« 急ぎと工事と。 | トップページ | 群馬・前橋周辺完全制覇の旅 最終夜 »

群馬・前橋周辺完全制覇の旅 第三夜

間二日はさんでまた始まりました。
もうしばらくお付き合いくださいませ。m(__)m

前橋二日目。

今日の天気はどんよりとした曇り。
雨が降るらしいのですが、昨日よりは幾分かましな状況のようで、今日頑張らないと今回の旅行は何もやる事がなかった、といわれてしまうかもしれないような危機的な状況でした。

朝、宿のパンを食べます。
焼きたてのクロワッサンをほおばりつつ、準備をしまして、9時ちょい過ぎに出発。
今日の目的地は、赤城高原牧場クローネンベルク
事前に調べていた所、なにやらリアル宝探しと言うものがあるらしいのです。

最近、ポケモンにはまりだした我が子達。
宝探しと聞いて目がらんらんと輝いています。
気分はもうトレジャーハンターなのでしょう。
車の中から興奮状態です。

移動中、車の中ではDVDを流しているんですが、なぜかそのとき流してしまったのは、ハリーポッター。
始まりは騒いでいたのに、気がつくと車内に静寂が。
長女は下向いているし、次男はいすに顔つけているし。(笑)

怖いんだな。(笑)

長男だけが平気で見ていたので、そのままにしておいたんですが、クローネンベルクに到着すると、なんと長女と次男が気持ち悪いと言い出します。
どうやら車に酔ったらしい。
あまりにもハリーポッターが怖かったので、酔ってしまったようなんですね。

車の中でのハリーポッター禁止令が急遽出て、少し休んだところでリアル宝探しスタートです。

今回の宝探しはこんな感じ
暗号を解きつつ、隠された宝箱を見つけ、宝箱に書かれている文字を写していくと、答えが見つかる、と言うもの。

フラワーパークとの共同企画なのですが、クローネンベルクだけで良いと思っていました。
3つも解けば満足だろうと。

入り口で地図を買います。
一人500円。
難しいコースと簡単なコースがあるのですが、子供がやるので迷わず簡単なコースを選択。
いざ入り口へ向かいます。

簡単なコースのはずが、暗号を見ていると、なにやら訳が分かりません。
結構難しいな、これ。
小学一年生には厳しそうだ、と言うことで変わりにお父さんが解く事にしました。

とりあえず先に進みつつそれらしき場所を探します。
ここクローネンベルクは山に作られているので基本斜面なんですよね。
常に上るか下るかなんです。
しかも、土地が広大なので、かなりしんどい。
こんな中探すのか?と一瞬ひるみましたが、子供たちの顔を見ると頑張らないといけません。

歩き始めて10分後、二つ目の宝箱発見。
いきなり一つ目を飛ばしてしまい、大丈夫か?と思っていたのですが、まあ見つけたんだから好として先に進もうと決定。
すぐ後に三つ目も順調に見つかります。
この間、かなり歩かされるんで、足がかなりつらい。
学生の頃、こんな感じだったなあ。

三つ暗号を解かないとストーンをもらえないのですが、一個目の暗号が解けないんです。
それら行き場所を探しても見つからない。
悩んだ末、決心しました。

全部回ろうと。

これが最悪の選択でした。
直線にして400メートルはあろうかと言う、斜面を、3往復。
それでも見つからず、足はくたくた、次男はぐったり。
諦めるか?と一瞬思ったのですが、いやいや、子供たちの夢をつぶすわけにはいかないともう少し頑張ります。

まだ見ていない場所・・・、といった所でようやく宝箱発見。
これで宝探しは終了・・・・のはずでした。

見つける喜びを知った子供たち、このまま終わるのは許せないという状況でした。
結果、フラワーパークに行って宝探しの続きをやる事に決定。
フラワーパークへ向かいます。

フラワーパークは、クローネンベルクから車で10分ほどの所。
すぐいけるので問題ないのですが、問題はそこではなく、やはり山の斜面に作られた場所と言うこと。
広い土地の斜面・・・・・、また登るんですか。(-_-;)

もう疲れているので、宝だけ探してすぐ帰ってやろうと行きこんでいたのですが、中に入ってその広大な土地にひるみます。
こんな広い所から三つの宝箱を探すのかと。

とにかく暗号をみると、 すぐ分かりそうなものがひとつ。
5分で一つ目発見です。

こりゃ調子が良いかも?と思って次の暗号を見ていると、なんとなく分かりそうなものがもう一つあるじゃないですか。
こりゃ次もいけるな、と思っていってみると、宝箱発見。
調子いいぞーとおもって宝箱を見ると、残念でしたの文字。

ちくしょー、こんなダミーもあるのかと、悔しさ一杯です。

でも、考え方の方向性としては間違っていないと思うので、そのまま探し続けます。

この企画、一度思い込むとまるで迷路のように悩み続けて、なかなか見つからないんですね。
すんなりと見つける事が出来れば簡単だと思うのですが、思考の迷宮に入ってしまうような、そんな感じがします。

やはりここでも見つからず、結局、全部をしらみつぶしに探す事に。
斜面をてくてく歩き続けますが、ここで長女が足が痛いとギブアップ。
仕方なく、公園で休ませます。
所が、足が痛いといっていた長女、10分も休むと公園の遊具で遊び始めるではないですか。
そんな元気があるなら探すぞ、と半ば強引に連れ出しますが、歩くと痛いらしい・・・。
自分の好きな事をやっているときは痛みもないんですよね。

結局、その後、何とか二つ目の宝箱を発見。
そして、推理の元に探した場所に三つ目を発見し、すべての宝箱を探す事が出来ました。

結局、両方行って5時間程いたかしら。
くたくたです。

暗号、見つける事が出来れば、納得なのですが、これがまた難しいんですよね。

フラワーパークは意外と良い所で、当初花だけならあんまり面白くないかなと思っていたんです。
所が、園内はとてもきれいに整備されていて、遊具もそろっており、小さい川が流れていて、子供たちが水浴びできるようになっています。
すぐ近くにシャワーも設置されていますし、かなり良い所ですね。
宝探しをしていなければ落ち着いて楽しめるいいところだと思います。

そして次に向かったのが昨日の遊園地、るなぱあくへのリベンジでした。

まだまだ続きます。

|

« 急ぎと工事と。 | トップページ | 群馬・前橋周辺完全制覇の旅 最終夜 »

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 急ぎと工事と。 | トップページ | 群馬・前橋周辺完全制覇の旅 最終夜 »