« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

見直してもらうと変わるもんですね。

携帯を買い換える前に、電池をもらおうと府中のドコモショップへ行きました。
ドコモでは二年に一度、新しい電池をくれるんです。
しかも、無料。


携帯の調子がおかしくなるのはたいてい電池の消耗が原因。
二年に一度でも電池をくれるのは本当にありがたいですね。


ドコモショップへ行き、電池をお願いすると、なんと今は一年に一回に変わったとか。
しかも、使い続けている限り、何年経っても一年に一回くれるんだそうです。
ドコモ、勝負してるなあ。


以前もらったときは郵送だったので、今回も手続きだけかなと思っていたら、なんとその場で電池がもらえます。
そして、電池をもらった後に、もし時間があるようでしたらプランの見直しをさせてくださいとおっしゃるんですね。


複雑怪奇なプランを自分で適正化するなんて出来ないので、せっかくなので見直しをしていただきました。


すると、電話代はここ二ヶ月ほど急激に使っているようで、同じ状態が続くようであれば、もうワンランク上のプランへの変更が望ましいとの事。
ただし、使わないのであれば、今のままでもいいようです。


とりあえず保留。


次にパケット代のほう。


こちらは毎月出会い系のメールやらで物凄い出費なんです。
iモードを使っていないので、メール受信が全部なのですが、しかも、迷惑メールの受信でお金を払っている状態。
何とかできないかなあと相談すると、パソコンからのメールを拒否設定してみては?といわれたんです。


パソコンからもメールを受け取ることがあるので困るんですが、というと、個別に受信設定も出来るので、ちょっと面倒くさいですが確実に効果があるとの事。
よくよく考えてみると、パソコンから来るメールは限られているので、そんなに大変というわけじゃなさそうです。
迷惑メールはそのほとんどがパソコンからというし。


設定してみましょう。


そして、もう一つ、パケット契約を使い放題へ変更しませんか?と。
今までの契約よりも、新しい使い放題の契約は返って安く上がるんだそうです。
聞いてみないと分からないもんですね。


賞味20分ほどで終了。
帰り際に、3ヶ月おきくらいにご来店くださると、プランの見直しが出来ていいですよ、との事。
こまめな見直しは必要かもしれません。


で、パソコンからのメールの受信拒否を設定したのですが、効果てきめん。
設定したその日からあれほど悩んでいた迷惑メールが一通もやってこなくなりました。
アイロンをかけていても、ご飯を食べていても、配達に出ていても、いつもなっていたメールの着信音がならなくなったんです。
迷惑メールのおかげで、友達のメールも気づかずに削除してしまったなんてこともありましたから、早くドコモショップへ行っていればなあと今更ながら後悔しています。


やはり、餅は餅屋、プロにかなうはず無いんですよね。
確かに、商売と思うと、売り込みたいだけなんじゃないの?と思うこともありますが、純粋にお勧めしたりアドバイスをしてくれる人のほうが多いと思います。
その言葉に素直に耳を傾けると、こちらにもいいことが起こると思うんですよね。


私たちクリーニング屋さんでも、お客様にお勧めしたりアドバイスをしたりしています。
やはりたまに、お金儲けしたいだけでしょ?なんて言葉を言われたりしますけど、実際はそんなことは考えていなくて純粋にアドバイスしているだけなんです。
とくに、クリーニングの場合は、ちょっとした事で長持ちしたりきれいになったりするので、少しでも聞いていただけたらなあと思います。

次は夏休みごろドコモショップへ行きましょうかね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突撃っ!

今日は祝日です。
暦通りお休みの人でも、今日からゴールデンウィークの始まりですね。
当店は、いつも通り営業をしておりますよ。

さて、先日起こった事件を一つ。
我が家の大騒動好きの皆様、お待たせしました。(笑)


先週の中ごろのことでしたか、朝隣の部屋から子供たちの声が聞こえてきたんです。
子供が朝から元気なのはいつもの事なのですが、問題はその会話の内容。
私の名前が出ている。(笑)

お前が上から乗っかって叩けっ!
お前は横から抑えろっ!
俺は膝蹴りをするっ!


おやおや、ずいぶんと物騒な会話ですこと。
どうもですね、お父さんと戦う相談をしているようなんですね。


私も黙ってみているわけには行きません。
当然、いい加減にしなさい、とたしなめたんです。
すると、あっさりとその場から子供たちがいなくなったんですね。
テーブルの上にはA4のコピー用紙が一枚。
なにやら図が書いてありまして、攻撃の手順が図で説明されている。(笑)
よく出来ているもんだと感心します。


さすがに長男が小学二年生にもなると、やることに計画性が出てきますね。
したの子供たちはそれについていきますから、こちらが驚くようなことをし始めるんです。


朝食を食べ、何事も無く子供たちが幼稚園と小学校へ。
襲撃計画の事はすっかり忘れていたんですよ、私は。


そして、事件は長男が帰ってきてから直ぐ起こったのでした。

長男がいつも通り学校から帰ってきたんですが、その時他の子供たちも帰ってきていたんです。
子供たち全員集合。
長男が、ランドセルを置いたんですが、その後にいきなり号令が。


かかれっー!


その合図とともに、今まで勝手に遊んでいたはずの長女と次男が私に襲い掛かってきます。
次男は私に馬乗りになり、体をポクポクと叩いている。(笑)
長女は私の右腕をつかみ、足で蹴っている。(笑)
そして、長男は、というと、朝の相談の通り、私の左側から、わき腹に向けて膝蹴りをしてくるんです。(爆)
他の子供たちの攻撃はたいしたこと無いのですが、全体重をかけてこられるので、なかなか身動きが取れません。
そこへ、体の育ち始めた長男の膝蹴り。
痛いなあ・・・。


一番恐ろしいのは、笑いながら攻撃してくるところ。


そのうち、最初は関わっていなかったはずの三男まで、笑いながらやってきまして、正面から顔に向かって蹴ってきます。(爆)
集団心理というものでしょうか。

襲われ始めてから、5分後に、嫁さんが気づきまして、やめなさいといいます。
しかし、一向にやめる気配はありません。
その数分後、また嫁さんがやめなさい、といってもやめない。


さすがに尋常じゃないと思ったらしく、いい加減にしなさい!といって終わったんですが、嫁さんがポツリと一言。

親父狩りじゃない、、これ。


お、俺は親父狩りにあってたのか。
しかも家の中で。(爆)
お、おそろしや~。

その後、あまりにもひどかったので子供たちはお説教を食らいまして、反省したようです。
それ以来、とりあえず私も襲われていません。


子供って何するか分かりませんね。
まさかお父さんを襲う計画立てているとは。
しかも、ちゃんと役割分担されていますからね。
子供の成長は甘く見てはいけないということでしょうか。


でも、うちだけなのかなあ。
他でお父さんが攻撃されたなんて聞いたこと無いし。


同じ経験をされた方いらっしゃいましたらご一報を。
ともに、苦労を分かち合いましょう。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言っていた通りになってきました。

昨日の集配の件を書いていて思ったのですが、言っていた通りになってきたなあと思ったんです。
誰の言った通りかといいますと、ここの管理をお願いしている、全ドラ社長、関さんのなんです。


彼とはずいぶんと長い付き合いになりますが、その彼が数年前から高齢者社会に向けて、集配がカギになると以前から言っていたんですね。
ニュースなどでは、高齢化という言葉は頻繁に使われていましたが、正直言ってあまりぴんと着ていなかったんです。
というのも、確かに高齢化社会になってはいくんだろうけど、同時にクリーニングも減って行くだろうと予想していたんです。
特に、お年寄りになると着るものも一定化され、クリーニングに出す必要性がなくなってきます。
集配を依頼するお年寄りがどれくらいいるかな?と思っていたんですね・


ところが、ここに来て年配者からの問い合わせが増えてきています。
皆さん口々に言うのが、持っていくのが大変だということ。


まさしく、関さんの言う通りになっていったわけです。


考えてみれば当たり前のことなんですが、みんな年をとっていくわけで。
いきなり年寄りが増えるなんて事は無いわけです。
いろいろなことを経験した人たちが年をとっていく。
これからは昭和の高度経済成長を経験した人たちがお年寄りになっていくわけですね。
すると、今までのお年寄りとはまた違った生活を送っているんだと思うんです。


ここが、今までと違う点なんでしょう。


文化的な生活を送っているけれども、日増しに重いものなどもてなくなる。
結果、集配クリーニングの必要性が出てくるんじゃないかなあと思います。


問題は、この方々にどのように集配クリーニングの存在を伝えるか?
ここは昨日と同じところですね。


昔からやっていると思っているのは自分たちばかり、お客様はどこにあるのか分からないといった状態になってしまわないように、伝えていかないといけませんね。


関さん、ごめんね。
疑ってたわけじゃないけどさ。(笑)
これからもいろいろとご教授くださいませ。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

集配もしているの?

お昼ごろ、いつもお世話になっている、西府町のお客様からお電話を頂きました。


このお客様、定年後はこうありたいな、と思わせてくれるような、充実した定年後の生活をしております。
定年後の生活を満喫している方って実はそう多く無いんですね。
今まで働いていたからゆっくりしたいと思うようなんですが、そのまま何もしないで時間が経ち、そのうち何もやる気が無くなってしまうと言う人が結構いらっしゃいます。


しかし、このお客様、今までがんばって働いてきたから、やりたいことを思うようにやろうと決心し、今まで行きたくても行けなかった旅行を大いに楽しんでおられるんです。
本当にうらやましい。


そのお客様から、お電話を頂きまして、布団や毛布などが大きすぎて、さすがに自分で一伸さんへ持ち込むことが出来ない、とおっしゃいます。
そこで、以前うちに来たときに、私が車に荷物を積み込んでいるのを見て、集配もしてくれるのかな?と思って電話をしてみたとの事。


もちろん、府中市内は集配のエリア内ですから、お伺いできますよというと、よかったぁと、安心した声を出していました。


うーん、でもちょっと内心びっくりしちゃったんです。
というのも、この方くらいの世代は、クリーニング屋さんが御用聞きを普通にしていた世代なんですよ。
つまり、集配にクリーニング屋さんが来ているのを知っている世代で、不思議に思うような世代ではないと思っていたんですね。


ところが、実際は、今クリーニング屋さんが集配をしてくれているとは思っていなかったらしく、やっているとしてもごくわずかじゃなかろうか、そう思っていたんだそうです。


御用聞きという言葉はさすがに使いませんが、クリーニング屋さんのやっている仕事は何十年も変わっていません。
店頭でお受けしたり、集配をしたり。


もちろん、この間に主流になっていたものはあります。
取次店方式が増え、工場を併設しない受け渡しだけの店舗が急増したり、集配や御用聞きという言葉だったのが、デリバリーや宅配といった言葉に代わっていったりもしました。
サービスも若干の違いはありますが、店でお預かりお渡し、するか、ご自宅でお受け取りお渡しするか、というスタンスには違いが無いんです。


今の若い人はクリーニング屋さんが自宅まで取りに来るということは珍しいことのようで、集配をしていますといってもぴんと来ない人もいるんですが、まさかこの世代までもクリーニングの集配サービスがあるとは思わなかったなんて・・・。


正直、甘く見ていたのかもしれませんね。


クリーニング屋さんで集配をしているところはたくさんあります。
でも、意外とそれらは知られていないようです。
ですから、たまに、都内のほうから取りに来ていただけますか?なんてお問い合わせをいただいたりするんです。
びっくりして、なぜうちなんですか?と聞くと、ネットで調べたらうちしか出てこなかった、と。


検索方法でそうなったのかもしれませんが、もちろんその方の周辺にも集配をしてくれるクリーニング屋さんはたくさんあります。
でも、それらを消費者は知ることが出来ないわけです。

時代が変わり、人が変わってきていることを考えると、もう一度クリーニングの基本的なサービスを消費者に伝える必要があるんじゃないだろうか、そう思うんです。

クリーニング屋ですから、服を洗うのは当たり前だと思っています。
でも、それすらもう怪しいのかもしれない。


きちんと、サービスを伝え、洗えるものを消費者に伝えていかないとお客様が困っているんじゃないかなと思うんですね。

ここはクリーニング業界の組合関係者への投げかけになりますが、


当たり前と思っているのは自分たちだけで、お客様はクリーニング屋さんのサービスも洗えるものも知らないのかもしれません。
それらを改めてアナウンスする必要があると私は思います。

もう一度足元を見直す必要があると思うんですけどね。

うちも再度アナウンスしようと思います。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

恒例のたけのこ掘りです。

昨晩といいましても、もう日付は変わっていたんですが、携帯へメールが着たんです。
見ると、いつも仲良くしてくれている八王子のお客様から。


明日、朝一でたけのこ掘りに来ない?との事。


ちょうど予定も無かったし、子供たちが早く起きてくれればいけるので、お伺いしますとお返事をしておいたんです。


そして、朝。


私が一番おきるの遅かった。(爆)


急いで支度を整えまして、八王子へ向かって出かけたんです。
ついたのが約束していた時間をちょっとすぎた頃。
いつもたけのこ掘りに行くと私たち他の家族も着ているんですが、今日は急にお声がかかったので、私たちだけの貸切です。


たけのこは雨が降った後に伸びるといいますが、今日の竹林はすごかった。
いたるところにたけのこだらけ。
掘り放題ですよ。
しかも、雨で土が軟らかくなっていますから、掘りやすい。
これなら子供たちも掘れると思ってやらせていたんですが、いかんせん、集中力が足りない。
たけのこがみんな途中でポキンポキンと折れてしまいます。


ここでお父さんの出番、ほれ貸してみろ、と掘り出したんですが、ようやく一本掘ってほら見ろ!と後ろを振り返ったら、子供たちは誰もいませんでした・・・。
犬と遊んでやんの・・・。


毎年のことですけどね、ここからはお父さん一人でがんばるの巻き、です。
ひたすら掘りましたよ。
そして、掘っては皮を剥いて、薪で湯がいてもらうの繰り返し・・・。
最初、たけのこ堀へお伺いさせてもらったときは、ご迷惑がかかると思い、掘ったたけのこを自宅へ持ち帰り自分の家で湯がいていたんです。


ところが、いくら湯がいても、工夫をしても、若干あくが残るのと少々硬いんですね。
それが、一度薪で湯がいてもらったのを食べたら、その柔らかさと美味しさに一瞬でとりこになったのでした。
以来、、湯がくところまでお願いしている、という事なんです。


おかげさまで、たくさんのたけのこを掘ってくることが出来ました。
今日はたけのこづくしかな。


毎年、たけのこを掘りに来るとゴールデンウィークがきたなあと思うんです。
今年も大型連休の始まりですね。
みなさん、お出かけの際はお気をつけくださいませ。
楽しい連休にしてくださいね。


仕事をしている人もいらっしゃるかと思います。
がんばりましょう。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生ミルキー

先日、携帯電話を買い換えようと思いまして、家電量販店を回っていたんです。


私が使ってるのはDOCOMOなんですが、ポイントの期限が切れちゃうというので、どうせならと買い換えることにしたんですね。
最近の携帯電話、こんなに値段が高いとは思いませんでした。


52000円・・・・・、おおっ!買い換えるのに一瞬躊躇するような金額です。
しかも、私だけ買い換えるということになると、おそらく嫁さんが暴動を起こすと思うんですよね。
となると、直ぐにとは行かないまでも近いうちにもう一台買い替えをしないといけない。
携帯電話で10万も越してしまうのかなあと、諦めモードでいたんです。


でもね、調べてみないと分からないということで、ヤマダ電機へ行ってみました。
携帯電話の値段を聞いてみると、なんと驚くような値段を提示してきます。
さいしょ、自分の耳を疑いましてね。
そんな値段で売ってくれるの?と何度も店員さんに聞いちゃったくらい。
その場で即決して、嫁さんにも電話、一気に二台買い換えることにしたんです。


まだそのお値段で売っているか分かりませんが、DOCOMOお持ちの方は、一度ヤマダ電機さんへいって聞いてみることをお勧めします。
西府のヤマダ電機さんですよ。


嫁さんがくるのを子供と待っていたんですが、そのまま待っていると子供が騒ぎかねません。
何か食べさせなければ!(笑)


ヤマダ電機さんには、不二家さんが入ってるんですね。
しかも、アイスクリームも販売していて、その場で食べることが出来る。
しかもカップだし。
ちょうどいいので、一つ子供に購入。


すると、横のショーケースにちょっと気になる文字を発見したんです。

生ミルキー


生ミルキーですか?
生キャラメルじゃなくて?
ママの味が生なの?


こりゃ、買わないわけには行きませんね。
早速一つ購入。


その後、嫁さんが来て無事に携帯を買い替え、家路に着いたんです。


家について、やはり気になるのが生ミルキー。
早速一つ取り出してみることに。
中には保冷剤が入っていて、どうやら冷蔵庫で保存しなければいけないようなんですね。
買ったら早く持ち帰らないといけなかったみたい。


中身は、銀色の紙に包まれていて、10個入っています。

一個をパクリ。


おお~!やわらかい食感、すーっと溶ける口どけ、味はママの味。(笑)
確かに、これは生ミルキーだわ。
非常においしいですね。


生というのにふさわしい、生キャラメルを彷彿とさせるような品物です。
これ、非常にお勧め。
お子さんにも、大人にもいいですよ。


不二家さんといいますとね、中河原駅前にもあったんです。
残念ながら閉店してしまいましたけど。
今でも営業されていたら、これを買いに着tなんだろうなあ、なんて思ってしまいました。


生キャラメル、うちは10分できれいさっぱりなくなっていました。
どれだけおいしいか、分かるでしょ?(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年のゴールデンウィークの予定です。

今年もゴールデンウィークがやってまいります。
早い人は明日の土曜日から、なんと16連休の方もいらっしゃるとか。


うらやましいと思う反面、半月以上休んじゃったら、もう仕事に復帰できないんじゃなかろうか?などと、自分が休むわけでもないのに余計なこと考えてしまいますね。
でも、もしそんなに休みをもらえたら、何しようかな。


さて、今年の当店のゴールデンウィークの予定です。
例年ですと、ほぼ休み無く仕事をしているのですが、すいません、今年はお休みを頂いてしまいました。


4月29日は通常通り営業をします。


5月3,4,5日の三日間、お休みをいただきます。
6日は通常営業です。


毎年、この時期はお電話を頂くのですが、お休みの間は品物を取りに伺うことは難しいですが、お電話は在宅していればお受けすることが可能です。
集配のご予約、ご質問などありましたら、遠慮なくお問い合わせくださいませ。


今年は高速道路が1000円で乗り放題ですから、地方は混みそうですね。
逆に電車などはすいているのでしょうか。
府中周辺は人がいなくてひっそりとするかな?
いやいや、この時期の府中には名物がありますので、盛り上がっているかもしれません。
大国玉神社の、くらやみ祭り、一度見ておいて損の無いお祭りですよ。
大国玉神社周辺は物凄く混みますが、あの熱気がまたいいんですね。
J-COMで、生放送もしますから、家でビール片手に見るなんていうのもいいと思います。


府中に越して着た方、ぜひ、いって見て下さい。


うちは、どうしようかなあ・・・。
やっぱり、片づけかな。(爆)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピンクをきれいに洗いたい。

洗濯王子のブログに書かれていた一言に妙に反応してしまった私。
鋭いところをついているなあ、と思いました。

私が反応した部分とは、ピンクのニットが多いなあ、というところ。
数多くいろいろなお宅へ伺い、洗濯の指導をしている洗濯王子ならでは、ですね。

おそらく、このピンクのニットを綺麗に洗いたいと思っている人はたくさんいらっしゃるんではないでしょうか。
そして、ピンクのニットの仕上がりに、満足していない人もかなりいると思います。
クリーニング屋さんはもしかすると、気づいていないかもしれません。


クリーニング屋さんは、白を洗うときには注意をします。
というのも、しろって洗いを間違えると、白くなくなり、黒ずんだりしてしまうからなんです。
ですから、クリーニング屋さんが消費者の方に、いいクリーニング店の見極めのポイントとして、白を白く洗えるお店が良い所、なんて説明をする人がいます。


たしかに、それも一理あって言えることなのですが、消費者からするとピンと来ていないと思うんですね。
だって、白って、白いというだけですぐ汚れちゃうし、着ていくうちに白くなくなっていってしまうんですから。
なので、白を着たいという欲求とともに、白を白いまま着るのは難しいと感じているようなんです。
また、素材にもよりますが、水洗いが出来る服ですと、クリーニング店の良し悪しを見極めるにはちょっと足りないんですね。


そこで登場するのが、ピンクのニット。

ピンクのニットは、クリーニングの差がはっきり出るんです。
ピンクは、綺麗に洗えていないと、薄汚れたピンクに変わってしまいます。
女性はすぐ分かると思うのですが、薄汚れたピンクほど、着たくない衣類は無いんじゃないでしょうか。
ですから、クリーニング屋さんの仕上がりに不満を抱いている人は、ご自分で洗おうとするんです。

ですから、洗濯王子のブログに出てきた言葉を見て、自分で洗いたいから洗濯王子に聞くんだなあと思ったんです。

私がもし、お客様に、いいクリーニング屋さんの見分け方を教えてください、といわれたら、一度クリーニングに出すことを前提にして、ピンクのニットを綺麗に仕上げられるところ、をポイントとしてあげます。
ただし、これも諸刃の剣で、もし、試しに出したクリーニング屋さんが上手でないと、逆に着たくないような状況になって帰ってくる可能性もあるんです。


本当なら、出す前に分かるポイントがあれば一番いいんですけどね。

クリーニング屋さんなら、ピンクのニットが綺麗に上がらない理由は分かると思います。
白よりも、ピンクのほうに不満を感じているお客様は多いですよ。

自分が気に入らない洗い上がりを、上手にしてくれるクリーニング屋さんをもし見つけたら。そのお店は本当にお勧めの店だといえると思います。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

繊維と服は違うのです。

繊維と服は違うのです。
これはたまにクリーニング屋さんの中でも話が出ることがあります。


服は繊維から作られています。
ですから、洗うときに、繊維、素材はとても重要な情報です。


どのような変化をするのか、どういうものを嫌うのか、繊維一つ一つの特徴を押えておくと、ぐっとクリーニングが上手に出来るようになるんです。


ところが、繊維ばかりに気をとられていると、思わぬ事故にあうことも多いのです。
それが、繊維と服は違う、という言葉につながっていきます。


服は繊維から出来ていますが、それだけではありません。
芯地が使われていますし、ボタンやバックルなどの装飾品も使われています。
中には、プリントをしてある服もあるでしょう。


ねえ、服って繊維だけで出来ているわけじゃないんですよ。
そして、これらいろいろな物が組み合わさって服が出来上がっているんです。

一つの服にもいろいろな物が使われていると、繊維的には問題が無くても、他の要因で洗えない商品というものも出てきます。
実はここが洗濯、クリーニングにおいて重要なところなんです。


綿は楽だとか、ポリエステルは楽だとか、いろいろ言う人はいます。
確かに、問題ない商品もあるのも事実です。
しかし、それは綿だから楽だという訳ではなく、ポリエステルだから楽だ、というわけではないんですね。
その衣類が、総合して洗濯に向いている商品なので、扱いがしやすい、ということなんです。


ここを間違ってしまうと危険なんですよ。

私たちプロのクリーニング屋さんも、素材だけで判断しているわけではありません。
素材もとても重要ですが、それ以外にも洗濯出来るか出来ないかの微妙な判断をしなければならないポイントがたくさんあるので、それらを総合して洗っているんです。


特に今は、素材のほかにつくりで問題になるケースが山ほどあります。
ポリエステルで出来ていて、何で水洗いできないの?という不思議な表示もありますね。
これもいい例で、素材的には問題が無いのですが、見えないところで水洗いできないようなものが使われているんでしょう。


逆も同じです。
十分ドライクリーニングできる素材なのに、出来ない表示がついていることもたくさんあるんです。
中には、販売側が無知なために本来つけられるはずのドライマークをバツにしているなんてこともあるのですが、本当に洗えないこともあるので、慎重に判断をしています。


プロの私たちですら、最近の衣類は慎重になりますから、消費者の皆さんも十分慎重に判断するようにしてくださいね。
洗濯も一番最初の判断がとても重要です。
ここを間違ってしまうと、綺麗に出来ないばかりでなく、万が一縮みや色泣きなどの事故につながる可能性もあるんです。


慎重にお願いしますね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニング代、置いていかんかい。(笑)

今日は一日ぐずついた日でした。
午前中、小金井市から三鷹市までぐるりと配達に出ていたのですが、降ったりやんだり。
勢いよく降ったかと思うとやんでしまったりとどうにも落ち着かない日でしたね。

それが夕方頃から物凄い大雨に。

火曜と金曜は長男が柔道の練習へ行く日で、夕方になると多摩市の練習場まで送っていくんですが、まあ雨が強くて強くて。
運転していてここしばらくこんなに運転しづらい日はありませんでした。

そして夜8時半過ぎに事件は起こったのです。

柔道の練習を終えた子供を迎えに行こうと、外に出たんですね。
で、車がどれくらい混んでいるか、ガードレールの近くまでするするっと歩いていったんです。
大雨の中、勢いよく車が走っていきます。

一台のバイクが、その車の脇をすり抜けて物凄い勢いで走り去っていきました・・・・・。

そのバイクの水しぶきで、私、びしょ濡れ。

思わず、サザエさんの世界だー、と思っちゃったくらい、思いっきり水をかけられたんです。
瞬間、思い出したのが、サザエさんならここでバイクのお兄ちゃんがとまって一言謝り、クリーニング代を払います、とか何とか話が進むんです。

・・・・・、お兄ちゃん、一瞬速度が落ちたようですが、爆走して行っちゃいました。

いやね、お兄ちゃんが悪いとも思っていないんです。
というのも、うちの前の道路、電線を地中に埋める工事をしていて、ただいま道路がでこぼこなんです。
大きなトラックが通ると、道路がでこぼこなので物凄い音をさせて走り去っていきますから。

お兄ちゃんが悪いんじゃない。
今までサザエさんのように、水をかけられるようなことが無かったのは道路がよかったせいなんだなあと気づいたんです。

日本の道路、すごい。

クリーニング屋さんの性なのか、濡れたりすると、まあ思いつくのがどう洗うか、ですよね。
綿のズボンだし、水溜りの水だから、明日水洗いで決まりだな、とか。
すぐ、そういうことを考えるので、汚されたとかで怒ることはあまり無いんですよね。

そういえば、クリーニング屋さんで集まる飲み会で、誰かが粗相をしたり、店員さんに汚されても、みんな怒らないんですよね。
その場にいる全員、笑いながら、大丈夫こいつクリーニング屋だから、自分で洗うから、なんていいながら大笑いしていることが多いんですよ。

確かに自分で洗えますしね、染み抜きもしますしね、もし汚れが落ちなくてもそれも理解できるのである意味諦めもついちゃうのかもしれません。

いいんだか、悪いんだか。

まあ、怒るよりも笑ってすごせるんだからいいことだと思うんですけどね。

当分、当店の前の道路はでこぼこするようです。
雨の降っているときは、なるべく道路側を歩かないようにしてくださいね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろな種類のハンガー。

クリーニング屋さんで使うハンガーにはいろいろ種類があります。

ハンガーはかなり種類があるのですが、それらがいろいろ集まってきているんです。
リサイクルをしているので、お客様からいらないハンガーを頂いているのですが、そのハンガーの種類がすごい。

当店ではYシャツは立体包装していないので使っていませんが、Yシャツ専用のハンガーもあります。
しかもそれも一種類ではなく、数種類あるんです。
意外としっかりしているもの、限りなく無駄を省き、これ以上は無理じゃない?と思うくらいぺらぺらなもの。
また、襟を立たせるように首のところに細工をしてあるハンガーもあります。

それ以外にも、大きい人用のハンガー、通常のハンガーにもデラックスタイプと呼ばれる少し幅が広がったハンガーなど、数が多いんですね。

問題なのは専用に作られたハンガーです。

大きく作られたものなどは問題なく使用できるのですが、Yシャツ専用となると当店では立体包装をしていないだけに使いようが無いんですね。

それでも、ちょっと工夫しながら使うようにはしているんですが・・・。

クリーニング屋さんでもこれだけハンガーがあるのですから、洋服を売っているアパレルさんはもっとすごい。
また、そのハンガーも使いようが無いらしく、ほとんどを捨てちゃっているようなんです。

もう何年前でしょうか、とあるつてから、アパレルさんで使っているハンガーをクリーニング屋さんでも使えないか?という打診を頂きました。
ただし、問題もあって、ハンガーには種類があるので、同じハンガーだけというわけには行かない。
なるべく定期的に出すようにはするけど、いつも決まった量出るというわけではない。
また、出てくると、その量も半端ではないので、個人店ではとても消費できないといった問題もありました。

しかし、これらはクリアーできそうな問題です。

複数の個人店で集まれば量の問題はカバーできるし、今までも自分たちでハンガーを購入しているので、入ってこなければまた買うだけ。
クリーニング屋さん用のハンガーに比べ、幅が広く、服をかけたときに綺麗にシルエットが出ます。
幅が広い分、置き場に困りそうだなというのはありますけどね。

で、知り合いの業者さん数人に声をかけて考えてもらうようにお願いしたんです。
ところが、この話、駄目になってしまいました。

その理由は、ハンガーが一定ではない、というところ。
量の問題ではなく、いろいろな種類のハンガーが混ざってくるというのに抵抗を感じたらしいのです。

商売人らしいといっちゃあ商売人らしい考え。
自分たちの商品ですから、同じでないといけないということなんでしょう。

でも、本当にそうなんでしょうか。
お客様からの視点で考えれば、別にハンガーが一定している必要は無いはず。
きちんとクリーニングされていて、しっかりしたハンガーにかけられているのであれば、ハンガーが違うということは大きな問題ではないと思うんです。

それに、エコですしね。

でも、あの当時、リサイクルという言葉はありましたけど、今ほどエコという言葉に敏感ではなかったんですよね。
いま、もしこの話しがあったなら、別の展開を見せていたかもしれません。
うーん、ちょっと残念だ。
これも時代でしょうかね。

今、ちょうど私たちの頭の上にはいろいろなハンガーがあります。
これも統一できればエコだよなあ、と思ったりもしますね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サルヴァトーレ・クオモ

ちょっと前に聖蹟桜ヶ丘に新しくピザ屋さんができたと聞きました。
チラシも入っていたんですが、そのチラシが妙においしそうでいつか頼んでみようと思っていたんです。

ここ中河原は、スーパーは大きいのが二件もあるし、銀行もあるし、多摩川は近いし、駅一つ二つずれればデパートまである、とても便利な町なのですが、不満があるとすると出前がなかなか無い事。
最近でこそピザのデリバリーが着てくれますが、ちょっと前まではピザのデリバリーすら圏外で、苦々しく思ったものです。

チョウさんからも、「あそこのピザはうみゃいでよ、食べてみんしゃい!」といわれていたので、今日頼んでみることにしました。
家族全員疲れていましたからね。
外に食べに行くほど元気も無く、しかも、嫁さんもご飯作るのかわいそうだし。


はい、皆さんご一緒に、いい父さんだー、といってください。(笑)
自分で言わないと誰も言ってくれませんからね。(笑)

チラシは捨ててしまったので、ネットから注文をすることに。

サルヴァトーレ・クオモ

営業時間じゃないと注文できないようです。
11時なるのを待ちまして、注文。
大きさからみて、うちの家族が食べるなら3枚くらいだなと、いろいろと注文してみました。
お店が出来てから結構経っているにもかかわらず、朝一で頼んだのに80分待ち。
すごい混みようですね。

こちらとしても子供がおなかすかせる時間を確保できたので、これから外で運動です。

中河原公園へ子供を連れて行き、しこたま子供を走らせ(笑)、時間目一杯まで遊ばせて着ました。
若干、これが裏目に。

さー、時間だと歩いて帰ってくると、すれ違ってピザ屋さんのバイクが。
もうついたようです。
家に帰ってみると、立派なピザが三枚も。
どれもこれもとてもおいしそう。

とにかく、一枚食べてみることに。

マルゲリータ、非常においしい。
生地はもちもちしていて、それでいてチーズもとろり。
なにしろ、香りがいいですね。

子供たちも食べさせようとすると、どうも飲み物をほしがります。
うーん、どうやら遊ばせすぎてのどが渇いたらしい・・・、
その後、ジュースをしこたま飲んでいました。

普段ならこれだけジュースを飲めば食べ物なんて入るはずも無く、撃沈するはずなのですが、よほどおいしかったんでしょうね。
それからの追い上げはすさまじかった。
直径30センチのピザがあれよあれよと言う間に無くなっていきまして、気がついたら残り二枚。
日曜のお昼は食べたがらないじじとばばもなぜか一緒に食卓にいたのも原因の一つかと。
そして、なぜか子供と取り合って食べてましたし。

で、このピザは、お勧めです。
平日は分かりませんが、お時間はかかるようですから、余裕を持ったご注文をする必要はあります。
でも、それを抜きにして非常においしいピザでございました。

頼んでよかったな。

聖蹟桜ヶ丘のお店のほうでも食べることが出来るようです。
ぜひ一度食べてみてくださいね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機械と規模。

この前、せっかく機械の話をちょっと書いたので、もう少し触れてみたいと思います。

クリーニング屋さんで使う機械は、実は種類が結構あるんです。
しかし、それら全部が必要か?というと、実はそうでもない。
規模によって必要な機械、方針によって必要な機械など必要とするものは当然違ってきます。

特に、仕上げの機械はその差が激しいといっていいでしょう。
大手さんでは、毎日集まる品物の量が半端ではありませんから、それらをこなすだけの生産性が必要。
必然的に、生産性の高い機械が導入されます。

逆に個人店では、生産性もさることながら、品質重視の面もあり、またお店自体が小さいので、機械を導入しづらいといった理由から、仕上げの機械は少なかったりするんですね。
アイロンで仕上げればOKという所もあるんでしょう。

専用の機械というと、ズボンプレッサーがあります。
これはズボンのすそのほうをプレスする機械なのですが、実はこれとセットでもう一つあるんです。
それは、ズボンの腰をプレスする機械。
これはクリーニング屋さんしか使わないかもしれませんね。

他にも特殊な機械というと、スーツの上着の、それも襟だけを仕上げる機械なんていうものも存在します。
これは、普通のクリーニング屋さんではおそらく導入されません。
では、どういったところが導入するかというと、大手さんなんです。
毎日の品物の量が多く、扱っているのがパートさんの場合、たとえ上着の襟だけを仕上げる機械でも、必要になるんですね。
襟って、仕上げるのが実は難しいんです。
微妙なアーチを出すのは素人さんでは難しい。
でも、この機械があると素人さんでもきれいに襟を仕上げることが出来ます。

このように、クリーニング屋さんの規模によって、入る機械、使う機械には違いがあります。
また、同じ機械が入っているからといっても、同じ仕上げにならないものなんです。
その理由は、機械はあくまでも道具であって、その道具をどう使うかはそのクリーニング屋さんによるものなんです。

たとえば、Yシャツを仕上げる機械があります。
これは、ボディーが一つのシングルボディーやボディーが二つのダブルボディーという差はあれど、基本的に同じような仕上がりになります。
大手さんも、個人店さんでも導入しているところは、機械での仕上がりはほぼ同じはず。
でも、結果はお客様が知ってのとおり、ぜんぜん違うものなんです。

その違いはどこから出てくるのか?

大手さんでは、Yシャツを仕上げる機械で仕上げたYシャツを、自動たたみ機という機械で畳むのです。
たまに、プレスで余計なしわが入ったときは手直しをしますが、基本そのまま畳みます。

当店では、機械で仕上がったYシャツを、アイロンをかけて畳むんです。
このとき、再度プレスをして余計なしわを取ることはもちろん、ビシッ!ときれいに伸ばしています。
これが、「差」なんですね。

同じ機械を使っていても、使い方、その後の処理に違いがあるから、仕上がりも当然違ってくるんです。

クリーニング屋さんによっては、この作業が非常に無駄に思えるかもしれません。
でも、その無駄な作業に見えることも、実際に着ているお客様が、必要かどうか一番分かっています。


洗いも違い、仕上げも違う。
結果、クリーニングで出来上がった衣類が違うのは当たり前のことなんですね。
ですから、クリーニング屋さんはいろいろなので、選んでくださいね、と私たちはお客様に言うんです。

お値段、仕上がり具合、お客様皆さん好みがあると思います。
ご自分にあったクリーニング店をぜひ見つけてくださいますように。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍵、ガッチャン!

今日の夕方のこと。

Yシャツを洗い終え、さー仕上げましょうか・・・・というところで、嫁さんが歯医者へ行くといいました。
歯医者さん、うちの3件お隣にある、デンタルクリニック新井さん。
ここ、物凄く評判がいいんですよ。

何しろ、時間が読めるのが働いている人間からするととてもありがたいんですね。
予約入れると、間違いなくその時間に始まり、15分後には治療が終了している。
そして、他の歯医者さんで半年かかるものでも、4ヶ月ほどで終わっちゃうらしいんです。

デンタルクリニック新井さんに予約を入れていたとかで嫁さんが出かけることになり、子供が騒ぎ始めたので休憩を入れることにしました。
どうせ15分後には帰ってくるしと、安易な気持ちで休憩に入ったんですよね。

すると、嫁さんがなかなか出かけない。
どうも入り口のほうで子供たちとなにやら言い合いをしています。
そのうち、嫁さんが出て行き、子供たちが私たちの元へ帰ってきました。

言い合っていたのに、なぜだか子供の顔は晴れ晴れした様子。
今思えばこのときにおかしいなあと気づくべきでした。

遅めのお茶の時間にしまして、お茶のみながら子供の様子を見ていたんですね。
すると、10分もしないうちに嫁さん帰宅。
早いなあと思っていると、二階へ上がってくるなり、子供にしかりつけている。
何事かなあと思っていたら、なんと、お店のドアの鍵をしめちゃっていたらしいんです。

この10分間、うちは誰も入れる状態になかったんですね。
お客さん、入れなかったんだろうか、不安がよぎります。

その横で、嫁さんが子供たちをしかりつけているので、間に入り、どうして鍵を閉めたのかと、犯人の一人次男坊に聞きました。
返ってきた言葉に唖然。

お母さんが連れて行ってくれなかったので、仕返しをしたかった。

おいおい、お前つい一週間前に幼稚園に入ったばかりだろう?
仕返しって穏やかじゃないじゃないか。(爆)

その後、子供たちはお母さんにお店の大事さをこつこつと説教をされてました。

私が子供の頃でさえこんないたずらしたことはありません。
営業中にお店の鍵をかけちゃうなんて、お母さんへの仕返しというより、うちの店全体への嫌がらせだ。(笑)

今の時期、忙しく、またお客様も多数いらっしゃいますからね。
このようなことが次ぎ無いようにしないと・・・。

子供の行動力にはいつも驚かされます。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

機械の進化。

忙しくなってくると、どうも私よりうちの社長や母にとっては、思うところがあるらしく、ふと感慨深くしているときがあります。
話を聞くと、こういうんですね。

今は楽になったなあ、と。

仕事がたくさん入ってきていても、機械の進歩でそれなりにこなす事が出来るようになっているから違うというんです。

確かに私の記憶でも、子供の頃は四六時中、寝る間も惜しんで仕事をしているといった思い出が多いんですね。
あの当時、機械といっても今のようになく、ほとんどが手仕上げ。
朝は5時から、夜は2時3時まで仕事をしていたのを覚えています。

洗濯機からして違うんです。

今は全自動洗濯機になっていますから、品物を入れ、洗う設定をし、洗剤を投入し、他の薬剤をセットしておくと、洗ってから脱水まですべて終わらせてくれます。
でも、昔は違った。

オープンワッシャーといて横長の大きなドラム型の機械があるだけ。
ぐるんぐるん回る機能はついているんですが、それ以外は全部人の手が必要だったんです。

水の注入も人の手が必要。
見ていないと入れすぎてしまいます。
排水のときもそう。
時間を見計らって、排水弁を開き、排水させます。
洗いからすすぎまですべて人の手が必要で、その間ついていなければなりません。

そして、洗い終わったら今度は脱水。
脱水機能がついていないので、別に脱水機というものがありました。

濡れた衣類はものすごく重いんですが、これを脱水機に移して脱水させるんですが、うまく回らないんですよ。
上手にバランスよくつめてあげないと、回ってくれないのでこちらもある意味職人的な技術が要求されました。

ね、洗うだけでも物凄い手間がかかっていたんです。
これが今は脱水まで機械に任せられるので、その間別の仕事が出来るようになったのは大きいんですね。

昔を思い出し、あの頃に比べればこんなのへっちゃらだ、といっている両親を見ていると、あの当時遅くまでやっていたのがいかに大変だったのかわかります。

機械の進歩は非常にありがたいことです。
ただ、それでもすべてが機械に任せられるわけではない。
機械に任せるところ、自分たちの手が必要なところ、その見極めがクリーニング店の仕上がりの差につながっているんだと思います。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宅配なしは考えられない!

衣替えが始まりだすと、宅配のお電話をよく頂くようになります。
特に衣替えの時期のご依頼は、クリーニング品が多いので大変とか、布団などの大きなものなので持っていけないなどの理由からご依頼くださるようです。

先日お伺いしたのが、ネットからのご依頼のお客様で今年で3年目のお客様。
すっかりお互い打ち解けまして、お預かりしているときもいろいろとお話をお伺いします。

もう3年になりますね、なんてお話をしていると、お客様、こうおっしゃったんですね。

「宅配クリーニングなしなんて、もう考えられません。」

一部の業者さんおよび、某業界紙社長が聞いたらものすごい喜びそうな話です。(笑)
その理由を詳しく聞いてみると、納得。

今までは春になると冬物をたくさん抱えてクリーニング屋さんに持ち込んでいたらしいんですね。
その量たるや、ものすごくて、重いし冬物だから嵩張るしで、大変だったそうなんです。
しかも、お子さんが生まれたので、行動も制約が出来てしまいます

そこへ、宅配クリーニング。

電話一本で玄関まで引き取りに着てくれて、出来上がったら玄関まで届けてくれる。
一度体験したら、もうクリーニング屋さんに持ち込むのが馬鹿らしくなる、とおっしゃるんです。

実は、この話、他でも聞いたことがありました。
しかも、社長のお客様でもう30年来のお客様からです。

私たちクリーニング業者でも、衣類は重いなあといつも思っています。
特に洗う前の衣類は汚れているので重いですし、仕上がった衣類は抱えて持つことが出来ないので、また大変。
指にハンガーの跡がよくつきますね。
これを主婦の皆さんは今までご自分でやられていたわけです。

絶対大変だ。

冬物は、クリーニング屋さん呼ぶほうが絶対いいと思います。
持ち込む手間と大変さを考えると、呼ぶほうがはるかに楽。
業者さんによっては宅配クリーニングの場合料金が違うところもあるようですが、店頭と変わらないところもありますから、調べてみてもいいかもしれませんね。

ちなみに、うちは店頭でも宅配でも変わりません。

昔は御用聞きといって、各お宅にクリーニング屋さんは回っていたんですね。
それは特別なことではなく、衣替えのときだけでなく通常回っていたものでした。

しかし、宅配が減り、取次店という形で、店舗の出店が多くなり始め、お客様にご来店を願うスタイルが浸透してきたんです。

宅配というスタイルが生活に合わないとおっしゃるお客様もいらっしゃいます。
クリーニング屋さんが来るまで家で待っていないといけないのは嫌という人もいらっしゃいますしね。
忙しい方などは特に。

いまは、クリーニング屋さんも時間に合わせてくれるところが増えていますから、ぜひ一度お問い合わせをしてみて、ご要望などを伝えてみてください。
きっといいようにあわせてくれると思います。

宅配クリーニングは特別なものではありません。
どんどん使ってみてくださいね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

少し、暑くなるの、早すぎでないかい?

先週から、気温がぐんと上がりましたね。
気温が上がること自体は、クリーニング屋さんにとってはとてもよい事なんです。
その理由は、クリーニングの品物が集まるから。

衣替えが進む、ということですね。

それと相反して、実は今体がとてもつらいんです。
毎年毎年、この時期はいつもこんな感じ何ですが、今年は例年にも増して疲れが早く来ているように思います。

仕事量が増えたから、という理由ならいいんですけどね、実はそうではなく、体がこの暑さについていけてないのが原因。
すでにお店の中の気温は30度をゆうに越えています。

クリーニング屋さんって、特に工場併設のところは気温の差が激しいものなんです。
蒸気を使いますから、暑いときは気がおかしくなるほど暑くなるくせに、反面水を使い、コンクリートが敷き詰められているので、ぐっと冷え込んだりもする。
ですから、冬は仕事をしないとこれまた恐ろしいほど寒くなります。

いままで、あまり暑くない状況で仕事をこなしていたのに、ここ急に気温が上がりだし、それに比例してお店の気温があがるものですから、体が少々パニックを起こしているんでしょう。

何とか乗り切らないと。

この時期体を慣らしておくと、夏のものすごい暑さを乗り切れるようになるんです。
夏の暑さはこの比ではありませんしね。
30度前後なんて、本来ならちゃんちゃらおかしいくらいの気温なんです・・・・、でもそれが今はつらい。

明日はもっと上がって外が25度くらいらしいですね。
となるといよいよ店の中は・・・・・、想像したくないな。

毎年のこととはいえ、がんばるしかないですね。

と同時にもう一つ心配しているのが、お店に入ってお客様がびっくりしないかと言うこと。
この時期の暑さじゃないものですから。
ご来店時、皆様お気をつけくださいませ。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全部捨てちゃった。

衣替えが始まると、常連さんがやってきます。
常連さんといってもいろいろです。

当店ももう少しで50年近く営業をしていることになるのですが、そうすると定年を迎えたお客様も非常に多くなるんです。
すると、一気にクリーニングも減ります。
でも、こうして衣替えのときになると、持ってきてくれるのがうれしい。

もう定年しちゃったからあまり着てないの、といわれるんですが、量の問題じゃないんですね。
こうして利用してくれるのがうれしいんです。

定年すると、一気に着なくなるのがコート類、しかもカシミヤなどの獣毛品です。
冬でも、軽めの化学繊維のコートを羽織りたくなるので、カシミヤ製品はあまり着ないんだそうで。
着るのはお通夜くらいといっていました。

そういう状況ですから、定年してからあまり着なくなるので、そのまま仕舞っておいたらしいんですね。
途中、何度か袖を通したらしいのですが、数着ていないからとそのまま仕舞っておいたらしいんです。
そうしたらなんと、虫食いの穴を発見。
しかも、仕舞っておいたもの全部食われていたんだそうで。

泣く泣く、虫に食われたコートを捨ててしまったらしいんですね。

今回のポイントは二つ。

一つは、袖を通したら洗って仕舞う事。
確かに一度や二度くらいじゃもったいないと思う気持ちも分かりますが、洗わないせいで万が一虫に食われたら目も当てられません。一瞬で何万から何十万の製品が駄目になることを想像すると、洗うって仕舞うということが重要だというのはご理解いただけるかと思います。

もう一つは、防虫剤をきちんと入れておくこと。
今回のお客様もおっしゃっていましたが、ついそんなに着ないものだからと防虫剤をきちんと入れなかったらしいんです。
確かにそんなにきていないかもしれませんが、虫の侵入は他の衣類に付着してやってくることが多いんです。
つまり、クローゼットを開け閉めして、衣類を入れ替えたりしていれば、虫の侵入の可能性はどうしても出てきてしまいます。
柔らかいカシミヤやアンゴラは虫の格好の的、防虫剤はなるべく入れておいてほしいですね。

今年の冬は暖かかったから、カシミヤも汗を十分すっています。
味がついている状態ですから、しっかり洗ってから仕舞わないと、冬に出すときに虫にやられるかもしれません。
ぜひ、クリーニングしてから仕舞うようにしてくださいね。

毎年、誰かしら虫食いの被害にあうのですが、いつ見てもかわいそうなほど落ち込んでいます。
虫食いの被害なんかなくなればいいのにね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ、お引越しします。

4月に入りまして、ブログの移転作業を進めてまいりました。

当初はなかなかデータが移らず、また、移ったと思ったら抜けているデータがあったりとかなり苦労しましたが、何とか無事に移転することが出来ました。

新しいアドレスはこちらです。

今日も洗濯日和

新しいブログのほうでもよろしくお願いいたします。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

助成金カット。

今年に入ってからずーっと待ち望んでいたものがありました。

昨年の5月に、新しく猫を飼ったんです。
今から3年ほど前に前に飼っていた猫のミーちゃんが事故でなくなり、それ以来猫は飼わなかったんです。
人が経った頃、そろそろいいかなと、子猫をいただいてきました。
今回もメス猫なんですが、今年に入ってから発情期に入りまして、ものすごかったんです。

オスと違い、おしっこをそこかしこにするなんて事はしないのですが、何しろ鳴きまくる。
オスを探しているんでしょうね、

発情期に入ったと分かったとき、すぐさま東府中にある勅使河原動物病院さんへ電話。
すると、避妊手術は発情期の間は出来ないといわれます。
なるほど、1週間もすれば落ち着くからその後すればいいんだなと、待つことに。

そこで思い出したのが府中市の助成金。
猫の避妊手術にいくらか助成をしてもらえるんです。
メス猫の避妊手術はかなり高いので、いくらかでも助成してもらえるならありがたい。
今度は市役所に電話。
すると、今年度分の助成金は終わりましたとの事。
どうやら、一年に何頭分の助成金という枠があって、それを越したら出ないという仕組みのようです。

そこで考えました。

発情期は今を過ぎたら次秋くらいまで来ないはず。
なら、4月になって助成金が出る頃に手術しようと。

しかし、それが甘かった。

確かに最初の発情期は1週間ほどで終わったんです。
ところが、それから二週間後、また発情期に入りまして、気がつくと4月を迎えるまでに5回ほど発情期が。
年に二回という話はうそだったのかしら???

しかし、4月に入って、助成金がもらえるようになり、早速市役所へ電話をしたんです。
すると、なんと今年度から助成金はカットなんだそうで。

カットするなら早く行ってくれれば、最初の段階で避妊手術しちゃったのに。
5回の発情期はなんだったのか・・・。

こんなところにも不景気の波が押し寄せてきているんですかね。

でも、やってもらわないことには安心できませんから、勅使河原さんにお願いして、先日帰ってまいりました。
手術費用、31500円なり。

ちょっとかわいそうですが、その分うんとかわいがってあげるからね。

たまに店先でお昼寝をしています。
見かけた方、かわいがってあげてくださいね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチ同窓会。

ここ数年、中河原でともに育った中学のころの友達と顔をあわせる機会があります。
といいましても、お互い、あいつ確か○○だよなあと思ってすれ違う程度だったりもするのですが、それでも社会人になってから見ると、その遭遇率たるやかなりのものなんです。

お母さんになった友達もいます。
いつも忙しそうに自転車に乗って、子供をつれていたり。
また、わざわざ府中へ引っ越してきた友達もいます。
トヨタの営業マンになって我が家の車のメンテナンスを一気に引き受けてくれている友達も。

夕飯後のこと。
休んでいると突然母から呼び出しがかかりました。
Oさんという人が着ているんだけど、下に降りてくれる?というんです。
その名前を聞いて、真っ先に思いついたのが中学のころの友達。
もし、彼ならどうしたんだろ?と思って下に降りると、中学生のころの面影を残してO君が立っていたんです。

不思議ですね、今見ればすっかり大人になって、面影は残るものの大人なんですが、会った瞬間にこちらの感情は中学生のころにタイムスリップします。
少し話せば、もうあの頃となんら変わりません。

近くに来たのでよってみたとのこと。
先週、同級生の一人が亡くなったと聞いて、中河原に着てみようと思ったとのことでした。

彼にあったのはもう10年以上前でしょうか。
京王線の電車の中でいちどあって、それが最後だったように思います。

今どこにいるの?
結婚したの?
子供は?
仕事は?

などなど、聞きたいことをあらかた聞いた後は、今度は他の友達の話題です。

あいつどうしている?
いつごろ会った?
などなど、中には訃報などもありましたが、それぞれにがんばっているのを知ってほっと一安心。

他の友達のうちに行くからすぐ帰るといいつつも、話に花が咲き始め、話し込んでいたんです。

実は今日、嫁さんの車の点検をディーラーさんにお任せしていたんですが、持って行ったのが私の友達のI君。
時間帯からして、そろそろくるかなあと思っていたところに、I君登場。

思わぬところで、プチ同窓会開催です。

3人とも、中一の頃から同じクラスだったり隣のクラスだったりで、割と中はよかったんですね。
体育も二組合同が基本でしたから、ほぼ一緒にやっていたと思います。
となると、記憶もそう大差ない・・・・・、はずなんですが、私だけ若干記憶が違うんですね。

というのも、私の中の中学の記憶は野球一色なんです。
部活が厳しかったですからねえ、ほかの学生生活jの話は、今聞いて改めてそんなことあったの?と驚くことのほうが多いんですね。

気がつけば、9時を回り、いい加減次の友達を待たせすぎなのでと、お開きに。
予定がなかったら日付が変わっていたんじゃなかろうか。(笑)

みんなの口から出るのは、集まって飲みたいねの一言。
連絡の取れなくなった友達、久しぶりに会いたいんでしょうね。

府中八中の同期の人たちは今どこにいるのかな?
他にも会いたいと思う人はいるんだろうか。
せっかくの機会なので、どこかで機会を作れたらなあと思います。

O君にどうして私がうちにいることを知ったの?と聞くと、U君がうちの前を通った時にいるのを見たというんですね。
それを聞いてよってみたと。

なら、U君が最初に寄ればいいのにね。
みんな同じか。

おそらく、他にもうちの前を通って私に気づいている人もいるはず。
ぜひ、お立ち寄りください。
心よりお待ち申し上げます。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついでにもうひとつ買いましょう。

定額給付金が配られると決まってから、ニュースなどでいろいろ見る機会が増えました。
最初は給付金そのものの是非を問うものが多かったんですが、いざ給付されることが決定すると、今度はその使い道に興味が移るようで、あれやこれやと面白い商品、サービスなど取り上げられることが多くなってきました。

うちも最初はあまり深く考えていなかったんですよね。
漠然と配られるんだあ、位にしか思っていなかったんですが、いざ配られると決まると、その使い道に悩むようになります。

今苦しい日本の経済の復活の兆しになるような使い方がおそらく理想的だと思うんです。
と思っていると、余計いろいろと考えるようになりました。

まず、最初に思いついたのが電化製品。
テレビの買い替えも考えていましたし、ビデオはいまだにVHSですから、この際買い換えたいという欲求もありました。

ところが、いまや電化製品は国内でほとんどが生産されていない。
買うのはいいんですが、そのお金の行く先は海外なわけです。
これでは、給付金が外へ逃げてしまう。

何とか国内で消費できるようなものはないかな、と思っていると、旅行があるとテレビでやっているじゃないですか。
しかも、給付金の金額に合わせたパックで出ている。
これなら国内旅行に行けば国内ですべてお金を使いきれるんでいいかな、と思ったんです。

しかし、ふとよぎるのは本当にいいのかな、と。

実際の話し、苦しいのは大きなところも小さなところも変わりません。
売り上げという形になると、どこも2割3割は当たり前で売り上げが落ちているんですね。
でも、不思議と商店の人に話を聞くと、こんな答えが返ってくるんです。

買い物には来てくれるんだけど、去年より一つ二つ品物の量が少ないんだよね。

なるほど。
お客様は着ていただいているけど、買う量が少し減っているのが原因の一つのようです。

なんとなく答えが見えてきました。

なら、いつものお買い物、一つ余計に買えばいいんじゃないかな、と。
給付金の金額を一気に使わないといけないような、なんとなくそんな気持ちでいましたけど、みんなが普段どおりの買い物に、一品多く買い足せば、実はどこも助かるんじゃないかなと思ったんです。

当店で言ってもやはり同じですね。
仮に給付金の金額、クリーニングで使い切るぞ!という気合いの入ったお客様がいたとします。
うれしい事はうれしいですが、やはりちょっと現実的ではない。
しかし、皆さんがいつもより一点だけ多くお持ちになっていただくと、それだけで当店には十分なんです。

ちりも積もれば・・・、というやつですね。

たかが12000円、されど12000円。
電化製品を買うのもいいでしょう、この際ほしいものを衝動買いもいいでしょう。
それでも、もし、使い道に悩んでいる人がいらっしゃるなら、普段の買い物で、一つだけ多く買ってみてはいかがでしょうか?
たかが一つですが、その一つがとても大きな意味を持っていると思います。

なんにせよ、貯金はけませんよ。
出ちゃったものはしようがありません、なるべく使いましょうね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ繁忙期突入です。

クリーニング屋さんにとって、今年ほどこの言葉を待ち望んだ年はなかったんじゃないでしょうか。
そう思えるほど、去年の暮れから3月にかけて大変でしたねえ。

まあ、大変なのはどの業界でも一緒ですから、ある意味仕事が忙しくなると言うのが分かっている我がクリーニング業はある意味まだ楽なほうなのかもしれません。

お客様が言うところの衣替え。
私たちが言うところの繁忙期。

今年もいよいよ始まったようです。

先週末あたりからお電話でのお問い合わせも増えてきまして、今週に入ってからは、毎年この時期に出されるお客様から集配のお声がかかるようになりました。

気がつくと、店内に品物があふれています。

冷静に考えれば、驚くほど忙しいというわけではなく、また片付かないほど大変というわけではありませんが、今年もこうして皆さんが衣替えを始めて品物が集まってくることに感謝をしつつ、今年もがんばろうと強く思ったりしています。

今ブログのお引越しをしている最中なのですが、この繁忙期のお話、昨年はもうちょっとあとに書いているんですね。
やはり今年は暖かくなるのが早いんだと思うんです。
また、集まった衣類を見ていると、汗染みがひどい。

特に脇の汗が目立つのですが、意外と気づかないのが背中のしみ。
生地によって気づき辛いというのもあるのかもしれませんが、今年ほど暖かい年は、背中にも相当汗をかいているはずです。

そのままにしておくと危ないですよ。

衣類は洗ってしまうのが基本。
これだけは忘れずに。

ご自分で洗濯をしてもいいです。
クリーニング屋さんをご利用されてもいいです。

とにかく、シーズンが終わったら洗ってから仕舞うように心がけてください。

今まで静かだったクリーニング屋さんもにわかに騒ぎ始めました。
mixiの日記にも、ブログにも忙しくなったとの報告が多数見受けられます。

気合入れて洗いましょう!


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

郷土の森周辺から是政橋のあたりまで。

桜が見事に満開です。
配達に出ていて、とても楽しい季節になりました。

今日は、小金井市から三鷹市までぐるっと配達に出ていたんですが、この周辺は大学や大きな病院があるので、見事な桜が多いんですね。
また、野川公園も途中にありますから、つい寄っていきたい衝動に駆られる。(笑)
ぐっとこらえて配達をしてきました。

特に野川公園は、日中でもかなりの人がいましたね。

その後、府中に戻ってきまして府中公園を周辺をぐるり。
新しい図書館の前はものすごい桜並木です。
道の上を桜の枝が覆っているので、満開のこの時期は桜の天井の下を気持ちよく走れます。

その後、四谷に配達に出かけまして、最後に是政のほうへ。

是政、最近開けてきましたね。
新しくマンションも建っているし、また、商店街も変わってきているようです。
しかも、この周辺の桜、結構見事かもしれません。

ちょうど郷土の森あたりから、土手の上が見事に桜が咲いているんです。
そのまま是政まで桜が続くんですが、対岸の稲城のほうも見事な桜が。
そして、稲城の山のほうにも見事な桜が見ることができるんです。

郷土の森あたりから是政まで、ウォーキングしながらの花見は最高かもしれません。
いい場所を見つけちゃったな。

花見というとシート敷いて宴会・・・・、というのもいいんですが、健康的にウォーキングしながら花見というのもよさそうですよ。
今年のお勧めですね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

縮んだセーター

妹が突然こんな質問をしてきました。

縮んだセーターは直らないの?

縮むといっても色々あります。
簡単に直るものもあれば絶対直らないものもある。
どんな素材だ?と聞くとわからないといいます。
どうやら友達のものらしいんですね。

セーターが縮むと聞いて、まるで子供服のように縮んだと聞くと、私たちはフェルト収縮を疑います。
フェルト収縮とは、ウール限定なのですが、繊維が複雑に絡み合い縮んでしまう現象のことなんです。
この現象で縮んだものは、サイズは何とか元に戻るケースがありますが、表面の風合いなど決して元には戻りません。
水洗いの失敗で起こることが多いんです。

さらに突っ込んで聞くと、どうやら子供服のように縮んでいるとか。
うーん、ウールのフェルト収縮だなあ。
とりあえず、現物を見てみないとなんともいえないので、一度持ってきてもらうようにいっておいたんです。

そのセーターが本日やってきました。

一目見て、フェルト収縮しているとわかるほど表面は毛羽立ち、思いっきり縮んでいます。
一瞬、これは無理かなあと思ったんですが、よく見るとフェルト化している箇所がまばら。
普通は全体的に起こる現象なので、ちょっと不思議です。

改めまして素材表示を見てみて納得。
このセーター、化学繊維との混紡品だったんですね。

ウールとアルパカが入っているのですが、それ以外にアクリルが混ざっている。
このアクリルの部分は縮まなかったんですね。

サイズは何とか伸ばせるとしても、ウールとアルパカの部分の縮みがどうなるのか、とりあえずやってみないと始まりません。
期待しないでねと一言付け加えて、とりあえず預かりました。
何とか着れるようになるといいんですけどね。

でも、これだけ縮んだセーターを何とかして期待と思うくらいですから、大事に思っていたと思うんです。
お値段もそれなりにしたと思いますし、洗うということを考えたときに、クリーニング屋さんに頼むという選択肢はなかったのかなと思うとちょっと残念でした。

適切な洗い方をすればご家庭でも十分洗うことは可能です。
でも、素材によって適切な洗い方はあると思うんです。
やはりウール類はドライクリーニングのほうが風合いもいいと思うんですよね。

水洗いした後の、ふにゃっとしたコシの柔らかさを好む人もいると思いますが、買ったときになるべく近い状態で維持したいと思うなら、やはりドライクリーニングに勝るものはありません。
ただし、適切なクリーニング店を選ばなければいけませんけど。

お客様にはそれが一番難しいのかもしれませんね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

入園式。

今日は、聖イリナモンテッソーリスクールの入園式がありました。
我が家の次男も、めでたく入園の運びとなり、朝から少し興奮気味です。

何で日曜日に?と思ったら、園長先生が他の幼稚園の入園式が3つもあるとかで、重ならないようにした結果が日曜開催ということらしいのです。
でも、お父さん方にはよかったんじゃないでしょうか。

集合時間に行くと、おめかしした子供たちと、お父さんお母さんの姿が。
見ていて初々しいですね。

私はというと、今回は入園式には参加せず、幼稚園前にある中河原公園で、他の子供たちと遊んでおりました。
で、入園式が終わったらみんなで写真でも撮ろうかなあと。

イリナはもともと生徒数があまり多くはないのですが、今年は10人の入園者がいたとか。
ここ数年で一番多いんじゃないでしょうかね。
少数でのびのびとした教育をしてくれるので、安心して任せることができます。

でも、この現象、この近辺だけのような気がするんですよね。
というのも、モンテッソーリ教育をやっているところはどこも実は人気が高く、入園するのが難しいところが多いようなんですね。
人数ももう少し多いですし。
他の地域の人からするとびっくりする話らしいですよ。

無事入園式も終わり、写真撮影が始まります。

ここでアクシデント。
今日は中河原公園に咲く桜がとても見事だったんですが、その桜の前でなんとお花見をしているんです。
大きなシートを広げているので、そこに横は入りさせてもらって写真を撮るというわけにも行かない。
きれいな桜を前にして残念ですが、時期が過ぎた枝垂桜の前で全体写真を撮っていました。
この時期は桜の前は争奪戦ですもんね。
絶好の花見日和ですから、仕方がないのかな。

その後個別に園長先生たちと写真を撮り、園での行事は終了。
次はうちの番だ。(笑)

うちの番とはいいましても、全員で集まって写真を撮るだけですから、たいした話じゃない。
長男はすでに遊ぶほうが大事でここにいないし。

桜の前にて写真をパチリ。
うん、いい写真だ。
すこし、次男が着ているスーツがつんつるてんなのが気になりますが、これも成長の目安になるんでしょう。

これで来週からうちの中が静かになるぞ・・・・・と思っていたら、ここでも誤算が生じます。
年少さんは再来週からなんですって。
もうしばらくうちの中が騒がしいなあ。

亭主元気で留守がいいとはいいますが、子供も元気で幼稚園へいってくれると非常に助かる。(笑)
来週一週間、何とか乗り切るぞ。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安定しているところは違いますね。

今日は午前中から集配がてんこ盛り。
衣替えのクリーニングのご依頼が今日に集中しまして、朝から動いていたんです。
走りましたよ、分梅町から調布との境まで、その後小金井により、府中によりつつ、最後は南大沢。
地理を知っている人からすると、えらい距離だなあと思われると思います。

面白いのは、この時期出るお客様の品物は、昨年もほぼ同じ時期にお預かりしているんですね。
私たちはお客様の品物に、名前をつけるのですが、タグといいまして細い紙にお預かりした日にちと名前を書き込んでホッチキスで衣類にとめるんです。
素材表示につけることが多いのですが、裏のそれも下のほうについているので、お客様も気づかないことがあるらしく、次ぎお預かりしたときも前回のタグがついていることがあるんですね。

その日付がほぼ同じなんですよ。
やはりあらためて衣替えは習慣なんだなあと思います。
と思うと、逆に言えば、衣替えの習慣が薄れてきているってことも言えるわけですね。
これはぜひ皆さんに考えていただきたいものの一つでもあります。

今日の話はこれじゃあなかった・・・。

その集配の帰りに、たまたま帰りは四谷のほうを回って帰ってきたので、パナシェさんで買い物をすることにしたんですね。

パナシェさんに到着。

おおっ!パンがたくさんある♪
いつも頼んでいる、クロックムッシュ、クロワッサン、フレンチトーストをお願いします。
特に、クロックムッシュは私の大のお気に入り。
でも、娘も大のお気に入り。
いつも取り合いになるのですが、今日は二つ購入。
これでけんかになりません。(笑)

横を見ると、プリンもあります。

沼さんごめんなさい、今日は買って帰りませんでした。
また次回、ご連絡差し上げて買って帰りますね。

プリンを購入しながら少しお話をしました。

やはり一番気になるのがここ最近の景気。
どこへ行っても、どの業種に行っても景気の悪い話しかありません。
売り上げがびっくりするような下がり方をしているのが普通なんです。

ところが、パナシェさん、どうもお話を伺っているとそんな影響はまったくない様子。
うちはいつもと変わりませんから、というお話を聞いていて、ちょっとびっくりです。
厳しいのが普通の今ですから、いつもと変わらないということは逆に伸びていることの証。

そこへ、ほかのお客様登場。

私が買ったものを包んでもらっている間に、そのお客様とも少しお話を。
そのお客様、パナシェさんのことが大好きなんでしょう。
パナシェさんのいいところを私に話してくれます。
そして、最後にこういうんです。

この店、ほかへ引っ越してもらっちゃ困るのよね。

この言葉とても重要。
お客様に愛されているお店って、長く続きます。
代わりが他にもあるという風に思われているお店は、やはり厳しいと思うんですね。
ところが、代わりがないから困る、というのは如何にそのお店がそのお客様にとって大事か見事にあらわしていると思います。
しかも、ご近所さんみんなで話しているとか。

パナシェさん、本当にいいお店の証拠がそろっています。

改めて商売は場所じゃないなと思いました。
そして、地道な努力すればわかってくださるんだなあとも。
そんな勇気をいただきましたね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定額給付金、やってきました。

ここ府中市は3月31日付で、定額給付金の封書が発送されました。
翌4月1日。
郵便物に混じってうちにも封書が。
せっかくいただくお金ですから、何とか有意義に使いたいものです。

この定額給付金に合わせて各自治体もプレミアムつき商品券が発行されるようです。
府中市でも、むさし商工会議所が発行する模様。
10000円で、11000円分の商品券を購入することが出来るようですよ。

詳細はこちらから。
たまごネット プレミアム商品券について。

6月1日からの販売だそうです。

皆さんも給付金の使い道はもうお考えになられたでしょうか?
お店で聞いていると、ほとんどの方が電化製品を希望しているようです。
特に、テレビはデジタル放送への移行が迫ってきていますので、これを機にと考えている人が多いようですね。

・・・・、しかし、それでいいのかなあと思うこともあります。

いや、テレビを買うこと自体は別にいいと思うんですよ。
問題は、その後のお金の流れ。

海外で製造された物を買うと、商品のうちの製造原価分は海外へ流れてしまいます。
せっかく苦しい中出してくれた定額給付金が国内でもう少し回ってほしいなあと思うと、それでは効果が薄いような気がするんですね。

たとえば、これが国内で製造されているものだったら堂でしょうか。

支払ったお値段のうちの原価は国内に回っていきます。
それがまた他で消費されていくと、2兆円の定額給付金が何度も使われる、と思うんですね。

と、考えていると、家電買うのも簡単じゃないなあなどと考えています。
出来ることなら、国内で消費できるものに限定したいとも思うんですが、今の時代、なかなかそういった商品には出会えません。
サービスなら問題ないんですが、サービスだけで2万円分の消費、しかも家族分をと考えるとそれもかなり大変そう。

もめながらもこうして出てしまった給付金ですから、どうせ使うのなら有意義に、効果的に使って行きたいなあと思います。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬物という概念はもうないのかもしれません。

3月下旬に暖かくなりまして、一時的にですが品物がクリーニングに出てきました。
寒くなってまたとまってしまったんですけどね。

そのときに集まった品物、スーツが結構多く出ていたんです。

しかし、そのスーツをお預かりしていて、割と皆さん急いでいらっしゃるんですよね。
本来ならこの時期出るクリーニング品は、冬物なので、急ぐものはほとんどないはずなんです。
その疑問は、お預かりしてすぐに分かりました。

みんな生地が薄いんですよ。

冬物と呼ぶには薄すぎる生地で出来ていまして、暖かくなっても十分着れる薄さ。
逆に、この薄さで冬を乗り越えてたと思うと、寒くなかったかな?と思ってしまいます。

思い返してみると、もう10年位前から徐々にですが、冬物という概念が薄らいできたように思うんです。
昔は、スーツにも冬用がありまして、きちんと衣替えをしておりました。
ところが、最近は一年中着る方が多く、冬用という概念はないようです。

また、普段着においても、今、真冬よ?と言いたくなるような軽い服装で、見ているこっちが寒く感じるほど薄着で歩いている人もたくさんいました。

理由は色々とあると思います。

どこへ行っても建物の中に入れば、暖房が効いているので、厚着をする必要がなくなっています。
下手すると、電車の中、車の中も暖かいですから、駅までの数分だけ耐えられれば良いわけです。
ファッション性がより重視されているというのもあるでしょう。
厚着をするのを嫌がる傾向も見えますしね。

そういえば、今日いらっしゃったご高齢のお客様も、若いころはそうだったとおっしゃっていました。
どんなに親に言われても、薄着でいて、寒さなんて気にならないと思っていたそうです。

しかし、それも一時の話。
今になって思うと、どうして寒くなかったのか不思議に思うらしいですよ。

冷えは体によくありませんからね。
薄着に見せるようにしていても実はあったかい、そんな服装は心がけてほしいなあと思います。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ブログへ移行予定です。

今日はエイプリルフール・・・ですが、うそをつくのを忘れました。
子供たちからは毎日うそっぽいお父さんに見えるらしいですが・・・。

さて、先日ここの管理をお願いしている友達から連絡をいただきまして、ブログを別のサーバーに移しましょうという事になりました。

理由は色々あるんです。
現在使っているブログのバージョンが今の段階ではアップできないこと。
どこか一度別に移してから出ないとバージョンアップできないようです。
また、ブログを毎日更新していたおかげで、ヒット数も劇的に増えたのですが、それに連れてスパムも大変多くなりました。
それらの処理もものすごく負担になってしまっているようなんですね。

増えるっていいことばかりではありません。

と言うことで、新しいブログへ移行をしているところです。
なかなか一筋縄には行かず、かなり苦労しておりますが、きちんと移し終えたところで、ここにて発表させていただきたいと思います。

すでに新しいブログのほうへ入っている人もいるようなんですが・・・。
完全移行までしばらくお待ちください。

週末はこれで忙しくなりそうです。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »