« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

7ヵ月後をお楽しみに。

すいません、今日は落ちのない話で・・・。

ずいぶん前の事ですが、テレビのとある番組を見ていたときに、ある商品が出てきました。
どこの家庭にでもあるその商品。
一見普通なのですが、実は普通じゃないその商品を見て、欲しい、と思ったんです。(笑)

どうも物凄い評判らしく、一時は納期が1年以上もあったとか。
テレビで放送されていた時点で6ヶ月待ちの商品らしいんですよね。

番組終了後、すかさずネットで調べると、確かに売っている。
でも、番組を見ているときの家族の視線が微妙に痛かったんです。
ああ、欲しがってるのがばれたかな。(爆)
私、挙動不審なんでしょうね。
そりゃそうです、だって私が買い物をすると、うちの女性陣からクレームがつくんですから。
ものを買うのも、ヒンシュクを買うのを覚悟しながら注文をしないといけない現状なのです。

とりあえず、衝動買いはいけないと思い、しばらく我慢していました。(笑)
それから数週間後。
夜寝るときにですね、急に思ったんですよ。

明日、注文するぞ、と。


特に理由はありません。
突然、決断したんです。

そして、朝起きてから注文してしまいました。(笑)
この時点で納期は7ヵ月後、9月下旬ごろの予定です。


まだ、家族の中で誰も知らない・・・。
私だけの秘密。(笑)
突然届いたらびっくりするだろうなあ。
しかも、絶対文句言うだろうなあ。
でも、その文句がよかったという言葉に変わるという自信もあり。(笑)
いまから楽しみです。

で、ここで何を注文したか書いても良いのですが、なぜかここに書いたことがうちの嫁さんにばれています。(爆)
うちの嫁さんはブログ読んでないんですけどねえ。

あんた、あの話書いたでしょ?と突然釘刺されますから、今回はここでもシークレットで。

9月下旬、商品が到着しましたらまたご報告します。
それまで気長にお待ちください。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ウールだから強いって事はないんだぞ。

先日、ここでネットを使えば大丈夫というのはおかしいと書きました。
商品にあわせて使うものだから、ネットに入れればすべて大丈夫という理由にはならない、という事を書いたんです。

別件で友達と電話していたら、あれは何で?と質問されまして。
少し分かりづらかったなあと少し反省です。


ものによってはネットに入れても問題が起こることがありますと、という事なんですね。

たとえばですが、カシミヤやアンゴラなどの製品は、とても柔らかくデリケートな商品なので、素材名だけでかなり注意を払います。
では、ウールはそこまで気を使わないのか?というと、一概にそうとも言えないんですよね。
やはり作りがとても重要で、ウール製品といえども、カシミヤ並みにデリケートな品物も存在します。


ウールはカシミヤやアンゴラよりも強い、というのは確かにそういう傾向ではありますが、すべてに対してそうではないのです。


逆に、カシミヤでも作りでかなりしっかりしているなあと思うものもありますね。
その反対に、通常のカシミヤに比べてもまったく別物というほどデリケートなものもあります。
手編みのカシミヤ製品は、その扱いにとても慎重になります。

よく、お客様の中では、安いからとかどこどこのメーカーだからぞんざいに扱っても大丈夫、というような話を聞きます。
これはある意味仕方が無いと思うんですよ。
消費者に対して、衣類や素材に対する知識を伝えていませんから、知らないのも無理はない。
教育ですらやっていませんからね。
値段やブランドイメージで決めてしまうのも分からなくはありませんから。

でも、ことこれがプロのクリーニング屋さんだったら話は別なんですね。
衣類の状態を判断し、適切なクリーニングを選びながら綺麗にしていく仕事をしているんですから、安直な思い込みでの仕事は問題があります。


あたしたちが見るのは、衣類そのものです。
メーカーも素材も情報の一部に過ぎません。
カシミヤでも強いもの弱いものがある、ウールでも強いもの弱いものがある、それをきちんと判断しないと、事故に繋がってしまうんですよね。

クリーニングネットの件で私が言いたかったのは、この素材だからネットに入れれば大丈夫、という安易な発想をやめましょう、という事なんですね。
ネットに入れれば通常大丈夫でも、商品によって同じ素材でも問題がある商品がある。
商品をしっかり見ないで、素材表示のみで判断し、無思考で洗ってしまうのは危険なんです。

どうも、そんなクリーニング屋さんが多いですね。


今まで問題がないから、とおっしゃるところもありますが、それはたまたま運がよかっただけ。
集まる商品がそういう傾向だったからでしょう。
でも、今は日本中どこでも、一流品がありますし、出てくる可能性があります。
どこか、頭の片隅に入れておかないと、万が一の事故が起きてしまうと、お客様も不幸です。


ねえ、思い込みはやめましょうね。

もう一度繰り返します。
クリーニングネットを使う事は問題ありません。
ただ、クリーニングネットですべての商品がカバーできるわけではない、という事を忘れないでいて欲しいのです。
商品によって、きちんと洗濯方法を選びましょうね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

思い切って脱いだ方が良いですね。

東京にも春一番が吹きました。
そして、今日も生暖かい。
雨も降っていますし、不快指数も上がっているんじゃないかなあと思います。


昨日の気温が5月の頃の気温らしいのですが、そう言われてもどうしてもコートが手放せませんね。
思わず、暑いのに着て行ってしまいます。
でも、昨日や今日みたいな日は思い切って脱いでいったほうが良いんですよね。


というのも、やはり人間の体は正直で、気温が上がれば自然と汗もかきます。
夏のように流れる汗はかきませんが、衣類にはしっかりと汗がついています。
皆さんご記憶にあるでしょう、コートの下、セーターや下着に汗がついているのを。
これから先気温が高めで安定するようだと、コートやオーバーに汗がついちゃうんですね。
すると、少し厄介な事になります。


数年前、暖冬の時期にあったのですが、コートやオーバーのわきの下が汗で濡れ、縮んでしまった例もあるんですよ。
また、汗じみがしっかりと出来てしまったり。
一番びっくりしたのが、横断歩道を渡っているときに、目の前を歩いているおばさんのコートの背中が丸々と汗じみがついていたんです。
そうですね、直径20センチくらいはあったんじゃないでしょうか。


朝早く出るとか、夜遅く帰ってきてどうしても寒い、というのであれば仕方がない面もありますが、そういうのが無いのであれば、気温にあわせて思い切って脱いじゃう方が良いと思います。
無理してきて、汗じみをつける必要はないですからね。


来週から3月に入ります。
気温もあがったり下がったりすると思いますが、天気予報を見つつ、上手に着回して行って下さいね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダウン、出始めています。

クリーニングにもライフスタイルの変化が訪れています。
もう10年ほど前からだと思うのですが、それまでは衣替えにあわせてクリーニングに出し、仕舞っておいてまた次のシーズンに着るというサイクル。
それが、いつの間にか、次のシーズンまで仕舞っておいて、きるときに洗う、というスタイルが多くなってきたんです。


どっちが正解かといえば、もちろん前者の方、洗ってから仕舞うが正解ですね。
その理由は、汚れがついたまま仕舞っておくと、カビが生えたり虫に食われたりします。
また、汚れが時間とともに定着し、落ちづらくなったり黄色く変化してしまい取れなくなってしまうからです。


昔CMで、今年の汚れ、今年のうちに♪というのがありましたが、衣類もまさにその通りなんですね。

ライフスタイルが変わってきて結構経ちましたが、去年辺りからまた少し変化が起きています。
どのような変化かといいますと、2月の段階で冬物のクリーニングが出るんです。
昔ならですね、この時期のクリーニングは中間洗いといいまして、長いシーズンの途中にクリーニングしたものでした。
なら、今洗うのも一緒だべ?と思うのですが、昔と今の違いはこうなんです。

もう着ないので洗ってください。

つまり、この洋服はもう着ません、仕舞います。という事を言っているんですね。
でも、まだまだ寒い日が続きますからもう少し着るんじゃないかなと思うんですよ。
すると、他のがあるのでそっちを着ます、と。
こんな会話を聞いていて、変化がまたおきているなあと思うのです。

でも、今回の変化は割と良い傾向かなあと思っています。
一着を長く着ればそれだけ衣類も汚れるし傷みやすくなる。
着回して行くことはある意味基本ですから、そういう意味でも正解かなあ。
また、もう着ない服から洗うというのも大正解。
着ないのに、いつまでも取って置いても良いことはありませんからね。

先週末はダウン製品が多く集まりましたね。
やはり、もう着ないのでじっくり洗ってくださいとのお客様のお言葉。
今週は陽気も良いですからまた出るのかもしれません。


来週はもう3月です。
今まで来ていた服を仕舞いませんか?
まだ肌寒い日があるとは思いますが、今ほど厚手でなくても良いと思います。
後でまとめて・・・、は忘れやすい典型です。
一枚一枚、上から順番に脱いで、洗ってしまいましょう。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

悪寒?

