« 丸めてポンッ!ではいけませんね。 | トップページ | ネクタイ一本で引き締まる。 »

困っている人は平等です。

昨日のお昼ごろ、ちょっとした出来事がありました。

私がお店の後ろの方で休憩をしていて、母が受付でお客様と話していた時のことです。
突然、カウンターの方がざわざわしだしたので、何かあったな?と思い、店の前に出てみると、人が倒れている。
体の不自由な方が倒れてしまったようで、動けなくなってしまったようです。

母曰く、お客様と話していたら、外の下の方に手が見えた、と。

すぐさま店から外へ出て、手伝います。
この方、以前もうちとセブンイレブンさんとの間で倒れた事がある方です。
どうも道路の作りが悪いんじゃないのかなあと思うんですよ。
同じところで人が倒れるなんて、おかしいですもの。

倒れたところから、当店の前まで3メートルほどあるんですが、そこまで這って来たらしく、相当疲れている様子。
何度も立とうとしているのですが、思うように行きません。
とりあえず椅子を出し、座って休んでもらう事にしました。


椅子に座ってもらうんですが、やはり一月、どんどん寒くなり体力が奪われていきます。
立とうとしても力が入らない、なら一度体を温めるか、と、お茶飲もうか?といってみるんですが、飲みたくない、とおっしゃる。
でも、相当寒そうなんですよね。

人に迷惑をかけたくないと思っているのかな?

でも、そこは何とか説得しまして、温かいお茶を飲んでもらい、何とか体力回復。
やはり寒いと駄目ですね。
お茶一杯で、体力が戻るのならしめたもの。


10分ほど休んでもらい、会社が近くだったので、知り合いの方に来てもらい、何とか立てるようになりました。
いやー、よかったよかった。

こういう時に、力任せに起こす事は実は簡単なんです。
でも、ただ体を起こせばいいというわけではないんですね。
本人が力の入る、立てるポイントみたいなものがありまして、きちんと立てるようにしてあげないと、駄目なんです。
今回は、寒さと疲れで力がなくなっていたので時間がかかってしまいましたが、何とか立ててよかったとほっとしています。

時間にして30分くらいでしょうか。
その間、色々な人が声をかけてくれるんですね。
車から降りてきて手伝おうとしてくれる人、駅から歩いてきて声をかけてくれる人、大丈夫ですか?手伝いましょうか?と声をかけてくれる人、沢山いらっしゃいました。


この前、テレビで外国の方が日本人は困っている人に声をかけない、といっていましたが、この状況を見て欲しい。
日本人だって困っている人がいれば助け合えるんだぞ、と。

なんとなく誇らしげに思えました。


ただ、こういう時に、えてして、困っている側が不機嫌になる事が多いんですね。
体の不自由な方は、同情されていると思うのかな?
決してそういうつもりはないんですが、大変そうだなと思い声をかけると、怒られるときがあります。

困っていると思うから、声をかけているんであって、別に体が不自由だからと声をかけているわけじゃないんですよね。
仮に、当店の前で、屈強な男性が突然倒れても声をかけますし手伝うと思います。
そこは平等なんですよ。


困っている人に、体の自由不自由は関係ありませんから。


声をかけるって確かに難しい。
だから、相手の望む事を聞いて、手伝うようにしています。

しかし、こう何回も倒れる道路って言うのも問題です。
行政に訴えれば、何とかなるかしら?


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« 丸めてポンッ!ではいけませんね。 | トップページ | ネクタイ一本で引き締まる。 »

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 困っている人は平等です。:

« 丸めてポンッ!ではいけませんね。 | トップページ | ネクタイ一本で引き締まる。 »