« 血液の染み抜きは恐いです。 | トップページ | ダイヤモンドシティに行って来ました。 »

線を入れないでもらえますか?

最近、新しいお客様がいらっしゃると、プレスについてのご要望が多いのに気付きます。

主に女性。

パンツの線を入れるか入れないかが一番多いです。
私たちクリーニング屋さんは、センターラインを取るかどうかは、以前にセンターラインが入っていたかどうかで判断しています。

クリーニングしてもほとんどの衣類はラインが残りますので、合ったかないかはすぐに分かる。
それにあわせてラインを取るのが普通なんです。

所が、どうもそうじゃないらしいんですね。

元来センターラインがあるのにつけてもらえなかったり、無いものにつけてしまったり。

確かに難しい品物があるのも事実です。

洗った時に、センターラインが消えてしまうもの。
普通のスーツのズボンのように見えて、センターラインが無いもの。
本当はラインが無いものなのに、以前のクリーニングでつけられたもの。
たたみ方でラインがついたように見えるもの。

こんな感じで、私たちのことを惑わします。
その都度、デザインを見て、いろいろな角度から見て、ラインがついていたかどうか、判断するんです。

所が、明らかについていなかったものにも、つけている業者がいます。
これでお客様が混乱するんですね。

クリーニング屋さんに出すと、ラインがついてきてしまうものだと。

そこで、当店にいらした時に、線を入れないでプレスしてもらえますか?となるんでしょう。

元来クリーニングは、その作業がほとんど人の手を介しますので、かなり融通が利くものなんです。
畳みや立体、プレスの有無、これらは対応する事が出来ます。
ただし、品物によっては、そうしない方がいいというものもございます。
そういう場合は、お客様にデメリットを提示し、お客様のご要望をお聞きし、最善の策をとる事になります。

一見、あまり良くないかも?と言う事でも、お客様の使い方や都合にあわせてみるとそちらの方が良いと言うことも多くあるんですね。

クリーニング屋さんはこういう仕事だ、と言うのもありますが、その前に一度ご要望を伝えてみてください。
ほとんどのクリーニング屋さんは対応してくれるはずです。

|

« 血液の染み抜きは恐いです。 | トップページ | ダイヤモンドシティに行って来ました。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 血液の染み抜きは恐いです。 | トップページ | ダイヤモンドシティに行って来ました。 »