昨日は一時体調が悪くなりましてね。

私、今年は風邪を引かないって決めたんです。(笑)
新型インフルエンザが流行りだし、お客様もかかった方がいらっしゃいましたが、自分のところからご迷惑をかけるわけにはいかないと思い、今年は絶対かからないと決めたんです。


ちょっとでも外へ出れば、うがいと手洗いをし、顔も洗いましたかね。
家の中にいても、誰かが咳をすればうがいをしに良くという徹底ぶり。
そのおかげか、若干体調が優れないかな?というときもありましたが、寝込むような事はなく、無事に過ごしてまいりました。

所が昨晩、体に異変が起きたのです。
夜、仕事仲間数人とメールで、情報交換をしていたんですね。
かなり突っ込んだ話を深夜遅くまでやっていたでしょうか。
12時を回り、そろそろお風呂でもと、いったんメールをやめて、お風呂へ入ったんですよ。
軽く温まり、パジャマに着替えました。


他の仲間も寝たようでメールが来なくなりましたから、ここからはいつものごとく調べ物の時間。(笑)
2時過ぎまで色々と調べ物をしていたんですよね。

調べ物をしているとき、私に横にはハロゲンヒーターが置いてあります。
しかも、かなりの至近距離。
微妙にいすなんかは熱くなっているくらい近いんですよ。


なのに、昨日は震えが来るほど体が冷えるんです。
おかしいなあ?湯冷めかな?寒くなってきたのかな?と思い、ハロゲンヒーターを抱え込みます。
普段ならものの数十秒で熱くなり、充電完了といわんばかりにパソコンへ向かうのですが、昨日はなぜだか震えが止まらない。
風邪を引いたときのような寒さが襲うんですよ。


もしかして、風邪引いちゃったのかなあ?と思い、まずいなあと思っていると、ふと思い出したことがありまして。

わたしね、昨日パジャマの下に、とある機能性のあるTシャツを着込んだんです。
うちの洗濯物は子供が持ち上げてくるんですが、最近さぼり気味で洗濯物が部屋に来ていないことが多々あります。
昨日はそんな日で、着替えがなかったんですよね。
で、夏に着る、涼しくなるTシャツを着たんです。

どうせ寝ちゃうし、夏に着ていても分かるほど涼しくなるものでもないし、大丈夫だろう・・・・・、と着たんですよね。

原因はそれでした。(爆)
震えながら下におりまして、代わりに綿のTシャツに着替え、ハロゲンヒーターで温まるとあら不思議、今までぜんぜん温まらなかったのが一気に温まります。
やはり原因は、涼しくなるTシャツだったんですね。


まさか、ここまで分かりやすく体感できるとは思いませんでした。
夏に着ていても、実感できる事は少ないので、気休めかなくらいにしか思っていなかったんですが、これで効果が実証されましたね。(笑)。
こんなときに実証しなくても良かったんですけど・・・。

やはり、夏に着るものは夏に着ないといけません。

消臭効果があるとか、抗菌効果があるとか、最近の衣類は機能性が高いものがいくつもあります。
凄い進歩ですよねえ。

おかげさまで、着替えたので本日の調子はすこぶる快調。
風邪を引かない日数はまだまだ更新中です。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットに入れれば良いというわけじゃないのよ。

先日、一件の事故品が送られてきました。

とても柔らかい、良いカーディガンなんですが、よく見ると縮んでいるんですよね。
おかしいかどうか見てください、と送られてきたんです。

一目見ればおかしいのはクリーニング屋さんなら誰でも分かります。
生地も独特の柔らかさがあり、毛足が長いですから、扱いに注意が必要なのも分かると思うんですよね。
でも、このクリーニング屋さんは分からなかったみたいで・・・。

品物を見させていただき、お客様から事情を聞き、こうなった原因をご説明しました。
そして数日後に、クリーニング屋さんとの話し、その後の経過を教えていただいたんですね。


色々出る話の中で、そのクリーニング屋さんがどうやって洗ったか?という事が分かってきました。
ネットに入れて洗ったというんですよ。
で、他のものと一緒に洗ったというんですね。

これだけ柔らかく、毛足の長い商品をそんな洗い方するの?と聞いたこっちがびっくり。
ネットに入れれば大丈夫、という発想が私にはよく分からないんですよね。


たまにいるんですよ、こういうクリーニング屋さんって。
確かにね、ネットに入れて洗えば他のものと一緒に洗えるものもあります。
でも、それは色々な理由があるのです。

どうしてネットに入れるのか?
ネットに入れなければならない理由があるんですよ。
つまり、条件があるってことなんですね。


闇雲に、デリケートな商品はネットに入れて洗う、という事ではないんです。

そりゃ、事故も起きますがな。


とても残念なのは、そのクリーニング屋さん、私が調べたところ割と評判が良いんですよね。
個人でやっているし、特殊な洗剤を使っていると宣伝もしている。
私もその洗剤の事は知っていますから、そういうものを勉強しているところだから、仕事が分かってやっているんじゃないかなあと思ったんです。
お客様からその後のお話を聞くまでは、手違いだったのかなあと思っていましたし。


でも、扱い方を聞いたときに、これは知らないでやっちゃったんだなあと改めて思いました。


非常に残念。
どうもね、考えていないクリーニング屋さんがいるんですよ。

私たちの仕事はきちんと理由が存在しています。
洗い方もそう、仕分けもそう、仕上げ方や置き方もそう。
みんな、そうする理由が存在しているのです。
勉強していないところは、どんどん取り残されていきます。


もう一度、よく考えて仕事に取り組んで欲しいですね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勘違いされるような書き方はやめてくださいね。

先週の木曜日、朝日新聞の朝刊にクリーニング関係のコラムが載りました。

去年から取り上げられている、クリーニング溶剤の使用地域の問題について、クリーニング業界と役所の対応について書かれています。
ざっと要約しますと、放っておいた役所も悪いし、新しい引火性のない溶剤を開発しなかったクリーニング屋さんも悪い、という感じ。
クリーニング業界もただ黙っていたわけでなく、ここ10年以上、新溶剤については色々なところで研究されていたんですけどね。
現状のものより良いものがなかったという事実があるんです。
そこはちょっと分かって欲しかったかなあという印象ですね。


その記事の中に、ちょっと問題のある文章が載っていました。
横浜のクリーニング屋さんが火事を出した、という話が載っているんですね。
他にもう一件、静電気の火花から引火して火事になった事例が載っていて、危険である、というようなかき方をしているんです。


横浜のクリーニング屋さんのケースは、乾燥不十分な衣類から発熱して火災が起きた、とあります。


これ、ちゃんと取材されたんでしょうか?

実はですね、昨日、この火事を出されたクリーニング屋さんと会うことが出来まして、お話を伺ったんです。
するとね、この記事と話が違うんですよね。


記事の話も実は少しおかしいのです。
水洗いした衣類から火が起きるということは、実はあります。
アロマオイルや、食用油など、水洗いで落ちづらい油が衣類に残り、乾燥した後、温かいまま衣類を重ねておくと、衣類の中で熱が上がり、油の発火点(一定の温度に達すると火種がなくても火が起きる温度の事)に達し、火が起きる、という事例はあるんです。

しかし、記事の中には、乾燥不十分、とあります。
乾燥不十分という事は、湿っているわけですよね?
その状態から火が起きるのかちょっと微妙です。


でね、実は話を聞いてびっくりしたのが、この火災をおこしてしまったクリーニング屋さん、最終的な話だと不審火が原因だというんです。
もしそうなら、話が違ってきますよね。


で、このクリーニング屋さんは、いわゆるリネンサプライといいまして、おしぼりや白衣などを扱っているクリーニング屋さんなんですよ。
水洗いをするんですよね。


そして、もちろん、乾燥後の発火の事例は知っていますから、その対応もしっかりしていた、との事。
火災が起きた前の日も、きちんと火が出ないように乾燥後の衣類に適切な処置をした、というのです。


それで火が出るのは、おかしい、というんですね。


また、これもびっくりしたのですが、このクリーニング屋さんには、ドライクリーニングの溶剤はなかったんだそうで。
建築基準法の話で、使用禁止区域での溶剤の使用を問題視しているので、危険な例として、事故例を挙げたんだと思うんです。


なのに、火災を起こしたクリーニング屋さんは溶剤がなかった。
問題がない工場だったんですね。

厳密に言うと、機械はあったんですが、溶剤は抜かれ、電源も抜かれていたとの事。
ただの鉄の塊、だったわけです。


どうも、話がおかしな事になってきました。

朝日新聞に載るって、凄い事だと思うんです。
全国紙という事で信用も段違いであるでしょうし、その影響は計り知れません。
ですから、記事にするときは、細心の注意を払い、取材に取材を重ね、吟味してから世に出すと思うのです。


新聞の使命って、あると思います。
それは絶対必要ですし、正さねばならない事もあるでしょう。
しかし、その一方で、誤報や勘違いなどの事例が盛り込まれてしまうと、その記事の信用はどうなるでしょうか?
結果的に正せれば良いや、なんていう態度で臨んでいるはずはないと思うんですよね。
となると、やはり今回の記事はちょっと問題があるように思います。


記者さんも正したい事があるんでしょう。
それなら、きちんと公平に記事を書かなければいけないと思います。


クリーニングの工場は危ない、と取られかねないような事例のあげ方は、誘導しているようで、おかしいです。


書かれた本人も、怒っていましたしね。
勘違いされるような書き方は本当に勘弁して欲しいと思います。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

銭湯の前の自動販売機。

配達の途中、珍しいなあと思うものを発見。
いやね、ジュースの自動販売機なんですが、当たりつきなんですよ。
懐かしいでしょ?


