« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

消費者は分かっていないのか?

結構長くクリーニング業界にいますが、たまにこんな話を聞くことがあります。


お客様は、技術なんて分かっていない。

ずいぶんと厳しい言葉ですよね。
それに若干失礼な発言に聞こえます。


これね、こういう事なんです。

クリーニング屋さんが一生懸命、仕上げてもお客様のほとんどの方は、気づいていただけない。
そこまで手をかける必要があるのか?


と言うことらしいんですね。
先日も、とあるクリーニング屋さんの集まりでそんな話をされまして、さびしく感じていました。


その方曰く、2万円のスーツも、10万のスーツも、今までは一緒に仕上げてきた。
同じように手間隙かけて一生懸命仕上げてきたんだが、お客様にその差を分かっていただけない。
手を抜いて仕上げても、気づかれないくらいの些細な差であるのなら、コスト削減の意味も含めて、抜くところは抜いたほうがいいんじゃないか、と言うのです。

聞くと、そこの親父さんは物凄く丁寧な仕事をされていたようで、聞くだけでいい仕事しているんだなあと分かるんですよね。
でも、息子さんとは意見が違うらしいんです。

確かに商売ですから、コスト削減というのは大事。
削減した分、お客様へ還元できればいいんですからね。

でも、そう思いはすれども、どこか釈然としない自分もいるんですよ。


何でだろうか?とよくよく考えてみると、お客さんはやっぱり分かっていると思うんですよね。
プロが思うような感じ方はしていないかもしれませんが、その微妙な差も、その人なりに感じ取っているんです。
だから、ご利用くださるんですね。
もし、本当に分からなくて、どうでもいいのなら、もっと安いところや近い所へいくでしょうし。

そしてもうひとつ釈然としない理由。


お客様が分かっていなかったら手を抜く事は許されるのか?と言うことなんですよね。

お客様がクリーニングをご利用する理由、いろいろあると思います。
自分では洗えないから、面倒くさいから、クリーニング屋さんの方がきれいになるから、などなどさまざまな理由があると思うんですね。
で、ご依頼されるときに、お客様が全部分かっていてこちらに依頼するなんて事はまずないんですよ。

プロに任せるから、判断して洗い、仕上げて欲しい。


これが最大の目的だと思うんです。
すると、お客様が分かっていないのはなんら不思議な話ではなく、こちらが判断して必要な仕上げをしてあげるべきなんじゃないのかな、と思うんです。

これね、クリーニング屋さん独特の事情もあると思うんです。
クリーニングって委託業なんですね。
つまり、人様のものをお預かりして、きれいにして返しているんですよ。
お客様に品物の権利があるので、こちらが何かやろうとするとき、確認の作業が必要になったりします。


自分の意思でどうにかしづらいという背景もあるとは思うんです。


でも、でも、でもね、これを他の業種で考えてみるとすぐ分かるんですよ。
料理屋さんへ行って、期待することは素人じゃ作れないような味でしょ?
細かいことは分からなくても、プロの料理人にお任せし、おいしいものを作って食べさせてもらえればいいんですから、作り方などの細かい話を知らなければいけないなんて事はない。


もし、料理人の方が、食べても分からないから・・・・と手を抜いたと言う話を聞いてしまったら、例え本当に味がわからなくてもいい気はしませんよね。


何で僕がこの話にこだわるのかと言うとですね、みんながみんな、手を抜き出すと、クリーニング屋さんにはいい仕事をするところがなくなってしまうんですよ。
みんな、手を抜いた仕事をし始める。


目先の売り上げを見ればそれでもいいのかもしれません。
経営で見れば、もっとはっきりと売り上げに貢献できるような仕事に切り替えると言うのも正しい選択かもしれない。


でも、このような考え方が、クリーニング業にはびこって行った先には、本当のクリーニング不振、クリーニングを利用しない未来しか待っていないと思うんです。


そういう意味でも、今が瀬戸際、なんですよ。


親父たちのしっかりした仕事をやっている世代から、きちんと仕事を受け継げるのは僕たちしかいません。
今あるクリーニング屋さんの半分くらいはがんばって技術を守って欲しいなあと思うんですね。

もし、お客様が仕上げに気づいていないのなら、教えてあげましょうよ。


ここをこう仕上げているから着易いんだよって。


2万円のスーツだからって、手を抜いていいわけありません。
10万円のスーツだから手仕上げじゃないといけないと言うわけじゃありません。


僕たちの仕上げは、見栄えを良くし、着易くするためにしているもののはず。
なら、品物の値段とそれとは関係ないはずですよね。

僕たちがここを一所懸命守らなければ、誰が守るんですか!
クリーニングの技術はもっとすごいんだと、胸張っていえるように、がんばって行きましょうよ。


きっとお客さんも喜んでくれると思いますよ。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中央道のライブカメラはどこのもの?

昨日は夏休み最後の日曜日、どこも混んでたようですね。
先週土曜日なんかは、中央道の渋滞が40キロもあったとか。
まるでお盆のような混みっぷりに、ニュースを聞いていてびっくりです。

ちょうど配達に出かけるときに、中央道の高架下を通るんですよね。
すると、渋滞しているときは間違いなく車が止まっているのが分かる。
渋滞していなかったら、府中国立インターから、八王子インターまで、ほんの十分ほどなんですが、渋滞してしまうと、一時間かかってもつかないらしいです。
高架下を通って、高速止めて下道で行くかな・・・・・、なんていうときに重宝します。

インター近くに住んでいる特権ですが、普通の方はそんな事は出来ません。
ニュースや渋滞情報などで確認をしていますよね。

フジテレビの朝の番組で、中央道のライブカメラが映るんですが、あれって実はクリーニング業に関係しているんですよ。

なんと、クリーニング屋さんの機械メーカー、三幸社さんの屋上に設置してあるらしいんです。


もう何年前でしょうかね、展示会に行って、三幸社さんの社員さんからこの話を聞いてからというもの、フジテレビの朝の番組で中央道のライブカメラが映るたびに、なんとなく誇らしげに思ったものです。(笑)
何があるってわけでもないんですけどね。

中央道を山梨方面へ走っていると、三幸社さんの大きなビルが見えてきて、ロゴも見えてきます。
クリーニング機械のパイオニア、だったかな、そんなキャッチコピーも見えましたかね。
すいません、この辺は記憶があやふや。

この三幸社という会社、日本のクリーニング業だけでなく、世界にも有名なんですよ。
今や日本のクリーニング機械は海外へも輸出されています。
三幸社のyシャツの機械は海外で使われてますからね。
皆さんが海外へお出かけになり、海外でクリーニングをご利用したときに、実は日本の機械で仕上がっているなんて事もあるのかもしれませんね。


中央道で山梨方面へお出掛けの時は、チラッとでいいですので、三幸社さんを見てみてください。
山梨方面に向かい、左側に見えてきます。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

工場見学&BBQ

工場見学&BBQ
おはようございます。
今朝は神奈川のリネンサプライの工場へ来ています。


同じクリーニング業ですが僕たちとはちょっと違ったクリーニング屋さんです。


工場見学の後、BBQで交流を深めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上海、行きたかったです。

昨年、北京へクリーニングの展示会を見に行ってきました。
全ドラ関社長と横浜の伊藤さんと3人での珍道中です。(笑)
私自身が初めての海外ということもあり、目にするもの、触れるものすべてがとても新鮮。
また、展示会も日本のそれとは違いまして、改めて色々な事を考えるきっかけになったんです。

そして、今年は上海で展示会が行われているんですね。
今週半ば頃から、日本からもクリーニング屋さんが続々と上海へ向かったようです。

行きたかったですねえ。
昨年の北京と比べても、大きいという話ですし、何より変化の激しい中国の様子を見たい。
たかが一年ですが、きっと驚くような変化が見て取れると思うと、今回行けなかったのはとても残念です。

行った方々、面白いお話待ってます。m(_ _)m


日本に住んでいると、そのサービスの質の高さに気付かずいることが多いのですが、海外へ出るとそれが当たり前じゃなく、日本の品質がいかに優れているかという事に気付くんですね。
きっとクリーニングもそうだと思うんです。


中国にも、日本からクリーニング屋さんが進出しています。
噂では、国民性の違いからものすごく苦労されているとか。
日本では、パートさんやアルバイトさんでも、違うんですよね。
意識の違いがありまして、日本の感覚のまま行ってしまうと、思うような品質が作れないと聞いたこともありますし。

