« 洗ってきなさい。 | トップページ | 南武線沿線は変わりましたね。 »

クリーニングの勉強をして、何になりたいの?

クリーニング屋さんって勉強家がとても多いんです。

飲み会へ行っても仕事の話が主ですし、久しぶりに友人とあっても、すぐさま仕事の話になる。
最近の景気の話なんかは序の口で、すぐさま技術的な話だったり、接客の話だったり、とにかく貪欲な方が多いんですよね。

そして、本を読んだり、勉強会に参加する人も多いんです。
私も、クリーニング関係の本は沢山持っていますしね。

何のために勉強をするのか?
もちろん、クリーニングの技術の向上のため、なんです。
一つでも多くのしみを落としたいとか、風合いよく洗うためにとか、お客様に分かりやすい説明が出来るようにとか。

でも、勉強していると、そのうち目的が見えなくなる事もあります。


私がこの業界に入って5年目くらいだったでしょうか。
クリーニング学校を卒業し、その後も色々な勉強会に顔を出したり、地方の友人と情報交換したり、精力的に勉強をしていました。

うちの母が、私のことを見ていて、なんだか不機嫌なんですよね。
お前は頭でっかちだ、よく言われました。
でも、こっちとしては、そんな風には思っておらず、クリーニングにつながると思って、色々と勉強をしている・・・・・、つもり。
やったらやっただけ、知識も増えますし、当然技術も上がる。
そこに何が不満なんだろう?と思っていたんです。

ある時、公私共にお世話になっている、先輩と話していたときに、こういわれたんですよ。


工藤さんは、先生になりたいのかい?クリーニング屋さんになりたいのかい?


これは衝撃でした。
自分ではクリーニングに関係しているものを幅広く吸収しようとしていたつもり。
でも、その勉強した事が、現場に生かされるのか、現場で必要なのか?と考えると、そうでない事が多かったんですよ。

同業者の中で、人よりも多くの知識を知っていたい、そんな欲に駆られていたのかなあ、と今になって思います。


うちの母も、同じ事を言いたかったようです。
せっかく勉強してきた事も、お客様に話すようになっていない、そういうんですね。
クリーニング業者の言葉をそのままお客様に話しても通じない。
お客様が分かる言葉に変換する必要がある、いつもそういっています。

お客様の中でもそう感じる方は多いのではないでしょうか?
受付で説明をしてもらっても、何を言っているのか分からない、それが自分にどう関係があるのか分からない、そういう説明って多いと思います。

うちの母はこう言います。

勉強はしなくちゃいけないけど、学者になっちゃ駄目なんだ。


一生懸命になればなるほど、陥りやすい罠、何ですよ。
昨年からクリーニング業界も厳しさを増しています。
各地で色々な勉強会も開かれている。
私も何かしなきゃいけないな、と気ばっかりあせってしまいますが、そんな時にふと昔に言われた言葉を思い出したので書いてみました。

僕らは先生になっちゃいけないんですよね。
肝に銘じて、お客様に繋がる勉強をしたいと思います。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| |

« 洗ってきなさい。 | トップページ | 南武線沿線は変わりましたね。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニングの勉強をして、何になりたいの?:

« 洗ってきなさい。 | トップページ | 南武線沿線は変わりましたね。 »