« 鍵、ガッチャン! | トップページ | サルヴァトーレ・クオモ »

機械と規模。

この前、せっかく機械の話をちょっと書いたので、もう少し触れてみたいと思います。

クリーニング屋さんで使う機械は、実は種類が結構あるんです。
しかし、それら全部が必要か?というと、実はそうでもない。
規模によって必要な機械、方針によって必要な機械など必要とするものは当然違ってきます。

特に、仕上げの機械はその差が激しいといっていいでしょう。
大手さんでは、毎日集まる品物の量が半端ではありませんから、それらをこなすだけの生産性が必要。
必然的に、生産性の高い機械が導入されます。

逆に個人店では、生産性もさることながら、品質重視の面もあり、またお店自体が小さいので、機械を導入しづらいといった理由から、仕上げの機械は少なかったりするんですね。
アイロンで仕上げればOKという所もあるんでしょう。

専用の機械というと、ズボンプレッサーがあります。
これはズボンのすそのほうをプレスする機械なのですが、実はこれとセットでもう一つあるんです。
それは、ズボンの腰をプレスする機械。
これはクリーニング屋さんしか使わないかもしれませんね。

他にも特殊な機械というと、スーツの上着の、それも襟だけを仕上げる機械なんていうものも存在します。
これは、普通のクリーニング屋さんではおそらく導入されません。
では、どういったところが導入するかというと、大手さんなんです。
毎日の品物の量が多く、扱っているのがパートさんの場合、たとえ上着の襟だけを仕上げる機械でも、必要になるんですね。
襟って、仕上げるのが実は難しいんです。
微妙なアーチを出すのは素人さんでは難しい。
でも、この機械があると素人さんでもきれいに襟を仕上げることが出来ます。

このように、クリーニング屋さんの規模によって、入る機械、使う機械には違いがあります。
また、同じ機械が入っているからといっても、同じ仕上げにならないものなんです。
その理由は、機械はあくまでも道具であって、その道具をどう使うかはそのクリーニング屋さんによるものなんです。

たとえば、Yシャツを仕上げる機械があります。
これは、ボディーが一つのシングルボディーやボディーが二つのダブルボディーという差はあれど、基本的に同じような仕上がりになります。
大手さんも、個人店さんでも導入しているところは、機械での仕上がりはほぼ同じはず。
でも、結果はお客様が知ってのとおり、ぜんぜん違うものなんです。

その違いはどこから出てくるのか?

大手さんでは、Yシャツを仕上げる機械で仕上げたYシャツを、自動たたみ機という機械で畳むのです。
たまに、プレスで余計なしわが入ったときは手直しをしますが、基本そのまま畳みます。

当店では、機械で仕上がったYシャツを、アイロンをかけて畳むんです。
このとき、再度プレスをして余計なしわを取ることはもちろん、ビシッ!ときれいに伸ばしています。
これが、「差」なんですね。

同じ機械を使っていても、使い方、その後の処理に違いがあるから、仕上がりも当然違ってくるんです。

クリーニング屋さんによっては、この作業が非常に無駄に思えるかもしれません。
でも、その無駄な作業に見えることも、実際に着ているお客様が、必要かどうか一番分かっています。


洗いも違い、仕上げも違う。
結果、クリーニングで出来上がった衣類が違うのは当たり前のことなんですね。
ですから、クリーニング屋さんはいろいろなので、選んでくださいね、と私たちはお客様に言うんです。

お値段、仕上がり具合、お客様皆さん好みがあると思います。
ご自分にあったクリーニング店をぜひ見つけてくださいますように。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

|

« 鍵、ガッチャン! | トップページ | サルヴァトーレ・クオモ »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機械と規模。:

« 鍵、ガッチャン! | トップページ | サルヴァトーレ・クオモ »