こんな苦労も、後数年で変わってしまうかもしれませんねえ。
そして、いつの間にか、中国の方から日本へクリーニング屋さんが進出してくるかもしれません。
機械はすでに入ってきていますしね。
もう時間の問題かな。


競争という波には誰も抗えません。
その時が来ても負けないように、メイドインジャパン、日本のクリーニングの品質を維持していくようにしないといけませんね。

加えて、洗剤メーカー、機械メーカー、資材メーカー、私たちクリーニング屋さんが一丸となる必要もあります。
新たな開発も必要かな。


なんだか一昔前のクリーニング業界みたい。
いつの時代でも、関連業者の協力なくして、発展はないんでしょうね。


そろそろ次の進化が見てみたいな。
頑張り時ですね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

はらロール

はらロール
はらロール
最近、府中市に話題のお店があります。

はらロール。

皆さん知っているんですかね?
私、知りませんでした。


配達帰りにお土産に購入。おいしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梨、出てきました。

梨、出てきました。
いつもならとっくに出回っているはずの梨ですが、ようやく登場です。

今年は昨年に比べると小さいそうですよ。

写真はこの周辺の地域でしか作られてない、稲城という品種です。

梨の中では大きい方ですが、やはり小粒。
これより二回りくらい大きいんですけどね、本来は。


味はいい出来とのことですから、楽しみに試食して見ようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事故に気をつけましょう。

当店の前は、鎌倉街道といいまして、片側二車線、しかも路側帯、安全帯がついているようなかなり幅広の道路です。
しかもまっすぐな道路。
近くに、救急病院の恵仁会病院があるからかもしれません。


さて、そんな見通しが良く、広い道路なのですが、今年に入ってから大きな事故が続いてましてね。
昨日も、ラーメン屋さんの前で車が大破していました。


鈍く大きな音が鳴ったので、ぶつかったなとすぐ分かります。
外へ出ると、路駐しているトラックの横に垂直に突き刺さるように乗用車が。
ありえない状況に、どうしたらあんなふうにぶつかるんだろう?と想像しちゃいます。

また、ちょっと前は反対車線で道路の向きと垂直に、しかも横転している車が。


この状況もどうやってそうなったのか、想像することが出来ませんでした。

スピードの出しすぎなんでしょうかね。
それとも余所見なんでしょうか。

見通しが良く、スムーズに走るところなだけに何でこんなに事故がおきるのか、とても不思議に感じます。

実は昨日はうちでも事故がありまして。
私、腰を強打しました。(爆)

都内にあるクリーニング屋さんって言うのはどこも狭いところで何とかやりくりしているもんなんですよ。
うちもご多分に漏れず、狭いところで一生懸命動いています。
午前中の休憩を機械の前でしていたんですよね。
休憩が終わり、品物をアイロンの方へ持っていってくれと頼まれたので、向きを変えて起き上がろうとしたんです。

すると、腰に激痛が。


Yシャツの襟と袖口をプレスする三ツ山という機械があるのですが、その機械の角っこに下から腰をぶつけてしまったんです。
横で見ていた母いわく、機械が持ち上がっていた、との事。


業務用の機械ですからね、簡単に出来ていないし、持ち上がるようなものではないんですよ。
大の大人が数人掛りで移動したりするんですからね。
そんな重い機械の角っこに腰をぶつけ、持ち上げるくらいの衝撃だったんですから・・・・・・、腰を見るのも怖い。(笑)

ひりひりして、怪我したのはすぐ分かったんですけど、自分で見るのは怖かったので、母と嫁さんに見てもらうことに。

うちの女性陣はひどいんですよね、
人の腰見て、ゲラゲラ笑ってやがる。(爆)
これは痛そうだとか、機械を持ち上げるほどぶつけなくてもいいだろうに、とか、言いながら笑っています。

こっちは、四つんばいになって、半分お尻出して、これ以上ないくらい情けない格好をしているのに。


Tシャツが破れてはいましたが、出血もそれほどもなく、絆創膏で何とか済みました。
さすがにお風呂にははいれなかったですが、シャワーは浴びることが出来ましたし、まあ最悪の事態は免れたんじゃないでしょうか。


いやいや、毎日普通に通ったり使っているからといって、安心しちゃいけませんね。
事故には本当に気をつけましょう。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暑いから何もする気が起きません。

今年は、クリーニング屋さんはまったく読めない年でした。


通常、春がやってくると繁忙期と呼ばれる忙しい時期に入りまして、クリーニング屋さんのお店の中はごった返します。
それが大体3月後半から5月あたりまででしょうか。

ところが今年はぜんぜん違ったんですね。
春に品物が出てこなかった。
4月はまったくクリーニングに品物が出なくて、5月に入ってようやく出始めたんです。
遅れているだけかと思っていたんですが、やはり遅れた分しっかりと品物が出てこなかったのは言うまでもありません。

それからは、もう暑さとの戦いでしたね。
梅雨時期の湿気から始まり、この猛暑。
8月も後半へ入っていると言うのに一向に涼しくなる気配がありません。
埼玉の方では雨も降っているらしいですが、ここ府中あたりでは夕立すらない。
日中、外を出歩いている人が極端に少ないですもんね。


それでも、ここ数日、日が落ちると若干ですが、暑さが減ったような気がしないでもない。
こんな年でも秋の気配はあるのかねえ、なんていっていると、お客様が冬物を多数持ってご来店。
このお客様、普段の年なら、5月あたりにはお持ちになるお客様です。

お店に入ってこられたところで、開口一番、こうおっしゃられたんですよ。

暑くて暑くて、何もする気が起きなくて・・・。
クリーニングに持っていかなくちゃと思ってはいるんだけど、ようやく行こうと思ったのがここ、二、三日だったんです。

その気持ち、分かります~。
なんと言いましょうか、気持ちすら萎えさせるほどの暑さ、でしたもんね。
やる気をがばっと持って行かれるような暑さ、とでも言いましょうか。
もうこれは仕方がありません。

こんなお話を伺っていると、なんと冬物が続々と集まり始めたんです。
やはり皆さん理由は同じようで、ようやく持ってこようと思えるくらいになってきた、との事。

思ってはいるけど、出来ないって時もありますもんね。

衣類を考えると、梅雨時期を越えて夏を越えるっていうのはちょっと怖い面もあるんですが、今回お預かりした衣類は大丈夫でした。
皆さんのご自宅にも、まだクリーニングしようと思っている衣類が残っているんじゃないでしょうか?


夜になるとかろうじて動けるくらいになってきました。
当店は深夜10時まで営業をしております。
夜、涼しくなってからぜひご来店ください。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ぶどうが出始めました。

ぶどうが出始めました。
毎年この時期が待ち遠しいんです。

旧甲州街道ぞいにあるお店を久し振りに覗いて見ますと、今年もありました、大きなふどうが。

種なしであまくて美味しいんですよ。

梨の稲城をも探しに着たのですが、そちらはまだ。
来週あたりかな。

いよいよ果物のおいしい季節がやって来ます。
暑いのももう少しの我慢かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷たいジュース。

仕事柄、冷たい飲み物をよく飲みます。
また、今年は特に暑いせいもあり、家の冷蔵庫で冷やしたお茶や水では間に合わない。
氷すら、間に合わない状態です。

冷蔵庫が一番がんばってくれている年じゃないかなあ。


体を冷やすために冷たいものを欲しがるんですが、間に合わなければ買ってくるしか方法がありませんね。
幸い、当店のお隣さんはセブンイレブンさん。
さっと外へ出れば、何でも買うことが出来ます。
ついでに涼むことも。(笑)

余談ですが、仕事場が暑いクリーニング屋さんは、外が暑いといっても仕事場よりは涼しいわけで、外へ出ると気持ちがいいなあと感じます。
そのままコンビニへはいると、真冬???と思うくらい寒く感じてるんです。
でも、それもつかの間、ほんの数分いるだけで体は慣れてしまい、外へ出ると暑いなと感じ、お店へ戻ると何だこの灼熱地獄は!となるんです。(笑)


