« どうして洗わないといけないのか? | トップページ | 機械を極める。 »

家庭の水洗いと、クリーニング屋さんの水洗いは違うのか?

先日、面白い投稿を発見しました。


家庭の水洗いとクリーニング屋さんの水洗いは違うんでしょうか?


という内容。
面白い事に気づく人もいるんですね。
この質問に答えている人もいらっしゃいました。
大体皆さん同じですね。


ここで言う水洗いとは、おそらくYシャツなどの事を指すと思うんですね。
ドライマークが洗える洗剤で洗っても、一般の方は水洗いとはなかなか言いませんし。
あれも本当は水洗いの部類に入るんです。
決して、ドライクリーニングではないので誤解しないでくださいね。


で、Yシャツを洗うことを例にとって考えてみると、ご家庭での洗濯と私たちクリーニング屋さんとの一番の違いは、やはり洗濯するときの温度ですよね。
汚れ落ちは、温度が高いほど良くなります。
私たちクリーニング屋さんでは、結構高温にして洗う事が出来るんです。
あまり高くなるとそれもまずいのですが、50度から60度あたりで洗濯をします。


また、温度が高くなると、使える洗剤も違ってきます。
洗剤にも種類がありまして、お湯で溶けるような洗剤って汚れ落ちが良かったりするんですね。
また、助剤といいまして、汚れを落とすのを補助してくれるような薬品を使うんです。


そして、業務用の大きなドラム型の洗濯機を使いますので、たたき効果は抜群。
この機械で洗うだけでも、ぜんぜん汚れ落ちが違うんですよ。


また、クリーニング屋さんで洗うと、仕上げもします。
ここが見た目一番の違いかもしれませんね。
ハンドアイロンで仕上げても機械仕上げをしても、家庭で仕上げるよりも伸ばす事が出来ますし、高温でプレスするので衛生的です。


Yシャツ以外の水洗いは違うのかというと、クリーニング屋さんは素材にあわせて洗えるのが一番の強みだと思うんです。
中には家庭で洗っても私たちが洗っても同じだよ、という商品もなくはありません。
手の施しようがないといいますか、強く洗う事も出来ないので、家庭でやるのと代わりがない、と言うことも確かにあるんです。


でも、やはり品物にあわせた洗濯が出来るというのはものすごい利点で、温度にしろ、たたき効果にしろ、洗剤の種類にしろ、選択の幅が広がるだけに、その結果はおのずと差がつくんですね。


ただし、それもきちんと分けて仕事をすればの話。
悪い仕事をしようと思えば、いくらでも出来ます。


ご家庭でもクリーニング屋さんでも洗濯の注意点はほぼ同じです。


適正な量で洗う。
品物を選別して洗う。


最低でもこれらの事を守らないと、どこで洗ってもだめですね。
ちょっとした手間できれいに洗う事が出来ますし、その手間を省けば仕上がりは悪くなります。


どうしてもクリーニング屋さんを使うというのは、贅沢とか手抜きと思うかもしれません。
でも、きちんとした所でのクリーニングは、ご家庭での洗濯とは比べ物になりません。
贅沢ではなく、手抜きではなく、より着易くする為に、クリーニングをご利用してみてもいいんではないかな、と思います。

さて、昨日あたりから宅配の予約のお電話がなり始めました。
シルバーウィークも終わり、そろそろ本格的な衣替えに突入でしょうか。
夏物のクリーニングは忘れると大変な事になります。


絶対忘れずに、洗ってしまいましょう。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| |

« どうして洗わないといけないのか? | トップページ | 機械を極める。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家庭の水洗いと、クリーニング屋さんの水洗いは違うのか?:

« どうして洗わないといけないのか? | トップページ | 機械を極める。 »