« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

クリーニング屋さんにも色々あるんです。   ~Team+50% ブログリレー~

ブログリレーが回ってきました。(笑)
毎日書いているくせに、自分が書く番が回ってくるとドキドキするのはなぜでしょう?
襷の重さかしら?(笑)


横浜のイフクリさんからのバトンです。

昨日のイフクリさんのブログにもあるように、クリーニング業の需要が大幅に激減しているんです。
景気が悪くなると、お客様に、クリーニング屋さんは景気が悪くなっても関係ないよね?と言われるんですがきっちり、いやそれ以上に影響が出ているんですよね。


旧態依然のクリーニング屋さんが多い中、新しい試みをしているクリーニング屋さんも全国各地に出てきています。

昨日のイフクリさんもその一人ですね。
彼はデリバリーと言う分野でクリーニングを開拓してきました。
それまでは、クリーニング屋さんでは集配とか、配達とか言うくくりで、週の決まった日の決まった時間にお伺いする、いわゆる御用聞きが多かったんです。
今でも多いですね、うちでもそうです。

しかし、このデリバリーと言うサービスは、必要な時にクリーニング屋さんを呼べるんです。

これは画期的なサービスでした。
イフクリさんを始め、今では全国で色々な業者さんがデリバリーに対応しています。


また、最近多いのが保管サービス。
冬物をクリーニングに出したら、返ってくるのが数ヵ月後・・・・と言うサービスなんですが、これもお客様に好評のようです。
こちらも、地域によってやっている所があると思いますよ。


技術で言うと、染み抜きに特化したクリーニング屋さんも増えてきましたね。
またそれをさらに進化させて、バッグやブーツなど今まではやらなかったような品物を扱うクリーニング屋さんも増えてきています。

改めてみると、クリーニング屋さんも実は色々あるんですね。
案外、皆さんが探しているサービスを提供しているクリーニング屋さんは身近にいるかもしれません。


しかし残念ながら、クリーニング屋さんは、宣伝下手なんですよね。(爆)

いい技術、いいサービスを持っているんだから、もっともっとお客様に知っていただくといいと思います。

さて、次は最初に戻りまして、横浜の伊藤さんです。
伊藤さん、よろしくお願いします。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

この10年で一番の変化は?

私がクリーニング業界に入って、およそ16年ほどの月日が経っています。
その間、当店の仕事も変わってきているんです。

品物が変わってきていますから、当然それにあわせて仕事の仕方も変わる。
ごく当たり前ですよね。
肌触りの良い服が増え、色々な影響が出やすい服が登場しました。
また、あまりにもやわらかさを追求するが故、これ洗えるの?という品物もあります。

ここ10年で何が一番変わったのかなあと改めて考えてみました。

先日横浜で同業者が集まった時に、変わったのは気候ではないか、という話になりましてね。
確かに気候の変化は恐ろしい物があります。
昨日今日は雨が降っていてかなり涼しいですが、私が子供の頃は真夏でも26,7度なんていう日があり、プールに入って唇が真っ青になったものです。


それがいまや、35度なんて当たり前。
こんな陽気が当たり前になるなんて、想像も出来ませんでした。

衣類も当然変わっています。
先ほども書きましたが、肌触りの良い、柔らかい服が多くなってきました。
これは繊維の進化もあるんですが、繊維が細くなってきてるんですね。
肌触りが良くなる反面、変化も大きくなり、影響が出やすくなっています。


それらに関係してか、一番の変化はお客様の洋服の着用期間かもしれません。
とにかく洗わなくなりましたね。
以前なら今よりももっとこまめにクリーニングをしていました。
ですから、夏でもクリーニング屋さんはわりと忙しかったんです。
ところが、今ではそんな忙しい様子など微塵も感じられません。

家庭用の洗剤が普及したと言う事も考えられなくもないですが、それだけが理由とは考えにくいです。
臭い消しの影響もあるのかなあ?


ただ、いろいろなところで話を聞いたり、ネットで見たりしていると、洋服のお手入れに関して間違った情報が流れているかなあとも思うんですね。
スーツのクリーニングは一年に一回でいいという人をよく見ますし、1シーズンで一回でいいという人もいらっしゃいます。
数着で着まわしていると思いますが、それでも回数が少なすぎますね。

一番多いのが、クリーニングすると服が傷む、という話。

これは大きな間違いですね。
どこでどういう風になってこんな話が流れて言ってしまったのか・・・。
昔は、長持ちさせたかったらクリーニング、だったのになあ。

ああ、これが一番の変化かもしれません。

傷む、というメカニズムをきちんとお客様へ伝えるようにしたほうがいいのかなあと思い始めました。
色々な事が複合的に関係して傷みやすくなっているんですが、それらが全てクリーニングのせいにされるのは、残念でなりません。

本来、ドライクリーニングは、繊維を傷めないクリーニングなのです。


これから10年の間で、もう一度正しい情報をお客様にお伝え出来るようにしていきたいですね。
10年後に振り返って、クリーニングのイメージが一番変わったね、とそんな会話がしたいです。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

溶けたのは誰のせい?

ここ数日物凄く暑い日が続いていますよね。
今朝はかなり涼しくわりと快適なのですが、これも今日明日までなのかなあ。

これだけ暑い日が続くと、それなりに何か対策を取ろうとします。
いくら慣れているといっても、こんなのが毎日続いてちゃ体が持ちません。(笑)
水分はちゃんと取るようにしていますが、それとは別に体を冷やしてあげないと体が持たないんですよね。


何年か前に、体が無性に欲したのが、ガリガリ君でした。
あの氷が、体を程よく冷やしてくれて、ちょうど良かったんです。
水分を取りすぎると、次第に胃の辺りが重く痛くなるんですよ。
だから、アイスとか氷を必然的に選ぶようになるんでしょうね。

昨日の話し。


忙しくなると、臨時の職人さんをお願いしています。
当店では、パートさんやアルバイトさんは使わず、プロの職人を助っ人として頼んでいるんです。
日当も物凄い高いんですが、うちが提供したい仕事は、プロでないと出来ません。
必要なんですよね。

しかし、その職人さんもかなりのご高齢。
いくら長年やってきているとはいえ、今年の暑さで倒れられたら困ります。
途中、こちらも気を使い休憩を入れ、水分を取ってもらうなどの配慮をするんです。


午後3時になりました。
おやつの時間ですね。
いつもなら、お団子や大福餅などを希望するのですが、今回はこちらから体を冷やすためにカキ氷はどうですか?といったんですね。
お隣がセブンイレブンですから、好きな物を購入できる。(笑)
職人さんも二つ返事でいいとおっしゃったので、3時はカキ氷に決定です。

母がセブンイレブンさんで買ってきたのが、氷菓子のすいかバー。
スイカも形を模した氷菓子です。
買ってきましたよー、休憩にしてください、と職人さんに言うんですが、やりかけの仕事を途中でやめるような人じゃあないんですね。
でも、こちらも気が気じゃあないんです。

アイスが溶けちゃう。(笑)


当店の中は異常に暑いと自覚しています。
ほんの数分の違いで溶けちゃうと思っているんですよね。

数分後、仕事終わらして職人さんがやってきて、すいかバーを手に取った時・・・・・、半分溶けていました。
正直これにはびっくりです。
いくら暑いといえども、こんなになるのかな、と改めて思います。


でも、美味しそうに食べていましたけどね、体を冷やすにはそれでも十分なんです。


・・・・・・、うちの暑さを物語っているような話だと思ったでしょ?
違うんですよ、この話には別の落ちがありまして。


夕食時に、3階から居間へ降りてくると母が血相変えてこう言うんです。


故障してたんだよ。

故障してたって・・・・・何が故障してたんだろう?
今うちが抱えている物で故障する物って何かあったかな?なんて、色々と考えていると、こう言うんですね。


セブンイレブンさんの冷凍庫が故障してたんだって。
それでアイスが溶けていたみたい。


なんとそうだったんですか、冷凍庫の故障ですか。
うーん、なら3時の段階でうちが言ってあげていれば早く気付く事が出来たんじゃないかな。
でも、うち、尋常じゃなく暑いし、まさか溶けているのが冷凍庫の故障なんて想像しないし。
普通、うちが異常だから仕方ないよね?となっちゃいます。

いやー、悪い事したなあ。
今度気付いたら教えてあげようっと。


間が悪いってこのことなんでしょうねえ。
お力になれず、すみませんでした。>セブンイレブンさん

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たな旅に出ましたか。

昨日の夕方、mixiのニュースに目が釘付け。


水曜どうでしょう、4年ぶり新作の旅へ。

そうですかとうとう旅に出ましたか。
長い間待っていた様な気がしますねえ。
この間も、テレビでは、水曜どうでしょうが流され、不思議ともう10年も前の映像なのに古臭さを感じず、逆に今の放送だとしても十分通用するような内容に時間の流れをつい忘れてしまいますが、それでも前回のヨーロッパ完結編から4年ぶりの製作なんですよね。