今日の話に戻しましょう。

うちの母が、急にこんなことを言い出しました。


「たかし、よく冷えたジュース、飲ましてやろうか?」


なんだか顔つきが悪そうな感じ。(笑)
私だけ秘密のポイントを知っているぞ、というような感じで話されたんですね。


あやしいな?と思いつつ、お願いすると、スーッと外へ行きすぐさま帰ってきたと思ったら手にはジュースが。
私が手に取ると確かに驚くほどキンキンに冷えています。
いまどきここまで冷えているジュースはなかなかありません。
で、確かにおいしい。

どこで買ったのかな?と思って聞くと、こういう答えが返ってきました。


自動販売機で買うんだよ。

母いわく、コンビニがとても便利で、みんなコンビニでジュースを買うんだそうで。
でも、頻繁にドアを開け閉めしているコンビニのジュースは確かに冷えているけどキンキンというほどではない。
片や自動販売機は、最近ほとんど売れている様子は見られないので、ずーっと冷やされている状態だ。
だから、自動販売機のジュースの方が冷たい。

という事らしいんですね。
で、確かに買ってくると驚くほど冷たいんですよ。


なんといいましょうか、亀の甲より年の功とでも言うんですかね、本当によく見ているし、人の動きや物の動きを見ているなあと感心してしまいました。

どこの自動販売機でもキンキンかは分かりませんが、今年の夏は試してみる価値はありそうですよ。
冷たいジュースを欲している方、、自動販売機へゴー!(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

それはプロではない。

世の中、いろいろな職業の方がいらっしゃいます。
その職業ごとにプロがいる。
私も一歩クリーニングから離れれば、ずぶの素人ですから、そのプロにお願いする事が多くあるんです。

プロって何だ?と考えると、専門で詳しい人ですよね。
職業としてやっている人の事を指す場合もあると思います。
でも、なかなか本当にプロだなって思える人は少ないんです。

やたら知識をひけらかし、お客様が求める以上のものを薦めてきたりすると、こっちが萎縮してしまったり。
プロですから、当然素人よりもいい物を求めると思うんです。
でも、プロ仕様が消費者にとってもいいものかというとそうではない。


だから、本当のプロならば、お客様に合ったものを薦めるのが正解だと思うんですよ。

それは、お客様が欲しがっているものを提供する、という意味ではないんですね。
そのお客様に合ったもの、過剰なものではなく、本当に必要なものを提案できるかどうか、だと思うんです。

クリーニングで言えば、必要の無い処理をするのはプロではない、って事でしょうか。

例えお客様から、水洗いをしてください、といわれたとしても、汚れの具合を見て、水洗いでなくてもきれいに出来ると判断すれば、ドライクリーニングをお勧めする。
逆もそうです。
ドライクリーニングで、といわれても、水洗いをした方がきれいになると判断すれば、水洗いを勧める。


これがプロだと思うんですよ。

適切なアドバイスが出来るって本当のプロしか出来ません。


プロですから、知識は豊富にある。
でも、本当に必要な物は常に最高の技術であったり、最高の商品ではないんですよ。
その人や物に合わせると、意外とシンプルなものが適している、ということが普通にあります。


別の例を挙げると、風邪を引いて病院へ行ったら、MRIを受けさせられた・・・・・、っておかしいと思いませんか?
たまに聞く話ですけどね。
本当に必要なら問題ないですが、あからさまに過剰だと、少しあくどいんじゃない?と思ってしまいますね。


自分もクリーニングのプロです。
プロが陥りがちな、こちらの言い分を押し付けるのではなく、お客様が本当に必要なものを提案できるようにしていきたいと思います。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

衣類に合わせて洗う。 【クリーニング チーム+50% ブログリレー最終回】

イフクリさんより、ブログリレーが回ってきました。


ブログリレー、本日が最終回。
私がアンカーとなります。


よく、クリーニング屋さんで洗うと衣類が傷む、という表現を見かけます。
そんな言葉を見るたびに悲しくなるんですよね。
そう思われているんだとしたら、もっと自分たちもアピールしていかないといけない、そう思うんです。

私たちプロのクリーニング屋さんと、家庭での洗濯の一番の違いは何でしょうか。

ドライクリーニングが出来る、確かにそれも違いのひとつです。
でも、一番の違いか?と言うとそうでは無い気がするんですよね。


一番の違い、それは、クリーニング師と言う国家資格を持ったプロが、衣類や汚れに合わせて適切なクリーニング方法を選択し、洗っていること、だと思うんです。

そう、当たり前の話なんですよ。
でも、これが一番重要だと思うんですね。


衣類には、たくさんの素材があります。
そして、その素材には各々適切なクリーニング方法がある。
また素材だけでなく、装飾品の有無で洗い方も当然変わりますし、汚れの種類でも当然処理方法が変わってきます。


これらが適切でないと、汚れが落ちなかったり、衣類が傷む・・・・、と言うことが起こったりするんです。

ただ洗っているわけじゃあないんですね。
そこには、プロとしてきちんと、理屈や理由が存在して洗っているんです。


片や家庭での洗濯はどうでしょう?

最近、洗濯本や染み抜き本が出ているので、以前よりも知識の豊富な消費者の方も増えてきていますが、それでも、職業としてやっているクリーニング屋さんと比べると、残念ながらまだ足りません。


危なっかしいと言うのが本音ですね。

最初のほうで書きましたが、衣類が傷む、と言うことで言うと、家庭での洗濯の方が危険度は高いんです。
それを象徴するかのように、クリーニングに持ち込まれる品物で、傷んでいる商品が増えています。
今までどのように洗っていたかお聞きすると、洗濯機で洗っていたと言う方ばかり。

きちんとクリーニングしていれば、こんな状態にならずにずっときれいな状態で着る事が出来たのになあと思うと、残念でならないんです。


最近の衣類は複雑です。
大事な服だからこそ、衣類に合った適切なクリーニングが必要なんですね。


何のために、プロのクリーニング屋さんがいるのか。
もっと、お任せしてくれて良いと思いますよ。


大事な服は、クリーニング屋さんにお任せください。


これにて、ブログリレーも終わり。
初の試みとして、同業者数名とやってみましたがいかがだったでしょうか?
クリーニング屋さんもいろいろいて、いろいろな考えがある。
クリーニングと言うものに興味を持っていただけたら幸いです。

また、機会がありましたら、ブログリレーやってみたいと思います。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常温じゃないんですか???

お盆休みがあけると、クリーニング屋さんは皆さん一斉に言うことがあります。

だるい・・・。

休んでしまうと、どうやら体がなまるようで、休み前のように復帰するのに少々てこずります。
私もそう。
昨日は、仕事量はさほどでもないにもかかわらず、とにかく体がついていきませんでした。

何についていけないのかというと、やはりお店の暑さでしょうね。


昨日は猛暑とがらっと変わり暑いことは暑いけど、比較的過ごし易かったはず。
なのに、汗は尋常じゃないくらいかきますし、仕事がはかどりません。
今まで普通に出来ていたのに、ちょっと休んで環境のよいところで過ごしただけで、人間の体って順応しちゃうんですね。

こんなことを言っているのもおそらく今日くらいまででしょうか。
すぐ元に戻ってしまうのも不思議ですね。


出掛けた時にお土産をいくつか買ってきました。
お客様にお裾分けすることが出来たならと買い込んだものもあったんです。


まさか、こんな事になるなんて。


買ってきたものは全部常温で保存が出来るものでした。
しかし、ちょうどお盆休みの最中は、猛暑。
ニュースに出るくらいびっくりするような気温になっていましたよね。


外においておいて大丈夫なのだろうか?ふと、そんな疑問がわくじゃないですか。
ためしに、ひとつあけてみたんですよ。

すると・・・・、溶けている。(爆)

常温で保存できると書いてあるチョコレートだったんですけどね。
どうやら耐えられなかったようです。(笑)
説明書きには、常温28度くらいで保存可能とあります。


今の時期に28度のところなんてないわい!と心の中で突っ込みを入れまして、お土産は断念して全部開けてしまいました。
万が一があると怖いですもんね。


本当に日本はどうしちゃったんでしょう?
天気予報のアメダスなんか、日本中まっかっかですよ。
常温なんて、夏には通用しなくなっています。
部屋の中、日陰に入れておいても、28度なんてゆうに越しますしね。
クーラーを入れるのを前提にしないと、保管も出来ません。


お土産が溶けるくらいですもの、人間なんか簡単に溶けちゃいますね。
みなさん、今年はもうしばらく暑いのが続きそうですから、気をつけて過ごしましょう。

さて、今日もがんばるぞー。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水と洗濯とクリーニング

本日より、通常営業となります。
お休みの間、ご不便ご迷惑をおかけしました。
今日から気分も新たにがんばって行きますので、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

今朝のことですが、フジテレビ系の朝の番組、特ダネで、水について取り上げていました。
いっぱいの牛乳を排水溝に捨てると、いったいどれくらいの量の水で薄めると金魚がすめるようになるか?というもの。

見ているとですね、ものすごい量の水が必要なんですね。
あれ見るともうお腹一杯だからと牛乳をそのまま流しに流すのがいかに環境に負荷を掛けているのか、人目で分かります。


もうかなり昔のことになりますが、洗濯と水について、話をしたことがあります。

家庭の洗濯って、かなり水を汚すんですよね。
むかし、 合成洗剤が悪い、といわれていた時期がありました。
分解されず、河川に悪い影響が出るといわれていたんです。
その後、分解性のよい洗剤も開発されているんですが、どうも私には洗剤のよしあしだけの問題とは思えないんですよね。


人が流す汚水と、自然に浄化することが合わなくなってきている、そう思うんです。
つまり、人が多すぎる、という事なんですね。


こんな例えはどうでしょう。


ダイエットしようとして、低カロリーのものを摂取するんですが、いつもの半分以下だからといつもよりも多く食事をしてしまう。
これじゃいくらカロリーが低くてもだめですよね。

洗剤がよくなってはいても、人が多く住むところでは排水の量が自然に対応できる量を超してしまっているんじゃないのかな、と思うんですね。

ではどうすれば良いのか?というときに、決まってこういう人が出てきます。

なるべく洗濯をしないようにすればいいのよ。


これも本末転倒な話で。
今の時期なら容易に想像できますが、この暑さで汗びっしょりの下着や服を洗わないで着ることなんて出来ません。
ナンセンスですね。

別の方法を考えてみましょうか。


まとめて洗う、というのもひとつの手ですね。
一家でまとめているだけでなく、複数の家庭でまとめて洗う。
一気に排水の量は激減するはずです。

家庭の排水をそのまま垂れ流さずに、その家庭ごとにろ過をして、ある程度きれいにしてから排水する。
こんな面白いことをおっしゃった方もいました。
今は河川に流して、その後取水口から水を取り、不純物を取り除き飲料水としているんですが、それだと河川に流れた時点で水が汚れたままになってしまいます。
自分たちが飲む水がきれいなら良いというのなら別ですが、これでは環境にはよくありませんからね。


まとめて洗う、という観点から言うと、クリーニングも環境に寄与できるような気がします。
特にドライクリーニングは水を使いませんし、ドライ溶剤をろ過しながら使っているので、不純物だけを取り除いて捨てることが出来ます。
少々お金がかかってしまうのが難点ですけどね。


環境のことを考えてみると、かなり複雑なことが分かります。
あっちを立てればこっちがたたず、という状況ばかりで、本当に環境にいいことはなんだろう?と考えるともしかすると答えは出ないのかもしれません。

さっき、まとめて洗えばどうでしょう、と書きました。
これは水には良いかもしれませんが、衣類にとってはきれいになりきらない可能性も出てきます。

複雑です。

でも少なくとも何でもかんでも家庭で、しかも、水で洗ってしまうというのは環境を考えると微妙な事は間違いありません。

時にはクリーニングを利用することも環境に対していいことかもしれませんね。

そういえば、知り合いが以前言っていたんですが、お客様にクリーニングをご利用していただいたら、木を植樹する団体へ寄付をする、という試みをしてみようかと思う、といっていました。
こういう行動も良いですよね。

今年の暑さは水の大事さを改めて感じさせてくれます。
大事な資源です、丁寧に使っていきたいですね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲリラ豪雨の怖さ。

本日までお休みをいただいております。
明日から通常営業です。
今しばらくお待ちください。

さて、昨日は群馬県は前橋から、沼田市の方へ行ったんですが、赤城の公園で子供を遊ばせていたときに、山の方でゴロゴロと雷が鳴ったんですよね。
その公園は親水公園でして、要は水遊びが出来るようになっているんです。
川も隣にありますし。

ちょうど公園を整備しているところで、芝刈りのおじさんたちが一生懸命働いていました。

ところが、山の上のほうがゴロゴロ言い出して、曇ってきたとたん、作業をやめて、皆さん帰って行っちゃったんです。


郷に入りては郷に従え。(笑)


何かあるな?と思い、子供たちを回収し、車で移動を始めました。
その後の予定で、沼田市にある南郷温泉しゃくなげの湯の家族風呂を予約しておいたので、ちょうどよかったと言うのもあるんですけどね。

しばらくすると、雨がポツリポツリと。
でも、それほどすごいという訳でもなく、まあ普通の雨だったんです。


しかし、沼田のほうへ走っていくと、どうも変なんですよね。
道路に水があふれているんです。


沼田市へ行くには川沿いをあがっていき、山へ登るように上っていくんですね。


途中、変な渋滞が。
何で混んでいるんだろう?と思っていると、前方をふさぐ大きな木が。
なんと、木が折れて道路に倒れこんでいるんです。
みんなこれを回避しながら運転しているので渋滞が起きたんですね。


何とかそこを通り抜け、上り坂を登って沼田市街地へ入ろうとすると、上から水が滝のように流れてきます。

おかしいな、と思っていた矢先、端っこにあるマンホールから水柱が。
すぐさま、ここら辺一帯にゲリラ豪雨が降ったんだなと察しが着きました。


そこから先は本当にすごい状態で。

上から道路に沿って、水が流れ込んでいるんですが、下に流れている水なのに、量が多くて冠水している状態なんですよ。
テレビでよくあるような映像、水溜りに車が突っ込んで言っているようなのがあるでしょ、あんな感じなんです。


しかも、道路わきには建物から人が出てきている。


おそらく、あまりの豪雨に町の中が心配になって出てきているんでしょう。


坂道のある町でのゲリラ豪雨って、本当に怖いと思いました。
これね、下手すると、車も流されかねませんよ。
仮に流されなかったとしても、道路に沿って下に流れていった大量の水のことを考えると・・・・・・、恐ろしくなります。
川は激流でしょうし、流れ込めなかったりしたら・・・・、ぞっとしますね。

僕らは降った後でしたからこんなもので済んだのでしょうが、仮に降っている最中だったら・・・・・、どうしたかなあ。
逃げようが無いですからね。

いやいや、水汲みに行ったときもゲリラ豪雨にあいましたが、あんなのはまだ良いほうですね。
雨は怖い、そう思いました。

まだお出かけの方もいらっしゃると思います。
川で遊ぶときは、雨に注意してくださいね。
急な増水もあるので、山の方で曇ってきたら、潔くあがったほうがいいと思います。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

最終目的地に到着。

最終目的地に到着。
今回の最終目的地の南郷温泉しゃくなげの湯に着きました。

途中、沼田市辺りで物凄い豪雨があったらしく、道路が冠水しているのにはびっくり。
山の雨は恐いですね。

高速道路が渋滞していると思うので、温泉に入り、晩御飯を頂いてから帰ろうと思います。


っと、その前に、市場が横にあるのでちょっと買い物。(笑)
田舎は安いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴォレ・シーニュさんでランチ。

ヴォレ・シーニュさんでランチ。
早目のお昼です。

るなぱあくにいるなら、県庁の展望レストランへ行こうとやってきました。


今日はくろ松さんではなく、お隣りのヴォレ・シーニュさんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれ?休みのはずなんだけど?

あれ?休みのはずなんだけど?
子供達が休みだと信用しないので、るなぱあくへ来ました。

あら?休みのはずが営業してる。(笑)


ここで遊ぶ事決定。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅籠屋前橋南店。

旅籠屋前橋南店。
おはようございます。
今日も暑そうですね。

昨晩、お世話になったのは、旅籠屋前橋南店さんでした。

今日の予定はありません。(笑)
放浪してこようと思います。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷川

谷川
僕が頼んだのは谷川。
天麩羅御前ですね。


おいしそうでしょ?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひまわり

ひまわり
お子様用のメニュー、ひまわりです。これで500円は安いでしょ?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

展望レストランに来ました。

展望レストランに来ました。
晩御飯を食べにきたのでした。(笑)

ここね、穴場なんですよ。リーズナブルでしかもおいしい。
夜景も綺麗ですしね。


群馬に来たらぜひどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

群馬県庁に来ています。

群馬県庁に来ています。
ライトアップされた群馬県庁に来ています。


その理由は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三日月村へ。

三日月村へ。
昆虫採集に失敗し、今度は三日月村に来ています。

ここ、木枯らし紋次郎の生家があるんですよ。
架空のなんですけどね。(笑)


ここも暑い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐんま昆虫の森に来ています。

ぐんま昆虫の森に来ています。
今日は群馬県にある、ぐんま昆虫の森に来ています。


一言、暑いです。


しかも、広いです。


山の中にこれから入って行き、昆虫を探してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トドみたい。

ただいま、お休みをいただいております。
来週木曜日19日から通常営業です。
今しばらくお待ちください。


昨日は朝早くうちを出まして一路千葉へ。
鴨川シーワールドへ行ってきました。
イルカに触れるらしいんですよ、整理券をもらえれば。
で、朝5時ちょい過ぎに出発。
でも、これが勘違いだったんですね。

開園30分前に配られるんですが、なんとお盆の時期は開園が7時半。
ということは整理券が7時でしょう。
この時間に出ちゃ、間に合わないんです。(爆)
なるべく急いでいったものの、ついたのが7時15分でした。
あわてて入場券を買い、整理券をもらおうとするとすでに完売。

朝の段階で今日の目標がなくなってしまいました。(爆)


それでも鴨川シーワールド、きっと何かあるはず、と期待に胸を膨らませ、園内へ入ります。


ここって、ショーが盛りだくさんなんですね。


入って水族館をちょろっと見ると、なんとベルーガのショーが。
大きいシロイルカです。
ベルーガの特殊能力を堪能すると、みんなぞろぞろと早足で移動します。
何でだろう?と思ってついていくと、出たところがいるかのショー。(笑)


イルカのショーを満喫いたしました。(笑)

ショーが終わるとまたしても、早足で皆さん移動。(笑)
みんなどこで何があるかきちんと把握しているんですね。


大きなステージのところはどうやらシャチのショーがあるところです。
ところがここは人がまばら。
お父さんたちが横になって寝ています。
おかしいなあと思うと、その先にあるアシカのショーを皆さん見ていました。(笑)


アシカのショー、なかなか面白いですよ。
ユーモアたっぷりです。


さー、次はシャチのショーです。
シャチのショーは本当にすごいですね。
あの巨体で飛ぶんですから見ごたえ抜群。
人の多さもピカ一です。


いい加減、早起きが体にこたえてきました。(笑)
涼しいところで30分ほど寝させてもらいまして、活動開始。


イルカに水を掛けられたり、楽しい時間をすごしましたね。


で、アシカやアザラシなどがいるところを見ていたんですが、ふとある動物を見て思い出してしまいました。


私が小学生のころ、それも小一の頃の話です。
プールで泳いでいる私を見て、母が一言。

まるでトドみたい。(爆)

鴨川シーワールドで、トドが泳いでいるを見て、子供の頃の記憶がはっよみがえり、トドと言うよりもセイウチに近かったかも、と30数年のときを経て自分に突っ込みを入れたのでした。(笑)

どんな泳ぎが鴨川シーワールドへ行ってぜひお確かめください。(笑)
ああ、こんな違いなんだなあと分かると思います。


帰りはアクアラインが微妙に込みまして、ついたのが7時頃。
もうくたくたです。
これ、空いていれば割りと快適なんでしょうね。
次は、空いているときにリベンジです。

疲れと睡眠不足で、今日はもう動けません。(笑)
子供たちがなんと言おうと、今日は家で寝まくります。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

出掛けますからアイロンをかけます。

ただいまお休みをいただいております。
来週木曜日19日から通常営業となります。
ご不便をおかけします。


連休前まで、出来る限りぎりぎりまで洗っていました。
それは自分たちの服も一緒です。
お休みに入ると出掛けますから、それまでに洗わないと、という気持ちが強く働くんですね。


そして、今日。
どこへ行く予定もなく、ずぼらにお昼寝三昧でした。
遅めの朝食をとり、ひとしきりだらだらしたところで、お昼寝開始。(笑)
気がつくとお昼ご飯も食べずにぐっすりと3時間も寝ておりました。


ふと何やら下から、アイロンをかけている音がします。

どうも嫁さんが子供たちの服にアイロンをかけているらしい。
そういえば忙しくて後回しにしていましたからね、着るものがないと子供たちから苦情でも出たんでしょう。


しばらくすると、アイロンをかける音がやんだので、せっかくだからと私も下へ降りて、アイロンをかけだします。
そう、自分の服をかけるんです。


ここをよく覗いてくれている皆さんはすでにご存知ですが、私からだが大きいので、良い服は何一つ持っていません。
たまに、偉そうに講釈をたれているので、着ている服はちゃんとしているんだろうな?なんて言われることもあるんですが、帰宅でも私のサイズがそもそもない。(笑)
なので、いい服は残念あがらないんですね。


しかし、いい服がないからと、悲しい思いをしているか、というとそんなこともないんですよ。
出掛けるときは、アイロンをかけて出掛けます。


これで、十分なんです。


普通の服でもアイロンをかけるだけで、ぜんぜんよそ行きの服になってしまうものなんですよね。
だから、私は出掛けるときや連休になると、自分の服にアイロンをかけるんです。


昔はこういう人多かったんですよね。

どこかへ出掛けるからアイロンをかける。
大事な人と会うからアイロンをかける。


それが当たり前でした。
vブランド物の服じゃあないんだけど、きちんと洗ってアイロンをかけると、ぜんぜん見違えて見えて、普通の何気ないものをきちんとしているのがより素敵に見えたものです。


デザインのよさも確かにあると思います。
ブランド物の元から持っているデザインの力ってすごいですよね。
確かにそういうのってあるんですが、でも、身だしなみというのはそれだけじゃないんですね。

アイロンをかけるというと、しわをとると言うイメージかもしれませんが、本当にアイロンってもっとすごいんですよ。

服に命が入っているかのような、そんな印象を受けます。


ビシッとしているだけでなく、どこか艶っぽかったり、どこか滑らかだったり・・・。
そんな惹きつける魅力が出るんですね。


最近はどこへお出かけしても、洗いざらしが増えてきましたけど・・・・・、アイロンがかかっていたほうが見栄えも着心地も断然良いですよ。

お出かけ前のアイロンがけ、ぜひ一度お試しあれ。

でも、やっぱり自分の服をアイロンかけるのは苦手です。
大きすぎて、アイロン台に乗り切らない。(爆)
掛けるの、本当に大変。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

奥さん同士、子供同士。

ただいまお休みをいただいております。
19日から通常営業です。

花火大会のあった日、神奈川の野田さんちのお子さんがうちへ泊まっていったんです。
もう、子供たち大騒ぎ。(笑)

花火大会があった日はもちろん、翌日も朝から男共はゲーム三昧、女どもはお絵かきや蝉取り三昧。(笑)
今は女の子の方が、男の子らしい遊びをするんですよ。
男の子なんてもうだめだめ。(笑)
うちは常に大所帯ですから一人や二人増えてもどうって事ありませんし、逆に子供たちだけで遊んでくれるので、助かっていたんです。
結局、火曜水曜と二泊していきました。

そして昨日。


うちがお休みに入りまして、そのまま送るのもかわいそうだと、町田リス園へ。

暑いからでしょうか、雨が降るかもしれないと思ったのでしょうか、割と空いていましてね。
リスへ餌やりまくりです。(笑)
子供たちは、間近によってくるリスに興奮をし、餌を食べてくれる姿に喜び、大いに楽しんでいたようでした。
人が少ないですから長く餌も食べてくれましてね。
いつもなら二十分ほどで逃げるようになるんですが、30分たっても逃げないで追っかけてきます。
これだけ遊べれば十分ですね。

その後、リス園にカブトムシがいる、との事で、行ってみます。
飼育員さんが裏山で育ててくれているみたいです。
ネットで覆われたところにカブトムシがいました。


ここでも、男どもはへっぴり腰を炸裂!


カブトムシを見つけても触れません。
逆に女の子たちは、捕まえては服につけたり腕につけたりと非常に楽しそう。


男の子たち、ひ弱すぎるぞ。(笑)


町田リス園を出たあたりで雨が降り出します。
まだ子供たちは帰りたくない、という・・・。
でも、雨が降っていけるところなんてないんですよね。
晴れていれば公園を探して遊ばせることも出来るんですが・・・。

結局、町田のマクドナルドで早めのご飯を食べさせ、野田さんのお宅へ送っていきました。


野田さんのお宅へつくと、まだ配達中で野田さんがいません。
あがってお茶をいただきながら待っていると野田さん登場。
いろいろと話をしていたんですが、まだ野田さんのところは営業中なんですよね。
お休み前ですから、仕事も終わらせなければいけないし、忙しいはず。
邪魔しちゃいけない・・・・、と思っていたんですが、話に花が咲きまして(爆)、居座ることに。

本当にごめんなさい。m(_ _)m


少し言い分けさせていただくと、ただ居座ったわけじゃないんですよ?
仕事の話をしていたんです。
お互い悩んでいることもあり教えてもらいたいことがあったので、仕事場へ移動し、仕事をしながら、これはどうする?あれはどうする?などの話をしていました。

ちょうどお互いの奥さんが同じような仕事をしていて、同じ機械を使っていたということもあり、その場でどうすればもっとよくなるか?議論がスタート。(笑)

ここはこうすると奇麗になるよとか、こうすれば効率的だとか、話が出ます。


気がつくと奥さん同士でいろいろと話をしている。(笑)
きっと、同じ立場、同じ仕事で共通することがたくさんあるんでしょうねえ。

野田さんと私はにんまり。(笑)
自分たちから話をするって言うのはとてもいいことですからね。
私たちが無理に絡む必要はありません。
お互い刺激しあえたんじゃないかなあ。

その間、子供たちはというと、ほうって置いたらまたみんなで遊んでいたようで。(爆)
最初は部屋でDVDを見ていたようですが、しまいには店の前で鬼ごっこをしていました。

子供はたくましいなあ。

そんなこんなで、時計を見るともう6時半。
私たちも帰らなければいけません。
挨拶もそこそこに、府中へ帰りました。

本当にごめんね、野田さん。
仕事の邪魔しちゃって。
またお子さんをこちらによこしてください。
うちはいつでも大歓迎ですよ。


でもこうして当たり前に仕事の話をするっていいなあと思います。
自営業者たるもの、いついかなる時でも仕事の事が頭の片隅に入っていなければならない、と思っているんですよね。


遊んでいるときも、休んでいるときも、どこかにヒントがあるかもしれない、と思えば完全に忘れることは出来ません。
奥さん同士がこうして話す機会があったときに、すんなりと仕事の話をしているのがとてもうれしかったですね。

また、お伺いしますね。
ありがとうございました。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドライクリーニングは家庭で出来るのか? 【クリーニング チーム+50% ブログリレー第14回】

本日からお休みに入っております。
19日から通常営業です。
ご不便をおかけしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。


さて、ブログリレーの順番が回ってきました。
横浜の藤澤さんからのバトンです。


藤澤さんのブログにもありますが、ドライクリーニングはドライクリーニング専用の溶剤という物を使って洗います。
油汚れにめっぽう強いんですね。
これはクリーニング屋さん独特の洗い方なんです。

その理由は、特別な機械が必要だから。

溶剤と呼ばれるドライクリーニング専用の液体と、それを使うことが出来る機械が必要なんです。
よく、薬局などでドライマークが洗える洗剤が売られていますが、あれはドライクリーニングではないんですね。

市販されているものはドライクリーニングではありませんよ、と長い間クリーニング業界も消費者へ向けてアナウンスしてきましたが、一部まだ伝わっていないようです。


本当のドライクリーニングはすごいんだぞ。(笑)

まず、段違いで油系の汚れに強いんです。
これは家庭では無理ですよね。
そして、これもドライクリーニング一番の特徴だといえるんですが、服が傷まない。


最近ね、ドライクリーニングをすると服が傷むという人がいらっしゃいますが、それは間違いです。
ドライクリーニングって、とてもやさしいんですよね。


想像してください。

ティッシュペーパーを一枚手に取ります。
目の前にコップがあり、その中に水が入っています。
そのコップの中に、ティッシュペーパーを入れてかき混ぜるとどうなりますか?


ぐしゃぐしゃになって広げるのすら困難ですよね。
もう一度使うなんてとても出来ません。


ところが、これがドライクリーニングの溶剤だったらどうなると思いますか?

同じ条件で、コップにドライクリーニングの溶剤を入れて、ティッシュペーパーを入れ、ぐるんぐるんかき混ぜます。


すると・・・・・・・、そのまま原形をとどめて出てくるんですよ。

想像出来ないでしょ?


多少のしわは入りますが、でも、乾かせばそのまま使用が出来るんです。


これが水洗いとの違い。
そして、ドライマークが洗える洗剤は水洗いに属しますので、私たちが行うような結果にはならないんですね。

ドライクリーニングの不思議、どうでしょう?興味持っていただけましたか?


ドライクリーニング・・・・・、噂よりもいいものですよ。(笑)


さて、ブログリレーもいよいよ3週目、最後の周回に入ります。
次はどんな話が出るのか?お楽しみに。

次は、横浜の伊藤さんです。
伊藤さん、よろしく願いします!


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

クリーニングの歴史を思う。

昨日の宴会で、全ドラ関社長とうちの両親が楽しそうに?話をしていました。

現在おかれているクリーニングの話から、過去のクリーニング業界の話まで。


その中には、今でこそあまり見なくなりましたが、間違いなくクリーニング業界において必要であった、クリーニング業に一石を投じたような人たちの名前がずらり。
うちの社長はこの業界に50年近くいますから分かりますが、関さんは私と年齢が一緒。
何でそんな人知ってるの?とこちらが驚くばかりです。


しかし、こういう話は実はとても大事なんですよね。
残念ながら、ここ最近、年の離れた人との会話が少なくなっています。

クリーニング屋さんの集まりもだんだんと少なくなってきているんですが、年の近い人の集まりが多いんですよね。
若い人が年配者を敬遠しているというわけでもなく、単純に機会が減っているんだと思います。


個人的にですが、これではいけないなあと思うのです。

現在クリーニングを営んではいるものの、今は過去から続いているものなんですよね。
昔と今は違う・・・・・、そう思わないこともないですが、でも、よく話を聞いていると今起こっているものが過去から続いているものであったり、過去に起こった出来事と酷似していたりすると、過去を知ることは必要なことだと痛切に感じるんです。

そして、それを知るのは年配者と話をすること、なんですね。

私も展示会によく顔を出させていただいています。
年配の方と話す機会があったときは、なるべく話すようにしているんです。
でもまだ足りない。


どこかで、そんな機会が作れたらいいなあと思っています。


そして、いつか自分が年老いたとき、今度は自分たちが教えてもらったように、若い人たちに伝えていければいいなと思うんです。

それが、伝える、って事なんだと思います。

年齢に関係ない集まり、何とかできないかなあ。
同じクリーニングに携わる人たちの集まりとして、何かしたいですね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

世代を超えた話し。

世代を超えた話し。
花火大会も無事に終わりました。雨も降らず、ほど好い風もあり、気持ちのいい花火大会でしたね。

今日は屋上に、全ドラ関社長、神奈川の野田さんご夫妻、チョウさん、うちの両親、そして僕と、宴会をしています。


程よくお酒もまわり、世代や地域を超えた熱い話し合いが勃発。(笑)

みんな一生懸命、明日のクリーニング業について話してます。


最近こういうの少ないんですよ。
いい集まりになってますね。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

花火ばっかりだ。(笑)

朝の雨でとても不安でしたが、無事花火大会が催されるそうです。

楽しみですねえ。


でも、まだ空は雲ばかり。
時折、黒い雲が混ざっているので少々不安であります。

でね、今日一番驚いたのが、ここのアクセス解析。
なんと、ほとんどが花火での検索。(笑)


いかに、今日の花火に皆さん興味があり、関心が強いかと言う事ですね。


このまま、無事に終わりますように。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花火大会の日は雨が多いんですよね。

ここずーっと天気が良かったんですが、昨日辺りから急に天候が崩れ始めました。
気温が押さえ目になっているので大歓迎のはずが、なぜかあまり喜べない・・・・。


だって、花火大会があるんだもん。(爆)


なぜか花火大会があるこの時期、今までの天気のよさが嘘のように、曇ったり雨が降ったりするんですよね。
何ででしょ??

予報も火曜日の予報が曇りに変化していました。

本当に開催されるのか?
雨天の場合は順延らしいですよ。

無事開催される事を祈りましょう。


花火大会当日ですが、通常夜10時まで営業をしていますが、この日は午後5時閉店とさせて頂きます。
幅の狭い歩道に物凄い人がひっきりなしに来まして、とても営業できる状態ではなくなってしまうんです。
仕事柄、どうしても目の前のドアを全開にしないとやっていけないのですが、そこに多くの人が通る事を考えると危ないかもと判断をしました。
安全第一です、どうかご容赦くださいませ。


花火大会の理想って、前の日に雨が降ること、当日若干の風があることらしいです。

雨が降って空気中のほこりを落とし、当日の若干の風が打ち上げた花火の煙を流し、純粋な花火を楽しめるかららしいです。

雨、降りましたよね。

明日晴れれば良い環境で見れるんじゃないでしょうか。
期待して待ちましょう。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

やっぱり夏休みですね。

昨晩、水を汲みに富士山へ行ってまいりました。

日曜の朝では、渋滞が激しくとてもじゃないけど大変だろうと思い、土曜の夜出発です。
しかし、やはり夏休みなんですよね、高速に入ると、この時間にありえない車の量が。(笑)
目立った渋滞こそしていませんが、やはり速度に差が出始めて詰まり始めます。


それでも何とか、水汲み場へ到着。
すると、今度は駐車場が満杯。
どうやら皆さんここで車中泊のようです。
富士吉田周辺の道路もむちゃくちゃ混んでいましたから、泊まれない人もいたんじゃないかしら?
止まれなくて車中泊なのか、安く上げるために車中泊なのかが微妙な所ですが・・・。


その後何とか水を汲み終えまして、少し休憩してから帰ります。

談合坂サービスエリアに到着。
夜食でも食べてから行こうかなと入ってみると・・・・・・、なんじゃこの人だかりは!

日中の混み方ほどではないんですが、明らかに深夜の人数ではありません。
そして、フードコートは席を探さなければならないほど。


うーん、こんな所で夏休みを実感。


しかし、皆さんこの時間からどこへ行かれるんでしょうね?
上りの談合坂サービスエリアですよ。
これからどこへ向かわれるのか、興味津々です。
東京へ向かうのか、新潟方面へ向かうのか、茨城や福島の方へ向かうのか・・・。

でも、サービスエリアの駐車場にも仮眠している車が一杯でしたけどね。


今も渋滞情報を見ていると、凄いようです。
本格的な夏休みに入りましたね。
お出掛けの皆さん、お気をつけてお出掛けください。

皆さんが出かけると、仕事は暇になるのかなあ。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングする時についているタグ、どうしてるの?

昨日の夜、仲の良いお客様がご来店くださいました。
お盆休みが近くなってきたので、休みの前にとクリーニングする物の調整に入っているようです。

色々とお話をしていた時に、ふとこんな質問をされました。

クリーニングする時についてくる名前の書いてある紙、あれは洗う時に外しているの?
洗っているのにぐちゃぐちゃになってないけど?

私たちはお客様から品物を預かると、タグをつけます。
どの品物がどのお客様の物か、分かるように、名前をつけるんですね。
それをつけるので、大量にある品物の中から、お客様へお渡しすることが出来ます。

このタグ、紙で出来てるんですよ。
普通に考えれば、紙で出来た物を洗えばぐちゃぐちゃになる・・・・・、そう考えるのが普通です。
でもクリーニングから返って来てもそうはなっていないので不思議に思われたんでしょう。


このタグ、クリーニング用に出来ています。
つまり、水で洗ってもドライクリーニングで洗っても変化がおきないようなもので作られているんですね。
ですから、私達が洗っても、きちんとついているので、お客様にお返しできるんです。

でも、紙は平気でも名前を書いたときに使ったインクはにじまないの?と思うでしょ?
これもね、実はクリーニング専用のペンと言うのがありまして、それで書いています。
ドライクリーニングですと、インクなどは落ちてしまう事があるので、普通のペンでは書くことが出来ません。
ドライクリーニングをしても平気なペンで書けば大丈夫、名前も消えたりしないんですね。

なぞは解けたでしょうか?


洗って帰ってきた後も、ぐしゃぐしゃにならないから、洗う時に外しているの?と言うのは良く分かります。
まさか専用の物があるとは思わないですしね。

以前ここでも話しましたが、ドライクリーニングの特性も関係していると思うんですよ。


ドライクリーニングは原形をとどめたまま洗う事が出来るんです。

どういうことかというと、ティッシュなどをドライクリーニングの機械に入れて洗うと、そのままの形で出てきます。
これが水洗いでしたら、ぐちゃぐちゃになってしまい広げる事すら出来ません。


これがドライクリーニングの特徴なんですね。


そのままの形で洗う事が出来る、だから、紙で出来たタグも影響なく出てくるんです。
やはり専用に出来たタグも、水洗いとドライクリーニングとでは、若干違います。
やはりドライクリーニングのほうが、より新品に近い状態で出てくるので、間違っちゃうんでしょうね。


まだまだクリーニングのためにだけに作られた商品があるかなあ。
気付いたらご紹介していきましょう。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ビシッとしたい?したくない?

街中を歩いていますと、ああ、ご自分で洗ったんだなあと思う人が沢山いらっしゃいます。
どうして分かるかと言えば、アイロンがかかっていないから。
いわゆる、洗いざらしって奴ですね。


洗いざらし、品物によってはその方があっているものも確かにありますが、洗いざらしが似合う服って実はそう多くありません。
Yシャツですら、やはりアイロンのかかった服のほうが見ていても気持ちいいですし、着ていても気持ちがいいんですね。


しかし、中にはアイロンがかかった服があまり好きでない人もいるようです。
ビシッとしているのが、あまりしっくり来ないみたい。
理由を尋ねると、自然じゃないからとか、裃の様になるのは嫌だとかそれなりに理由があるようです。

そういえば、以前ここでも書きましたけど、浴衣の仕上げに関してお客様から、べたっと仕上げないでくださいと言われたことがあります。

アイロンがかかった状態ってそんなイメージなんでしょうかね。

大きな鉄板で、プレスして、生地がべたっとしている状態。
それがアイロンのイメージ、クリーニングのイメージなんでしょうか。

消費者の皆さんが思うように、洋服って生地にそれなりの厚みがないと変なんですよね。
プレス機でバチン!と押してしまうと、洋服のいい感じがなくなり、まるで安物の服のように見えてしまうんですよね。
仕上げってそこが一番難しくて、しわを取り、整形をするんだけど、生地本来の厚み・・・・・、風合いといった方がいいですかね、それを残していかなければいけないんです。


そして、そう言う仕上げをお望みであるならば、当然クリーニング代もかかってしまうんですよね。


ここが非常に難しいところでしょう。


機械でバチンとプレスすれば、コストがぐんと下がります。
仕上がりも早くなりますし、クリーニング代も安くなる。
生地の風合いをを大事にした仕上げをしようと思うと、基本的に手仕上げになりますから、時間もかかるしコストがかかります。


どちらを選ぶかですね。


生地の風合いを大事にしたい方もいらっしゃれば、逆にバチンとプレスされた方が気持ちがいいよと言う方もいらっしゃいますね。
昔なら、これはいい仕事か悪い仕事か、と言う判断でしたけど、おそらくそう言うくくりじゃないんだと思うんです。


好み、でしょうね。

皆さん、どっちがお好みでしょうか?

洗いざらしなんかより、絶対気持ちがいいですよ。
ご自分の好みにあった、クリーニング屋さんをご利用くださいね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

商工祭りからせいせき多摩川花火大会までイベント目白押しですよ。

おはようございます
一伸ドライクリーニング店 工藤です。

ここ若干ですが、夜になると風が吹いてくれて、体感的にですが、何とか過ごせるようになって来ました。
本当にね・・・・・、熱帯夜だけ何とかなってくれれば、日中の暑いのは我慢できるんですけど。
こんな思いも後ちょっとなんでしょうけどね。


これだけ暑いと皆さんお出掛けするのがいやなんじゃないかなと思いますが、そんな事言ってちゃいけません。(笑)
明日から来週火曜日まではイベント目白押しです。
お子さんがいる方はぜひお出掛けしなくては。


まず、明日から日曜日まで、大國魂神社で府中市商工祭りが開催されます。

ステージもあって、金曜日はゴセイジャーショーも行われるんですよね。
色々な職業のお店が出展していて、お値打ち品を格安でゲットできたりと、行く価値大です。
ぜひ一度覗いてみてくださいね。


ゴセイジャーショーはうちも多分見に行くと思うのですが、この暑さです、倒れないように日差し対策、水分補給に気をつけてくださいね。

競馬場の方に、無料の駐車場もあります。
そちらも使ってあげてください。


そして、週があけた火曜日、今度はせいせき多摩川花火大会が行われます。
あまりここ中河原では宣伝も見かけませんけど、結構大きくやってくれるんですよね。
聖蹟桜ヶ丘の方が会場ですが、もちろん、ここ中河原からもいくことが出来ますし、もしかすると、こちらからのほうが多摩川へは近いかもしれません。

昨年、聖蹟桜ヶ丘の会場でこの花火を見たんですよ。
目の前で繰り広げられる大きな花火は、必見です。
会場へ行って混んでいたらどうしよう?とお思いになるでしょう。


でも大丈夫。


会場は多摩川で広いですから、場所はいくらでもあります。
下に敷くシートを持っていけば、どこでも見ることが出来ます。


家族で、お子さんと、カップルで、ぜひお出掛けください。
ちょっと遠目の中河原の花火もいいですし、会場まん前の聖蹟桜ヶ丘の花火もいいですよ。

明日から、気合は入りますね。
夏のイベント、ぜひお楽しみください。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セミの声。

8月に入ってから、道路が空いてきたなあと実感しています。
お盆休みも分散傾向にあるようですから、その成果が出ているんでしょうね。
お客様の中にも、すでにご実家へ帰られた方や旅行へ行かれた方など結構いらっしゃいます。
これから少し仕事が楽になりますかね。


先日、今年はセミの声がしないと書きました。
それでもやはり夏、ようやくセミの声がガンガン聞こえてきて、暑さをより感じさせてくれます。
セミの声が聞こえないとね、夏の様な気がしなくて・・・・・、いつまでも暑い様な気がしちゃうんですよね。(笑)
セミの声が聞こえる事で、夏を実感でき、もう少し我慢すればこの暑さも終わる・・・・・と思えるんです。(笑)


そんな中、先日ちょっとしたサプライズが起こりました。

朝の5時。


まだ、うちの中では誰も起きていません。
熱帯夜が続くのと、日中の暑さがひどいですからなるべく寝ないととじっと寝ている時間帯です。

うち、部屋の熱を逃がすために屋上の換気口が少し開いているんです。
突然、その換気口の辺りから、セミの鳴き声が!!
ただ鳴いていると言うよりは、何か苦しそうな感じの鳴き声。
どうしたのかな?と思っていると、その鳴き声が近づいてきます。


寝ぼけ眼で見てみると、なんと猫のモモちゃんがセミをくわえて部屋に入ってきているではないですか。(爆)

何でそんな物をくわえているんだ・・・・・・、と突っ込もうと思った瞬間、セミに逃げられまして、部屋中を飛び回り、大きなセミの鳴き声が。
家族一同、セミの声で起こされました。(爆)

その内窓からセミは出て行ってしまったのですが、モモちゃんは悪びれもせず、セミが逃げていった窓をジーっと見つめ、何事もなかったように、その場で寝てしまったのでした。

人騒がせな。(爆)


みんな起きてしまったじゃない。
まさかねえ、セミの声で起こされるなんて・・・・。
セミの声って、近くで聞くとむちゃくちゃでかいんですね。
本当にびっくりしました。


これも夏の風物詩・・・・・・・・、なのかなあ?
そう思うことにしておきましょう。(笑)


今日も暑そうです。
皆さん水分補給を忘れずに。
乗り切っていきましょうね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

力仕事。

クリーニングの仕事は、実はかなり重労働です。
女性がやっている仕事もかなり多いですが、女性だけではかなり辛い。
男性が必要な事が多いんですよね。

衣類ってまとまると非常に重くなります。
一着一着はそれほどでもなくても、数着まとまると、手にハンガーの跡がくっきりとつくほど。
また、袋にまとめて入れておくと、女性が運ぶのは厳しくなります。

昨日は、そんなクリーニング屋さんの中でも、特に重労働の一つ、ドライクリーニングのカートリッジフィルターの交換をしました。


カートリッジフィルターの交換はすぐできるようなものじゃないんですよね。
交換するまでに準備が必要なんです。


土曜日、急に交換しようと言う事になりまして、準備します。
そして、月曜日、朝から交換をするために、早起きしてまずは仕上げ。
なるべく片付けてから交換をしたいんですよね。

何とか仕上げ終わりまして、いざ交換です。


交換作業はいたってシンプル。
カートリッジフィルターを取り外して、中を清掃し、新しいのをつけるだけ。

じゃあ何でこの作業が重労働なのかと言うと、カートリッジフィルターが物凄く重いんですよ。
これが大変。


うちは自分で交換をしますが、交換する本数が多かったり、お年を召していたりすると、業者に頼んで交換してもらうお店もあるくらいです。
でも、やらなくていいものではないし、安定したクリーニングをするためにも定期的な交換はどうしても必要なんですよね。


部品を外し、カートリッジフィルターを取り出します。
物凄く重いし、しかも洗い場が非常に暑い。
すぐ汗が噴出してきて、びしょ濡れです。

無事に取り出し終えた後はお掃除です。

今年は衣類の出方が例年と違いましたので、カートリッジフィルターの汚れも全然違います。
色々と混ざっているような不思議な汚れ方です。
これは洗う物によって変わってくるんですよね。
丁寧に掃除をしまして、お掃除終了。

この時点で体はびしょ濡れで真っ黒です。(笑)
真っ黒・・・・・はちょっとまずいので、手早く終わらせ風呂に入らなくては。

これからの仕事はわりと速く済みます。
新しいカートリッジフィルターを取り付けるんですが、新しいだけに軽いんですよ。
いかに汚れが思いか・・・・と言う事でしょうか。
とんとん拍子でつけ終わり、試験運転で漏れの有無を確認して、交換終了。

ドライ機周辺のお掃除をしまして・・・・・、お風呂場へ直行です。(笑)

真っ黒なままでは仕事できませんからね。
さっぱりした所で仕事終了・・・・・・・・、と言うわけには行きません。
これからさらに汗をかいて仕上げなければ。

カートリッジフィルターの交換は、ほんの1時間ほどなのですが、数時間分の仕事をしたかのような疲れが出ます。
本当に重労働。
でも、これやらないと安心して仕事できませんからね。
必要かつ重要なお仕事です。

クリーニング屋さんをやりたいと思っている皆さん、力仕事もありますからね。
体、鍛えておいてくださいよ。
繊細な上に力強さも備えている、そんな男の人がいいでしょうね・・・・・・って、アニメに出てくるヒーローみたいだな。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆休みのお知らせです。

皆さん、おはようございます。
一伸ドライクリーニング店 工藤です。

本日も蒸し暑いですね。
8月に入りまして、早い人はもうお盆休みに入っているようです。

当店のお盆休みも決定しましたのでお知らせいたします。

今年のお盆休みは、12日(木)~18日(水)とさせていただきます。


ぎりぎりまで集配し、ぎりぎりまで仕上げますので、遠慮なくお申し付けください。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どっち???

名前って良く呼び間違いますよね。
特に子供の名前は、自分が思っているのと呼んだ名前が違う時もあり、何で振り向かないんだ?とおもっていると、呼んでいる名前が違う、なんて恥ずかしい思いをします。


子供が多いからかもしれませんけど。(笑)


私、名前をたかしといいます。
長男の名前はたかひろ。


今日のポイントです。(笑)


うちの母は強引なんですよね。
孫を呼ぼうとして、たかし・・・・・ひろ!と強引に呼んでいるときがあります。
ああ、また呼び間違ったんだな、と思うのですが、長男が生まれて名前を決める時に散々練習してたんですけどね。

たかひろ、たかひろ!たかひろ!!!


どうも怒りづらい・・・・、とぼやいていました。(笑)


ところが先日、突然こう呼んだんですね。

たかしろ!

居間にいた私と長男、二人して、どっち?と聞いてしまいました。(笑)

名前って呼ぶの難しいですね。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »