« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2010年へ。

皆様、今年も一年本当にありがとうございました。
いろいろあった本年ですが、こうして無事に仕事も終わり、年を越すことが出来そうです。


先ほどすべての仕事が終了。
残すは夕方6時ごろまでの営業だけです。


とても大変な年であげだすときりがありませんが、それでも光明もありまして・・・。


今年は当店のお客様、知り合いで、ご出産が本当に多い一年でした。
それも、若い人だけでなく、ご結婚されて10年目のお客様まで様々。
そして、無事に出産されて、母子ともに元気な姿でご来店いただいたのが非常に嬉しかったのです。

確かに厳しい年ではありましたが、新しい命がこうして次々に生まれてくるのを見ると、希望も出てきます。
今年生まれた子達が、元気に育つように、今の大人は頑張らないといけません。
くじけてちゃ駄目ですね。
新しい命に感謝して、また来年を頑張りましょう。


来年の子供の成長を楽しみにしています。
ぜひ、お子さん連れでご来店ください。


本日は夜6時過ぎに閉店いたします。
年明け7日より営業です。


皆さん、良いお年をお迎えください。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年うちであたったもの。

残すところ後二日。
例年の年末らしくなってきまして、お店の中はプチ繁忙期となってきました。
今日頑張って仕事をして、明日までにお客様に品物をお渡しすることが出来れば、晴れて私たちもお正月を迎えることが出来ます。


今年一年もいろいろなことがありました。
一番当たったのがご飯を炊く釜。
今まで使っていたご飯鍋が割れてしまい困っていたんですよね。
ホームセンターなどで安く売っていて、しかも美味しく炊けるので重宝していたんですが、我が家の過酷な労働条件に根を上げてしまったんでしょう。
最後はそこが割れてしまいましたから。


そこで登場したのが、ガスコンロで使える羽釜。
このブログでも紹介しましたが、来た当初、家族から大ブーイングをもらったこの商品です。



しかしその後、今年一年大活躍してくれました。
うちで一番のヒットだと言っても過言ではない。(笑)
なにしろ、美味しいと思っていたご飯鍋をはるかにしのぐんですからね。
頑丈だし、言うことなし。
あのときの冷たい視線がどこへやら、今では私よりも大事に取り扱われています。(爆)


年末に来て、ホットカーペットを買いましたが、これもなかなか良かったですね。
去年まではハロゲンヒーターを主に使っていたんです。
扇風機のような形をしたものから、縦型のものまでいろいろ。
最初は良いんですが、その打ち首が回らなくなり、二年ほどたつと壊れる物が多かったんですよ。


エアコンは空気が乾燥するのであまり好きじゃない。
そこでふと思い出したのがホットカーペット。
クリスマスのプレゼントを買うついでにヨドバシカメラで購入してきたんです。

これがばっちり当たりましてね。
何しろ暖かい。
そして、足元が暖かいって楽なんだと気づきました。
コタツも出しているのですが、コタツよりもカーペットに触れている面積の方が広いので、暖まるのが早いんですね。
コタツにみんなが集中するようなこともなくなったので、部屋が広く使えます。
今までは、コタツ争奪戦でしたから・・・。


しかし、難点がひとつ。


みんな、居心地がよくなりすぎて、動くぞーとか出かけるぞーと気合を入れているくせに、カーペットから動かないんですよね。(笑)
しかもごろごろするのが増える。
また築地のマグロ売り場みたいになりそうです。


この二つが今年の当たり商品かなあ。
お値段もびっくりするほど高いわけでもないですからね。
長く使えるものと考えれば安いかもしれない。


来年はどんな良い商品と出会えるんでしょうか。
また認めてもらえるまで、家族中から冷たい視線を受けるんだろうなあ。
いやっ負けてはいけない。(笑)
それを乗り越えて、良い商品を探さなければ。


来年も面白い商品、良いものをご紹介していきたいと思います。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

他に出すから良いですよ。

当店をご利用のお客様で、当店以外利用したくない、と言ってくださるお客様がいらっしゃいます。
私どもとしましては、非常に嬉しいお言葉で、クリーニング屋冥利に尽きると言うもの。
ですが、他のお店と自分のお店の仕上がりを比較するとかしたことはなく、よそのお店より良くしようとかも考えてはいないんですね。

ただ、どうすればきれいになるかな?どうすれば着やすくなるかな?と考えています。


他のクリーニング屋さんを意識しても仕方ないですしね。
私たちのお客様は、クリーニングを持ち込んでいただいているお客さまですから、見る方向を間違ってはいけません。

ですが全員が全員、当店を選んできてくれているかと言うとそういうわけでもないんです。
たまたま近かったからとか、なんとなくご利用いただいているお客様もいらっしゃいます。

夏休み直前のこと。


当店も一週間と言う長期のお休みに入るので、お客様にYシャツなどの日常着るものにご迷惑がかかると思い、Yシャツのクリーニングをご利用のお客様に仕上がりの調整などでご相談させていただいていました。
とあるお客様にお休みのお話をしまして、休みの間Yシャツのクリーニングでご迷惑がかかりますから、間に合うようにクリーニングしますがどうしますか?とお聞きしたところ、こういう答えが返ってきました。


ああ、休みの間は他のクリーニング屋さんに出すから良いですよ。


ちょっと私たち思い上がっていたんでしょうね。
お客様はわざわざ当店を選んできてくれているものと思っていたのかもしれません。
なじみのお客様に、一伸さんじゃなきゃ駄目なのよと言われて、天狗になっていたのかなと少し反省したんです。

そして、今年の年末。
年明けの営業まで一週間もあるので、やはりお客様にご迷惑がかかります。
来るお客様に、お休みの日程をご説明をして、お客様から仕上がりなどのご相談を受けたときにどうするか日程の調整をしていました。
すると、休みの間は他のクリーニング屋さんをご利用されるとおっしゃったお客様もご来店。
今回もそうかな?と思い、とりあえずお休みの日程をご説明します。
すると、うーんとカウンターで悩み始めたんです。
どうしたんだろう?と思っていると、不意にこう聞かれたんですね。


いつまで持ってくれば仕上げてくれますか?

そして、こうもおっしゃるんです。

うちの会社が29日まで仕事で、5日から仕事初めだから、年内に仕上がってくれれば間に合うんですけどお願いできますか?との事。

やっぱりと言いますか、嬉しくなりましてね。
ああ、必要とされてるんだなあと思いまして、二つ返事で、間に合います!!と言ってしまいました。(笑)
他のお店で何があったのかは知りませんし、聞きません。
変な事でまた天狗になりたくないですしね。
品質に納得がいかなかったかもしれないけど、単純にうちと休みがかぶって仕上げてもらえなかっただけかもしれません。


そんな事よりも、クリーニングをお任せしてくださるのが嬉しいんですよ。

この一言が年末ぎりぎりまで頑張れる力の源なんです。
お客様が困っているだろうな、どうしても必要だよな、そう思うから頑張れるんですね。
そして、引き取りにきたときのお客様の安堵の表情。
その瞬間を写真に収めたらきっと良い笑顔だと思いますよ。
カウンターのこちら側にいる私たちだけの特権ですね。

昨日沢山の品物が入ってきました。
どれも年末31日までにお渡しの品物ばかりです。
今日も頑張って仕事しましょうか。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末に来て、新聞にクリーニングが。

年末最後の日曜日、朝から少しざわついていたんです。
その理由は、朝日新聞に載っていた記事の内容。


クリーニング大手のきょうくとうが商業地域の工場で禁止溶剤を使っていた、と言うもの。


朝日新聞は、実は二回目なんですよ、この話。
前回は業界3位のうさちゃんクリーニングでした。


禁止溶剤とかかれてはいますが、溶剤自体は別に普通のもので、きちんと使えばなんら問題がないんです。
問題だったのは、使っていた場所なんですね。
商業地域や住宅地などでは使うことが出来ないんですね。


ここでお気づきになる方もいらっしゃると思いますが、それなら町の中にあるクリーニング屋さんほとんどが駄目じゃないか?と思うでしょう。
ここが今回の一番難しいところなんですが、一概にそうとも言えないんですよね。

と言うのも、出店したときは、別に法を犯していなかったんですが、後から指定地域になって使えなくなった、と言うところが結構あるんです。
そういう場所では、指定される前からやっていたので、法律上違反とはなりません。
また、さらに難しいのが、禁止地域に指定されていても、場合によっては許可が下りることがある、と言う点なのです。
住民に必要なものだったりすると許可が下りることがあるようで、端から見ても分かりませんよね。


クリーニング屋さんも今のような形態になってから長いので、現状が分からないケースが非常に多いんですね。


また法律自体も古いと言う事もあるようです。
昔の機械ならいざ知らず、今の機械は本当に優秀。
静電気による発火を防ぐために、アースを取っていたり、引火しないようにドラムの中に窒素を入れて見たりと非常に細やかな作業をしています。
溶剤の扱いも良いですしね。
昔と違い、有機溶剤作業主任者の資格を取っていたり、危険物の資格を取っている人もいます。


私も、クリーニング学校時代に、危険物乙種第四類の資格を取っているんですよ。

実際クリーニング屋さんには過剰な資格なのですが、それでも上級の資格を取っていると、ぜんぜん違うんです。
危険かそうでないか、分かりますしね。

今回のきょくとうさんの件に絡んで、年明け国土交通省が全店調査に乗り出すと報道がありました。
一見大げさに聞こえますが、おそらく現在の使用状況の調査だと思うんですね。
先ほども書きましたが、その地域で使ってはいけない溶剤を使っているからといっても、それが即違法かと言うとそれは分からないんですね。
法律で指定される以前から使用していれば問題ないわけですから、まずはどの溶剤を使用し、いつから使用し始めたか、知らないと次の作業に移れないんです。


最初と今では、使っている溶剤が違うところもあるでしょうしね。
溶剤にも種類があります。
各々特徴があり、どういう風に洗いたいかで使う溶剤をみんな決めているんです。
日本では石油系の溶剤が多いですが、新しい溶剤も開発されていまして、乗り換える人もいるんです。


それでもやはり石油系の溶剤が多いのは、日本に合っているからなんでしょうね。
日本人が求めるクリーニングの品質は、かなり高いと思います。
そして、汗などの汚れも多い。
それらを総合的に落としてくれて、衣類の原型が崩れない、と言う条件で探すと、現時点では石油系が一番使い勝手が良いんだと思います。
他にも溶剤はありますが、やはり万能とまではいいづらい面がありますよね。


今後どうなっていくのか、注意深く見守っていかなければなりません。
法律もそろそろ見直す時期にきているというのもあります。


クリーニングの未来も変わってくるのでしょうか。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大掃除をしています。

今年最後の日曜日、今日はイレギュラーで営業をしております。
といっても、 クリーニングの仕事は受付のみで、主に大掃除が仕事です。
朝から手分けして、お掃除しています。


私は前面の窓ガラス。
ボイラーで温めたお湯を使いまして、せっせとガラスを洗っていました。
やはり大通りに面しているので、汚れっぷりが半端じゃないですね。
もう真っ黒です。
これだけガラスが汚れるんですから、当然カーテンも汚れます。
・・・・・うちのカーテンも洗わないと駄目だなあ・・・・・。


そろそろ寒くなってきましたから、一休みの後、今度は機械を拭いてあげないと。
今年は故障らしい故障もなく一年頑張ってくれましたから。
やはり、綿ぼこりがたまるし、手の届かない所が汚れているんですよね。
労をねぎらってあげないと。


イレギュラーな営業なのに、開けているとお客様がいらっしゃってくれます。
本当に嬉しいですね。
中には本当に久しぶりのお客様の顔も。


あと少し、頑張っていきましょう。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きつすぎ?たお灸。

昨日の続きの話し、お店でのみ話そうかと思っていたんですが、想像だにしないことが起こったので書くことに決めました。(笑)

サンタに扮し、プレゼントをおいたのですが、寝床ではなく、じじとばばが寝ている部屋に入れておいたんです。
ふすまを閉めて。


と言うのもですね、この一月の間、子供たちのなんともまあ悪いこと悪いこと。
片付けはなしない、ご飯はちゃんと食べない、お仕事はしない、大人を馬鹿にする。
まあ考えられる悪行をやりつくしてきた我が家の子供たち。
その都度、悪い子にはサンタが来ないんだよ、と言っても聞きやしません。
そりゃそうです、子供の方が人数が多いんですから。(爆)
赤信号、みんなで渡れば怖くない、ってな心境なんでしょう。


そこで、ここはお灸をすえてやろうと思ったんです。

最初、じじとばばの部屋においておけば良いだろうと思ったんですね。
いつもは寝床ですから、置いてあるはずの所にないだけで十分だろうと。
ところが、プレゼントを車から降ろしているうちに面白いこと思いついちゃったんですね。


プレゼントを用意した後、お隣のセブンイレブンさんにはいって、カップラーメンと猫の缶詰を買いました。
そして、プレゼントを部屋に隠した後、居間のコタツの上に、紙にこう書いてラーメンと猫の缶詰を置いておいたんですよ。

たかしくんへ(私の名前です)
ももちゃんへ(猫の名前です)

プレゼントがないだけでなくお父さんと猫のプレゼントがあると、驚いて他を必死で探すだろうなと思ったんです。
探せばすぐ見つかりますからね。


そして翌朝。


一番早く起きたのが長男。
5時ごろ起きていたようです。
ところが、プレゼントが枕元にない。
何度も起きて、確認し、それでもなくてまた寝て・・・・、の繰り返し。
そんな事をやっているうちに、今度は長女が起床します。
するとやはり、寝床に目をやり、ないのを確認。
そして部屋全体を見て、やはりないのを確認すると、なんとがっくりとうなだれるんですよ。
これには驚いた。
プレゼントがないのが余程こたえているみたいです。


それから数分立っても子供たちはうなだれたまま、動かないので、下に言って着替えなさいと急かしました。
お父さんと猫のプレゼントがあれば探すだろうと思ったわけです。


長女が降りていくと、やはりすぐ猫缶とカップラーメン発見。
しかも、サンタさんのプレゼントらしくなっている。

階段を物凄い勢いで上がってくる音がします。
もうこっちはわくわくどきどきしましてね。
すると、開口一番、お父さんともものプレゼントが置いてある!と叫んでる。(笑)
よし、ここまでは順調。
後は見つけてくれるのを待つばかり・・・・・、と思っていたんですが、ここからまた様子が変わってきたんですね。

てっきり部屋中を探すかと思いきや、自分たちにはなく、子供ではないお父さんと猫にプレゼントが着ていたのが相当ショックだったらしいんです。
すぐさま長男も降りていきましたが、やはり同じようにショックを受けている様子。
そして、長男はコタツの中へ潜り込んで拗ねてしまいました。(笑)


時間ばかり過ぎていきます。
長男はこの後まだ学校がありますし、このままの状態ではかわいそ過ぎる。(笑)
で、本当は自力で探して欲しかったんですが、見ていて不憫だったんでしょうね、ばばが自分の部屋をあけるんです。
目の前にはプレゼントがあります。

ところが、あまりにもショックすぎて、目の前にあることが分からない。

ここにあるよともいえないので、探してご覧よとか、こっちの部屋はどうかな?とか言うのですが、まったく耳に入っていない様子。
次男も降りてきますが、やはりショックだったんでしょうね。


半分涙目になったばばが我慢できずに、ここに何かあるよ?というと、次男が気づきまして、手に取ります。
自分の名前が書いてあるプレゼントを取り、ようやく自分にもプレゼントが着た事を悟ると、人間が違うんじゃないか?と言うくらい、大喜び。
そして、それを見た長女と長男は、すぐさま駆けつけ、自分たちのプレゼントをみて、安堵した後に大喜びをしたのでした。


三男は、すべての騒ぎが終わった後に堂々の入場。
何もなかったかのように、プレゼントで遊んでいましたね。


いやー、まさかこんな事になろうとは。
ちょっとお灸をすえてやろう、位の気持ちがこんな大事になろうとは思いもしませんでしたね。
やはり一番の衝撃は、子供たちにはなく、お父さんと猫にプレゼントが着た事でしょう。
いたずらが過ぎましたね。


嫁さんいわく、昨晩は寝る前に、寝床の上を片付けていたらしいんですよ。
物がおいてあるとプレゼントが置けないって。(笑)
この話だけでもどれくらい期待していたか分かると言うもの。
本当に今年はきついクリスマスとなったようです。

少しはおとなしくなってくれるかと思いきや、やはり変わりはしません。
ちくしょう、あのときの反省した態度はプレゼントもらったらチャラかいな。
本当に来年、プレゼントが来ないぞ・・・・・、と思うんだけど、喜ぶ姿や悲しんでいる姿を見ると、あげたくなるんですよね。


以上、クリスマスの騒動でした。

クリスマスも無事終わり、いよいよ年末へ向けて忙しくなります。
お掃除、御仕事、正月の準備。
皆さん抜かりありませんように・・・。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

その後、無事に学校へ行き、残りの子供たちも朝ごはんを元気に食べていました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サンタは辛いよ!?

ただいま、午前二時を回ったところでございます。
皆さん、サンタのお仕事は無事にお済でしょうか?
私、先ほどサンタになって来ました。
今年はへとへとでございます。


いつごろ、サンタはお父さんだとばれるんでしょうか?
早くばれてくれないかなあ、と最近思いますね。(爆)
でも、子供が気づきそうになると隠す自分がいる。(笑)
矛盾した自分がいるんです。


今年は非常に危なかった。
長男が小学二年生になり、知恵が付いてきたんですよ。
そろそろ騙せなくなるかな?と思っていたんですが、すんなりとサンタの存在を信じている様子。
今年も行けるかなと思っていたんです。


夕方、分倍河原にあるMINANOのモスバーガーにモスチキンを買いに行きました。
買えないかな?と思っていたのに、店内がらがら。
外でモスチキンを販売していたんですが、すんなりゲット。
うーん、今年のクリスマスはちょっと違うなあ。


その帰り道。
車の中で、長男と長女と私の三人でサンタについて議論していました。


サンタはおかしいと、長男。
その理由は、というと、どうやってうちに入ってくるのか?と言うのです。
うちは当然鍵がかけてあります。
もちろん煙突もない。
いや、一応ありますね、乾燥機用の小さいやつが。
人間なんてとても入れるような大きさではなく、もちろんサンタクロースも入れるはずが無い。
なのに、毎年、我が家に入ってきて、プレゼントを置いていく。


これはおかしいと、長男は力説するんです。
長女は分かっているのか、分かっていないのか、長男に賛同します。


返答に困った私は、こう答えたんですね。

世界には、盗賊の鍵と魔法の鍵と最後の鍵があって・・・・・、ドラクエの世界の話だ。(爆)


たぶんサンタクロースは最後の鍵か魔法の鍵を持っていて入れるんだよと言ったんですよ。
すると、そんなのあるはずが無いと長男に一蹴されてしまいました。
ちっ!まだ長男はドラクエをやったことが無いんだった。
これはちょっと失敗。

壁をすり抜けることが出来るんじゃないか?そうじゃないと説明が付かない、と私が言うと、今度は長女が冷静にこう応えます。

仮にサンタクロースが壁をすり抜けることが出来る魔法使いだとしてもプレゼントはすり抜けられないでしょ、と。

うん、お前が正しい。(爆)
お父さん、まだ甘かったようだ。


その場は、謎だねえと分からない振りをしたんです。
そして夕飯の後。
私大事なものが無いことに気づきました。
プレゼントの袋がひとつ足りなかったんです。
そして、電池もなかったんですよ。
あわてて、中河原駅前にあるライフに買い物へ出かけました。


袋と電池をゲット。


お店に帰ってくると、私が入った途端に長男がニヤニヤしながら走り寄ってきて、プレゼント買ってきたんだろう?と迫ってきます。
むむっ!どうやら私のことを本気で疑っているらしい。


手に持っているライフの袋を見てニヤニヤ。
自分の手で確かめようと触るとふにゃふにゃなんですよね。
そりゃそうです、だって袋と電池なんですもの。

すると長男、あれ?おもちゃならこんなにふにゃふにゃなはずはないと、上へあがってしまいました。
ふーっ!間一髪セーフ!
残念、おもちゃは車の中に入ってるのよ。(笑)


その後も、寝るまで長男と長女が入れ替わり立ち代りで私のところへ来て、お父さんがサンタだろう?白状しなさいと詰め寄ってきます。
その理由を尋ねると、サンタは太っている、お父さんも太っている、との事。
そうかそういう理由か。(笑)


また、鍵がしまっていてプレゼントが届くのは明らかにおかしい。
これは家の中の者の犯行だと、長男が言うんです。

おまえ、名探偵コナンの見過ぎだよ。(~_~;)


家の中の犯行だとすると、おもちゃを買ってくるのはお父さんしかいない!と見事な推理。
困ったなあ。

そこで今日朝見たテレビで、サンタクロースがフィンランドから出かけていた映像を思い出し、あの映像が流れている時にお父さんはお前たちと一緒に見ていたはずだと主張。
目の前にいるのに、サンタのはずが無いだろう?と説得。
もう一度話を振り出しに戻してやったんです。


結局、どうやって家に中に入るのか?と言う謎は解けず、いつまでたっても寝ないんですね。
しまいには、サンタを捕獲する計画まで立てている。

捕まるわけには行きません。(笑)


そこで、ひとつ提案。
お父さんもサンタの捕獲に協力すると。
お父さんは二時まで起きて見張っているので、お前たちは3時に早起きして、見張っていなさいと言ったんです。
すると、なんとなく納得してくれたらしく、ようやく就寝。
無事に寝てくれました。


ああ、サンタはとても大変だ・・・。


その後、完全に寝静まったのを確認し、一度お風呂に入り、車からプレゼントを取ってきまして、先ほどプレゼントをおきました。
枕元じゃないですけどね。(爆)

家の中に隠しておきました。
さて、明日見つけることが出来るのか?
おきてすぐに枕元にプレゼントがないと騒ぐのか?

ふふふ、お父さんを困らすからだ。(爆)

明日なかれると困るので私も子供たちと同じ時間に起きましょうね。
では皆さん、おやすみなさい・・・・・。


おやすみなさいで終わるブログも珍しいな。(笑)
この後どうなったか知りたい方は、ぜひご来店いただきまして、私に直接お聞きください。
皆さんのご来店、お待ちしております。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

クリスマスツリー

クリスマスツリー
聖イリナ・モンテッソーリスクールのクリスマスツリーです。
本物のもみの木に子供達が飾り付けしました。


夜は電飾もつくみたいですよ。


今日はクリスマスイブ。
本物のクリスマスツリーをお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブランド物も洗えます。

先日、お気に入りの和菓子屋さんへ寄ったときのこと。
ここのイチゴ大福が大好きなので、先々週あたりから売り始めたのでちょくちょく寄っていたんです。
さすがに通い始めて3年ほどになると、お店の方と仲良くなります。
今年は厳しいね、なんて話をしていると、こんな事いわれたんですよね。

テレビでブランド物が洗えるクリーニング屋さんってやってましたね。

確かにそうやって出ている所がありますね。
で、多分私たちクリーニング屋さんと消費者のギャップのひとつだと思うのですが、これを聞いたり見たりしても、私たちクリーニング屋さんのほとんどはあまり感じないと思うんです。
というのも、ブランド物が洗えるって、どこでも洗えるじゃない、と思うからなんですよ。
改めて宣伝していないだけで、どこでも普通に扱えるでしょう?と思う人が多いと思うのです。
でも、消費者の方は、どこでも洗えるとは思っていないんですね。
だから、先の話が出るわけですよ。


でもね、私には心当たりがあるんです。
ここ数年ですが、お預かりするのをお断りしているクリーニング屋さんが出てきています。
それもブランド物だったり高額な品物だったりというケースが多い。
ほとんどが、チェーン店のようです。
理由もなんとなく分かります。


全部とは言いませんが、チェーン店のようなところでの扱い方ですと風合いの変化が出てしまうことがあります。
すると、当然お客様からクレームがくる。
弁償なり何なり補償をするわけですが、それが高額なわけですね。
で、リスクが高い商品はあらかじめお受けしないようにする、となっているようなんです。


これはブランド物に限りません。
ダウン製品や、カシミヤやアンゴラ製品などもお断りされているという話をお客様から聞いています。
実際、そのお断りされた品物を見ても、断る理由が分からないんですが・・・。

洗えるでしょ?何で洗えないの?とこっちが聞きたくなりますね。

今、世の中では圧倒的に取次店が多いです。
受け渡しだけするお店のことですね。
大きな工場が小さな取次店を何軒も持っていて、同じように指示を出しています。
すると、高額な商品をお預かりしないように指示を出せば、物凄い数のクリーニング屋さんがお預かりしない、という事になるんですね。

すると、なんとなく分かるじゃないですか、ブランド物を洗ってもらえるクリーニング屋さんに興味を引かれるのも。
お客様にとって、断られているのが普通ですから、洗えるって言うことは凄いことに写ってしまうんですね。

ブランド物で洗えないとか洗えるとかって考えたことはありません。
確かに危険な商品がこのブランドから出回っているという話はこちらも把握していますが、それでもブランドではなく、商品そのものに問題があるので、そのブランドだから、というような先入観は持たないんです。

言わないだけで、普通に洗えるクリーニング屋さんは多いと思います。
でも、クリーニングに出すときはちゃんとお店を選んでくださいね。
いろいろなお店がありますんで・・・。

何が洗えて、何が洗えないか、私たちからの情報発信が足りていないんでしょうね。
お客様に要らぬご心配をかけしているのが心苦しくも思います。
安心して、クリーニング屋さんに任せてもらえるような、そんな関係を築いていきたいです。

今日はクリスマスイブ。
良い一日をお過ごしください。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お急ぎが沢山集まりました。

少し寒さが緩んだでしょうか。
今日は祝日ですが、いつもどおり、夜10時まで営業をしております。


今年は例年に比べて、あまり忙しくないかなあと思っておりました。
年末の仕事の調整をしようとしても、今年はあまり必要とされていないようで、ぎりぎりまで来なくても良いよとのお言葉。
こんな年もあるさ、と思っていたんですね。


でもやはり年末なんですよ。

一昨日あたりからお店に来ていただいたり、お電話を頂いたりしまして、急ぎの仕事が入ってきました。
しかも結構沢山なんですね。

こんな年もあるんだなあと思いますね。

急ぎって普通はあまり入ってこないんですよ。
皆さん余裕を持ってクリーニングに出してくださいますので、何か特別なことがおきるとかでないと、急いでお願いします、なんて言うのは少ないんですね。


今日も朝から持ち込まれた品物を、洗い仕上げております。
もう少しで今日のお急ぎは仕上げることが出来ますかね。


皆さん、急ぎの品物は大丈夫ですか?
まだ間に合うのでいつでも声をかけてくださいね。


なんとなく師走を感じました。(笑)


さてもう一踏ん張りしてきます。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カシミヤクリーニング.COMのご利用の仕方。

ここ最近、カシミヤクリーニング.COMのご利用の仕方について、お電話でお問い合わせを沢山頂いております。

どのように利用すれば良いのか?
どうやって発送すれば良いのか?


少しご説明させていただきますね。

まず、衣類の発送前にメールにてご連絡をお願いしています。
これはその後、連絡を取ることがあるので、お願いしております。
住所と連絡先、送る品物の種類と品数、気になる箇所など教えてください。

次に衣類の発送についてですが、お客様からカシミヤクリーニング.COMへの配送料については、お客様にご負担いただいております。
こちらからの発送につきましては、5000円以上のご利用で無料での発送になっております。
送り方ですが、畳んで頂きまして、袋に入れて発送してくださって大丈夫です。
ただし、配送途中の水濡れなどのご心配もあろうかと思います。
一枚ビニールの袋に入れていただいて、その上にもう一枚紙の袋などに入れて、二重構造でパッキングしていただければなお良いかと思います。

品物が到着しましたら、検品の後、お客様へご連絡差し上げます。
ここで先ほどのメールの登場です。
気になった箇所、これからの洗い方などをご説明します。
急ぎのときはお電話にてご連絡することもあります。

そして、クリーニング。


出来上がりましたら、お客様へご連絡差し上げます。
ご都合の良い日時をお聞きしまして、発送です。
お支払いは、代引きを利用させていただいております。

私たちからの衣類の発送はオーバーやコートなどはハンガー便といいまして、吊るしの状態で発送しています。
これは吊るしで仕上がったものをたたんで余計なしわを付けたくないためです。
こちらからもやはり二重に袋をかぶせてから発送します。


どうでしょうか?
意外とシンプルだなと思われましたか?
クリーニングと一言で書きましたが、中での作業はかなり神経を使って洗っています。
カシミヤの柔らかさを維持するために、状態を見極め、変化に注意し、神経を尖らせて洗っています。
それだけ、難しい衣類なんですね。


お客様にお問い合わせを頂きまして、カシミヤやアンゴラなどのクリーニングにご不満がある人が非常に多くなっています。
皆さん、洗うのに不安をもっていらっしゃる。

硬くなってしまうのではないか?
柔らかい風合いがなくなってしまうのではないか?
ざらざらした感触になってしまうのではないか?
カシミヤ独特の艶や光沢がなくなってしまうのではないか?


そして一番怖がっているのがこれ。


洗ったら傷むんじゃないか?

そんな不安を持っている人が多数いらっしゃいます。
悲しい話ですね、本当はクリーニングしたらきれいになって喜んでもらえるはずなのに・・。
いつからお客様が不安を感じるようになってしまったんでしょうか。
そういうクリーニングがあるのも事実なんですけどね。


カシミヤやアンゴラのオーバーやコートを洗うのにためらっている皆様、一度ご相談ください。
お力になれると思います。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

勉強会をしませんか?

ここのブログは、消費者、つまりお客様へ向けて主に書いているつもりです。
ですが、今日はクリーニング屋さんに向けて、提案させてください。


先日のこと。
クリーニング業者ではありませんが、クリーニング関連業者の友達と電話で話をしていたんです。
すると、お互いこのままではまずいよね、という話になりまして。


リーマンショック以降、クリーニング業界だけでなく、日本中のいたる業種が厳しい時代を迎えています。
今までの常識が通用しない、何をすれば良いのか?皆さん暗中模索で頑張っておられると思うんです。
激安が好まれ、デフレも進行しているのではないか、とさえ言われています。


その中でクリーニングも不況の波は押し寄せてきていまして、ご自分で洗われる方が非常に増えてきました。
洗濯王子などがテレビや雑誌などで分かりやすく洗濯を解説している影響もあると思いますが、それだけではないのがこの業界の難しいところ。
リーマンショック以前から、このクリーニング業界にはクリーニング不信というものがあったんです。


私がこの業界に入ったのが15年以上まえ。
その頃は業界全体の売り上げが1兆円を超えていました。
ところが、今現在はというと、5000億をきり、4300億くらいではないかといわれるまでに落ち込んでいます。


この間も、いろいろな勉強会やセミナーなどをし、自社努力で何とかやってきました。
しかし、そろそろそれにも限界が見えてきていると思うのです。


いろいろな勉強会がありますね。

技術系の勉強会。
染み抜きの勉強会や、洗いの勉強会、テーラードプレスを勉強する会もあります。
また、経営の勉強会もあります。
接客の技術を学ぶ勉強会もあります。
繊維の知識を学ぶところも。

確かにどれもとっても重要。
でも、逆に言うとどれもが必要で、どれかひとつに特化するのは今必要とされているものとは違うのではないか、と思うんです。
今現在抱えているクリーニング業界の問題は、複合的で、どれかをやっていれば解消されるというものではないと思うんですよね。


また、今までの常識、やり方が通用しなくなっていることを考えると、セミナーのような教えてもらうやり方では現代に合わないのではないかとも思っています。


つまり、今必要なものは、どれかひとつにこだわるのではなく、複合的に問題を捉え、必要なものは何でも勉強をする心構えと、教えてもらうのではなく、自分たちでアイデアを出し、それらを検証して作り上げていくバイタリティではないかと思うんです。


で、そういう勉強会をやって見ないか、と友達と話しをしていたんです。


もう昔みたいに、これをやればお客様が沢山ご利用していただける、なんていう判を押したようなことはありません。
お客様も多様化し、またライフスタイルも変化してきた今、もう一度一から見直し、どれが好まれるのかではなく、どうすればお客様に喜んでいただけるかを探す、もしくは作り上げていく必要があります。


これにはもちろん技術や接客も必要。
今まで当たり前にしてきたことが本当に当たり前だったのか。
もしかするともっと良い方法があるかもしれない。
今まで洗えないと思っていたけど、洗うことが出来るかもしれない。
お客様への説明も、もっと分かりやすい言葉があるのではないか。
もっと伝わりやすい表現があるのではないか。


これらは一人では行き詰ると思います。
また、一人の発想では新しい発見がないんです。

損得なしに、新しい何かを見つけるために発言できる仲間が必要です。
今、クリーニング業界に何が必要か?
自社の繁栄だけでは到底乗り切れないであろう、クリーニング不信を解消すべく、知恵を出し合うことが出来る人たちが必要なんです。


実際にやるとなると、これらの話は、クリーニング業者だけではかないません。
クリーニングに関係している人たちの協力が不可欠。
繊維のスペシャリスト、洗剤のスペシャリスト、機械のスペシャリスト、皆さんの知恵が必要です。
今、一社だけですが、メーカーさんで協力していただけそうなところもあります。


今、私たちが直面しているクリーニング業界の危機を乗り越えるべく、クリーニング業界全体で協力できたら良いなあと思います。


一目見て、問題点を挙げることが出来る人もすばらしいですが、その問題点をどうやって乗り越えていくか?それを考えることが出来る人が本当に求められている人だと思います。
どうでしょう?みんなで一つ一つ作り上げていきませんか?


もし、今回の話に賛同してくれるクリーニング屋さん、クリーニング関係者、メーカーさんなどありましたらぜひご一報ください。
新しい勉強会を一緒にやって見ましょう。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今年最後のお休みです。

今日は、今年最後のお休みです。
23日は祝日ですが通常営業をしていますし、27日の日曜日は本来ならお休みなのですが、年末最後の日曜日は営業をしているので、今日が今年最後のお休みとなります。

今年最後といわれても、何か特別なことをしよう・・・・とは思わないんですよね。(笑)
日曜しか出来ないことは山ほどあるのですが、どうものんびりと過ごす事を選択してしまいました。

ああ、でも買い物に行かないといけないんですよ。
皆さん、クリスマスの準備はお済みでしょうか?
うちは、出だしに失敗しまして、サンタさんへ何のおもちゃをお願いするか?そこで躓いていたんです。
紆余曲折を経て、ようやく決まったのが金曜の朝のこと。
その日はちょっと時間が作れたので、配達の途中、吉祥寺にあるヨドバシカメラへ行ったのでした。

・・・・・、出だしが遅いと何かと苦労します。

おかしいとは思ったんですが、おもちゃ売り場が割りと空いてるんですよね。
行って見て分かったんです・・・・、おもちゃが無い。
サンタさんが頼まれたおもちゃはほとんどなく、ヨドバシで買うことが出来たのは末っ子の分だけ。
他の子の分は新たに探さなければならなかったのでした。


結局、何件かあたりはつけてありますので、帰りながら途中寄り、何とかそろえる事が出来たんです

ところが、話はここで終わらないんですね。
ヨドバシカメラならラッピングまでしてもらえるのですが、他で買うとしてくれない所もあるんです。
もしくは有料とか。
ラッピング代もね、びっくりするような値段が付いているとちょっと躊躇してしまいます。
で、現在、2つのおもちゃにラッピングがされていない状態なのです。
そのラッピング用の包装紙を買いに行かなければならないのです。


年末って、何でこうちょっとした用事が出来るんでしょうか。
家の中は休みに入ると、ごそごそと掃除をしてますしね。
来年、府中でもごみの有料化とゴミ箱の撤去が始まります。
その為、いらない物を今年中に捨てる、というのがあるようなんです。


なんだかんだ言いましても、残すところ二週間。
明日から大晦日までは休みなしですからね。
気分転換しつつ、英気を養っておきましょう。

おっと、もうすぐ4時だ。
お買い物行ってきます。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末年始のお知らせです。

12月も残り半分をきりました。
当店もいよいよこのお知らせをする時期になったんですね。


年末年始の営業のお知らせです。

毎年のことですが、当店は年内31日まで営業をします。
23日の祝日もいつもどおり営業。
また、27日の日曜日も通常ですと休みなのですが、こちらも営業をしております。


毎年、年内は頑張って仕事をしています。(笑)


そして、年が明けて2010年1月。
7日(木)から通常営業になります。
少し長いお休みを頂いておりますので、お急ぎの品物などありましたら、ぜひ年内にお引取りお願いいたします。

ぎりぎりまで営業をしているので、もちろんぎりぎりまで品物をお預かりし、仕上げていくつもりです。
28.29.30.日と、どこのお店も受け付けてくれないようでしたら一度ご相談ください。


皆様のご来店、心よりお待ちしております。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むむっ!混みだしてきたぞー。

久しぶりに遅くなってからの更新です。
仕事も徐々にですが、集まっているのですが、今日遅くなった理由は、別のものなんです。

道路が混みだしてるんですよ。

なんとなくですが、今年は道路工事が少ないなあと思っていた矢先、ここ数日、妙に工事が増えてきたように思います。
水道工事が多いんですけどね、それによる渋滞がかなり激しいんですよ。

大きな幹線道路ではなく、細い道路でやっているので、一度渋滞が始まるとかなり待たされることになります。
今日も、午前中に配達に出かけまして、国分寺から小金井市、三鷹市までぐるっと回っていたのですが、途中なんど工事に止まらされたことか。

また配達の時間が読めなくなってきちゃいました。
本当に困りものです。

しかも、中央線の高架化が終わりまして、ぐっと楽になるかと思いきや、今まで渋滞などしなかったところが渋滞するようになってきたんです。
今までは、中央線の向こうへ行くときは道を選んでいたんですよ。
決まった通りでしかいけませんでしたが、道路の幅も割りと広く、するっと通り抜けることが出来たんです。
ところが、高架化されたことで、今まで踏み切りだったところも通れるようになってしまった。
するとですね、こっちのほうが近いとみんな通るようになる。
すると、混みだすんですね。

良い例が、武蔵小金井の駅前。
向こうからこっちへはほとんど来なかったのに、今では物凄い数の車が。
ただいま、マンションの工事もありますので、工事渋滞とあいまって物凄いことになっています。


しばらく気をつけて走らないといけなさそうです。
いらいらせず、安全運転で乗り切りましょう。

みなさんも、渋滞にお気をつけください。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングの予約。

先日カーテンお話を書きましたら、早速カーテンのクリーニングのご依頼を受けました。
面白いもので、お店の中で品物の話をしたり、お客様のお話をしたりしていると、突然品物が集まったり、お客様が久しぶりにご来店くださったりします。


第六感というやつですかね?
うちには霊感の強い人はいないはずなんですけど。

さて、カーテンのクリーニングは、大体お客様とご相談をしてからお預かりすることが多いんです。
というのも、特にこの時期はカーテンがなくなってしまうと非常に困る。
替えのカーテンを持っている人なんてほとんどいませんし、寒くなるわ、中をのぞかれる心配はあるわで、なくなると困ってしまうんですね。

そこで、クリーニングの予約になります。

流れはこんな感じです。
カーテンをお預かりする日を決めます。
そして、朝一番でお伺い、もしくはお店にカーテンをおもちになっていただきます。
お店では、カーテンを洗うように、機械の準備をし、他のものには手をつけないで待っているんです。
カーテンが入ってくると同時に、すぐ洗います。
乾燥をし、仕上げて、その日のうちにお届けします。


こうすれば、日中ちょっと我慢していただければカーテンをクリーニングすることが出来るんですね。

予約して頂く理由は、やはり一日でお渡ししなければならないので、他の仕事の調整をしなければならないんです。
暇な時期でしたら、ちょちょっとやってしまうのですが、仕事が普通にあれば、他のものをとめて優先的にするには少し厳しいんですね。
あらかじめこの日に洗う、と決めていただければその日に向けて仕事の調整をすることが出来ます。

べとべとしていて、なんとなく重たかったカーテンも、クリーニングするとびっくりするほどきれいになり、軽くなるんです。
これをご家庭の窓につるすと、今までが嘘のように明るくなると思います。
カーテンの汚れによって、部屋が暗くなるんです。


窓を洗うと部屋が明るくなるように、カーテンも洗うと明るくなりますよ。
思い出してください、もう何年カーテンを洗っていないでしょうか?
これを機に、カーテンを洗ってみてください。
すがすがしい気分に慣れます。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海外製品の品質。

今年は海外からの参入が多くニュースでも取り上げられていましたね。
フォーエバー21、H&M、昨日はアバクロ。
どれも長蛇の列が出来るほど大人気です。


アバクロで面白いなあと思ったのが、そのお値段について。
今まで日本に直営店がなく、正規代理店で販売していたらしいのですが、プレミアが付き向こうよりもかなり高かったそうなんですね。
で、今回日本に直営店が出来ることで、そのお値段に興味が集まったようなんです。


結果は、ほぼ倍くらいのものから1.5倍程度のものまでさまざま。
個人的な感想はそんなものなのかなという印象です。


海外製はどうしても高くなります。
輸入してこなければいけませんし、送料や税金などもろもろかかりますね。
どうしてもお値段が高いので、品質もかなり良いのではないかと思ってしまいがちですが、現地ではその半分くらいで買えることを考えると、品質と値段が必ずしも一致しないこともあると思います。


また、日本向けに作られているならまだしも、海外仕様ですと日本になじまないこともあるんです。
日本はどうしても湿気があります。
汗をかく事が非常に多いんですね。
すると、衣類の場合、色止めという作業がしてあるかどうかは非常に問題になります。
色止めをしていないと、汗をかいたときに生地の色が溶け出すんです。
すると、他の衣類へ色が移ったりします。

日本は気候も独特ですが、衣類への思い入れもまたちょっと独特。
色が褪せても平気で着ることが出来るお国柄ではなく、なるべく同じ色を保ちたいという欲求が強いんです。
海外、特にヨーロッパの商品が好きな方がいらっしゃいますが、クリーニング屋さんは戦々恐々としていたりします。


また、生産が海外でも日本になじまないことがあるんですね。
乾燥している国で作ると、日本に持ってきて縮んでしまうことがあるんです。
水分を吸収すると、元に戻ろうとするんですね。
音楽をやる人はご存知かもしれません。
日本から楽器を海外へ持っていくと、割れたりすることがあります。
それだけ湿気が与える影響って大きいんです。


デザインなどが優れている海外製品も、こと品質においては微妙なケースがあります。
品質が良い、良い品物だ、言葉では簡単ですが、実はかなりおくが深いものなんですね。
洋服は、着ている時だけではなく、その後のメンテナンスも品質の重要な要素になります。
今は日本製を探すほうが難しくなりましたが、日本で作られるから、気候にあった製品が作られるという事もあると思います。


日本製がもっと出回ってくれるようになると、良いなあと思いますね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

規格外のカーテン。

年末が近づいてきますと、掃除をしようかなあと思うものですよね。
最近は、大掃除もなかなかされなくなってきているようですが、それでもやはり、年に一度くらい大掃除をしないと気持ち悪いかなあと思ってしまいます。


カーテンも汚れますね。
べたべた触っているわけでもないのに、物凄い汚れるんです。
洗ったことが有る人は分かりますが、何べん洗っても水が真っ黒ですよね。
ご家庭でも大変ですが、私たちクリーニング屋さんが洗っても大変なんですよ。


今日はカーテンを洗う話ではなく、カーテンそのものの話。
お引越しをされると、引越し先に応じて、カーテンを調達する必要があります。
窓の数が違ったり丈が微妙に違うためです。
これはひとつ覚えておいていただきたいのですが、窓の大きい部屋を皆さん探すでしょ。
でもね、窓が規格よりも大きいと、思わぬ出費がまっていたりするんです。


というのも、カーテンって既製品はそれほどしないんですが、既製品から外れると、びっくりするくらい値段が上がってしまうんです。
これはね、経験した人で無いと気づかないんですよ。


窓が大きくて、良い部屋だなあと借りたのは良いんですが、その窓にあったカーテンが既製品ではなく、窓にあわせて作らなければならなくなる、なんてことは良くあるんです。
既製品はピンからキリまでありますが、選ぶことが出来る。
安いのでよければ本当にいろいろありますからね。
でも、オーダーは本当に高いんですよ。
数万円の覚悟が必要なこともあります。


物ももちろん良くなるのですが、後でびっくりしてしまうことがあるので、お部屋選びをするときは、窓のサイズなども注意して選んでいただくと良いかなあと思うんですね。


カーテンをしないと、部屋が暖まりにくく冷えにくい。
つまり、夏は異常に暑く、冬はいつまでたっても暖まらない部屋になってしまいます。
たかがカーテン一枚なんですが、その一枚がとても効果的なんですね。

裏技として、既製品のカーテンの下にレースなどを付け足す、という事も出来なくないですが、これは人の好み次第。
ただ覚えておくといざと言うとき役に立つと思います。


来年お引越しをお考えの皆様、通常の窓より大きな窓が付いている部屋をお選びになるときは慎重に。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

値下げ交渉。

今年は非常に景気が悪かったです。
クリーニングにおいて言いますと、とにかく山が無い年でした。
私たちの業界は、閑散期と繁忙期の山が激しいのが特徴なんですが、その山が無いんですね。
ですから、非常に厳しい年だったと言う感想です。


いや、まだ終わった無いので、振り返っているわけじゃないんですけどね。(笑)

厳しいのはどこの業界も一緒で、実際倒産も多くなってきました。
倒産とまで行かないまでも、いろいろな経費削減も当然行われています。

するとですね、当然クリーニングにもそのしわ寄せがやってくるんです。
ここ二ヶ月くらい、値下げ交渉を持ちかけられることが非常に多かったんですね。
個人のお客様だけでなく、私たちは企業様ともお付き合いをしているのですが、その企業がクリーニング代を何とかしてくれないか?と言って来られるんですね。

当店のクリーニングはよそよりも値段が高いです。
それは掛けている手間、仕上がりなどよそと比べてぜんぜん違うんですね。
安いだけのクリーニングなら他に沢山あります。
特に事業系のクリーニングは、安さだけで言ったら山ほどあるんです。
それなのに当店をご利用されるのには理由があります。

汚れ落ちがよく、常にきれいに着ることが出来たり、しわくちゃのプレスではなくきちんとアイロンがかかっていたり、さまざまな理由があるんですね。
その分お値段が高めであることも承知の上でご利用いただいています。

しかし、このご時世、クリーニング代も経費削減の対象になれば、何とかならないか?というのも分からなくありません。
こちらも、私たちが協力できる範囲で努力するんです。
いわゆる工夫ですね。

もっと効率よく洗うことは出来ないか。効率よく仕上げることが出来ないか。

ただいかんせん、今回のように景気が悪くなってくると、品物の集まる量が減ってしまうので、どうしても一度に洗う量が確保できず、コストがかかってしまうんです。

必然的に協力したくても限界が見えてきます。

よそに比べて手を掛けすぎるから、仕方が無いのかなあと思っていたんですね。
うちのようなやり方ではあわないのかな、とも。
今はもっと安く出来るお店のほうが良いのだろうか、なんて考えていたんです・・・・、ところが、現実はどこも一緒なんですね。

とある知り合いの娘さんが、安売りのクリーニング屋さんの事務をされているんですが、やはり私たちと同じく、値下げ交渉が増えてきたといってるんですよ。
お値段を聞くと、うちの半額以下でやっているのに。
最初聞いたときは、本当かな?と思いましたが、うそを言う人でもありませんしね。
いやはや、どこも厳しいということの裏づけです。


土曜日も、夜出かけたんですが、外に出ても歩いている人をほとんど見かけず、皆さん何しているんだろう?と思ってしまいました。
商店街は閑散としているし、これではどこも厳しいと思います。

企業努力はもう何年もしてきていますからね、そろそろ限界が近づいてきているのかなあと思うんです。
この不況、どうすれば解決するんでしょうかね?
政治が何とかできるのか?
私たちが努力すれば良いのか?
何とかしないと、本当にまずい気がしてきました。


値下げ交渉もまだあるうちは良いのかも。
その内、クリーニングすらいらない、なんて事になるかもしれません。


人任せではいけないけど、景気がもっと良くなって欲しいと思いますね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ亭はどこに?

先日、常連さんからこんな話を伺いました。

谷保にあった、ドイツ亭がなくなっている。

この辺では知る人ぞ知るという宅配ピザ屋さんなんです。
口コミでおいしいと評判だったんですよ。
そのお店がJR南武線の谷保駅からすぐのところにあったんです。
ところが、お客様がたまたまお店の前を通ったら閉まっていてお店がなくなっているというんですね。
そういえば、ここ最近、当ブログへドイツ亭を探してこられる方が多いなあと思っていました。


なくなっちゃたんでしょうか?


