駆け込み寺なんです。

今日も一人お客様が駆け込んで来ました。

今日は朝から雨がすごく、夕方になってから更に雨脚が強くなって来ました。
そんな時に事件は起こります。

お客様が、傘を差して歩いていると、突然前から歩いてきた男性が抱きついてきたんだそうで・・・。

びっくりして、当店に駆け込んだ、と言う次第です。

駅前の大通りでなのに、こういった事が起こったりするんですね。
お客様もさぞやびっくりされたことと思います。

傘をさしている状態ですから、傘をかいくぐらないと抱きつく事は出来ません。
つまり、悪質な故意だと言えます。

最近、中河原周辺でも痴漢などの被害が出ていると言う話は聞いていましたので、そのたぐいかなと思いますが、安心して女性が歩けないような街って困りものです。

何年か前は、新宿からつけられてきて、コンビニに逃げ込んでもついてきた!と、当店へ駆け込まれたケースもあります。

いかん、物騒すぎる。

当店は、夜10時まで営業をしております。
仕事が終わらなければ、営業時間をすぎても仕事をしている事もあります。
もし、何かありましたら、遠慮なく駆け込んできてください。
コンビニやスーパーに入っても、つけてくるのをやめないようです。
危ないなと思ったら、すぐ来てくださいね。

ちょうど私が集配に出かけるときだったので、そのお客様と一緒に店を出て、途中まで送って行きました。
男の人が一緒なら下手な事は出来ませんしね。

クリーニングの駆け込み寺、もとい、駆け込み寺のクリーニング。
そんなちょっと安心してもらえるクリーニング屋も、いいですよね。

危ないと思ったら、是非立ち寄ってください。

| | コメント (0)

人の弱みにつけこんだ商売はしたくないな。

年末になると忙しくなります。
仕事ももちろん忙しくなりますが、それ以外にアクシデントが起きやすいのもこの時期。

今日も実はアクシデントが発生しまして、午後から夜まで大騒ぎでした。
結局、地道に仕事をしていったので、終わったのが11時20分。
午前様を覚悟していただけに、早く終わったなあと言う感じです。

トラブルは嫌なものですが、何とか対処していかなくてはなりません。

しかし、世の中にはそういう人が大変な時や困っているときにつけこむような商売をする人がいるんですよね。
本当に、タチが悪い・・・。

交渉のテクニックだ!といわれるとそうなのかな?と思ってしまいますが、なんて事はない。
ようはここぞとばかりに都合のいいように言っているだけなんですね。

人の振り見て我が振りなおせじゃないですが、いやらしい話を聞いていると自分はああはなりたくないなあと強く思うんです。

クリーニングでさえ、困っている人がいれば、何とか出来ないかな?と考えます。
お店の機械が全部止まっていても、一着のスーツのためにボイラーを炊き機械を動かした事もあります。
仕事で帰れなくて、その人のために、深夜12時過ぎに集配にお伺いした事もあります。

確かに、その行動自体は赤字。
でも、お話を聞いて、困っていて他にどうしようもないと言うのが分っていて、私は関係ありませんから、なんて事はいえません。

常に困るって事はないと思うんですよね。
もし、常に困っていると言う事があるとするなら、それはもう何らかの対策が必要なわけです。
早く手を打つべきでしょう。
しかし、大体が突発的に困っている。
たまたま、今回だけ、どうしようもなくなっているケースがほとんどなんですね。

ボランティアでもなんでもなく、なんていうんですかね、仕事の本質に迫っていると言うか・・・。

困っているから手伝うって、仕事の根本だったりしませんか?
そういう気持ちがない人に、きちんとした仕事が出来るとは到底思えないんです。
どこかで、適当でいいやとか、こんなもんでいいや、と言う気持ちがあり、それが仕事に出てくると思います。

私の少ない経験上でも、本当に良い仕事をする人って、優しいんですよ。
何とかしようとしてくれる、その気持ちがこちらの気持ちを癒してくれたりします。

いい勉強しました。
弱みにつけこむような、そんな商売だけは絶対したくないです。

| | コメント (0)

大掃除はほこりがいっぱい

今日は午前中お墓参りに行き、午後から大掃除をしていました。
本来なら、毎年最終日曜日にやるようにしているのですが、今年は大晦日が最終日曜日。
とても掃除どころの騒ぎではないので、一週繰り上げです。

私の担当は前面のガラス。

毎年、ガラスクリーナーを使いながらガラス拭きをしているのですが、今年はちょっと違います。
今年は秘密兵器があるんです。

それは、スチームクリーナー。

ずーっと前から欲しかったのですが、今年後半に激安で手に入れる事が出来まして、それ以来我が家で活躍しています。

使うための準備が多少必要ですが、使い始めてしまえば簡単楽チン。
窓の汚れが一瞬で綺麗になっていきます。

毎年、洗剤を使い、水拭きし、乾拭きしと手間をかけていたのですが、今年はスチームクリーナーと乾拭きで終了。
窓が綺麗になると一気に部屋の中が明るくなります。

これだから、窓の掃除って好きなんですね。

その後、お店の中の壁を水ぶき。
いつも見ている光景なので、そんなに汚れていないかな?と思っていたのが大間違いで、軽く拭くだけで雑巾が真っ黒です。
大通り沿いということもあるんでしょうね。

私がお掃除している間に、母はカーテンのクリーニング。
普段お客様のものを洗っていますが今日は家のものを洗っていました。
洗濯屋といえども、普通の家庭です。
やっぱりカーテンは汚れています。
午後いっぱいを使ってカーテンのクリーニング終了。
居間も明るくなりました。

お店の中の掃除もあらかた終わったので、今度は部屋の中です。
パソコンの周辺は、滅多に掃除しないのでほこりが溜まりまくっています。
物凄い量のほこりに驚きつつ、ついでにパソコンの中も開けて掃除しました。
ファンが付いていますから、どうしてもほこりが入ってくるんですよね。
パソコンの中も一度あけてほこりをとった方がいいですよ。

気が付くともう夜の7時を回っています。
今日は、子供たちを早く寝かせてサンタにならないと。
いつまでサンタがいると思ってくれるんですかね。
なんか上のお兄ちゃんは、すでに何か感づいている様子・・・。
何か意味深な会話を私に振ってきます。

もうちょっとサンタさんを信じてもらいたかったので、サンタさんの名前をちょっとだけいじくってみました。

『うちにいつも来るサンタさんの名前は、はちべえ、だよ。サンタさんは世界に沢山いて色々な人がいるんだ。うちにくるはちべえさんは日本支社の東京支部の府中担当。お父さんが子供の頃も来てくれていたんだよね。』

と、おおぼらを吹いてしまいました。(^_^;)
その後、ちょっとだけ信用したようですが、やっぱりまだ疑っている・・・。

来年はもうダメかな。

日付が変わったら、プレゼントを枕元に置こうと思います。
それまでは静かに静かに・・・。

| | コメント (0)

年内間に合いますか?

