« 美味しいもの探し | トップページ | 町田へ。 »

光の加減

シミや汚れって、結構光の加減で見えたり見えなかったりします。
ある場所では目立ってしまうのですが、家にいたりすると全然目立たないなんて事も。

Yシャツのてかりについてご相談を受けました。
ある有名クリーニング屋さんで洗うと、カフスのボタンのあたりが光るらしいのです。

お店にお持ちいただいて、見てみると、てかりと言うよりは強くプレスしているといった感じで、そんなに気になる程強くは見えないんだけど・・・・、と言う印象でした。

そして、今度はお宅にお伺いして、件のシャツを拝見すると、確かに光っているんです。
これにはびっくり。
お宅で拝見するとそのてかりが非常に気になり、これでは着たくなくなるという気持ちも良くわかります。

そのシャツもちょっと変わっていまして、襟とカフスが真っ白で、身頃は黒なんです。
こういうシャツはかなり難しくなります。

というのも、色の違いでクリーニングの方法が全く違うからなんですね。
白を白くあげようとすると、黒い色がくすんできてしまいますし、黒にあわせたクリーニングをすると白が綺麗にならないんです。

触った感じ、襟や袖口の汚れ具合などを見て判断すると、どうやらここのクリーニング屋さんは黒の色に合わせてクリーニングをしたようです。
すると、カフスのてかりも何となく原因がつかめてきます。

このようなシャツのクリーニングが難しいと言う理由やクリーニング方法を説明し、一旦お預かりする事にしました。

ところが、お店に戻ってきてみんなに見せた時にまたもやびっくり。
お店で見ると、てかりが全く見えないんですね。
普通のシャツに見えてしまうんです。

これはおそらく今までのクリーニング屋さんも判らなかったんではないかと思われます。
おそらく、アイロンでのてかりと判断して、仕上げていたんではないかなあと思うんですね。

で、このてかりの原因は、おそらく糊だと思います。
身頃を触った感じが糊の感触が全く無かったので、襟とカフスにだけスプレーなどで糊をつけ、プレスをしたんでしょう。
まれに、このような仕上げをすると、糊がてかったりするんです。

今回の場合、そのてかりが見つけ辛かったんでしょう。

一旦普通にクリーニングをし、仕上げの段階で少し手をくわえる事で行く事にしました。
通常の仕上げでは、てかりがどうしても出るような気がするので、別仕上げになります。

どこまで元に戻るか?
頑張りどころです。

|

« 美味しいもの探し | トップページ | 町田へ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美味しいもの探し | トップページ | 町田へ。 »