« クリーニング代、置いていかんかい。(笑) | トップページ | ピンクをきれいに洗いたい。 »

繊維と服は違うのです。

繊維と服は違うのです。
これはたまにクリーニング屋さんの中でも話が出ることがあります。


服は繊維から作られています。
ですから、洗うときに、繊維、素材はとても重要な情報です。


どのような変化をするのか、どういうものを嫌うのか、繊維一つ一つの特徴を押えておくと、ぐっとクリーニングが上手に出来るようになるんです。


ところが、繊維ばかりに気をとられていると、思わぬ事故にあうことも多いのです。
それが、繊維と服は違う、という言葉につながっていきます。


服は繊維から出来ていますが、それだけではありません。
芯地が使われていますし、ボタンやバックルなどの装飾品も使われています。
中には、プリントをしてある服もあるでしょう。


ねえ、服って繊維だけで出来ているわけじゃないんですよ。
そして、これらいろいろな物が組み合わさって服が出来上がっているんです。

一つの服にもいろいろな物が使われていると、繊維的には問題が無くても、他の要因で洗えない商品というものも出てきます。
実はここが洗濯、クリーニングにおいて重要なところなんです。


綿は楽だとか、ポリエステルは楽だとか、いろいろ言う人はいます。
確かに、問題ない商品もあるのも事実です。
しかし、それは綿だから楽だという訳ではなく、ポリエステルだから楽だ、というわけではないんですね。
その衣類が、総合して洗濯に向いている商品なので、扱いがしやすい、ということなんです。


ここを間違ってしまうと危険なんですよ。

私たちプロのクリーニング屋さんも、素材だけで判断しているわけではありません。
素材もとても重要ですが、それ以外にも洗濯出来るか出来ないかの微妙な判断をしなければならないポイントがたくさんあるので、それらを総合して洗っているんです。


特に今は、素材のほかにつくりで問題になるケースが山ほどあります。
ポリエステルで出来ていて、何で水洗いできないの?という不思議な表示もありますね。
これもいい例で、素材的には問題が無いのですが、見えないところで水洗いできないようなものが使われているんでしょう。


逆も同じです。
十分ドライクリーニングできる素材なのに、出来ない表示がついていることもたくさんあるんです。
中には、販売側が無知なために本来つけられるはずのドライマークをバツにしているなんてこともあるのですが、本当に洗えないこともあるので、慎重に判断をしています。


プロの私たちですら、最近の衣類は慎重になりますから、消費者の皆さんも十分慎重に判断するようにしてくださいね。
洗濯も一番最初の判断がとても重要です。
ここを間違ってしまうと、綺麗に出来ないばかりでなく、万が一縮みや色泣きなどの事故につながる可能性もあるんです。


慎重にお願いしますね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

|

« クリーニング代、置いていかんかい。(笑) | トップページ | ピンクをきれいに洗いたい。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 繊維と服は違うのです。:

« クリーニング代、置いていかんかい。(笑) | トップページ | ピンクをきれいに洗いたい。 »