« 業界紙にアパレルメーカーが広告。 | トップページ | 石油の臭い »

中河原の話をもっと書きたいですねえ。

主にクリーニングの事を書いているこのブログですが、たまに府中の話や中河原の話を書いたりしています。

最初は、クリーニングの話題だけでは重いかな?と思ったのと、新しい住人が増えてきたので紹介するつもりで書き始めました。

ところが、新しい住人以外もここに来てくれているんですよね。

訳あって中河原から引っ越された人や、仕事で数年間中河原で生活をしていた人。
就職で地方に行っている人もいるでしょう。

そんな人たちにとって、中河原の話は興味深いんだと思います。

小さな町ではありますが、その町の中にみんな思い出が詰まっているんですよね。

さくらサンリバーの閉店や駅前のロータリーの開設、ライフの出店、西友流通センターの閉鎖、など等あげればたくさん出てきます。

今はマンションが建っていますが、私たちが子供の頃は田んぼでおたまじゃくしをしこたまとっていたりしたもんです。
当店裏の中銀マンションの前は、大國と言う料亭だったんですよ。
もう知っている人は少ないかな。

まだ残っているものもたくさんありますね。
住吉文化センター、子供の頃よく遊びに行きました。
矢部さんの養魚場もまだしっかりと残っています。
四谷新道のあたりは昔のままですね。
学校も昔のままです・・・。

まだまだ懐かしい思い出はたくさんあることと思います。
また、変化していく中河原を見たいと言う人もきっといるでしょう。

そんな人に少しでも伝えられる様に、もう少し中河原や府中の話を書いていこうかなと思いました。
遠くにいる人に、少しでも身近に感じて頂ければ。
たぶんね、もし自分が中河原から離れたら、きっと同じように知りたいと思うし調べると思うんですよ。

そう思うとね。

ちょびちょびですが、書いていこうと思います。

| |

« 業界紙にアパレルメーカーが広告。 | トップページ | 石油の臭い »

中河原の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 業界紙にアパレルメーカーが広告。 | トップページ | 石油の臭い »