« 一つ、余計に買いましょう。 | トップページ | いさかいをしてどうするんだ? »

クリーニング屋の知恵を結集!

今、出来ることをやろう!

地震の後、誰しも思っていた言葉だと思います。
募金をしたり、物資を送ったり、節電をしたり、買い溜めをしなかったり。
そんな皆さんの少しずつの思いやりが、集まっているんだなあと、思ったりするんですよね。


クリーニングってそういう意味では必要とされるまで時間がかかってしまいます。
何かしてあげたい、自分たちの持っているものを提供したい、そう思ってみても、中々出番が無く、悶々としていました。

先日、東北の友人へ電話をしたときの事。


友人の家は、ライフラインも復活、ガソリンや燃料が少ないので、通常通りとはいえないけど、何とか営業をしている状態。とりあえず、よかったね、と話をしていたんです。
そんな話の最中に、相談を受けたんです。


津波の被害を受けた衣類をきれいに出来ないか?

直接は津波の被害を受けてはいないんですが、避難をされてきた方がいらっしゃるんだそうです。
そして、津波の被害を受けた衣類がクリーニングに出てくるらしいんですね。

洗う前の画像を見てみると、物凄いんですよ。
服全体に砂がこびりついている。


とりあえず、水洗いをしてみるも、細かい砂が何度洗っても出てくるといいます。
そして、なんともいえない磯の匂いというかヘドロの匂いがするらしいんですね。
洗ったとしても、これを何とかしなければお客様が着れないんです、といいます。


とりあえず、その場は自分の中の知っている話をして、電話終了。


うーん、でもこれでは何も協力できないな。
と言う事で、電話連絡開始!

何人か、クリーニング屋さんの中でも、研究心にあふれている友人に電話をします。
事情を説明をすると、自分の知っている限りの知識を動員して、考えてくれる。

こんなやり方はどうだ?あんなやり方はどうだ?

人に聞けば色々とアイデアは出てきます。
長野の友人に電話してアドバイスを貰ったし、名古屋の友人へ電話してアドバイスを貰ったりしました。


そして、これはどうだ?というのが出てきたので、さっそく東北の友人へ電話。
今までと少し違うアプローチですが、理論的に納得できる話だったので、試してみる価値があると思い、伝えます。


これがうまくいくかどうかは、正直分かりません。
真水での被害と海水での被害は違いますから、やってみないと分からない。
でも、ここで一つ答えを探す事が出来れば、もし、次に似たような被害が出ても、クリーニングで困った人を助ける事が出来るようになります。

このような災害で、こうしてクリーニング屋さんが協力できる事がうれしく思うんです。
みんな、経験した事が無いような問題。
それを、自分たちの知恵を知識を総動員して、何とか解決しようと協力したんですよね。

現在、東北の友人ががんばってくれてると思います。
効果が出ると良いんだけどな。


まあ、出なかったら、また考えればいいわけだし。
その時は、また電話を掛け捲って、みんなで相談をして、いい結果が出るように、考えていくだけなんですけどね。

物資やお金だけじゃない、知恵だって出しますよ。
クリーニング屋さんも総力戦です。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| |

« 一つ、余計に買いましょう。 | トップページ | いさかいをしてどうするんだ? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニング屋の知恵を結集!:

« 一つ、余計に買いましょう。 | トップページ | いさかいをしてどうするんだ? »