もう、今から、楽しみ。

我が家は私がはまって以来、家族一同どうでしょうファンなのです。(笑)


HTBという北海道のローカルテレビ局が作成したこの番組。
男4人が企画に沿った旅をしていく番組なのですが、普通の旅番組とは違うんですよね。
これはねえ、説明しろと言われても、説明できない。(笑)
ゆるゆるなんだけど、そのゆるさが自分たちにもこういう仲間ってあるよなと思わせてくれる、自分たちにも出来るような感覚なんですね。


本放送のDVDは発売されるとオリコンの上位に入ります。
地方局のしかも深夜放送の一番組だった番組が、いまや全国津々浦々の放送局にて再放送されているんですよね。

これは凄いなあと思うんです。


僕だけじゃなく、このニュースを見て、うぉぉぉぉぉぉぉと、なんだか力が入った人が全国には沢山いると思います。(笑)
新作、楽しみに待ちましょうかね。

水曜どうでしょうの話題でお客様と盛り上がれるのも楽しみの一つです。
旅に出たって言うだけですでに、お客様と話したい気分ですから。(笑)

どうでしょうファンのお客様、お待ちしてますよ。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいまブログリレーをやっています。

みなさん、まいどです。
珍しく挨拶から入ってみました。(笑)

実は日曜日から新しい試みをさせていただいています。
それはブログリレー。


通常、ブログリレーと言うと、一つのブログに複数のスタッフが入れ替わり立ち代わり書き込むのですが、私達がやるのは、ブログ自体を渡り歩くと言うもの。
リレー形式で、書いたら次の人へバトンを渡し、また次の人へ回すと言う方式をとっています。


クリーニング ポジティブキャンペーンを展開する、チーム+50%の仲間数人と、テスト運用と言うことで始めてみました。

まだテスト段階なので、細かい決め事はなし。
色々と書いていくことで、このツールを使うことで消費者の皆さんにクリーニングのいい所を伝えられるようなツールにならないかなと考えています。

さてさて、どんな物が出来上がるでしょうか?

今日書いたのは、西宮の上野さん
明日は神奈川の舘野さんが書くことになっています。
ほんの少ししかやらないので、ぜひチェックしてみてくださいね。

私の順番は最後。
そうですね、数日後にはやってくると思います。
何書こうかな、今から楽しみです。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングの未来を考える。

昨日は横浜でクリーニング屋さんの集まりがありました。


集まったのは30代から60代まで、経営者から二代目さん、業界紙の社長さんまで、と幅広く、またクリーニングについて一生懸命考えている人たちです。

ここでも何度か書かせていただきましたが、クリーニングのポジティブキャンペーンをやろう、と現在チーム+50%と言う名前で活動をしています。
そこのメンバーが集まったんです。

クリーニングを取り巻く色々な問題がありますが、今回の話は、クリーニングの未来の話。


現在置かれている自分たちの状況を振り返り、クリーニング以外の世の中の流れと照らし合わせつつ、今後どのようにしていくのがいいのか、どのような活動をしていくかと言う事を話し合っていました。

一見、無謀のように思える話も、色々と考えていくと、きっかけや糸口が見つかります。
クリーニング屋さんの目線から見ていたものが、消費者にとっては当たり前ではない事、僕たちが気にしない事でも消費者にとっては苦痛である事、などなど、新しく見えることで、変えていけること、もっと消費者へアピールできる事など、色々と見えてくるんですね。

そして、その中で、こうして同業者が手を取り合って何かをやる、と言う事の意味も考える事が出来たと思います。

個人の事ではなく、クリーニング業全体の事、そういった意識も今後必要になってくるんですね。
すでに個人でどうにかできるような問題ではなくなってきている、そう思っています。

これはクリーニング業だけでなく、他の業種でも同じなんです。
他の業種ではすでに動き始めて、消費者へ一生懸命伝えようと努力している業種もあります。

クリーニング業も、手を取り合うことが必要になってきました。
特に他業種と比べても、業界内の総売上が低いですから、出来る限りまとまる必要があります。


自分たちの事をよく知らないと、次へ進めないんですよね。

この活動がこれから先のクリーニング業にどう影響するか今のところまだ分かりません。
でも、何とかしたいと言う気持ちはみんな一緒。
数年後、十数年後にもっとよくなっているように、今を頑張ろうと思います。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラー博に来ています。

ラー博に来ています。
今日はクリーニング屋さんの集まりが横浜であるんです。

その前に腹ごしらえ。(笑)

ラー博です。
ただいま、二杯目。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水汲み終了。

水汲み終了。
おばんです。


土曜日の晩に府中を出まして、富士山へ水汲みにきています。

途中、びっくりするほどのゲリラ豪雨にあい、なんとか富士山へ到着。

今は帰りで談合坂サービスエリアにいます。


が、まっくら。


停電だそうです。
こんな談合坂サービスエリアは初めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セミはどこにいる?

おはようございます。
今日も朝から暑いですね。
毎日がまるで何かの修行のよう・・・・・、週間天気予報をじーっと見ながら、楽になる日を待ち望んでいます。


そんな本来夏らしい暑さのはずなんですが、いまいち暑いけど、夏と言う感じがしていませんでした。
何かが足りない・・・・・、そう、セミの声がほとんどしないんですよ。

まだ早いのかなあ?と思いつつ、でも、去年はこの頃にはもう物凄いセミが鳴いていて、そんなに暑くなくてもこれから暑くなるぞ!とセミにせっつかれているようだったんですけどね。

声が聞こえませんから、当然セミを見かけません。
いつもなら店の前の木に必ずいて、子供たちが網を持って走り回っているんですよ。
で、そんなに必要あるとも思えないのに、かご一杯にぎゅうぎゅう詰めのセミを取ってくる。(爆)
しかも、そのまま店先に放置していって、セミは鳴くわ弱っていくわで、こっそりと逃がしてやったもんです。

あ、今かろうじて遠くの方で鳴いている気がする・・・・。


どこにいるんだろう?と思っていたんですが、猫のモモちゃんはしっかりと見つけてくわえて来るんですよね。(笑)
鳴き声もしないのに、一体どこから見つけ出してくるのやら。
モモちゃん、左足を骨折していてびっこ引いているんですが、取って来るの上手なんですよね。
4本足よりも3本足の方が速いのかしら?と思っちゃうほど。

それでも例年よりは取ってくる数は圧倒的に少ないです。
今年はセミが少ないんですかね?
これだけ暑いんだから、後はセミの声だけなんだけどなあ。


これぞ、夏!!と言う感じが欲しい・・・・・。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

水がない!

うちの飲食用の水は富士山から汲んできています。


不思議と、水の使用量って計算できるものなんですよね。
冬なら大体これくらいで水が無くなるなあと分かるので、来週水汲みね、と言われたりします。

今週一杯持つ予定だったんですよ。

先週、水汲みに行くかどうか、迷っていたらしいんですが、先週行くと早すぎるとの事で、次の日曜日に行くことにしてたんです。


ところが、ここ数日の猛暑でしょ。
予定なんてものは未定なんですよね。(爆)
けさ、嫁さんから衝撃の一言が。


最後のタンクです。
水が無くなりました。


まさかこの水が豊富な日本でこんな言葉を聴くなんて思いもしませんでした。
でも確かに水が無いんですよね、もう。
水道水は匂うので、家族の誰も飲みません。

非常事態だ。

日曜日は用事があるのでいけませんから、土曜日の深夜に行くことになりそう。

深夜、携帯から、水汲みに来ましたのブログ更新があるかもしれません。(笑)
乞うご期待。(笑)


水が飲みたいですねえ。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車の中でも熱中症。

いやー、暑い。
ここ数日の暑さは凄いですね。
昨日府中市でも、36度を記録。
さすがにここまで気温が上がると、お店の中は40度を軽く越します。
一番暑い時間帯に仕事をするのは危険ですので、その間は休むようにしています。


ニュースなどでも、熱中症への注意がされてますよね。
じっとしているだけでも汗が出てきますから、こまめな水分補給が大事。
家にいるのに熱中症になってしまう方もいるようですから、意識的に水分を補給する必要があります。

もう何年前でしょうか、私ねえ、車で熱中症になりかけたことがあるんですよ。
配達に出かけていたんですが、やはりその年は気温が異常に高く、暑い日が続いていました。
確かその時はあまりクーラーをかけなかったんです。
と言うのも、車のクーラーは効きすぎるので、体がだるくなっちゃうんですよね。
外に出た瞬間のもわっとした感じがいやだったので、窓を全開にして、風を受けて走っていました。


