« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

過酷ですね。

今日は暑かったですね。
仕事をしていてもじんわりと汗が吹き出してきます。

実は今日は娘の誕生日。
仕事をしていると、義理の妹夫婦が甥っ子を連れて遊びに来たんです。

外も暑かったんでしょうね、
半袖に短パン、服装はすでに夏を思わせるような感じ。
ご無沙汰です〜とは意的瞬間、顔がぐっと曇るんです。
そして、一言。

『暑いですね、過酷ですね。』

ちょうどYシャツを仕上げていたと言うのもあるんですけど、そこまで過酷と言う感じではなかったと思うんです。
いや、慣れの問題かしら?

そういえば、お客さんもお店に入ってくると暑そうだったな。

この時期は暑さに参ると言うよりは、まだ体が慣れていないので思うように動けないと言う感じなんです。
もう少しすると作業能率ももうちょっと上がります。

暑いだけならもっと過酷な仕事はたくさんありますからね。
もっと暑い仕事をしている人たちは、塩をなめながら仕事をしているそうです。
私たちはまだそこまではしませんから、マシな方だと思っています。

今度は真夏の本当に暑い時に呼び出してみようかしら?
機械の前で5分ほど立ち話をしてみたり・・・。
逃げ出すかな?(笑)

| | コメント (0)

道の駅

ゴールデンウィークに突入です。
昨日は道路もそこまで混んでないかな?と思っていたのですが、今日は混んでましたね。(>_<)

毎年恒例のたけのこ掘りに八王子まで行ったのですが、道の選択がまずかった。
中央高速に乗ったら大渋滞。
混んでいるだろうとは思いましたが、八王子までですからだらだら行ってもすぐつくだろうと判断したんです。
所が予想に反して1時間の長旅に。
日野バイパスを撮ったら半分でいけたんですけどね。

何とかつきましてたけのこ掘り開始。
今年は子供が自分で掘ると言うので、横にいれば大丈夫かなあとたかをくくっていたんです。
所がいざ始まると、全然掘れずに結局お父さん出動。
まだ足治ってないのに。(T_T)

一年に一回、今日しか取れないと思えば頑張るしかありません。

これまたいつも通りにたくさん撮ってきまして、BBQをやっている間に湯がいてらいました。

美味しいご飯を食べて、夕方帰ってきたんです。
途中、八王子に出来た新しい道の駅に寄ってみました。

道の駅八王子滝山

ちょっとトイレを拝借・・・、なんてつもりで寄ったのですが、物凄い混んでいるんですよ。
車を止めるだけで10分は待ったでしょうか。
何でこんなに混んでいるのかな?と思っていたのですが、中に入って納得です。

八王子の物産品が売っているんですよ。

野菜から工芸品、お酒まで八王子で取れたもの作られているものがどっさりとあります。
しかも、野菜なんか安いんです。
先ほどあれだけ苦労して掘ってきたたけのこの何倍も大きいものが500円で売られていたり。
しかも、糠付きですぐ灰汁抜きが出来るように配慮されています。

こりゃ、人が集まるわけだ。

しかも、簡単な食事が出来るようなスペースもありまして、たけのこソフトなんて言うのもありましたね。
ちょっと興味深々。

後ろ髪を引かれつつ、ぐっとこらえて帰ってまいりました。
だってね、子供たちはぐっすり寝ているんですもの。

その後、日野バイパスを通り、ヤマダ電機へ。
少々お買い物して本日の予定は全て終了です。

天気よかったですからね、帰ってきてお風呂入ったら見事に日焼けしていました。
ちょっとヒリヒリします。

さー、うちは明日も通常営業です。
がんばるぞー。

| | コメント (0)

繁忙期速報。

この時期になりますと、クリーニング屋さんには繁忙期速報なるものが出回ります。
主に業界紙で取り上げられるのですが、仲間内での連絡でわかる事もしばしば。

衣替えのこの時期は一年を通して一番忙しく、クリーニング業界では繁忙期と呼ばれています。

毎年、3月になると繁忙期の予想が出始めまして、いつ頃に爆発的に品物が集まるか?なんて予想が出るんです。

今年は、暖冬の影響でクリーニングが少ないんじゃないか?と言う噂が広まりまして、クリーニング屋さんの中ではいつになったらどばっと集まるのか?ひやひやしていると思います。
実際、4月の最初の週はとても扱ったのでクリーニングが出たのですが、その後急な冷え込みからストップ。
業界紙では今週土日にピークが来るだろうと予想しているようです。

さてさて、予想通り今日は集まったか?と言いますと、う〜ん、ちょっと微妙なようでした。
午前中、集配に出かけて、クリーニング屋さんの前を何軒も通りましたが、繁忙期に見られるような並ぶと言った現象はなく、比較的穏やかな様相。
友達とメールや電話で話をしたんですが、いつもと変わらない一日だったそうです。

今年はどうなっちゃうか?クリーニング屋さんはドキドキしているでしょうね。

先日とどいた業界紙には、4月前半の繁忙期の速報が出ていましたが、読んでみてびっくり。
九州のほうではあまりに暖かく、12月の段階で半袖を着て歩いている人がいたようで、今年は絶望的だとかいてありました。
そうかと思いきや、微増ですが頑張って売上をあげているクリーニング屋さんもあります。

ハッキリと言うわけではないですが、徐々に差が出始めているのかもしれません。

以前、お客様にこう言われたことがあります。

『クリーニング屋さんも二極化してきていますね。綺麗に出来ない所とちゃんと綺麗に出来る所と。』

お客様がそう感じるように、徐々に分かれてきているんでしょう。
今後どのようになっていくのかわかりませんが、確実に変化がおき始めるんでしょう。

今年の繁忙期速報は、正直きついものになりそうです。
クリーニング屋さんの中では死活問題になるような気がしないでもない。
個人的にですが、これからの三ヶ月は要注意の気がしています。

突然やめる事は無いと思いますが、普段お使いのクリーニング屋さんをチェックしておいた方がいいかもしれません。

| | コメント (0)

不安になります。

明日からゴールデンウィークが始まりますね。
大型連休があると、どうしても不安を感じるんです。

毎週、集配にお伺いしているお客様がいらっしゃいます。
そのお客様の所に、休みが重なってしまい行けなくなる、大型連休ではよくある話なんですね。
で、大抵その週は飛ばして翌週に持ってきてくださいと言われるのですが、それが不安なんです。

スーツなどは特に心配しないのですが、Yシャツを預かっていると、早く渡さなきゃ!とどうしても思うんですね。
たぶん、毎日着るものなので、足りなくなったらどうしよう?と思うんだと思います。

取り越し苦労なのは分かっているんですよ。
みなさん、ご自分のYシャツの枚数と連休を照らし合わせて、次の集配で十分間に合うと判断しているんだと思うんです。

でも、ドキドキしちゃうんですね。
なぜか何年経ってもこればっかりは直りません。

同じようにドキドキするものとして、作業着があります。
こちらも毎日着るものですし汚れがひどいので、早くお届けしなきゃ!と思うんです。
しかも、Yシャツと違い、作業着はみなさんあまり持ってないんです。
下手すると二着しか持っていなくて着替えすら出来ない人もいるんですよ。

今年は、作業着が出る現場さんが休み無く働くようなので、あわせて集配に伺うようにしています。
休み前後の仕事がとても忙しくなりますが、着替えが無いと困ってしまいますからね。

クリーニングは生活の根本の一部だとどこかで思っているのかもしれません。
必要とされている、と私は思っているんですけどね。

| | コメント (0)

除菌製品の影で。

日曜日だったでしょうか、夕方テレビを見てたんですね。
そこで興味深いデータがありまして、ググッと見入ってしまいました。

なんと、ここ数年で、お部屋の掃除の回数が減っているらしいんですね。

その主な理由の一つに、除菌製品があります。
スプレーでシュッシュッとかける奴、売ってますよね。
あれの事です。

宣伝もとてもうまいと言うのもあるのでしょうが、除菌製品を使う事で掃除がいらないと思っている人がいるようなんです。

その番組では、除菌製品の特徴と、どこまで効果があるのか、部屋の細菌の数を調べるなどいろいろな事をしていました。

その番組でも言っていましたが、除菌製品は確かに効果があるけど、原因を取り除くわけではないので、また細菌は出てくる、とおっしゃっていました。
だから、掃除は必ず必要なのだと。

