« 相性の合わない衣類。 | トップページ | たかがボタン、されどボタン。 »

クリーニングに出すだけじゃ駄目です。

コメント欄にお問い合わせを頂きまして、それにお答えしていたときに、ふと気づいたことがありました。
よく、ネット上でクリーニングに対する質問を見ていていつも疑問だったんです。


とりあえずクリーニングに出したんだけど・・・・、という言葉。


汚れが付いたとかそういうのだったら別に気にならないんですね。
でも、大体が違う目的なんです。


一番多いのが毛玉をとりたいから、と言うもの。

クリーニングをしても毛玉は取れません。
洗って毛玉が落ちるって大変なことだと思いませんか?
もしそのような状況だったら、普通に毛も落ちてきてもなんらおかしくない。
何回も洗っていたらそのうち透けてきちゃいますよ。(笑)
クリーニングに出して毛玉がなくなっているのは、洗って仕上げ終わった後に、毛玉を手作業で取り除いているからなんです。


中には毛玉をとってくれないクリーニング屋さんもありますから、クリーニングに出しただけでは駄目なケースもあります。

クリーニングって、なるべく元に近い形に戻すようにしています。
しみが付いていたら落とそうとしますし、仕上げをして、元の形に整形もしています。
ですが、中には原型が分からないものもしばしばあるんです。


一見すると、汚れのように見えるんだけど、実はわざとつけてあったり。
しみと勘違いして取ってしまうと、お客様に怒られてしまいます。


また、以前あったのが、白衣のスリット。
脇にスリットが入っていた白衣を、破れてしまったと勘違いして、縫ってしまったと言う業者さんがいました。
この白衣が、思い出のある白衣だったらしく、縫い糸を解いた後も、針の穴があるから直せ!と怒られ、当店へ持ち込まれたことがありました。


本当にここ数年、ファッション性が高すぎて、判断に苦しむものが増えているのも事実なのです。
今までの経験からすると、おかしいんだけど、そういうデザイン、もしくは素材なのかなあと、一応仕上げ、お客様に再度お聞きするなんてことも多々あります。


するとね、どういうことがおきるかと言うと、悩んだときは手を出さない、と言うことがおき出すんですね。
お客様はクリーニング屋さんに出せば、言わなくてもおかしいところを直してくれると思い、出してくださるんですが、こちらがおかしいかどうかの判断が付きかねる、と言う現象がおき始めます。
すると、そういうものなのかも、と普通に洗い、何もしないで仕上げてしまうんですね。


お客様は、受け取った後に変化が無く、がっかり、なんて事になります。


やはり、ここで重要なのが、お店とのコミュニケーション。
お預かりするときに、気になったらこちらから聞くのが一番ですが、中にはそれとは別にお客様が望んでいることもあるかと思うんです。


クリーニングに出すのには、理由があるはず。
それを話して欲しいんですね。

汚れがあるからきれいにして欲しい。
少し硬くなっているようなので、柔らかくして欲しい。
べたついた感じがするからさらっとさせて欲しい。
かび臭いので何とかして欲しい。


きっと、皆さんそれなりの理由があるはず。
どこをどうして欲しいのか、ここが自分はおかしいと思っている、とお話いただければ、こちらもプロです、お客様のお話を聞き、どこをどうすればいいのかこちらも必死に考え、何とかしてご満足いただけるように努力します。


クリーニングに出すだけでは、お望みのクリーニングは出来ないことが多いんです。
お客様にがっかりされることほど、私たちにとって悲しいことはありません。
ぜひ、出すときに一声おかけください。
皆さんの声をお待ちしております。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

|

« 相性の合わない衣類。 | トップページ | たかがボタン、されどボタン。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニングに出すだけじゃ駄目です。:

« 相性の合わない衣類。 | トップページ | たかがボタン、されどボタン。 »