« ぽつんと一人。(笑) | トップページ | いつも雨。 »

サービスも色々、ですね。

昨日は、府中の眼鏡屋さんへメンテナンスへ行ってきました。
友達は僕だけといいますが、仕事上汗をかきやすいのでめがねのねじが傷んで来るんです。
また、子供たちが血気盛んですから、顔の上に平気で乗っかってきたりすると、簡単にゆがんでしまうんですね。

定期的に顔に合わせて修正していただかないと、周りがゆがんで見えて頭まで痛くなってしまうんですよ。
メガネの定期的なメンテナンスは僕には必須。


昨日は割りと混んでいまして、沢山の人がメンテナンスに着ていました。
お年寄りが多かったかな?
また、体の不自由な方もいらっしゃったようです。
少々お待ちください、と店員さんいいわれ、椅子に座ってボーっとしていたんです。

眼鏡屋さんって、前から思っていたんですが、物凄く丁寧ですよね。
言葉使いを始め、立ち振るまい、着ている服、髪型まで神経を使っています。
今はメガネも安くなって、レンズとフレーム込みで2万円を切る商品もざらになって来ているんですよ。
一人の足の不自由なおばあさんがいたんですね。
で、メンテナンスが終わって、帰ろうとしたときに、タクシーを呼んだみたいなんです。
すると、メガネやさんの店員さん、タクシーの運転手さんに丁寧に挨拶をして、おばあさんの手をとり、タクシーまで連れて行ってあげて、運転手さんに、よろしくお願いします、と言っているんです。

はぁー、すごいもんだなあと思いまして。
感心していたんですね。


で、ふと思ったことがあるんです。
サービスって何だろう、と。

というのもね、最近歩いていてよく聞こえてくるんですが、あそこの店サービス悪いよね、とか、対応悪すぎ、とか、よく聞くんです。
何かしらの不手際なのかな?と思っているとそういうわけでもない。
言葉の使い方がなってない、みたいな事が多いようなんです。


かと思うと、結構ぶっきらぼうにお客様と応対しているお店が繁盛をしていたりします。
まるで友達のような口ぶりだったり、いや威張ってない?と言う感じのお店だったり、細かいことまで口うるさく指示するお店だったりします。


でも、誰も怒らないで、逆に楽しんでさえいる。


多分、両者にはどこか共通しているところがあり、お客様はそこを敏感に感じ取っているんだと思うんですよね。
でも、中々その違いが分からない。
本当に難しいと思います。

以前ね、同業の仲間に、クリーニング屋さんが目指すサービスはホテルマンだ、と言われた事がありました。
最近、そういうような丁寧なクリーニング屋さんも出て来ています。
ビシッとしたスーツを着て受付をしているお店や、白衣を着ている人もいます。
お客様との応対も、物凄く丁寧なお店もありますね。


そういうところも求められていると思うんですが、もっとクリーニング屋さんってお客様と身近なんじゃないのかなとも思うんですよね。
その理由は、衣類の総合メンテナンスをしているから。

表現悪いですが、第二のお母さんなんですよ。

クリーニングに出た品物を、きれいにするだけじゃなく、ほつれていたら直したり、ボタンをつけたり。
本人が気付かないようなところをちょちょっとやってくれるなんて、お母さんの仕事と同じだと思いませんか?
ビシッとした受付でももちろんこのようなサービスをやってくれます。
でも、こう、なんと言うか・・・・・、もっと温かいものでもいいんじゃないのかなって思うんですよね。

クリーニングってその人が着ていた品物を洗いますからね。
僕ら、服として扱うと言うよりは、○○さんの服、と言う風に持ち主まで想像しながら仕事をしているんです。
だから、お互い人となりが分かるような、そんなつながりでもいいんじゃないのかなって思うんです。


メガネやさんのようなサービスはとても気持ちがいいです。
でも、それと同じくらい、なじみの定食屋さんなんかで、おばちゃんと楽しく話しているのも気持ちがいいものだと思います。

クリーニング屋さんはそのどっちにもなれる可能性があると思うんですよね。

皆さんが望むサービスはどちらでしょう?

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| |

« ぽつんと一人。(笑) | トップページ | いつも雨。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

boriboriさん、こんにちは!

>第二のお母さんなんですよ。

思わず納得してしまいました
地域性(関西)やお客さんにもよりますが、私は会話のキャッチボールができるほうがいいな…と思うのです。

先日、馴染みのないクリーニング店にお気に入りのYシャツを持って行ったところ、受付で「糊付けされますか?」と聞かれました。
私はYシャツは糊付けするのが当たり前だと思っていたのでビックリしたのですが、受付でこういう会話があるのはいいな~と思ったのです。

「糊付けは固めがよろしいですか?柔らかめがよろしいですか?」
「夏が近づいてきたので、糊付けを固めにしたほうが見た目格好よくみえますがどうされますか?」(←格好よく見えるのは定かではありませんが、固めにすることのメリットを教えてもらえると嬉しい)
「セーターは○○回着用を目安にクリーニングに出していただくと長持ちしますよ」
などの情報提供をしていただくと私は嬉しいです。

お母さんと信頼関係を築くまでは会話は必要だと思います(^_^)
単に私が話し好きのおばちゃんだから??

投稿: 今日もイキイキ | 2012年5月 2日 (水) 11時38分

今日もイキイキさん、まいどです。


やっぱり、第二のお母さん、いいですよね。(笑)
デパートのようなサービスもありですし、町の商店街の活気ある対応も好きです。
生活に密着している、と思うと、後者のほうが僕はあっているような気がするんですよね。

でも、人によってはこれがお客様に媚びている、と取られるようで・・・。
商売には色々な形態があってもいいのに、認められないというのはなんともさびしい人です。


お客様との会話のキャッチボールには色々な情報が含まれています。
その中でこうしていい風に受け取ってもらえるとお店の人はうれしいでしょうね。
受付冥利に尽きると思います。


仕事って不思議で、お金をいただいてやっているんですが、やっているうちにそれとは関係ないところでお客様のため、という思いだけでやっていることがしばしばあります。
お客様へのアドバイスも、実は本当に心配していたり、お客様に有益になると信じて話をしているんですよね。

で、心から思っていることはお客様に伝わっていると思います。

やっぱり、こういう関係、いいですよね。

投稿: boribori | 2012年5月 4日 (金) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サービスも色々、ですね。:

« ぽつんと一人。(笑) | トップページ | いつも雨。 »