昔は、ジュースの自動販売機といえば、ルーレットがついていたもんです。
ドキドキしながらジュースを買ってね。
で、ルーレットの奴だと、どの位置で買えば当たるとか、根拠のない噂が広まりまして、信じて買い、外れてがっかりしていたものです。


当たりつきの自動販売機を見ていてふと思い出したことがあります。
中河原に銭湯があったんですよ。
今は残念ながらなくなってしまったんですけどね。
鎌倉街道の北京家庭菜さんの裏にあったんです。
その銭湯の前に、一台の自動販売機がありました。
やはり当たりつきで、ルーレットタイプのもの。
子供の頃は、銭湯へ行くのも遊びの一種ですから、友達と準備してね、いそいそとお風呂に入りに行ったものです。


その帰りに、必ず銭湯の前にある自動販売機で、ジュースを買うのですが、なんとその自動販売機、当たりが出ると、ジュースに50円玉がついてきたんですよね。
プルトップのところに、50円玉がはさんであって、ジュースが当たって二本飲める他に50円もゲットできるんです。


凄いでしょ?

あの当時の50円は大金でした。
駄菓子屋さんへ行けばお菓子を買えましたしね。

でもね、子供の頃はなんとも思わず、ただラッキーくらいにしか思わなかったんですけど、今思い返すと不思議なんですよね。

何で当たりの時にだけ50円玉がついてきたのか。

おかしいでしょ?
もしかして当たりって操作できたのかな?とか考えちゃいます。
どのジュース買うか分からないのにね。
結構な確立であった気がしたなあ。
もしかすると、子供が飲むようなものを中心にしていたのかもしれませんね。


そうだとしたら、すごい遊び心だなあ。
最近ねえ、思うんですよ、やさしい遊び心が少ないなあって。
子供たちが純粋に楽しめるような、そんなちょっとした粋なものが少なくなっているように思います。
逆に言うと、子供たちも大人同様に扱われているケースがあるんですよね。


子供のときしか味わえない体験ってあるでしょ?
なんかね、そんな物があっても良いかなあと思いました。

来週配達に出かけたら、当たりつきの自動販売機で、ジュース買おうかな。
童心に戻れるかしら?


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

目。

クリーニングに携わって早16年。
私がクリーニング屋さんには言った頃に生まれた子はもう高校生ですか。
そう考えると恐ろしいほど時間が経過しているなあと思います。


先日、お客様のお宅へ行きまして品物をお預かりしていたときの事。
お客様が一着の上着と二着のスカートをお出しになったんです。
色は全部黒・・・・・、でも、微妙に違いはあります。
この中の一着はまったく違い、残りの二着は上下のセットだとおっしゃいます。
玄関先はどこのお宅も少し暗いですから、微妙な色合いが分かりません。
持ち主のお客様ですら分からないのが普通です。


品物を渡されまして、じっと見ると、すぐぴんと来ました。
これとこれが上下のセットですね、と私。
お客様、少しびっくり。(笑)

こんな暗いところでなんで分かるの?というような感じです。
何でといわれましても・・・・・・、分かるんだから仕方がない。(笑)
自分でもどう説明したら良いのか分かりませんが、違うのが分かるんですよ。

でも、こういう風に分かるようになるまでには相当時間がかかっています。
この仕事に就いたとき、汚れているのさえ分かりませんでしたから。
ここにしみがあるといわれても、見ても分からない。
はっきりとしたものなら分かりますが、うっすらとしたものはぜんぜん分からなかったんです。
また、お客様のお宅へお伺いしたときに、服の色がよく分からなかったりと言う事も多々ありました。
黒に見えて帰ってきたら濃紺だったり。
そんな失敗を繰り返して、毎日衣類と向き合っているうちに、自然と目が慣れてきたんでしょうね。

気がついたら、しみも見つけられるようになっているし、色の違いも分かるようになっていました。

特に、汚れに関しては、よく分かるんです。
お客様が汚れていないと思っているような衣類でも、うっすらと汚れているのが手に取るように分かります。
元の色が想像できるんですよね。
だから、汚れているのが分かるんです。

振り返ってみればの話ですが、本当に鍛えられているんだなあとしみじみ思います。
で、これは日常の仕事の延長なんですよね。
汚れの発見なんかは、綺麗な衣類を見慣れていないと気付かないんです。
たまに他のクリーニング屋さんへ見学に行き、これ汚れてない?とつい言ってしまう事があるのですが、大抵こんなものじゃない?と言われますから、その違いに気付く事が出来る目を養ってこれたのは、うちの店に入ったからなんだと思います。

時間は裏切りませんね。


自分のことなのに、人間って凄いなあと思ってしまいます。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗いはどこで洗っても同じじゃないんです。

色々な方とお話をしていて、どうもクリーニングはどこも同じでしょう?というようなニュアンスで話をされたりする事が多いんです。

それでも仕上げはまだ技術的に認められているのか、お店によって違うという人が結構いらっしゃるんですが、なぜか洗いに関しては、違いがあるというような認識はあまりないんですよね。
でもこれは消費者だけでなく、クリーニング業者の中でも同じことが言えるんです。

洗いにはそんなに違いが無いと思っている人が実は結構いらっしゃいます。

そんな事はないんですけどね。
私はクリーニングの仕事の中で、洗いってかなりのウェイトを占めると思っているんですよ。

確かに、端から見れば、同じような溶剤を使い、機械の中に入れ、ボタンを押しているようにしか見えないかもしれない。
その機械の工程も、時間の差や工定数の差はあれども、どこも似たように設定しているはずだし、差が出るはずはない、と思っているようなんですね。

でも、違うんですよねえ。
洗いの違いは、工程だけでなく、品物の扱いや分け方でびっくりするほど差が出るものなんです。


そして、この差というのは、お店のスタンスがよく現れると思うんですよ。

当店でももう何年前でしょうか、ドライクリーニングの機械が壊れ、社長の古くからの友達の工場をかり、洗った事があります。
最初、機械を貸してくれて、自分たちが洗うという話だったんですが、向こうの方が気を使ってくれたらしく、洗っておいてくれる、というのです。
若干、嫌な予感はしたんですが、善意で言ってくれているので、品物を置いていこうとすると、目の前の行動にびっくりしてしまったんですよね。

品物を分けずにかまわず機械の中に入れているんです。
しかも、量もかなり多めで。

一瞬、目を疑い、思わず息を飲んでしまいました。
すかさず、やっぱりやりますといい、品物を分けてあらわせて頂きました。
向こうの方は、怪訝そうな顔で、一緒に洗っても平気なのに・・・、といっておられましたが、当店のお客様が望んでいる仕事をするには、やはり合わないんです。

この店が悪いお店かというと決してそういうわけではないんですよ。
仕事も丁寧なんですが、品物に対するスタンスが違うんですね。
洗うという事が目的なのか、それ以外も目的なのか。
うちは洗うだけではすまないんです。

もしかすると、一回くらい平気なものもあるかもしれません。
でも、それが積み重なれば、びっくりする様な差になりますし、中には一度で駄目になるものもあるでしょう。
やはり、大丈夫だ、とは思えないんですよね。


昔は、クリーニング屋さんにドライクリーニングの設備がありませんでした。
ほとんどのお店が機械を持っているお店へ洗いだけお願いをしていたんです。
もし、今、昔に戻ってよそで洗ってもらうようなことになったら・・・・・・、ちょっと恐いですね。
そんな事になったら、うちは困ってしまいます。
いや、うちだけでなく、お客様も困ってしまいますね。


どこもかしこも、綺麗にならないかもしれません。
洗いの技術はそんなに簡単ではないのです。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪が積もりましたね。

おはようございます。
子供たちの声で目が覚めました。


何で平日に子供たちが大騒ぎしているのかと思っていると、雪が積もったんですね。
窓から外を眺めると、一面真っ白。
屋根の上にも積もっていますし、電線にも雪が積もっています。
先日降ったときには、予報のようにつもりはしなかったので、子供たちはがっくりしてました。
だからでしょうね、今朝は大騒ぎ。