私、自他共に認める検索マニアですから(笑)、早速検索。
すぐ見つけることが出来ました。
どうやら店舗をお引越ししたようですね

お店のホームページはこちら。
ドイツ亭

今までは谷保駅の近くだったけど、今度はもっと立川寄りになったようです。
デリバリーの範囲も、中河原にはこれなくなったみたいです。
うーん、ちょっと残念。
おいしいピザなんですけどね。
テイクアウトもやっているという話ですから、また近くに行った時には寄って見ようと思います。

しかし、ここ中河原、デリバリーに縁遠い町なんですよね。
ピザ屋さんも来てくれる所がなかなか無い。
おそば屋さんやラーメン屋さんも、出前が少ないんです。
やはり川沿い、市境は厳しいのかなあ。
出前、熱望します。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一等おめでとうございます!

昨日の夕方、お客様がご来店くださいました。
雨が嫌ですね、なんてお話をしていると、神妙な面持ちで今日は話があるの、とおっしゃいます。

一瞬、ドキッとしましてね。

何か不手際でもあったんだろうか?
クリーニングに不備が?
お客様に何か悪いことでもあったんだろうか?

ほんの一瞬ですが、さまざまな事が頭をよぎります。
すると、お客様がこうおっしゃったんです。

商店街の福引で、一等が当たったの!

ああ、ほっとしました。
神妙な面持ちだから、何かあったかと思っちゃいましたよ。(笑)
良い事で良かった。

お話を伺っていると、当店と喫茶店のアンセルモさんで福引の券をもらったらしく、先日引きに行ったんだそうです。
すると、なんと一等が。


選べるらしいんですね、ディズニーリゾートの入場券と交換してきたとおっしゃっていました。
ご主人とデートだそうです。

毎年行われている商店会の福引。
ちょっとね、今時ではなく少し景品も古かったんですが、ディズニーリゾートのチケットもあるんですね。
良かったなあ。

やはり福引って、華やかなものですからね、景品も少し夢があるようなものが望ましい。
予算もあるでしょうから、無理もいえませんが、おしょうゆや味噌などの日用品も良いですけどね、数年に一回、ビッグチャンスとして、驚くような景品があると面白いかなあと思います。


一等だけの福引とかね。


ティッシュなんかは無く、あたりは全部一等だけ。
しかも一寸豪華、なんてのがあると、行って見ようかなという気にもなります。

うちでお渡しした福引券であたったかどうか分かりませんけどね、なんとなく嬉しいんです。
今年を締めくくる、良いニュースかもしれません。


おめでとうございました。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たかがボタン、されどボタン。

先日の夜のこと。
長男が柔道をしていまして、その送り迎えを週に二回ほどしています。
お隣の多摩市の中学校で、毎週火・金の夕方6時から8時半ごろまでやっているんです。


帰ってくると子供はおなかをすかせているわけですよ。
でね、お隣がセブンイレブンさんですから、一寸寄って買い物をしてくるんです。
そのときに、私のコートの袖のボタンがぽろっと落ちて、ケースの下に入ってしまいました。


その場はどうせ取れないし後でお願いしようかな、と帰ってきたんです。

そして、次の日。
なじみのパートのおばさんに、事情を話して取ってもらおうとすると、手の届かないところへ入ってしまって取れないんですよ。
これは非常に困るんですね。


ボタンって、同じものが手に入りづらいんです。
似たようなボタンで代用するか、全部取り替えてしまうか、そんな選択になりがちなんですね。
仕方が無いと思いつつ、あきらめようかなと思っていると、おばさんが一言。

ボタン位あきらめなさい。


いやね、確かにあきらめるんですけど、ふと疑問が起こりましてね。
ボタンって、どういう物なのかなあと思ったんですよ。


たとえば、私たちがお預かりして、ボタンがひとつ無ければ物凄い騒ぎになります。
時には、店の中をくまなく探しますし、機械の隅々まで捜すこともあります。
先ほども書きましたが、同じものが手に入らないことが多いからなんですね。
そして、私たちの感覚ですと、お客様はたかがボタン、とは思っていない、と感じています。


それでもふと、ボタン位、なんて言葉を聴くと、意外とボタンってそんな感じの物のかなあとも思えてくるんですね。
果たしてどちらなんでしょうか?


最近は、ボタンをつける糸も細くなってきているようで、よく落ちるんですよ、これが。
また、裾のほつれも非常に多いですしね。
なんだか、生地そのものも気になりますが、ボタンや裾のほつれのほうが私的には気になります。
こういうところも立派な品質だと思うんですけどね。


やっぱり、たかがボタン、されどボタン、なんですよね。
自分のはいいけど、簡単にあきらめられないなあ。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

クリーニングに出すだけじゃ駄目です。

コメント欄にお問い合わせを頂きまして、それにお答えしていたときに、ふと気づいたことがありました。
よく、ネット上でクリーニングに対する質問を見ていていつも疑問だったんです。


とりあえずクリーニングに出したんだけど・・・・、という言葉。


汚れが付いたとかそういうのだったら別に気にならないんですね。
でも、大体が違う目的なんです。


一番多いのが毛玉をとりたいから、と言うもの。

クリーニングをしても毛玉は取れません。
洗って毛玉が落ちるって大変なことだと思いませんか?
もしそのような状況だったら、普通に毛も落ちてきてもなんらおかしくない。
何回も洗っていたらそのうち透けてきちゃいますよ。(笑)
クリーニングに出して毛玉がなくなっているのは、洗って仕上げ終わった後に、毛玉を手作業で取り除いているからなんです。


中には毛玉をとってくれないクリーニング屋さんもありますから、クリーニングに出しただけでは駄目なケースもあります。

クリーニングって、なるべく元に近い形に戻すようにしています。
しみが付いていたら落とそうとしますし、仕上げをして、元の形に整形もしています。
ですが、中には原型が分からないものもしばしばあるんです。


一見すると、汚れのように見えるんだけど、実はわざとつけてあったり。
しみと勘違いして取ってしまうと、お客様に怒られてしまいます。


また、以前あったのが、白衣のスリット。
脇にスリットが入っていた白衣を、破れてしまったと勘違いして、縫ってしまったと言う業者さんがいました。
この白衣が、思い出のある白衣だったらしく、縫い糸を解いた後も、針の穴があるから直せ!と怒られ、当店へ持ち込まれたことがありました。


本当にここ数年、ファッション性が高すぎて、判断に苦しむものが増えているのも事実なのです。
今までの経験からすると、おかしいんだけど、そういうデザイン、もしくは素材なのかなあと、一応仕上げ、お客様に再度お聞きするなんてことも多々あります。


するとね、どういうことがおきるかと言うと、悩んだときは手を出さない、と言うことがおき出すんですね。
お客様はクリーニング屋さんに出せば、言わなくてもおかしいところを直してくれると思い、出してくださるんですが、こちらがおかしいかどうかの判断が付きかねる、と言う現象がおき始めます。
すると、そういうものなのかも、と普通に洗い、何もしないで仕上げてしまうんですね。


お客様は、受け取った後に変化が無く、がっかり、なんて事になります。


やはり、ここで重要なのが、お店とのコミュニケーション。
お預かりするときに、気になったらこちらから聞くのが一番ですが、中にはそれとは別にお客様が望んでいることもあるかと思うんです。


クリーニングに出すのには、理由があるはず。
それを話して欲しいんですね。

汚れがあるからきれいにして欲しい。
少し硬くなっているようなので、柔らかくして欲しい。
べたついた感じがするからさらっとさせて欲しい。
かび臭いので何とかして欲しい。


きっと、皆さんそれなりの理由があるはず。
どこをどうして欲しいのか、ここが自分はおかしいと思っている、とお話いただければ、こちらもプロです、お客様のお話を聞き、どこをどうすればいいのかこちらも必死に考え、何とかしてご満足いただけるように努力します。


クリーニングに出すだけでは、お望みのクリーニングは出来ないことが多いんです。
お客様にがっかりされることほど、私たちにとって悲しいことはありません。
ぜひ、出すときに一声おかけください。
皆さんの声をお待ちしております。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相性の合わない衣類。

昨日、ブログを書いていて、ふと、ああ、相性の合わないという理由で一緒に洗えないものもあるなあと思い出しました。


単品で洗わなければならない物にはそれぞれ理由が存在します。


素材の風合いなどを維持するため。
他の衣類への影響を避けるため。

他の衣類への影響は、主に色移りが怖いんですね。
昔はよく言われていましたがイタリア製品は特に危ないと。
古いクリーニング屋さんなんかですと、イタリアという表示が付いていたら、預かるな、という人までいるくらいです。
一見、何事も無いような服なのに、洗ってみるとびっくりするほど色が出るってこともあるんですね。
そういう可能性のある衣類は分けて洗わないといけないんです。


もうひとつ、他の衣類への影響という事で相性が合わないということもあります。
具体的には、一緒に洗うと片方の生地から糸が飛び出てしまうとか、片方の生地に傷が付いてしまうとか。


生地にもいろいろ種類がありますが、甘く編まれているニット製品など、糸の飛び出しは多いんです。
また、織物でも糸が飛び出しやすい生地ってありますね。
当然、これらの洋服は特別扱いをするわけなんですが、さらに他の衣類との接触についても注意をするんです。


装飾品が付いているものとは当然一緒に洗うことは出来ません。
装飾品と一言で言うのは簡単ですが、本当にさまざま。
ちょっとしたものから、全体的にちりばめられているものだったり、引っかかりやすいような装飾品が付いていたりと、一つ一つ違うんです。
これらの装飾品も注意しておかないと、他の衣類へ影響を及ぼしてしまうことがあります。


これらはご家庭での洗濯にも同じことが言えます。


分けて洗うことが上手な洗濯への道なんです。
今までは、色物で分けていたと思います。
さらに、装飾品の有無、生地の具合なども絡めて、洗濯するようにすると、さらに良くなると思いますよ。
その分細かく洗うことになるので手間はかかりますが、洗い上がり、仕上がり具合は別物です。
逆に言うと、これらがしっかりと仕分けできていれば、一緒に洗えるものも増えてくる、という事。
今まで何も分からなかったから別々に洗っていたけど、実は一緒に洗うことが出来た、ということもあるはずです。


正直言えば、この判断は消費者の方には難しい面もあります。
どうしても分からないときは、クリーニング屋さんへお持ちください。
無理をするのが一番良くありません。
そして、いろいろとクリーニング屋さんと話すようにしてくださいね。
少し癖のある衣類は、クリーニング屋さんのほうで説明をしてくれたりします。


一つ一つ勉強です。
プロの話を聞いて、その積み重ねで、お客様も知識を付けていくんです。
当店には40年近くお付き合いを頂いているお客様もいらっしゃいます。
長年、いろいろお話をさせていただいてきましたが、そこら辺のクリーニング屋さん顔負けの知識を持っている方も多数いらっしゃいます。


賢い主婦ってそういう風に勉強をしていると思います。


ぜひ、私たちクリーニング屋さんを使って、どんどん勉強していってください。
当店、質問大歓迎です。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

他の物と洗えないもう一つの理由。

お預かりした衣類を洗うときに、当店ではかなり細かく分類しています。
他のお店では一回で洗える量を、5回に分けて洗うということもしばしば。
こんな話をすると、無駄な仕事をしているなあとか、効率の悪い仕事をいているなあとか、言われてしまうのですが、当店の仕事は目的があってやっているので、何を言われようと仕方が無い。(笑)
同じ洗う、クリーニングという作業ですが、求める結果が違うのですから、その工程も当然違ってきます。


仕分ける大きな理由は、洗い上がりに差が出るからです。


特に気を使うのがカシミヤやアンゴラなどの高級獣毛製品。
これらはただでさえ柔らかいですから、他の衣類の影響を受けないように、単品で洗うことが多いんですね。
カシミヤやアンゴラなどを他の衣類と一緒に洗ってしまったら・・・・・・、おおっ!怖い。
でも、平気で洗ってしまうクリーニング屋さんも実に多いのです。


色物でも分けます。
同じ系統の色でまとめる方が洗い上がりがきれいなんです。


これだけでも、かなり分類されてしまいます。


よくお客様に、大した物じゃないから普通に洗ってください、といわれることがあります。
手間をかけなくてもいいよ、ということだと思うのですが、それが出来ない商品もあるのです。
お客様のおっしゃることは分かるんですね。
丁寧な仕事をするまでも無い、普段着だ、ということなんだと思うんです。
一点で洗うようなことまでしなくてもいいよ、ということなんでしょう。

そうなんです、そういう商品ってあるんですよね。
こちらも、お客様のご意向に沿いたいんです。
でも、出来ない事がある。

ひとつは、素材で難しいケース。


いくら適当でいいといわれても、最低限のレベルってあると思います。
すると、ガチャガチャ洗うのにはどうしても不向きという商品もあるのです。
着ることが出来るレベルを維持するために、単品洗いをしなければならないこともあるんですね。

そして、もうひとつ。
他の衣類へ影響を及ぼしそうな物の場合、他の物と一緒に洗うことが出来ないのです。


これは実はかなり気を使っています。
というのも、衣類って色が出る商品があるんですね。
これがかなり厄介なんですよ。


これが確実に色が出る!これは出ない!とはっきりと分かれば問題ないのですが、なかなかそうは行かないんですね。
経験上、これは危なそうだなというのはなんとなく分かりますけど。


もし、服から色が出てきてしまった場合、他の衣類と一緒だと大変なことが起こるんです。

他の衣類に、色がつく。

こうなるともう大変。
もう一度洗って落ちればいいですが、色って落ちづらいんです。
最悪、一緒に洗ったもの全部弁償、という事になりかねない。

ですから、適当でいいわ、といわれても、事故拡散防止のために単品で洗う必要があるものもあるんですね。

こういう説明をしてくれるクリーニング屋さんが減りました。
ですからお客様の間で、サービス業なのにこちらの要望を聞いてくれない、といったご不満が出てきてしまいます。
きちんとした理由があるのですから、その説明をお客様へするべきだと私は思います。
じゃないとね、お客様も分からないから不審に思うし、クリーニング屋さんも報われないでしょ?

改めてやっぱり情報の伝達は必要ですね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

厳しい中にも頑張る仲間。

昨晩、少しブログの方へアップしましたが、昨日は忘年会をやっていました。
毎年恒例、同業者の仲間数人と楽しく忘年会です。


川崎は元住吉にある、オリエンタル。
マグロ料理が専門なのですが、お値段もとてもリーズナブルでボリューム満点。
いつもおいしく飲ませてくれます。
混んでいて今回無理かなあと思っていたところ、何とか予約が取れました。


集まったのは、総勢8名。
他の用事等が入っていまして例年に比べるとちょっとつく無いんですがそれでも新しく着てくれた方が二人もいますから、うれしいものです。


実は昨日は二年ぶりの約束、3ヶ月ぶりの約束が果たせたいい日だったんです。

2年前に、国立の同業者さんと今度飲みましょうね、と約束をしました。
ちょっと体調を壊していた方だったので、なかなか折り合いがつかず、近いのに会うこともなかなか無かったんです。
で、今回たまたまタイミングが合いまして、約束を果たすことが出来ました。


そしてもうひとつは3ヶ月前。
横浜での納涼会に参加したときに、たまに会うんだけどやはりあまり話が出来ていない友人に、今度飲みましょうと約束をしていたんです。
それも今回成就しました。


今年、遣り残したこと・・・・・、沢山あるけど(笑)、約束はこれでクリアーしましたかね。

久しぶりの宴会ですから、いろいろな話が出ます。
大阪の展示会へ行った人、北京の展示会へ行った人、数人入っていましたので、いろいろな話が出る出る。
また、そういった経験談に興味を持てる人たちが集まっていますから余計話が広がるんですね。
特に、中国については、日本人のイメージとかけ離れた現実があります。
一年間の中国の話はすでに古い話になっていますから、新しい話を聞くって結構重要なんですね。


もちろん、私たちクリーニング業者にとっては、直結する話ではないのですが、関連した業種の製造が中国へ行くなどしていますから、、知らないで済む話でもないのです。

その後、今度は自分のお店の話しに移動。
やはり今年はどこも厳しく、かなり我慢を強いられていますね。
驚くほど売り上げが落ちていますから、どこもそれなりに何とかしている様子。
じっと我慢をする業者さんもいれば、この中でも何か出来ると、試行錯誤しながらやっている業者さんも。
特に昨日はなした友達は、そのパワーが凄かった。
景気の悪いとかいいとかそういうことよりも、現状を上げるために、勉強をし、どうすればいいか常にアンテナを張っているんですね。
その貪欲っぷりに脱帽です。


そうそう、これじゃなきゃいけないんだなあと思います。


今年、いろいろ出かけさせていただきましたが、その中で、数人とてもパワフルな方々と出会いました。
中国では、現在の中国の勢いを感じたのですが、日本でもパワフルだなあと感じたのが、私たちの親父の世代、つまり初代だったんです。

もう、かなりお年を召していますから、実際は一線を退き息子さんに経営等を任せているのですが、仕事はそれでもいくらかされているんですね。
で、お仕事の話をさせていただくと、物凄い貪欲。
僕たちがスルーしてしまうような細かいことでも、きちっと取り上げ、技術にしてしまい、それをどう売るか考えている。


今回の友達も独立しているからいわゆる初代なんですね。


いい刺激でした。
改めてね、まず自分の意志が強く必要だと感じたしだいです。
どうしたいのか、それがはっきりしないと先に進みませんね。


いやー、実にいい忘年会。
そのまま新年会に突入しますか?って言う位皆さん後ろ髪引かれていたのがいかに楽しかったかを物語っていますね。


うん、これならまだまだクリーニングは頑張れる、そう思いました。
まだ小さな動きなのでしょうが、きっとおそらく、全国でも似たように頑張っている人は居られるはず。
来年当たり、それがぱーっと表面化してくるとおもしろいかなあとおもいます。


来年に期待して。


いやいや、まだ残ってますね、今年も。
ささ、年末へ向けて頑張りましょう。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘年会

忘年会
今日は同業者仲間との忘年会です。
元住吉のマグロのお店、オリエンタルさん。
美味しそうでしょ?(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

きれいな富士山でしょ?

きれいな富士山でしょ?
おはようございます。
水汲みファンの皆さま、大変ご無沙汰しておりました。
本日は富士山へ水汲みに来ています。


来ていなかったわけじゃないんです。
中国へ行った時も、大阪の展示会へ行った時も、その前後に来ていました。


今日の富士山、とても綺麗でしょ!
夏場などでは見れないこの景色、寒くなってきて空気が澄むようになると見ることが出来ます。


寒い中、頑張って水を汲んだご褒美です。


そして今、もう一つのご褒美を堪能中。
談合坂でラーメンです。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イルミネーションを楽しみましょう。

だんだんと寒くなってきまして、ようやく冬到来といった感じ。
先週まではまだぽかぽかした陽気が続き、日中コートなど一切要らない状態なのに、子供たちがクリスマス!クリスマス!と騒いでいたのが非常に違和感がありました。


うん、これくらい寒かったらクリスマスが来てもいいかな。(笑)
準備は大変ですけどね。


さて、配達で街中を走っていますと、ところどころイルミネーションを飾るお宅が増えてきました。
これ見ると、ようやくクリスマス、年末といった感じがします。

中河原でイルミネーションで有名なお宅へお伺いしたときのこと。
例年なら早くから飾りだすのに、今年は結構遅かったんですね。
今年はやらないのかなあ?と思っていると、お伺いしたときに飾り付けをされていたんです。


そこでいろいろとお話をお伺いしました。


毎年やっているイルミネーション、毎年悩むらしいんですね。
今年もやろうかやるまいか。


何年もやっていると新しい物というのはなかなか無いんだそうで、どういった変化を付けようか悩むんですね。
それでも少しでも変化を付け、見に来ていただいた方に楽しんでもらおうと、少しだけでも変化を付けるんだそうです。
それを探すのに一苦労。


電気代などは思ったよりもかからないんだそうです。
LEDが増えてきていますからね。


でも一番大変なのは、イルミネーションのことで時間がかかること。
飾るのもそうですが、それまでに用意したり、考えたり、取り付けるまでに相当な時間がかかっています。
業者さんに頼むとなると、事前に何回も相談したりしますしね。


皆さん、本当はとても忙しい。
その中で、やるんですから本当に凄いなあと思います。


でね、やはり世の中にはいろいろな人がいまして、やっかむ人もいるんだそうですね。
あそこは金があるとか、道楽だとか。
何でそんなひねくれちゃうんだか・・・・・。
楽しいんですかね、そういう風に捉えて。


忙しいさなか、時間も金もかけて、イルミネーションを飾っている人たちのお話を伺うと、ちゃんと別の目的があるようです。


少しでも明るい話題を提供したい。


今年は本当に厳しい年でした。
そんな中で、イルミネーションを見て、ほんの少しでも華やいだ気持ちになってくれればと、そういう気持ちなんですね。


なら、イルミネーションの楽しみ方はひとつ!

思いっきり楽しみしましょう。(笑)

楽しむことが、飾ってくれた方々の気持ちに応えることになります。
年末くらい、楽しい気持ちで行きましょうね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衣類のお手入れは買うときから。

師走に入りまして、新聞の折り込みチラシもちょっとづつ増えてきているように思います。
特にですね、クリスマス関連でしょうか、もう正直辛い。(笑)
特に、トイざらす。
朝、子供たちがトイざらすのチラシを発見すると、もう大騒ぎです。


サンタさんにあれ頼むんだ、これ頼むんだ・・・・、サンタさんってどこにいるんでしょう?(笑)
これ聞いて逃げ出さなきゃいいんですけどね。

と同時に、冬服のチラシも入ってきました。
私が着るようなサイズでもこの時期になるとダイレクトメールやらで広告が入るので、見るのですが、見るたびにため息が出ちゃうんですよね・・・。

服を買えないんです。


ああ、私の場合、二つの意味がありますね。
ひとつは、サイズがない。(爆)
もうひとつは、買いたい服がない。


サイズはいつもの事なのでため息も出やしないんですが、問題は買いたい服がないって事。
結構深刻なんです。
先日も北京へ展示会へ行くとなったときに、向こうは東京よりはるかに寒いと、地球の歩き方に乗っていましたので、コートを買おうかと思って服屋さんへいったんです。
冬物も入荷し始めているのですが、コートを見ても、見た瞬間にこれとこれは要らないと外してしまうんですよね。


どうして候補から外してしまったかと言うと、ボンディング加工の商品だったからなのです。

ボンディング加工、一般の方にはなじみが無い言葉でしょうか。
簡単にご説明すると、二枚の生地を接着剤で張り合わせて服を作っているんです。
独特な風合いが生まれ、また薄くて風を通しにくいなど利点があります。

一見よさそうでしょ?
でもね、どうして候補から外したかと言いいますと、洗うのが大変なんですよ。


ボンディング加工の商品は、洗濯表示に難があるケースが多い。
ドライクリーニングOKと出ていても、本当にやって大丈夫か保障がありません。
それにコートですから、着れば当然汚れます。
繊細なクリーニングを要求するような服は今回求めていませんでしたしね。


仮に洗えたとしても、何年も持たないようでは困りますし、また洗えてもきれいにならないのも困ります。
ですから、最初から除外していったんです。


ところが、除外し始めた結果、何が起こったかというと、買うコートがなくなったんですね。
これには参りました。
結局、古いコートを持っていって事なきを得たのですが、それにしても買いたい服がないと言うのは深刻です。


よくお客様が、自分で洗える服がまず第一候補、とおっしゃいますが、それは大正解です。
洗える服が一番。
洗えると言うことはどういうことか。
洗っても問題が起こりにくい衣類ってことなんですね。
これは、クリーニングに出すような服も一緒なんです。
奇抜なファッションは目を引きますが、果たしてメンテナンスが出来るのか?買うときによく考えないと、いざクリーニングするときに時間とお金がかかってしまいます。
また、最近はアパレルさんもコストをカットするために目に見えないところで、洗濯やクリーニングに不向きな加工を施していることが非常に多いんです。

買うときは、洗濯表示、素材表示のを確認を忘れずに。


そして、分からないときは、日ごろご利用しているクリーニング屋さんに相談してみましょう。
毎日洗っているクリーニング屋さんの意見は、事故が起こりやすい商品の特徴を教えてくれます。
逆に言うと、長持ちする衣類も教えてくれるってことですね。


洗うだけでなく、ぜひ、日頃からクリーニング屋さんに相談に行ってみてください。
お買い物も損をしなくてすむようになります。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

虫食いの写真。

ここでも、虫食いついて何回か書いたことがありますが、今朝友達のブログでとてもいい物を発見しました。
ちょうど虫食いの話を書いていたらしく、なんと写真まで付けてくれている丁寧さ。
さすがです。


虫食いと言うと、一般の方は穴が開くとすぐ思ってしまいますが、この写真を見ていただければお分かりになるでしょう。
表面だけ、しかもふわっとしたところだけ食べていく虫食いと言うのが非常に多いんです。
ぜひ、ご参考にしてくださいね。

クリーニング屋さんのブログが増えてきて、こういった記事が増えてくることが非常にうれしく思います。


どうしても洗濯やクリーニング、衣類についての知識が日本人は乏しいのです。
そのせいか、衣類関係のトラブルが多いような気がしています。
私たちクリーニング屋の持っている知識を、少しずつですがお客様に伝えていけたらいいなあとずっと思っていました。
クリーニング屋さんのブログ、増えてきてくれて本当にうれしいですね。

おおっと、先の虫食いの写真が出ているブログはこちら。

AWAS! 宅配クリーニングのイトウ Blog


ご参考にどうぞ。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

カシミヤの偽装が後を絶ちません。

先日、東京都からこんな発表がありました。


インターネット通販のカシミヤ商品の3割が偽装表示。

主にセーターやストールらしいのですが、しかし、ひどいものです。
でも調べて見ると、インターネット通販だけでなく、ここ数年、店舗で販売されている商品も偽装表示されていたケースがあります。

カシミヤは、もの凄く貴重なものなんですね。
本来、そんなに取れるものじゃないんです。
だから高価なわけですよ。
どこでもカシミヤが普通に売られているのは確かに違和感を覚えます。


中には、アクリル100%の商品をカシミヤと表示していたとか。
ここまでくると本当に悪質ですね。

化学繊維って、何かをまねて作られることが多いんです。
シルクに似せて作られたり、カシミヤに似せて作られたり。
ですから、消費者が誤解してしまってもある意味し方がないんですね。


実際、クリーニングにお持ちになるお客様の中で、3分の1くらいのお客様が誤解をしています。
シルクだと思っていたり、カシミヤやアンゴラだと思っていたりと言うことは本当によくあることなんです。
それだけよく出来ているってことなんでしょうね。


化学繊維だけではありません。
ウールも織り方、糸の撚り方で風合いがぜんぜん違ってくるんです
私たちプロが見てもカシミヤが混ざってる?と思うほど、よく出来ているものもあります。


また実は便利な薬品もあるんですよ。
カシミヤタッチに仕上げる、仕上げ剤と言うものも存在するんです。
これは私たちクリーニング屋さんにも入ってくるのですが、本当によく出来ていて、普通のウールがカシミヤのような感触に代わってしまうんです。
これはね、もう本当に驚き。

クリーニング屋さんの中では、洗ったあとに固くなってしまったカシミヤの風合いを元に戻すため、使用するお店もあります。
カシミヤクリーニング.COMとしては、それっておかしいんじゃないの?と思うんですが・・・。
カシミヤは洗うと固くなるもの、と思っているお店ありますからね。
洗浄方法、乾燥工程、ともに見直したほうがよろしいんではないですか?と言いたくなります。

ま、それはさておき、そんな便利なものもあるので、一般のお客様は生地を見て見分けるのは非常に難しいと思います。
表示を信用するしかありません。
仕入れた業者もだまされたんでしょうが、何とかしてこれは解決しないと衣類への信用問題になりかねませんよね。


カシミヤ製品をお買い求めになる皆様、買うときは十分お気をつけください。

東京都のサイトはこちらです。

インターネット通販を集中調査「カシミヤ製繊維製品」の商品テスト実施

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

途中、一度洗いましょう。

一気に寒さがきつくなりましたね。
今朝も一段と寒いような気がします。


先週までぽかぽかの陽気もあったのに。
今年はこの陽気の変化が難しいです。


この難しさからか、この時期、本来出るはずのない冬物がクリーニングに出てきます。
春先に洗い忘れたのか、もしくは寒くなってきたので冬の準備に取り掛かったいるんだと思われます。


どちらにせよ、洗うのは大正解。
汚れたまま着用すると、せっかくのアウターが本来の性能を発揮しません。

つまり、暖かくないんです


洗うと、衣類全体が汚れでつぶれていたのが、汚れが落ち、全体的にふわっとして暖かくなります。
洗うだけでずいぶんと違うんですね。
ここでひとつお勧めなのが、来年、2月に入るか入らない頃にもう一度洗うといいですよ。


今から着ておよそ2ヶ月。
ちょうどアウターが汚れて暖かくなりづらくなる時期です。
でも、春先まではもうちょっとあります。
ちょうど2月前後に洗うと、暖かさがよみがえり、春先まで快適に着る事が出来るんです。


昔は、中間洗いと言いまして、皆さん洗っていたんですが、今はほとんどの人がワンシーズン着続けています。
コートなども、何着かを着まわしてちうよりも、一着を着続ける人も増えてきましたしね。
そういう着方もありなのですが、出来ることなら、数着を着まわして、適度にクリーニングすると、ぐっと長持ちします。


やはり、汚れを付けたまま着用していて、それが長引くと言うのはよくないんですよ。


決して、アウターは安い品物ではありません。
何年も持たないと思っているのは商品の質ではなく、メンテナンスや着用の仕方に問題があるのかもしれませんよ。

お勧めは来年2月に入るか入らないかの頃。
覚えておいて頂いて、ぜひ、中間洗いをお試しください。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »