« 大掃除をしています。 | トップページ | 他に出すから良いですよ。 »

年末に来て、新聞にクリーニングが。

年末最後の日曜日、朝から少しざわついていたんです。
その理由は、朝日新聞に載っていた記事の内容。


クリーニング大手のきょうくとうが商業地域の工場で禁止溶剤を使っていた、と言うもの。


朝日新聞は、実は二回目なんですよ、この話。
前回は業界3位のうさちゃんクリーニングでした。


禁止溶剤とかかれてはいますが、溶剤自体は別に普通のもので、きちんと使えばなんら問題がないんです。
問題だったのは、使っていた場所なんですね。
商業地域や住宅地などでは使うことが出来ないんですね。


ここでお気づきになる方もいらっしゃると思いますが、それなら町の中にあるクリーニング屋さんほとんどが駄目じゃないか?と思うでしょう。
ここが今回の一番難しいところなんですが、一概にそうとも言えないんですよね。

と言うのも、出店したときは、別に法を犯していなかったんですが、後から指定地域になって使えなくなった、と言うところが結構あるんです。
そういう場所では、指定される前からやっていたので、法律上違反とはなりません。
また、さらに難しいのが、禁止地域に指定されていても、場合によっては許可が下りることがある、と言う点なのです。
住民に必要なものだったりすると許可が下りることがあるようで、端から見ても分かりませんよね。


クリーニング屋さんも今のような形態になってから長いので、現状が分からないケースが非常に多いんですね。


また法律自体も古いと言う事もあるようです。
昔の機械ならいざ知らず、今の機械は本当に優秀。
静電気による発火を防ぐために、アースを取っていたり、引火しないようにドラムの中に窒素を入れて見たりと非常に細やかな作業をしています。
溶剤の扱いも良いですしね。
昔と違い、有機溶剤作業主任者の資格を取っていたり、危険物の資格を取っている人もいます。


私も、クリーニング学校時代に、危険物乙種第四類の資格を取っているんですよ。

実際クリーニング屋さんには過剰な資格なのですが、それでも上級の資格を取っていると、ぜんぜん違うんです。
危険かそうでないか、分かりますしね。

今回のきょくとうさんの件に絡んで、年明け国土交通省が全店調査に乗り出すと報道がありました。
一見大げさに聞こえますが、おそらく現在の使用状況の調査だと思うんですね。
先ほども書きましたが、その地域で使ってはいけない溶剤を使っているからといっても、それが即違法かと言うとそれは分からないんですね。
法律で指定される以前から使用していれば問題ないわけですから、まずはどの溶剤を使用し、いつから使用し始めたか、知らないと次の作業に移れないんです。


最初と今では、使っている溶剤が違うところもあるでしょうしね。
溶剤にも種類があります。
各々特徴があり、どういう風に洗いたいかで使う溶剤をみんな決めているんです。
日本では石油系の溶剤が多いですが、新しい溶剤も開発されていまして、乗り換える人もいるんです。


それでもやはり石油系の溶剤が多いのは、日本に合っているからなんでしょうね。
日本人が求めるクリーニングの品質は、かなり高いと思います。
そして、汗などの汚れも多い。
それらを総合的に落としてくれて、衣類の原型が崩れない、と言う条件で探すと、現時点では石油系が一番使い勝手が良いんだと思います。
他にも溶剤はありますが、やはり万能とまではいいづらい面がありますよね。


今後どうなっていくのか、注意深く見守っていかなければなりません。
法律もそろそろ見直す時期にきているというのもあります。


クリーニングの未来も変わってくるのでしょうか。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

|

« 大掃除をしています。 | トップページ | 他に出すから良いですよ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末に来て、新聞にクリーニングが。:

« 大掃除をしています。 | トップページ | 他に出すから良いですよ。 »