朝8時過ぎ現在、まだ雪がちらほら舞っていますが、お昼ごろまで降るようです。
やんだら一気に解け始めるんでしょうかね。

雪が解けたら注意してくださいね。
道路はびしょびしょになりますから、思っているよりも、泥はねが凄くなります。
こんな日は、良いオーバーやコート、スーツなどは着ていかないほうが賢明です。
というのも、必ず泥はねで裾や背中の下のほうが汚れるからなんですね
しかも、雨などの泥撥ねよりも真っ黒で落ちづらい泥はねなんです。
こんな日に汚してしまうと、後悔してしまう事になります。


普段から、雨の日用のスーツなどを用意しておくと良いですよ。
新しく購入する必要はありません。
古くなったスーツを雨用にするだけです。
スーツも、デザインや色がありますから、年数が経ってくると、だんだん着なくなるものが出てくるんです。
捨ててしまう人もいますが、上手に着まわすと、多少古くても使えるものなんですよね。

おそらく、明日もやばいんじゃないかなあと思います。
今日明日は、ちょっと抑え目の服でお出かけください。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正しい知識を広めましょう。

クリーニングの知識は意外とお客様に伝わっていると思うんです。

昔なら専門用語といっても良いような言葉を、今はお客様の口から聞くことがあります。
それだけ、情報が出回っているんでしょうね。

クリーニングのことを知っていただくのは良いことだと思うんです。
事実、私たちクリーニング業者も、10年ほど前から消費者啓蒙という事で、クリーニングのメリットデメリットなど、伝えるようにしてきましたし。
ただ、それが裏目に出ているかな?と思うこともしばしばあります。

不思議なものでメリットはあまり伝わらないんですね。
デメリットの方がよく伝わる。
しかも、誇張されて伝わるから始末が悪いんです。

たとえば、傷むという言葉一つとってもそうなのですが、最近は少し過剰なきらいがあるんじゃないか、そう思うこともしばしばあります。
物ですから、製品によって、また各お店の扱いによって仕上がりは変わってきます。
中には新品の頃と比べて明らかに変わってしまう、というケースもなくはない。
しかし、こういうケースはまれなケースなのですが、そういう事もありえるという話を消費者に伝えると、衣類は洗うと傷む、というような話が広まってしまうのです。

また、ドライクリーニングでは汗の汚れは落ちない、というような話が広まっています。
これをはじめて聞いた消費者の方は、クリーニング屋さんは綺麗にするために洗うのに綺麗にならなかったら意味がないじゃないか、というんです。


これだけ聞けば、私もそう思います。
出さない方がましじゃないか、と。

しかし、実はこの話には続きとちょっとした間違いがあるのです。
間違いと続きはこちら。


ドライクリーニングは油で洗うので、水で洗うよりは汗の汚れは落ちづらい特徴があります。
また水洗いは水で洗いますから、油汚れは落としづらい特徴があります。
汚れや素材を考えて適切な洗い方を選びましょう。


つまりですね、この話の最初は、ドライクリーニングも水洗いも一長一短がある、という事をお客様に伝えたかったんですよね。
また、落ちないではなく落ちづらいんです。
洗剤を入れていますから、水洗いでも油汚れは落ちますし、ドライクリーニングでも汗などの汚れは落ちます。

それがいつのまにやら落ちないという表現に変わり、お客様の間で伝わり始め、ともすればクリーニング業者さんの中でも、落ちないとはっきり言う人も出るような状態に。
クリーニング屋を名乗っている人が言えば、消費者が信じるのは当然です。


最初はお客様に知ってもらいたいと思ってやってきていたはずの、消費者啓蒙活動が、おかしな事になっているなあと思うんですね。
本当はクリーニングをもっと知ってもらって上手に使っていただきたい、衣類を長く、綺麗に着ていただきたい、それが発端だったんですけどね。


ちょっとした勘違いから、今やびっくりするような事をやるお客様まで出てきているようです。
先の、ドライクリーニングで汗は落ちないという事を踏まえて、自分で水洗いをし、その後クリーニング屋さんへ持っていく、という人もいるようですよ。


クリーニング屋さんなら、分かりますよね?
これは逆の発想ですし、これじゃ綺麗にならない。


気付かないうちに広まったこの問題、どうやって解決していきましょうか?
間違った解釈はお客様を不幸にします。
正しい事を教えてあげられるのはクリーニング屋さんだけですよね。
どうすればいいかなあ。


まずは受付での説明をきちんとする事が一番でしょうか。
どうも、適当な話をする受付の方が多いみたいです。
従業員教育をしっかりする必要があると思いますね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニング屋さんと集配エリア。

ここ最近、お客様からお問い合わせを頂くことが多いんですが、そのほとんどが、今までご利用していたクリーニング屋さんが集配にこれなくなってしまった、と言うもの。
新たに、集配してくれるクリーニング屋さんを探して、当店へお問い合わせ戴いているようです。

クリーニング屋さんの集配エリアは意外と狭いんですよね。
当店のように、府中市以外に幅広く回っているのはかなり特殊な事例です。
普通は、小金井市内でも全部の地域を回るクリーニング屋さんは少なく、特定の町内を回る方が多いんですね。


と言うのも、クリーニング代と出る品物の量を考えると、あまり遠くまで行くことが出来ないんです。
集配料として別に料金を頂いているようなところでも、実際はガソリン代にもなっていなくて厳しいと思います。
そう考えると、うちみたいに、集配料も別途かかりません、集配用の料金設定もありません、近隣の市まで行きます、と言うのは本当に珍しいと思います。

なぜ、ここ最近になって集配をやめるクリーニング屋さんが増えてきたのか。

一つは、高齢化に伴い仕事をするのが辛くなっていると言う事。
後継者がいなく、自分ひとりもしくは奥様と二人で営業されていたりすると、集配に出かけ、戻ってきてまた洗い、仕上げる、と言う作業が非常に大変なんです。
儲けると言うよりも、日々の生活の足しになれば良い・・・・というような発想で仕事をしている方もいらっしゃいますから、そういう人たちは体の具合を見ながら事業の縮小を図っていきます。


もう一つ、集配のコストと品物の集まり方にギャップが出ている、と言う事があるんです。
集配にかかるコストは、意外とかかっています。
ガソリン代を始め、人を雇っていれば従業員のコストもかかります。
車両のメンテナンス代などもありますね。
今までですと、集配に出るとそれなりに品物が集まっていたんです。
一軒一軒は少なくなってきていても、一度に数件回る事で、コストの削減をし、何とか集配を続ける事が出来ました。

ところが、ここ最近はちょっと様子が違います。

皆さん、必要なもの意外は出さなくなってきましたので、一回に出る量が少なくなっているのです。
それに加えて、今までなら数件依頼があり、一度外に出れば数件分集めて来れましたが、今はそれもありません。
一度出かけて一軒しかないなんていうこともあるんですね。


また、私たちはルートを組んで配達に出かけます。
一見、遠いお客様でも、そのお客様へ行くまでに数件お伺いしながら行く事で、遠いお客様へお伺いする事も可能になります。
しかし、途中のお客様がいなくなると、途端に遠いお客様へ行く事が困難になる。
それでお断りしているクリーニング屋さんもあるんですね。

このように、集配のコストと出る量が合わなくなって来ているという現実もあるようです。
中には、ある程度溜まってからご連絡くださるお客様もいらっしゃいます。
気をつかって頂いて申し訳ないなあと思うんです。


その反面、景気のよい時のまま、一枚でも取りに来い!とかなり強引なお客様もいらっしゃいます。
事情を説明し、ご理解を得られるように努力をしますが、伝わらなかったりすると、また叱られたりもするんですね。

大きな品物があったり、忙しくてクリーニング屋さんに持ち込めなかったり、お客様も集配を望んでらっしゃると思います。
クリーニング屋さんも、その辺は分かっていると思うし、存続したいと思っていると思うんですよね。

しかし、現実は厳しいんでしょう・・・・。
難しいなあ。

クリーニングの集配をお探しの皆様、一度ご連絡ください。
ご相談しましょう。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

求めれば見つかる。(笑)

昨日日曜日、府中でクリーニング屋さんの展示会があったようです。
その情報をつかんだのが先週の半ば。
最初はあやふやな情報だったので、あまり気に留めていなかったんですが、土曜日に確実にやっていると言う事が判明。
じゃ日曜日に行こうかな、と思い立ったのでした。


しかし、どこでやっているかわかりません。
回ってきた情報では、府中の駅前でセミナーをやっているとか、倉庫で展示会をやっているとか様々。
駅前のセミナーは事前に申し込みをしていないので仕方ありませんが、もし倉庫の方でやっているのなら、府中市内をぐるぐる回っていれば見つける事が出来るかもしれません。
そう思いまして、ここに今から探してきます、と書き込み、出掛けようとしました。

その数分後、いざ出かけようとしたら、携帯がなります。
おやおや、確か金沢の方でセミナーをやっている全ドラ関社長じゃありませんか。

場所分かった?ときかれたんですね。
いやまだだから、これから捜し歩く、と言うと、ちょっと待って、聞いてあげるからという話し。
数分後、折り返しの電話がかかってきて、インターネットの出展者のホームページに、載っていると言う話を教えてくれたんです。
電話を切るときに、何で展示会へいくって分かったの?と聞くと、ブログ読んだから、と。(笑)
ブログって本当に便利ですねえ。


関さん、ありがとう。


出かける直前に、ホームページで確認。
確かに展示会情報が載っています。
これで後は行くだけ・・・・・、と思いきや、おかしい、本社の住所が載っている。
情報では倉庫だって聞いてたんだけどなあ。
おかしいと思い、本社に電話をするも、繋がりません。
仕方が無いので、とりあえず、本社に行ってみることにしました。


車を走らせ数分後、甲州街道を越えたところで、何を思ったか、突然曲がっちゃったんですよね。
やっぱり倉庫でやっていると言うのが頭をよぎって、倉庫なら府中だとこの辺に多いよなあと、思わず曲がってしまったんです。


でも、やはりない。


そんな偶然があるはずないですから、仕方が無く、ぐるりと回ったんです。
で、ふと、あの人なら分かるかも?と、車を止め電話。
電話は繋がったのですが、調べてもらっても分からず。
あきらめてとりあえず本社へ車を走らせたんです。

・・・・・、車を走らせて50m、右カーブの先に黄色い派手なのぼりがいくつもたっています。
この辺でのぼりを立てている事なんてないよなあ、と思っていると、でかでかと、クリーニング展示会、とあります。

もう、びっくり。(笑)

こんな偶然ってあるんですね。
適当に走った先にあるとは思いもしませんでした。
無事に会場へ到着し、車を止め、中に入ると、皆さんお昼ご飯中。
小さな会場ですが、知り合いのメーカーさんもいたので、挨拶がてら少しお話をします。


やはり、私たちクリーニング屋さんが厳しいので、その影響がメーカーさんにも及んでいるんですね。
かなり厳しいようなお話を伺いました。
先日もここに書きました、建築基準法の問題も絡んでいるようで、新しい機械が出ないんだとか。
波紋は広がるばかりです。


改良された機械を見て、新しいドライクリーニングの機械の説明を受けます。
汚れ落ちの面や、メンテナンスの事、洗えないものはないのか、洗いあがりに差はないのか?事細かく質問し、全部答えていただきました。


最終的には、洗い上がりや、使っているユーザーの話などまだ確かめなければならない事があるので、正直まだ決定と言うわけには行きません。
感触としては・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、微妙ですね。
洗剤メーカー、薬品メーカーからの洗剤や助剤でまた変わってくるんじゃないかなあと思います。


そして、一番の問題は、製造が追いついていないんだそうで。
フル稼働させて生産しているんですが、ぜんぜん作る事が出来ないんだそうです。
仮に、ドライクリーニングの入れ替えをしなければならない状態になっても、無理だと言っておられました。
もともとそんなに大量に出回るものではないですからね、これも仕方が無いのかもしれません。


約2時間弱で、展示会場を後にしました。
本当に倉庫でやっていますから、小さいんですけど、やはり行けば人と話す機会があり、時間は過ぎていきます。
これが大事なんですよね。

会場で、ご年配の人に会いました。
どうも、向こうは私のことをご存知の様子。
話してみると、どうも社長の知り合いなんですよね。
で、私のことをうっすらと覚えていた、と言う事なんでしょう。
社長は元気か?と言われ、元気ですと言うと、展示会が好きだったんだよなあ、と言うんです。

おいらも多分、そう思われているだろうなあ。(笑)

親子二代で展示会通いしているもんなあ。(笑)
クリーニング屋さんね、展示会に足を運ばない人が多いんですよね。
まあ、代わり映えのしない機械、資材が多いのも事実。
せっかくの休みを買い物があるわけでもないのに行く必要はない、と言うのも一理あるのかな。

私はぜんぜんそうは思わないですけどね。

いやいや、とても面白い展示会でございました。
昨日で終わりかと思いきや再来週の木曜日と日曜日にまたやるそうです。
ご興味のある方はご連絡ください。
場所をお教えします。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

展示会探し。

バンクーバーオリンピックが始まりました。
今朝から、我が家でもテレビにかじりつき。(笑)
女子モーグルの予選を見て、全員予選通過を喜び、女子ショートトラックでの予選敗退を唇かみ締めながら悔しがり、手に汗握る日曜日となっています。


皆さん、巣篭もりしてますか?(笑)

そんなテレビっ子になっていたい日曜日ですが、先週ちょっとした情報を頂きました。

どうも府中で展示会をやっているらしい。

業界紙に載っていたとか、封書で届いていたとか色々話が出ていますが、私は知らなかったんですよ。
で、場所が分からないのですが、とりあえずこれから探して行ってこようかと思っています。
今年は各地で開催される展示会、セミナーが大好評と言いますから、府中で開催されている展示会がどんなものか、見てみたいんですよね。

ああ、なんかわくわくするなあ。
場所も分からず、展示会探し。
こんなの初めてです。(笑)


どこかの倉庫だって言うんですよね。
ではでは、行って参ります。
無事、たどり着き、何か面白いものがありましたらご報告を。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

負けるのを覚える。

遅くなってしまいました。
久しぶりに夕方の更新です。
今日は一日雪が降っていましたね。
幸い、積もるような雪ではなく、路面も雪の影響が出るほどではありませんでしたから、配達も安心して行ってくる事が出来ました。
子供たちは、積もらない事に不満なようでしたけどね・・・。


こんな雪の日ですから、当然子供たちは家にこもりっきりになるわけです。
今の子は風の子ではありませんから、外で元気よく飛び跳ねて遊ばない。
でも、家の中では飛び跳ねているんですね。(爆)


それもある意味、迷惑。(笑)


しかも、狭い家の中を飛び回り、ともすれば仕上げをしているところまでやってきて、かくれんぼなどされた日にはこっちの仕事がおぼつかない。
染み抜きなどでは、吸うと危険な薬品もありますしね。
大人なら平気ですが子供がいて良い場所はいえません。

そこで、今日は嫁さんが気を使ったらしく、居間でトランプをやっていました。
ばば抜き、七並べ、豚のしっぽ・・・、子供の頃よくやりましたね。
うちは子供が4人いますから、全員集まればそれなりにわいわいと遊ぶ事が出来ます。


子供が降りてくる心配がありませんから、仕事に集中できると仕上げていると、突然泣き声が。
どうも、長男が泣いているようです。
そして、その後、嫁さんがドタドタと降りてきて、その後に長男と長女がついてくる。


その空気から何かあったなというのが容易に推測できます。


長女の手にはトランプ。
嫁さんの手には山盛りの子供の洋服。(爆)
私がアイロンをかけていたので、持ってきたのでしょう・・・・。

どうした?と私が聞くと、長男はぐずぐず泣いている。
すかさず長女がこういいました。


お兄ちゃんがトランプで負けて、泣いた、と。


その後嫁さんの話を聞くと、こんな感じらしい。
みんなで楽しくトランプをやっていたのだが、ばば抜きで長女が負けて泣き、七並べで嫁さんが負けたときはよかったのだが、豚のしっぽで長男がぼろ負けすると、大泣きして、ゲーム持って篭ろうとして、怒られた、と言う事らしい。

どうも、最近の子は負けると泣くんだよなあ。
しかも、逃げ出すんだよなあ。
うちだけなのかな?


そりゃゲームやってたって、勝ち続けるなんてことはないんだけどな。
負けるから、次は勝とうとして、対策を考える。
練習したりするわけです。
嫁さんも、負けてゲームを持って篭るって所に引っかかったんでしょうね。
ま、当然の結果です。

こっちも仕事が出来ないですから、そのまま居間へ移動させて、仕事を済ませまして、二階へあがると子供たちはぐっすり。
泣き疲れたんでしょうね。


負けるのも覚えてもらわないと困るんだけどなあ。
勝ち負けの繰り返しで、負けたくらいでめげるような弱い子になって欲しくないんだけど。
きっと、長男は自分が一番上だという思いがあるから、負けたくないのかもしれません。


うーん、でも、ここは心を鬼にして。
後でおきたら、トランプでコテンパンに負かしてやりましょう。(笑)
3回くらい勝ったら一度は負けてあげようかな?

ああ、私は甘いですねえ。

しかし、本当に今の子は弱いぞ。
頑張れ!!

