« 銭湯の前の自動販売機。 | トップページ | ネットに入れれば良いというわけじゃないのよ。 »

勘違いされるような書き方はやめてくださいね。

先週の木曜日、朝日新聞の朝刊にクリーニング関係のコラムが載りました。

去年から取り上げられている、クリーニング溶剤の使用地域の問題について、クリーニング業界と役所の対応について書かれています。
ざっと要約しますと、放っておいた役所も悪いし、新しい引火性のない溶剤を開発しなかったクリーニング屋さんも悪い、という感じ。
クリーニング業界もただ黙っていたわけでなく、ここ10年以上、新溶剤については色々なところで研究されていたんですけどね。
現状のものより良いものがなかったという事実があるんです。
そこはちょっと分かって欲しかったかなあという印象ですね。


その記事の中に、ちょっと問題のある文章が載っていました。
横浜のクリーニング屋さんが火事を出した、という話が載っているんですね。
他にもう一件、静電気の火花から引火して火事になった事例が載っていて、危険である、というようなかき方をしているんです。


横浜のクリーニング屋さんのケースは、乾燥不十分な衣類から発熱して火災が起きた、とあります。


これ、ちゃんと取材されたんでしょうか?

実はですね、昨日、この火事を出されたクリーニング屋さんと会うことが出来まして、お話を伺ったんです。
するとね、この記事と話が違うんですよね。


記事の話も実は少しおかしいのです。
水洗いした衣類から火が起きるということは、実はあります。
アロマオイルや、食用油など、水洗いで落ちづらい油が衣類に残り、乾燥した後、温かいまま衣類を重ねておくと、衣類の中で熱が上がり、油の発火点(一定の温度に達すると火種がなくても火が起きる温度の事)に達し、火が起きる、という事例はあるんです。

しかし、記事の中には、乾燥不十分、とあります。
乾燥不十分という事は、湿っているわけですよね?
その状態から火が起きるのかちょっと微妙です。


でね、実は話を聞いてびっくりしたのが、この火災をおこしてしまったクリーニング屋さん、最終的な話だと不審火が原因だというんです。
もしそうなら、話が違ってきますよね。


で、このクリーニング屋さんは、いわゆるリネンサプライといいまして、おしぼりや白衣などを扱っているクリーニング屋さんなんですよ。
水洗いをするんですよね。


そして、もちろん、乾燥後の発火の事例は知っていますから、その対応もしっかりしていた、との事。
火災が起きた前の日も、きちんと火が出ないように乾燥後の衣類に適切な処置をした、というのです。


それで火が出るのは、おかしい、というんですね。


また、これもびっくりしたのですが、このクリーニング屋さんには、ドライクリーニングの溶剤はなかったんだそうで。
建築基準法の話で、使用禁止区域での溶剤の使用を問題視しているので、危険な例として、事故例を挙げたんだと思うんです。


なのに、火災を起こしたクリーニング屋さんは溶剤がなかった。
問題がない工場だったんですね。

厳密に言うと、機械はあったんですが、溶剤は抜かれ、電源も抜かれていたとの事。
ただの鉄の塊、だったわけです。


どうも、話がおかしな事になってきました。

朝日新聞に載るって、凄い事だと思うんです。
全国紙という事で信用も段違いであるでしょうし、その影響は計り知れません。
ですから、記事にするときは、細心の注意を払い、取材に取材を重ね、吟味してから世に出すと思うのです。


新聞の使命って、あると思います。
それは絶対必要ですし、正さねばならない事もあるでしょう。
しかし、その一方で、誤報や勘違いなどの事例が盛り込まれてしまうと、その記事の信用はどうなるでしょうか?
結果的に正せれば良いや、なんていう態度で臨んでいるはずはないと思うんですよね。
となると、やはり今回の記事はちょっと問題があるように思います。


記者さんも正したい事があるんでしょう。
それなら、きちんと公平に記事を書かなければいけないと思います。


クリーニングの工場は危ない、と取られかねないような事例のあげ方は、誘導しているようで、おかしいです。


書かれた本人も、怒っていましたしね。
勘違いされるような書き方は本当に勘弁して欲しいと思います。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

|

« 銭湯の前の自動販売機。 | トップページ | ネットに入れれば良いというわけじゃないのよ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

2/27付の週刊ダイヤモンドはご覧になりましたか?

