« 品物が出始めたようですよ。 | トップページ | 東郷寺の枝垂れ桜、5 分咲きです。 »

ドライクリーニングは必要ない???

常々思うことがあるのです。
それは、クリーニングの誤解が沢山ある、と言う事。
そして、それらはクリーニング屋さんがそうしてしまっているような気がしてならないんですね。


必要以上に説明しているような気がするんです。
そして、そのせいで、お客様が混乱していると思うんですよ。


先日、このような書き込みを発見。
見つけたとき、思わず溜息が出てしまいました。

営業マンだというその彼がクリーニングについて素朴な質問をしたんです。


スーツをクリーニングしたいんだが、ドライクリーニングは汗の汚れが落ちないと聞いた。
油の汚れが良く落ちると言うのだが、自分は工場に勤務しているわけでもないし、機械油が付くような職場でもない。
油汚れがないならドライクリーニングする意味ないし、クリーニング屋さんがドライクリーニングを受付するのもおかしいと思うんですが?

と言う書き込み。

どうですか、ドライクリーニングで汗は落ちないと言うクリーニング屋さんの皆さん。
消費者の方がこういっています。
これで正しいんですか?
本当に正しいですか?

たぶん、そんな意図ではなかったと言うんでしょう。
そうですよね、ドライクリーニングでも汚れは落ちます。
ただ、水洗いに比べると、汚れ落ちが悪くなる、と言う事ですよね。
私たちクリーニング業者の説明や宣伝で、言葉が足らないばかりに、消費者に要らぬ誤解を与え、惑わす結果になってしまっているんです。

ドライクリーニングで汚れが落ちないといっておきながら、どうしてドライクリーニングの設備をしたままなんでしょうか。
それはドライクリーニングのメリットを十分感じているからでしょう?

水洗いのメリットも良いですが、やはりデメリットもある。
腰が抜けてしまうし、型崩れしやすいですよね。
技術でカバーしていますが、根本的な問題は残ってしまいます。
ドライクリーニングなら、それらの問題を解決できるんです。

風合いが変わりにくく、元の形を維持しますよね。
これってドライクリーニングのメリットそのものじゃないでしょうか。
そして、ドライクリーニングでも、しっかりした技術があれば、ちゃんと汚れは落ちるんです。


でも、限界はありますよ。
普通に着用していることが前提です。
あまりにもひどい泥汚れなどは話は別ですから。
その時は汚れを考慮して、必要な洗い方を選べば良いんです。
でも私の経験上、どうしても水洗いでなければいけないという衣類は、本当に限られています。

クリーニングに品物が出ない、衣替えしない、色々言われています。
景気が悪いと言いますが、クリーニングしても意味がないような印象を与えているのは誰なのでしょう?
そこがまず大きな問題のような気がするんです。

本当に自分の言葉でお客様に説明していますか?
私にはどうもそうは思えない。
どこかで聞いたような説明をただお客様へ横流ししているようにしか見えないんですよ。
その理由は、きちんと説明できない業者が多い事からも見て取れます。

別のサイトに書いてあったから、人に聞いたから、とプロがアバウトな情報をお客様に提示するのはおかしいと思います。
本当におかしな知識がお客様の間で、常識としてまかり通っている。

これは由々しき事態です。


どうもクリーニング屋さんは割引に走りたがるのですが、本当に今必要なのは割引じゃないと思います。
今必要なのは、クリーニング屋さんのことを正しく知ってもらうこと。
衣替えの選択肢にクリーニング屋さんで洗う、と言う項目を持ってもらうことだと思います。
割引をお客様に提示しても、クリーニングそのものを信用していない人には何も響きません。
クリーニング業界を取り巻く現状は、もっとかなり深刻なんです。

もっとクリーニングの良いところを知ってもらいませんか?
そういう活動をみんなでしていきましょう。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

|

« 品物が出始めたようですよ。 | トップページ | 東郷寺の枝垂れ桜、5 分咲きです。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

工藤さん、こんばんは。
いつもブログを拝見している一消費者です。
コメントさせていただきます。

私は以前は近所の取次店にクリーニングをお願いしていました。
そこの受付の「おばちゃん」は丁寧で、
シミの場所には糸で縫って印をつけてくれるし、ボタンはアルミホイルでくるんでくれる。
納期が遅れる時や追加料金が発生する時は電話連絡もしてくださる。
ただ、今思えば、「クリーニングの内容」については説明を受けなかったです。

最近、その取次店のおばちゃんが身体を悪くされたから、違うお店に行くようになりました。
はじめに行ったのは、仕上がりの悪いお店でした(取次店)。
2回ほど利用して止めました。

次は、個人店に出しに行きました。
ここは、仕上がりもよくて気にいってるのですが、
あまり説明をされません。

…だらだらと書かせてもらっていますが、
クリーニングの内容については、消費者は本当に知らないのです。
「ドライ」の意味も前は解っていませんでした。

それなのに、テレビや雑誌で『家庭でクリーニング』とかいう謳い文句を見ると、「?」って思います。
すごく大雑把な説明の方もいらっしゃるし、丁寧な方もいらっしゃる。
何も知らない消費者が見ても「それ、いいんかい!」って聞きたくなるのもあります。

どのクリーニング屋さんがよくて、どのクリーニング屋さんが悪いのか。
値段もピンキリでよくわかりません。
高い所がいいっていう訳でもないと思いますけど。。安すぎる所は怖い。
だから、私はあまり「割引」は信用していませんし、使いません。
クリーニング屋さんは自分で自分の信用を下げてるだけだとも思っています。

勝手なことばかり書かせてもらってごめんなさい。
『渡りに船』というか『カモネギ』だったものですから。

大切な服はなるべくいつまでも着たいのです。
お店によって違いがあるというのを「失敗して解る」では困りますので。

投稿: ミヒャエル | 2010年3月18日 (木) 20時59分

工藤さま
こんにちは

突然ですが、解りました!
きっとこの方も「お店で」説明を受けておられないのですよね。
パソコン検索されてるとか、メディア情報か・・・
どちらにしても一方的な・対話のない知識ですよね。

きちんと説明が出来るクリーニング屋さんも、個人店さん自体も減ってきていますけど。

対話はやっぱり大切だと思います。

投稿: いくらちゃん | 2010年3月19日 (金) 16時06分

工藤さんはじめまして。いつも楽しく拝見させてもらってます。何か違和感を感じましたのでひとこと言わせてください。

ミヒャエルさんはひょっとして消費者ではなくクリーニング屋さんじゃないですか?

納期というのは納めるクリーニング店側からの話ですし、取次店というのも消費者が一般的に使う言葉ではないです。

何だか文章だけをみるとクリーニング屋さんそのものですよ。

投稿: サムエル | 2010年3月19日 (金) 22時45分

工藤さん
ごめんなさい、ちょっとブログをお借りします。

サムエル様
残念ながら私はクリーニング屋ではありません。
仕事柄、ついつい「納期」とか使ってしまってただけでした。

それから、もう一つ。
「取次店」という言葉くらいは知っています。
世間一般以上には知ってた、ということだと思います。

家庭洗いで失敗した経験のあるミヒャエルでした。
(だからいろいろ検索したから知っている、ともいう)

こだわりを持っておられるのでしょうか?
なかなか普通の人はつっ込まないようなコメントだったような気がしますが(笑)

投稿: ミヒャエル | 2010年3月20日 (土) 10時32分

ミヒャエルさん、お返事ありがとうございます(^.^)


仕事柄でしたか、それならごもっとも頷けます、これはこれは失礼しました。m(__)m


まぁ、お客さんからの指摘では納得ですが、最近売り上げがよくないせいなのか、クリーニング店がクリーニングの悪いところを間違った意味で垂れ流して、クリーニング店全体の足を引っ張る行為が目立つのです。

え?そこまで言うか!というくらい(笑)

なので、次はクリーニングの良いところも書いてほしいな。

またお付き合いくださいv(^^)v

投稿: サムエル | 2010年3月20日 (土) 11時18分

ミヒャエルさん、サムエルさん、そしていくらちゃん、いらっしゃいませ。
話がまとまって?よかったです。
私の投げかけが、このような反応を起こしたというのも、面白いなあと思いました。


これだけ、クリーニングに対しての思いがあるんでしょう。


ミヒャエルさんといくらちゃんがおっしゃっていた対話の話、本当に必要です。
話をしない業者さんがあまりにも多い。
では、話をしている業者はどうかというと、これまた不正確な話を平気でしていることが多々ある。

私はここがかなりまずい問題ではないか、と思っています。


対話だけでなく、ネット上でもクリーニング屋さんのホームページには不正確な話が沢山並んでいます。
正確に言うと、間違ってはないけど、正しくない情報、です。
そのあいまいな情報も、消費者が受け取れば別な意味に捉えられてしまいます。


私はそこへ疑問符を投げかけたいんです。


その話は本当ですか?
根拠はあるんですか?
きちんとした理由があるのですか?


間違っていない話ですから、実際に注意しなければいけないこともあります。
しかし、それは全てに当てはまるものではないのです。
それなのに、全ての業者がそれがさも当たり前の行動のように、消費者へ啓蒙している姿を見ると、おかしいなあと思うのです。


そんな、考えもせず、判を押したような説明はいけないと思うんですよ。
また、サムエルさんがおっしゃるような、特定の業者が自社の売り上げのために、クリーニング業界を悪く言う事が実際起こっているのであれば、それは全力で止めなければいけないと思います。
その業者が気付いていないだけで、クリーニング業界の悪口は、いずれ自分へ返ってきます。


消費者にいらぬ不安を与えることなく、もっとクリーニングの良いところを紹介していけるような、そんな活動がしたいと思って今回書きました。

こうして皆さんがコメントを寄せてくれるくらいですので、まだまだ他にもクリーニング業の未来をうれいている人が沢山いると思います。
そういう方々と一緒に、何か出来たら良いなあと思っています。

皆さん、ご協力お願いしますね。

投稿: boribori | 2010年3月21日 (日) 02時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドライクリーニングは必要ない???:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/03/19 09:18) [ケノーベル エージェント]
府中市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年3月19日 (金) 09時18分

« 品物が出始めたようですよ。 | トップページ | 東郷寺の枝垂れ桜、5 分咲きです。 »