« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

水汲みに来ています。

水汲みに来ています。
今朝は朝5時に出発しまして、富士山へ水汲みに来ています。
無事に汲み終わり、道の駅で南瓜の苗を買いました。


晴れてれば5合目まで登ろうと思いましたが、残念ながら曇り。


ただ今子供達はアイスクリーム頬張っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ってきたらファブリーズ。

ここ数年気になっていることがありました。


衣類が硬くなっているんです。


昔も硬い衣類というのはあったんですが、それはものすごい汚れていて、汗と埃で衣類が硬くなってしまったもの。
所が、ここ数年、汚れはそこまででもないのに、妙に固い衣類が増えてきているんです。


特にスーツに多いような気がします。


その答えを、先日とあるお客様からいただきました。


家に帰ってきたら、ブラッシングをして、ファブリーズをかけてつるすんだそうで。
そして、乾いたら仕舞うんだそうです。


ファブリーズねえ・・・・・、あんまりいいとは思わないんです。
クリーニング屋さんですから、私がこういってしまうと、クリーニングに品物が出ないからいうんでしょ!なんてうがった見方をされちゃうかもしれないんですが、そんな事よりも別のことが気になってしまうんですね。


一時的には匂いは消えるかもしれないけど、汚れは落ちるわけじゃないし、着用期間が長くなれば、その分汚れ落ちも悪くなるし。
汚れの上に何かをかけるってあまりいい感じを受けないんです。


そういえばと、ずいぶん前に友達がブログにファブリーズは固くなる、というような投稿を載せていたのを思い出しました。
もし、ファブリーズを使ったお手入れが、普通に行われているとすると、硬くなった衣類が増えているのも納得です。


ためにし、ネットで調べてみると、同様の書き込みを多数発見。


特に、剣道の防具の皮が硬くなるとか、スーツが硬くなるとか言う書き込みが多いようですね。


おそらく使われている成分にそういった効果があるんでしょう。


匂いの元は雑菌の発生によるものも確かにあります。
雑菌を抑えれば匂いの発生は抑えられるものもある。
でも、このような製品に頼ってばかりいるのもやはり問題なのかなあと思うんですね。


匂いが出るということは、汚れがついているということ。
やはり汚れは落とさないといけません。


今は、汗などの対策をあまりとっていませんが、昔の人は、スーツが高かったので、汚れないように、汗がつかないように、気をつけながら着用していたんです。
それでも、今よりもクリーニングする回数はダントツに多かったんですよ。


年々気温が上がりつつある現代で、しかも、今の人が昔の人よりも汗をかかなくなっているとも思えない。
衣類のお手入れをもう少し考えてみる必要はあるのかなと思います。


ファブリーズは使う場所や物を選べば十分いいものだと思いますけどね。
衣類に使うのはちょっと・・・・・。


ブラッシングは私もお勧めです。
びっくりするほど、きれいに着る事が出来ます。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロのアイロンのかけ方。

ネットでいろいろと調べ物をしていたら、偶然面白い動画を見つけました。


なんと、プロがアイロンをかけている動画。


しかも、こてアイロンという蒸気が使われていない熱源だけのタイプのアイロンで、仕上げ方は昔ながらのアイロンのかけ方。
しかも、とり方が上手で妙にかっこいいんです。


子供のころに、大人がアイロンをかけていたのを見て、かっこいいなあと思っていたことを思い出しました。
そうなんですよ、アイロンがけはかっこいいんです。


ぜひ、一度ご覧ください。


プロのアイロンのかけ方。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

良い材料を使っているんだから、間違いない???

昨日の話しの続きなんです。


カシミヤのコートが硬くなってしまったお客様、相当ショックだったようで、どうしても納得いかずに、クリーニング屋さんに聞いたんだそうです。
硬くなってしまったと思うんですが、と。
すると返ってきた言葉が、こうだったらしいんですね。


『うちは良い材料を使っているからそんなことは起こらない。』


うーーーーーーん、良い材料を使っているねえ・・・・・・。


確かに、私たちプロが使う材料も、いろいろあります。
安いのからいいものまで幅は広い。
洗剤一つとっても、安価なものから、特殊な菌を入れてあるものや、洗い上がりがよくなるようなものを配合している洗剤まで幅広いんです。
また、仕上がりがしやすくなるような薬品を添加しているようなものもありますね。
洗いあがりもさまざまで、汚れ落ちもずいぶんと変わってきます。


Yシャツにつける糊にも種類がありまして、こちらはよりはっきりと分かりますね。
つるつるっとしたものや、張りが出るもの、光沢が出るもの、さまざまです。


確かに良い材料を使うって重要なことです。
どれが一番というのはありませんが、自分がどう洗いたいか、どのように扱いたいかによって、使う資材も変わってきます。


でも、それと大丈夫とはつながらないんだけどな。
良い洗剤を使って洗えばクリーニング事故がおきないのなら、私もお金積みますね。(笑)
だって、材料で問題解決できるなら、安いもんですよ。


それが出来ないから、神経尖らせて注意を払いつつ、仕事しているんですもの。


いい物を使うと汚れ落ちも良くなりますし、仕上げ剤もいいものを使うと触った感じが違うんです。
でもね、やっぱりいくら良いものでも万能じゃあないんですよ。
どこか足りないところがあって、扱い方によっては思うような効果が出ないことがたくさんあります。


また今回のカシミヤのコートについては、材料の良し悪しが原因ではなさそうですからね。
他の作業に問題があると思います。


そういえば、テレビ局や雑誌社から問い合わせをいただくときに、何が違うんですか?と質問をされることが多いんです。
そのときに、材料に高級なもの使っているとか?なんて言われるんですよね。
もちろん、選んで使ってはいますが、それだけではないので、説明に四苦八苦してしまうんです。


やっぱりね、クリーニングは手間商売なんです。
どれだけ手間をかけたか、それに尽きるような気がしますね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目は大事。

とあるお客様がご来店くださいました。
以前は別のクリーニング屋さんをご利用されていたのですが、ある出来事からうちをご利用くださるようになったんですが・・・。


そのある出来事は、カシミヤのコートのクリーニング。


思い切って買ったカシミヤのコートを今までご利用されていたクリーニング屋さんに出したら、かたくなって重くなってしまった、というんです。
本当に良い人だったんですが、その件以来、利用されなくなったようなんですね。


そして、一昨日、その品物がうちへやってきました。


私たちクリーニング屋さんは衣類は来た段階のものしか判断できません。
そこから類推して、以前の状態を想像し、なるべくもとの状態に近づくようにするんです。


しかし今回のカシミヤのコートは、一目見て、うわっ!と思うほど表面は毛羽立っていたんです。
触って硬いと思うのは、買ってまっさらの状態を知っているお客様だからこそ、よりそう感じたんだと思います。
私たちが触ってみても、やはりカシミヤ100%というには硬い印象がありましたから。


カシミヤ製品ほど、素材そのものの中で思い入れの強いものは余りありません。
ブランド品などは、よくあるんですが、素材そのもので、思い入れが強く出るものってカシミヤ製品はかなり強いほうだと思います。
それだけ高価で、思い切って買っている人が多いんでしょうね。


実は、その洗濯屋さん、うちの社長が知り合いでして、ちょこちょことうわさは聞いていたんです。
個人店ですので、そんなに悪い仕事はしていないと思っていたんですが、父の知り合いですから、やはり年が影響を及ぼしているようなんですね。


目が見えづらくなってきているらしいんです。


私、この業界に入ったころに、目が一番大事と思っていました。
どれだけ見たものから情報を得られるか、それによって作業も変わってくるし、結果も変わってしまいます。
よく、カシミヤ製品を洗うときに、他と一緒でも変わらないよなんていう人がクリーニング屋さんの中にいるんですが、その違いが分からないのは致命的です。


艶や滑らかさなど、ぱっと見たときに、分かっていないと、扱い方を間違えてしまう可能性があるんですね。


お年も召していますし、うわさでは目がほとんど見ていないという話ですから、見分けられなかったのかなあと思います。
もしくは、別の人が洗っているか。


なんにしても、お客様にとってもつらい話です。


見るって大事なんだなあと改めて思います。
私も見落とさないようにしっかりしないといけませんね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たいした服じゃないといいますが。

良い服の話をすると、たいした服じゃないので・・・・・、と必ず言われます。
日本語はとても難しくて、良い服って何?たいした服じゃないって???と、考えれば考えるほど結構複雑です。


要はその人の基準だと思うんですよね。


高級な服じゃないという意味で言う人もいらっしゃれば、色も褪せてきたし日常に羽織っているだけだから気にしていない、という人もいます。
中には、謙遜されて良い服じゃない、という人も。
お値段聞いてびっくりすることもしばしばあるんですよ。
ええっ!このお値段の服がたいした服じゃないんですか?って。


ですので、私たちは素材や作りを見て、判断するようにしているんです。
そこに、お客様のご要望を付け加える感じですね。


でも、実際お預かりをしていて、どうしようもない服だったり、適当な服なんてほとんどないんですよ。
安く買ってきても、それなりの品質は保っています。
コストダウンのため、そこかしこに努力の跡は見受けられます。


素材が少し落ちていたり、本来なら分けて作るべきものをミシンでがーっと一緒に縫っちゃったり。
逆に言うと、しっかりしているものは、そうやって一つ一つに手を抜かないので、結果良い品物になり、手間をかけているのでその分お値段がかかっているということなんでしょうね。


たいした服じゃないといわれている服も、その服が悪いのかというと、私はそうは思っていないんです。
やはり扱い方なんだと思うんですよね。


先ほども書きましたが、そんなに悪いものは流通していませんから、きちんと着用し、メンテナンスをしていればきれいに長く着る事が出来るんです。
所が、自分でたいしたものじゃないと決め付けると、着用そのものが乱雑になります。