それはそれで大変涼しく、別に過ごせないような状態ではなかったんです。

ただ、配達の途中で水分を取るのは嫌だったので、何も飲まなかったんですね。

高井戸にある某メーカーの独身寮へ配達へ行った時に異変が起こりました。
体が火照り、ボーっとするんですよね。
歩いていてもふらふらするんです。
でも、仕事ですから中へ入り、品物を預かろうとしていると、掃除婦のおばちゃんたちが通ったので、こんにちわと挨拶をしました。

すると、突然、こう言われたんです。

あなた、顔が真っ赤。
おかしいよ。


どうやら日に焼けたわけでもないのに真っ赤だったらしいんですね。
瞬時に危険と判断したらしく、すぐさま、氷とお水を持ってきてくれて、これを飲みなさいといってくれたんです。

その時のお水の美味しかったこと。
生きた心地がするってああいう事いうんでしょうね。


それから、そこの独身寮では夏になると、水と氷が必ず用意されていて、水分補給をさせていただきました。
本当にありがたい話です。

感覚的に耐えられる、平気だと思っても、危ないですよ。
運良く周りが気付いてくれればいいですけど、気付いてくれなければ大変な事態になることもあります。
私も今は水筒持参で配達に出ますしね。


まだ当分暑い日は続くようです。
こまめな水分補給は忘れずに。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

預けるだけでいいですか?

自分たちはなんでもない事と思っていますが、お客様にはそう見えてないんだなあと思う事にたまに出会う事があります。
遠慮してくれてたんだなあと思うと、申し訳ないなあと思うんです。

昨日の夕方、お客様がご来店くださいました。
クリーニングの利用って皆さんリズムのようなものがあるんですよね。
毎週、この曜日の この時間にクリーニング屋さんへ持っていく、そんなリズムがあるんです。
こちらも気付かないうちにそう言うものだと思っているので、別の日にお客様が見えると、今日はどうしたんですか?なんて聞くことがあります。


そのお客様、申し訳なさそうに、こう言うんですね。

あのー、預けるだけでいいですか?


預けるだけ・・・・・、どういう事かといいますと、うちにお客様の品物を現在預かっているんです。
で、それを引き取るのを次にしてもいいですか?と言う事なんですね。


こういうのはよくあるので、大丈夫ですよ、と言うと、本当に申し訳なさそうに、すいませんとおっしゃいます。
手間をかけさせてしまって・・・・、とおっしゃるんですね。
本当に優しいお客様です。

クリーニングは出すのと受け取りと、セットの様な気がしますが、そんな事もないんですよ。
今日は預けるだけ、と言うお客様も結構いらっしゃいます。


雨が降っている状況などではこちらもお渡しできませんしね。
時には、今日はやめておいたら?とこちらからご提案する事もあります。


また、渡していって、買い物をした後に受け取りに来る、と言うお客様も結構いらっしゃいます。
仕上がった品物を持って歩くのは邪魔ですからね。
すごく理にかなった行動です。


こちらに品物をお預けていても遠慮なくお持ちください。
今の時期、どうしようと悩んでいる時間が、結構危ないんです。
きれいにしてある品物は置いてあっても問題ありませんが、汚れている品物は時間がたつのはよろしくありません。

優先順位からすると、引取りよりもまずクリーニングに出す方が上ですね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しみ・・・・に見えるけどしみじゃない物もあります。

服が汚れると、どうしても何かが付いたような思いがするんですが、実はそうでない事もあるんです。
しみになった時、いくつか考えられるケースがあるんですね。

一つは、何かが着いてしみや汚れになってしまったもの。
食べこぼしなんかがこれですよね。
一番多いケースじゃないでしょうか。
何かが付着してしみや汚れになっていますから、付いたものを除去する事で綺麗にする事が出来ます。

次にあるのが、色が抜けているケース。
一見すると、元の色と色合いが違うのでしみが付いた、と思いがちですが、実は何かが付いたのではなく、色が抜けてしまっていると言うケースがあるんです。
色が抜けるのに、何かが付いてしまったと言うのもあるんですが、それが表面に残るのではなく、生地の色を壊してしまうんです。
これは、一般の人にはわかりづらいと思います。


汗染みなどでこのケースがありますね。
生地の色が抜けてしまっている事があるんですよ。
着てすぐに洗えば、汗の汚れを除去してしまえば済んでしまうんですが、長期間放置する事により、汗の成分が地の色を壊してしまうんです。

また、洗剤により色が壊されるなんてこともあります。
今の家庭用の洗濯機は洗剤を入れる所がちゃんと付いていますし、皆さん使い方を守っているので少ないですが、ちょっと前までは、洗濯機に衣類を入れ、その上にどばっと洗剤を放り込み、ボタンをぽんと言う人が結構多かったんですね。
洗剤って濃度が濃くなると染み抜き剤にも使う事が出来ます。
上から振り掛けた洗剤が、高濃度になり、生地の色を壊してしまう事もあるんですよ。

洗いあがったら、ポツリポツリと色が変わっている、なんてこと、経験のある方いらっしゃいませんでしょうか?


そして、これは本当にまれな例ですが、しみが付いているとお持ちになってよく見てみると、繊維くずだった、と言う事もありました。
本当に微細な繊維くずは、よく見ないとしみなのかごみなのか区別が付きません。
しみかな?と思って、ちょっとさすってみると取れてしまい、ごみだったんだな、と思うこともよくあります。
洗濯をしていると、繊維くずがどうしても出るんですね。
それが衣類に付着してしまう事もあるので、しみかもを思う前によく見ることが重要になってきます。


一見しみや汚れのように見えて、そうじゃない物もこうしてあるんですね。
また、しみの付き方も、落とし方に関係してきます。
色が抜けている所へ一生懸命染み抜き剤を使っても効果はないでしょ?
何かが付着しているから、染み抜き剤は効果が出るんです。

消費者の方に、汚れやしみを見てこれらを判断しましょうと言うのは少々酷ですね。
汚れで判断するよりも、汚れた状況をもう一度よく考える事のほうが近道かもしれません。


食べ物が付着したのか、何か得体の知れない液体が付いたのか。
もし、自分で判断が出来ないようでしたら、クリーニング屋さんへお持ちになることをお勧めします。
クリーニング屋さんで判断してもらうのが早いからですね。


病気もそうですが、きちんとした診断をしないと、的外れな処置をしてしまい、いくら治療していても治るはずがありません。
的確な判断が必要なんですね。


しみや汚れを発見した時、何かが付いた!と決め付けず、冷静に分析するようにしましょう。
分からなければ、クリーニング屋さんへ持ち込み、相談してみてくださいね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! を見て。 

昨日の屋上のプールで見事に日焼けしました。
そんなに暑くなかったんですけどね。
毎年の事ながら、いい加減何か対策しなよ、と言われるんですが、ついつい忘れてしまいます。
今日は首がヒリヒリ。(笑)

先週の土曜日に、テレビで映画が放送されていました。


「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」


これ大好きなんですよね。
シリーズで見ていますが、何回見ても面白い。
絶妙な間が笑えるし、その中で核心に迫る部分があって、考える所もある。
いい映画ですね。

しかし、先週見たときは、ちょっと違って見えていました。
クリーニング屋さんらしいといいましょうか、職業病といいましょうか。


後半のところで、すみれさんが拳銃で撃たれるシーンがあるんですね。
青島が、倒れたすみれさんを抱き上げる。

いいシーンです。


でもね、物凄い血なんですよ。
それが青島のネクタイからYシャツまでべったりとついている。


これはいけません。(笑)
見ていて、うわー、これ落とせるかな?(笑)って思いましたから。(爆)
しかも、その血がついた状態でかなり長時間いるんですよ。
そのシーンが映るたびに、一番濃く付いた所が厄介かなとか、青島の象徴である緑のコートにまでべったりついているのを見ると、あれはやばいだろう?とついつい考えてしまうのです。


下手すると色がはげるぞ、と。

後半は今一歩映画にのめり込めませんでした。
職業病ですねえ。


しかし映画のいいところは、時間がたてば、綺麗さっぱり元に戻っている所。
あれだけ血のついたコートも色がはげる事もなく血のしみも落ち、見事に復活しているはずです。
ありえないよなあと思いつつ、あんな風にどんな状況からでも元に戻す事が出来たら最高だなあと思うのでした。


皆さん、三連休最終日、お出かけでしょうか?
今日も暑いようですからお気をつけてお出かけください。

当店、本日もいつもどおり営業をしております。
行く所がないよというお客様、ご来店お待ちしております。m(_ _)m


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

プールです。

プールです。
準備して出来上がったのは今年初のプールでした。


しかし、暑いでんなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

これから準備します。

これから準備します。
なにもない屋上。
これから準備します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もスタンプラリーの季節がやってきました。

今日、広範囲で梅雨明けが宣言されたようです。
ジメジメした梅雨ともおさらば、これで暑いですが、ようやく夏が本格的に来たんでしょう。

今日から3連休の所も多いようで、今日は下り方面の道路がむちゃくちゃ混んでいました。
これも夏らしい光景です。

そして、この時期になると必ずあるイベントが、セブンイレブンさんのスタンプラリー。
今回は、ポケモンです。


もう、子供たちが騒ぐ騒ぐ。(笑)
今週に入ってからずーっとセブンイレブンに連れて行ってくれと言われっぱなしです。
お隣がセブンイレブンさんですからね、いち早く台紙を入手し、一つ目のスタンプは押してあるわけです。
表4つ、裏4つスタンプを押すと、シールやらポスターやらがもらえるんです。


昨日、配達に連れて行ったんですよ。

僕の配達はクリーニング屋さんらしくはなく、とても広範囲なんです。
配達に回ってくる間、セブンイレブンさんは沢山あります。
ちょうど、夏休みに入り子供たちが家で騒ぐので、配達へ連れて行ってくれれば・・・・と言う家族の思惑とががっちり一致するんですよね。

でも、昨日はアクシデントが勃発。
子供が気持ち悪くなり、途中で断念したんです。

残りスタンプ6つ。

今日になって長男がスタンプラリーに参加。
長所最大でも6つ回ればすむはずが7つに変更、
これは少々まずいかなあ。

配達しながら、少し遠回りをして、セブンイレブンさんに寄るんですが、なぜか今年に限って、スタンプがかぶるんですよね。(爆)
お父さん、これ前に押した!と言われ、泣く泣く別のセブンイレブンを捜し歩いてきました。

結局ね、今日は多摩のほうへ配達へ行く予定がなかったにもかかわらず、多摩市まで行く羽目に。
ずいぶんハードな配達となってしまいました。

スタンプラリー、いい企画なんですけどね。
もう少し近場でそろってくれるとありがたい。
子供は大喜びですが、お父さんお母さんの苦労は計り知れない物があります。

来週になれば学校も夏休みに入ります。
ちょっとしたイベントにセブンイレブンさんのスタンプラリーはいかがですか?
子供が喜ぶことのは間違いありません。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お泊り保育。

昨日、無事に幼稚園が終わりまして、夏休みに入りました。


他の幼稚園がまだ来週まであるのに、ちょっと早いなあとどうしても思います。
長い夏休み・・・・・、子供たちには天国でも、大人たちは毎日子供とおっかけっこの日々が待ってますからね。


聖イリナモンテッソーリスクールでは、年長の子供たちが夏休みに入るとお泊り保育をするんです。
一晩幼稚園へ泊まってくるんですよね。
うちの長女も昨日泊まりに行ってしまいました。

このお泊り保育、行く前と後じゃ全然違いましてね。
たった一晩なんですが、子供が一気に成長します。
親と離れて泊まるってそれだけで大きなことなんでしょうね。

今日のお昼に帰ってくるんですが、きっとぐったりしているだろうな。(笑)
長男の時がそうでしたから。

さて、昨晩から一人かけた我が家。
一人くらいかけたってどうって事ないくらい大所帯なんですよね、うちは。
なんてことないはずなんですが、昨日からちょっと家の中の様子がおかしいのです。

男だらけの子供たちが、あまり騒がない。
わりと静かに過ごしているんですね。

晩御飯を食べている時も、布団に入って寝るときも、なんだか静か。
そして部屋が広く感じます。

小さい子供でも、家族が一人欠けるだけでこんなに違うものなんですねえ。
びっくりしました。

早く長女帰ってこないかなあ。(笑)
家の中がちょっとさびしい。


こんな事言っていると、成長して子供が出て行くときには泣いちゃいそうですね。(笑)


ん?でもふと思ったんですけど・・・・・、自分がよく出掛けて夜遅くまで帰ってこないことがあるんですが、子供たちからさびしいと言われたことがありません。
逆に、伸び伸びとしていると聞かされます。


・・・・・・、なんで?(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

建築基準法、そろそろ結果が出ますね。

昨年より、クリーニング業界をにぎわしてきた、建築基準法の問題にいよいよ結果が出そうです。

事の発端は、クリーニング業界3番目の大手さんの問題が最初でした。

その後、話が大きくなって行き、全国のクリーニング店へ調査が入り、国会で話が出るまでに発展。
クリーニング業者の間でも、自分たちの死活問題ですから、大変気になっていた問題です。

当初の話では、そろそろ話がまとまるような事でしたので、気になっていたんですが、先日業界紙に指針案が載ったことにより、また慌しくなってきています。

現状で石油系ドライクリーニング機が使えるのかどうか。

指針案では、もろもろの設備を整え、安全対策を採れば使えるようになるような感じです。
しかし、その設備もよく読んでいるとかなり大変。
これがそのまま発表されたとしても、まだ当分大変だろうなあと想像されます。


先日も、山口県でクリーニング屋さんの集まりがありました。
そこでも、ひと悶着あったそうです
業界内でも、情報の行き渡りが悪く、それに不安を感じている人は沢山います。
そりゃ、一言でも二言でも言いたくなるって物です。

クリーニング屋さんが気にしているのは、今後どうすればいいのか、と言う事。
情報がなかなか入ってこないので、不安に感じるんですよね。


新しく設備をするにしても簡単な話ではありませんから、出来る限り早く知りたいと言うのが本音でしょう。
何より、私達がごたごたしていて、その後のもたつきからお客様へご迷惑がかかるのだけは避けたいと言うのもあります。

クリーニングって、お時間をいただけるものもありますが、早く仕上げなければいけないものもある。
すると、機械が一日でも動かないと言うのは致命的な問題になってしまうのです。

皆さん多分同じ気持ちです。
早く知りたい。


結果が待ち遠しいです。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

35円から5000円まで。

先日参加したセミナーでの話。


私の後ろに座った方が熱海から来ていたんですよね。
熱海ってYシャツのクリーニング料金が高めなんですよ。
熱海と聴いた瞬間、何で熱海ってYシャツのクリーニング料金があんなに高いんですか?って思わず聞いちゃったくらいです。

うちは、夏になぜか熱海へ旅行へ行くことが多かったんです。
料金を意識しだしたのが私が高校生の頃だったでしょうか。
それまで家の仕事について興味もあまりなく、Yシャツのクリーニング代なんて知りもしなかった頃、熱海へ家族旅行へ出かけました。

その頃、ここ府中周辺でもYシャツ戦争が起きてましてね。
今から20年ほど前に、Yシャツ一枚100円でどこもやっていたんです。
うちは頑として下げなかったらしいですが・・・。

出かける際にそんな話を両親がしてたのを何気に聞いてたんですね。
で、熱海に到着。
うちの両親、仕事に熱心ですから、たとえ旅行でも、行った先でクリーニング屋さんを見ているんです。
その時に、熱海って昔からYシャツの値段が高めなんだよなあ、と父がつぶやいたんですよ。
それを覚えていて、それ以降、熱海へ出かけるたびにクリーニング屋さんのYシャツの料金を気にするようになりました。


で、セミナーの会場で知り合った熱海の方に何であんなに高いんですか?と聞くと、その方のお店では600円はするよ、との事。
糊抜きだと700円はするとの事。
地域柄にしても何か理由がありそうですよね。


やはり観光地と言う事で、通常Yシャツのクリーニングが少ないんだそうです。
少ないと言う事は、専用の設備ができないと言う事。
つまり手仕上げが基本となるでしょうから、料金を下げるのが難しくなります。


でも、そうだとしても、近隣のところから熱海へ集荷に来てもおかしくなさそうなんですが、そう言うのはないのかなあ。
群馬の水上あたりですと、新潟のクリーニング屋さんが山を越えてやってきますからね。

などと色々と話を聞きながら考えていると、Yシャツのクリーニング代ってピンきりだよなあと思いました。

私が知っている中で今迄で一番最安のYシャツのクリーニングは一枚35円。
もちろんこれで利益は出ているわけはなく、周辺の競合店との競争の末の料金設定です。
もちろんセール時ですよ。


かたや一番高いのは、Yシャツ一枚5000円。
宅配便を使うクリーニングです。

本当にピンからキリまでありますね。
これじゃ、消費者も迷ってしまいそう。

どんな業界にも値段の差はありますが、クリーニング代ももっと分かりやすい料金と品質の差があるといいなと思うんです。
逆に言うと、きちんとした仕事をしているところはそれなりに料金を頂いた方がいいということ。
良心的ですというといかにも消費者のためのように聞こえますが、実際は、クリーニングの品質に不安を抱かせている事もあると思います。


自信を持とう、クリーニング屋さん!

