« 新品??? | トップページ | 今日は長距離移動です。 »

それ、洗濯のせいじゃないかも?

テレビを見ていて、洗剤のCMを見たんです。

Tシャツの洗い上がりを見て、洗ったときのダメージを説明している。
よれよれになるとか、色が褪せるとか、縮むとか。
色が褪せると言う言葉は、色が薄くなっていく事。
古ぼけた印象になるんですよね。


これが洗濯をしたときのダメージだ、みたいなCMです。

確かにダメージと言えなくもない。
でも、そういいきってしまうのも少々乱暴だと思うんですよ。
もっと、洗濯って奥が深いものなんです。

たとえば、縮み。


洗ったからダメージが出て縮んだかのような話になっていますが、もし、これが正常な状態に戻っているんだとしたらどうでしょうか?
皆さん、着用されていてサイズが買ったときと同じと思っていらっしゃいますか?
これね、意外と違うんですよ。
着用していると体にあわせて服は変形するんです。
体に合うようになります。
そして、体にあった洋服を洗うと、繊維は元に戻ろうとするんですよね。
縮んだかのように思いますが、それは元に戻っただけ、そういう事もあるんです。

また、同じような理屈で製造時の状態に戻っただけ、というのも考えられます。
製造時のサイズを、わざわざ伸ばして仕上げているケースもあります。
あらうと、元に戻ろうとしますから、こちらも縮んだように見える。


縮んだといっても必ず洗濯のダメージとは限らないんですね。

色あせも必ずダメージとはいいがたい。
たしかに、洗ってくると色が褪せてくるんですが、染色に問題があることもあるんです。
濃い、きれいな色合いにあるんですが、本来染まる色以上の染料を衣類に付着させ、鮮やかな色を発色させていることがあります。
ところが、ちゃんと染まっておらず、繊維の表面にただついているだけなので洗ってしまうとその染料は落ちてしまいます。
すると、色が薄くなってしまうんですよ。


また、染色にも等級がありまして、強ければいいのですが、ときに弱いものもあります。
洗うたびに色が抜けてしまうような商品と言うのも存在するんですね。


よれよれも、糸に原因があるのかもしれません。
糸の寄りが甘かったり、生地の取り方が悪かったり。
本来生地は通常たて横、きちんと取るものなんですよ。
だから、縮む方向と言うのは決まっているのが普通。
たまにバイアスといって斜めに生地をとって作っている商品もありますけどね。


一枚の大きな生地から、パターンで服の部品を切り取っていくんです。
すると、作る側はなるべく無駄な事はせず、出来るだけ多くの部品を取りたくなります。
普通はないのですが、ごく稀に、斜めの方向でとってしまうこともあるようです。
その結果、なぜか洗うとよれてしまう服が出来上がることもあるんですよ。

全部がそうでもないですが、このように、洗ったからダメージがあったと決め付けるのはちょっと早すぎると思います。
衣類のトラブルは原因が多岐に渡ります。

洗いが原因なのか。
商品が原因なのか。
着用の仕方が原因なのか。

これらをよく吟味して考えていかないときちんとした答えにはたどり着けないんですよね。

洗剤の違いでダメージがあることもあるんですが、それ以外にも原因があるということを知っていただきたいんですよね。
正しい知識は、生活を楽にします。
ぜひ、覚えて置いてくださいね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« 新品??? | トップページ | 今日は長距離移動です。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それ、洗濯のせいじゃないかも?:

« 新品??? | トップページ | 今日は長距離移動です。 »