« 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! を見て。  | トップページ | 預けるだけでいいですか? »

しみ・・・・に見えるけどしみじゃない物もあります。

服が汚れると、どうしても何かが付いたような思いがするんですが、実はそうでない事もあるんです。
しみになった時、いくつか考えられるケースがあるんですね。

一つは、何かが着いてしみや汚れになってしまったもの。
食べこぼしなんかがこれですよね。
一番多いケースじゃないでしょうか。
何かが付着してしみや汚れになっていますから、付いたものを除去する事で綺麗にする事が出来ます。

次にあるのが、色が抜けているケース。
一見すると、元の色と色合いが違うのでしみが付いた、と思いがちですが、実は何かが付いたのではなく、色が抜けてしまっていると言うケースがあるんです。
色が抜けるのに、何かが付いてしまったと言うのもあるんですが、それが表面に残るのではなく、生地の色を壊してしまうんです。
これは、一般の人にはわかりづらいと思います。


汗染みなどでこのケースがありますね。
生地の色が抜けてしまっている事があるんですよ。
着てすぐに洗えば、汗の汚れを除去してしまえば済んでしまうんですが、長期間放置する事により、汗の成分が地の色を壊してしまうんです。

また、洗剤により色が壊されるなんてこともあります。
今の家庭用の洗濯機は洗剤を入れる所がちゃんと付いていますし、皆さん使い方を守っているので少ないですが、ちょっと前までは、洗濯機に衣類を入れ、その上にどばっと洗剤を放り込み、ボタンをぽんと言う人が結構多かったんですね。
洗剤って濃度が濃くなると染み抜き剤にも使う事が出来ます。
上から振り掛けた洗剤が、高濃度になり、生地の色を壊してしまう事もあるんですよ。

洗いあがったら、ポツリポツリと色が変わっている、なんてこと、経験のある方いらっしゃいませんでしょうか?


そして、これは本当にまれな例ですが、しみが付いているとお持ちになってよく見てみると、繊維くずだった、と言う事もありました。
本当に微細な繊維くずは、よく見ないとしみなのかごみなのか区別が付きません。
しみかな?と思って、ちょっとさすってみると取れてしまい、ごみだったんだな、と思うこともよくあります。
洗濯をしていると、繊維くずがどうしても出るんですね。
それが衣類に付着してしまう事もあるので、しみかもを思う前によく見ることが重要になってきます。


一見しみや汚れのように見えて、そうじゃない物もこうしてあるんですね。
また、しみの付き方も、落とし方に関係してきます。
色が抜けている所へ一生懸命染み抜き剤を使っても効果はないでしょ?
何かが付着しているから、染み抜き剤は効果が出るんです。

消費者の方に、汚れやしみを見てこれらを判断しましょうと言うのは少々酷ですね。
汚れで判断するよりも、汚れた状況をもう一度よく考える事のほうが近道かもしれません。


食べ物が付着したのか、何か得体の知れない液体が付いたのか。
もし、自分で判断が出来ないようでしたら、クリーニング屋さんへお持ちになることをお勧めします。
クリーニング屋さんで判断してもらうのが早いからですね。


病気もそうですが、きちんとした診断をしないと、的外れな処置をしてしまい、いくら治療していても治るはずがありません。
的確な判断が必要なんですね。


しみや汚れを発見した時、何かが付いた!と決め付けず、冷静に分析するようにしましょう。
分からなければ、クリーニング屋さんへ持ち込み、相談してみてくださいね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

|

« 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! を見て。  | トップページ | 預けるだけでいいですか? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しみ・・・・に見えるけどしみじゃない物もあります。:

« 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! を見て。  | トップページ | 預けるだけでいいですか? »