« なかなかクリーニング屋さんが見つからない。 | トップページ | なんでも値段が上がってきています。 »

冬物はいつ洗うのがいいんでしょうか?

今日、仕事をしていますと、母が一言。

『おかしい。』

何がおかしいのか聞いてみると、この時期に出る品物じゃないと言うんですよね。
見てみると母の前にはダウンやコートがずらり。
冬に着ていた品物が今出てきているんです。

長年やってきた母からすればおかしいと感じるのはある種当然なんです。
冬物は春先に洗うのが当たり前で、この時期は残り物が出てくるくらい、そういうものだったんですよね、今までは。

ところが、出し残しと言うにはあまりにも量が多すぎます。

ちょうど、先日集配に行ったときもお客様に似たようなご質問をいただいたんです。

『冬物はいつ洗えばいいんでしょうか?やっぱり早く洗ったほうがいいんですか?』

冬物はもちろん、早く洗うに越したことはありません。
やはり春先に洗ってから、仕舞うのが一番望ましい。
しかし、最近は仕舞っているうちに押し込んでしまうため、しわが発生し、それがいやで着る直前にクリーニングに出す方が増えてきました。

クローゼットに仕舞うようになってから、畳んでしまわなくなり、吊るしてしまうようになりました。
しかし、吊ってしまうと言うのは意外とスペースをとりまして、ほとんどの衣類を吊って仕舞ってしまうとスペースが足りないんです。
そして、ぎゅうぎゅうに押し込むことになってしまいます。

昔は、仕舞うときは畳み、着るときになったらプレスだけクリーニング屋さんにお持ちになったもんです。
畳んでしまうのは、スペースの問題もありますし、虫対策の意味合いも含んでいます。

要は、ライフスタイルが変化したんですよね。

そして、自分でアイロンをかける人も少なくなり、しわに対する意識も高まってきたことも関係して、着る直前まで洗わなくなってきているんだと思います。

また、クリーニング屋さんでプレスだけしてもらえると言うのも知らない人も増えています。
これはこちらのアピール不足ですね。

世代が変わり、衣類のお手入れの仕方を知らない人がどんどん増え、クリーニング屋さんのサービスも知らない人が増えてきているんでしょう。

でもこれはクリーニングに限ったことではなく、ほかの業種でも同じようなことが起こっているはずなんです。
修理出来ると知らない人もいるでしょう。
物が安い時代ですから、買い換えるほうが楽ですし。

どういったサービスがあるか、一から知らせる努力をしないといけませんね。
新しい町で新規に出店したのと同じ気持ちでね。
あら、昨日の話しと同じような内容になっちゃったかな。

話を元に戻しましょう。

衣類に関していえば、やはり洗ってから仕舞うのが理想です。
汚れがついていれば虫やカビの原因にもなりますし、しみが落ちづらくなる事もあります。
時間の経過とともに、しみが浮き出てくることもありますしね。

ですから、基本は洗ってしまう。

でも、しわが気になる、そんな方もいらっしゃるでしょう。
しわ対策としては、仕舞うときにぎゅうぎゅうに押し込まない、と言うのが基本。
理想は少し隙間が開くくらいがいいんですが、日本の厳しい住宅事情ではそれもかないませんよね。

となると、次なる手段は、仕舞っておいてしわになった場合、再度プレスしなおしてもらうか、自分でアイロンをかける、と言ったことになると思います。
また、強烈なしわではないので、ちょっと蒸気を使うだけで取れるものも多いと思うんですね。
お風呂上りに、お風呂場につるしておくとか。
残り湯の蒸気でしわが取れる、そういう話も聞いたことがあります。
ただ、蒸気でしわをとる場合、しわは取れますが、ぴんっ!と張っている状態ではないので、その辺はご注意を。
人によってはお気に召さない方もいらっしゃると思いますので。

とにかく、この時期まで冬物を取っておくのはあまりいい事ではありません。
着たら洗う、この基本だけは覚えておいてください。

|

« なかなかクリーニング屋さんが見つからない。 | トップページ | なんでも値段が上がってきています。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なかなかクリーニング屋さんが見つからない。 | トップページ | なんでも値段が上がってきています。 »