« 保管サービスでガソリンの匂い。 | トップページ | アルティジャーノ・ジェラテリア »

どうせ着るんだから???

当店では年に数回、職人さんにお願いして仕事をしてもらいます。


職人さんとは、プロの仕上げをしてくれる人のこと。
手が回らないときなど、お願いするようにしています。


昔は、職人さんをどこもお願いしいたんですが、今はパートさんで仕事を回すところが増えてきたので、プロを使うお店が減ってきているんです。
理由はいろいろですが、やはり賃金の差でしょうね。
職人さんはものすごい高給ですから、薄利多売のシステムで営業をしているところだと、お願いできないんです。
また、クリーニングの仕上げの機械がよくなってきたので、パートさんにもそこそこ仕上げられるようになってきたという背景もあります。


数年前までは、職人さんの仕事も減ってきて、大変だったんですが、ここ1、2年は逆に需要が増えてきているんだそうで。
難しい衣類が増えてきて、パートさんでは仕上げが出来ないんです。
でも、みんなパートにシフトしていったので、職人さん自体が減ってしまい、職人さんの取り合いになっている様子。


不思議なものですね。


さて、3時の休憩中に、職人さんと話をしていました。
いろいろなクリーニング店を回っているので、クリーニング店の内情をいろいろと知っています。
ふと疑問に思ったので聞いてみることにしました。


その質問は、お店によって求めている技術に差があるから、やりづらくないですか?


答えはノー。
別にやりづらいということはないんだそうです。
ただ、どのレベルの仕事を要求されているか、最初は分からないので、様子を見ながら仕事をしているといいます。
丁寧な仕事を要求しているところもあれば、とにかく早く、適当でいいから仕上げて欲しいというところまでいろいろ。
職人さんも大変だなあ。


ふと、丁寧に仕上げるのと早く仕上げるのとどっちが楽か聞いてみたんですね。
丁寧に仕上げるほうが気を使うから大変なんじゃないか、と。


すると、そうでもないらしいんですよ。
早く仕上げるのもかなり大変で、また、早く仕上げていて一番気になるのが、この品質で良いのかと言う事らしいんです。
しわは気になるし、でもそんなのどうでもいいといわれるし。
気持ちの問題ですが、あまりよくは思っていないというお話でした。


話の中でびっくりしたのが、薄利多売のお店でのパートさんの言葉。


どうせ着るんだから、袖がしわになっていてもかまわない。
袋をかぶせちゃえば分からない。
一度着ちゃえば、しわが付くんだからかまわない。


おー、おー、すごい言葉ですこと。
この話は怒りを通り越して呆れてしまいます。
仕事として請け負っていて、こんな言葉をいえるなんてすごいなあ。
パートさんが悪いわけじゃないんですね。
そういう風な仕事を求めていっている経営者に問題があるんです。


こういう話を聞くとね、クリーニング屋さんへの不満も、当然だなと思ったりもするんです。
きちんとしているお店があるのに、そういう人たちまで同じ目で見られるのはあまり気分がよくないですね。


この違いを、しっかりとお客様に伝えていかないとまずいなあと思っています。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

|

« 保管サービスでガソリンの匂い。 | トップページ | アルティジャーノ・ジェラテリア »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうせ着るんだから???:

« 保管サービスでガソリンの匂い。 | トップページ | アルティジャーノ・ジェラテリア »