« ダウンジャケットは洗ってからしまいましょうね。 | トップページ | スーツが足りないと思います。 »

ダウンジャケットのクリーニングは家庭で洗うのとどう違うのか?

ダウンジャケットを家庭で洗う人がいます。
最近の洗濯ブームで、ご家庭で洗う人がいるんですね。

家庭で洗う人が増えてきたのと同時に、ダウンがぺちゃんこになっちゃったと言う人を多く見かけます。
そうなんですね、ダウンは洗うとびっくりするほどぺちゃんこになる。
これは家庭で洗ってもクリーニング屋さんで洗っても同じようになります。


家庭洗濯とクリーニングの違いはここから一気に差が出始めます。

洗ったあと、家庭洗濯もクリーニング屋さんも乾燥工程に入るんですが、干すだけの家庭洗濯に比べてクリーニング屋さんはタンブラー乾燥機を使い、ふわっとさせる事が出来るんですね。


まさに、膨らますという表現がぴったりなくらい、ふっかふかになります。

まるで新品のときのようなふくらみ。

残念ながらこれは家庭では再現できません。
その理由は至極簡単。
洗ったときにダウンは固まってしまうんですよ。
それをほぐしながら乾燥をしないといけないんですが、干すだけではほぐれないのでふくらみが足りなくなるんです。

クリーニング屋さんが遣うタンブラー乾燥と言うのは、ドラム型の乾燥機で、衣類を落下させながら乾燥をします。
この落下させているところが、ダウンのほぐし効果を生み、熱をかけることでさらにふんわりと仕上がるんです。

でも、クリーニング屋さんでもここまでふかふかにするのに、かなりの時間がかかってしまいます。
ダウン製品のクリーニングが他と比べて割高の理由がここにあるんです。
乾燥工程が他の服と比べても、異常に長いんですね。
長くなるという事は、当然燃料がかかる。
乾燥機も、ボイラーの熱を使って乾燥をしているので、長くなればなるほど長時間ボイラーを炊かなければいけません。
それが、コストに跳ね返ってくる、というわけです。

ふわふわ感だけでなく、当然ご家庭で洗うのと私たちクリーニング屋さんが洗うのとでは汚れ落ちに差が出ます。
これも歴然としていて、アウターとしていて着ていたダウンは、思いっきり汚れています。


手垢、排気ガス、埃などなど・・・・。
これらが数ヶ月にわたってびっしりとついているんですから、それ相応の洗い方をしなければ落ちないんですね。


今巷に流れている家庭洗濯のやり方は、洗えるのですが、とてもソフトな取り扱いなんですよ。
あの洗い方では汚れを落とすのにも限界が当然出てきてしまうんですね。


今、こうしている間にも、ダウンジャケットを自分で洗おうか、クリーニング屋さんに出そうか迷っている方が大勢いると思います。

ダウンジャケットはクリーニング屋さんが絶対いい!

これは間違いないですよ。
かけたお金の分、確実にきれいに、ふっかふかになって返って来ますから、クリーニング屋さんに任せましょう!


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| |

« ダウンジャケットは洗ってからしまいましょうね。 | トップページ | スーツが足りないと思います。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダウンジャケットのクリーニングは家庭で洗うのとどう違うのか?:

« ダウンジャケットは洗ってからしまいましょうね。 | トップページ | スーツが足りないと思います。 »