« 情報は出て行かないと得られない。 | トップページ | 行ってきます。 »

アイロンをかけると安物か一発で分かります。

いよいよ明日から中国は北京へ行ってきます。
クリーニングの展示会に行くんですね。
その準備を、せっせとしていました。


何しろ初の海外が中国。
普段旅行もあまり行かないので、こういうときにいろいろと困っちゃうものなんですね。
旅なれた方なら、ささっと用意できるのかもしれません。
ああ、なんかそういうスマートさ、うらやましいなあ。

ソフトキャリーを買ったんですよ。
そこにせっせともって行く衣類を詰め込んでるんですが、これがなかなか入りきらない。
一緒に行く友達は、着替えくらいだから、入るでしょ?なんて簡単に言うのですが、いかんせんサイズが違う。(笑)
持って行く枚数は同じでも、いざ畳んで詰めようとすると、あっという間に一杯になってしまいます。


しかも、代えのズボンなどはたたんでも入らない。
結局、もう一折して強引に詰め込みました。


ここで、ふと思いついたんです。
ただ畳んでもだめなので、Tシャツをアイロンをかけて畳んだらどうだろう?と思ったんですね。
ビシッとかければ、ある程度薄くなりますし、何より同じ大きさにそろえられるので仕舞いやすくなる。
そこで、仕事始めに自分のTシャツをアイロンをかけることにしました。


よく、安物と言う表現を使うじゃないですか。
買うときの値段ももちろんあるのでしょうが、着用していて、明らかに弱かったり不具合があったりすると皆さん使うと思うんですよ。
今回ね、自分のTシャツをかけていて、本当に安物だなあと実感してしまったんです。


まっすぐアイロンがかけられないんですよ。
左のほうに寄れているんです。


方を合わせ、下を合わせようとすると、よく見ると左に10センチずれているんです。
そこでもう一度あわせようとすると、背中のほうが寄れているのが分かってきちんと仕上げられないんですね。
しかも、同じTシャツ全部がそうなんですよ。
これにはもう参りましてね。


たしかに、このTシャツは安かったんです。
3枚で1500円くらいだったかなあ。
夏場に汗かいても着替えられるように買ったと記憶しています。


他のTシャツはというと、これが不思議なことにぜんぜん寄れないんですよね。
普通にかけることが出来ます。
かけていて感じるのは、やはり糸の質と言うか、生地そのものの出来でしょうか。
思わず、安物だなと感じてしまうんですね。


洋服が寄れてしまうと言うのは、いわゆる、型崩れしていると言うこと。
きていて、着づらいはずなんですよ。
思えば、拠れるTシャツはどこか引っ張られているような感じがしてましたねえ。


まさか自分のTシャツで、体感するとは。
アイロンをかけるとてき面に良し悪しが分かりますね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

|

« 情報は出て行かないと得られない。 | トップページ | 行ってきます。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイロンをかけると安物か一発で分かります。:

« 情報は出て行かないと得られない。 | トップページ | 行ってきます。 »