年末が近づきだすと、この言葉を聞くようになります。

今は色々な人がいらっしゃいますので、人によって休みが違うんですよね。
ですから、みなさんのお休みの事情を聞きつつ、個別に対応するようにしています。

個別って大変そう、と思います?
大変じゃないと言うと嘘になりますが、大まかに二つに分けて考えています。

一つは年内に絶対仕上げるもの。
もう一つは年明けでもかまわないもの。

年内仕上がりの中には、29日までとか30日までとかありますが、受付の段階で判断をします。
年末のラスト一週間は、普通の状態とは違い、着た物を淡々と仕上げていくといった感じなので、急ぎもあわせやすくなっているんです。

お休みに入って、旅行へ行ったり実家へ帰ったりする人もいますから、早めにお返ししないといけません。

明日も結局、残った仕事をしなければいけませんし、掃除もしなければいけません。
休み前はどこの業種も同じようなものらしいですけどね。

と言う事で、まだまだ年内十分間に合います。
31日まで営業をしていますので、是非お待ちくださいませ。

また、ギリギリまで仕事をしていて出かけるまで時間のない方も、是非一度お店に来ていただいて、ご相談ください。
事前に打ち合わせをして頂ければ、合わせた仕事も可能です。

現在、そういった予約をしているお客様が数人いらっしゃいます。

クリーニングで予約・・・、珍しいもかもしれませんね。(笑)

ご相談、お待ちしております。m(__)m

| | コメント (0)

月日がたつと脆くなりますね。

夕方、スーツなどの仕上げが一段落ついたので、Yシャツに取り掛かろうとしたところ、問題が起きました。

Yシャツをプレスする機械から、蒸気が漏っている・・・。

配管の途中で、ちょうど曲がった角っこのところなんです。
蒸気の威力ってすごくて、たまに配管に穴をあけてしまいます。
やっぱり角が多くて、蒸気が曲がる時に配管にぶつかるんでしょうね。
そして、それが年月を重ねると、突然パンクするわけです。

鉄のパイプに穴を空けるわけですから、想像するだけでもその威力が分るでしょう。

急ぎのお客様もいらっしゃるので、大急ぎで機械屋さんに連絡。
すぐ来てもらい、配管を直してもらいました。
作業自体は30分弱で終わります。
そのまま、Yシャツのプレス機の調子の悪い所も見てもらうことに。

少しいじってもらいまして、試運転を始めると、動かないんですよ。
もう、みんなびっくりです。
配管が直ってようやく仕事が出来るかと思いきや、機械自体が動かなくなるなんて。

全部チェックしてもらった所、外れている箇所を発見。
すぐ繋ぎなおして、試運転をすると見事に動き出します。

ほっと胸をなでおろし、仕事をしていると、今度はエアーが漏れる音が。

もう長い事使っていますから、所々傷んでいるんでしょう。
脆くなるのは主にゴムの部分。
パッキンなどがやはりへたって着ますね。

消耗品と思って交換するしかないんですが、交換して直るのか?それもまた分りません。

機械自体の入れ替えか?再度修理か?遅くなったYシャツの仕上げをしながら考えていました。

またお店で会議かな。
徹底的に話し合うので、しばらくこの話題で持ちきりになりそうです。

| | コメント (0)

クリスマスケーキはどこで買いましょうか?

もうすぐクリスマスです。
プレゼントの用意は済みましたか?

子供の頃は心待ちにしていたクリスマス・・・。
大人になって自分が買う側になって初めてわかるクリスマス・・・。
子供のおもちゃって高いんですね。(笑)

クリスマスのケーキはどこで買っているでしょうか?
ここ中河原にもケーキ屋さんがいくつかありますね。
以前は駅前の不二屋さんでよく買っていました。

今年はまだ決めていませんが、府中周辺にもおいしいケーキ屋さんがたくさんあります。

聖蹟桜ヶ丘に行きますとロールケーキで有名なプリムヴェール さんがあります。
ロールケーキと言うと他にも有名なお店がありまして、こちらは多摩センターにあります、グランクリュ。
グランクリュさんは、いつ行っても人がたくさん。
ロールケーキを買うのに30分ほど並んだ事もあります。

府中駅の方へ行きますと、農工大の方にウルソンさんがありますね。
こちらも、おいしいと評判のお店です。
うちが良くお世話になったのが、ジェノワーズさん。
ここのガトーフレーズは本当においしい。
生クリームが濃厚で、更にクリスマスのイチゴはなんでこんなに良いもの使っているの?と本当に驚くほど美味しいんです。
今は、伊勢丹の地下でも販売してますね。

そして、最近気になっているのがヤマダ電機前にある、ア・ビアント さん。
ここも非常においしい。
ジェノワーズさんとはまた違った美味しさなんですよね。
先日も、配達の帰りにちょっと寄って買って帰りました。
10時近くまでやっているので、配達帰りにも寄る事が出来ます。

聖蹟桜ヶ丘の新宿高野のケーキも捨てがたいんですよね。
乗っているフルーツがめっちゃおいしいし・・・。

うーん、迷います。

一昨年までは上のお兄ちゃんが卵アレルギーだったので普通のケーキは買えなかったのですが、今は何とか食べる事が出来ますからね。
おいしいって言わせたいな。

悩みますねえ。

| | コメント (0)

衣類を持ち歩くって恥ずかしいですか?

クリーニングって、汚れたものを持ち込みますよね。
それが普通で、別に気にした事などなかったのですが、中には衣類を持ち歩くのが恥ずかしいと言う人がいるんですね。

汚れた品物ならいざ知らず、クリーニング後の品物まで持ち歩くのが恥ずかしい人がいるようです。

うーん、ちょっとびっくりしました。

でも、服を買うわけでもなく、持ち歩くって考えたらおかしいのかな?
汚れ物なので恥ずかしいと言う人は結構います。

こんなに汚しちゃって恥ずかしいんだけど・・・・・、と申し訳無さそうにお持ちになるんですが、こちらの方が逆に恐縮してしまいます。

衣類を綺麗にするのが仕事ですから、汚れた服を見てもうわーとかあちゃーとかは思わないんですね。
それより先に、どうやって洗えば綺麗になるか?そちらを真っ先に考えているんです。

受付で私がうわーとか言っているときは、汚れの事じゃなくて、この汚れを落とすには水を使いたいけど素材が水に適していない、どうしよう・・・・、と言うときがほとんどです。

お医者さんが血を見ても驚かないのと一緒でしょう。

むかしから、洗濯屋さんは向こう三軒両隣はお客さんにならないよ、と言うような話があります。
汚れから生活が伺えるのを嫌がるって言う話ですが、あまりそういった実感はないんですよね。

だって、服って汚れるのが当たり前ですもの。
安い服を買おうが、高級な服を買おうが、大人でも子供でも、多少の差はありますがみんな汚れます。
その汚れを放置しておいて黒ずませてしまうか、こまめにクリーニングして小奇麗に着ているかの差だと思います。

クリーニング屋さんで渡すサービスバックもあんまりイメージが良くないんでしょうか。
最近は、不織布のバックを持ち帰り用にしているお店もありますね。

本当に、恥ずかしがらずに、普通のことですから、遠慮なく衣類をお持ちください。
周りを見てみてください。
結構衣類をもって移動している人っていますから。

| | コメント (0)

洗って仕舞う方がいいんです。

この時期、冬物のクリーニングが結構出るんです。
ほとんどは冬が終わってから洗うのを忘れていたらしいのですが、中にはそうでない人もいるようです。

衣類はシーズンが終わったら洗ってから仕舞うのが普通です。

汚れたまま仕舞っていてもいい事なんか一つもありません。
汚れが固着し、落ちづらくなったり、酸化して黄色くなってしまったり。

だから、汚れを落としてから仕舞うんですね。

しかし、次のシーズンまで洗わない人にも理由があるようなんです。
それは、せっかくアイロンをかけておいても、仕舞っているうちにしわくちゃになってしまうので意味がない、と言うことらしいんですね。

確かにアイロンのことを考えるともったいないような気がしないこともありません。
住宅事情により、十分な保管場所を確保できませんし、みなさん結構衣類を持っていることと思います。
クローゼットにかけていると、ぎゅうぎゅうに詰め込んでしまうのでしわくちゃになってしまうんですね。

昔は、仕舞う前に洗ったら、畳んでしまったんです。
そして、次のシーズン着る時にアイロンをかけてきたんです。

こういうやり方のほうが保管に適しているのですが、現在ではほとんどの方がやっていません。

ではどうすればいいか?

シーズンが終わったら洗うのは絶対です。
これは変わりありません。
問題は仕舞い方。
なるべく隙間を少しあけて余裕を持ってしまうように心がけます。
しかし、全部と言うわけには行かないでしょう。
そういう時は吊るしてしまうものと畳んで仕舞うものと分けてしまいます。

素材によっては、たたんでしまっておいても、シワが取れやすいものがあるんです。
逆にシワがつくと頑固で簡単には取れないものもあります。
これをうまく分けてしまうといいと思いますよ。

一般に、植物系の素材はしわになりやすいです。
化学繊維は熱がかかって圧着されると取れにくいシワが出来てしまいます。
保管場所が熱くなるようでした注意が必要ですね。

とりあえず、大掃除をしてみて、洗ってない洋服があるか見てみましょう。
黄色く変化しているかチェックしてみてくださいね。

| | コメント (0)

クリーニング屋さんに参入?

コメントを頂いた方が、クリーニング業への参入を考えているとか。
嬉しい反面、クリーニングは難しいんだよなあ・・・、と思ってしまいました。

今回の方は、宅配クリーニングを考えているようです。

数年前から、クリーニング業界でも、宅配クリーニングが盛んになって来ました。
もっとも、何十年も前から集配と言う形で取りに伺っていましたので、呼び方が変わっただけで実際のサービスは既存のものとあまり変わっていません。
強いて違いをあげるとすると、スピードでしょうか。

今までの集配は、決まった日時にお伺いするスタイルです。
週2日お伺いすると言ったパターンが多いですね。
それが、デリバリースタイルに変わってきまして、お電話をいただいてから60分以内にお伺いします、と言ったようなサービスが出てきています。

既存のクリーニング業者も宅配クリーニングに参入し始める一方、他業種からもクリーニング業界へ参入するのが増えて来ました。

理由を聞いてみますと、ようは儲かりそうって事なんですね。
宅配クリーニングなら、下請けの工場を契約していれば技術的なことは必要ない、衣類は必ず汚れるから必ず洗う、雨の日など外に出たくない人がいるから需要はある、クリーニングの宅配をあまり見かけない、粗利が他の業種より高い、と言ったような理由が主なようです。

簡単に始められそうって言うのもあるのかしら?

しかし、クリーニング業界に参入してきた方々は結構いなくなってしまったんです。
宅配クリーニングも、やめてしまった所が結構あります。

そう、やっぱり簡単じゃないんですよ。

下請けの工場を探すと言っても、どこでもいいわけじゃないのに、大抵工場をしっかりと選びません。
ですから、品質が悪いくせに宅配料を上乗せしているから、質が悪くて高いクリーニングになってしまう。
需要があると思って参入してきたのに、予想外に厳しい現実があります。
宅配クリーニングが少ないと思っていたら、回ってみると意外とクリーニング業者とすれ違って、びっくりなんてことも。
また、ここが結構響くらしいのですが、クリーニングの集配は二度往復しなければならないんです。
つまり、コストが倍になります。
粗利が高いように思えますが、そうでもないし・・・。

工場を持っているクリーニング屋さんがやめて行くくらいですから、ある程度厳しいのは覚悟してからの参入のほうがいいと思います。

また、意外と知られていない事なのですが、クリーニング屋さんは年中忙しいわけじゃないんですね。
暇な時期と忙しい時期と二種類あります。

問題はその落差。

暇な時期は、工場が9時に始まって11時に全ての仕事が終わってしまう、なんていう事がざらにあります。
何日もなんていうレベルではなく、一月二月はありますね。
それが忙しくなると、朝から夜まで休みなく働いても品物が減らない、なんていう時期もあるんです。
これを繁忙期と呼んでいます。

グラフにしますと、エベレストの様に高い繁忙期が終わると、急激に落ち込みマリアナ海溝の様に沈み込む、そんな感じなんです。

ここまで激しい業界もそうないんではないかと思うんです。
ですから、もしクリーニング業界へ参入を考えておられるのであれば、しっかりとリサーチをし、業界の動向を把握した上で、参入してきてください。
せっかく、入ってきてくださるのに、数年しかもたないんではもったいないですから・・・。
入って来る以上は、頑張って欲しいですからね。

これ読んだら嫌になるかなあ・・・。

| | コメント (0)

パンク

昨晩、イルミネーションを見に行こうと子供たちを連れて出掛けた所、タイヤがパンクしてしまいました。
どうも、大きな釘を踏んづけていたらしい・・・。

何とか家までたどり着きましたが、今晩はもう遅いので修理は日曜へ持越しです。

で、今朝。
朝ご飯を食べてから、まずはタイヤの交換。
スペアタイヤに交換です。

タイヤ交換って大変なような気がしますが、実はそんなに大変でもないんです。
車についている工具で簡単に出来るようになっています。
説明書も付いてますしね。

説明書片手に、工具を取り出し、スペアタイヤを取り出します。

その後、ジャッキアップ。
タイヤを外し、スペアに交換し、作業終了。
たらたらとやっていても正味30分と言った所です。

一旦家に帰り、午後からディーラーへ持ち込みました。

パンク修理をお願いすると、どうやら穴が大きかったらしく塞いでもエアーが漏れてしまうようです。
斜めに刺さってしまったんですね。

ちょうどタイヤの溝も減っていたので、思い切ってタイヤ交換をすることにしました。

お世話になっているタイヤ屋さんがいるのでディーラーさんとはここでお別れ。
今日は休みですから、また月曜日に持越しです。
週明けには直さないと、配達もありますからねえ。

普段何事もなく乗っている車ですが、パンク一つで大騒ぎです。
仕事上、乗れないと非常に困ってしまいますからね。

明日は、何とか仕事にキリをつけて、交換に行かないと。
早起きは必須ですね。

朝寒いだろうなあ・・・。

| | コメント (0)

クリーニングのご利用の際に伝えて欲しい事。

クリーニングをご利用していただく時に、みなさんはどうやって渡しているでしょうか?

パッと渡すだけの場合もあると思います。
お店の人と一言二言会話して渡す事もあるでしょう。

クリーニング出す時に、お店側に伝えて欲しい事がいくつかあります。

1 欲しい日にち
2 しみや汚れがあったらその場所
3 装飾品(ボタンや金具など)が壊れていたり取れているものがある時
4 破れている箇所

簡単にあげるとこんな感じです。

お店のほうでもチェックはしていますが、見逃す事もありますし、事前に伝えて頂けるとより注意します。

他にも、シーズンが終わったのでクリーニングにもってきた、などの情報をいただけると扱いも変わってきます。
見た目でどれだけ汚れているか分りますが、それ以外にもどれくらい着たかなどの情報をいただけると、更に細かい想像が出来るので、クリーニングの時に色々と対策が取れるんです。

今は、夏物冬物区別がない人がいます。
ですから、こちらがもうシーズンオフで洗っているのだろう・・・・・と勝手に解釈をして洗っていると、着たいのにまだ出来てないの?なんて事になってしまったりするんですね。

預かる時にするコミュニケーションの中で、私たちはいろいろと想像をして、どうクリーニングするか考えます。
だから、日頃からのコミュニケーションがとても大事。

お互いよく知った仲になると、ただ預けていくだけで以心伝心、綺麗にすることも可能なんですね。
それは、相手の生活のリズムや仕事のリズムなどを知っていて、汚れ方が想像できるからなんです。

人によって色々な癖があるように、汚れ方にも癖があります。
職業によっても違いますし、汚れの成分も違ったりするんですね。

クリーニングご利用の際は、なるべくいろいろな情報を伝えてあげるようにしてください。
良いクリーニング屋さんほど、その情報を生かして良いクリーニングをしてくれるでしょう。

最近は、自分で着た後に転売をする方も多くなって来ました。
そういう目的も、伝えた方が良いかもしれませんね。
基本的に、私たちクリーニング屋さんは、お持ちになった服は本人のもので、本人が着ると言うのが前提だと思っています。
もう名前をじかに書き込んだりはしませんが、転売にまわすのなら、出来るだけタグなどそのままの状態にしてあげたいと思いますしね。

どのようにしたいか?と言う事が、こちらにイメージとして伝わると、いい仕事が出来ると思います。
クリーニング屋さんとお話し、してみてくださいね。

| | コメント (0)

まだまだ理解されてませんよね。

クリーニングの仕事をしていると、時々寂しくなる時があるんです。
時々ですよ?
普段はとっても楽しい。

汚れている服が綺麗になるし、シミが落ちると嬉しいし、ピシッ!っとアイロンがかかった服を見ているととても気持ちが良い。
なにより、綺麗になった服をお客様に渡すと、喜んでくれる!

こんな良い仕事ないんじゃないか?って位、良い仕事なんです。

ところが、日本人は綺麗好きなはずなのに、クリーニングに対しての理解がまだ浸透していない所があるんですね。
昔はそうでもなかったんですが、ここ10年くらいの間に、クリーニングの理解が低くなったなあと感じる事が増えて来ました。

一番の理由は、衣類の扱いを知らない人が増えた事でしょうね。
特徴を知らないので、結構大胆に汚す人が多くなっています。

ここ最近、続いてしまった事がありまして。
それはカーテンのクリーニングなんです。

一般のお客様ではなく、不動産屋さんからのご依頼が何軒か続いたのですが、カーテンのクリーニングを簡単だと思っているようなんですね。
洋服と違い、単なる生地だし、四角いんだから安く出来るだろ?なんて感じで言われる事が本当に多いんです。

これがですね、本当に不思議なんですが、不動産屋さんのほとんどがこんな感じなんですよ。(>_<)
簡単に考えられちゃっているのかなあ。

カーテンって、本当に物凄く汚れているんですよね。
ただかけているだけなのに、汚れるんです。
埃がついたり、タバコのヤニがついたり。
毎年洗っている人でも、一年の汚れが詰まっているんですよね。
これが、数年洗ってないものなんかだと、抱えただけで着ている服が真っ黒になります。

これを洗うんだから、そりゃ大変です。

縮んでしまうと、カーテンはみっともないので縮ませられない。
でも、汚れているからそれ相応のクリーニングは必要になる。
ただ機械を通すだけではなく、汚れを落とそうと思うとカーテンってかなり手間がかかってしまいます。

大変だから、分ってよ!と言いたいわけじゃないんです。
私たちもプロとして仕事をやっているんだから、汚れも落とさないで洗いました、って訳には行かないじゃないですか。
特に、不動産屋さんが持ち込むカーテンなどは業務で使っているものだし、場合によっては貸している部屋のカーテンかもしれません。
商品の価値の一部をになっていると思うと、簡単な仕事っていうわけには行かないんです。

しかし、なかなかそうは思わないようなんですよね。
そこもまた不思議。

借りてくれるお客様のために、気持ちよく住んで貰うために、クリーニングしているんじゃないのかしら?
体裁を整えるだけではないと思うんですけどね。

業務用も一般用も、区別するつもりも差別する事もありません。
どちらも、大切なもので綺麗にしたい、と言うことを念頭において仕事をしています。

クリーニングをもっと知って欲しいな。
また、明日から頑張ります。

| | コメント (0)

ノロウィルスが猛威を振るっています。

ニュースでも騒がれていますが、ノロウィルスなる物が猛威を振るっているようです。

突然お腹に激痛が走り、嘔吐や下痢を繰り返すらしい・・・。
友達もかかった人がいるようですし、一人かかると家族全員かかってしまうようなんです。
しかも抗体が出来ない為、何度でもかかるみたいです・・・。

いや、本当に恐ろしい・・・。

熱や咳ももちろん嫌ですが、嘔吐ってかなり辛いんですよね。
出し尽くしてもう出すものがないって言うのに、吐き気があるって本当に辛い。

このノロウィルス、嘔吐物や糞尿からも感染があるようなんですね。
ですから、嘔吐して服についてしまったときには、取り扱いに注意が必要です。

ちょっと調べてみました。

まず、ノロウィルスはアルコール消毒や逆性石けんでの消毒では効果はありません。
だから、洗濯をしても、衣服についたノロウィルスは残ったままです。
ではどうするか?と言うと、効果がある薬品があるんです。

それは、次亜塩素酸ナトリウムを使う事。

耳慣れない薬品名ですね。
これは、塩素系の漂白剤に使われている薬品です。
これにつけて1時間ほど置いておくと効果があるようなんです。

しかし、問題も。

漂白剤の成分なので、色が落ちてしまいます。
物によっては真っ白になってしまうでしょう。
ですから、捨ててもいい覚悟が必要です。

もし、ご家族の中でノロウィルスにかかった人がいて、嘔吐物などの処理をするときは、絶対他の人の衣類と一緒に処理をしてはいけません。
処理をするときは、その人の衣類だけで処理をすること。

感染を防ぐ為に、絶対守ってくださいね。

ノロウィルスは、乾燥しても感染力があるようなんです。
ですから、嘔吐物が着いたものを、そのまま乾かして捨てればいいや、と言う問題ではなく、場合によってはそのごみから感染することもありえるんです。

ですから、もし捨てるとしても、きちんと塩素系の漂白剤の処理をしてから、捨てるようにしましょう。

手洗いはした方がいいらしいですよ。
石けんではノロウィルスは死滅しないらしいですが、洗い流すと言う行為は効果があるようです。
うがいと手洗い、絶対やりましょうね。

| | コメント (0)

色々なクリーニング屋さん

世の中色々な商売がありますよね。
普通のお店からちょっと変わったお店まで。

クリーニング屋さんにもちょっと変わった営業をしているお店があります。

マクドナルドなどでお馴染みの、ドライブスルー。
クリーニング屋さんにもドライブスルーのお店があります。
数年前からちらほらと出始めていましたが、広まっていると言うわけではないようです。
数年前に、八王子で見かけました。
横浜にもありましたね。

洗い方にこだわっているお店もあります。
当店のカシミヤクリーニング.COMのように、洗うものを絞って出店しているケースもありますね。
古くは、皮洗いの専門店や着物の専門店、染み抜きの専門店などがあります。
最近では、皮の水洗い専門とか、ドライクリーニングを一切しない水洗い専門店と言うのもあるんですね。
こちらは大阪のほうにありまして、見学に行った事があります。
スーツなどを水洗いするので、職人さんがビシッと仕上げていました。

最近は、靴やバックを専門に扱うクリーニング屋さんも出てきています。
特にここ数年のブーツのブームでクリーニングの需要が増えているようです。
どうしても蒸れてしまい、臭いが出ますもんね。
革靴は紳士物もクリーニングすると綺麗になってしまいます。
年に一度、おすすめです。

実際の店舗を持たず、宅配便での受付しかしていないというクリーニング屋さんもありますね。
なぜか、テレビで拝見する事が多いので、テレビからの集客が多いようですが・・・。

そうそう、布団のクリーニング専門店なんていうのもあります。
ただ、普通のクリーニング屋さんは布団のクリーニングを受けてくれるので、同業者からするとあまり目新しくないのです。
消費者の目からすると、新しく映るようですね。

あ、ここ最近の一番の変り種を思い出しました。

メイドクリーニング。

あら、今調べてみたら、どうもやめちゃったみたいですね。(>_<)
メイドさんにクリーニング、合わなかったのかしら???

| | コメント (0)

クリーニングに出す前に洗う。

ここ数年のことなのですが、クリーニングに出す前に、ご家庭で一度洗ってからお持ちになる方がいらっしゃるようになりました。

と言いましても、そんなにいるわけではなく、一年に数人いるかいないかという感じなんです。

以前では、こういう方はいらっしゃいませんでしたね。
たとえば、ご家庭で洗ったんだけど、すっきりしないのでやり直して欲しいとか、洗ったんだけどアイロンがかけられないからお願いしたい、なんて言うのは結構あります。
ところが、今日の話はそれとはまた違うんです。

どうも、汚れが落ちないから一度洗っているようなんですね。

Yシャツなんですが、クリーニング屋さんで洗っても落ちないので、家庭で予備洗いとして一度洗ってくるらしいんです。

そこまでするなら落ちるまで再洗いをしてもらったらいいのにな、とも思うのですが、そうはしないんですね。
他のクリーニング屋さんが洗いなおしてくれないのでしょうか?

よそのクリーニング屋さんにも各々のやり方があると思います。
洗い方もそうでしょうし、洗い直しについても色々とあるんでしょう。
再洗いへ別料金!なんていうお店もあるかもしれませんね。

確かに襟の汚れは落ちづらい。
普通に洗うくらいでは落ちない事があります。
襟の汚れにも色々ありまして、皮脂や埃の汚れもあれば、それに整髪料が混ざっているケースもあります。
これは落ちづらい。
また、汚れかと思っていたら、染め粉だったり・・・。

また、着ている場所にもいろますよね。
内勤の方ならそこまで汚れないでしょうが、外回りの方なんかですと相当汚れると思います。

当店でも、襟汚れのひどいお客様はいらっしゃいます。
初めて来たお客様は大抵襟が真っ黒です。
そのシャツを他のシャツと同じように洗っていたんでは、汚れが落ちるはずがない。

汚れを落とすには、落とすように洗わなければいけないんです。

当たり前の話ですが、これがなかなか出来ないから落ちないしクリーニングに出す前に一度洗うなんて事をするんですよね。

いまやクリーニング屋さんも機械化されています。
家庭の全自動と一緒で、衣類と洗剤をいれてボタンをポンッ!と押すと洗ってくれます。

だから、パートさんやアルバイトでも出来ると思って薄利多売で仕事をする人が多いんですよね。

でも、そんなに簡単じゃないんですよねえ。
機械はポンッ!で動いてくれるんですが、動くのと綺麗になるのは別ですから。
汚れにあわせて細かい設定も必要だし、事前にしなければいけない処理なんかもあります。

ポンッ!では出来ないんですね。

おそらく、一度洗ってからお持ちになるお客様は、いろいろとクリーニング店を回られて、試行錯誤した結果、一度洗うようにしたんでしょうね。
せっかくお持ちになるんだから、その手間を省いてあげたい。

違いを伝えたいですね。

| | コメント (0)

アパレルも大変なんですよね。

昨晩、NHKのワーキングプアについての番組を、チラッとだけ見ました。
最後まで見ているのが辛かったと言うのが、本音なんですけどね。

ワーキングプア。
働けど働けど、楽にならない、生活が出来ない人たちのことを言うそうです。

事前の番宣の中で、どうもクリーニング屋らしき映像を見ていたので気になっていました。
番組を見ると、それはクリーニング屋ではなく、プレス屋さん。
プレス屋さんって一般の方には馴染みがないでしょう。
新しい服にプレスをする職業なんです。

このプレス屋さんが商売が出来なくなっている・・・。
以前は、繊維業界が活況だったのでよかったらしいんです。
ところが、安い中国やアジアに生産拠点を移され、国内での生産が激減し、プレスの仕事も少なくなっていったらしい・・・。

五年前の半額で受けても仕事がないという話を聞いて、ショックを受けました。

安い輸入品が増える一方、泣いている人が増えている、なんとも複雑な感じですね。
日本では人件費が一番高いと言われています。
プレス屋さんも、全部手仕上げで職人の技術が要求される仕事。
半額になると言う事は、自分の技術を認めてもらえないという事と同じでしょう。
メーカーから外国との差を言われれば対応するしかない、と言っていましたが、内心穏やかじゃないでしょうね。

以前、某メーカーさんの社長から相談を受けた事があります。
中国から衣類の輸入をしているんだが、ハンガーが邪魔で仕方ない。
どうにか捌けないだろうか?
と言うお話し。

中国で製造プレスされて、ハンガーに吊られて納品されるそうなんですね。
その時は、純粋にハンガーを捨てないで再利用する事を考えていましたが、今思うとこの時すでにプレス屋さんの苦境の時代がやってきていたんでしょう。
もう5年も前の話です。

アパレルさんも大変です。
商品のサイクルが早く、その年の特徴もつかみ辛い。
いち早く市場のニーズを捉え、企画生産し、世の中に出さなくてはいけないんです。
しかも、安い中国製品などにも対抗していかなければなりません。

当然、下請けにコストで要求する内容が厳しくなります・・・。
そして、いよいよ下請けが残る事すら出来なくなって来ました。

いいのかなあ、こんな事で。

もし、みなさんの給料が突然半分になったらどう思いますか?
わたしは、今回もしそうなってしまったらと色々と考えてみました。

私の仕事の内容は安くない!と怒るかな?
時代だから仕方がない、と諦めるかな?
こんな仕事やってられるか!と別の仕事を探すかな?

難しい・・・。
でも、もしその時がきてしまったら答えを出さなければいけません。

せめて、頑張れば報われるようなそんな時代になって欲しいと思います。

| | コメント (0)

府中の森公園へ

今日の休日は、間に合うかどうか分らなかったんですが、紅葉の写真を撮りに、府中の森公園へ。

昭和記念公園などは、もう終わりかけのようで、府中周辺も終わりかな?と思いつつ、子供の遊びを兼ねてお出かけです。

府中の森公園、私実は初めてでした。
場所は東府中にありまして、自衛隊、浅間中学の裏にあります。
駐車場も有料ですが完備されていまして、公園内にはテニスコートや野球場、美術館もあります。
割りと広くていい感じの公園です。

公園に入って辺りを見渡すと、若干ですがまだ紅葉が残っています。

子供たちを遊具で遊ばせ、写真撮影開始。(笑)

園内をぐるりと回ってパチパチ撮ってまいりました。
ざっと20分程度でしょうか。
写真を撮っていると、園内を走っている方を何人も発見。
ぐるっと回って気付いたんですが、公園を一周できるコースがあるようで、みなさんそこを走っているんですね。

途中、噴水の通りでフリーマーケットをやっていまして、出店こそ少なかったのですが人はそれなりにいましてね。
洋服も売っていたので覗いていこうかな?と思ったんですが、遠めに見てもなにやら気になってしまったので今日はやめておくことにしました。
どうしても色合いとか気になっちゃうんですよね・・・。
それまでの扱いやクリーニングしてたかとか分っちゃうし、その人の人柄も見えるようで・・・。
職業病でしょうか。(-_-;)

遊具に戻ってくると、上のお兄ちゃんがターザンロープで遊んでいます。
最初はロープにきちんとしがみつけなかったんですが、小学生くらいの子供たちを見ているうちに、こつを覚えたのか、いつの間にやらきちんとロープに捕まれるように。
子供の飲み込みは本当に早いですね。

最近は、このような遊具の周りには、子供の数だけ大人もいます。
子供の補助をするのが目的なのかもしれませんが、もしかするとそんなのは本当は必要ないのかもしれません。
子供たちの中で、お互いコミュニケーションをし、見様見真似でやっているうちに自然と体が覚えていってしまうんでしょう。
補助をしているつもりが、子供の成長を妨げている、そんな事もあるんじゃないかとふと思ってしまいました。

我慢が大事ですね。

そんなこんなで、子供はすぐお腹がすく。(笑)
売店で美味しそうな団子を購入。
大きな団子が三つついて300円。
味噌だれと醤油だれを選べて、炭で焼いてくれるんです。
真中のお姉ちゃんはこの団子食べればもうお昼いらないくらいです。
売店には、軽食も売っていまして、ちょうどいいですね。
景色を見ていると、めっちゃ寒い冬にカップラーメンをすすって見ていたいなあと思います。
一月辺りはそれにしましょう。

府中周辺はこういう所が恵まれていますね。
車で出かけると大きい公園が結構ありますし、駐車場もどこも完備している。
電車で出かけることも出来るし、自転車でもOK。
トイレや売店などもありますしね。
日本庭園があるところもあるし、いつ行っても花の写真が撮れますから、幅広い世代の人におすすめできます。

でもね、冬に出かけるときはみなさん注意してください。
風邪も流行っていますし、体が冷えるとあまりいいことありませんから。
冷えないように暖かい格好でお出かけくださいね。
帰って来たら、手洗いうがいを忘れずに。

| | コメント (0)

やはり雨はダメだあ。

宅配便を使ったクリーニングで、当店では今までやっていなかった事があるんです。
一つの決め事のようなものなんですが、それは、雨の日には発送をしない、と言うことなんですね。

これは集配クリーニングでも同じことが言えます。
なるべく雨の日は、日常品以外はお届けしないようにしています。

理由は、雨の湿気が嫌だから。

集配でのクリーニングなら、自分が注意をすればある程度の雨は防げます。
でも、湿気が入らない保証はありません。
また、宅配便でのクリーニングのお届けも、注意をして運んで頂いているとは思いますが、衣類を扱うプロではありませんので、万が一がないとも限らない。
湿気が中に入り込んでしまうと、様々な事故が起こる可能性が広がってしまうので、今まで雨が降っている時や降りそうな時は避けていました。

実は、今日それを確信した出来事がありまして。
ネットで服を注文したんです。
私が着るようなサイズはネットで探すのが一番効率的で早いんですが、そこにお願いしたら、今日その衣類が届きました。
頼んだのはコート。
いつもは箱に入ってくるんですが、さすがにコートは吊るしでやってきたんです。

今日は、朝から雨でした・・・・・。

受け取った衣類を、部屋に持ち込むと、濡れているんです。
そんなに土砂降りと言うわけでもないのに。
濡れないように、カバーが二重にかけられているのですが、そのカバーが濡れていますから、湿気を部屋に持ち込んでしまいますよね。
そして、カバーを外してみると、やっぱりしっとりしている。
湿気を含んでいるのが分ります。

これから着るものですから、今回の事に関してはなんとも思わないのですが、これが当店がクリーニングした品物だったら話は別になります。

新品はこれから着るもの。
クリーニングしたものは、保管をするもの。

ここに大きな違いがあるんですね。

今回のケースは、多少の湿気もすぐ着用しますので、ほぼ問題はありません。
しかし、これがそのまま保管に回ってしまうと、湿気によるカビや虫食いの原因になりかねない。
危険なんですね。

自分が頼んだ衣類によって、検証する事になりましたが、今まで雨の日に送らなくてよかったと心底思いました。
これからも、雨が降っている時は発送をしないと思います。

今年は雨が長引いて、発送の了解を得てから、発送するまでに2ヶ月以上かかってしまった事もありました。
でも、しまう事を考えると、慎重だったけどそれでよかったんだなと思います。

宅配便のお兄さんに濡らさないでね、なんて言うのは無理ですしね。
今でも頑張っているのに、これ以上無理は言えないな。

雨、恐るべしです。

| | コメント (2)

いつ欲しいですか?

年末になると、みなさん忙しくなるのでしょう。
こんな問い合わせをよく頂きます。

『今日出したらいつ出来ますか?』

確か以前もここで書いたと思うんですが、こう言われると最短ではなく通常での仕上げの予定を伝えます。
と言うのも、最短で仕上げるのはそれなりにリスクを伴うからです。
汚れていない服なんて滅多にあるものではありませんし、急ぎの服に限ってかなりきつい汚れやシミがあるものなんですね。
一発で落ちれば問題ありませんが、数回のクリーニングや染み抜きを必要とした場合、最短ではあがらない可能性があるんです。

しかし、いつ仕上がりますかではなく、何日までに仕上がりますか?と言う問い合わせには答えが変わってきます。

具体的にいつまで欲しい、○日の何時ごろに取りに来たい、と言うお話しを教えて頂ければ、それにあわせて仕上げるようになります。

しかし、ほとんどの人がいつ出来ますか?と聞いてきて、そのままふらっと返ってしまうケースが多いんですよね。

非常にもったいない。

質問の仕方を変えるだけで、そのお店できちんと仕上げてもらえたかもしれないのに。
最初は当店だけ、そのような問い合わせが来るのかな?と思っていました。
所が、同業者との飲み会でこの話をした時に、みんな同じような質問をされていて、困っていると聞いたんです。

やはり、どこも一緒なんですね。

で、やっぱり仲間が言っていた話も一緒で、いつまでに欲しいとはっきりと言ってもらうのが一番やりやすいと。

中河原でも、出張で来ている方とか最近多いようです。
事情がある場合、遠慮なく言ってくださいね。
特に、年末年始はこのようなご依頼が多くなります。
早めにクリーニングを出せるのが一番いいのですが、出来ない場合は是非、一度相談してみてください。

| | コメント (0)

二年で買い換え

先日、中学生の頃の同期生がやって来ました。
今はトヨタのディーラーで働いていまして、私の車の一年点検をお願いしたんです。

納車されて、お店で少し話していた時の事。

『スーツさ、二年で買い替えなんだよね。』

彼の体型はとてもスマート。
身長も結構ありますし、スーツが傷むような体型ではありません。
でも、ほぼ二年で買い替え。

彼はこう言いました。

『仕事柄車の乗り降りを頻繁にするから、お尻からももの所が擦り切れてくる。上着は全然平気なんだけど、ズボンがダメになって結局買い替えになっちゃうんだ。」

うーん、これぞその職業ならではって感じの話ですね。
彼の話によると、車のシートも毛羽立ってしまっているようです。

スーツの買いかえって結構こういう理由の人って多いんですよね。
上着がダメになるなんてほとんどなく、ズボンが擦り切れちゃったとか、股が破れちゃったとか。

特に最近のスーツは糸が細く、肌触りがいい分、弱くなっているように思います。

先日着たお客さまも、イスにちょっと引っ掛けたとかで、左のポケットからびりびりと破れていました。

普通はこんな事って起こらないんですよ。
破れる時って、縫い糸か生地、どちらか弱いほうが破れていきます。
今回のケースは、縫い糸よりも生地のほうが弱かったので、生地が破れてしまったんですね。
縫い糸が取れるくらいなら縫い直せば済みますが、生地が破れてしまうと、修理してもダメな場合があります。
思うように直せなかったり・・・。

スーツの着数にもよるでしょうし、どれくらいの頻度でスーツを着ていたかにも寄ります。
一概に弱いからとも言えないのが難しい所ですね。
やはり、休ませながら着てあげないと、傷み易いのも事実。

しかし、二年で買い替えは早すぎます。
体型が変わらないなら、最低でも5年はもってもらえないとね。

今の技術なら、特定の部位だけ強くするなんていう事も出来るような気がするんですけど・・・。

| | コメント (2)

意識の問題。

いいコメントを頂いたので、今日はそれを元に書いてみようと思います。

知識よりも意識が低下している・・・、奥が深い言葉です。

おっしゃるように、日本では洗濯やクリーニングに対する意識があまり高くないように私も感じています。
でも、それはここ数年の話でして、昔はそれなりに意識がありました。

原因は色々と考えられます。
生活習慣の変化もありますし、日常品の技術の向上なんかもありますね。
Yシャツなんかは、形態安定が主流になりつつあります。
クリーニングに出さなくてもご家庭で洗濯しても十分と思う方も増えているでしょう。
衣類の値段が安くなったのもありますね。
スーツなどは10年前に比べると、もう激安です。

どうも複合的な事が原因になっているようです。

元から島国で、衛生的なことに関しては、諸外国に比べても高くはありませんでした。
伝染病などが入りにくいですし、見ず知らずの外人がすぐやって来れるような環境でもなかったですしね。

意識が高くない人がいるかと思うと、逆に意識しすぎの人も多くなっています。
これは洗濯と言うよりも衣類に関してでしょうか。

物凄くデリケートに扱う人や何かあると、傷んでしまう!ととても気にする人、多くなっていますね。

足りなさすぎるもの問題、過剰すぎるのも問題、ですね。

洗濯やクリーニングは公衆衛生という面をはらんでいます。
公衆衛生ということを踏まえると、意識の低下って実は深刻な問題なんです。
洗わないで着続けることがいかに不衛生か、しみや汚れだけの問題ではなく、体にもよくないんですよね。

正しい洗濯をするということは、汚れも落とし、衛生を保つと言う事。
そう考えると、洗濯はきちんと消費者に伝えていかないといけないと思います。

そして、洗濯やクリーニングの事を意識し始めると、衣類の素材や特長にも気を使い出します。
みなさんが今思っている、傷む、と言う事も、具体的に分ってくるんじゃないかと思うんです。
現在では、どんな状況かわからず、純粋に傷んでいる、と思っているような感じを受けます。
より具体的にどのようになっているのか?わかっってくると、本当に傷んでいるのか?製品の特徴なのか、わかってくるでしょう。

行動が起きるためには、気持ちがまず先に動かなければいけません。
それが、意識ではないかなあと思います。
ちょっと気にする、ただそれだけで変わってくると思います。

| | コメント (0)

しみ抜き剤と漂白剤

お客様とお話しをしていると、時々思う事があります。
それは、しみ抜き剤と漂白剤の区別がついていない、と言うこと。

区別がついていないので、いきなり漂白剤につけたり、シミの種類に合わないしみ抜き剤を使ったりして、落ちないといっている人が多いんですね。

なんでも漂白剤でおちると思っている人もいますし。
店頭でしみや汚れと生地の関係を説明した上で、難しいですよとお伝えしても、自分で漂白剤を使えばすぐ落ちちゃうんだから、とおっしゃる方も結構いらっしゃいます。

それで落ちてくれればいう事ないんですが、場合によっては生地の色まで落ちる事もあるんですね。
言うほど簡単ではないのが難しい所です。

しみ抜き剤と漂白剤の違いとは、落とし方にあります。

しみ抜き剤は、主にしみを溶かして落とします。
漂白剤は、色を破壊するんです。
ここが大きな違い。

ですから、漂白剤の使い方を間違うと、生地の色まで抜けてしまうんです。

しみ抜き剤には種類があります。
油を落とすもの、水溶性の汚れを落とすもの、その他。
油汚れに水溶性のしみ抜き剤を使っても落ちません。
ここがしみに合わせるという所なんですね。

漂白剤にも種類があります。
こちらは強さに差がありまして、強さによって、色物に使える漂白剤とか表現が変わってきます。

何故、一般の方がごちゃごちゃになっていたのか、考えてみると市販の漂白剤の宣伝にも問題があるように思います。
CMで漂白剤の落ち方の映像が映るんですが、どう見ても漂白剤の落方じゃないんですよ。
洗剤の落ち方なんです。

先ほど書きましたように、漂白剤は色を破壊します。
ですから、映像で見ていると、色がスーっと抜けていくのが普通なんですね。
所が、CMの映像を見ていると、しみが丸く浮き上がるものが使われていたりします。
洗剤は、しみを囲んで浮き上がらせます。

では、あのCMは嘘なのか?と言いますと嘘ではない。

と言うのも、市販の漂白剤には洗剤が混ざっているものがあるんです。
ですから、洗剤の落ち方もあながち嘘ではないという事なんですね。

洗剤メーカーも一般の方が使い易いように色々と改良を加え、購買意欲が高まるようにいいキャッチコピーをつけています。
その反動で、誤解が出てしまっているのも事実。

ちゃんと違いが分って使えば、ご家庭でも十分な洗濯が出来るんですけどね。

どうも日本は洗濯の知識が広まっていないようです。
何とかしなければいけませんね。

| | コメント (2)

2007年版カレンダーの配布開始です。

今年もこの時期がやってまいりました。
そう、2007年版のカレンダーの配布です。

今年も去年同様、同じカレンダーであります。

使い易いサイズ、使い易い書き込み欄、かわいい絵。
どれをとっても、主婦の皆様にご好評を頂いております。

HPの方にも写真付きでアップしますね。
しばしお待ちください。m(__)m

そしてこのカレンダーの配布がすでに始まっています。
毎年限定100本で作っていますので、どうしても早い者勝ちになってしまいます。
欲しい方は、お早めにご来店くださいませ。

本当はもう少し待ってから配布しようかと考えていたんですが、12月に入ってからカレンダーはまだですか?と言うお問い合わせ、ご来店が多数ありまして・・・。
お電話でのお問い合わせなら、まだになります、との答えでいいのですが、ご来店くださいますとそのまま帰っていただくのも申し訳がなく。
そこで強引に配布を開始した次第です。

カレンダーの配布が始まると、年末もすぐそこです。
その前にクリスマスか・・・・。
プレゼントもう買いましたか?

| | コメント (0)

立川バーガー

昨日の疲れがどっと出て、午前中はゴロゴロしておりました。
気持ちの問題と言いつつも、体はやはり正直で、普段と違う動きに疲れていたんだなと感じます。

お昼前に、妹からメールが来ました。
どうも、今日はよみうりランドが無料で入れるらしい・・・。
一青窈の無料コンサートがあるとかで、ついでに園内への入場が無料のようなのです。
しかも、こんな時に、仮面ライダーカブトショーがあると言うのです。

心がぐっと動きました。

しかし、ネットでよみうりランドを調べてみると、お昼の段階ですでに駐車場が満杯。
行くなら家族で行くでしょうから、帰りを考えると電車ではちょっと行きづらい・・・。
帰りに寝られでもしたら、目も当てられません。
泣く泣く今回はあきらめました。

そこへ、ここへよく登場してくれるおちさんからメール。
どうも昭和記念公園にいっているらしい。
先々週あたりから、昭和記念公園の銀杏並木を写真に撮りたいと言っていたので、着たんでしょう。

メールで少し会話しているうちに、ふと立川に面白いハンバーガー屋さんがあるのを思い出しました。

佐世保バーガーを売っているお店で、他にも立川バーガーなるものも売っているんです。
以前から気になっていたんですが、おちさんとのメールでふと思い出し、買いに行く事に。

中河原からですと、道を選んで走ると15分ほどでついてしまうんです。
裏道と呼ぶほどのものでもないんですが、律儀に普通に走っていくと30分ほどかかってしまいます。

早速子供たちを乗せ、レッツゴー!

予想通り、15分ほどで到着です。
見た感じは普通のファーストフードと一緒なんですが、店内を見ると大きな鉄板が見えます。
ここで焼くんだな、と期待を膨らませつつ、いざ注文。

頼んだのは立川バーガーと佐世保バーガー。
両方とも具沢山でとても美味しそうです。
佐世保バーガーも大きいんですが、立川バーガーの大きさたるや、もう開いた口がふさがりません。
直径15センチのハンバーガーなんです。
下手するとピザでこのサイズ有りますよね。

頼んでしばし待つ事、10分。

テイクアウトにしたので、大きい袋に入れてもらいまして、帰ろうとするといやなものは視界に入ってくるんです。
なんと、駄菓子屋さんがあるんですよ。

もう、子供たちの目が輝きだします。
見つかってしまった以上、もうあきらめました。
ハンバーガーを持って、駄菓子屋さんへ。
入ると懐かしいお菓子が並んでいて、もしかすると私のほうが興奮してたかもしれません。
でも、買うのは子供。

好きなものを選ばせ、会計を済ませてようやく家路につく事が出来ました。

帰ってきてハンバーガーをあけると、物凄い大きさで、ひとりでは到底食べる事が出来ません。
ハンバーガー2個を、大人4人子供2人で、何とか食べ終わる事が出来ました。

使っているものがしっかりとしているので、非常においしい。
もし、立川へ行く事がありましたら、おすすめです。

子供たちはその後、買ってきた駄菓子を楽しそうに食べ、それを見ていた大人たちも懐かしい御菓子を見て喜んでいました。
食べれるって幸せですよね。

お父さんのお財布だけが寂しくなります。(泣)

| | コメント (0)

こんな時は流れに任せて。

今日は一日慌しい日でした。

午前中、私が配達に出かけている間に、物凄い量の品物が。
帰ってきて、カウンターを見てビックリです。
これこそまさに足の踏む場もないといった感じですね。

こんな日は慌てて仕事をしてもいい事ありません。
幸い、急ぎの品物はそんなになく、ほとんどの品物が時間をかけてもいいという物だったので、時間を見つけてチョコチョコ洗うつもりでいました。

しかし、何かある日って、こんなもんじゃすまないんですね。

お昼休みの後、仕事をし始めて少し経った頃でしょうか。
突然ボイラーからエラー音がなります。
おかしいなと思い、様子を見に行くと、どうやら給水タンクの底から大量の水が漏れているようです。
水が漏れているのでボイラー本体に水が回らず、蒸気を作る事が出来なかったんですね。

パンクでもしたかな?と思い見てみると、どうも腐食で栓が折れてしまったみたいです。

これは困りました。
ボイラーを炊けないと仕事が出来ません。
洗っても乾燥できませんし、仕上げはほとんど出来なくなってしまいます。

とりあえずメーカーに電話。
来るまでの間、何とか復旧出来ないかとやってみました。

この時すでに、午後3時を回った所。
急ぎの品物がまだ出来上がっていないので、最悪それだけでも仕上げないといけません。

気ばかりあせりますが、こんな時こそ冷静に。
あせって動くんなら、目一杯あせりますが、落ち着いたほうがいい事多いですしね。

いろいろなものを詰めてみて、栓が出来るか様子を見ますが、やっぱりダメで漏れてきてしまいます。
色々とテストしてみた結果、ちょろちょろもれるけど、何とか給水できるくらいまで復旧しました。
これで、一時的に使う事が出来るようになります。

といっても、ざっと見てもおよそ30分弱って所でしょうか。
それが限度です。

大急ぎで、急ぎの品物だけ仕上げます。
最後のスーツを仕上げた所で、蒸気がストップ。
間に合いました。

その後メーカーさんが着たのですが、ここで重大な事実が判明。
腐食で途中から折れているので、もしかすると直す事は出来ないかもしれない、と言うんです。
狭い所に入っているので溶接も出来ないし、取り出すだけでも相当な時間がかかってしまいます。

今日はダメかと思った時に、試行錯誤してくれている間に、腐食していた部分がいくらか取れて、代替部品を取り付けることに成功、終わってみるとあっさりと修理が完了してしまったんです。

と言っても、ここでの時間が6時半過ぎ・・・。
仕事はほとんど残っている状態です。

どうし様かなあと思ったんですが、イライラしても仕方ありません。

こんな時は流れに身を任せて・・・。

幸い自営業ですから、やりたいだけ仕事をすることは出来ます。
時間がずれたんだから、その分仕事やればいいか、と言うことで、夕食に。
軽く気分転換をはかり、その後の仕事に集中です。

結局、全ての仕事が終わったのが11時15分でした。
それでも、今日お預かりしたものはほとんど残っています。
月曜日が大変ですね。

忙しくなる時ってこんなもんなんですよね。
品物が集まったり、機械が壊れたり。
ダブルで着たのは初めてでしたけど。(笑)

しかし、こんな時こそ、気の持ち方一つでイライラもせずに円滑に回っていきます。

半分あきらめ、半分ポジティブに。
これが秘訣ですかね。

とにかく、無事に終わってよかった・・・。

| | コメント (0)

忘年会シーズン突入!

12月に入りました。
残す所今年も後一月。

寒さも増してきたし、年末と言うせわしなさがそろそろ出てくるんでしょうか。

お店の飾りもクリスマスになりつつありますし、もう少しすると商店街の福引なんかも始まりますね。

これからの二ヶ月は、スーツがよく出ます。
忘年会と新年会があるためです。

忘年会シーズンですが、今年はどうなんでしょうかね?
去年より多いですか?少ないですか?

どうしてもお酒を飲む機会が増えると、スーツを汚してしまうんですね。
ベテランの主婦になると、忘年会シーズンのために、古いスーツを修理して取っておいて、忘年会にあわせて着させる、何てこともあるようです。

まさに主婦の知恵。
傷んだからとスーツを捨てないで、直して取っておくのも一つの手です。

もし、お酒をこぼしてしまったらそのままの状態でお持ちください。
下手にいじるほうが、返って落としづらくなってしまいます。
また、スーツを出す時にポケットの確認も忘れずに。
飲んでいる時は、思わぬ所に思わぬ物を仕舞ってしまうもの。
私たちも、ポケット掃除などをして、中に何か入っていないか確認をしていますが、二重三重のチェックはとても有効です。

あれがない!なんて慌てない為にも、ポケットの中を確認してみてくださいね。

忘年会シーズン突入・・・、こちらもいつでも洗える様に態勢整えてお待ちしております。

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »