« 激混み!ちゅうバス | トップページ | まるで季節の挨拶のようです。 »

クリーニング屋さんと同じになったんですねえ。

今日、お昼ご飯を食べている時に、テレビでCMをやっていたんです。
そのCMは洗濯機のCM。
大型の洗濯機の奴で、いい物が出たんだねえと話していた時の事でした。

以前見たときは無かったんですが、画面下にテロップが流れます。

『洗濯機の中に入らないでください。』

これ見て、とうとう一般家庭にもこの問題が来たかと思いました。
ブログを書き始めた頃に、クリーニング屋さんの子供は洗濯機に一度は入れられる、と言うようなことを書いたかと思います。

まさに、それと同じ。

要は洗濯層が大きいので、子供が遊んで入ったりお仕置きで入れたりなんて事があるんですよね。

今ではないと思いますが、私たちが子供の頃はそんな事良くあったんです。
業務用ですからね、めっちゃくちゃ大きいし、子供なんて放り投げても入っちゃう。
一般家庭の押入れと同じような感じだったんでしょう。

今もしているところあるのかなあ?

けがが出ないうちや大事故にならなければいいんでしょうが、危ないのは事実です。
子供は洗濯機くらいの大きさの所に入りたがります。
クリーニング屋さんは、洗い場と言う所にありますので、子供が滅多に入りません。
しかし、一般家庭では普通に洗濯機が置いてあります。
使いやすいですが、万が一もあるということだけは胆に命じて置いてくださいね。

大人を驚かそうと思って隠れる子供本当に多いですから。

| |

« 激混み!ちゅうバス | トップページ | まるで季節の挨拶のようです。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

映画『バブルへGO!!』で、ドラム式の洗濯機が
タイムマシンとして使用されている(笑)ということも
あるのかもしれませんね。あまりにもタイムリー。

映画ではエンディング後に
(ちょっとチャカした表現ではありますが)
「洗濯機には入らないように」といった趣旨のことが
字幕ではなく、出演者の声で言われていました。

劇中ではヒロスエが入ってましたからね。
しかもアベヒロシはその状態で回すし(笑)。


まさか!と思うことをやるのが子供ですからね。
十二分に気を付けたいものです。
あ、ちなみにボクは結婚してませんが…。
…て、聞いてない?

投稿: くま | 2007年3月 6日 (火) 17時09分

くまさん、まいどです。

そういえば映画やってましたね。
クマさんがおっしゃるように映画と連動させているんでしょうね。

アベヒロシ、回しちゃいましたか。
回しちゃいけません。(笑)
クリーニング屋さんでもまわす人はいなかった。

くまさん、独身だったんですね。
子供は良くも悪くもまっすぐです。
目に入ったら、気がついたらそこへまっしぐら。(笑)
だから危ないんですよね。
大人の目線と子供の目線は合いませんから、気付かないなんて事もしばしば起こりえます。

まま、日常での危険はありますからね、
子供が周りにいたら気をつけてくださいね。

投稿: boribori | 2007年3月 9日 (金) 01時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 激混み!ちゅうバス | トップページ | まるで季節の挨拶のようです。 »