« クリーニング店と強盗。 | トップページ | 服は着てなんぼ、です。 »

カシミヤ製品を長持ちさせるには?

夜な夜な、ネットを徘徊していると、面白い内容を目にする事があります。
クリーニング屋ですから、当然クリーニングの話に飛びつくのですが、お客様の声を目にすると、みんなそういう風に考えているんだなあと思うと同時に、これはまずいぞ、と思わざろう得ません。


昨日目にしたのが、カシミヤ製品の長持ちのさせ方。


私もカシミヤクリーニング.COMを展開していますから、興味あります。
いったいどういう風に消費者の方々は長持ちの工夫をしているのか。
でも、読んでみると、正直がっかりだったんです。
いろいろな意味でですけどね。


まず、クリーニングしてはいけない、とあります。
その理由は、クリーニングをすると、カシミヤ独特のぬめり感がなくなるから、だそうで・・・。
これに関しては、言えなくもないのが辛いところ。
ただ、カシミヤをカシミヤとしてきちんと扱っていれば、お客様がびっくりするような風合いの変化は起こるものではないんですね。
しかし、世の中にはいろいろなクリーニング屋さんがいます。
たしかに、これっておかしくしちゃったでしょ?と言うようなクリーニングをするお店があるのも事実。
そういうクリーニング屋さんにしか当たったことが無いお客様なら、クリーニングをしてはいけない、となるのかもしれません。


ここが非常にがっかりしたポイントだったんですね。


で、その次として汚れてしまったときの対策も書かれていました。
濡れたタオルで叩くとか、そんな感じなのですが、ちょっと考えてください。
もし、クリーニングよりもそっちの方が良いお手入れ方法だとして、長持ちするのなら、私たちクリーニング屋も洗わないでそういう作業をするんです。
でも、そういう作業をしないのには理由があります。
汚れって目に見えないものもあるんですよ。
目に見えるものだけしか手入れをしていないと、カシミヤなどの柔らかい商品は、後々困る事になってしまうんです。


一部分の汚れを、一時的にお手入れするのなら分かりますが、それを来年へ向けてのお手入れだと言うのなら、かなり危険な状態だと思います。


今年は割りと寒いですが、ここ数年は暖冬だったでしょ。
お気づきになっていらっしゃらない方も多いかもしれませんが、冬物の汗じみが物凄いんですよ。
下に着るセーターはわきの下が縮んでしまっているものもありましたし、一番びっくりしたのが、外に着ているコートの背中に大きな汗じみがあるんです。
表面に分かるほど出ていれば処理もしますが、見えていなくても汗がついているのは明白。
それらを落とすには結局、丸洗いをするしかないんですよ。


クリーニングをしてはいけない、部分的に処理する、と言うのも、皆さんが経験してきた結果なんだと思います。
嫌な思いをしてきた結果、最良と思われる方法なんでしょう。
そこもまた悔しいんですよね。
お客様にそういう思いをさせたクリーニング業者がいる。
また、きちんとしたクリーニング屋さんもいるんですが、そこを見つけていただけなかったと言う思いもあります。

間違っているとは言いませんが、正しくはないんです。
正しい知識をお客様に持っていただけるには、まだまだ越えなければいけないハードルが山のようにありそうです。
お客様への啓蒙、業者の勉強・・・、でも、やらないとみんな不幸になる。
何とかしたいですねえ。


で、一つだけ、それは賛成、というものがありました。
それは、

なるべく汚さない。

これは正解です。
服には服に合わせた着方と言うものがあります。
最近、それを無視して乱雑に扱う人が増えてきました。
カシミヤやアンゴラなどは、とてもデリケートです。
あまり乱雑に扱い汚しきってしまうと、汚れを落とすか風合いをとるかの選択に迫られる事になります。
まったく汚さないわけには行きませんが、なるべく汚さないように着る事はとても重要なのです。
そして、早めのお手入れも重要。
ここがポイントの一つですね。


残念ながらいまだ、カシミヤのお手入れ方法で、私たちから見て大正解、というものに出会ったことがありません。
いつ見つかるのかなあ。
根気よく探して見ましょう。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| |

« クリーニング店と強盗。 | トップページ | 服は着てなんぼ、です。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カシミヤ製品を長持ちさせるには?:

« クリーニング店と強盗。 | トップページ | 服は着てなんぼ、です。 »