« ベルトは一緒に。 | トップページ | ちょっと抜け出してくらやみ祭りへ。 »

ダウンの修理について

今年はダウンが流行っていました。
4月に入ってからも、中は薄着で外はダウン、と言ったような服装が目立ちましたね。
クリーニング屋さんにも今年はダウンがかなり出ているようです。

これだけ着られていると、それなりに修理も出ると思います。
引っ掛けちゃったとか、タバコの灰を落としちゃったとか。

そんな時、他の衣類ならちょっと縫っちゃおうとかすると思うのですが、ダウンではご法度です。

その理由ですが、ダウンはとても細く、針の穴程でも穴があいていると、そこからダウンが飛び出てしまうんです。
つまり、針が使えないんですね。

ダウンの修理は針などを使わずに、生地を貼り付ける必要があります。
ユザワヤなどへ行くとダウンの修理用パッチが売っていまして、修理する事が出来ます。
登山用品を扱っているお店にもありますかね。

とにもかくにも、ダウン製品には針は使ってはいけません。

また、ダウンの暖かさはその膨らみが主な理由です。
汚れたままにしていると、膨らみが減ってきて、暖かくなくなってしまいます。
次のシーズンに着るためにも、必ず洗ってから仕舞いましょうね。

衣類の流行と事故とは比例していきます。
ちょっと知っておくだけで、長持ちさせたりムダにお金を使う事もありません。
ぜひ、覚えて置いてください。

| |

« ベルトは一緒に。 | トップページ | ちょっと抜け出してくらやみ祭りへ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベルトは一緒に。 | トップページ | ちょっと抜け出してくらやみ祭りへ。 »