« 電話、なりっぱなし。(笑) | トップページ | 手仕上げと機械仕上げ。 »

こんなものまで機械で?

先日、展示会で、気になるものをツイッターでつぶやいていました。
主に写真つきで、消費者の方がめったに見ないであろう機械や資材などを中心につぶやいてみたんですが、その中でやはり機械に驚かれた方がいらっしゃるようです。


こんなものまで機械でやるんだ。


クリーニング屋さんの機械のイメージと言うと、たぶん洗濯機と、仕上げのプレス機がほとんどじゃないかなあと思います。
でも、クリーニング業界も日進月歩、日々進化しているんですよね。
全部が全部機械というわけではありませんが、こんなものも機械で出来るようになったんだ、というようなものもあるんですよ。


たとえば、Yシャツの畳み機。

畳み専用の機械です。


シーツの自動包装機。
こちらはシーツをプレスした後、自動で畳み、そのまま包装まで済ます。
なんとも至れり尽くせりの機械なんですね。


染み抜きも機械化されています。
今でも筆を使ったり細かい道具を使いますが、高圧で染み抜き剤を噴射する道具とか、こちらも日々新しいものが出てきているんですね。


プレス機も、大きな平らな台でプレスしていたのが、部分ごとに細かく分かれた専用の機械も出現。
肩だけプレスする機械、首だけプレスする機械、身頃だけプレスする機械、細かく分けられています。

機械仕上げというと、皆さんどういったイメージをお持ちでしょうか?

仕上げが雑。


しわくちゃ。

いい加減

そんな感じですか?
逆に手仕上げというと、細かいところまで行き届くようなイメージなんでしょうかね。


機械仕上げも捨てたもんじゃないんですよ。
機械メーカーが日々努力して研究してきてくれたおかげで、実際は実用に十分耐えられるレベル、機械じゃないとうまくいかないものさえあります。

しかし、なぜかいまだに機械が悪で、手仕上げがすごいというようなイメージがある。
果たして本当なのでしょうか?
その辺、明日ちょっと書けるといいかなと思っています。
お楽しみに。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
集配エリアはこちら。

|

« 電話、なりっぱなし。(笑) | トップページ | 手仕上げと機械仕上げ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなものまで機械で?:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/12/11 09:22) [ケノーベル エージェント]
府中市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年12月11日 (土) 09時22分

« 電話、なりっぱなし。(笑) | トップページ | 手仕上げと機械仕上げ。 »