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新年会 イン 府中 お疲れ様でした。

昨日は、先日ここにも書き込みをしましたが、新年会を府中にて行いました。
クリーニング屋さんの新年会。
久しぶりに集まった人数は8人でしたね。


皆さん、遠方よりありがとうございました。m(_ _)m
遠かったでしょう?(爆)

今年の新年会はずばり情報交換がテーマ。
先日国土交通省より発表されたクリーニング店への全店調査なども踏まえて、色々な話が出ましたかね。

全店調査もさることながら、今年に入ってからの仕事の減りっぷりが凄い。
クリーニング屋さんは元来この時期暇なのですが、さすがにここまでひどいと皆さん思う所もあるようです。
今何かしようと考えている人もいれば、春に向けて対策をとろうとしている人、今後の自店の方向性など、話が出ていました。


今回ねえ、可能性としてあるけど、こんな話はしたくないなあと言うのが一つあったんです。
それは、廃業について。
つまり、クリーニング屋をやめる、と言うことも話す必要あるかな、と思っていました。


クリーニング屋さんだけではありませんが、現在どの商売も厳しい現状があります。
今に至るまでに、設備をし、その機械を大事にメンテナンスをして使ってきているので、何とか今も乗り切っていますが、まだ十分使える機械を入れ替えるような事が起こると、かなり大変な事になると思うんです。


クリーニング屋さんの機械の値段、半端じゃありませんから。


クリーニング業界でしか売れないものですから、安くなる理由がないんですよね。
そして、この経済不況。
仮に買い換えたとして、それを支払って生活できるだけ商売で稼げるかとなると、色々なケースがあると思いますが、やめると言う選択肢も考えないといけない人も出てきてしまいます。


後継者がいなくて、自分がある程度高齢で、となってしまうと、入れ替える事が出来ても、その借金を返すために、皆さんが定年を過ぎても自分は働かなくてはいけなくなってしまうことも十分に考えられるのです。

昨日集まった人たちは、まだ若いですが、それでも可能性がないわけではない。
そんな話をしなければいけないのかなあと思っていたんですけどね、要らぬ心配だったのかもしれません。
友達の一人がね、こう言ったんです。


厳しいけどさ、まだ気付いていないだけで出来る事はあると思うんだよ。
頑張らなきゃ。

凄いポジティブですね。
この気持ちが大事。
この一言を聞いた私もがんばろうと言う気持ちになります。

ここずーっと、クリーニング屋さんの周りではいろいろありますけどね。
リタイヤするにはまだ年も若すぎるし、何よりも待っていてくれるお客様もいらっしゃいます。
頑張らないとね。

また、やりましょう。
本当に良い仲間です。


おっと、忘れていました。
おつまみで、チヂミを頼んだら、みんなに言われちゃいましてね。
クリーニング屋に、「チヂミ」は禁句だって。

お後がよろしいようで。m(_ _)m

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットのクリーニングが流行っちゃいけないよね。

インターネットで、クリーニングを受け付けていると、品物だけでなく、色々なご相談をよく受けます。
ほとんどが洗えますか?と言うお問い合わせではなく、こうなったんだけど、これっておかしいんでしょうか?と言うもの。
クリーニング屋さんに出して返ってきて、どうも様子がおかしい、でも、それがおかしいのかどうか分からない、そんなご相談をよく受けるんです。


中には気のせいと言うようなものもありますが、クリーニング事故が起きている商品もあります。
場合によっては送っていただいて、実際に現物を見てからお答えする事もあるんです。

先日、地方のある所から品物が送られてきました。
クリーニングから返ってきたのだが、どうも様子がおかしいので見てくれませんか?と言うもの。
届いた衣類を見ると、びっくり、完全におかしくなっています。


クリーニング屋さんが見ればはっきりとおかしいと分かるものでも、お客様はそれがおかしいかどうか判断する事が出来ません。
このお客様も、袖がきついなあとか、こんなに目が詰まっていたかなあとか、長い毛足がなくなっているなあと、おかしいとは思っていながらも、洗うとこうなるのかなあ?と迷っていたんですね。

お客様のお話を聞き、特定のクリーニング屋さんしかご利用されておらず、そこから帰ってきたらこうなっていた、と言うのであれば、そこのクリーニング屋さんでの事故が濃厚です。
たまに記憶違いや、自分で手を出してしまったと言うケースもあるので、そこは慎重にお話を聞くようにしていますが、今回のケースはクリーニング屋さんに問題があるようでした。

たまたま、知り合いが近くにいたので、そのクリーニング屋さんのことを調べてもらったんです。
評判はどうなのか?どんな形態で営業されているのか?

すると、かなり評判が良いんですよね。
個人店で、丁寧に仕事をしている言う噂。
ひどいクリーニングをしているなんて話は聞いた事が無いといいます。


でも、こうして実際に起こっていますからね。
結果があるということはどこかに原因が必ずあります。
お客様からお伺いした話を考えて見ると、どうもおかしいところもあるので、引き続き調べてもらうようにお願いをしました。


同業の友達ですから、そこから色々な話になり、クリーニング業界の話しになったんですけどね、その彼が面白い事を言うんですよ。

インターネットのクリーニング屋さんが流行るのはいけないよね。

その理由は、わざわざインターネットのクリーニング屋さんに出すと言う事は、お客様が地元のクリーニング屋さんで満足していないと言う事だ、と言うんです。
仕事かもしれないし、対応かもしれない、どれか分からないけど、お客様が満足していないのはまずいよな、と言うのです。

まさにおっしゃるとおり。
やはりクリーニングは地域密着、皆さんのお近くで安心してお出しできる方が良いと私も思います。


カシミヤのクリーニングでお困りの方が多いと思い、こうして始めましたが、お客様が送ってくださり、また仕上がった衣類を見て喜んでくださってうれしい反面、安心して地元のクリーニング屋さんを利用できないのは問題だよなあと思うのです。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安くても自分で洗えないものは沢山あります。

先日聞いた話。


とあるグループで、服をそろえたらしいんですね。
ユニフォームのような扱いだったので、そんなに値の張るものである必要はなく、且つ、丈夫な方がよろしい。
と言うことで、皆さんでユニクロで買ったんだそうです。

着れば当然汚れるわけで、必ず洗濯する必要があります。

当店のお客様は、ユニクロで買っても、きちんとしたいですから、クリーニングにお持ちになるんです。
他の人は、安いからとご自分で洗濯。

さて、その結果はどうなったでしょうか?

クリーニングで洗った方が綺麗になってる?
さほど変わらない?
自分で洗濯しても許容の範囲?

その結果はですね・・・・・・、クリーニングした人以外全滅、だったんです。
着ることが出来なくなってしまったんですね。

なぜか?

ここで、一般の方はユニクロだから質が悪かったんじゃないか?と思うかもしれませんが、商品に問題はないんです。
扱い方が悪かったんですね。

皆さんが買ったのはウールの商品でした。
ウールは、ご家庭でも洗うことは可能ですが、その洗い方にはちょっとしたコツと言いましょうかやり方があります。
Tシャツや下着のような洗い方をしてはいけないんです。
所が、皆さん、ユニクロで買ったものだから、安いから慎重になることはないと水でガシャガシャ洗ってしまったんです。
そんな洗い方をすれば、着られなくなるのは至極当然の結果となります。

よく聞かれるんですが、安いから大丈夫、と言うのは何の根拠にもなりません。
安かろうが高かろうが、洗濯は素材によって変わってくるものなんですね。
安いから、家庭ですべて洗えるわけではないので、時にはクリーニングに出さなければいけない商品もあります。

買うときは安くても、クリーニングをしなければならず、買うときと比べて割高だなあと思うこともあるでしょう。
どうもみなさん、値段で判断しているようなんですよね。


洋服の値段は非常に難しいです。
高いから耐久性があるとも限らず、安いからすぐへたるとも限りません。
もちろん、そういう傾向があるのは確かですが、それが全てではないのです。

素材が良くて高い品物もあります。
デザイン料が高い賞品もあります。
流通の過程で高い商品もあります。
ボタンなど装飾品が高いケースもあります。


逆もまたしかり。

良い素材を使っているのに安いこともありますね。
倒産品だったり、型落ち品だったり。
セールなどで投売りしていることもあるでしょう。
また、大量生産によりコストが下げられていることもあります。
向上の生産品質が良く、思ったよりも良いものもありますしね。


着れば必ず洗わなければなりません。


その時に、扱いを間違うと、いくら安く買っても買いなおさなければならず、結果的に高くつくようになります。
ご家庭で洗濯できるか、クリーニングに出さなければならないかは、その商品の素材によります。


洗おうと思ったら、素材表示を見て、洗濯表示を見て、よく考えて方決めるようにしましょうね。
もし悩んだときは最寄のクリーニング屋さんへ聞いてみましょう。
アドバイスをくれると思います。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何で水を汲みに行くかと言うとですね。

水汲みファンの皆様、こんにちわ。(笑)


ここ、今日も洗濯日和は、クリーニングの話しを書いたり、府中市の話を書いたり、地元中河原の話を主に書いているんですが、その中でも意外なファンが多いのが水汲みの話なんですね。
ライブ的なノリでブログに書くことが出来るのと、富士山の綺麗な姿を載せることが出来るので、たまに書きますが、書かないでいると、水汲みの話は?と言われることがあります。(笑)


そもそも、どうして水汲みに行くようになったのかというと、うちの前の水道工事が発端でした。
工事をじーっと見つめていたうちの両親、水道管から出る水の汚れにびっくりしたんだそうで、一大決心をし、水汲みに行く事にしたらしいんですね。
多分私が高校生の頃辺りかなあ。
子供も育ち、手が離れたから、新しい趣味を見つけるなんていう気持ちもあったんでしょうね。


実際、その当時は、山にも入り、山菜やらきのこを採ってきてました。
きのこが恐くてねえ。(爆)
私だけ絶対食べないの。
あたった所を見たこともないんですが、やはり素人が採るきのこほど恐いものがありません。


話を聞くと、最初は色々なところに水を汲みに行ってたんだそうです。
車で二時間以上かけて、長野まで行ったこともあるし、秩父の方へ行ったこともあるようです。
近くは丹沢も行ったみたいですね。
で、結局落ち着いたのが富士山。


しかし、富士山でも水汲む場所が二転三転します。


水がちょろちょろとして出ていなくて、半日以上待たなければいけなかったり、山の上だったり、理由は様々ですね。
冬になると、入れない所もありました。

そんなこんなで、今のところになったのが5年ほど前ですかねえ。
それからは落ち着いています。


以前も書きましたが、いつも採ってくる水、バナジウムが多く入っているとかで、良いらしいんですね。
糖尿病に効くとか、噂も広がり、汲みに来る人がいつもあとを絶ちません。
実際、治りはしないまでも、お医者さんからもらう薬の量が減ったと言う人もいますから、あながち間違いでもないのかもしれませんね。

それよりもやはり劇的に違うのは、水のおいしさです。
水がおいしいと言うと本当は少し違うんでしょうね。
雑味が無いんですよ。
また、臭いもしない。
この水を毎日飲んでいると、水道水がくさいと言うのがよく分かります。
また、ご飯をこの水で炊くと、びっくりするほどおいしいんですね。


最初、水道水で米を研ぎ、富士山の水を入れて炊いていました。
しかし、この方法よりおいしく炊く方法があるんです。
それは、米に最初触れる水に、富士山の水を使うんです。
研ぐ、一回目の水ですね、そこに富士山の水を入れる。
その水はすぐ捨ててしまい、あとは水道水で研ぎます。


・・・・・、すると、同じように炊いても、段違いでおいしくなるんですよね。


この方法、私が嫁さんに教えたんですが、最初信じないわけですよ。(笑)
わたし、うちで一番信用ありませんから。(爆)
でも、物は試しと、やって見たところ、驚くほどの変わりように、嫁さんもびっくりしていました。


えへん、どうだ!と胸を張ったところで、私のことよりもみんなご飯を一生懸命食べているんですけどね。(笑)
良いんです、おいしければ・・・。

他にも、氷がおいしいとか、お茶がおいしい、お酒飲むと水割りがおいしいと言いますね。
生活の中で、水はかなり使うので、月に一回、水汲みに行く苦労はありますが、十分恩恵があるんです。
水を買うよりも安いですしね。


市販の水はですね、おいしいものもあるんですが、中には下が金属でコーティングされるような感じのものもあります。
これは飲めなかったなあ。
市販のものも、水の違いがよく分かりまして、富士山の水と書いてあるものは普段のものに近いですから、飲みやすかったりします。


そうそう、水汲む場所からちょっと行くと、工場だらけなんですよ。
もちろん、水の工場です。
みなさんがしっている有名メーカーの工場がいくつもあります。
ここ中河原にあるメーカーさんもあるんですよ。(笑)


こんな感じで、今では我が家の必需品として、毎月汲みに行っているのでした。


ご興味ある方いらっしゃいますか?
いつでもご案内しますので、遠慮なくおっしゃってくださいね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体が大きい人の苦労。

私に会った事がある人は、大きいねえといいます。
本当に大きいので、別に何の問題もないのですが、私は子供の頃から大きかったんですね。
母の話では、生後1ヶ月の検診で、同じ誕生日の子供たちと比べても頭一つ分大きかったとか。

昔、大きいことは良いことだ~♪なんて曲もありましたが、実際は見えない苦労が多いんです。
一番大変なのは、やはり洋服でしょうね。
今は大人なので、大変でもそれなりに揃える事が出来ます。
一番大変なのは、子供の頃です。


まずね、流行りの服がないんですよ。
子供の頃、どうしても着たいものってあるでしょ?
そうキャラクターものですね。
ああいうのは絶対着ることが出来ません。


正確には、キャラクターものに興味を持つ頃には、すでにサイズが合わなくなっているんです。(爆)
これは靴も同じですね。
ウルトラマン、仮面ライダー、戦隊もの、そういったキャラクターのデザインのものは、着たことがありません。

また、キャラクター物でなくても、その当時流行った子供服なんかも合うものが無いんですね。
年は子供ですが、サイズは小さい大人サイズですから、無くて当然。
でも、その当時はぜんぜん理解できないんですよね。


お前に合うサイズは無いの、と言う母の言葉を最初は信じていましたが、その内、おいらを騙そうとしているんじゃないか?と疑い始めまして(笑)、自分で行って見るとやはりない。
あきらめた事がありました。


ある程度大きくなってくると、今度は靴で困るようになります。
靴もね、サイズが無いんです。
運動靴ならまだ何とか入手できるのですが、特殊なもの、野球のスパイクなんかですと、本当に探さないと無いんですね。
しかし、靴は幸いにも、私より大きな靴を履いているのがいましたから、彼に教えてもらいまして、購入することが出来たんです。
私よりぜんぜん大きくてね、確か34センチの靴を履いていたんじゃないかなあ?
そんなのもあるんですよ。


体が大きくて困るのは何も本人だけではありません。
小学校へ入る前は、親が非常に困る。
どこで困るかと言うと、電車やバスで困ると言うんですね。


小学校に入る前はほとんどが無料なのですが、体が大きいので、信じてもらえないんです。(爆)
子供切符かって、と何度も言われたそうで。
で、まだ幼稚園児です、と言うと、こんな大きな幼稚園児がいるか!と言われたり。
昔、サマーランドへ行った時に、やはり入場口で呼び止められ、お金を払ってください、と言われたんだそうです。


当然、幼稚園児です、と言うと、今度は私に、坊や、いくつ?と聞いてきたんだそうで。
もちろん幼稚園児ですから。元気良く、5さい!と言うと、なんといったと思います?

よく仕込んであるな、ですって。

今なら考えられない対応ですけど、そんな時代だったんでしょうね。


と、体が大きいと、結構周りを巻き込んで大変な人生を歩んでくるのですが、何で今日こんな話をしたかといいますと、先日、制服の上下のクリーニングを急ぎで出されたお客様がいらっしゃったんです。
仕上げていると、かなり大きいんですよね。
横幅は無いのですが、身長がある。
品物を引き取りにいらっしゃったときに、体の大きい子供を持つ親同士、話があったんでしょうね。(笑)


出るわ、出るわ、共通した苦労話が。(笑)

先に書いたような、服の苦労、靴の苦労、小学生と間違われるなど、まったく寸分たがわず体験しているんですね。
そんな話を横で聞いていまして、懐かしく思ったのでした。

苦労といっても笑える話です。(笑)

でも、一番面白かったのが、体の大きい当の本人たちの一番の目標は、目立たないこと、だったんです。
その気持ち、よく分かります。
いるだけで目立ちますからね。


目立たず、人と同じ、普通が良い。
共通しているのに大笑いしていました。

今もきっと、どこかで、体の大きなお子さんをお持ちの親御さんは、苦労しているんだろうなあ。
なんとなくしみじみしちゃいます。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。


| | コメント (2) | トラックバック (2)

凍らないんですね。

凍らないんですね。
おはようございます。
あたり一面真っ白な富士山へ来ています。


こんな寒くても水汲みですね。(笑)