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

3度のお召しかえ(笑)

いやー、暑いですね。
気温ではなく、今年はどうも湿度にやられている。
不快指数というのが半端なく高いんだそうです。

体からにじみ出るように汗をかくんですよね。
常に体が湿っている感じがして、今年は疲れも倍増の様な気がします。

そんな状態ですから、仕事をしていても、当然大量の汗をかきます。
Tシャツは絞る事が出来ますし、半日着ていればまるでドラゴンボールの亀千人の甲羅のように、ずっしりと重くなるんですね。
何より、体に悪い。


汗がついたシャツやズボンを、濡れたまま着ていると、あせもの原因になったり、すれて痛くなったりするんです。
当然着替えますね。(笑)


今年の暑さを物語るように、今年はねえ、着替えの回数が非常に多いんですよね。
毎日平均、3回は着替えています。
Tシャツだけじゃないですよ?
上から下まで全部。

もう毎日洗濯しても着替えがおっつかないくらいです。(笑)
本当、洗濯屋さんじゃなかったらうんざりするような量なんですよね。(笑)
洗濯屋さんでよかった・・・・・って洗濯屋じゃなかったらここまで汗もかかないと思うんですけどね。(爆)

毎年暑いから汗はかきますけど、こんな年は珍しいですよね。
仕事してそのまま座っちゃうと、カーペットにお尻の跡がつくくらい濡れてるんですもん。
着替えなきゃ怒られちゃいます。

朝昼晩と、私の着ている服が変わっていきます。
どうぞ、お楽しみに。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポリエステルも、捨てたもんじゃないぞ。

自然志向なのか、綿製品にこだわる人が多いですね。
しかも100%物にこだわる方が非常に多い。

綿は肌触りが良くて、吸水性もよく、汗を良く吸い取ってくれるんですよね。
片やポリエステルを代表する化学繊維は、どうしても科学と言う名前からか印象が悪い。
私たちクリーニング屋さんは、ポリエステルってどういうものか分かっていますが、どういうものか分かっていない消費者にとっては、科学というか人工的に作られた物に抵抗があるみたいです。

実は、私もそう思っていました。


ポリエステルは、伸びないし、汗を吸わないので、いいイメージがないんですよね。
綿のような遊びがないといいましょうか、綿と混ざっていても、綿100%と比べて吸水性が悪く、気持ちが悪いように感じていたんです。


ところが、最近になって少々考えが変わってきました。

家で着ている短パンがポリエステルなんですけどね、これが非常に軽いんです。
薄いからだろ?とお思いになるでしょう、確かに薄手なんですが、それだけが原因じゃないんですね。

これは綿製品の欠点でもあるんですが、綿製品は汗を吸収するんですけど、生地にとどめてしまうんです。
つまり、常に濡れた状態が続いてしまうんですね。


これはねえ、非常に気持ち悪いんですよ。

汗は吸うけど、生地がどんどん水分を含み、重くなっていきます。
しかもなかなか蒸発しないので常に濡れたまま。
これは非常に体に悪いんですよね。


片やポリエステル。
普通のポリエステルでは駄目ですが、最近は改良されたポリエステルが販売されています。
吸湿発散性に優れたポリエステルがあるんですよ。
よく、スポーツ選手が着ているのがそれですね。
本来汗を吸わないはずのポリエステルの糸に、特殊な加工を施して汗を吸うようにしたんです。

これがねえ、思ったよりも効果があるんですよね。
先ほども書きましたが、軽いんです。


これはいいですね。
汗を吸っても表面がべたべたになりませんから、これもわりとよろしい。


ただし、汗を吸う量にも限界がありますから、大量の汗は吸うことが出来ず、肌に残ってしまいます。

ここはちょっといただけないかなあ。


着るシーンや時間帯などによって、綿製品と使い分けるのがいいかなと思います。

アパレルメーカーさんも日々研究して新しい製品を開発しています。
昔のイメージそのままだと、せっかくの良い製品を使わないで過ごしちゃうなんてこともありそうです。
思い込みを捨て、まっさらな気持ちで衣類を探してみてもいいかもしれませんよ。


まだまだ良い商品が出回っていると思います
ぜひ、探してみてくださいね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今年はミニトマトがよく生ってます。

毎年、何かしらを植えているんですが、今年はミニトマトを植えました。
店先の大きな鉢に植えています。


昨年は、きゅうりが全然駄目で。
もちろん、素人ですし何か本を読んで作っているわけでもない。
その日の気分でやっているので、生らないのも仕方がないんですけどね。
非常に残念な思いでした。

ところが、今年はなんとミニトマトが盛況。
鈴生りとはまさにこの事だ!と言わんばかりに、一杯生っています。


でも、何もしてないんですけどね。(爆)
例年同様、植えて、肥料足して、水をかけて。
それくらいですね。
何の、例年以上の生りっぷりに少々興奮気味でございます。

あまりにも見事に生っているからでしょうか、前を通る方が皆さん足を止め、指差してみていくんですね。
ミニトマトを作っている人は結構いらっしゃいますし、珍しい物でもないと思うんですが、小さいお子さんからお年寄りまで幅広く足を止め見ていってくださいます。

そして、ぽつぽつと赤く生りだした頃、今度は声をかけられるんですよ。

もう赤いですよ、とか、早くしないと誰かに取られちゃうよ?とか。

でもねえ、もう何年もここで栽培していますが、取られた経験ってないんですよ。
大通りに面していて、しかも人通りが激しいのに、です。
ナスが一つなっていても誰も取らないし、きゅうりが大きくなっても取られない。
ミニトマトなんて、鈴生りでさえ取られません。

不思議な物でしょう?

でもね、一つだけ取られる物があるんです。
それは、花。

花だけは駄目ですね。
植えて数日としないうちに持っていかれます。

この差は何ででしょ?

生り物は食べたらおしまいだからでしょうか?
花は植えなおしたら楽しめるからでしょうか?


本当に不思議。


水汲みに富士山へ行ったり、群馬へ行ったりした時に苗を買ってくると、生きが良くて育ちやすいんですが、残念ながら買いに行くタイミングがないんですよね。
でも何か作りたいなあ。

たとえミニトマトでも、こうして楽しんでいただけるのなら、それで十分ですね。
もっと育ってもらいましょう。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

感謝の気持ちを忘れない。

昨日、寺門ジモンさんの取材拒否の店と言う番組を見ていました。
録画してあるんですけどね、気がつくと一月分溜まってしまうので、まとめて見るんです。

取材拒否のお店を紹介する番組です。
出てくるお店も、取材拒否をするくらいだから、色々な形でこだわっています。

手を抜かない仕事をしたいと言うのはもちろんですが、あえて取材拒否にする理由も様々。
お客様にどっとこられても対応が出来なくなり品質を落としたくないとか、そもそも取材拒否なんて高飛車なお店ではないと言うスタンスだったり、ミーハーなお客様よりもきちんと分かってくれるお客様に提供したいと思っていたり。
自分が思っているのと取材の結果が違うから嫌だと言うのもありましたね。


見ていて色々な理由があるもんだなあと思いました。

ある、食材にこだわったお店が出ていたんですよ。
物凄くおいしかったらしく、最後にシェフが出てきたんですね。
そこでジモンさんと話していて、寺門さんがこの食材がとても巣晴らしというと、生産者にきちんとお伝えします、と言うんです。

ちょっとびっくりしましてね、ここのシェフは生産者に感謝しているんだなあと思ったんです。

食材っていわゆる材料ですから、物として見がちだと思うんです。
でも、それを作っている方々からすれば、物ではないと思うんですよ。
手塩にかけて、少しでも美味しくなるように、試行錯誤しながら作り上げていると思うんです。


それを感じ取って感謝するって、なかなか気付かないと思うんですね。
しかも、自分で料理を作っていると、自分の腕に過信しがちなのが普通だと思うんです。
素材もいいけど、自分の腕がいいから美味しいんだ、と職人なら思うんじゃないかなと思ったんです。

ある意味びっくりした内容でした。

振り返ってみますと、僕らクリーニング屋さんも色々な人に助けられて仕事をしています。


Yシャツの機械仕上げの品質を否定する人もいらっしゃいますが、現在の料金で出来るのはYシャツの機械があるおかげ。
しかも、その品質は、かなり良く、日本の機械が世界で使われるほどの品質なんです。
そして、その状態に甘えることなく、常にもっとよく仕上がらないか?もっと早く出来ないか?と常にいいものを目指している。


この機械がなければ、Yシャツの料金ももっと上がっていただろうし、クリーニング屋さんもとても大変だったと思います。


洗剤もそうです。
洗剤も色々な種類が出ています。
メーカーさんも日々新しい洗剤が出来ないか試行錯誤していますし、新しい物が出るから、僕らも新しい技術を作り出せる。
昨今のスーツの水洗いなども、洗剤の進化があってこそだと思うんです。
正確には助剤と呼ばれる、補助するような役割を持つ薬剤があるんですが、これらの進歩があり、様々なところで威力を発揮しているんですね。

そして、お客様。


私たちは品物をお持ちいただいて始めて仕事ができます。
そろそろクリーニングした方がいいだろうなあと思っても、お客様にお持ちになっていただかないと何も出来ないんですね。
なるべく早くお持ちください、と言いますが、実際に危なくなる前にお持ちいただくとこちらも非常に作業がしやすい。
綺麗にする手助けをしていただいているのと一緒なんですよね。

当たり前だと思っていることも、色々な人の協力の結果、成り立っているんだと改めて思います。


やっぱりいい仕事をする人は違うなあと改めて思いました。
自分もそうならないといけませんね。
頑張ります。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドライクリーニングで油分が取れる?

ここ最近、調べ物が続いています。
調べている内に奇妙な物をいくつか発見しました。

スーツをクリーニングしすぎると、油分が取れてしまって傷む。

なんだか具体的です。
数年前までは、こんな話しは見たことがありません。
クリーニングしすぎると良くない、と言うような物は見たことがあるんですが、油分が取れてしまってよくないと言うのは、本当にここ最近の話です。


しかも、それが複数のHPで見れるんですよね。


一体どういうことなんでしょう?

私たちクリーニング屋さんが使うドライクリーニングの溶剤(洗う液体)は、有機溶剤を使っています。
油ですから、確かに油分を落としやすいんです。
それがドライクリーニングの特徴でもあるので、油のしみをよく落とす事が出来ます。


じゃあ、油を落とすからと言って、スーツの油分までとってしまうのか?と言う事なんですが、それは言いすぎだと思うんですよね。


ドライクリーニングの溶剤にも種類がありまして、油脂溶解力のかなり強い物もあります。
昔は、そう言う溶剤で洗うとパサパサになると言われた物ですが、クリーニング業界もそんな不具合を黙ってみているわけはありません。
きちんと対応しているんですよね。
風合いが良くなる洗剤を使い、パサパサにならないようになっています

しかも、現在では、その溶剤を使っているところの方が少ないんですよね。


現在は石油系溶剤を使っているクリーニング屋さんが多いのですが、これは油脂溶解力がそんなに強くないんですよ。
これでパサパサになってしまうと言う事はありません。

じゃあ、一体どこからこのような噂話が出たんでしょうか?

実際にご利用されての体感なのか、クリーニング屋さんの説明が間違って伝わってしまったのか、溶剤の特性を知っている人が拡大解釈で話したのか。
どれなんでしょう?

皆さん、すぐ溶剤のせいにしてしまいますが、仮にパサパサになると言う事実があったとしたら、原因はもっと別のところにある様な気がするんですよね。

クリーニングって複雑です。
洗って乾燥して、仕上げるだけなのですが、その工程の中には、いくつも注意するポイントがあります。
単純に、溶剤が悪いと言う話ではないんですね。

洗いが悪い可能性もありますが、もしかすると、乾燥工程に問題があったのかもしれません。
一緒に入れた品物に問題があるケースもあるでしょう。
実は、着過ぎですでに傷んでいた、なんていう事もあります。

油分が取れるので、クリーニングするのは良くない、と書いてあって、では別のお手入れ方法があるのかと思ってみていると、こちらがびっくりするような作業だったりします。


それって、綺麗になっているつもりじゃないのかなあ?


そんな作業がさも正しいスーツのお手入れ方法のような感じで紹介されているのを見ると、これはいかんなあと思うんです。


クリーニングを職業とするものとしてね。


うちらを利用してくれないのも残念ですが、間違った情報を鵜呑みにして間違ったメンテナンスをするのを見ていられません。
やはり正しい情報は必要だなと改めて感じました。

クリーニングもきちんと理屈が存在します。
科学的な根拠もあります。
適当ではないんですよ。


インターネットの普及で情報を得やすくなった反面、間違った情報も広まりやすいんでしょうね。
何とかしなきゃ・・・。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コックコート。

クリーニングの仕事をしていると、この服って不思議だなあと思うものと出会う事があります。


やはり一番多いのがデザインですよね。
何でこうなっているの?どういう風に着るの?なんて思う服が結構多いんです。
また、ここにこれが着けてある意味はなんだろう?と不思議に思うものもあります。
特に、その装飾品によって、クリーニングが出来ないケースもあるので、特に気になるんでしょうね。


いつも仕上げていて、不思議だなあと思うものの中に、コックコートがあります。
コックさんが着る白衣ですね。
これがねえ、とても不思議なんですよ。


何が不思議かと言うと、右でも左でも、どっちが前に来てもいいようなデザインなんですよね。

こういう服ってなかなかありません
ダブルなんですが、普通のダブルは、下に来る方は表側に来る方とは若干違うんです。
入れ替わるような事は出来ないんですよ。
なのに、コックコートは両方前に出来る。
仕上げていて不思議だなあといつも思っていました。

そして先日テレビを見ていたときのこと。


雑学系のクイズ番組の中で、このコックコートの事が問題にされていました。
問題は、コックコートがWの理由は?と言うもの。


自分が感じていた疑問と一致していたので、テレビに釘付けです。


右前と左前と言うと、普通は男性と女性の違いですから、どっちが着てもいいようになっているのかな?とか想像します。
回答者も軍服からの流れじゃないかとか、そんな感じの回答が多かったですね。


その時、たまたまうちへ来ていたチョウさんがポツリと一言。

お客さんの前に出る時に、入れ替えるためだよ。

な、何でそんな事知ってるんですかー???
すぐさま回答が出たんですが、まさにおっしゃる通り。
説明が始まります。


料理を作っていると、油がはねたり調味料が飛んだり、コックコートがかなり汚れるんですね。
ダブルだと、お客様の所へ挨拶に行ったり料理の説明に行く時に、さっと汚れた面を下にして、綺麗な方を上にすれば、綺麗な状態でお客様と接する事が出来る、と言う事らしいんです。


私が思っていた不思議な感じはまさにこれが理由だったんですね。
だから、ダブルでも両方ともまったく同じに作られていたんだと、すっきりしました。


そういえば、テレビなどで料理長さんが挨拶に来るところとかありますが、自分は料理を作っていないか、着替えて出て来ているものと思っていましたけど違ったんですねえ。


実に合理的です。

で、、チョウさんがどうして知っていたかと言うと知り合いのシェフに聞いたんだとか。
プロに聞いたんなら納得です。
博学だなあ。

服にはきちんと理由があるんですね。
勉強になりました。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

服を着るのは理由があります。

クリーニング屋さんは洋服を綺麗にする仕事です。

汗の汚れや、食べこぼし、しみや不意についた汚れなど、きれいにします。
次に着るため、なんですね。


しかし、この汚れを落とすと言う事に集中するあまり、本質を見失いがちなのも事実なんです。


何で服を洗うのか?と言うと、先ほども書きましたが、汚れたから、次に着るから、ですね。
これは間違いじゃあないんです。
じゃあ、その服を着ると言う事は、どういうことなんだろう?と考えると、デザインや色柄などが気に入っているから、と言う理由が見えてきます。


消費者にとっては、ここが一番重要なんですね。


しみや汚れが落ちたとしても、なんとなくくすんでしまったら、もう着たくありません。
その服を買ったとき、このデザインを着たい、この柄がお気に入り、この色が大好き、など皆さんその服に対する着たい理由が必ず存在しているはずなんですよ。

そこを外してはいけないんですね。

ところが、クリーニング屋さんは汚れを落とす事、値段を下げる事に特化するあまり、洋服を着る意味を考えなくなりました。
考えているクリーニング屋さんもいもちろんいましたが、それは主にブランド物などファッション性の高い物が中心。

でも、安いからどうでもいいなんて事はないはずなんですよね。

服のお値段の高い安いはお客様の主観に依存します。
数万円もするものを安物だからと言うお客様もいらっしゃいますし、数千円の物でも高かったんだからと言うお客様もいらっしゃいます。


クリーニング屋さんは、値段で物を見るのではなくて、その服をどうして着たいのか?そう言う視点が欠けていたんだと思うんですね。

クリーニングへの不満のアンケートなどを見ると、以外に汚れ落ちの悪さよりも、全体的な商品の変化を不満に挙げる方が多いんです。
これは、自分が思い描いていた服のイメージが壊されているからなんじゃないか、と思うんです。

この服をどう着たいのか?そう言う視点でクリーニングをしようとすると、仕事も当然変わってきます。
家庭での洗濯と競うなんて事もありません。

クリーニングはクリーニング、と別の物になるはずなんですね。

何でカシミヤ製品を着たいのか。


やわらかさや、肌触り、独特のヌメリ感、光沢、これらがカシミヤを着ているって感覚なのです。
ウールのセーターも一緒。
ふわふわ感、肌触り、体へのフィット感、諸々を好んできているんですね。


いくら汚れが落ちていても、これらがなくなってしまえば、お客様はその服を着る理由がなくなってしまうんです・・・。


クリーニングに満足しないのにもきっと理由があると思うんです。
色々な理由があると思いますが、消費者の求めている物はなんだろう?ともう一度よく考えてみる必要はあると思います。

たんに、汚れ落としだけではない、クリーニングの別の価値が見えてくると思います。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングに出す物がない。

最近、ちょっと調べ物をする事が多くなっています。
私はもっぱらネットで探すのですが、運良く面白い物に出会う事が良くあるんです


私はこれを、検索の神様が舞い降りた、と表現します。(笑)


先日見つけた面白い物は、クリーニングの利用頻度についてのアンケート。
しかも、コメント付です。
自分たちの中では、クリーニングをご利用されないお客様が増えてきているなあと思っていましたので、こういうアンケートは非常に参考になります。
しかも、コメント付でしょう?
その理由まで分かると思うと、見つけた時にわくわくしましたね。

結果はどんな感じだったか?というとクリーニングを割りと頻繁にご利用される方は、全体の30%くらい。
まったく利用しないという方は13%程いました。

面白いのはそのコメント。
クリーニングを利用しない理由は何か?と思っていると、多いのが、以下の二つ。


クリーニング代が高い。
クリーニングするような服は着ていない。

うーん、クリーニングなんて最初から考えていないというようなコメントを見ると、困ったなあと思いますね。
たとえばね、これがクリーニングの品質が悪いから!というのが多いのであれば、まだ見込みがあるんですよね。
自社の品質が高い事を宣伝すればいいし、業界の品質のアップをしていけばいいし。
目標がはっきりしますから、これからやる事が見えてきます。


しかし、クリーニングなんてはなから考えていないといわれてしまうと、対処の仕様がないんですね。
クリーニングという問題ではなく、そのほかの事も影響していると思いますし。
生活習慣とか常識にまで踏み込まないとこの問題は解決しそうにありません。

実際、クリーニングが必要ないってどういうことなんでしょう?
自宅で洗えるのなら必要ないって事なのかしら?
クリーニングに利用するのは、自宅で洗えないからって事なんですかね。


それだったら、とても残念です。


クリーニングが家庭での出来ないものの終着点ではないって事を知ってもらいたいですね。

何でクリーニングするのか?それは家庭で洗うよりも綺麗になり、気持ちがいいからです。
家庭で洗う事が出来る物でも、クリーニングに出すと全然着心地が違います。

それは 肌触りだったり、仕上がりだったり、ふわふわ感だったり、白さだったり。

同じように家庭で洗ったとしても、この感覚は到底味わえないんですね。
ですから、私たちとしては、家庭で洗えない物をクリーニング屋さんでというよりも、自分たちで洗うよりも気持ちいいからという風に感じていただけると嬉しいんです。


同じ物でも、やっぱり違うね、さすがプロだね、と言われたいしそう言う仕事をしなければいけないと思いますし。


それと一番懸念しているのは、ご家庭での洗濯が増えて、洗いざらしや、アイロンをかけていない服を着ていくことに抵抗がなくなると、社会的に不安定になる様な気がするんです。
しわがあろうが平気で外へ着ていけるというのは、周りの目を気にしていないということ。
独りよがりな人が増えているような気もするんですよね。


昔なら、お出かけする時はピシッとした服装で出掛けたものです。
それがエチケットでしたから。
それが薄れているのも、気がかりなんですよね・・・。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寄居 星の王子様PA

昨日は思わぬ小旅行となりました。


朝早く出発し、一路群馬へ。
行きはとても順調だったんですよね。


順調に前橋の三洋商事さんへ到着しまして、展示会を見ることが出来ました。
群馬の展示会へ、東京の私が行けば驚くだろうな?という目論見どおり(笑)、ついてすぐ全ドラ社員の中澤編集長とばったり。
案の定、何で?という顔でびっくりしていましたが、それだけでは終わりません。(笑)


メーカーさんの仲の良い担当者さんも何で?という顔でびっくり、最後は、全ドラ関社長がびっくりしてくれて目的のほとんどが完了したのです。(笑)

冗談はさておき、結構活気のあった展示会でした。
出展する側も意気込みのような物を感じましたし、話を聴いていると、土曜日もかなり人手があったとか。
また、群馬では若い人が元気があるとの嬉しい話も聞けましたし、クリーニング屋さんもいい方向へ動こうとしているんだろうなあと感じます。

関社長と、色々と密談。
彼とは長い友達なので、話は多岐にわたります。
業界に対して、明確なビジョンを持っている一人ですから、お互い意見交換をしてきました。


過去からの問題点がある一方、それを打破すべく一生懸命変わろうとしている動きがあることなど、まだ小さな動きですが、変化が起こっているんですね。
後はその動きがどれだけ大きくなるか、変化するのか、が今後のクリーニング業の未来を決めるんだと思います。

とても面白い話をしていて、もっとしていたいんですが、休憩所でビデオを見ていたはずの子供たちが、降りてきて騒ぎ出すんですよ。
いつるなぱあくへいくんだ?と。
展示会場で子供が騒いで迷惑をかけてもいけませんし、切りのいい所で帰ってきました。


るなぱあくではいつも通り。
遊び倒して、さあ帰ろうとすると、昨日は帰りの高速が混んでましてね。
ずーっと渋滞。
こりゃ困ったなあ、と思っていると、高速で面白そうな看板を発見したんです。


寄居 星の王子様PAが6月30日にオープン。

なんじゃ、そりゃ?
テーマパーキングエリアとか言うのが出来たらしい。
どうせ渋滞しているし、覗いてい見るかと寄居PAへ寄ってみました。

すでに外観が違うんですね。
星の王子様のイメージするようなレンガの建物、まるでどこかへバカンスへきたんじゃないかと思わせるような落ち着いた雰囲気に変わっています。


PAですから、トイレなど必要な物は十分ありまして、その他に、星の王子様のグッズを売っているお店と、ブッフェ方式のレストラン、外にはオムライス屋さんやコーヒーショップ、パン屋さんがありました。

せっかく来たので、娘に星の王子様のお弁当箱を購入。
なぜ娘だけに買ってあげたかといいますと、降りてこなかったから。(爆)
他の奴らは、暑いだの、面倒だのいいながら車で待っていたからなんですね。

ふん、そう言う奴らには買ってやらないぞっ!(笑)

その後、パン屋さんでサンドイッチを購入。
これがねえ、大当たりでした。
クロワッサンサンドが焼き立てで物凄く美味しい。
KODAIというサンドイッチも美味しかったですねえ。
お値段も結構しましたけど。


娘と味見程度で買ったつもりが、その後車内で大喧嘩の原因になる事に。
いい匂いにつられて、他の子たちが食べたいと騒ぎ出し、一口ずつまわして食べていったんですが、途中離さない子供が出るんですよ。(爆)
末っ子の3男なんです。
美味しかったらしく、自分が最後まで食べるんだと言い出し、一時車内は騒然。
こういうことを見越して大目に買っておかないと駄目なんだよなあと、改めて思いましたね。

遅くなったので高坂SAで晩御飯を食べさせ、帰宅したのが9時半ごろ。
ちょっよでかけてぱっと変える予定が、小旅行となりました。


しかし、高速道路も進化していますね。
テーマPAという発想には驚きました。
選ぶ内容によっては、どこかへ行くために使うのではなく、SAやPAへ行くのが目的になる可能性も十分あります。

昨日は色々な意味で、収穫大でしたね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして、るなぱあく。

そして、るなぱあく。
展示会を見終わった後は、前橋市にある、るなぱあく。という遊園地に移動。


家族サービスという、苦行の始まりです。


今日は暑すぎます。
34度位あるみたい。
き、きびしー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

展示会に来てました。

展示会に来てました。
展示会に来てました。
展示会に来てました。
今朝、早く出た理由は、群馬県前橋市の三洋商事さんの展示会へ来るためでした。


いやー、この時期の展示会は暑い!
でも、話も熱い!

濃密な時間です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お出かけです。

お出かけです。
おはようございます。
車の中から失礼。(笑)


今日はこれからお出かけです。
雨も止み、今日も暑くなりそうですね。


水分補給を忘れずに、元気にお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今まで何もしてこなかったから。

今ね、熱いんですよ。
打ち間違えじゃありません。


確かに暑いんですが、熱いんです。

訳分かりませんね。(笑)
以前、ここで声をかけさせていただきました、クリーニングポジティキャンペーン チーム+50%のメーリングリストの中が物凄い活況となっています。


気が付かないうちに、クリーニングの悪い噂やデマが広がり、本当は気持ちのいいものであるはずのクリーニングが、なんとなく嫌な物として見られています。
利用していて、ご不満があるのなら、私たちクリーニング業界も真摯に受け止め、正していかなければなりません。
が、利用した事はないんだけど、周りの噂でなんとなくいいイメージがない、と言う人も結構出てきているんですね。

本当はいいものだよ、クリーニングしてみようかな、とおもってもらえるような活動をしていこうとしているんです。

といいましても闇雲にやればいいという訳じゃない。
今までも、消費者啓蒙という形で、色々なクリーニング屋さんがホームページなどで作って公開してきました。
ところが、それらはなぜか浸透してこなかったんですよ。
失敗ではありませんが、せっかく前例があるのですから、よく吟味して作っていこうと思っています


で、今、それに向けて、メーリングリストで話し合っているんですが、それが物凄く熱いんですね。
皆さん、各々問題点を把握し、それらをどう解決していくか、みんな少しずつ違いながらもビジョンを持っている。
今、それらをぶつけ合っている所なんですね。


本音で話し、人の意見を読んだ後にまたそれらを加味して新たな自分の意見を作り、再度話し合う。
一日に何通もメールのやり取りをしながら、今一所懸命、作り上げようとしています。

これって本当に凄い事なんですよ。
今までもメーリングリストはあっても、ここまで話し合うって言うのは少なかったんですね。
一時期のものかもしれませんが、今している話し合いは今後必ず生きてくると思っています。

なぜ今こうして話し合わなければならないのか?
それは、クリーニング業界が今までほとんど何もやってきていないからなんですね。
その理由は・・・・・、

クリーニングが無くなることはないと信じてきたから。
衣類を着ている以上、必ず洗わなければならないから、クリーニングはなくならない。

こんな迷信を信じていたからなんです。
その昔、銀行はつぶれない、という話があったのと似てますね。
これを信じていたので、景気が悪くなり、消費者の生活も変わり、認識も変わってきていたのに、それに対する対策を怠ってきたんです。


今でも、ご年配の方とお話しすると、クリーニングはなくならない、という方はいらっしゃいます。
本当に困ったもので・・・。

でも、だんだん世代が変わってきて、こうして現実を見つめ、何かしようと頑張っている人たちがいます。
本当に変わるのはこれからなのかなと思いますが、十分期待していいのではないかなと思うんです。


その熱い中に私もいますから、おかげさまで寝不足です。(笑)
でも、こういう疲れはいいですね。
とにかく、目の前にある今を頑張りましょう。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

やっぱり、クリーニング屋さんの方が綺麗だと思う。

昨日、午前中でしたか、テレビを見ていまして洗濯機の話になりました。

今の洗濯機、物凄く高機能なんですよね。

CMなどを見ていると、あんな事が出来て、こんな事が出来て・・・・、と夢のような商品なんですが、いざ買うと、その機能を使っていない方が非常に多いんだそうです。
そもそも押した事すらないボタンというのもあるらしく、今回それを押してみようという企画でした。

その中で、風アイロンというのがあるんですよね。
それを試しているんです。
これには興味がありました。
物凄い風で余計なしわを伸ばす、らしいのですが、果たしてどこまで効果があるのか?
アイロンが要らないくらいのレベルなのか?興味があったんですね。


結果は・・・・・、僕らから見ればやはりしわくちゃ。


確かに大きなしわは取れています。
ですが、表面の細かなしわはもちろん取れていませんし、アイロンをかけたものと比べると、比になりません。
大きなしわもね、干し方一つで十分取れる事を考えると、このような宣伝はどうなんだろう?と思うんですよ。
過剰すぎなんじゃないかな?と思うんですよね。


しかも、番組では、大げさにしわが取れましたー、といっているし。
十分着る事ができます・・・・って、本当にだんなさんにこれ着させるんですか?と聞きたかったですもん。

本当に着ることが出来ると言うのであれば、今の主流はこのレベルなんだなと思いますしね。
クリーニング屋さんがアイロンをかけたYシャツを見せて、着せてみたいなあとも思いますけどね。

手前味噌になりますが、どんなに高機能になろうとも、やはりクリーニング屋さんの仕上げにはかなわないと思うんですよ。
もし、本当に代わりがないのなら、うちらもその洗濯機を導入しますし。(笑)
僕たちがそもそも相手にしていない時点で、限界は見えていると思います。

さて、番組の中でもう一つ面白い実験が行われていました。
某メーカーの洗濯機で、消臭する事ができると言う代物。
確かに臭いは消えるんですよ。
でも、そのメーカーさん、こんな事も説明書に書いてあるんです。

しみも落ちます。

消臭と同じ原理で、水を使うでもなく、消臭効果のある気体を発生させるんですが、それが汚れも落とすって言うんですね。
そういえば、昔お客様にこの洗濯機の事で質問された事があります。
しみも落ちやすくなるって言うんだけど?って。


結果にドキドキですね。

結果は・・・・・、落ちるはずありませんよね。(爆)
若干、薄くなったような気はしますが、やはり説明書に書くには厳しいものだったと思います。
色々な機能をつけ、その機械の特徴としてお客様へ訴求したいんでしょうが、それにしてはあまりにも効果が薄い様な気がします。


プロが扱うんですから、私たちのほうが絶対綺麗になりますよ。
ぜひ、お任せください。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外とコストかかってますね。

先日、暑い中お客様がご来店。


ここ湿度が凄くて皆さん物凄く暑くてつらそう。
仕事帰りによっていただくと、Yシャツもぐっしょりで本当に嫌なんだろうなあと思います。

そこで、少しでも楽になればなあと当店のYシャツの特徴をお伝えしたんですね。

当店のYシャツには色々と特徴があります。
一番の特徴は、抗菌剤を使っている点でしょうね。
汗の臭いは雑菌の繁殖が原因なんですが、抗菌剤を使うと、雑菌が繁殖せず、汗臭くならないんですよね。


しかし、当店の抗菌剤、ちょっと特殊でして、そのままですと、汗の臭いが消えないんです。
マイクロカプセルに抗菌剤が入っていまして、擦れる事でカプセルが壊れ中の抗菌剤の成分が出てくる、と言う仕組み。

わきの下など普段すれているところはそれでいいんですが、それ以外のところは自分で擦ってあげるといいんです。


そんなご説明をしていると、よそとぜんぜん違いますよね、といわれたんですね。

お客様に言われる事はよくありますが、実際どう違うのかははっきりと分からないんですよ。
ただ、丁寧に仕上げているつもりではあります。
そこで、どう違うのかな?ともう一度考えてみると、実は当店のYシャツは結構コストがかかっているんだなあと思ったんですよ。

洗浄時間などはほぼ同じとして、一番違うのは洗剤類でしょうか。
大体使っている洗剤は決まっていますが、なにより、その洗剤もかなりいいものを使っています。
白くあがる物を選んで使っているんですよね。


そして、汚れ具合にあわせて、他の洗剤を足したりもしています。
これはその都度状況に合わせてって感じでしょうか。


次に糊付けにも結構コストがかかっていますね。
当店では、種類の違う糊を二種類ブレンドして使っています。
色々やってみた結果、これが一番風合い良く着やすい糊だったんです。


また、ここには、抗菌剤も入れます。
この抗菌剤は実は物凄く高いんですよ。
よく効くし、夏場なんかお客様が重宝すると思いますから、採算度外視で使いますが、他のお店なら使わないかもしれませんね。

そして、最後に仕上げ。


機械でプレスした後に、もう一度アイロンで仕上げなおします。
これをやると着易さがぐんっ!良くなるんですよね。
アイロンがけですから、最後の作業は当然一枚一枚手による作業です。


こうして考えると、うちはかなりコストがかかってますねえ。


昔、テレビ局から電話がかかってきた時に、高級クリーニングってどんなのですか?って質問されたんです。
洗剤が違うんですか?高級な薬品を使っているんですか?って色々と聞かれまして、その時はなんとも答えなかったんですが、こうして改めて見直してみると、うち相当気を使って選んで洗っているなあと思いますね。


多分、これらの結果が、よそとぜんぜん違うよね、と言う言葉なんだろうと思います
お客様にそう判断してもらえるって嬉しいですよ。
その為に頑張ってるんですからね。


暑い日が続きますが、頑張って仕上げようと思います。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »