« それで納品しちゃうんですか? | トップページ | ゴキブリと洗剤 »

区別したほうがいいんじゃないかしら?

昨日の話しの続きなんですが、アイロンのかかっていない仕上がり品を見て、ふと思ったんです。


クリーニング屋さんと一言でくくってしまっているけど、その実情はさまざまな形態で運営されている。
その違いを消費者は区別することが出来ないし、そのために問題も起こっていることを考えると、クリーニング屋さんも区別したほうがいいんじゃないか、そう思ったんです。


どうしても技術系の仕事なので、技術の向上を訴えたくなります。
そんな手を抜いた仕事はするな!と、いいたい。
その仕事で同じクリーニング業と思われるのは正直いい気分はしませんし・・・。


でも、改めて考えてみると、では世の中のクリーニング屋さんが技術を磨き、細かい仕事をしたらどうなるかと思うと、それはそれで今度はお客様が困ると思うんですね。
品質に疑問を持ちつつも、その値段から気軽に利用できていたのに、出来なくなってしまう。


安いお店、手を抜いているお店も、必要としているお客様はいらっしゃるんです。


どこが一番の問題かというと、それなりの品質で提供しているクリーニング屋さんと、こだわって仕事をしているクリーニング屋さんと区別がつかない所ではないかと思うんですね。
大きくやっていても丁寧な仕事をしているところもありますしね。
お客様はその判断に苦しむわけです。


同じクリーニング業だけど、目的としている仕事は明確に違います。
そして必要しているお客様もおそらく違うでしょう。
そう考えると、分かりやすいように分けることは出来ないか、と思うんです。


どういったくくりになるか細かくはもっと議論する必要はあると思いますが、たとえば一種クリーニング店と二種クリーニング店に分けるとか。
消費者が見たときに、どういった系統の仕事をしているのかが分かり、自分が求めている仕事を選びやすくする必要はあるんではないかと思うんです。


この一種二種の違いは、上下の差があるという意味ではありません。
お客様が求めているも仕事を分かりやすくするためのものです。


手を抜いているというと、いい加減にも思えますが、お客様がご利用しやすい料金設定の中で、出来る限りの仕事をしていると思うと、それはすごいことだと思います。
また、そこそこでいいよというお客様も絶対いるんですね。
そこまで丁寧にして欲しくはないけど、自分で洗うことは出来ない、そういったニーズもある。


今までは、どのような仕事をしていても、最高の仕事のような宣伝をするからお客様が混乱しているんだと思います。
そこそこの品質も求められているのは事実ですから、それならもっと堂々とアピールできるようにすればいいんではないか、そう思います。


区別するという話し、法律にかかわるような大きな話なんです。
でも、もしこんな話が実現したら、クリーニング業界もがらりと変わるでしょうね。
意外と、いい仕事が増えたりするような気もします。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

|

« それで納品しちゃうんですか? | トップページ | ゴキブリと洗剤 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 区別したほうがいいんじゃないかしら?:

« それで納品しちゃうんですか? | トップページ | ゴキブリと洗剤 »