汚れても気にしないし、着用期間もかなり延びる。
もし、この服を他の衣類と同じようにお手入れしていたら、もっときれいに着られると思うんですね。


たいした服じゃないというのは自分がそう思っているだけなのかもしれませんよ。


たまにね、たいした服じゃないから適当でいいわ、なんて言われると内心わくわくしちゃうんです。
よーし、この服をびっくりするくらいきれいにするぞー、って。
そして引き取りにきたときに本当にびっくりするのが、楽しみだったりします。
服に新たに価値を見つけてもらうとうれしいんですよ。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いい服と長持ち。

クリーニング屋をしていると、びっくりするような衣類に出会うことがしばしばあります。
これは私だけじゃあないんですね。
クリーニング屋さん全般に言えることだと思うんです。


いやいや、安売りチェーン店にはそんなにいい服でないでしょ?と思う方もいらっしゃるかと思います。
そこもまた不思議なのですが、そういうお店にもめちゃくちゃ高級な衣類が来ていたりするんですね。
工場見学で福島の某安売りチェーン店へ行ったときに、120万もするシャネルのジャケットを見たとき、びっくりしましたもの。


そのびっくりもいろいろあるので、なんともいえないんですけどね。(笑)


高級な衣類といいますか、買うときにある程度値の張るものを買う人は、衣類に対して思うところがあります。
デザインの良いものをとか、着やすいものをとか、素材の良いものをとか。
その中に、長持ちする、というのもあると思うんです。


しかし、難しいのは良いものの基準。
何をもって良い物として売られているのかで、長持ちするのか、意外とそうでないのか、難しいんですね。


糸からしっかりと作られ、生地もしっかりと織られ、縫製もしっかりしているものは確かに長持ちしやすい。
しかし、同じようなお値段でも、デザイン優先で、生地もそれほどよくなかったりすると、お値段に比べてもあまり長持ちしないかなといったものもあります。


衣類の難しいところ、です。


買う側からすれば、高いのには理由があると思いますし、安いものに比べてしっかりしているからと考えやすいんですよね。


また、たとえ、良い衣類をもっていたとしても、お手入れ次第では一発でダメになることもあります。


良い物も安いものも、虫に食われるのは一緒。
いや、生地がやわらかい分、素材にいいものが使われている分、高級なものの方が食われやすいですね。
高かったからまだ洗わない、なんて言って、翌シーズンに虫に食われてダメにした・・・・・、というのも非常に多い話。


そして、当たり前の話なんですが、意外と気づいていないこと。
服は高くても安くても同じように汚れていくんです。


高い服は消してい汚れづらいということはなく、着れば当たり前ですが汚れていく。
なのに、高かったからといって洗わない人が割りと多いんですね。


当店の経験上ですが、高級な衣類ほど、黄色く変色したしみが多数ついていたり、生地の色が部分的に変色したりというのが多いと思います。
これは、単純に汚れたまま洗っていないのが原因です。


おそらく着ている回数もそんなにないと思うんですね。
だから、まだ洗わなくても・・・・と考えると思うのですが、着れば汚れているし、それがひと夏を越え二夏を越え、しているうちに、熱にやられ、汚れが変色してしまうんです。


もう手遅れ、ですね。


ここまで来ると、ただブランド物を羽織っているという満足でしかなくなってしまいます・・・。
かっこいいはずのヴランド服が、汚れているので返ってかっこ悪く見えてしまうと気づいたら相当ショックだと思うんですよね。


いい服も、汚れるし、お手入れも必要。
そのお手入れも、きちんとしたところに出さないと、一発でだめにされてしまいます。


本当にいい服は長持ちしますから、きちんとした取り扱いが重要です。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

穴場発見!日本橋室町ロワール

配達に回っていたときのことです。


普段から車を運転しいても、周りをよく見るようにしているんです。
家を建てていたり、新しい店が出来たり、新しい道が出来たり、お店がやめてしまったり・・・。
町はいつも変化して言っていますし、その変化を常に感じていたいなあと思ってみています。


東府中の方へ配達に行きまして、その帰りに、競馬場のほうをぐるっと回ってきました。


ここ中河原から東府中方面というのは、実は競馬場を中心に動こうとすると恐ろしく早く着きます。
律儀に甲州街道を通って東府中へ・・・・、なんて行くよりも数段早い。
当店から10分もあれば東府中の駅前へ着いてしまうことすらあります。


競馬場の横を通ってサントリーへ抜けようとしたとき、高速の下で看板を発見。


工場直売!バームクーヘン。


なぬ!この辺でバームクーヘンを作っている工場があるとな???
行かなきゃ。(笑)


ということで、配達の途中によって見てお店の名前は、『日本橋室町ロワール』さん。
ちょっと分かりづらいところにありますが、人がたくさんいるんですよ。


どうも日本橋にもお店を出しているようで、ここ府中は工場の直売店らしいんですね。
面白いのは、平日と祝日しかあけていないところ。
土日はお休みなんです。


工場の直売所らしいお店に入ってみると、ケーキがあり、バームクーヘンがあり、焼き菓子があり色とりどりです。
どうやら蜂蜜を上手に使っているらしい。


早速試食用のバームクーヘンをいただいてみたところ・・・・・・、うまいっ!!
蜂蜜の香りがする美味しいバームクーヘンです。
こりゃ、期待大ですね。


バームクーヘンを購入し、次はケーキも購入。
どうも作ったものを補充するとかはないらしく、売り切れご免みたいです。
私が行った時はすでに余り数はなかったですがその中でシュークリームをいただくことに。


これがねえ、ここ最近のシュークリームの中ではヒットか知れない。
それだけしっかりとしたシュークリーム。
やわらかさを追求したシュークリーム、大きさを追及したシュークリームがたくさん見つけることが出来ますけど、美味しいクリームと程よい大きさの皮、いい塩梅なんです。


別の日に行ったときにケーキを買っていきましたが、やはりそれも美味しい。
しかも、工場直売らしく、お値段もリーズナブル。
お財布にやさしいお店ですね。


ここで紹介使用かどうか迷ったお店の一つです。
だって、皆さんが買いに行って自分の分のケーキがなくなっちゃったら・・・・なんて思うと躊躇しますよね?
でも、それを差し置いても紹介したいくらいいいお店ですよ。
自転車に乗って、サイクリングしながらぜひ寄ってみてください。


焼き菓子などは小さいお子さんにお勧めです。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休直前に、持ち込まれた衣類はどうする?

samさんからご質問をいただきました。


『GW前に、赤ワインをひどくこぼされたお洋服をお預かりしました。』
『もう工場はGW休みに入ってしまっていたため、実際に作業にとりかかれるのは数日後になります。』

『こういう場合、工場に出すまでに取次店側やお客様のほうで応急処理的なことをしておいたほうがよろしいのでしょうか?それとも、ヘンに手をつけないでプロのお任せしたほうがいいでしょうか。』


難しい問題ですねえ。
私たちクリーニング屋さんが連休に入る前は、実は一番気を使うと思うのです。
汚れた衣類をそのまま放置しておくのはあまりよくないので、お休み前に出来るだけ洗いたいと思うのが、クリーニング屋さんの心情。
でも、お客様は営業していれば、出来るだけぎりぎりまで持ち込みたいと思うもの。
しかも、汚れがひどいものほど、自分の手元に置いておくのはいやみたいで、早くもって言ってほしいといわれることは多いんですね。
その気持ちもよくわかるし。


クリーニング屋さんの中には、連休の張り紙こそしていますが、連休の初日は仕事をしているという所も少なくないんです。
預かった衣類をそのまま置いておくのが危険と判断するからなんですね。


今回のsamさんの場合はどうでしょうか。


とりあえず、一番してはいけないことが応急処置。
素人の方がやって被害を広げてしまうことが非常に多いのです。
ですからいじらないのが正解。
また、samさんはクリーニング屋さんではありますが、工場ではなくデリバリーの営業拠点ですから、そこでの処置はちょっと問題ありますかね。


そして、実は預かった話よりも、預かる前の話のほうが重要だったりします。


クリーニング屋さんはお休みに入ると、工場はそのままになります。
設備や時期にも寄りますが、これが夏のお盆時期だったりすると、うちだったらご自宅で保管してもらうか別の仕事をしているクリーニング屋さんを探すか、お願いするかもしれません。
というのも、私たちが仕事をしないと、窓も開けないので、気温が高くなりがちになります。
そこにワインのしみがついたものを置きっ放しで数日から一週間近く置いておくなんてちょっと危険なんですね。


そして、これはお金をいただいているからこそなのですが、もし預かっている最中に何か問題が起きたら、お客様に保証などの対応をしなければならなくなります。
お預かりすることで問題が起きるかもしれないと判断した場合は、お預かりできないこともあるのも事実なんですね。


実はこの見極めが非常に難しくて、過剰に反応すると預かれなくなってしまいます。
また、お客様も不快に思われるでしょうしね。
なので、いつも連休前最後の日は、どきどきしながら仕事をしているんです。


これはお客様にお願いなんですが、急に汚してしまったものは仕方がないのですが、汚れがついたままのものを、お休み前ぎりぎりに持ち込むのは出来るだけ避けていただきたいのです。
お休み前、なるべく早めに持ってきていただけると、クリーニング屋さんも安心して作業をすることが出来ます。


この問題は難しいですねえ。
環境や条件によっては大丈夫なケースもありますし。
今年のG.Wだったら大丈夫かなあ。
応急処置よりも、保管方法をよくしたほうが良いでしょうね。


うちでも、相当悩むと思いますよ。
・・・・・・・・・、で受けて、休み返上で洗っちゃったでしょうね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

濡れてるので洗えません???

ずいぶん前のことでした。
大雨が降った日の朝。
電話が鳴ります。


スーツを急ぎでクリーニングできないか?との事。
この雨で濡れてしまったので、夕方までに洗えないか?とおっしゃるんです。


通常ならスーツは一日あれば十分クリーニング可能です。
ただし、汚れがすごかったり、しみが多かったりすると、洗い直しが出来ないので、しみが残ってしまう可能性はあります。
皆さん、自分のスーツは大して汚れていないから大丈夫!とほとんどの方がおっしゃるのですが、大丈夫な方は本当に稀で、もう少し時間をいただけたらなあと思うものが多いんです。


ところが、今回は雨に濡れてしまったスーツ。
家の中にいてもその雨のすごさがわかるくらいの大雨でしたから、スーツの濡れっぷりも想像がつきます。


当日は無理と判断し、お客様に説明。


濡れているので、一度乾かさないと洗うことが出来ません。
どんなに早くても閉店間際の10時近くになります。


しかし、お客様からすると、濡れていて洗えないの意味がわかりません。
洗うって言う事は濡らすわけでしょ?濡れていて洗えないとはこれいかに???
電話の向こうで狐につままれたような雰囲気が伝わってきます。


洗うときは確かに濡れるのですが、それは水じゃあないんですね。
もう何回も書きましたが、ウール素材は水に濡れて、揉んでしまうと二度と直らない縮みを起こしてしまうんです。
だから、一度乾かさないと洗うことが出来ないんですね。


一応説明させていただきましたが、きちんと伝わらなかったかもしれません。
もっとうまく説明できたらなあ。


家庭用のドライマークが洗える洗剤が出てきてから、余計そうなったと思うのですが、ドライクリーニングとはドライマークが洗える洗剤で洗うことだと思っている人が非常に多いんです。
油で洗っている、といっても、なかなか通じないし、油で洗っているという意味もそれは洗剤で水に溶かしていると思っている人も結構いらっしゃいます。


違うんですよ。


水洗いとは、水そのもので洗うこと。
ドライクリーニングとは、水の変わりに油(溶剤)で洗うこと。


なんです。
ですからドライマークを洗える洗剤は、水に溶かして洗っているので、水洗い、ということになります。

話を元に戻しまして・・・。


ウール素材は、濡れたままでは洗えません。
雨にやられて、濡れてしまうとすぐにクリーニングに出したい気持ちもわかります。
おそらく、今年もかなり多くの雨が降り、やられてしまう回数も増えると思います。
でも、乾かさないと洗うことが出来ませんから、一度干していただいてからお持ちになっていただくとありがたいんです。


また、濡れているからと、ビニールに入れておくことは絶対厳禁です。
半日も置いておけばカビがすぐ生えてきます。
すると、余計な染み抜きが増えるだけでなく、色が抜けたり、臭いが出たりといいことは何一つありません。


濡れたらいったん冷静になって干してください。
それからでも十分間に合います。
濡れっぱなしはだめですよ。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

クリーニングの本質とは。

ニュースでいよいよこの東京にも新型インフルエンザが入ってきたことが判明しました。


神戸のほうで感染が拡大し始めてから、もうすでに関東にも入ってきているんではないか、なんていう人もいましたが、こうしてニュースで現実に報道されると、より気をつけなければいけないなと思います。


クリーニング屋さんでも対応をどうするか、いろいろなところで話が出ています。
関西圏の方から、現状報告をいただいたり、そのときの対応の仕方を聞いたりしながら、これからの事を考えているようです。


さて、ここでいつも話しに出るのがクリーニング業の本質、です。


クリーニング屋さんは何を目的にしているのか?
クリーニング屋さんの中では当たり前なのですが、私たちは公衆衛生業なんですね。
今でこそ、服をきれいに、しみを落として、仕上げもばっちり、それらが仕事のように見えますが、本来は衛生を保つことを念頭に置かれている仕事なんです。


ですから、クリーニングの仕事にいたるところに、そういった意識のもとで行われている作業がいくつもあります。


洗ったものと洗う前のものとはきっちり分けなければいけない。
プレスなどの温度も殺菌をかねていますしね。
また場所によっては、仕上がった衣類をしまうところはガラスのケースでないといけない所もあるんです。


不潔な汚れを落として、衛生を保ってもらおうというわけなんですね。


そして、今回の新型インフルエンザも同じです。
やはり感染経路についてもいろいろと話が出ますが、その次にすぐ出てくるのが、処理方法。
どのような処理をすればウィルスを除去できるのか、扱い方は、などなど質問が出ています。


ノロウィルスのときに情報が回ってくるのが遅く、感染元となったことがありましたからね。
クリーニング業に携わっている人も気になるんではないでしょうか。


弱毒性のウィルスで、現在まで悪化しているものは少ないといいますから、慌てる必要もありません。
ただ、慌てる必要はありませんが、用心するに越したこともありません。
感染拡大しないように、皆さん注意しましょうね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、日本で一番役立たずです。

えー、私、今一番役立たずです。


先週あたりから右足に違和感を覚えまして、それでもごまかしながら仕事をしていました。
金曜あたりからびっこ引いてきたなあと思いつつも、ゆっくりでも歩けるし、仕事も普通にこなせるので気にしていなかったんですね。


土曜日、最後の集配を追え、自宅に帰ってきてからのこと。


右足、じんじんするなあと思い、据わっているのも億劫なので、ごろっと横になったらそれが最後でした。
足がパンパンに腫れまして、昨日まで歩けない状態。
もちろん、仕事もほぼ出来ていません。


昨日はどうしてもはずせない集配があったので、何とか嫁さんにお願いしたのですが、ぜんぜんよくなりません。
今週いっぱいかかるのかしら?


毎年やるんですけどね、仕事が忙しくなってきて疲労がたまってくると、必ずやるんです。
それでも昨年はもう少し後だったような気がするんですけど、今年は4月から忙しかったせいなんでしょうかね。


こんな状態ですので、集配のご依頼も予約という形で後日改めてお伺いするようにさせていただいております。
どうしても早くとおっしゃるお客様には別途対応させていただきますので、お問い合わせくださいませ。


皆様にはご不便をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

セーターがきつくなった。

クリーニングに出すと縮むとおっしゃるお客様にたまに出会うことがあります。
特にセーターに感じることが多いようです。


お客様いわく、クリーニングに出す前は普通に着る事が出来たのに、出した後は妙にぴっちりのような気がするといった意見が多いようです。


セーターで、ウールの素材のもので、縮み方によってはまずいものがあります。
ここでも何回も紹介してきましたが、フェルト収縮という現象。
ウールの繊維が絡み合い縮むので、元に戻すことは不可能です。
しかし、この現象の場合、単純に縮むだけではなく、表面も変わってしまうので、一目見ればわかります。
大体、大人服が子供服のように縮みますから、ぴっちりというレベルではないんです。


そして、聞いていて意外と多そうだなあと思ったのが、縮みではなく、目詰まり。


セーターはニットとも呼ばれますが、編み物なんですね。
編み物ってかなりゆるく作られていまして、伸ばすと網目が見えることと思います。
この隙間が詰まってしまうと、結果縮んだように感じるんです。


洗って乾燥をすると、目詰まりはどうしてもこりやすくなります。
ですので、セーターをクリーニングした後も、アイロンがけをするんです。
クリーニング業者の中には、セーターはそんなにしわがないから、アイロンなんていらないという人もいるかもしれません。
でも、セーターのアイロンは、まさに整形のために必要なんですね。


きちんとしたクリーニング業者さんですと、洗って目詰まりした分を想定して、伸ばしながら仕上げます。
だから着た時にそう違和感なく着る事が出来るんです。
ただ、中には伸ばしがちょっと足りないときもあるようなので、お気づきの際はクリーニング屋さんに持ち込んで再度伸ばしてもらうほうが良いですね。


そしてもう一つ多いかなと思ったのが、着用中にすでに伸びて着ているんじゃないか、ということ。
洋服って体にあっているものは実は少ないと思います。
しかし、着ている内に徐々に体に合っていき、フィットするものが多いと思うんです。
でも、それってよく考えると、体に合っていない部分が、引っ張られて延びているということ。

それがクリーニングすることで、元のサイズに戻ってしまう事はよくあります。


もう何年前でしょうか。
とあるお客様から紹介されたおばあちゃんのお宅でスカートをお預かりしたんです。
このおばあちゃん、ものすごくファッションと洗濯に自信がおありのようで、1時間ほど説明を聞かせていただきました。
きちんと手入れをしているからスカートも10年一度も洗ってないとおっしゃいます。


一瞬、いやな予感がしたのですが、その場はひとまずお預かりしまして、丁寧にクリーニングをして、お届けしたんです。


1週間後。


お電話をいただきまして、縮んだ!と言われました。
思い返してみても、縮むような作業はしていないし、縮む要素もない。
とりあえず現物を確認させていただかないとと思い、お伺いすることに。


現物を見ても、やはり縮んだ形跡は見受けられません。
でも、本人はウェストがきついとおっしゃる。
これが若い人なら、ねえ、太ったということも考えられるのですが、お年を考えるとそれも考えづらい。
一度お預かりしまして、再度伸ばしてみることにしたんです。


伸ばすといいましても、どれだけ伸ばせば良いのか、想像もつきません。
縮んだ形跡があればこれくらいかな、と想像も出来ますが、見た限り、そういう形跡もないので、メーカーに問い合わせて、サイズを確認することにしたんです。
スカートのウェストを計り、ヒップ計り、丈を計り。
返ってきた返事を聞いてびっくり。


クリーニングした後の方がメーカーのサイズより大きかったんですよ。


メーカーさんとも話をしましたが、10年も洗っていなかったので、サイズが体に合うように部分的に伸びてしまったんだろうということ、クリーニング屋さんに過失はない、とおっしゃっていただきましたので、その旨をお客様へ説明をして、その上で再度伸ばさせていただくということで、お話がつきました。


いやー、これには本当におったまげました。
だっておばあちゃんはぜんぜん細い方なんですよ。
想定の範囲外です。


まあね、これだけの話はめったにないと思いますが、セーター、特にニット系は伸びやすく詰まりやすい商品ですから、おかしいなと思ったら一度ご相談してみることをお勧めします。
目詰まりでしたら、クリーニング屋さんの機械で伸ばすことは十分可能です。
あきらめる前に、一度ご相談くださいね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型インフルエンザ、予防しておきましょうね。

ニュースで、新型インフルエンザの話が出ております。
関西圏、特に神戸周辺で大変みたいですね。


神戸に友達がいるのですが、心配になって連絡してみたところ、マスクが手に入らない状態だとか。


そして、自分たちが不安なはずなのに、こう言ってくれたんです。


東京も直に新型インフルエンザがくるから、今のうちにマスクを買っておくように。


本当にありがたいですね。
煽るわけではありませんが、万が一に備え、マスクは早めに購入しておいた方が良さそうです。
最初、渡航歴のある人たちだけ、検査していたようですが、開業医がそれ以外の人も検査したところ出たという話のようですからね。
もしかすると、 東京もすでに広まっている可能性はあります。


外から帰ってきたら、手洗い、うがいは忘れずに。
顔も一緒に洗うと良いようです。
マスクも早めに購入しておきましょうね。


クリーニング屋さんのメーリングリストでは、関西の方から情報が出回るようになって来ています。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

分倍河原 リュミエールさん。

無事に年をとったわけですが、うちの家族、ここ数年私の誕生日を祝ってくれません。(爆)


他の家族のときは、私がケーキを買ってくるのですが、おととしは子供たちがケーキを作ってくれるといっておきながら、夕方になったら遊びつかれて爆睡。
去年も同じように作ってくれるといっていたのですが、気がついたらすっかり忘れていたらしく、しかも嫁さんも、そんなの覚えているはずないじゃん、という始末。

それ以来ひねくれましてね。(爆)
自分でケーキを買ってこようと心に決めたんです。(笑)


いつもは永山にある、ル・ジャルダン・ブルーさんへ行くのですが、今年は群馬へ行っていたせいもあって、誕生日に買うことが出来なかったんです。
過ぎること3日。
仕事が少し早めにひと段落着いたので、子供連れてケーキを買いに行きました。


永山までいけないしなあと思っていたところ、分倍河原のリュミエールさんが美味しいと聞いていたので行ってみることにしたんです。


分倍河原の旧甲州街道、踏み切りの近くにあります、とてもおしゃれなお店。
中に入ると、かっこいい男の人がそろっています。


ケーキもとても美味しそう。
子供といくつかえらんで、ゼリーも一緒に買って帰ってきました。
応対もとても気持ちよく、男の人らしい、清々しい応対です。


うちの家族、何でケーキを買ってきたかすらわからないらしく、なんで?どうして?を聞いてきます。
答えるのも癪なので、黙って食べることにしました。


でもねえ、そんなもやもやした気分も、このケーキ食べると吹っ飛ぶんですね。
いやー、噂に違わずとても美味しい。
買って着て良かったなあ。


中河原からもお隣の駅ですしね、一度は行ってもらいたいお店です。


中河原周辺、結構美味しいケーキ屋さんが多いですね。
駅一つ二つはなれると良いお店がすぐ見つかります。
欲を言うと、中河原駅にも一軒欲しかったなあ。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイロンがけは大変ですよ。

コメントをいただきました。
今日もイキイキさん、ありがとうございます。


先日、洗濯王子こと、長野の中村君がテレビに出ていました。
今回はアイロン王子。
もともと、アイロンの達人としていろいろな問題に立ち向かっていたので、アイロン王子の方が私にはしっくり着ていたりします。


番宣などにも出ていて、相変わらずさわやかだなあと、ちょっとだけ嫉妬したりして。(爆)
冗談ですよ~。


さて、コメントにお答えしていきたいと思います。


『私がひねくれているのかもしれませんが、王子のように身頃と背中を一緒にアイロンをかけて、どちらもシワがのびていることなんてこれまでありませんでした
(テレビのYシャツはもともとシワが少ないように思います)』

『アイロンの仕方が下手なのか?』
『アイロンがだめなのか?』
『Yシャツの素材が違うから?』
『テレビで使われているYシャツは糊づけされていないから?』

『それにしても、主婦の一番苦手な家事が「アイロンがけ」ということにびっくりしました』


そうなんですよ、家庭でのアイロンがけはどうやら嫌われているようなんですね。
アイロンがけって確かに大変かもしれません。
よくお店で私が仕上げていると、横からお客様がじーっと見ていかれるんですが、大体きれいねえとか、ここまできれいにかけられないわねえとかため息をついていかれます。


配達の関係で、携帯のワンセグでちょろっとしか見ていないので正確ではないかもしれませんが、今回のアイロンがけのポイントは、早くそして簡単に、だと思うんですね。
仕上がりの品質は人それぞれなので、たとえばこれでは仕上がったことにならないという人もいれば、これで十分という人もいると思うんです。
おそらく、最低限着れる仕上げで、かつ簡単に早く仕上げるコツとして紹介されたんじゃないのかなあと思います。


そうですね、たとえばあの仕上げでお客様からお金はいただけません。
でも、家庭で着るには十分、そういったスタンスじゃないんでしょうか。


裏と表を同時にかけているのは確かに早くなりますね。
で、仕上がったためしがないとおっしゃる、今日もイキイキさん、あれでも仕上がるんですよ。
ただ、やっていて少しコツがいると思うんです。


二枚重なってしまうと、上手に上と下の生地が伸びていないとしわがつく事があります。
上の方にだけ気をとられていて、いざ仕上げてみたら背中の生地にしわが、なんてことはありがちですね。
ですから、このように仕上げるときは、アイロン王子も言っていましたが、上手に左手も使うようにするんです。
アイロンをかけながら、アイロンの進む先に左手を置き、引っ張るというより少し張りながらアイロンをかけるようにすると、上下きれいにかけることが出来るんですね。


ただ、経験といいますか微妙な感覚が必要なので、慣れるまでは大変かもしれません。


出来ない理由として、アイロンが下手ということはないですね。
かなりやっている人でないと、繊細なコツですから最初は難しいものです。
慣れると普通に出来てしまうんですけどね。


アイロンが駄目と言うこともありません。
それは理由になりません。


Yシャツの素材によって、かけやすいものとかけづらいものは確かにあります。
でも、それは小じわの類であって、今回の上下セットのでのアイロンがけにはあまり関係がないように思います。
だから、これもあまり考える必要はないかもしれませんね。


糊付けされていないから?
これは、逆だと思うんですよ。
糊付けされていない方がかけづらいんです。
だって、仕上げていったそばから伸びてくれないでしょ、糊がないと。
だから、少しでも糊があるほうが仕上げはしやすくなります。
糊がない状態でかけると、いったんは伸びているように見えるんですが、まったく腰がなく、少し動かしただけでしわが入るんです。
ワンセグの画面でしたから、よく見えませんでしたけど、糊は使っているんじゃないかなあと思います。


そうそう、こうれも結構重要な話なんですが、民放のカメラって意外と高品質ではないらしいんですね。
ですから、一見きれいに見えるものが、実はあらがいっぱいということは結構あります。
今回も、粗じわは取れているかもしれませんが、小じわは取れていなかったんじゃないかなと思うんです。
それが別に悪いことでもないんですよ、家庭で普通に着る分には。
ただ、コメンテーターの方がしわがない!と大騒ぎするので、期待は高まってしまうかなあと思うんですね。


昔マリックさんが紅白で、イリュージョンをしたときのこと。
なんと、手品のタネが移ってしまったんだそうで。
民放のカメラなら映らないものが、NHKのカメラには移ってしまったらいんですね。
この話を聞いてから、テレビに映っているものは目だけで質を見極めようとは思わなくなりました。


あと、家庭で伸ばしづらい最大の理由は、アイロン台です。
一般の家庭では、普通の布団ですよね。
だから、かけているうちに生地が動いてしまい、余計なしわが増えていくんです。


クリーニング屋さんが使っているアイロン台は、下から蒸気を吸い取っています。
つまり、生地が張り付いた状態になっているので、ちょっと力を入れたくらいでは動かないのです。
この差は大きいですよ。


アイロン王子のかけ方は、上手に解説されていると思います。
これでアイロン好きな方が増えるといいなあと思いますね。
皆さん、がんばってください。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

最近、病院の紹介が多いんです。

なぜか、春先になってから病院の紹介をすることが多いんです。
それだけお客様が怪我をされているということなんでしょうが、特に整形外科にかかるようなものが多いんですね。


通常なら、整形外科に通えばほぼ問題はないんですが、ここ最近ちょっとおかしかったんです。
私も昔通っていて、割と評判が良かった病院が、誤診とまでは行きませんが、最近ちょっとおかしいんですよ。
うちのおばも、手を突いて突き指をしたんですが、その後の治療で筋が固まってしまい、危うく手術をするかもしれませんでした。
田舎の有名な針の先生に診てもらい、1ヶ月で元に戻りましたけど、70歳を超えている老人に手術をするのは、その後のリハビリを考えるとリスクが大きすぎます。


また、うちの社長がおととし倒れた原因も、整形外科での強い痛み止めのせい。
今のお医者さんは痛み止めと同時に胃薬も処方するらしいのですが、なぜかそこのお医者さんは処方されないんです。


他にもちらほらとうわさを聞いていたので、注目していたんですね。


ここにもよくコメントを下さるぬまさんが、先週から肩の痛みを訴えていたようなんです。
日に日に痛くなる様子。
最初、整形外科で見てもらい、シップと薬を処方してもらったんですが、ぜんぜん良くならない。
見ていて大変そうだったので、評判のいい接骨院を紹介しました。



湯江鍼灸接骨院


ここ、かなり評判が良いんです。
実はうちの嫁さんもずいぶん通っていました。
子供がおなかにいると、腰に来る体質らしく、ヘルニアを起こしていたんです。
で、日に日に重症になり、動くことすら出来ない状態に。
そこで義理の妹から教えていただいたのが、ここなんです。


効果は抜群。


あれだけ痛がっていたのが日に日に良くなり、きちんとした説明に本人も納得です。
時間がかかる理由もきちんと説明をしていただければ、こちらも通いやすいですよね。


さて、ぬまさんも行ってみた所、なんと亜脱臼だったことが判明。
肩を入れてもらい、痛みはなくなったようです。


気づきにくいものなのか、わかりませんけど、何日も痛みをこらえているのはつらい。
シップと薬しか処方しない西洋医術の限界といっちゃ言いすぎかしら。
レントゲンやらで、一番良く見えていると思うんですが、なぜかはっきりと診断されないことが多いような気がするんですよ。
経験に勝るものはなし、なのかなあ。


腰痛にお悩みの方、ひざが痛いなど、一度行ってみる事をお勧めします。
最近ここ周辺で一番のお勧めの病院ですね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

万能はないんですね。

ぬまさんから、コメントをいただきました。


『となると「ドライクリーニング不可」と指定されている衣類ってのは何でドライクリーニングが駄目なんでしたっけ?』


昨日のドライクリーニングの話の続きですね。
昨日の話しでドライクリーニングは変化が少なく、優れていると説明しました。


しかし、やはり万能なものは存在しないので、ドライクリーニングでも洗えない物はあります。
理由はさまざまです。


一番多いのが、樹脂を使っている商品。
プリントされている衣類とか、繊維同士を接着してあるような衣類はドライクリーニングに不向きなんですね。
理由はすごく簡単。
ドライクリーニングの液が、樹脂を溶かしてしまうためなんです。


このため、プリントは剥がれ落ち、接着してある繊維同士もはがれてしまいます。


また、プリントでは、顔料プリントと言いまして、衣類全体にプリントしてあるものもあります。
こちらは、一見染めてあるようで、ドライクリーニング出来るように見えるんですが、やはり接着してありますからはがれてしまうんです。


しかし、難しいのは絶対はがれるか?と言うとそうでもない事なんです。
ドライクリーニングしても大丈夫なものもあります。
また、ドライクリーニングするときの環境によっても左右されるんです。
水洗いするときに、お湯を使うと汚れ落ちが良くなるように、ドライクリーニングも液の温度が上がると汚れ落ちが良くなります。
しかし、良くなると言うことは、樹脂も良く落とすことになり、事故につながるケースが多いのも事実なんです。


落ちるのが強力であれば良いと言うのは間違いなんです。


他にドライクリーニングができないもので有名なのが、素材自体に問題がある商品。
塩化ビニールと呼ばれる繊維はドライクリーニングで洗うと硬くなってしまいます。


もともとがパイプみたいなものなのですが、これに薬品をつけて繊維のようにやわらかくして服に仕立ててあります。
しかし、ドライクリーニングすると、この薬品が溶け出してしまい、元の硬いパイプに戻ってしまうんです。


塩化ビニール、合成皮革などに使われていることが多いですね。
買うときにはとても注意が必要な繊維のひとつです。


洗えないものには、それなりの理由が存在しています。
変化が少ないドライクリーニングにも、得手不得手はありますし、向き不向きがあります。
水洗いも同様。


私たちがよく、服に合わせて洗うと言うのは、このことを言っているんですね。


汚れの具合を見て、服の作りを見て、素材の特性を見極めて、そのとき一番適している洗い方を見つけて洗っていくのです。

これらのどれかが欠けていると、どこかおかしいクリーニングになってしまうと思うんです。
洗えば良いと言うものではない、汚れが落ちれば良いと言うものではない。
服を洗うと言うことは、きれいになるだけでなく、次もまた着たいと思えるようにならなくてはいけないと思います。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ドライクリーニングはどう違うの?

ここ頻繁に同じ質問をされました。


ドライクリーニングって何?
どう違うの?


実はこの質問、もう何年も当店をご利用のお客様からいただいたんです。
今まで何気なく利用していたクリーニングに、ふっとどうしてだろう?という気持ちが起こって、質問してくれたことが、とてもうれしかったりします。


ドライクリーニングの説明を今までもここで何回かしてきましたが、ちょっと視点を変えてみましょうか。
今までは、ドライクリーニングとは溶剤を使って云々・・・・・、と説明をしてきたのですが、それじゃあちょっとわかりづらいかもしれません。


水洗いとドライクリーニングの違い、それは洗ったときの変化の違いです。
水洗いは読んで字の如し、水で洗います。
水で洗うと、しわしわになるし、汚れも落ちるけど色合いも変化しやすくなります。


ところが、ドライクリーニングは変化しづらいのが特徴なんです。
洗ったあとと洗う前があまり変わらない。
色も変化しにくいし、余計なしわもあまりできません。


水洗いしたものとドライクリーニングしたものとでは雲泥の差があるんです。


一番わかりやすいのが、ティッシュ。
ティッシュを水洗いとドライクリーニングしてみます。
水洗いのほうは想像出来ますよね。
水につけるとくしゃくしゃになってしまい、水から出しても広げることすら難しくなり、乾かしても元のようなふんわり感がまったくなくなってしまいます。


では、ティッシュをドライクリーニングするとどうなるか。
ほとんど変化がないんですよ。
かなりきつめに洗っても、出てきたときはさらさらで出てきます。
水洗いのときのようにくしゃくしゃはないですね。
そして、きれいに広がり、乾かすと、完全に元通りというわけではありませんが、元に限りなく近い状態になります。


料理で言うと、野菜を湯通しするのと油通しするのとの違いですかね。
野菜を油通しすると、しゃきっとしていて色も鮮やかでしょ?


これを衣類にたとえると、ドライクリーニングは水洗いよりも元の状態を維持しやすい洗い、と言えるんです。


色が褪せる事も少なく、縮みなども発生しづらく、型が崩れにくい。


このような特性があるので、アパレルメーカーさんはドライクリーニングを指定してくることが多かったんですね。

変化が少ないので、衣類が長持ちしやすいのですが、反面管理がとても難しい。
使っている液体が油ですから、一回一回捨てることができません。
ろ過しながら使うのですが、その管理が上手にできていないと、せっかくドライクリーニングしているのに、なぜか色がおかしくなったり、縮んだりと言った問題が起きてしまうのです。


きちんと使っていれば、本当に優れたものなんですけどね。


ドライクリーニングにあまり良い印象をお持ちでない方もいらっしゃるかと思います。
でも、それはドライクリーニング本来の良い所よりも、悪い面を体験してしまっているのかもしれません。
きちんとしたお店でドライクリーニングしてもらうと、ドライクリーニングのイメージも変わると思います。


ぜひ、体験してほしいなあと思いますね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

クリーニング屋さんで言ってたもん。

結構ある話なのですが、クリーニング屋さんで、洗わないほうがいいよといわれた、なんていう話を結構聞きます。
確かに、洗わないほうがいいという特殊な衣類があるのも事実なのですが、そんなに数多くあるわけじゃない。
でも、受付で洗わないほうがいいといわれている人って結構いるらしいのです。


先日も、ご来店くださったお客様から、考えさせられちゃうような話を聞きました。
ご自宅の近くのクリーニング屋さんへ行ったときのこと。
そのクリーニング屋さんは、その地域では割と有名で、昔はそこに出せばきれいになる!と評判のお店だったらしいのです。
所が、世代も変わり、気がつけばあまりきれいにならなくなっていたんですが、昔からのなじみでクリーニングに持って行ったそうなんですね。


受け渡しだけのお店でのことらしいのですが、お店のおばさんが、こういったんだそうです。

「これは洗ってもあまりきれいにならないから洗わないほうがいいよ。」

当店にも同じものが持ち込まれたので見てみても、洗わないほうがいい理由が見当たりません。
では、なぜこのおばさんは洗わないほうがいいよといったのでしょうか?


これはですね、クリーニングした後の品物を一番多く見ている素人さんなんですよ。
受付で仕上がってくる衣類を毎日見ている。
すると、きれいになるもの、ならないものがだんだんとわかるようになってきます。
そして、親切心で、、洗っても落ちないと判断し伝えたらしいんですね。


ただ、このきれいにならないのはその工場で洗ったもの。
そういう商品が絶対きれいにならないというわけではないのです。


でも、怖いのはここからで、お客様はクリーニング屋さんの受付の方が言ったんだから、間違いない、と信じてしまいます。
毎日見ているし、受付で勉強もしているはず。
しかも、パートさんだから、損得もないだろうし、そういう人が言っているんだからだますようなことはない。


どうやらそう思っちゃうらしいんです。


きちんとクリーニングすればきれいになります。
でも、そのクリーニング屋さんの洗い方、扱い方の違いで、洗ってもほとんどきれいにならないお店があるのも事実なんです。
自分の勤めている工場がきれいにならないからといって、クリーニングしてもだめといわれると、ちょっと困っちゃうんですよね。


だって、それはうそではないかもしれないけど、本当でもない話なんですから。

でもね、意外と受付の方の誤解による、クリーニングの偏見って多いと思うんです。
これは、直ちに何とかすべき話。
クリーニング屋さんも困るし、一番困るのは間違った情報を信じてしまうお客様なんですね。


受け渡しのお店を出しているクリーニング屋さんは、ぜひ、社員教育の徹底を図ったいただきたいなあと思います。
まさかね、自分のお店で働いている人が悪口言っているとは誰も思わないでしょう。


お店に立つ以上、クリーニングに携わっている以上、お客様から見ればパートさんでも社員でも、プロと同列です。
正しい情報を伝えていく、努力をして欲しいなあと思いますね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夏を先取って着ました。

昨日は暑かったですね。


お墓参りへ群馬へ行ったのが、実は土曜日の午後からでした。
午前中はいつもの集配を済ませた後、電話でご依頼のあったお客さまのところへ数件配達に行きまして、3時過ぎに中河原を出発したんです。


今回の目的はお墓参り。
先日も書きましたが、DVDをみて、どうしてもばあさんに会いたい、お墓参りをしたいと思っていたんです。


しかし、どうせ群馬へ行くならと、他の予定も組み込まれていきます。(笑)


子供たちからの要望。
イチゴ狩りと、前橋にあるるなぱあくという遊園地へ連れて行くこと。
あと、温泉。


子供のくせに、温泉とは。


お客様からの要望。
赤城に、永井食堂というおいしいもつ煮を食べさせてくれるところがあるのですが、そこでもつ煮を買ってきて欲しいと頼まれていたんです。
1キロのパックで売っていまして、暖めるだけで美味しいもつ煮がご家庭で食べられるんです。


土曜日。

高速はすいていたので順調に走っていきます。
余談ですが、例の高速乗り放題。
結構複雑なのでびっくりしました。


まず、中央自動車道は八王子が基点ですので、八王子から出発すれば1000円。
今回は群馬へ行ったのですが、いつもなら圏央道あきる野インターチェンジから乗るんです。
すると、なんと、圏央道は別料金で、1300円かかる計算になります。


では、府中国立インターから乗るとどうなるかというと、1400円。
その差100円しかないわけです。

おかしいなあと調べてみると、なんと八王子から乗ると1000円で群馬まで行けちゃうんですね。


不思議でしょ?
より群馬に近い圏央道の途中から乗っているのに1300円。
どうやら、高速の料金の算出方法にからくりがあるようでして、詳しくは書きませんが、基本は八王子から乗るとお安くなります。
覚えておいて損はありませんよ。


夕方5時半ごろに沼田市へ到着。
予約をしていた旅籠屋沼田店さんにお世話になります。


旅籠屋さんの近くに、しゃくなげの湯という温泉がありまして、ここはなんと家族風呂があるんです。
料金もとてもリーズナブル。
1時間1000円で借りられるというので、お願いをしておきました。
安心して温泉へ入れます。


このしゃくなげの湯、びっくりするくらいいいお湯でして、また驚くほど施設もいい。
こんな料金でいいの?と思っちゃうくらい。
山道を進んでいくのでちょびっと不安になりますが、お近くにお寄りの際はぜひ行ってみてもらいたいところですね。


しゃくなげの湯で夕飯も済ませ、一泊。


問題は日曜日です。


るなぱあくで遊びたいのはわかりました。
ところが、この遊園地、めちゃくちゃ安いので、混雑が予想されます。
無料の駐車場もありますが、埋まってしまうことは必死。
しかも、他の予定がたくさん入っているので、何時に着くかわからない状態。


大まかな予定。


あさ、赤城の直売所にて、野菜、花を購入。

         ↓

その後、本家によってお線香を上げさせてもらう。


         ↓


お墓参り。


         ↓


イチゴ狩り。


         ↓


もつ煮を買いに永井食堂へ。


         ↓


ばあさんの妹にご挨拶へ。


         ↓


るなぱあく。


となっておりました。


この予定のほとんどが赤城でのものなので、いけなくはない。
ただ、過密スケジュールというだけで・・・。


朝7時に出発。
直売所で買い物をし、本家で線香を上げ、挨拶もそこそこにお墓参りへゴー。
その後はイチゴ狩りです。


ちょうど開店時間ぴったりではいることができたので、まずまずの出来。
しかし、今日はつらかった。


気温がぐんぐん上昇しまして、ビニールハウスの中は、ものすごく暑い。
依然ここでイチゴ狩りをしてきたことを書いたときに、コメントで冷えてないんじゃないか?と聞かれたことがあったんです。
今までは、程よく冷えていて美味しかったのですが、昨日だけは違いました。


ほんのりといいますか、生温かい。
それでも、露地栽培のイチゴが美味しいのでいいのですが、生温かいイチゴはそう何個も食べられるものじゃありません。


微妙に残念。


まあね、こういう経験もありでしょうということで、今度は永井食堂へ。
こちらも開店時間ぴったりに到着。
無事もつ煮を購入しまして、ばあさんの妹のうちへ向かいます。


ばあさんが亡くなったころあたりから、ずいぶんとお世話になってきました。
第二のばあさんといった感じですね。


今日も挨拶をしつつ、元気かなと様子を見に行ったんです。
ところが、そんな心配はどこ吹く風。
逆に私の心配をしてくれたり、もちきれないほどのお野菜を用意して待っていてくれたりと、大歓迎を受けました。


うれしいやらほっと安心したやら。
でも、やはり着てよかったなと思いましたね。
いつ何が起こるかわかりませんし、会いたいと思ったときにあっておかないと。


ここで予定の時間をちょっとオーバーしましたが、意外と道がすんなりと行きまして、12じじゃすとにるなぱあく到着。
ここまでくればもう安心です。
後は子供たちの好きなように遊ばせればいいんですから。


しかし、今日はどこまで行っても日差しにやられます。
帰ってきてニュースを見たら、群馬、30度超えたらしいじゃないですか。
午後からびっしりと日差しの当たる所にいましたから、もちろん日焼けをしました。
体力は削られていくし。


くたくたです。


実は昨日は私の誕生日だったんですが、家族全員そんなことは忘れていまして(笑)、帰ってきておめでとうの一言もなくぐっすり寝ていまして。
これはこれである意味幸せだなと思いつつ、子供の寝顔を見た後に私も就寝。 


いい一日でしたかね。


若干日焼けした私がお店にいますので、ぜひ皆さんのご来店をお待ちしております。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ばあさんに会いに。

ばあさんに会いに。
昨日のブログの続きではないですが、今日はばあさんの墓参りへきました。


思い立ったが吉日ですからね。

写真は群馬県赤城村の直売所です。
開店前なのにものすごい人だかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私が見ると涙する、DVD。

今年に入ってからはまったDVDがあります。


お客様に薦められて買った、ドラバラ鈴井の巣というDVD。
北海道テレビの一深夜番組がDVD化されたものです。


そもそも、なぜこのDVDを見ることになったかといいますと、まず水曜どうでしょうという番組にはまったんですね。
大泉洋、鈴井貴之、プラスディレクター陣2人の織り成す旅を中心?とした番組。
これも北海道放送なのですが、これが面白いとあるお客様と盛り上がっていたところ、ドラバラ鈴井の巣もかなり面白いよと教えていただいたんです。


ドラバラ鈴井の巣という番組は、ドラマを作っていくのですが、その過程がすでにバラエティだ、ということで、ドラマとメイキングを同時に見せてくれる非常に面白い番組なんです。
ただのメイキングでもなく、腹を抱えて笑えるくせに、ドラマの部分はえらく感動してしまうという不思議な番組なんですね。


その中で、ホワイトストーンズというドラマが、お客様のご実家がある場所で面白いので見てほしいとDVDを貸していただいたのがきっかけ。
以来、私がはまるだけでなく、子供たちもドラバラにはまり、ホワイトストーンズにはまっているわけでございます。


さて、その中で、見るとどうしても涙が出てくるドラマが、大泉洋脚本の山田家の人々
大泉洋の半生をアレンジを加えながら見せてくれるのですが、これが非常にいいドラマ&バラエティで。
メイキングで大笑いをし、ドラマで涙するんです。


特に感動的な場面があるか?というとそういうわけではないと思うのですが、家族の少しの優しさがふっと涙を誘うんでしょうね。


そして、この続編というべきものがまたありまして、大泉洋の所属プロダクション、クリエイティブオフィスCUEという所が二年に一回やっているイベントで、CUE DREAM JAM-BOREE 2006『再会』と称してこの続きが作られたんです。


このポイントはおじいちゃん。
以前のドラマから5年後という設定で始まるのですが、おじいちゃんはすでになくなっているんです。
その亡くなったおじいちゃんが、家族に会いにくる、という話なんです。


芝居仕立てで進むのですが、第二部の最後、これが非常に泣けるんですよ。
感動するというよりも胸がぎゅーっと締め付けられるような。
私もおばあちゃんの最後に間に合わなかったんです。
どうも、それとリンクしちゃうんでしょうね、これ見るとどうしてもぼろぼろ大泣きをしてしまうんです。
そして、ばあさんに会いたいなあと、心から思うんです。


いい番組、いいドラマだと思います。
誰しも笑えるかわかりませんけどね。
でも、見て欲しいなあと思うもののひとつです。


あら、気がつけば今日は、ドラバラと大泉洋の宣伝みたくなっちゃいました。(笑)
J-COMなどでも放送しています。
機会があれば、ぜひどうぞ。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

誰のためなんでしょう?

先週末、お休みに入る前にお客様が夜ご来店くださいました。
ご夫婦ともに当店をかわいがってくださるんです。


ご主人が、いきなりこう切り出したんです。


「奥さんが亡くなった。」と。


あまりに突然の訃報にびっくりしました。
たしかにここ最近は調子が悪いといううわさを聞いていたので、心配をしていたのですが、まさかそこまで悪かったとは。
しかし、お話を伺っているとどうも話がおかしい。
というのも、ほんの二週間ほど前まではそこまで悪くなかったというのです。
ご主人が熊本へ法事に出かけている間に急変したというんですが、どうも変なんですよね。


確かにご高齢ですし、急変ということはあると思うんです。
ところが、実はその病院(名前は伏せさせてもらいます)、同じような処置で亡くなっている人が多いんです。


ご飯を食べさせなくなるんです。


のどに詰まって窒息すると困るからと、すぐ点滴に変えてしまうんですが、本当に食べられないのか?と思うと、病院側は変な事いうんですね。
病院では食べさせてあげられませんが、食べさせてあげたかったらご自宅でどうぞ、というらしいんですね。
つまり、窒息の危険があるからやるなら自己責任で、ということらしいのです。


栄養って同じ成分、同じ量をとっていればいいと言うものでもないらしく、やはり食べて摂取したものの方が体にはいいらしいんですね。


もし本当に食べさせることが危険なら、自宅でもやめなさいというと思うんですよ。
ところが、ご自宅でやる分にはかまいませんって・・・・、おかしくないですか?


医療ミスとはいいませんが、同じように弱って亡くなった方を数人聞いているので、適切な方法だったのか、疑いたくもなります。
特に、知り合いとかですと思い入れもありますし。


病院に限らず、最近はリスクを避けるために、過剰に対応することが増えているように思います。
クリーニングでも同じで、最近お客様から良く聞くのが、他店で品物をクリーニングに出そうとすると、これ以上ないというくらいリスクの説明をされるんだそうです。


縮む可能性があります。
色が落ちる可能性があります。
変化する可能性があります。
落ちないかもしれません。


全部の商品がこうなるわけではないのですが、可能性がほんの数%でもあるのなら、事前にお客様に伝えて、責任の回避をしたいんだろうなと思うんです。
また、仕事自体も、深追いはせず、やめてしまうケースが多いようで、もう一回洗えば落ちたよねえ、という商品が当店に出てくることもかなりあるんです。


この変化も商品によるものだったり、お店の技術によるものだったり理由はさまざまですので、一概には言えないんですけどね。
きちんとした仕事をしているお店で起こった変化と、そこまで技術がないお店で起こった変化では意味合いも違ってきますし。

同じ説明でも、責任回避なのか、本当にお客様のための説明なのかってずいぶんと違うと思うんですけどね。
気持ちの問題だとしても、お客様に必要だと思うから話したい、そう思います。


突然の訃報にびっくりしましたが、ご冥福をお祈り申し上げます。
無念でなりません。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

皆さんの顔を見るとほっとします。

実は、ここ数年こんなに長くゴールデンウィークを休んだことはなかったんです。
毎年、連休の最後を休むとか、長くても最後の二日間とか、そういう休み方をしていたんです。
この時期はクリーニング屋さんにとって繁忙期と呼ばれるとても忙しい時期。
裏を返せば、お客様がクリーニングを必要としている時期ともいえます。
ですから、どうしても仕事をすることになるんですね。


ところが、今年はいろいろと用事が重なり、片づけをしなければならない事が起きたりして、意を決して3日間という長いお休みをいただいたのでした。


休んでいると、実は一番気になるのが、お客様にご迷惑をかけていないだろうか?という事なんです。
急にYシャツとか必要になった人はいないだろうか、急ぎで洗いたい品物が出た人などいないだろうか、などなど。
お客様も連休で、そういった事は稀だとわかってはいるんですが、気になっちゃうんですね。


お客様も、休まず働いている方もいらっしゃいますし。
そういう方は、普段通りの毎日で、Yシャツなどは洗えないと不便だと思うんです。


昨日お店を開けるとき、若干どきどきしていました。


当店は8時開店なのですが、開けてから数分後、お客様ご来店。
開くのを待っていてくれたようです。
その後も、なじみのお客様が多数いらっしゃってくれまして、皆さんなんだかほっとしたような笑顔で来店くださいます。
お客様も同じだったのかなあと、ちょっと思いましたね。


やっぱりお店は開いていないとね。


いつも開いているお店が閉めるとそれだけでなんだかもやっとした気分になるものです。
どうしたのかな?
何かあったのかな?
病気とか?
事故とか?


悪いことは考えたくないですが、そんなことがふと頭の中をよぎることはありますよね。


来ていただいたお客様に感謝して。
いつも楽しく元気よく。
今日もお仕事がんばりましょう♪

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の後は。

おはようございます。
当店は昨日で連休終わり、今日から通常営業に戻ります。
よろしくお願いいたします。


さて、やはり昨日は雨が降ってしまいました。
しかもかなりの土砂降り。
くらやみ祭りのときは、どこかで必ず雨が降ると思っていたので、さほど気にはならなかったのですが、あれだけの大雨が降ると、かえって祭りのほうを心配してしまいます。


J-COMで見ていましたが、雨のせいか、若干人が少ないように感じました。
それでもあの旧甲州街道にあれだけの人が押し寄せるんですから、きっと現場はものすごく壮大だったと思います。


お祭り関係者の方々は今頃ふらふらになって帰っているんでしょう。
今日はまだお休みですけど、昔は皆さんお仕事で祭り明けは皆さんぐったりしていたとか。
ゆっくり休んでくださいね。


今年の休み明けはどんなでしょうか。
衣替えの品物が集まってくるでしょうかね?
昨日の雨で汚れた法被が集まりそうな予感もします。
うちも、二日間の片づけで、要らない服が山ほど出てきたり、洗う服もたくさん出てきました。
片づけすると、本当に山のようにいろいろなものが出てきます。


まとまった洗濯物がありましたら、遠慮なく集配クリーニングをご依頼ください。
服は意外と重いですからね。
まとめて持ち歩くと結構危険です。


梅雨が来る前に片付けてほしいなと思います。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

使わないものは早めに捨てなきゃ。

さて、連休二日目。


今日は片づけをする!を家族中で決まっているので、朝から・・・・・と思っていたのですが、今日ほど陽気がよく、静かだと寝ちゃうんですよね。(爆)
気がつけば、朝ごはんすら食べるのを忘れるくらいゆっくりし、そのままお昼も過ぎ、3時ごろからもそもそと活動開始。
体は楽になりましたけど、これじゃあ一向に片付きません。(笑)


子供たちが騒いでいる中、大人たちは各々片づけを始めます。


私もパソコン周辺の書類を整理。
必要のないものとあるもの仕分けていきます。
山が崩れ、下から出てきたのはもう相当前に買ったスキャナー。
今はもう聞かなくなった規格、SCSIで接続されている品物です。

下に埋もれていたということは、もう何年も使っていません。
買った頃は、チラシなどを作るときに素材を読み込んで修正したりしていたのですが、今は何とかデータとして探すことが出来るようになったので、必要がなくなったんです。
また、解像度も低いので、実用にもいささか不安がある。


まだ使えるんですけどねえ。


欲しい人いらっしゃいますでしょうか?
説明書も探さなければいけませんが、欲しい人いらっしゃいましたらご連絡ください。


他にも、数年前に整理して貯めてあった部品やらたくさんあります。
来年の二月からゴミも有料化され、個別収集に変わりますからね。
それまでに、整理できるものは整理しておかないと。
どうやらほかの家族もそれを見越して片づけをしているようです。


皆さんものご家庭にも不要なものはありませんか?
早めに処分したほうがいいですよ。


ゴミ箱へ捨てられるものはいいのですが、大きなもの、粗大ゴミなどは府中市でも有料で捨てなければなりません。
通常は、各文化センターなどでシールを購入し、指定された日に指定された場所へ捨てなければなりませんが、ゴミを持ち込むことでこのシールの値段が半額になります。
多摩川沿いを、国立方面へずーっと行った先にあるのですが、大きなもので、運ぶことができればかなり安く上がります。
ゴミもねえ、馬鹿にならないくらいお金かかりますから。
ちょっと検討してみるといいかもしれません。


さて、当店の連休も今日で最後です。
今日はどうやら雨が降りそうな予報らしいですね。
くらやみ祭りの最中って、大体いつも雨が降るものなんです。
だから、あまり気にならないんですね。


昨日の片づけで必要なものが出てきたので、島忠に買い物をして、夜はJ-COMでゆったりとくらやみ祭りを堪能しましょうか。
しかし、休みって早いですねえ。


おっと、お得情報を流します。


多摩センターにある、極楽湯さんでは、今日は子供の入浴料が無料だそうです。
また、昭和記念公園も子供の入園料は無料だそうです。
行ってみてはいかがでしょうか?

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

くらやみ祭り、行って来ました。

昨日は午後からくらやみ祭りへ行って来ました。
当初、お祭りが目的ではなく、普通に買い物へ出かけたんです。
長女の誕生祝を買っていないし、猫のももちゃんのえさも買っていない。
ヤマダ電機から、島忠へ、車で出かけたんです。


道路は思ったほど混んでいなくて、またお店の中もそれほど混んではいない。
空いているというわけでもないですけど。
両方の買い物が30分で終了。


このまま帰ると、また家の人間に何か言われるかも?と瞬間思い、くらやみ祭りへ行くことにしたんです。


やはりくらやみ祭りは電車で行くほうがいいですね。
昔に比べると大國玉神社の周辺はそれほどではないんですが、やはり駐車場の問題がどうしても出てきます。
何件か知っている駐車場を回っても、どこも満車。


仕方なく、裏道に入ってようやく見つけた駐車場に入ろうとすると、3時半には閉めますよ、との事。
お祭りの時期に3時半?とびっくりして聞きなおすと、4時からこの前の道路が閉鎖されるので、出られなくなるんだそうです。
仕方なく、駅の反対側に止めてからお祭りへ行きました。


大國玉神社へつくまでに、大きな太鼓の音が響き渡っています。
だんだんとお祭りらしくなってきて、わくわくしてくるんですね。
子供たちも、大きな太鼓を見かけては大喜び。


神社は物凄い人だかり。
やはり若い人、特に子供が多いですね。


お正月などと違い、くらやみ祭りの的屋は参道だけでなく、横道にも多数出展されています。
いや、横道のほうが面白いかもしれない。
射的や金魚すくい、ボール当てなどがこの横道にほとんどが入っているんです。


しかも、見世物小屋まである。
昔は見世物小屋とお化け屋敷が二つセットで出ていましてね。
狼に育てられた少女とか、蛇に育てられた少女なんていうものがありました。


まだ小さいうちの子達は、チョコバナナがほしいとか、キャラクター物のベビーカステラがほしいとかそんな程度。
まだ自分で回って買い物をしたいという欲求はなさそうです。
そんなところへ長男がこれやりたいといってきたのが、くじを引くやつ。
おもちゃが当たるやつなんですが、経験上当たるはずがない。(笑)
でも、長男はもう当たると思い込んでいる。(爆)


悩んだ末、経験かなと思いやらせてあげることに。


私が子供の頃はねえ、この手のものは一回200円だったんですよ。
昨日は一回300円。
いい値段になったもんだ。


そしてぐるぐると回っていくと、今度は宝釣り。
紐を引っ張った先についているおもちゃがもらえるというもの。
これまた300円。


ねえ、長男が友達と遊びに来るようになったら一体いくら持たせてやれば遊べるのかと考えちゃいました。
私の頃は500円も持っていけば遊べましたからねえ。
もう足りないだろうな。


入り口は混んでいたものの、中のほうは意外と空いていて普通に遊べます。
キャラクター物の入れ物に入ったジュースを買い、焼きそばを買い、から揚げを買い、広島風お好み焼きを買い、家路に着きました。


今回ちょっとびっくりしたのが、広島風のお好み焼き。
普通キャベツどっさりとそばが入っているものでしょう?
そばが入ってないんですよ。
で、キャベツは確かにたくさん入っている。
芯の所を薄くスライスしたものが。(爆)


なんか久しぶりにこういう食べ物食べたなあと思いました。
こんなところもお祭りの楽しみの一つなんですけどね。
子供の頃はあそこは美味しくなかったから別の店いこう、とかよく言ってましたしね。


帰ってきてからは、ちょっとした宴会をしまして、連休初日終了。
初日にしてはなかなか充実していたんではないかと思います。


さて、今日二日目、どうしましょうかね。
なんか、母が子供たちの頭を刈るというので、お掃除の日にしちゃいましょうか。
うちの母、クリーニング屋さんの前は床屋さんだったんです。


また大騒ぎですかね。
しかし皆さんやはり出かけているんでしょうか。
府中を離れるとなんとなく静かなような気がしますね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から3連休に入ります。

皆さん、おはようございます。


当店も、本日より3日間の連休に入ります。
6日より通常営業いたします。
お休みの間、ご不便をおかけしますが、なにとぞご容赦くださいませ。


さて、お休み初日。
今日はどうしようかなあと朝から考えております。
お休みといっても、今日は日曜日。
子供たちは朝から戦隊物や仮面ライダーシリーズなどを見る予定らしい。
つまり、朝早くから出かけることは不可能なわけです。


しかも、うちの子供たち、二日ほど前から全員に熱が。
どうも、朝方、布団を蹴っ飛ばして寝ていたのが裏目に出たようで、風邪引いちゃったみたいなんですね。
ついてない子だぁ・・・。


調子がよければ大國玉神社へ繰り出そうかなとも思っています。
やはりゴールデンウィークは府中の駅周辺は華やぎますからね。
関東三大祭のくらやみ祭りで嫌がおうにも盛り上がっているはず。
もう何年かすると、お父さんと一緒にお祭りなんていってくれなくなりそうですから、今のうちに一度行って置こうかなと思っています。


駄目なら、部屋の掃除ですね。
パソコンの前のデスク、かなりすごい状況ですから一度整理したいと思っているんです。
それに、服の入れ替えもしたいし。


こういう人、結構いらっしゃるんじゃないかと思いますよ。


聖蹟桜ヶ丘では、ウルトラマンショーをやるようです
こちらも子供たちは興味津々。
町田の、町田リス園もいいかなあと思っています。
公園で遊ぶのもよさそうだなあ。
お外でお弁当広げて・・・、なんていうのもよさそう。
なら、昭和記念公園もありですね。
野川公園もあるし、郷土の森も近くてよさそう。


あ、釣りなんかもいいかもしれない。
大きな鯉が誰でも連れる府中へらぶなセンターは家族にもお勧めです。
健康センターにある、釣堀はなんと無料で利用できます。
魚釣ったところを見たことがないのがさびしいんですが・・・。(爆)


まだ探せばありそうですね。
皆さんも楽しんできてくださいね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

セーターの失敗が多いんでしょうか。

新しいブログへ移行してから、アクセスが少し変わってきています。
検索されるキーワードもがらりと変わってきていまして、とても興味深い。


ここ一週間ほど多いキーワードが、「縮み」と「セーター」
それにあわせて、「洗濯」というキーワードで飛んでくるようです。


時期的なものもあると思うんですね。
ちょうど衣替えですし、ご自分で洗濯をする方も一番多い時期じゃないでしょうか。
そこで、思わぬ失敗をし、検索をかけたというところかもしれません。


セーターが縮むというのは明らかな事故です。
それには理由があります。
ただ、その理由は一つだけではないので、よく見極める必要があります。

まず、素材別で縮む理由は違います。
ウールのセーターは洗うときに失敗を起こしやすいんです。
洗うことが出来るのですが、重要なポイントがありまして、揉まない、熱を加えない、と言うのがあります。
大体ここを間違うと縮んでしまうんです。


ウールは水に濡れると、繊維の表面にあるキューティクルが開き、揉まれる事で絡み合って縮むんです。
ですから、洗うときは、揉まないように洗うのが基本。
洗濯機でガシャガシャ洗ってしまうと駄目なんですね。


また、ウールでも縮みやすいものと縮みにくいものがあります。
これは素材というよりは作りの問題。
たとえば同じウールでも、スーツのように糸の撚り(ねじれ)が強く、目が詰まっている製品は縮みづらいんです。
逆に、糸の撚りが甘く、目の空いている製品は縮みやすい。
手編みのセーター、マフラーなどは取り扱いが非常に難しい理由はここですね。


残念ながら、ウールの製品の縮みは、ほぼ直すことは出来ません。
薬品や機械を使い、サイズ的には伸ばすことが出来たとしても、生地は硬くなるし、別物と思ったほうがいいでしょう。
諦めるのも一つの方法です。


他の縮みは、目詰まりがあります。
こちらは、洗うことで目がつまり、縮んだようになるのですが、こちらは至極簡単に直せます。
要は詰まった目を元に戻してあげればいいので、伸ばしながらアイロンなどで仕上げてあげればいい。
ただし、素人の方が伸ばすと形を崩す可能性もあるので、出来ればクリーニング屋さんに依頼したほうがいいですね。


お休みが少ない人でも、今日から連休の始まり、という方が多数いらっしゃると思います。
中には、このお休みの時期に自分で洗ってしまっちゃおうと思っている人もいるはず。
洗うときは十分注意してくださいね。
特に、ウール製品を洗うときは、なるべく動かさないように。
柔らかい生地になればなるほど、かなり危険です。


怖いなあと思ったらクリーニング屋さんに任せるほうがいいと思います。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗剤なしでも変わらない?

先日、友達がmixiの日記を更新していました。
その中の内容もとても面白かったのですが、コメントに興味が出たんです。


私の友達ですからクリーニング屋さんで、日記の内容もクリーニングについて。
コメントも必然的に洗濯の内容になります。


気になった所は、洗剤をほとんど入れないで洗っているといった方がいたこと。
それで十分だとおっしゃるんです。


衣類についている汚れはいろいろあります。
洗濯はそのいろいろな汚れに対応しているんですが、確かに中には水につけるだけで落ちる汚れもある。
でも、汚れはそれだけではないし、洗剤を入れておかないと、落ちた汚れが衣類へ戻ってしまうんですよ。


簡単に説明しますが、洗剤の仕事は大まかに二つ。
汚れを浮き立たせて落とすことと、落ちた汚れを洗剤が囲んで衣類へ再付着させないこと。
ですから、洗剤いらないよ、というのはちょっと乱暴かなあと思うんです。


そして、ここが一番難しいところだと思うのですが、きれいの基準は人それぞれなんですよね。
ですから、その人にとっては十分かもしれませんが、別な人が見ればとても着れるレベルじゃないことが結構あるんです。


洗濯にこだわっているというお客様からお問い合わせがあり、お伺いしてお話を伺っていると、むむっ?と思うことも正直あります。
本人はきれいだとおっしゃるんですが、私たちが見ると色はあせていてうっすらと汚れている。
家庭洗濯ですし、限界はあるので、仕方がないんですけどね。
でも、本人はきれいだ、とおっしゃる。


もう一枚持ってきて比較すればきれいなのか一発で分かるんですよ。
でも、なかなかそういうのはしないし、まして、ご自分でいつも洗っているのでそれが当たり前の仕上がりで、見慣れているんですね。


ですから、ネットでたまにこうした発言を見つけると、本当にきれいなのかな?と思うんです。
疑っているわけじゃないですが、私が知っている限りきれいになる要素がないんですね。
でも、もし本当にきれいになるなら見てみたいというのもあります。


これはクリーニング屋さんにもいえます。
毎日洗っているので、その仕上がりに見慣れてしまい、こういうものだと思ってしまう。
他のクリーニング店で落ちなかった品物を持ち込まれることがあるのですが、お話を伺うと、たいていクリーニング屋さんの店員にこんなものですよ、なんて言われているようです。
で、うちで洗うときれいになってる。
こんなもんじゃないですよね。(笑)


でも、自分のクリーニングに疑いを持たないから、そのまま来ちゃうんですね。
もし、これ以上きれいにならないのかな?と疑っていれば、作業の見直しなど、出来ることはたくさんあると思うんですが・・・。


クリーニングや洗濯の噂話が難しいのは、こういった所があるからなんです。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »