« カシミヤのせいで砂漠化? | トップページ | 保管サービスでガソリンの匂い。 »

いろいろな繊維があって大変ですね。

お客様とお話をしていて、クリーニング屋さんは大変ねとお気遣いをいただくことがよくあります。


いくつかあるのですが、その中で一番多いのが、繊維の種類について。
昔に比べて、繊維の種類も多くなり、それについていくのが大変じゃないか、そうおっしゃるんですね。


確かに、繊維は多いと思います。
新しい繊維も出てきますし、繊維の成り立ちの違いからも扱いが変わってきてしまうんです。


また、一つの繊維だけでなく、いろいろな繊維が一緒になって服が作られているのも大変じゃないかとよく言われますね。
確かにそうなんですよ。


だってね、繊維って一つ一つ性状が違うわけです。
縮むと書くと一言ですみますが、実際には各々の繊維によってその収縮率が違う。
結果、縮み方にばらつきが出るので、単純に縮むという結果にはならないんです。


また、糸の太さも繊維によって違います。
これが結構重要で、以前聞いた話で、繊維の太さが違うもので生地を作ったために、目が詰まって縮んでしまったという話がありました。


また、混紡ではなく、いろいろな生地を縫い合わせて作られているものも、扱うのは大変になりますね。
一番分かりやすいのは、毛皮でしょうか。
ダウンジャケットなどの襟につけられている毛皮、本来なら取り外しが出来るようになっているんですが、安い商品ですとダウンに縫い付けられたりしています。


これがとても大変。


何が大変かといいますと、そもそもダウンと毛皮はまるっきり洗い方が違うんです。
だから取り外しを出来るようにして、別々に洗うんですが、それが縫い付けられてしまうと、どっちかが犠牲にならざろうえないんです。
ダウンに合わせれば、毛皮にダメージが出ます。
毛皮に合わせればダウンがきれいにならない。


本当に困った話です。


また、普通の生地に、皮が縫い付けられていたり、部分的に色の濃いものがぬつけられているというのも困るんですね。
洗ったときに、色が出て、他のところに色が移る可能性が出てきます。


じゃあ、一つの繊維で作られていれば大丈夫か?というと、そうでもないからクリーニングは難しい。
カシミヤなどは100%の風合いがありますから、それをなるべく維持しつつクリーニングするのは、非常に気を使うんです。


気を使わなくてもいい素材もあることはありますけどね。
でも、それもこの繊維なら絶対大丈夫!というわけではなく、大丈夫かどうか、やはり最初に注意深く見極める必要があるんです。


作り方、糸の太さ、混紡の具合などなど、さまざまな要因でクリーニングの難しさは決まってきます。
でも、ここ最近は、簡単な衣類は減っているような気がしますね。
やはり原因は糸の細さじゃないかと思うんです。
デリケートな衣類が増えています。

うーん、微妙な話、伝わるでしょうか。
クリーニング屋さんはきっとこの微妙な話し、うなづいてくれると思う。
伝わると、この微妙さが面白いと思うんだけどなあ・・・。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

|

« カシミヤのせいで砂漠化? | トップページ | 保管サービスでガソリンの匂い。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いろいろな繊維があって大変ですね。:

« カシミヤのせいで砂漠化? | トップページ | 保管サービスでガソリンの匂い。 »