ただ今の気温、-3度。
動いてないと厳しいですね。


こんな気温でも水は凍らずに流れています。


ダメだっ!し、しばれる!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慣れるまで大変ですね。

府中市のダストボックスが廃止され、戸別収集・ごみ有料化がスタートしました。
皆さん、ずいぶん対応に苦慮しているようです。

我が家も同じ。
ごみの分別も細かくなっていますし、やはり勝手が変わってくるとそれに対応するまでが大変。
慣れるまでの我慢と、今は黙々と分別しています。


しかし、対応に苦慮しているのは何も私たちだけではないんですね。
ごみを収集している人も大変。
昨日、夜8時半過ぎに子供を柔道の迎えに行ったのですが、なんと関戸橋のたもとをゴミ収集車が走っている。
こんな時間に動くごみ収集車なんて見たことありません。
なれない戸別収集、どこに出してあるか分かりづらいなど、きっと色々大変なんでしょう。
ネット上でも、朝8時までに出したのに、夕方家に帰ってきても残っていると、不満が爆発。
皆さん、なれるまでもうしばらく様子を見てあげましょうね。

そして、今朝。
集配に出かけようとうちを出ると、ゴミ収集車が止まっていました。
今から収集していくんだな、と思っていると、のそのそのおじいさんがゆっくりと歩いて出てくる。
ああ、これだと収集に時間がかかるのは当たり前だなあとその時は思いました。
他市のゴミ収集車で、そんなちんたらやっているのなんて見たことがありません。
みんな、走っている。
だから、若い人が多いんですよね。


こりゃ、厳しいなあと思っていると、どうも様子が違う。
一つ一つ、ごみをチェックしています。


なるほど、と思いました。
多分、こういうことなんでしょう。

なれない分別に、ごみの出し方を間違ってしまう人がいるんでしょうね。
そこで、 逐一チェックをしてごみを収集しているんでしょう
その証拠に、うちのおばはごみを収集しているおじさんと話をしたとかで、出されているごみに出してはいけないものが入っていると、その場で封を開き、分別してごみを集めているといっていたそうです。

こりゃ、物凄い手間だ。
私たちも早く慣れてあげないと、ごみ屋さんが大変なことになってしまいます。
ちんたら見えたのも、疲れが相当たまっているんでしょうね。
おじさん、ごめんなさい。

ごみがいつまでも残っているのもあまり良いものではありません。
今まで経験したことないくらい、カラスが近くを飛んでいるのを見ると、ボックスがあったらこんなことはなかったよなあと思ってしまいます。
でも、今はもうない。
なら、やることは一つですね。

収集しやすくしてあげるのが一番です。

きちんと分別し、ごみ屋さんがぱっと持っていけるように協力してあげましょう。
ゴミ箱復活とかはまた別の話でね。(笑)
今出来ること、今やるべきこと、まずはそこからです。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗い直し。

初めて当店をご利用されるお客様に、驚かれることがあります。

もう一度洗い直しをしているんです。

これ言うと、かなりの人がびっくりされるんですよね。
丁寧にされているんですね、と言われるんです。
そういわれると、今度はこっちがびっくり。
汚れが残っていれば洗い直しをするのが当たり前ですから、それについて深く考えたことはないのです。


お店によっては洗い直しをしないところもありますね。
一度洗って、汚れが残ったままの状態で、一度お客さまに見せ、もう一度やりますか?とお尋ねするクリーニング屋さんも結構あります。
その意図はよく分かりませんが、染み抜きや別の洗浄方法でのクリーニングは別料金だから、お客様の確認が必要、ってことなんでしょうかね?


確かに、こんなご時世ですから、お客様が思いもしないような作業をこちらがすると、怒るお客様もいらっしゃいます。
こちらとしては、汚れを落とすために、次に綺麗に着られるようにと、クリーニングの一環として作業をするのですが、中にはご理解をいただけないお客様もいらっしゃるんですね。
そういう方のトラブル防止のために、細かく聞く、と言うのもあるのかもしれません。


こう考えると、うちは世の中と逆行しているのかなあと思います。
お客様は、汚れた服を綺麗にし、次も着たいと思っている。
そう思うから、必要なこと、出来ることをやれるだけやろう、と思うんですね。

洗い直しも、その一環なんですよ。


一度洗って落ちなかった。
もう一度洗えば落ちるかもしれないと思えば、躊躇なく洗い直しをします。

その分時間かかってしまうことも多々あるんですが。
初めてご利用されるお客様には、大抵ご迷惑をかけしてしまうことが多いですね。
本当にすいません。


でも、時間かけた分、お客様に待ったかいがあったなと思っていただけるような仕事をしていきます。
少しだけお時間をくださいね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗いざらしの服。アイロンのかかった服。

最近、良く子供の服をアイロンかけています。


朝、仕事場に下りて、ボイラーを焚き、アイロンの電源を入れ、温まるまで待っていると、アイロン台の上に子供たちの服が置いてある。(笑)
アイロンをかけてくれ、という事なんでしょうね。


忙しいときはさすがに厳しいですが、今は比較的時間が空いていますし、何より朝一ですから、仕事を始めるウォーミングアップにもなるし、かけてあげてるんです。
でも全部をかけてあげるわけではないんですね。
やはりシャツや、Tシャツみたいなものでも、外に着ていくものを中心にかけさせているようです。
他は全部洗いざらしで、畳んでいるようですね。

先日の事。


朝、子供たちが起きてきて、着替えています。
次々と着替える子供たちの着ているものを見ると、先日アイロンをかけた服ばかり。
なんとなく、うれしかったりね。(笑)。
そこで嫁さんがポツリとつぶやくんですよ。


ああ、やっぱりアイロンをかけた服を選ぶのね。


何を言ってるんだろ?と思ってもう一度聞くと、どうやら子供たちは服を着るときに選んできている、というんですね。
洗って干したままの状態の服と、アイロンをかけた服が置いてあると、必ずアイロンがかかった方を持っていくんだそうで。
じゃあ、全部アイロンがかかっていなければ、怒るかというとそうでもなく、なければ洗いざらしをそのまま着ていくんだそうです。
洗いざらしもね、別にしわくちゃとかではないんですよ。
畳むときに、きちんと伸ばして畳んでいますから、それなりに着る事は出来ます。
ぐちゃぐちゃではない。
着替えるときに、その瞬間、選んでいるという事なんでしょうね。

子供って正直なので、残酷です。
アイロンがかかった服を置いてあると、そればかり着ていきます。
すると、私の仕事が増える。(笑)
気持ち良いんだろうなあと思うとかけてあげたくなりますしね。


でね、やっぱり思うんですよね。
アイロンかかってた方が良いんだろうなあって。
子供なんて、アイロンがかかっていると良いとか悪いとか知るはずないんですよね。
ただ、感覚的に、選んでいると思うんです。

どちらが気持ち良いのか、それを彼らは知っている。

しわくちゃでないのが良いのかもしれません。
きちんと畳んであるのが良いのかもしれません。
アイロンがかけてあって、着心地が良いのかもしれません
肌触りが良いのかもしれません。


どれかは分かりませんけど、彼らは洗いざらしとアイロンがかかった服と、明確に違いを感じているんでしょうね。
本当に面白いものです。


子供たちが感じるその違い、大人は忘れちゃっている人が多いんじゃないでしょうか。
普段の生活が忙しすぎて、面倒くささの方が先にたって、洗いざらしで十分と思っている人が多いと思います。

アイロンかけてあると、気持ち良いですよ。
一度お試しあれ。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月11日に新年会をします。

ここ、今日も洗濯日和は、お客様に向けて書いています。
今日は、クリーニング業者向けなのでご注意ください。m(_ _)m


最近、クリーニング業者向けが多いなあ。


来週の話ですが、2月11日(木)祝日に、急遽新年会を開くことにしました。
場所は、府中周辺。
時間は午後7時ごろから考えています。
料金は割り勘で。

例年ですと、1月中に、しかも溝ノ口や武蔵小杉、元住吉といった川崎よりでやっているのですが、今回はちょいとしたゲストを呼んでおりますので、府中開催なんです。
その人が帰れなくなっちゃうんですよね。(爆)

一応新年会ですが、今回はちょいとばかりテーマがございます。

先日、国土交通省より、クリーニング工場の全店調査が決定したとお伝えしました。
今回の出来事について、業界内では様々な憶測、情報が錯綜しています。
多少の混乱といってもいい状態です。
皆さん、色々な方面から調べられていると思うのですが、せっかくですから、その情報を持ち寄って情報交換をしませんか?


というのが今回のテーマ。
事の成り行きから、今後の展望まで、幅広く話をしていけたら良いかなと思っています。
お時間の取れる方、参加お待ちしております。

参加したいという方は、私宛にメールをください。
追って詳しいご連絡をします。

アドレスはこちら

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積もりましたね。

積もりましたね。
おはようございます。
昨晩の雪、積もりましたね。
車もご覧の通りです。


ほとんど溶けてなくなると思いますが、日陰になるところは当分残って、凍結するかもしれません。


当分は朝晩気をつけないといけませんね。


ささ、雪をかいて配達に出掛けましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真っ白。

真っ白。
雪の予報が出てますね。
降ったら速報でブログにアップしようと思ってたのに、雨でした。


ただ今、ワイシャツを仕上げているので、窓ガラスが真っ白です。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »