« 消費者とのギャップを考える。 | トップページ | コストコ多摩境店来週末リニューアルオープンです。 »

製造元の責任とは?

今日も湯江鍼灸接骨院さんの待合室から更新です。(笑)
早く書かないと順番が回ってきてしまいます。(笑)

衣類をきていると、いろいろな事がおきますよね。
着用中に起こったり、家で洗った時に起こったり、クリーニング屋さんで洗ってもらったら起こったり。

何でこんなになっちゃうの?と不思議に思うことも多々あると思います。

自分の着方が悪かったのか、洗い方が悪かったのか、クリーニング屋さんで失敗されたのか。

原因は多岐に渡るため、必ずこれだとは言えませんが、時には商品自体を疑う必要もあるんですね。


でも、なかなか商品を疑う人は少ないんですよ。

自分が悪かったのかな、と諦めてしまう人、結構いらっしゃると思うんですね。


衣類って、着用して、洗って、また着る。
これがサイクルになって繰り返される商品なんですね。
だから、これらに耐えうる耐久性がなければいけません。

普通にきていておかしくなるようではダメだし、普通に洗っておかしくなるようでも困ります。


逆にいうと、普通にしていておかしくなるものは、商品自体に問題がある、ということになるんです。


着用しているだけで、糸が出てくるとか。
こすれただけで、服の色が他に移るとか。
洗えない商品も問題があるんですよ?

もし、着用されていて、おかしいな?と思ったら、買ったお店に相談して見ましょう。
クレーマーと思われたくないし…、そんな心配は入りません。


相談に行けばいいんです。


着ていてこうなるんだけど、着用の仕方が悪いのかしら?

もしかしたらいいアドバイスをいただけるかもしれませんし、すでに他からも同じ問い合わせをいただいてて、交換してくれるかもしれません。
自分だけがおかしいというのはまずありませんからね。

お店にとっても、お客様からの着用中のお話は貴重な
情報です。
商品に問題があったら、メーカーにフィードバックし、次の商品に生かしてよりいい商品を作る為に生かされます。


ね、決して悪いことではないんですよ。


また、クリーニング屋さんで聞いて見るのもオススメします。
クリーニング屋さんなら商品をみてお客様からお話を伺えば原因がわかりますから。説明してくれるはずです。


当店でも、ご相談に乗り、お客様がその後お店に持って行き交換をしてもらった、という事もありました。


商品に問題があるか不安で自信がなかったんでしょうね。

いつでも構いません、どうぞ遠慮なく相談にきてください。
公平に、平等に判断させていただきます。

|

« 消費者とのギャップを考える。 | トップページ | コストコ多摩境店来週末リニューアルオープンです。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 製造元の責任とは?:

« 消費者とのギャップを考える。 | トップページ | コストコ多摩境店来週末リニューアルオープンです。 »