« 家庭用洗濯機とクリーニング屋さん。 | トップページ | 皆さんスーツのお手入れで悩むんですよね。 »

表示は洗えるはずなのに、事故がおきてしまったら?

お友達のSAMさんからのご質問です。

洗濯表示では、クリーニングできると書いてあり、その表示どおりにクリーニングして事故になってしまったらどうするのか?
しかも、メーカーに問い合わせようにも、倒産していたり外国のメーカーで連絡が取れなかったり。
そんなときの対応は?


SAMさん、難しいご質問です。(笑)
でも、こういうケースって結構あると思いますよ。
昔の話ですが、アパレルさんも結構いい加減なところがありまして、そのシーズンだけ流行の衣類を作り、ぱっと逃げてしまうメーカーさんがありました。
事故が頻発し、連絡を取ろうとしたときにはすでにもぬけのから、ってな感じです。

衣類についている洗濯表示は、クリーニング業者向けに作られているものではありませんから、洗うときにはたとえ洗えるとなっていても、十分注意しながら洗います。
たいてい、危険な衣類は分かるものですし、そういう時は表示で指定されているよりももっとやさしく扱うなどの対処をするんです。


でも、もし、どう見ても普通の状態で、考えられないような事故がおきてしまう、そんなこともあるかもしれません。
もしそういうことがおきたら、どうしましょうか。

まずは原因を追究します。
事故にも種類がありますから、どうしてそうなったのか、まずその原因が分からないことには責任の所在がつかめません。
本当に製品が悪いのか、クリーニングの仕方に問題がなかったのか。
色々あらゆる可能性を探ります。

自分たちの仕事に間違いがなく、衣類に欠陥があって生じた事故の場合、次に考えるのは予見することが出来なかったか、です。
気付く事が出来る可能性があったのか、気付いて対処をすれば防げたのか、そこもポイントですよね。


かりに、自分たちに非がまったくなかったとしたら、お客様へご説明し、相談になると思います。
仕事を請けた以上、まったく責任がないともいえませんから、最後はお客様との話し合いです。
お客様にご納得いただけなければ、若干の返金なども考えられるのかなあと思いますね。


自分が納得できるかどうかは別の話で、仕事として引き受けていますからね。
責任はあります。

また、予見することが出来た、もしくは防げたかもしれないと言った場合は、通常通り補償すると思います。
こちらも、メーカーさんへの問い合わせなども出来なくて納得は出来ないかもしれませんが、引き受けた責任がありますし、また見逃してしまったと言う思いもあります。
二度と起こさないように、糧にしていくしかないかなあと思います。

クリーニングには、このように責任の所在が最終的にはっきりしなくて、クリーニング屋さんが泣く泣く引き受けていると言うケースも非常に多いんですよね。
現在の料金体制では正直ここまで責任を負うのはかなり大変だと思うんです。


お客様の衣類を預かり、何かあったときに補償する事を考えると今のクリーニング料金は適正とは思えません。
何かあったときに、どうしても割に合わないとか考えちゃうと思うんですよ。
これでは、仕事として受けているはずなのに、責任もてないんじゃないかと思います。

何かあってもお客様にきちんと対応するために適正な料金を提示する必要があると思うんですよね。
衣類は、洗っていると分かりますが、安定的に扱えるものなんてほとんどありません。
これだけリスキーな商品を扱っているのに、料金がそれに伴っていないと思うんです。
だから、何かが起こると騒ぎになってしまうんですよね。


また、適正な料金をいただいていれば、保険へ入ることも出来ます。
仕事をしていれば、思いもしない不慮の事故もありえますし、そのときにお客様にご迷惑がかからないように保険に入って置けばスムーズな補償も出来ますしね。

でも、表示どおり洗ったのに・・・と言うのは、私的にはあまりいい答えではないと思います。
どうも逃げ口上に聞こえてしまう。
おかしかったなら、どのようにおかしかったのか、問題点をきちんと説明し、どのように扱ったかも説明してあげるといいと思うんだけど・・・。


とこんな感じでいかがですか?SAMさん。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

|

« 家庭用洗濯機とクリーニング屋さん。 | トップページ | 皆さんスーツのお手入れで悩むんですよね。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。

ほんとにここを読んでいるとクリーニングやメンテナンスの奥の深さを感じます。

前の記事といい、この記事といい、食品で「電子レンジで温めてお召し上がりください」という表示なのに生で食べておなかをこわしたら仕方ありませんが、指示どおり電子レンジで温めて食べておなかこわしたら何を信用していいんだかという世界ですよね。

洋服の場合、命に別条がないからそこまで厳密ではないのかもしれませんね。

たいへん参考になりました。ありがとうございます。

いよいよ、というかやっとこさ忙しくなりそうですね。遅れた分、需要が長く続くように願っています。

投稿: sam | 2010年4月21日 (水) 15時06分

SAMさん、まいどです。


もう少しで忙しくなりますよ。
大丈夫、今年も繁忙期はやってきます。(笑)


表示をつける意味をもう少し考えてくれるといいんですけどね。
消費者、もしくは私たちに伝える必要があることがあると思うんですけど。

返金や回収の前に、安全に使用してもらうための情報の伝達に、力を入れて欲しいと思いますね。

投稿: boribori | 2010年4月22日 (木) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 表示は洗えるはずなのに、事故がおきてしまったら?:

« 家庭用洗濯機とクリーニング屋さん。 | トップページ | 皆さんスーツのお手入れで悩むんですよね。 »