« NHKからの電話。 | トップページ | JAPAN SHOPに来ました。 »

シミ、自分でつけた覚えは無くても・・・。

クリーニング屋さんをしていて、お客様からお話を伺っていて、この言葉をよく聞くことがあります。

このシミ、自分でつけた覚えは無いんだけど・・・。

身に覚えの無いシミ、誰でも経験があるんじゃないでしょうか。
受付時に気が付けばお客様も納得していただけるんですが、クリーニングの工程の最中に見つけたりすると、時には、クリーニング屋さんでつけたんじゃないの?といわれたりするんです。
自分が着ていたときに、つくようなことはしていない、そういう事のようなんですね。

先日、福岡の友人の娘さんを中華街に案内していた時の事。
いま、雑誌やテレビで話題の、焼き小龍包のお店、王府井【ワンフーチン】にいったんです。
物凄く並んでいるんですが、割と早く進むんですよね。
すんなりと、お目当ての焼き小龍包をゲット。
二人で仲良く食べていました。


テイクアウトですから、食べるところはありません。
食べ終わった後の容器を捨てる必要もあるので、王府井の前で食べることにしたんです。


小龍包、食べたことがある方ならご存知だとは思いますが、中に物凄いスープが閉じ込められています。
食べるときに気をつけないと、なかの汁が飛び出してしまうんですよね。


私たちも、アツアツの焼き小龍包をふーふーいいながら食べていました。
混んでいるお店の前、人と人の距離もぐっと近くなります。
並んでいるそばで、食べている人たち。
隣で物凄い光景を見ちゃったんですよ。


アツアツの焼き小龍包を隣の女性ががぶっと食べたんです。
すると、ぴゅっ!と中から汁が。
それが結構飛ぶんですよね、飛距離がかなり出る。
その飛んだ汁の先には、後姿の別の女性が。


服にはつかなかったんですが、残念ながら肩にかけていたバッグに汁がついてしまいました。
でも、本人は気付いていない。


本人が知らないしみってこういう風につくんだろうな、と目の当たりにしてしまったんです。

クリーニングの仕事をしていると、説明のつかないシミというのが結構あります。
汚すということは人間の行動によるものですから、つき方、ついている部位などで、どのような感じでついたか、想像できるものなんですよね。
でも、中には、なんでこんな場所に???というシミも結構あるんです。


汚れってそういう意味では色々なところでつくんだと思います。

壁に寄りかかって汚れてしまうこともありますし、気付かずに擦れてしまって汚れてしまうこともあります。
今回のように、回りの人に汚されるケースもあるでしょう。


そう考えると、知らない汚れがあるのもなんら不思議な話ではないんですよね。


きれいに着ていたつもりでも、どこで汚れているか分かりませんね。
ぜひ、衣替えの時期にはクリーニングをしてからおしまいくださいませ。
何のしみかわからなくても、きれいにしてしまうのがクリーニング屋さん。(笑)
ぜひ、お任せを。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« NHKからの電話。 | トップページ | JAPAN SHOPに来ました。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シミ、自分でつけた覚えは無くても・・・。:

« NHKからの電話。 | トップページ | JAPAN SHOPに来ました。 »