うーん、何かに似ている・・・・・。
まるで某消臭スプレーのような話だ。

衣類の汚れも同じですよね。
消臭スプレーを吹きかけても、その中に除菌成分が入っていたとしても、その瞬間は取り除いてくれますが、原因は衣類に残っています。

つまり、時間が経てばまた出てくる。

あまり、消臭スプレーや除菌製品に頼るのもいけないようです。
完璧な商品なんてありませんから、きちんと使い分ける必要はありますよね。

当店でも抗菌剤を使っています。
主にYシャツやシーツなどですが、これは雑菌の繁殖による臭いを防ぐ為。
けっして、汚れない為ではありません。
抗菌剤により、一日仕事をした帰りでも、汗臭い臭いがしなくなります。
でも、臭いがしないのと洗わなくていいというのは別の話。

多少長く着る事が出来ますが、洗わないと綺麗になりません。

番組の中では、掃除の仕方も出ていました。
テーブルの上ってかなり雑菌がいるようです。
掃除の仕方もきちんとしないと効果がないようです。
なんでもそうなんでしょうが、正しいやり方でやるのが一番効果があるようです。

| | コメント (0)

今年のG.Wの予定です。

早いもので、今週末からG.Wに突入ですね。
みなさん、どれくらい休むんでしょうか?

さて、当店ですが、5日(土)にお休みを頂こうと思います。
日曜日は通常どおりお休みですから、連休と言う形になります。

その他の祝日は平常どおり営業しておりますので、ぜひお店のほうへいらっしゃってくださいね。
また、集配も平常どおりお受けしております。

最近、仕事が混みだしていて、お電話を頂いてからすぐにお伺い出来ないケースが増えてまいりました。
お手数をおかけいたしますが、集配のご依頼は少し余裕を持ってお電話いただけると嬉しいです。

今年は、定期集配でお伺いしているゼネコンさんも、頑張るらしく、休み無しだとか。
みなさん頑張っているようです。
働く人あれば、衣類は汚れますから、私たちもなるべく合わせるようになります。

この連休中に、冬物を整理しちゃいましょう。
ここまで暖かい日と寒い日が交互にやってきましたが、G.Wを迎えればもう五月はすぐそこです。
ここでやっておかないと、冬まで放置する事になりかねません。

一気にやっちゃいましょう。

| | コメント (0)

新築の方は気をつけてくださいね。

新しいマンションや戸建てがたくさん出来ていますね。
ここ中河原にも、新しいマンションが建ち、新しい住人の方が多数いらっしゃっています。
集配のご依頼も、府中市全域からお隣の国分寺市、小金井市、多摩市など幅広くやってきていまして、その半数が新しく引っ越されてきた方。

色々と気忙しくもあり、真新しい生活に胸躍るような感じでしょう。

新しいおうちには注意しなければいけないことがあります。
それは湿気の問題。
新しいお宅はどうしても、湿気がちなんです。

引越しの際に、普段使わないものだから遠くへ仕舞ったままにしておくと、数年後にはかびて出てきたなんて事がしばしばあります。

マンションなどでも同じです。
高い階に住んでいるからと安心は出来ません。
コンクリが乾くのに、数年時間が必要で、その間はどうしても湿気がちになるんですね。

戸建にしろマンションにしろ、立地やら建て方やらで、違いがあるはずです。
まずはその特徴をつかむようにしましょう。

3ヶ月ほど生活をしていると、どうもこの辺が湿気るな?と言うのが分かってきます。
そういう場所には、除湿剤を置くなり、除湿機を購入するなりして対策をする事が必要です。
逆に以上に乾燥する部屋もありますしね。

湿気のひどい部屋に衣類を仕舞っておくと、本当に洒落にならないんです。
本当に湿気ている部屋に仕舞っておくと、どうなるかみなさん知ってますか?

普通、汚れている所がまずかびますよね。
違うんです。
本当に湿気ている部屋に仕舞っておくと、湿気の溜まっているラインまで全部カビてしまうんです。

その部屋の湿気が、ひざの辺りまできているなら、膝から下全部カビ。
腰の辺りまで湿気が溜まっている所なら、腰の辺りにまるでラインを引いたかのように綺麗にカビが生えています。

本当にカビは恐ろしい・・・。

新築にお住まいの皆様、最初は面倒くさいと思いますが、数年間の我慢です。
除湿剤をこまめに入れ替えましょう。

| | コメント (0)

湿布がたくさん。

今日の夕方の事。
先週から痛めている足がまだ思わしくなく、先週よりひどくなっているようなので、夕方病院へ行ったんです。

帰ってくると、階段の所にたくさんの湿布が置いてあります。

どうしたんだろ?と思っていると、母が一言。

『お客さんがわざわざ届けてくれたんだよ。みんな心配してたよ。』

もうね、嬉しくて。
いや、嬉しがる前に治さなきゃいけないのですが、感情の方が先に出ます。

早く治さないとね。

みなさん、本当にありがとうございます。
今日は大事を取って安静に・・・。

| | コメント (0)

知らない所で可愛がられていたようです。

先日、お客様がいらした時に、カウンター横の上の方に置いてある、猫のみーちゃんの写真を見て、お客様がこう言ったんです。

亡くなったんですか?

亡くなってから9ヶ月ほど経ったのですが、この様に毎月色々な人から聞かれるんですよね。
そして、その度に、私たちの知らない所でかわいがられていたんだなあといつも実感するんです。

大体が、当店横のわき道あたりで、通勤の行き帰りに遊んでいたようです。
またね、元から人懐っこい猫でしたから、声かけると寄ってくるらしいんですよ。
そして、自由になでさせて、頭をすりすりして、さっとどこかへ行くようなんですね。

しかも、人間の事を覚えているらしく、声かけなくても寄っていく事もあったらしいです。
そりゃ、かわいがられますよね。

みなさんね、みーちゃんとの思い出を楽しそうに語っていってくれます。

そろそろ店から裏の方へ移そうと思っていたんですけどねえ・・・。
こうして、お世話になった人がいると思うと、なかなか移す事が出来ません。

しかし、本当に猫の活動範囲って言うのは、狭いようで広いんですよね。
あんな所にも行ってたのね、なんて驚く事もしばしば。
また、別の名前で呼ばれていたり、本当に面白いものです。

本当に時の経つのは早いもんです・・・。

| | コメント (0)

安く作る為には仕方が無いのかな?

ファーのコートが出た時の事です。
ここ数年ファーを使った品物が多いのですが、今までと傾向がちょっと変わってきています。

襟や袖にファーがついている商品は、大体取り外しが出来るようになっているのが普通です。
これは、クリーニングする時に別に洗う必要があるからなんですね。

ところが、最近のファー付きの衣類はそのまま縫い付けられているものがあるんです。

縫い付けられてしまうと、別に洗う事が出来ません・・・。

そもそも、毛皮と生地は洗い方が全然違いますし、洗う頻度も違います。
同じように扱ってしまうと、ダメになるのが毛皮の方でしょう。

ファー付きのコートのクリーニングをお客様に相談された時に、こういうことなんだな、と言う話がありました。

そのお客様は、とても衣類に詳しく、扱いに長けていらっしゃるんです。
もうプロと呼んでもおかしくないくらい博学で、私が普通に業界の中で話しているような話が出来てしまう、そんな凄い方なのです。
そんなお客様ですので、お持ちの衣類にまず間違いがあるなんて事はほとんどありません。
ひどいものは買わないし、しっかりしたものを買うことが出来る目をもっています。

ところが、ファーが縫い付けられたコートを持っていらっしゃったんです。
おかしいな?と思い、お話を聞いてみると、本人も納得が言っていない様子。

話す内容は私と同じで、ファーが縫い付けられているので、お手入れが出来ない、と嘆いておられました。

何でこの商品を買ったのか、お尋ねすると意外な答え。

友達が中国で衣類を作っているらしく、そのつながりでコートの購入をしたんだとか。
買う時にも、どこがダメか説明したそうなんですが、こう切り替えされたようです。

『ファーを取り外し出来るようにするとコストがかかる。見た目が高級品と同じようで、安く作らないと売れないんだ。だから縫い付けちゃうんだ。』

うーん、ある意味納得。
アパレルさんは販売してなんぼですからね。
売れる商品を作るのが一番の目的ですし、その為には多少の事は目をつぶるんでしょう。

また、裏を返せば、きちんとした商品が高額で売られているよりも、問題があっても安い商品の方が売れやすい、と言うことがあるのかもしれません。

どこに問題があるか?分からないと言う事もあるんでしょうね。

でも、衣類って言うのは継続性があるものですから、売りっ放し作りっぱなしではいけないと思うんですよね。
着て汚れたら、洗って、また着る。
これは衣類の正常なサイクルです。
この正常なサイクルを守る為に、一見無駄のような補強をしたり、色止めをしっかりしたりと言う事を本当はしているはずなんです。

ところが、そう出来ない事情もある。

難しい所です。
洗わないで捨てちゃう、と言う人も現実にいますしね。
そういう人には、どんどん買い換えられるような値段で売られているほうが嬉しいと思いますし。

あー、でもやっぱりここは譲れないなあ。
洗わなくても別に構いませんが、作る方はしっかりと作っていただきたい。
ファーなどは取り外しが出来るようにして欲しいし縮みにくい様にしっかり地のしはやって欲しい。
そうした良い商品を世に出して欲しいですね。

やっぱりね、日本の中では少なくとも良い商品と言うものは、長持ちするものだと思うんです。

その上で安く出来るのなら申し分ない。
きっとお客様もそこを望んでいると思います。

そこから先は技術とコストとせめぎあいになるんでしょうけどね。
私たちも同じですからよくわかるつもりです。
お互いに良い商品を提供していきたいものです。

| | コメント (0)

返事は届いていますか?

衣替えの時期に入り、ネットからのお問い合わせ、ご注文が増えてまいりました。
今年は去年よりもネットからが多く、インターネットでクリーニング屋さんを探すのが段々と普通になってきたのかな?と感じています。

メールが来ると、その都度返信するように心がけていますが、みなさん届いていますでしょうか?

今ひとつだけ心配な事があるんです。
ここ半月ほど前からスパムが非常に増えていまして。
一時、落ち着いて気にならなかったのですが、なぜか衣替えにあわせるようにスパムだらけ。
毎日600通ほど届くので、朝、昼、晩と削除しまくっています。

明らかにスパムだ、と言うのは良いんですが、最近のものにはよく出来ているものがありまして、混乱させられるんです。

削除する時に、お問い合わせも消してやしないか、毎日ドキドキしています。

もし、メールを出しても返事が届いていないお客様がいらっしゃいましたら、お手数をおかけしますが再度お問い合わせくださいませ。
その際、件名にクリーニングと一言入れていただけると分かりやすいです。
さすがに、出会い系でクリーニングと言う言葉は無いでしょうし。

毎日何通も返信しているのですが、それらは全部打ち込んでいます。
雛形を用意すれば簡単なのでしょうが、一通一通、考えながら打ち込んでいるんです。
ですから、返信するのが深夜2時とかになっている。(笑)
きっとなんでこんな時間に?と不思議に思うお客様もいるかも知れませんね。

お客様からのお問い合わせは、同じようで全部違います。
分からないポイントも悩んでいる所も、微妙に違う。
少しでもその部分を説明出来たらなあ、と思うと打ち込むしかないんですね。

しかし、スパム何とかなりませんかね。
セキュリティソフトを入れても、お客様のメールをスパム扱いするし、どれもこれも使えません。
スパム業者を何とか排除して欲しいと切に願います。

| | コメント (0)

3年経つと。

当店のお客様、特に若い男性には物凄くいい人が多いんです。
男の私が言うのもなんですが、こんなしっかりした人たちがいるんだなあとただただ感激したりします。

クリーニング屋さんを定期的に利用すると言う時点で、しっかりしているのはわかりますよね。
生活が規則正しく、身だしなみも綺麗な人が多いんです。

先日、いい社会人になったなあと思うお客様に会いました。
このお客様、高校を卒業と同時に上京して、こちらで一人暮らしを始めたんです。

慣れない東京暮らし、慣れない仕事、何もかも不安だらけだったでしょう。
そんな時に、スーツのクリーニングを当店にお持ちになったんですね。
当時19歳になったばかり。

まだまだ、かわいい青年でした。
全然擦れていなくて、まっすぐないい目をした子だったんです。

たまたま、実家がうちの社長と同じと言う事もあり、色々話をしたんですよね。

それから何かあるたびに、お話をさせていただきました。

まじめで一生懸命だからこそ、社会人に成り立てと言うのは悩むものです。
同じように上京してきた友達と、職種の違いから悩む事もありましたし、漠然とした不安もあったでしょう。
9時ごろにお店に着てね、そのまま日付が変わるまで話をした事もありました。

あれから3年・・・。
たまにお店にスーツのクリーニングが出ていたので、仕上げをするたびに元気なんだな、なんて思っていたんです。
隣のコンビニに行く時に、チラッとだけ見かけたんです。

ビビビっと来るんですよ。

背筋をびっと伸ばして、胸張って歩いている姿を見て、一瞬で良い大人になったなあと直感しました。
大人に成長していく段階で、まっすぐ伸びていく人は少ないんです。
彼を見た時にですね、3年前に感じたまっすぐな感じをそのまま持って大きくなっていった、そんな印象を受けたんですね。

私、そういうの外した事ないんですよ。
だから、自信がある!

そして、次に、お店の前ですれ違った時にちょっと声をかけてみたんです。

変わっていませんでしたねえ。
本当に良い青年でした。
当たりもさわやか、話し方も丁寧、誰に紹介しても恥ずかしくない、そんな良い青年になっていました。

中河原には会社が結構ありますから、毎年新入社員さんをたくさん見かけます。
中には、挫折してやめてしまう人もいますし要領よく振舞っている人もいます。
そんな中で、こうして立派に成長しているのを見ると、本当に嬉しくなるんですよ。

なんだかね、花が咲いているんだなあと、そう実感するんです。
今まで頑張ってきた事が、体全体から溢れ出しているようで。

これからも、色々あると思うけど、きっと乗り切っていけるんだろうなと思います。
頑張って欲しいな。

新年度を向かえて20日ほど経ちますよね。
新入社員さん達は今が苦しい時かな?
でもね、今が一番の頑張り時なんだ。
思う所はあるだろうけど、3年ほどがむしゃらにやってみよう。
きっとね、頑張ってよかったと思える日が来るから。

3年後にまた良い人に会えるのを楽しみにしています。

| | コメント (0)

慣れているからって油断すると・・・。

足、まだ痛いです。(T_T)
さて、そんな不幸話は置いておきまして、今日は油断してしまった話。

クリーニング屋さんで使っているものは、きちんと使えば問題ないものばかりなのですが、ちょっと使い方を間違えたり、変な扱いをするとそれなりに危険なものがあります。

うちの母が、油断しまして。
二の腕の所と足の付け根のお尻に近い方をどうやら火傷をしたようなんです。

火傷といいましても、化学火傷でして、火でやったとかそういったものではありません。
十分防げたのに、使い慣れているので油断したんですね。

先日、カートリッジフィルターを交換する前に、ベースタンク清掃というものをやっておりました。
ベースタンクとは、ドライクリーニングの機械には、ドライクリーニング用の溶剤を入れておくタンクがついているんです。
そこからポンプで吸い上げて、洗うのですが、そこにも汚れが溜まっているんですね。
で、せっかくカートリッジフィルターを交換するので、ベースタンク内も清掃をし、ポンプで吸い上げさせてカートリッジフィルターに吸い込ませる、そんな作業をしていたんです。

ここで予備知識を一つ。
ドライクリーニングで使う、有機溶剤は油脂溶解力があります。
油を溶かす力が強いんです。
この溶剤が体につくと、次第に体の脂が取られ始めて、化学火傷になってしまうんです。
これは、灯油なども一緒。

よくニュースなどで灯油をかぶってどうのこうのなんてありますよね?
あれ見ていると、火がついたら危ないなあと言うよりも、かぶった人はそのうち体がヒリヒリしてきて辛いだろうなあ、なんて思っちゃうんです。
化学火傷、それだけ辛いものです。

ただ、濡れただけですぐ火傷をするかというとそういうものでもなく、衣類との摩擦も必要なんですね。

さて、話を元に戻しましょう。

ベースタンク清掃をやっていたのは母でした。
機械の中にあるタンクですから、そもそも狭いんです。
その中をかいくぐるようにして掃除をしていたので、シャツとズボンに溶剤がついたらしいんですよね。

そこで普通なら、まず着替えて、溶剤がついた所を洗剤で洗い流します。
そのまま放置しておくと化学火傷を起こしてしまうからなんです。

ところが、いつも使い慣れているものですから油断したんでしょう。
そのまま他の仕事をしていたらしいんです。

なんかヒリヒリするなあと思い、お風呂で鏡見てびっくり!真っ赤になっておりました。

いつもね、普通に触っている溶剤ですから、これくらい問題ないと思ったんでしょう。
溶剤の残留にはあれほど気を使っているのに、自分の事となるとね。

かくして母も化学火傷で辛い思いをしているようなのであります。

クリーニング屋さんで返ってくる品物が石油の臭いがすると言った話を聞いた時に、私は必ず絶対その衣類は着ないでください、と言っています。
その理由はこの話を読んでいただければ分かるでしょう。

溶剤の残留はそれほど怖いものなんですよ。

最近は、セルフのガソリンスタンドが増えてきまして、それに伴いガソリンや灯油を衣類につけてしまう人が増えて来ました。
そんなときはなるべく早く服を脱いで、濡れた箇所を石鹸で洗い流してください。
早い処置が必要です。

灯油やガソリンは揮発性の溶剤ですから、衣類は干しておけばそのうち臭いは取れます。

なんにしても、油断は禁物、ですね。

| | コメント (0)

忙しくなると。

先週の土曜日、結構忙しかったんですよね。
全部の仕事が終わった後に、左足の足首に違和感があったのです。
嫌な予感はしていたんですが、そのまま就寝。

翌、日曜日。
足が痛かったけど、そのまま子供たちとお出かけ。
夜にはびっこ引くようになっていました。

明けて月曜日。
起き上がれないほどの激痛が走り、布団の上で今日の仕事どうしよう?と数分悩んでいました。
月曜日もやることが一杯・・・。
急遽集配が入っているし、その後カートリッジフィルターの交換。
仕上げもしこたまあります。

何とかカートリッジフィルターまでは済んだんですが、仕上げに難儀しました。
通常ならゆうに終わるのに、いつまでたっても終わらない。
立っているのが辛いんですね。
結局全ての仕事が終わったのが夜9時過ぎでした・・・。

そして、今日。
午前中の配達に出かけたのですが、一向によくなってない状態で、かえってお客様にご迷惑をかけてしまいました。

みなさん優しいんですよ。
心配してくれるし、外まで出てきてくれるし。
本当にいいお客様に恵まれているなあと、ジーンときてしまいました。

いつもなら1時過ぎには帰ってくるのに、こんな状態ですから、2時過ぎ。
名前付けて家に入ったのが3時過ぎ。

これから仕上げをするのですが、昨日よりも悪いようでもう立っている事が出来ません。
さて、どうやって仕上げるか?

立てないなら座ればいいか?と言う事で、椅子を持ってきまして、仕上げ台を一番低い位置に。
何とかかけられましたが、やはり慣れないことはするもんじゃないですね。
アイロンがけは立っている状態が一番かけやすい、そう感じました。

ふとね、一般のご家庭ではおそらくこんな状態でかけているんじゃないかな?と想像しながらかけていたんですが、やはりやりづらい。
家庭用のアイロン台はさらに半身ですし。

本当に去年も一昨年も一度はやっているんです。
忙しくなると、やっちゃうんですよね。
ズボンを仕上げる場所がしたがコンクリで、そのまま足に負担がかかってしまうようです。
忙しくなると何百回とペダル操作をします。
きっとその影響もあるんでしょう。

今、バンテリンのクリーム状のやつを塗っておとなしくしています。
そろそろね、たって仕事が出来るようにならないと、本当に怒られちゃいますから。

明日も寒いようです。
みなさんもお体にお気をつけくださいませ。

| | コメント (0)

今年は砂が多いですね。

今日、ドライクリーニングのカートリッジフィルターの交換をしました。
ドライクリーニングは洗う液体をろ過しながらクリーニングしているんです。
水のようにその都度捨てていないんですね。

洗う回数等にも寄りますが、今回はいつもよりちょっと早めに交換。
と言うのも、今年の冬物は汚れが結構ひどいものが多いからなんですね。

ろ過しながら使っているので、汚れがひどいものを多く洗えば洗うほど、カートリッジフィルターが詰まってきます。
つまると、きちんとろ過しなくなる。

適切なクリーニングをするために早めの交換をしたというわけなんです。

カートリッジフィルターには、ごみや汚れがたくさん付いています。
綿ぼこりや砂がおおいんですが、今年はどうやら砂の方が多いようです。

この砂が今年の汚れの原因でしょう。

去年から雨が少なかったですし、風が強い日も多くありました。
しかも、暖冬で若干汗ばむ事もありましたし、砂が付着するには条件が整っている。
襟汚れや袖口の汚れが特にひどいのですが、実は全体的に汚れているんです。

こういった場合、部分的な染み抜きではダメ。
全体的に汚れを落とす為に丸洗いがどうしても必要になります。

襟がひどいからとクリーニングして、全体的に色がよみがえってびっくりするお客様、多いんですよ。
本当の色に驚き、それだけ砂で汚れていたのかと驚き。

砂の汚れは、全体的でぱっと見てもわかり辛いです。
どこで判断するかと言うと、前身ごろを斜めにして見ると茶色がかって見える事があります。
もしくは、襟や袖の汚れから類推するしかないです。
襟や袖だけが汚れるなんて事はありませんから。

カートリッジフィルターを交換したので、これでまた安心して洗う事が出来ます。
交換した今が一番いいんですよね。
今がチャンスです。
早めにお出しくださいね。

| | コメント (0)

羽村動物園

最近、週末が暖かいですね。
天気がいいのならと、午前中瑞穂の方へ行きまして、帰りに近くの羽村動物園へ。

羽村動物園、府中からですとちょっと遠いんです。
車で約一時間くらい。
でも、行く価値、ありますよ。

羽村動物園、他の動物園に比べますと小さくて、あまり大きな動物もいるわけでもなく、珍しいものを見ようと思うとちょっと拍子抜けするかもしれません。
しかし、中に入ると大きな動物園には無い、面白さが沢山あるんですね。

園内はそんなに広くないので、小さなお子さんを連れて行って歩かせても大丈夫。
途中歩けなくなるなんてことはありません。
坂も無いし歩きやすいですよ。

中に入ると放し飼いされた鳥たちが出迎えてくれます。
運がよければ間近で見られるかもしれませんね。
ルートがあるのでその通り歩いていきますと、突然、園内放送が。
どうやら、特定の動物のところでガイドをしてくれるらしいのです。

ちょうどオオカミのところで、すぐ目の前にいたのですが、遅めの昼食を食べていたので、遠目から見ておりました。
小さい園ですからね、そんなに人はいないだろうと思っていてはいけません。
くるわくるわ、オオカミの前にざっと50人ほどの人だかり。
説明の仕方もとても面白いのでみんな聞き入っていました。

そのガイドが約15分ほどだったでしょうか。
その間そこから30Mほど離れたテーブルと椅子でお弁当を食べていた私たちが次に目にしたのが、なんとキリンへの餌やり。
やはりガイドさんがやってきまして、ぞろぞろと人だかりが。
数分説明した後に、パッと取り出しましたる葉っぱを、キリンに食べさせているんですよ。
で、次にお客さんに餌やりをやらせている。

これには心が動きましたねえ。
キリンに餌やるなんて、何かの時に人に話せるぞ!と思いますもの。
でも、お弁当食べているのでここはぐっと我慢。

お昼を終え、次に向かったのが動物を触れるゾーン。
今日触れたのが、ウサギと山羊と大きなカメ。
亀さん、でかかったですよー。
しかも、のろいかと思いきや結構動きが速い。
ウサギの方がね、動きが無くておとなしかったです。

大きな動物に触れて子供たちも大満足。
特に、かめは最初恐かったようなんですが、一回触ると自信につながったようで、その後何回もタッチしていました。

動物を触った後は、手洗いと消毒をします。
飼育員さんもきちんとその事を伝えていますので、みんなちゃんと手洗いと消毒。

細かい所まで行き届いている証拠です。

そして、実はこの後にメインイベントが残されていたんです。

カメを触った後に、ペンギンが見たいと言い出した下の娘。
ここにはペンギンがいるので、そこへ連れて行くと、なにやら人だかりが。
休憩する所でもないのに、おかしいなあと思っていると、なんと30分後にペンギンに餌やりが出来るらしいんです。

ねえ、それ聞いたらやるっきゃありません。(笑)

あまりの人数に早い者勝ちでもしかして上げられないかも?と言う不安を抱えつつ、じっと待つこと30分。
園内放送がかかり、さらに人が寄って来ます。

ペンギンだけは餌やり一回200円かかるのですが、今回は人が多いので、一家族一つの餌ということで落ち着きました。
カップにお魚が4匹ほど入っていまして、ペンギンに向かって投げるんです。

じかに食べさせたいと思うかもしれませんが、ペンギンも食べたい一心で着ますから危ないらしいですよ。

ペンギンに餌をやって、子供たちは大満足。
さー、もう後は帰るだけだ〜、今から帰ればお昼寝できるぞー!と思っていたのは私だけでした。

園内にはちょうどいい広場がありまして、大きなゾウの置物やサイの置物があるんですよね。
子供たちはそこでみんな遊んでいまして、当然うちの子も遊ぶ気満々。

休日は子供の為にありますからね、お昼寝、諦めました。(爆)

動物園が閉るまでしこたま遊び、気持ちよく疲れたらしく帰りはぐっすりでしたね。

この動物園、一時は閉鎖まで考えられていたんですよね。
そこを、みんなで一つ一つ改善していき、運営されていくようになりました。
実は私も小学校4年生くらいの頃、着た事があります。
あの当時と変わっていない所もありますが、改善されてよくなっている所も沢山。
こうして子供を連れて行っても安全で、ちょうどいい動物園になっています。

ここの魅力は、料金にも現れているんです。
駐車場は裏の方にありますが無料。
入園料が大人300円4歳以上50円、65歳以上100円。
年間パスポートもありましたかね。

近くのスーパーでお弁当を買って、羽村動物園で遊ばせてお弁当を食べる。
いい休日になること間違い無しですよ。

府中からですと、ちょっと遠いですし多摩動物公園などに比べると規模も小さいですが、羽村動物園にしかない魅力、楽しさがあります。
小さいお子さんをお持ちの方には本当におすすめです。
手作り感のある、暖かい動物園、いかがですか?

| | コメント (0)

10年着るためには。

毎週お伺いしているお客様と、少し話をしていたときの事。

普段は天気の話しだったり、イベントの話だったりするんですが、今日は服の話をしていました。
なんとですよ、そのお客様、10年は服を着ているんだそうです。
10年も着ていると聞くと、どれだけ傷んでいるか?なんて思うでしょうか?

とんでもない!

クリーニングも良くご利用されるのですが、その中に10年選手がちらほらと出ているんです。
でも、傷んでいる服なんて一枚もありません。

10年も服を着るためにはいくつか要因があるでしょう。

まず、お手入れをしっかりしている事。
そのお客様、毎年衣替えの時にはクリーニングしてしまいますし、それ以外でも汚れると必ずクリーニングをしています。
汚れを溜めないようにしているんですよね。

そして、体型が変わらない事。
これがかなり重要なポイントでして、長く着る事が出来ない原因の一つに体型の変化があるんです。
きつくて着れない事もあるでしょうが、大体が部分的に擦れ初め、擦り切れなどが目立ってきてしまうんですね。

衣類が傷む箇所はやはり擦れている箇所から傷み始めます。
股ずれ等は最たるものです。
脇の下や、襟、袖口などが傷んで切れてくるのも、良く擦れるからなんです。

体型が変わらなければ、服に無理な力がかからずに着る事が出来ますから必然的に長く着る事が出来るようになります。

そして、最後に服が体に合っているというのもわりと重要なポイントでしょう。
既成の服は体に合っているようで実はあっていないものです。
どこかブカブカだったりどこか微妙に窮屈だったり。
すると、変化が起こり始めるんですよね。

自分の体にあった服を着るだけでも長く着用できるんです。

他にもね、色々あると思います。

同じ服ばかり着ないとか。
アイロンをちゃんとかけるとか。

その一つ一つが、長持ちさせるし、古ぼけないで着ていけるんでしょう。

昔はね、30年着るなんていう人が結構いたものですが、最近はそんな人はほとんど皆無。
10年着るというのは本当にすごい事だと思います。

まだまだお若い奥様なので、今後が楽しみです。
10年後に、このセーターもう20年着ているんですよね、なんていう会話、したいなあ。

| | コメント (0)

大きなものから小さなものまで。

クリーニングの集配のお問い合わせを頂きますが、なぜかこの時期、布団やカーペットの依頼が多いんですね。

いつもならこの時期にそんなものが出ることなんて無いんです。
衣替えには順番がありまして、重衣料と呼ばれているオーバーやコートなどから順番に脱ぎ始め、セーターなどに移っていき、スーツ、布団などへ移行していきます。

ところが、今年は大きいものが多いんです。
大体理由は想像できるんですけどね。

四月に入っていますが、引越しが多くなっているんでしょう。
新しくマンションを買った人や、一戸建てを買った人、この時期多いはず。
配達に出かけていると、CMで見た事があるロゴの入った引越しやさんを本当に良く見かけるんです。
しかも、新しいマンションの前なんかは、大混雑。

引越しをすると、それまで使っていたものや、引越しの時でないと動かさないようなものを洗いたくなるものなんですね。
だから、カーペットなどの需要がある。

先日も、お電話をいただいた時に、大きいものは頼めるんですね?と聞かれました。
どうやら、運べないようなものを集配クリーニングに頼むものだと思っているような節があります。

昔ほどクリーニングの集配をどこの家庭も利用しているわけではないので、そういう認識なのも分かります。

大きいものから、小さいものまで、ぜひ集配をご利用くださいね。

ただし、昨今のガソリンの値上がりなどを考えると、どうしても一軒だけ配達と言うわけには行かない事情もあります。
ですが、他の配達と合わせてなら、少量でも集配は可能です。

ぜひ、メールもしくはお電話でお問い合わせしてみてください。

こんな量じゃ、取りにきてもらうの悪いかも?そんな人もいらっしゃるかもしれません。
でもですね、毎週一回定期的にお伺いする約束をしているお客様には、毎週Yシャツ4枚と言う人もいらっしゃいます。
このお宅だけならとてもお伺い出来ないのですが、他の集配と合わせているので問題なくお伺いしています。

持って行けない大きいものも、持っていけるけどきちんとしたクリーニング屋さんに頼みたい人も、ぜひ一度ご相談ください。

| | コメント (0)

友達来る。

アイロンがけをしていたときのことでした。
突然携帯がなります。

相手は、石川県にいる同業の友達から。
先日地震があったところなので、ちょっと心配に。

電話に出てみると元気な声なので、ほっと一安心です。
クリーニング屋さんは結構ラジオを聞きながら仕事をしている人が多いのですが、私最近聞いてないんですよね。
お店の中の電波状況があまりよくないので、ノイズだらけで聞くに堪えない。
でも、聞いていると咄嗟の事故や災害などの情報が入ってくるので、本当は聞いていたいんですが。

さて、久しぶりに話をしていると、なんと東京にきているというではありませんか。
しかも、西国分寺の駅にいると言います。

時間は午後1時ちょっとの所。
私ももう少しで今日の仕事の分は終わりそうなので、ぜひお店に寄ってくれるように話しました。

しばらくして、友達到着。
地元の商店会が勉強を兼ねて東京へ視察にきていたようで、時間が空いたから寄ったとのことでした。

まだお昼を食べていないので、二人でよし木さんへ。
美味しいお蕎麦を食べながら、懐かしい話や最近の話をします。
彼とは、数年前に業界新聞の勉強会で一緒だったんです。
とてもまじめで一生懸命で。
久しぶりに会って話をしていると、ずーっと頑張ってきたんだなんと実感する事が出来ました。

この後、稲城にある知り合いのお店へ行くとかで、送っていく事に。

時間があればね、色々と連れて行きたかったんですが、まあ仕方が無い。
うちから1時間ちょっとで他の友達のお店にもいけますし、都内だけでなくこちらの方でもショッピングモールや話題のお店などありますから。

府中だけに限定すれば、競馬場や刑務所・・・・・、他にも色々とありますしね。(笑)

ほんの数時間の出来事でしたが、連絡をくれて寄ってくれたのが本当に嬉しかった。
メールでたまに連絡をとりますが、もう一度勉強会したいねなんてお互い話していたのでね。
なんだか、いつかまた出来るんじゃないかと思っています。

しかし、本当に偶然なんですよ。
いつもなら夕方から夜まで結構仕上げをしているもんなんですが、今日は昨日かなり頑張ったおかげで時間が取れたんです。
こんな偶然はいいですね。

また東京へ着たら、ぜひ声かけてくださいな。
次は連れまわしますぜー。(笑)

| | コメント (0)

店名分かりますか?

みなさん、今お使いのクリーニング屋さんの店名、わかりますでしょうか?

なかなか店名って覚えてもらえないもので、屋号を名乗っても理解されない事がしばしばあります。
たまにですが、もう何年も通っているお客様にさえ店名が伝わっていないと言った事もあります。

毎週通っているお客様に電話をした時に、『一伸ドライクリーニング店ですが』と言っても、『???』と言った反応で、すぐさま、『洗濯屋です』と告げると思い出して頂けたりするんです。

これはうちだけの話ではなく、おそらくクリーニング屋さんには多い話なんじゃないでしょうか。
クリーニング屋さんとか洗濯屋さんという名前の方がしっくり来るんでしょうね。

屋号で呼んでいるお店ってそう考えると少ないのかもしれません。
それだけ身近なものなんでしょうね。

そういえば、お電話でお問い合わせを頂く時も、一伸クリーニングさんですか?と聞かれる方が少ないですね。
だいたい、洗濯屋さんですか?という一言が圧倒的に多い。
うーん、でもこれはうちの屋号がいけないのかなあ。
一伸とかいて、いっしんと読みづらいのかもしれませんね。
いちのぶくりーにんぐさんですか?とか、いちしんくりーにんぐさんですか?とよく言われますね・・・。

営業でかかってくる電話は屋号を言ってくれるんですが、3分の1くらいの人は間違えます。(笑)
珍しい名前なんでしょうね。

クリーニング屋さんでも洗濯屋さんでも、親しみがあるのならそれでいいんです。
そりゃ、店名言ってくれればなお嬉しいですけど。

一伸さん、と声かけてもらえるように頑張ります。

| | コメント (0)

3人寄れば無事解決。

中河原と言う場所は、結構外国人の方がいらっしゃいます。
NECにきている人もいますし、留学生なんかも中河原周辺に家を借りているようです。

夕方、一人の女の人が来ました。
恐る恐る入ってくるので、人声かけてみると、返事がありません。

その瞬間、ピンっ!と来ました。
日本人じゃないな。

外国の方ですと、大抵英語かジェスチャーで何とか通じるものなんです。

見てみると、真新しい布団を抱えています。
何となくですが、洗って欲しいと言っているようです。

しかし、こちらとしては、はいそうですか、と言うわけにも行かない。
汚れているものなら普通に受けますが、今買ってきたばかりの布団を洗ってくれといわれても、お互いコミュニケーションが取れてない以上、受ける事が出来ないんですね。

どうして洗いたいのか?まずその理由を聞きますが、話が通じません。

英語なら通じるか?と思い、Cleaning?と聞きますが、英語も分からないみたい。
さて本当に困りました。

日本人でも、極稀ですが買ったばかりの衣類を洗って欲しいとお持ちになるお客様がいらっしゃいます。
そういう場合でも、確認のために、新しい服である事と、どうして洗いたいのか?必ず聞くようにしているんです。

友達に中国大好きな人がいるのが頭によぎりまして、近くにいればなあと、ちょっと思ってました。

そんな時、ふと漢字ならいけるんじゃないか?と思いまして筆談に変更。
さっきよりは、コミュニケーションが取れるようになりました。

とにかく、真新しい布団である事、それを洗いたい事、そこまではお互い確認。
さて、その理由を知りたいのですが。当てはまる漢字が見つからない。

あいても、全く日本語が分からないので、困っているようです。

そこでまたまた思いついちゃいました。
お隣さんがいる。(笑)

うちの隣、マッサージやさんで、中国の方がいらっしゃるんですよね。
早速、呼びに行きまして、間に入ってもらいます。

こちらの聞きたいことを伝え、相手が何を言っているのか聞いて欲しいと頼みます。
すると、今まで無口だった女の子が、しゃべるじゃないですか。
早口で私にはちんぷんかんぷんでしたが、なにやら会話が通じている様子。
会話が出来るっていいなあ、と思っていた矢先、ちょっと雲行きが怪しくなって来ました。

どうやら奥さんは韓国なまりのある中国語だそうで、ちゃんと伝わるわけじゃないと言います。
さて困ったぞと思っていると、奥さんが若い子を呼んで来ました。

この子は完璧に中国語を話せるらしいんです。
しかし、日本語が分からないので、自分が日本語を中国語に直すと。

詰まりこういうことになりました。

私が話す → マッサージやさんの奥さんが中国語に変換して若い子に話す → ちゃんとした中国語でお客さんと話す


一つの話を伝えるのに、3人必要ですが、これで完璧に話が通じるようになりました。

時間をかけて聞いて見ると、今買ってきたばかりなんだけど、無造作に陳列してあったのでなんだか汚らしく思えたのでクリーニングしたいと思ったんだそうです。
また、洗えば柔らかくなると思ったらしく、洗いたかったようなんですね。

理由を聴けば納得。

ただ、中国語が話せる若いお姉さんが何やら説明をしてくれて、結局洗わないでお持ち帰りになりました。
使えるものを無理して洗う必要は無いですからね。

なんだかグローバルな一日でしたねえ。
英語を勉強するといいかなと思っていましたけど、最近は英語だけじゃダメかな。
この辺も、外国の方増えてきてますからねえ。
コミュニケーションは取れるようにしておかないといけませんね。

| | コメント (0)

メールを送って頂いた皆様、申し訳ございませんでした。m(__)m

カシミヤクリーニング.COMにメールを送って頂いた皆様、ご迷惑をおかけしました。
お客様に教えて頂いて、初めてメールボックスの容量がオーバーしている事に気付きまして・・・。
メールを送っても返って来てしまうという事態になっていた模様です。

現在は、メールを受信する事が出来ますので安心して送ってください。

当初、お客様から教えて頂いた時に、設定でサーバーにメールを残す、にチェックが入っているものとばかり思っていました。
二年程前、メインで使っているパソコンにトラブルが発生し、急遽古いノートパソコンでメールを受信していた時期があったんです。
その時に、確かそのような設定をしていたと覚えていました。

しかし、見てみるとその設定はされていない・・・。

他に思い当たる事も無いので途方にくれてしまいました。
サーバーの方を覗いてみると、お客様との連絡用に使っているアカウントは問題がないのですが、管理者用にとってあるアカウントがおかしいのです。
どうやらそのメアドに大量にメールが届いているようなんですね。

その容量、ざっと50M。
メートルじゃないですよ、メガです。
設定をしまして、いざ受信すると、なんと6500通もあるではないですか。
しかも、そのほとんどがスパムと呼ばれる迷惑メール。
昨晩から、ずっとメールを確認して削除していきました。

パソコンで適当にアドレス作って送っているようですから、公開していないアドレスにもメールがきてしまうんでしょう。

本当に皆様ご迷惑をおかけいたしました。
一年で一番みなさんとメールをする時期なのに、使えない状態にしておくなんて・・・。

削除がこんないつらいものだとは思いませんでした。
本当に迷惑メールは勘弁です。

| | コメント (0)

技術があっても。

何となく寝れずについつい考え事をしていました。
最近、よく考えるんですよね。
少しずつ見えてきた事もありますし、改めて思った事もあります。

まだ寝付けそうも無いのでちょっとだけ。(笑)

色々な職業、仕事がありますが、大抵どの仕事でも技術は存在します。
技術と言うと大げさですが、コツと言いますか長い時間かけて熟練させて出来たものとでもいいましょうか。
どんなものでもあるわけです。

たとえそれが機械を使うような仕事でも、ちょっとした所に技術は存在しています。

私たちクリーニングの仕事でも同じ。
ハンドアイロンをかけるのも技術ですし、染み抜きももちろん技術。
プレス機を使ったプレスも、一見簡単そうですがやっぱり技術なんですよね。
その証拠に、同じ機械を使っているはずなのに、仕上がりに差が出てしまいます。

さて、禅問答のような話になりますが、技術を持っているのと良い仕事をするのは同じではないんですね。
いい技術を持った職人さんを、私は沢山知っています。
また、本当に良く勉強している、凄いクリーニング屋さんも数多く知っています。

でも、それとちゃんとした仕事をしているのかは別なんです。

良い仕事をするためには、あるレベル以上の技術は絶対必要です。
しかし、一定のレベルを超していても、仕事で出し切らなければいい仕事にはならない。

物凄いしみぬきの技術を持っていたとしても、落とそうとしなければ落ちないんです。

どんな仕事でもそうだと思いますが、手を抜こうと思ったらいくらでも手を抜けると思うんです。
また、手をかけようと思ったら、限りはありません。

つまり、仕事をやる人の意識が重要なんですね。

最近、仕事をしながら考えていまして、決まったパターンの作業をするのがクリーニングなのか?と考えていました。
たとえば、シャツはこのように洗い、このように仕上げる。
製品を作るのならこれでいいんでしょう。
しかし、クリーニングは、扱うものにばらつきがあります。
製造業に比べてイレギュラーが多いんです。

となると、これがシャツのクリーニングだ、と言うものは存在しないのではないか?と思うんですよね。

一定のクリーニングの枠にはまるものはそのままの作業でいいと思いますが、枠からはみ出したものはそれにあった次の作業をする必要があると思うんです。

つまり、その衣類に必要な事を次に出来るかどうか?ここが重要なんではないかなあと。
綺麗にするために、次はどうするか?そう考えていく事をしていく事が、とても重要なんだと感じています。

気持ちが先とはいいませんが、人の行動の源とは心です。
その心が、きちんとしていないと、お客様に渡せるような仕事は出来ませんよね。

夜考え事をすると、いろいろな事を考えるものです。
夜も更けてきましたし、今日はこれにて。

| | コメント (0)

気がつけば天井が見えない。

忙しくなり始めて、数日が立ちました。
その間、記録的な暑さや、いきなりのみぞれ、雪。
寒暖の差が激しく、こんな調子じゃ品物も出ないかなあと思っていました。

実際、暖冬の影響もあるのでしょう。
例年のような出方ではなかったんです。

当店の繁忙期の出方にはちょっとした特徴があります。

それは一人のお客様が数十点お持ちになるんですね。
多い人で50点以上。
少ない人でも一回に10点以上の持込があります。

みなさんこんな感じですから、一日数人がお持ちになると、完全にパンク。
翌日以降に洗う事になってしまいます。

ところが、今年はまだそういったお客様が少なく、色々なお客様がいろいろとお持ちになっていました。
例年と違うので、まだ今年は余裕あるかなあといっていたのですが、積み重ねって恐ろしいものです。

今日、配達から帰りまして、仕上げをし始めると、なにやら頭の上が窮屈な感じなんですよね。
おかしいなあ、今年はまだそこまで集まっていないはずなんだけど?と思って見上げてみると、品物の山、山、山。

そう、いつもの年と同じような光景がそこにありました。

仕上げ場の上も品物、洗い場の方も品物、自然乾燥をかける所も品物。
品物だらけです。

一気に持ち込まれる方は少なかったのですが、いろいろな方の品物が集中したんでしょうね。

今年はいつもと違うので、これからどうなるかちょっと心配です。
とりあえず今の状況ですが、パンクと言う所まで入っていません。
しかし、ハンガーがけの品物はスペースに空きがありません。
月曜日から順次、配達などで出るでしょうから幾分余裕が出来ると思います。

まだ、パンク宣言は出せませんね。(笑)

スペースが詰まっているので、自然乾燥に時間がかかるようになっています。
カシミヤクリーニング.COMをご利用の皆様、お時間がかかることをお許しください。

天井が見える日はくるのか。
いつまで天井を見れないのか。
今年は予測不可能です。

| | コメント (0)

日野バイパス

ちょっと前に新聞で日野バイパスが全線開通したと読みました。
このブログをかき始めて、最初の頃に新しい道として書いた事を思い出しました。

ちょうど八王子へ行く用事がありまして、日野バイパスを使ってみる事に。
日野バイパスとは、中央道府中国立インターの入り口の横をまっすぐ通っている道路の事です。

今まで八王子へ行こうと思うと、高速を使うか、甲州街道をひたすら下っていくかのどちらかでした。
八王子駅へ行くまでに、すいていても40分以上はかかっていましたし、ちょっと混むと1時間コース。
高速使っても30分切る位かなといった感じです。

日野バイパスに入ると、新しい道路と言う事もありますが、とても綺麗で走りやすい。
車もそんなに混んでいないのでスムーズに走ります。
確か前は畑だらけだったと思うのですが、新しいお店が沢山出来ていまして、スーパーやコンビニ、ディーラー、コーヒーショップと甲州街道並みですね。

そんなに走っている記憶もないのですが、あっという間に八王子一歩手前まできてしまいました。
ここまで、20分ほど。
すんなりと行けば八王子駅まで30分をゆうに切るでしょう。

ところが、時間帯が悪かったせいもあるのか、20号と合流した途端、混み始めます。
まあここはいつも混む所なので仕方が無いですね。
結局、行きは35分ほどで駅前に到着。
でも、早い早い。

用事を済ませ、今度は帰りです。

帰りはですねえ、もっと早いんですよ。
すいすいと走りまして、気がつくともう店の前。
25分で帰ってきてしまいました。

ちなみに制限速度は守って走っています。

日野バイパス、かなりつかえますよー。
今までなら、集配をお断りしていたような地域にも簡単に行く事が出来ますし、本当にびっくりです。
高幡や日野の周辺も、十分まわることが出来ますね。

三多摩の地域はこれからどんどん道路が開発されていくんでしょう。
その都度、今まで遠かった所が近くなる、商圏が変わると言った事が予想されますね。
そういえば、国立から当店へ品物をお持ちになるお客様も増えましたね。
これも、ヤマダ電機前の道路が整備されたからでしょうか。

道路って本当に凄いです。

| | コメント (0)

制服が一番多い時期です。

今週は制服を一番仕上げたんではないでしょうか。
例年より若干早い衣替えで、クリーニングの入荷も物凄い多いのですが、今週だけは制服を最優先にして仕上げています。

急ぎの品物はもちろん上げますけど、それ以外は来週以降へ持ち越し。
だって新学期に制服が間に合わないと言うわけには行きませんから。

早いところは明日あたりから。
遅い所でも来週から入学式や新学期が始まります。
今日中のお届けもかなりありまして、午後から配達に出っぱなしでした。
今週土曜日が最後の山場でしょうね。

私は学生の頃、野球部に所属していました。
かなり厳しい部活でしたので、休みなどほとんど無く、ほぼ毎日学校へ行っていた記憶があります。

制服のクリーニング、みんなどうしていたんだろ?
今になってふとそんな事考えますね。
やっぱり土日で急いでやってもらっていたのかな?
でも、日曜日も部活やってたし、制服で来なきゃいけなかったから洗う暇などないはず・・・。

中学生の頃の友達に聞いてみたい・・・。

制服のクリーニング大丈夫ですか?
クリーニング屋さんに出してあるから大丈夫!と思っているみなさん。
受け取り忘れなどありませんか?
お店と自宅が共用のところなら時間外でも対応してくれますが、通いのお店などでは時間外だと誰もいなくて品物を受け取ることが出来ないこともあります。

早めに引き取りに行きましょうね。

今週一杯、制服たくさん仕上げます。
頑張るぞー。

| | コメント (0)

料金表について


料金表についてのお問い合わせが非常に多くなっております。
当店のHPには料金表は載せていません。
その理由ですが、素材やデザインなどで洗い方が全部違うため、料金も変わってきてしまうからなんです。

===素材の違い===

たとえば、オーバー一つ例にとっても、素材は沢山あります。

カシミヤ、アンゴラ、アルパカ、キャメル。
これらの素材と、ウールとの混紡品。
また、デザインも様々ですね。

===付属品・デザインの違い===
フードがついていたり、ライナーがついていたり。
装飾品も色々ありますね。
ボタンもポリエステル樹脂のものから、貝ボタン、木ボタンなどこちらも種類豊富。
そしてそれらが一体となって衣類を形成しています。
素材が沢山あるように、デザインが沢山あるように、それらに適した洗い方も全部が違うものになります。


当店では、その衣類に一番適した洗い方を選んで、洗っているのです。
一つ一つ手間がかかる分、クリーニング料金もみんな違ってしまいます。


もう一つ例を出してみましょう。

===ブランドや生地の質感・やわらかさ===

たとえば、スーツ。 スーツはどれも似たり寄ったりの形をしているかもしれません。
でも、買う時にその値段にかなりの差があります。
一着2万円のスーツもあれば、20万円以上もするスーツがあります。
形が同じだから同じ料金でいいかというと必ずしもそうではないんですね。

この二つのスーツには違いがあるんです。
それは生地の柔らかさ。 ブランド物のアルマーニやグッチのスーツはその生地の柔らかさが特徴です。
品の良い柔らかさで、スーツに仕立ててあります。

このスーツを洗って仕上げるのは本当に大変です。
洗い方を雑にしてしまうと縮みが出るし、柔らかいので仕上げがしづらい。 物凄い高度な技術を要求されます。

===(注意)粗悪なブランド品もあります===

ではブランド物だけが上質なのかと言うと最近はそうでもないんですね。
繊維が細く、柔らかい、上質なスーツが多く出回っています。
ブランド名が知れ渡っていれば分かりやすいですが、
品質で勝負しているスーツなどは、見て、触ってその瞬間そのスーツの
質を感じ取らなければきちんとした仕事が出来ません。

===一着一着大切に取り扱い(クリーニング)しております===

名前ではなく、衣類そのものを見て仕事をしています。
お値段を提示するのはとても簡単かもしれません。
しかし、上記のように、素材やデザイン、質などにあわせたクリーニングをしていると、
HPに表示してある料金とずれが生じる事が多いんです。

お客様には、大変ご迷惑をおかけしていると思いますが、
何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

詳しい料金がお知りになりたい場合は、電話もしくはメールにて素材やデザインなど詳しい情報を教えてください。
クリーニングの方法などを説明しながら大体の料金もご説明できると思います。

皆様、今後ともよろしくお願いいたします。


一伸ドライクリーニング グループ 工藤隆史

| | コメント (2)

桜の時期はいつも雨ですねえ。

日曜物凄い暖かく、まさに花見日和だったと思ったら、今日のこの気温。
みなさん、びっくりしませんでしたか?

配達に出かけて、お伺いするお客様ほとんど、まるで冬に逆戻り、といっていました。

花冷えとか三寒四温、等というのでしょうが、寒すぎますね。
これで桜の花がいくらか長持ちするんでしょう。

天気予報を見るたびに、この時期はどうしても憂鬱なんですよね。
雨の予報を見ると、桜散っちゃうかなあといつも心配。
特に最近の雨はしとしとではなく、土砂降りですから、一気に落ちちゃうんじゃないかと冷や冷やもんです。

今年はなぜか国立へ集配へ行く機会が多く国立の桜ばかり見ているのですが、今日の雨ではやられていなかったようです。
でも若干、葉桜になりかけていたかなあ。

衣替えをしようとしていたみなさんも今日の寒さでちょっと躊躇したのではないでしょうか。
寒いと言っても、厚手のオーバーなどは必要ないですね。
薄いコートはまだ必要でしょう。

衣替えは一気にやりたくなるものでしょうが、上手な衣替えの仕方は必要のなくなったものから、やること。

汚れたものをいつまでも取って置いても良い事無いからです。

お店によっては、順番に持っていっても持ち帰るときは一緒でもいいよ、と言うお店もあります。
どの店もやってくれるわけじゃありませんから、預かる時に相談してみてくださいね。
ちなみに、うちのお店ではやってますよ。
遠慮なく言って下さい。

段々と暖かくなってきて、この雨、湿気が嫌ですね。
カビなどの原因になりそうで・・・。

取っておくと忘れちゃいますから、どんどん衣替えしていきましょう。

| | コメント (0)

黄砂

今日は黄砂が凄かったらしいですね。
名古屋のほうでは黄砂で真っ白だったようです。

本州の方で黄砂なんて、地球規模の環境が心配になります。

今日なんか洗濯物を外に干せなかったのではないでしょうか。

昔クリーニング屋さんには物干し台がありました。
屋上、もしくは二階部分にありまして、外で品物を干していた事もありましたね。
乾燥機の大型化等で段々干さなくなりましたが、それだけではなく大気の汚れも関係しているように思うんです。

今の日本はどこへ行っても車が多く、排気ガスによる大気の汚染も深刻だと思います。
普段全然気付かなくても、排気ガスで汚れているもんなんですね。

真っ白いシャツを着て、スクーターで走っているとうっすらと黒くなってきます。
あれ見ると、外に干すのが恐いなあと思っちゃうんですね。

大きな幹線道路沿いのお宅では、よく分かるんじゃないでしょうか。
外に干している人結構少ないですもんね。

他にも、外に干すと日光により退色もあります。
もちろんすぐ退色してしまうと言うわけではないので、あまり気にしないでくださいね。
時間をかけると徐々に、と言うことです。

外に干すとね、とても気持ちが良いんですが、最近はいい面ばかりでないのがちょっと辛いですね。

これから、衣替えでご自宅で洗濯をする方も多いと思います。
干す時は、ちょっとだけ気をつけましょう。

| | コメント (0)

花見日和???

今日はとても天気が良かったですね。
朝起きまして、朝食を食べた後、立川へ。

国立の桜並木を通っていくと、物凄い人です。
どうやら桜まつりも開催されているようで、それも関係しているんでしょうね。
車も多いし、何より、携帯片手に写真撮っている人の多いこと多いこと。

こんな良い天気ですからね、桜の色も映えるってもんです。

立川で用事を済ませ、またまた国立の桜並木を通って帰ってきますと妹から電話が。
以前頼んでおいた新宿のドーナツを買ってきてくれるとの事。
朝9時にお店に行って、一時間半待ちだそうで・・・。
クリスピークリームドーナツ、聞いた事ありますでしょうか?

家で待っていると妹到着。
子供たち、喜んで食べていました。
その横で妹はぐったり。(笑)
予定時間を大幅に越えて2時間近く待たされたらしいです・・・。
このドーナツ、柔らかめなんですね。
中にクリームが入っているものがありまして、レンジでチンして食べると美味しいとかいてある。
早速やってみると、確かに美味しい。
ちょっとはまりそうですが、並んで買うのはコシが引けちゃいますね。
せめて10分ほどなら並んでもいいかも。

夕方になりまして、クリーニング屋さんの花見へ。
場所はいつものように川崎宿河原です。
所が現地につくとポツリポツリと雨が降ってくるではないですか。
悩みますよねえ、濡れるの嫌だし。
天気予報見ても、降るとはかいていない。
日中恐ろしいほど晴れていたのにねえ。

ということで、花見決行!

オリジン弁当やコンビニで買出しをしまして、場所取り。
雨が降っているので人がまばらになっていたのですんなると取ることが出来ました。
小さい七輪に炭を熾し始めると雨がやんで来ました。
何とか持つかなあと一同安堵の表情。

所がですよ、なぜか仕事の話を始めると雨が降ってくる。
しかも内容がディープになればなる程強くなるんですよね。
そして話題がある特定の方向へ行くとぴたりとやむわけです。
こりゃ、今日の天気の神様はこの話題がお好きなのね?ということで、みんなでその話題へ。

その後も、雨が降ったりやんだりしながらわいわい花見をやって来ました。

今年は、繁忙期が始まっているのでみなさんぐったりしていましたが、いざ集まると楽しいもんなんですよね。

英気を養って、これから乗り切らないと。

来年こそはピーカンの中やりたいもんです。
花見の見頃も後数日ですね。

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »