« 人の話に耳を傾ける。 | トップページ | 偽装は困ります。 »

怖くて手が出せないのでしょうか?

最近、クリーニングを断られたと言って、当店にお持ちになるお客様が大変増えております。
お持ちになるお客様、皆さんどこか不安そう。
そして、釈然としないと言った様子です。

先日お持ちいただいた品物も、他店で断られたものでした。
どうして断られたんでしょうか?と聞くと、こうおっしゃいます。

表示が外国のもので、日本の表示がついていないので当店では使えません。
ご自分で洗ってください、との事。

そんなに難しい衣類ではないんですけどね。
最近は、トラブルに発展してしまうケースが多いので、少しでも怪しいと思うと断るクリーニング屋さんが多いようです。
以前なら無かったことなんですけどね。

たとえば、クリーニング屋さんの技術がつたなくてと言うことならまだ話は分かるのですが、どうも話はそれだけではすまなさそうな感じなのです。
以前ここでも書きましたが、今までなら通っていた品質がクレームになったり、お客様が過敏になっていたり。

お店側もどう判断して良いか、基準はどこなのか、判断に苦しんでいると思います。
そして、あまりにもトラブルが多いと判断すると、受付自体を断るように受付へ回すわけです。
以前聞いたのは、ダウンやカシミヤなどは預からないクリーニング店があるとか。
気を使う商品ではありますが、断らなければいけないものではないんですけどね。
トラブルが怖いんでしょうね。

しかし、過剰に反応しているのはクリーニング業界だけではありません。
今や、トラブルを回避するために、どこの業界もかなり過敏になっています。
中には、洒落になっていないケースも。

実は、うちの親戚のひいおじいさんが入院しているのですが、ご飯を食べさせてもらってないんです。
かなりの高齢でもうすぐ100歳になろうかと言うお年。
本人は少しでも食べたいと言っているんですが、病院の先生が駄目と言います。
結局、点滴ですごしているんですが、確かに必要な栄養は入っていっているのかもしれませんが、やはり食べたほうが体に良いのは明白。
でも、いくら言っても先生は聞き入れてくれません。
そしてその先生、なんていったと思いますか?

病院にいるうちは食べさせられません。退院されたら好きなものを食べさせてあげてください。

これっておかしいでしょ?
結局、もし喉に詰まらされて、亡くなってしまった時に、病院の責任を問われるからと言うことのようなんです。
家で詰まらせたらそれは病院のせいではないと。

何が大事なのか、どうして病院にいるのか、もう一度考えていただきたい、そう思いました。

しかし、その反面、病院が適切な処置を取るのが怖くなるほど、クレームなどのトラブルがひどくなっているという面もあるのだと思います。

適切なクレームだけでなく、エスカレートしていくケースもあるんでしょうね・・・。

ここまで来るとなんだか分からなくなります。
業者がおどおどするような状況になっていて、果たしてお客様にきちんとしたサービスが提供されているのか?
でも、業者側にも責任はあるし。

バランスが悪いですね。
何とかしなくちゃいけないなあと思う今日この頃。
みんなが楽しく生活をおくれるようになりたいものです。

| |

« 人の話に耳を傾ける。 | トップページ | 偽装は困ります。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人の話に耳を傾ける。 | トップページ | 偽装は困ります。 »