« 3月11日に神奈川県大和市でクリーニング屋さんのイベントがあります! | トップページ | 部屋にも問題があるような気がしますね。 »

クリーニングってぜいたく品ではなかった昔。

実は、火曜日に配達から帰ってきて、うがいをしようとしたところ・・・・・、ぎっくり腰をやりまして。(爆)
それから大騒ぎをしていました。
多分、と言うか結局首を痛めて、そこの影響が随所に出ていると言う事のようです。
まあ、今年は何が起こっても受け入れるしかないんですが、さすがにここまで続くと自分はなんとも思っていなくても、周りの人がどんどん引いていくんですよね。

それ、なにかあるんじゃないの?と。
お祓いした?とか。(笑)

多分、大丈夫だと思うんですけどね。
続くとどうしても関連付けちゃうんでしょう。


水曜日に治療にいった帰りのこと。
とぼとぼと歩いて帰って着ていたんです。
いつもは車で通っている景色と歩いて通る時って不思議と景色が違います。
流れる景色だったのが、一軒一軒家をよく見るようになって。
なんとなく昔を思い出したのでした。

僕は子供の頃、小学4年生の頃から学校が終わると父と一緒に配達に出かけていたんです。
学校からかえってくると、お店の前に車が止まってましてね、そのまま拉致。(笑)
府中周辺から小金井市、ぐるっと回って稲城の方へ、最後は多摩市へいってましたか。
帰ってくるのが早くて午後8時。
遅いと夜10時を過ぎることなんてざらだったんです。

それだけクリーニングをご利用してくださっていたお客様が多かったんですよ。


なんとなく、歩いていたときに、そのときの風景に似ているなあなんて思っちゃいましてね。
あの時は子供だったから気付かなかったけど、クリーニングをご利用してくださっていた人たちって、収入とか富裕層とかそういうのは関係なかったんだなあと改めて気付いたりしたんです。

服を洗う、と言う事は当たり前の話でした。


身だしなみを整えると言う事かもしれませんが、どこかに出かけるときはきちんと洗ってきれいなものを着ていくとか、帰って着たら洗ってしまうとか、それは当たり前の話。
父に連れられて配達でお客様のお宅へお伺いしたときも、どこそこへ出かけるから洗わなきゃ、と言うのが当たり前の話で会話に出ていましたからね。

スーツを着ている人たちばかりがクリーニングをご利用していたと言うわけでもないんですよ。


いわゆる土方の人たち、建築現場で働くような人たちもクリーニングの集配をご利用されていました。
もちろんスーツなんてほとんど出ませんが、ズボンやジャンパーなど今に比べてこまめに洗っていましたね。


僕は、常々考えているんですが、クリーニングってぜいたく品と言うイメージであってはいけない気がしているんです。

一部のおしゃれな人たちがご利用するのではなく、富裕層だけがご利用するのではなく、皆さんが必要としてご利用していただくのが理想だよな、と思っているんですよね。
で、多分それはクリーニングの利用と言う事ではなく、今段々と失われつつある、身だしなみと言う言葉や、きちんとした生活、文化的な生活へと繋がっていくのではないかなと思っているんです。

昔は良かったね、といってるんじゃないんですね。
今、生活をしていて、どうなりたいのか。
皆さんうすうすと感じていて、どこか時間に区切りのないだらだらした生活になってしまっている、と思っていると思うんですよ。


特にお子さんをお持ちの方は、育てる中で色々なものを教えてあげたいと思っているはず。
一見、窮屈そうな話ではありますが、人としてとても大事な話、だと思うんですね。
景気の話含め、普通にこういう生活が出来るような世の中になっていって欲しいなあと切に思いました。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« 3月11日に神奈川県大和市でクリーニング屋さんのイベントがあります! | トップページ | 部屋にも問題があるような気がしますね。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニングってぜいたく品ではなかった昔。:

« 3月11日に神奈川県大和市でクリーニング屋さんのイベントがあります! | トップページ | 部屋にも問題があるような気がしますね。 »