« コックコート。 | トップページ | 感謝の気持ちを忘れない。 »

ドライクリーニングで油分が取れる?

ここ最近、調べ物が続いています。
調べている内に奇妙な物をいくつか発見しました。

スーツをクリーニングしすぎると、油分が取れてしまって傷む。

なんだか具体的です。
数年前までは、こんな話しは見たことがありません。
クリーニングしすぎると良くない、と言うような物は見たことがあるんですが、油分が取れてしまってよくないと言うのは、本当にここ最近の話です。


しかも、それが複数のHPで見れるんですよね。


一体どういうことなんでしょう?

私たちクリーニング屋さんが使うドライクリーニングの溶剤(洗う液体)は、有機溶剤を使っています。
油ですから、確かに油分を落としやすいんです。
それがドライクリーニングの特徴でもあるので、油のしみをよく落とす事が出来ます。


じゃあ、油を落とすからと言って、スーツの油分までとってしまうのか?と言う事なんですが、それは言いすぎだと思うんですよね。


ドライクリーニングの溶剤にも種類がありまして、油脂溶解力のかなり強い物もあります。
昔は、そう言う溶剤で洗うとパサパサになると言われた物ですが、クリーニング業界もそんな不具合を黙ってみているわけはありません。
きちんと対応しているんですよね。
風合いが良くなる洗剤を使い、パサパサにならないようになっています

しかも、現在では、その溶剤を使っているところの方が少ないんですよね。


現在は石油系溶剤を使っているクリーニング屋さんが多いのですが、これは油脂溶解力がそんなに強くないんですよ。
これでパサパサになってしまうと言う事はありません。

じゃあ、一体どこからこのような噂話が出たんでしょうか?

実際にご利用されての体感なのか、クリーニング屋さんの説明が間違って伝わってしまったのか、溶剤の特性を知っている人が拡大解釈で話したのか。
どれなんでしょう?

皆さん、すぐ溶剤のせいにしてしまいますが、仮にパサパサになると言う事実があったとしたら、原因はもっと別のところにある様な気がするんですよね。

クリーニングって複雑です。
洗って乾燥して、仕上げるだけなのですが、その工程の中には、いくつも注意するポイントがあります。
単純に、溶剤が悪いと言う話ではないんですね。

洗いが悪い可能性もありますが、もしかすると、乾燥工程に問題があったのかもしれません。
一緒に入れた品物に問題があるケースもあるでしょう。
実は、着過ぎですでに傷んでいた、なんていう事もあります。

油分が取れるので、クリーニングするのは良くない、と書いてあって、では別のお手入れ方法があるのかと思ってみていると、こちらがびっくりするような作業だったりします。


それって、綺麗になっているつもりじゃないのかなあ?


そんな作業がさも正しいスーツのお手入れ方法のような感じで紹介されているのを見ると、これはいかんなあと思うんです。


クリーニングを職業とするものとしてね。


うちらを利用してくれないのも残念ですが、間違った情報を鵜呑みにして間違ったメンテナンスをするのを見ていられません。
やはり正しい情報は必要だなと改めて感じました。

クリーニングもきちんと理屈が存在します。
科学的な根拠もあります。
適当ではないんですよ。


インターネットの普及で情報を得やすくなった反面、間違った情報も広まりやすいんでしょうね。
何とかしなきゃ・・・。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

|

« コックコート。 | トップページ | 感謝の気持ちを忘れない。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドライクリーニングで油分が取れる?:

« コックコート。 | トップページ | 感謝の気持ちを忘れない。 »