投稿: masa | 2010年2月23日 (火) 10時18分

masaさん初めまして。
一伸ドライクリーニング店 工藤です。


週間ダイヤモンドの記事は知っています。
昨日まではネットでも見ることが出来たようですね。
まだ見ていない方は書店でお買い求めくださいね。

投稿: boribori | 2010年2月23日 (火) 14時31分

まいどです。

まさに言う通りだね。訂正とお詫びがそのうち載るんじゃない?

投稿: 青年部 舘野 | 2010年2月23日 (火) 18時28分

masaさん、boriboriさん、舘野さん、こんはんば。

どんな記事であれ、新聞記者というものは
必ず逃げ道を作っておく習性があります。

記事の内容が
100%あそこだとは断定はしていませんので
責めることはできないんだよね。

ただし、どのようにして情報が渡っているのか
その出所をもう少し調べる必要があります。
みんな~力を貸してくださいな。

masaさんも手伝ってくださいな。お願いしますっす。

投稿: まこっちゃん | 2010年2月23日 (火) 22時22分

舘野君日曜日はお疲れ様でした。

日曜はびっくりしましたよね、これほど現実と違うなんて・・・。
でも訂正は載せないんじゃないかなあ。
本人がはっきりと意思表示をすればもしかしたらあるかも???
でも、かなり怒っていましたからね、何らかのアクションが起きるような気もしています。

結果的にですが、私たちクリーニング屋に関係していますしそれがかなりの影響を及ぼしているのも事実。
他人事とは思わず、はっきりとした行動をとる必要があると思っています。

投稿: boribori | 2010年2月25日 (木) 14時55分

まこっちゃん、まいど。


記者さんの言い分もよく分かるね。
ブログも同じで、書くときはかなり注意をしながら書いています。
相手に迷惑がかからないように、どことは分からなく書いたりすることもありますしね。
でも、今回は逃げられるかな?
地域も限定されて、時期も限定されている。
一件しかないって言うのだから、逃げようが無いと思います。

まさかとは思いますが、結論ありきで、話の方向に有利にとられるように使った、という事ではないと思いたいんだけどね。
それはもうすでに報道ではなくなってしまいます。

協力ならいくらでもしますから、遠慮なく言って下さい。

投稿: boribori | 2010年2月25日 (木) 14時59分

まいどっ。
はっきりとした行動をとってみた。
詳しくは、ミク見てね。

思いっきり話の方向に有利な方で使ってたよ。

まっこちゃん、くどちゃん、私も微力ながら協力させていただきます。

投稿: たてっち | 2010年2月26日 (金) 15時51分

たてっちさん、まいど。


行動とりましたね。
今後の対応に要注目です。

でも、自分たちが持って行きたい方向で使っていたというのは悲しいですねえ。
一つ間違えば消費者を誘導しますからね。
その危険性をよく考えて、報道してもらいたいものです。

出来る事からやっていきましょう。

投稿: boribori | 2010年2月28日 (日) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勘違いされるような書き方はやめてくださいね。:

» アロマオイル [アロマオイル]
心がふっと軽くなる 豊かな自然が生んだやさしいアロマオイルの香りは、あなたをちょっぴり幸せな気分にしてくれます。 [続きを読む]

受信: 2010年2月22日 (月) 15時59分

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/02/23 09:14) [ケノーベル エージェント]
府中市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年2月23日 (火) 09時14分

« 銭湯の前の自動販売機。 | トップページ | ネットに入れれば良いというわけじゃないのよ。 »