« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

群馬の夜。

先週土曜日の夕方から、群馬の田舎へ行ってきました。

群馬、暑いのと予報では雷雨となっていたんですよね。

今年は各地で災害も起きていますから、ちょっぴり心配。
でも、高速は割りと順調に進んでいったんです。

ところがと言うかやはりといいましょうか、群馬に入る辺りから雷がゴロゴロ。
雲行きも怪しいなと思っていると、物凄い土砂降りが。(>_<)
前も見えないほどの大雨です。
高速を走っているほかの車も、速度が一気に落ち始めます。
そりゃそうですよね、テールランプしか便りにならない状態では速度を出すのはとても危険。

10分ほど走ると大雨の地点は抜けたようで若干小ぶりに。
伯母さんの家で止まる予定だったんですが、その前にお風呂に入ってからいこうとしていたんですよ。


渋川伊香保インターを降りると、雨はほぼなし。
これは大丈夫かな?と思っていると、やはり走っているとぽつぽつと雨が。
もしかして雨が僕らを追いかけてきているのでは?と思っていたら、案の定先ほどと同じくらいの大雨。
で、それでもとりあえず走っていたんですが、物凄い恐い思いをしました。


温泉に行くには坂道を登っていかなければなりません。


その坂道が、川になっている。(>_<)


急な坂を流れ落ちてくる川・・・・・、半分滝ですよね。(爆)
そこを上がっていかなければ入れない。
田舎のお風呂なので営業時間も短くて、雨がやんでからと言うわけには行かない。


意を決して、滝を・・・いや坂道を登っていったんです。

今年、テレビでよく見ましたよね?
洪水の中走る車。
まさにあれと同じ。
僕の車が水をかき分けて走っていくんですが、両脇に水が飛んでいくんですよ。
今思うと良く走れたなあと思います。
水で坂道を流されなくて良かったなあと。
それほど凄い豪雨だったんですね。

そうこうしている内に、温泉に到着。
駐車場をほんの数十秒歩くことさえままならず、入り口で子供たちを下ろします。
お父さんはね、ほら濡れても平気だから。(笑)


いつもなら景色のいい露天風呂でゆったりするものの、この日だけは誰も露天には行かず。
カミナリがピカピカ光っているのを眺めながらのお風呂でした。


お風呂から上がっても、雨はやまず、少し弱くなるのを待つことに。

ここで待ったことが次の展開へと進んでいきます。(笑)
続きは明日。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばしっ!

土曜夜から田舎暮らしです。(笑)
まだ夏休みじゃないですよ。(笑)


群馬のおばさんの家にお邪魔してました。
田舎ですから、当然ハエがいます。
うちの子供達、ハエが珍しいらしい。
そうか、こういうのを都会っこというんだな。(^_^;)

お父さんのすごい所を見せてやろうと、ハエたたきを借りまして、ばしっ!っと一発。

逃げられました。(; ̄ェ ̄)

都会のハエと違い、ハエたたきを見るや否や逃げて行くんですよ。
こいつら、慣れてやがる…、と思っていた矢先、小学校一年の次男がばしっ!っと一発。

見事にやっつけるんですね。
お父さんの面目丸つぶれです。(´・_・`)

その後、次男によっておばさんの家に平和が訪れました。
まさか、全部やっつけるなんてね。

これも経験かしら。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お礼と視察。

1343537509881.jpg

こんにちは。
今日は群馬県のたんばらラベンダーパークに来ています。

今日の目的は、ずばり、お礼と視察です。

魔法使いアキットくんのショーがありまして、先日の神奈川県大和市での『クリーニング感謝祭』のメンバーと見に来ているんです。

大和市でのイベントのお礼と、来年へ向けての視察と。


動き出しましたね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

説明は大事!でも・・・・・。

最近病院に縁があります。(笑)


よく、クリーニングは衣類のお医者さんだ、と言う話を聞きますが、サービスを提供している側なので意外と自分たちのことがよく分かっていないと思うんです。
自分がこうしてお医者さんに通うと、どんなものがいいもので、どれがあまり良くないのか肌で感じる事が出来ます。


確かに通っていると、クリーニングと似ている部分って多いんですよね。
特に説明の部分や、診察をする部分は似ている・・・・・、でも決定的に違うのは、服は何も話さない、と言う事。
人間のお医者さんのように、質問をしても服は答えを返してくれません。
持ち主であるお客様は状況などは説明していただけますが、苦しいとか、つらいとかどの辺がおかしい、などと言う事は当然服は言わない。(笑)
似ているけど、この部分はクリーニング屋さんって大変かも?と思いますね。


やはり、大事なのは状況を聞くことなんだな、と。


症状を聞いて、診察をして、プロですからお医者さんもこの時点で大体の病名は見当がつくと思うんです。
でも、そこで止まってしまっては二流なんですよね。
本当のお医者さんは、あたりをつけつつ、患者さんに細かい質問をしてくる。

要は、そこに行くまでに何かしませんでしたか?と言うような質問です。

何か薬は飲んでいないか。
夜更かしはしていないか。
運動不足などはないか。
食べ物が変わったとかないか。
環境が変わったとかないか。


もしかすると、病気とは一切関係のない情報かもしれませんが、全ての事を総合的に判断するのがいいと思うんですね。


で、これってクリーニングも一緒なんですよ。

お客様が品物を持ってきていただいて、見れば汚れているのは分かります。
汚れていますね、では洗いましょう、で済むものもありますが、中にはそれですまないものもあります。


たとえば、とてもデリケートな服の場合。

強く洗うことが出来ないケースなどでは、汚れた状況などを聞く事があります。
それが仕事中でなったというならどんな職業か聞くこともありますし、具体的な仕事の動きまで聞くこともあります。
僕らの頭の中で、どうやってこの服が汚れていったのか、想像出来るようになるまで質問をすることもよくあるんです・・・。


また、説明が物凄く大事なのはお医者さんも僕らクリーニング屋さんも一緒。

ただ、その説明の方向性がもっとも大事だな、と言うことに今回気付きました。


危険性ばかりを訴える説明は、聞いていて嫌なものです。

汚れているから、病気だからきれいにしてもらうために、治してもらうためにきているのに、危険性ばかり訴えられても何の進展もありません。
前向きな話ではないんですね。


これは危険です、あれは危ないです、では、話にならない。
これはクリーニング屋さんでも似たような話を聞きます。
要は万が一のクレームを考えて、予防線を張ってしまうんだと思うんです。


でも、本来必要なのはそんな予防線ではなく、どうやってきれいにしていくか、治していくか、と言う事。
その視点があれば、同じ説明でもお客様の心に届くんだな、と、今回感じました。


商売をやっていると、なかなかお客様の立場にならないので、分からないことが多いんですが、本当にいい経験。
自分が客になって始めて感じる不安や安心感が分かった事は今回大きかったですね。

分かった事は実践していかないと。


これからまた当店での説明が少し変わるかな。
いい風に変えていけるように頑張りますね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと言葉が足りませんね。(^^;;

クリーニング屋さんの言葉って少し足りない気がするのは僕だけでしょうか。


ネットで色々な人が情報を発信する事が出来るいま、当然クリーニング屋さんも様々な情報を発信しています。
洗濯の豆知識だったり、繊維の情報だったり、ブランド物の話しだったり。
クリーニング屋さんならではの情報を発信しているんですよね。

実はあまりクリーニング屋さんが発信しているものは見ないようにしているんです。(笑)
その理由は、本当はお客様に見ていただきたいのに同業者が見るのはどうなのかな、と思うから。
また、不用意にアクセスをしてしまい、アクセス数が増えるのも変な期待ばかり上げるようで違うんじゃないのかな、と思うんです。
消費者の皆さんに見てもらいたいと思っているので、アクセス数は消費者の方だけを純粋に知りたいはずですしね。


そんな中、調べ物をしていると不意にクリーニング屋さんが書いているブログを見ることがあります。
申し訳ないな、と思いつつ、見ちゃったものは仕方がないので読むんですね。(笑)
すると、意外な事に気付くんです。


ああ、言葉が足りないなあ・・・・と思うことが多いんですよ。

先日も物凄いいいことが書いてあるブログに出会い、凄いなこの人・・・・と思っていたら、あらら、残念、と思うことがいくつか。


たとえばこんな表現があるんです。

汚れていません。


汚れていなければ洗う必要はありませんよね。(笑)
汚れてはいるんですよ、でも、クリーニング屋さんが言うところの激しい汚れではないので通常のクリーニングでいい、と言う意味なんです。


事故を起こさないように洗う。

当たり前ですよね。(笑)
というか、これ聞くと洗うってそんなに恐いものなの?と思う人も出てくるかも。
クリーニング事故って確かにありますが、本当に稀な話なんですよ。
ただ、クリーニング屋さんの側からすると、たとえ一件のクリーニング事故でも、たかが一件の事故にはならないんですよね。


預かり品ですから、お客様の物。

お金で解決するものばかりではないし、何よりもお客様の心情を考えると本来は起きない方がいいものなんですね。
ですから、本当に稀なものでも、起こしちゃいけない!と言う思いからついそういう表現を多く使うようになってしまうんです。

本当にいいたいのは、事故を起こさないように洗う、ではなく、きれいに洗う、だと思うんですよね。
きれいにするのが当たり前すぎて、つい言葉を端折ってしまうんだと思います。

こんな感じで、クリーニング屋さんの話って所々言葉が反対だったり、足りなかったりする事が多々あります。
本当は一生懸命、丁寧に仕事をしている事を知っていただこうと書いているはずなのに、それがきちんと伝わらないのはちょっとさびしく思いますね。


今、こうしてネット上に出てきているクリーニング屋さんは、お客様とクリーニング屋さんの間の架け橋を作ろうと一生懸命です。
ぜひ、その思いが皆さんに届きますように。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総合的に判断して。

先週の土曜日、いつものように接骨院へ行きました。
入った途端、先生の様子が変わったんです。

工藤さん、おかしいよ?
すぐ病院へ行ってください。


いつものように接骨院に行き、ゆがみを治してもらおうと思っていたのに、入ってすぐですからね。
こちらも少々面食らっていたんです。
で、いつものようにこちらから質問攻め。(笑)

どこがおかしいんですか?


すると、ここがおかしいとはっきりといってくれます。
僕ら素人では分からないようなちょっとした変化に気付いてくれたんですね。
ただ、専門ではないので一度検査してもらってください、との事だったので、月曜日に内科へ行ってきました。

先生、ビンゴ!
凄いですわ、本当に・・・・・。
病気といいましょうか問題が見つかりまして治療をすることにしたんです。


火曜日、接骨院の先生に報告もあるので行って来ました。
先生、何でおかしいと思ったの?具体的に悪いのが分かったの?
また質問攻めです。(笑)

すると、先生、こういうんですね。


専門ではないのではっきりとは分からないけど、おかしいのはわかる。
通常こうでなければいけないものが違うんだから体に変化が起きている判断をする。
それがむくみだったり痛みだったり、色々なところから判断をしている。


さすがだなあ・・・・・、ここに来るといつも見透かされるのでうそはつけないんですよ。
筋トレをサボっていれば一発で分かるし、寝不足なんかも分かるし、ある患者さんは手術をした経験があるというのを話してもないのに言い当てられたり。


骨の矯正だけ見ていれば言いというわけではない。

きっとそういうことなんだと思うんですね。
体がおかしいのには原因があるし、内科的要因なのか外科的要因なのかにも寄るんでしょう。
薬の影響もあったりするそうです。
そんな微細な変化も見逃さずに見つけてくれるって言うのは本当に心強いと感じました。


クリーニングに置き換えると。

洗いやしみ抜き、仕上げだけではクリーニングは勤まらないんですよね。
やはり総合的な判断が必要。


汚れを落とす知識はもちろん、繊維の知識、生地の知識、縫製の知識、染色の知識、販売に関する知識も要求されるんですよ。
ブランドの勉強をされている方もいらっしゃいます。
軽くですけど、お客様の体の状態や飲んでいるお薬の事なんかも影響する事があるので知識として調べたりする事もあります。

こうして、複合的な知識を総動員してきれいにしていくんだよなあと改めて思いました。
同じようなものでも、変化に気付き対応する、今回と同じ話ですね。

クリーニング屋さんも衣類のお医者さんなんですよね、やっぱり。
もしかすると、衣類とのお付き合いではなく、お客様の衣類のメンテナンス係なのかもしれません。
そういえば、昔はお客様と服の話をよくしてましたっけ。


こういう服がいいよね、とかこれは長持ちしないよ、とか。
その上で、今回はこういう洗いをしておくけど、そんなに持たないから次回はこういう洗い方で。
来年はこの服ももうお役ごめんね、なんていう会話もしていました。

原点回帰、と言う事なのかもしれませんね。
お客様とクリーニング屋さんがより親密に。
そうなっていくと嬉しいですね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛍光するシルク。

昨日、湯江鍼灸接骨院さんの待合室にいたときに、iphoneで色々と遊んでいたんです。
この時間、メールを打ったり、ブログを書いたり、調べものをしたりしているのですが、特にやる事がない時はぶらぶらとネットサーフィンをしているんですよね。
結構面白いものをよく見つけます。(笑)
昨日見つけたのが、こちら。


蛍光するシルク。

シルクが何の加工もなく蛍光するんだそうです。
蛍光ですか自ら光を出すというのではなく、何かの光に当てられて光を出す・・・・ブラックライトに当てられて青白く光るというものに近いと思います。
読んでいると、実に繊細。
うちは群馬でおばあさんが繭から絹糸をとっていましたから、シルクの作り方というのを知っています。

シルクってね、繭をゆでて柔らかくして取り出すんですよ。
繭自体、一本の糸で出来ているので、お湯につけて柔らかくしてから糸の先端を見つけ取り出す。
大変な作業なんですよね。
この蛍光するシルク、通常の取り出し方をすると蛍光をしなくなるらしく、違うやり方をしなければいけないらしい。

もしかすると、アイロンもかけられないかもしれませんね。

かなり低温なので、しわが出来たらアウトかも。
でも、ちょっとわくわくします。
出来ない、という商品に対してどうすれば出来るようになるか考えて、出来たときの喜びは言い表せないほどのものですからね。


昔僕がクリーニング学校に通っていたとき読んでいた本に、実は似たような話しがありました。
シルクって養蚕といって育てたものから取っているんですが、ごく稀に天然の繭から取り出すシルクというのがあってそれはうっすらとグリーンなんだそうです。
で、それに近いものを作ろうと、蚕の段階から色をつけたり餌を変えたりして、繭に色をつけるという技術があると聞いたことがあるんです。
一度、見学に行きたいな・・・・と思っていていけてないんですが、本当に凄い技術ですよね。


繊維の世界の技術の進歩も計り知れないものがあります。
シルクでさえこれですから化学繊維なんかも半端ない進化を遂げているんでしょうね。

クリーニング屋さんもうかうかしていられません。
勉強しなきゃ。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がやが屋さん、オープンです。

うちの前の道路、信号の向かいの所のラーメン屋さんがやめてからなにやら工事をしていました。


先日、ご挨拶に来たのは、焼き鳥屋さん。
今度オープンするといいます。
名前をがやが屋。

1343128048370.jpg

今日、オープンしてました。
早速、たくさんのお客様が入っていたようですよ。


また、向かいの山長さんがあったところにも新しいお店が出来るようです。
こちらも焼き鳥屋さん。


中河原に一気に焼き鳥屋さんが増えますね。
新しいお店が出来るのはいい事だ。


今度、食べに行って見ましょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野から友人が来てくれました。

昨日の日曜日、各地でクリーニング屋さんのセミナーがあったようです。
クリーニング屋さんって本当に勉強家で、こうしたセミナーにものすごい人が集まるんですよ。

僕な諸事情により今回は参加しませんでした。


長野から友達も来ていたようなんですね。
それをFacebookで知りまして、茶々をいれていたんですよ。

なんだ、東京にくるのに連絡もないのか?寄ってくれないのか?寂しいじゃないか、と散々遊んでたんです。

すると、セミナー終了後、その友人からメールが。いま、こっちに向かっているといいます。!(◎_◎;)

お台場でやってて帰りの事を考えると、ものすごい無駄じゃないですか。
いや、さっきのは冗談だからと、言ってたんですけど、よるつもりだったと。

本当に嬉しかったですね。
セミナーの終わったあとは懇親会などもあるし、そっちで話したい事もあったろうに。


本当にありがとう。

1343018022350.jpg


またよってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな陽気では体調も悪くなりますね。

梅雨、明けましたよね?


何でしょうか、東京のこの寒さは。
今朝なんて、16度ですって。
ここ数日の気温の低さは、過ごしやすいといえば聞こえはいいですが、少し寒すぎるような気がしています。


お客様も体調が悪いという人が結構出ていまして、やはり陽気って大事だなあと思いますね。


かくいうわが屋も病人続出。
先週より子供たちが順番に夏風邪にやられていきました。
今日も、長女はものもらいになってしまいまして痛々しい。
他の子供たちも、涼しいはずなのにとてもだるそうです。


明日から気温が幾分か戻るらしいですが、この陽気の変化、皆さん十分お気をつけくださいませ。
元気が一番ですよね・・・・・・、と自分にも言い聞かせつつ。(笑)
遅い更新でした。


おやすみなさい。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同じ素材でも。

昨日、友達と電話をしていたんです。


地方で大きなクリーニング屋さんを経営されていて、仲良くさせていただいています。
僕が地方へ行ったときはお邪魔しにいくし、彼がこちらへ来たときには会いに行くし。
規模の大小関係なく、遠慮なく話せるいい友達なんです。


今回、彼と話していて、そうだよなと思ったのが、受付での話。


受付をしていて新人さんに、素材の違い、商品の違いって中々教えられないよね?

という話になったんです。
これ、不思議に思うでしょうか?
素材はある程度決まっているし、違いが分からないってどういうこと?と思うかもしれません。
素材の違いは、素材表示を見れば、分かるし、ある程度の勉強で何とかなるんです。
問題はその先の話。


同じ素材でも、織り方や作り方、厚みや柄、デザインなどで、危険度がかなり違うんですよ。
で、これは教えようと思っても教えられないんですよね。
僕らは分かるんです。
経験もあるし、それこそ痛い目にもあってきました。
だから、なんとなくですが、感じるようになるんです。

ところが、これと同じ感覚を養おうとすると、相当時間がかかるんですよ。
数年じゃすまないんじゃないかな。

洋服って数え切れないほどのメーカーさんが販売しているじゃないですか。
その都度新しいデザインや色などが出てきて、一つ一つ覚えるなんて正直出来ないんです。
でも、経験からこれは危険だぞ、とかこれはいけるな、というのは分かるようになるから不思議な話なんですよね。

で、今回の電話で、それをどうやって教えられるか?と延々と話をしていました。
結果は、難しいなで終わったんですが、自分たちはどうやって判断をしている?どこで見極めている?何か規則性はないかな?などなど、色々な話をしてましてね。
一時間ほどしてたでしょうか、結論は難しい、でしたけど、そこに行くまでのプロセスはとても大事ないい話だったと思います。


やはり、クリーニングってどこか職人の所があるんですよね。


受付一つとっても、簡単には出来ない。
覚えることも沢山あるし、その覚えたことと想像力を動員して知らないものにも対応していかなければいけません。

表示は同じ素材でも。


扱い方はみんな違う。
だから、大変だし、やりがいのある面白い仕事なんですね。


いつかこの悩みも解決するときが来るのかもしれません。
たとえ、今出なくても、ね。
こうして僕らは15年も前から色々と話し合い、解決をしてきたんですから。
これからもきっとこういう話し合いは続くと思います。


年に数回のこの電話が僕は大好きなんですね。
昔は、もっとこういう話しをする人がいたんだけどなあ。
今は減りましたね・・・・・、みんなどこにいったんだろう?
また、集まりたいな・・・・。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリーニング代を減らす工夫。

昨日の晩、こんなものを見つけました。


クリーニング代を減らす工夫。

こんなご時世です、節約をしたいのは当たり前。
電気代は上がり、節電で仕事も早く終り、手取りも減ってくる。
当然クリーニング代だって少ない方がいいですよね。


読んでいると、なるほどなと思うところもあります。

服を買うところから注意しよう。

素材をよく見て買うことはとても大事です。
また、デザインも自分で洗えるかどうかの目安になりますから、よく見ることが大事。
買うときに気を使うとそれだけでクリーニングは減るでしょうね。


アウターはブラッシングをする。

これも正解。
直接肌につかないアウターは、ホコリなどの汚れが目立ちます。
家に帰ってきてからのこまめなブラッシングはとても有効なんです。

ここまでは良かったんですが、次からがあまりよろしくない。

カシミヤやアンゴラなど、普段着で使っている服は、クリーニング屋さんに普通と同じで、と言うと安くなる、と書いてある。

誰だ、こんな間違った情報を書くヤツは。(~_~;)

カシミヤやアンゴラのクリーニング代が高いのは、普段着だからとかおしゃれ着だからとかそういう問題ではないんですよ。
ここ、かなりまずい話なので、よく覚えて置いてくださいね。

クリーニング師の方が見れば、一発で分かるので洗うのも問題ないですが、アルバイトやパートさんが受付をしている場合、お客様のこの言葉を信じて、デリケートな扱いをしなければいけない服を、普通に洗うように指示を出してしまうかもしれません。
その場合どういったことが起こる可能性があるか?

縮みや固くなるなど、素材の柔らかさがなくなる可能性があります。

カシミヤやアンゴラなどは、その柔らかい素材をそのままの状態で洗うのにとても大変な素材なんです。
分かりやすく説明をすると、柔らかい素材なので、他の素材と一緒に洗うとカシミヤやアンゴラの生地が負けて毛羽が立ったりします。
それを避けるために、通常十数点で洗うのを一着だけで洗ったりしているんです。


これがコストがかかる原因の一つ。


一階の洗浄にかかるコストを、十数着で負担するか、一着で負担するかの違いです。


他にも色々あるのですが、要は風合いを維持するために必要な事をしているんですね。

普段着として使っているといって、固くなったら嫌でしょ?

普段着だからって、毛羽立っていたら嫌でしょ?

毛羽立たないように洗うために、固くしないように洗うために、カシミヤはカシミヤを洗うように、アンゴラはアンゴラを洗うように、しなければいけないんですね。

普段着なので、普通に洗ってください。

これは、決してクリーニング代の節約にはなりません。
ともすれば、着たくなくなる可能性も出てきてしまいます。

衣類の情報はきちんとクリーニング屋さんに伝えるようにしましょう。


途中まではいい事を書いてあっただけに、最後に来て、こんな内容を書くなんてとても残念でした。
節約をするのなら、ちゃんと正々堂々としなくちゃ。

本当に恐いですね、ネットの情報は。
やっぱりちゃんとした情報を発信しないといけないな。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水で洗うのって普通じゃないの?

クリーニング屋さんが水で洗うのが大変だというのが、消費者の皆さんには意味が分からない、という話を聞いたことがあります。

一般の方は水で洗うのが普通で、逆にドライクリーニングの方が普通じゃないんですよね。
自分たちも洗っている水洗いが何でそんなに大変なのか?不思議に感じるのかもしれません。


クリーニング屋さんでも、普通に水洗いをしています。
問題なく出来る製品と問題なく出来ない製品があるんですよね。

問題のある製品・・・・・、洗うと色が出てしまうとか、縮んでしまうとか、形が変わってしまうとか。
商売でやっているので、ただ洗ってあればいいというわけではないということも、ハードルを上げている理由の一つだと思うんです。


水で洗うとどうしても変化が出ます。
それを、最小限に抑えつつ、汚れも落とす。
ここがクリーニング屋さんの水洗いなんですよね。

また、洗うのだけが大変な理由でもないんです。
皆さんも、自分で洗うことは出来ても仕上げに苦労している、そんな人は多いと思うんですね。
だから、いま、洗いざらしを着ている人が本当に多いんです。
色や柄、デザインはとてもきれいなのに、しわくちゃのまま着ている人って結構いらっしゃいます。
素材を見ると、ポリエステルなどで自分でも洗えると判断して洗ってしまうのだと思うのですが、その後仕上げが出来ないんでしょうね。


実はこれはクリーニング屋さんも同じ苦労をしているんですよ。
先ほども書きましたが、水で洗うとどうしても変化を起こします。
それを、洗いで最小限に抑えるんですが、その後、仕上げで元通りに仕上げるんですね。
この大変さはドライクリーニングで洗ったものと比べると数倍以上の大変さなんです。


スーツを水洗いして、仕上げるとクリーニング屋さんでも一着仕上げるのに数十分からともすれば1時間ほどかけて仕上げることもあるんですよ。


これがクリーニング屋さんが水洗いは大変だというもう一つの理由。


やっぱり、プロですから。
商売でやっているので、ちゃんとして返さないといけない分、仕事に手間ひまをかけるんですね。


クリーニング屋さんが水で洗う、と言ったからといって、じゃあ自分で・・・・と思わないでくださいね。(笑)
もし、お客様がご自分でも出来るようなものだったら、クリーニング屋さんははっきりとお客さんでも出来ますよ、といいますから。
もし、そういわれないで、水洗いをする、といった時は、相当難しい洗いもしくは仕上げだと思ってください。

言葉って難しいですね。
難しい水洗いでも、お客様が出来る水洗いでも、同じ水洗いという表現なんですから。
何か使い分けるような言葉はないですかねえ?

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あら、お急ぎですか?(笑)

みなさん、クリーニング屋さんにはどらくらい滞在されるでしょうか?


ある大手チェーン店では、お客様は一分一秒でも早くお帰りいただけるように出来るだけ早くしている、と聞いたことがあります。
当店はというと、比較的皆さん滞在時間が長いんですね。(笑)
品物を出して、すぐ出て行ってしまう人ももちろんいらっしゃいますが、大体のお客様が、品物を出してから少しお話をしてから帰っていかれます。
中には、数時間いらっしゃるお客様も。
わたしが配達へ出かけるときにいらっしゃって、数時間後に配達から帰ってきたら、お店でうちの母と話をしていた、なんていう事もしばしばあります。(^^;;;


無理に引き止めているわけではないし、お客様も話したいことがあるんでしょうから、うちとしては大歓迎なんですけどね。

むかしは、クリーニング屋さんだけでなく、どの業種でも皆さん話をしましたよね。
八百屋さんなんかはいい例で、買い物へ行くと、世間話から入り、今日のおすすめの話をし、買って帰る。
その間、体の話や、地域の話など、沢山の話をしていったものです。


いわゆる、商店というヤツですね。
いまは、コンビニやスーパーに代表されるように、お客様とお店側が会話をしなくても済んでしまいますからね・・・・・・、若干味気ない気もしますが。

昨日、夕方Yシャツを仕上げ始めた頃の事。


珍しく立て続けにお客様がいらっしゃったんです。
うちのお店でお客様が並ぶということはありません。
それが、なんと3人も並んでいる。
たまたま何でしょうが、タイミングが合ってしまったんでしょうね。


一人一人、受付をしていきます
すると、いつもならあわてている様子のないお客様が、今日はそわそわしている。
急いでいるのかな?後ろを気にしているのかな?と思っていると、すぐさまお帰りになられたんです。


次のお客様の応対をしていると、こちらもまたそわそわ。
やはり何か急いでいるような感じで、Yシャツを引き取られると、すぐさま帰っていかれました。


これまたうちとしては珍しいパターン。
どんなに急いでいても、こんなにあわてて帰るなんてあまり見たことがありません。


そして、最後のお客様。

なんとこのお客様も、そわそわしています。(笑)
後ろには誰もいません。
何か用事があるのかな?と思っていた矢先、原因が判明。


お店の中が暑かったんですね。(爆)


僕らはこの中で仕事をしているので気付かなかったんですが、外からいらしたお客様にとっては、びっくりするような暑さ。
ちょうどYシャツを仕上げていたので、熱風も外に向かって出ています。


そうか、だから皆さんこの場から一刻も早く出たかったんだな、と納得。


で、そこに気付いて上げられなかった事に申し訳なく思いました・・・・・。

本当にすいません。

いつもあんなに凄く暑いわけじゃないんですよ。
昨日は、梅雨明け直後の気温と、たまたまタイミング悪くYシャツを仕上げはじめてしまったので、一気にお店の中の気温があがってしまったんだと思います。

次回は、今回ほど暑くはないと思うので(笑)、またいらしてくださいね。


本当にこの時期は申し訳ないですね・・・・・。
もうちょっとお店が広くて、カウンターと仕事場を分けられたら・・・・・。
そうしたら、お客様の所だけでもエアコン入れられるんですけどね。
本当にすいません。m(_ _)m

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

時間調整。

今日の暑さはやばいですよ、皆さん。
シャレになっていませんね。


配達に出てて、こんなに汗が吹き出した事はないですもの。
いつもと違うなあと思っていたらつい先ほど、関東地方の梅雨明けが宣言されました。
これからまた暑い日々が続きます。

いま、配達の途中で、休憩してます。
お昼に重なったので、お客様の休憩時間に重なりますから時間調整です。

この写真からも暑さがわかるかしら?
じっと待ってます。(笑)


1342496717048.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつ電話が入った?

先日、テレビで、となりのトトロが放送されていました。
うちの子供たちも何度も見ているはずなのに、録画までしましてね。
昨日も朝から何度も見ていましたっけ。

よく見ていると分かりますが、この映画は古い日本の話。
着ている服とか家とかはどこか現代っぽいのですが、出てくるもの、風景は古きよき日本のままです。

そんな中で、ふと面白い事を思いました。
めいがいなくなり、電話を借りてお父さんの所へ電話をするシーンがあります。

うちの田舎っていつごろ電話が入ったんだろう?

となりで横になっている母を起こしまして、質問してみたんです。
いつごろ電話が入った?と。

すると返って来た答えが、大人になってからしばらくして、との事。
自分が学校を卒業して東京へ行くときにはまだ自宅に電話なんてなかったそうです。
では、普段はどうしていたか?


小学校に電話を借りにいっていたらしいですよ。


うちの母の田舎は群馬県赤城村。
大人なら知っている人がいますが、徳川埋蔵金で、某テレビ局が追っかけていたあの赤城村です。
いまだに田舎でのどかないい風景が広がります。
いまは、どの家庭も電気は着ているし、町の生活と変わりません。
でも、となりのトトロを思わせえるような雰囲気があるのも確か。(笑)

こんな近くに、実体験をしている人がいたなんてね。

電話が入ったときも、農家で集団ではいるきっかけが合ったらしいんですね。
それがなかったら電話が入るのはもっと先になっていたかも、と母はいいます。


今の文化的な生活を送っている人たちからするとびっくりな話かもしれません。
でも、こうして、一つ一つ積み重ねて今のようにいい生活が遅れるようになっていったんですよね。

そう思うと、そう古い話ではないのかも。
うちの母は、となりのトトロをどんな目で見ていたんでしょうか。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外に避難。

昨日はとても暑かったですね。
朝、配達に出ようと車に乗ると、すでに外気温が30度の表示。
ちょっと走ると下がっていくんですが、それでも28度を下回りませんでした。

一件目、二件目、と配達を回っていくと、ぐんぐん気温が上がりまして、最終的には34度まで。
車内のエアコンを外気温との差を5度以内にしているんですが、29度の設定にしたとき、これすでに暖房だよね?と一人突っ込みをしてしまいました。(笑)


これだけ暑いと、お店の中の仕事も当然影響が出始めます。
昨日は職人さんに入ってもらったので、まずは職人さんの体調管理をしないと。
風が当たるようにしたり、水分を多めに渡しておいたり、塩分も取れるようにちょこちょこ食べ物渡したり。
とにかく、倒れず、元気に仕事が出来るように配慮します。


でも、人の事はかまっていられても自分の事はおざなりになるもんですよね。

仕事をしていると、ある一定の時間、急に風通しが悪くなる事があります。
仕事をしているので、溜まったり、滞留し始めると、そこに品物の山が出来上がるんですね。
すると、先ほどまでいい感じで吹いていた風がぴたりとやみ、一気にその周辺の気温が上がりだすんです。
でも、仕事をしていると、気付かないんですよね。

だらだら汗をかきますが、品物に付かないようにタオルをくびから体に巻いたり、こまめにふきとったりと、そっちの方に意識が集中してしまい、危険な状態にあるということに気付きにくくなります。


すると、突然、心臓がバクバクいいだすんです。


自分でも、あ、やばいかも、これ、というのがここまでくると分かります。
そうすると、自分の判断で仕事を一時やめ、体から熱を取り除くようにするんです。


水分を取ったり、椅子に座って休んだり、外に行ったり。


うちの母は夕方になって、外に涼みに行くと30分ほど出て行きました。
ちょうど熱がこもるようなところにいたので、体に負担がかかったんでしょうね。


外も暑いはずなのですが、僕らからすれば外は天国。(笑)
蒸気の熱気や配管から漏れる熱気がなくなる分、外はとても涼しい環境なんです。


さすがに昨日はまずかったですね。
あれほど暑いと、こまめな水分補給もあまり意味を成しません。
こりゃ、仕事をする時間帯を考えないといけないな・・・。
まだ梅雨明けもしていないのに。

ちょっと早めに対策を取りましょうか。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梨。

一月ほど前の事でしょうか。
お客様からこんな質問をされました。


この地域で梨って有名なの?


どうやら新聞に梨の事が書かれていたらしい。
とても甘くみずみずしい梨で、お父さんに食べさせてあげたいと思った、とおっしゃるんです。


運がいいとか悪いとか、人は時々口にするけど、そういうことって確かにあると思います。(笑)

良くぞうちで聞いてくださいました、良くぞわたしに話してくださいました。(笑)
おっしゃっている梨の事はとてもよく知っているし、どこで売っているのがおいしいかも知っています。
こと細かく説明をしまして、時期がきたら僕が買ってくるとお約束を。
だってねえ、お父さんに食べさせてあげたい、なんて言われたら・・・・・・、なんとしてでも買って来ようと思うじゃないですか。

府中、稲城周辺で、作られている梨。
品名を「稲城」といいます。
とても大きく、甘くて、みずみずしい。
一度食べたら病みつきになる甘さです。


スーパーで売っているの?と聞かれますが、ほとんど見かけたことはありません。
府中街道沿いを稲城市に走っていくと、時期が来ると露天が沢山出ています。
また、府中市でも、旧甲州街道沿い、分倍河原のいなげやを八王子方面へ200mほど行くと数件並んで売っていたりします。


ここでしか手に入らないものですから、ぜひこの時期に楽しんでもらいたいと思います。
意外と、府中市民でも知らない人が多いんですよ。
タイミングが大事ですからね。
ほとんどが地方発送に回ってしまうので、買えない時もあるくらいですから。


売りの出るのが大体お盆があけるくらい。
お盆過ぎに露天をちらちらのぞき始めると店頭に並び始めます。
でも、おいしいのはそれからもうちょっとすぎた辺り・・・・、狙うのはそこですね。(笑)


ここ数日の雨も、果物にとっては必要な雨。
うんと吸収して甘いおいしい梨に育って欲しいものです。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

魔法使いな夜。

昨日、夕方から八ヶ岳に行ってきました。
実は、今年の三月に神奈川県大和市で行われた、「クリーニング感謝祭」に来て頂いた方からお誘いを受けたんです。

魔法使いアキットくんのマジックショーを見に来ませんか?


平日ですしね、子供たちも翌日学校があるし、なんて返事をするのかな?と思っていると、二つ返事で行く!と。
お父さん、仕事頑張って終わらせましたよ。(笑)
ここ最近、胃の調子があまり良くなく、途中休憩しながらでしたが、何とか仕事を終わらせ、一路、八ヶ岳へ。
子供たちなんて、学校から帰ってきてからずっとそわそわ。
出発の二時間前には全員の用意が出来た!といってましたからね。
いかに気合が入っていたかと言うもの。


今回のイベントは個人的な集まりのようで、場所は八ヶ岳にあるおしゃれなバー。
cafe&bar Chandra チャンドラさんというところで開催されたんです。
魔法使いアキットくんのショーは、何回も見に行きましたが、今回はどうも大きな場所でやるのではなさそう。
もしかすると、いつもと違うことやるのかも?と期待が高まります。

会場に無事到着。

中に入ると、すでに沢山の人が。
呼んでくださった主催者の方にご挨拶をして、中に入ると、とても雰囲気のいいお店です。
すでに20人ほど集まっていたでしょうか。


わたしたちの席がありまして、なんと一番前の方。
いい席をご用意していただいちゃいました。(^^;

夜8時、開演。

いつもとちょっと違う衣装を身にまとったアキット君が登場。
スーツをビシッと決めています。
ははーん、やっぱり今日はテーブルマジックをやるんだなと、その時分かったんです。

ここでちょっとしたサプライズが。(笑)

主催者の方から、アキット君の入場と共に、一声かけるので、皆さん声をかけてあげてください、との事。
アキット君のショーを見に行った事がある方なら分かる、あれですね。(笑)
アキット君が入場してきて、すぐに主催者の方から、不思議だね?の一言。

会場から割れんばかりの、イエーイ!という返事。(笑)

すでに会場は一体感に包まれていました。(笑)


目の前で繰り広げられるテーブルマジック、こんなものは普段は見ることが出来ません。
比較的客席との距離が近いアキット君のショーでも、ここまで近いことはありませんね。
テレビで見るような、芸能人の目の前で行われているのとまったく一緒、息遣いまで聞こえるような距離でマジックを次々と見て行きます。

挨拶代わりのカップアンドボール。
三つのカップに三つのボールがありまして、出たり入ったり、消えたり現れたり。(笑)
みんな、ため息をついています。

と、ここで、うちの嫁さんにアキット君がおもむろに食パンを渡すんですよ。
で、一枚抜いてくださいと・・・・・とこれ書いちゃうとネタばれだな。(笑)
いやー、これ見るとびっくりしますよ。
続きはアキット君のショーでご確認ください。(笑)


テープで止められている指の間をすり抜ける時計。

コインの瞬間移動にはびっくりしましたね。
コインは僕のお財布から出たもの、細工など一切ありません。
500円玉2枚と10円玉1枚。
それをお客さんの手のひらに乗せておいたのに目の前のグラスに瞬間移動するんです。
もちろん、そのグラスは透明のもの。

このマジックを距離にして、30センチ以内で見ているんですから、本当にびっくりしました。
この手のテーブルマジックを見ようとすると、東京のど真ん中で、マジックバーなどに行くと見ることが出来るらしいんですね。
大人の僕はいけますけど、子供たちはいけない事を考えると、いい経験をしたんだろうなと思います。


そして、最後。


トランプの山をよく切り、そこからスペードのAからKまで順番に出していくというマジックの進化版を披露。
僕はこのマジックを三回ほど見ているのですが、嫁さんは初めてなまで見て、驚いていました。
いつものマジックショーの感動とはまたちょとっ違った感動がそこにはありましたね。


ショーが全て終り、お客さんからプレゼントをもらうアキット君。
するとおもむろに、会場のお客様からアキット君へ花束を渡しているんです。
でも、見ているとプレゼントと言うのとはちょっと違うみたい。
なんと、主催者の方が誕生日を迎えるとかで、アキット君から花束を渡してください、と言うサプライズが。


また、タイミングよく、会場から出ていたんですよね。(笑)

入ってきたところでアキット君が近寄っていき、皆さんと僕からのプレゼントです!と花束をプレゼント。


うつむいていて、何かを必死にこらえているようだったけど、たぶん本当にうれしかったんだろうなと思いました。
昨日の集まりは、八ヶ岳にある、滝沢牧場で働いている方の主催だったんです。
来ている方々も、牧場で一緒に働いている方々。

そんな仲間からのサプライズをみて、ああ、みんなに愛されているんだなあと、思いました。

いい職場で働いていて、いい仲間に囲まれているというのがよく分かる1コマでした。

終り間際、アキット君がアートバルーンを作りますよ、何でもいってください、といったときに、瞬時に出たのが、馬!牛!羊!と言う言葉。
さすが牧場関係者だけあって求めるものが違う、と一人喜んでいたのはわたしです。(笑)
こういうところを面白く感じるんですよ。


関係者の皆様、昨日は本当にお世話になりました。
とても楽しい夜、スペシャルな夜を体験できて、本当に良かったです。
2時間もマジックを見るなんてありえませんしね、途中休憩が入ったのも初めて。(笑)
いい体験でした。


次回はぜひ、また来年大和市で行われる「クリーニング感謝祭」へお越しください。
心よりお待ちしております。


帰りの車の中での事。

よほど楽しかったのか、疲れたのか、車に乗ってすぐみんな寝てしまったんです。
家に帰るまで二時間弱はかかりますので寝てくれたほうがいいんですけどね。
途中、車内でこっそりと、不思議だね?とつぶやいてみましたが、帰ってきたのはいびきだけでした。(爆)
きっと夢の中で応えてくれているものと・・・・・信じています。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

風合いはいずこへ?

クリーニング業界での最近の話題と言えば、しみ抜きとリフォーム、修理、ぬいぐるみ、バック、ブーツなどの特殊品が多いんです。
皆様の所にも、これらの商品のクリーニングをします!と言うような宣伝が目に入っているのではないでしょうか。

これらはですね、とても技術が必要なものだったんですよ。
ちょっと前だったらクリーニング屋さんでも扱えなかったり、特殊なものを専門に扱うようなところでしか、出来なかったものだったんです。

技術の進歩って本当に凄いですよね。
新しい技術が確立されまして、今まで洗えないようなものがどんどん洗えるようになって来ました。
それでも、やはり、品物それぞれの個体差が激しくて、とても大変らしいんですね。

ちゃんと縫われて作られているもの、接着剤で貼り付けてあるもの、素材の違いなどなど、とても大変なようですよ。

これらの技術の進歩に伴い、クリーニング屋さんの集まりや、業界紙などでは技術系の話しが多くなってきました。
反面、気になる事も。


風合いと言う言葉、ご存知でしょうか。


品物の触感や艶などを総じて言うのですが、最近この風合いと言う言葉を業界内でもあまり聞かれなくなってしまったんです。
気にしなくなっちゃったの?と言うと、そういうわけでもないようなんですね。
話し込んでいると、ちゃんと気にしながら洗い仕上げているんです。


今は意識が技術に向いてしまっているんでしょうね。


むかしむかしの話。


僕が子供の頃から、クリーニング屋になった頃までは、何の話をしていても必ず風合いと言う言葉がキーワードででてきました。


たとえば、新しい洗剤が開発されたとき。
汚れ落ちの話と共に真っ先に出てくるのは、風合いはどう?と言う言葉。


新しい洗浄方法が開発されたときも同じ。
汚れ落ちと共に、風合いはいい?と必ず話題に。


昔のクリーニング屋さんはそれほど意識的に使っていたんですよね。

今は、もしかすると、風合いは当たり前の時代に入っているのかもしれません。
だからあえて使っていないのかな、とも思います。
が、風合いを忘れちゃったの?と思う場面に遭遇する事もあります。

お客様は、言葉を使わないかもしれませんが、風合いを結構気にしていらっしゃると思うんですよね。

柔らかい生地は柔らかいまま。

艶もあり。

生地の厚さなんかも気にしたりして。

なんか昨日のブログの反対のような話ですね。(^^;;
でも、これが昔のクリーニング屋さんが大事にしていた部分なんだと思うんです。
で、これが日本のクリーニングが秀逸たるゆえんだと思います。


もうちょっと、クリーニング屋さんが風合いの話をお客様にしてもいいのかな?と思ったりもします。
きちんと意識をして洗っていることを伝えれば、お客様も安心されると思うんですよね。


これだけ技術が上がっているんですもの。
伝えるものはきちんと伝えなきゃいけないなと思います。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変化を楽しむもの。

日本人がクリーニングに求めるものは、外国に比べて厳しいと思うんです。
各々お国柄と言うものもあるんでしょうが、とにかく変化を嫌うんですね。


色が褪せてはいけない。


よれよれになってはいけない。

買ったときのままいって欲しい。

大体こんな感じでしょうか。
海外から帰って来た方の服って結構大変で、きれいになっていなかったり、シミだらけだったりともすれば縮んでいたりします。
外国のクリーニングってこんなにひどいの?と思うことも。
これに比べると、日本のクリーニングってやっぱり繊細なんだなあと思うんですよ。


と思う反面、最初の状態を維持することに過剰かなあと思うこともあります。

服って、おしゃれをするという意味合いもあるじゃないですか。
その服のデザイン、素材って実は意味があったりするのですが、最近はその意味をよく知らずに着る方が増えてきまして、その為にクレームとなることが多いようです。

この時期よく聞くのが、麻製品。

麻製品はそのしわを楽しむものなんですが、しわしわになってるので伸ばして欲しい、と言う人って、結構いらっしゃるんです。
でもね、麻の本当の楽しみ方って違うんですよ。


着用して、洗って。
そして、しわが増えていき、色が段々と褪せていく。
そこを楽しむものなんですね。


変化を楽しんで着るものなんです。
ちょっとびっくりでしょ?(^^;;;


涼しげというだけでなく、昔の日本人は変化すら楽しんでいたんですね。
さて、現代に帰りまして、今の日本人。
おしゃれな人が増えて来ているんですが、こうした楽しみ方を知っている人が減ってしまいました。
素材の知識が無くなっていったのとほぼ同じ頃から変わってきましたから、その辺が原因のひとつかもしれませんね。

今、日本では色々な衣類が売られています。
服には楽しみ方と言うのがあります。


デザインがとてもきれいなもの。
素材の触感を楽しむもの。
着用しながら変化を楽しむもの。


色々な服があります。
ぜひ、色合いやデザインだけでなく、変化まで楽しめるようになってくださいね。
服を選ぶ幅がぐっと広がりますよー。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Yシャツが汗臭くなったら・・・。

いよいよ本格的に暑くなってきました。
先週は物凄くじめじめ。
今週に入ってからは、気温が高めで続いています。


どっちも汗が出るんですよね。


気温が低くても湿度が高いと関係なく汗が吹き出てくる。
気温が高ければ汗が吹き出てくる。


節電で、エアコンの設定を低めにしていますから、屋内にいても効果がないし、本当に困りものです。

そんな中、当店をご利用のお客様にワンポイントアドバイスをしているんです。
これは当店で洗ったYシャツだけの話なのですが、うちで洗ったYシャツには、汗のにおいがしないような加工がしてあります。
普通に着ていても、汗のにおいがしにくくなっているんですが、さすがにびっしょり汗をかくと、その後汗臭くなってしまうんですよね。


でも、それを解消する裏わざがあるんですよ。


Yシャツの表面を、軽くこすってほしいんです。
そうすると、汗臭い匂いが消えてしまいます。


ね、びっくりでしょ?
どうして消えるか?と言うと、物凄く小さいマイクロカプセルが表面に付着していて、着用中のこすれによって中の匂い消しが効果を発揮するんです。
汗臭くなったときは、そのマイクロカプセルを壊してあげるといいんですね。

これは他のクリーニング屋さんでやっているところはないかもしれません。
風の噂でどっかのクリーニング屋さんでもやっていると聞いたことはありますが、一般的なクリーニング屋さんでやっているものではないのでご注意を。


あくまでも、当店で洗ったYシャツでの話。

これで、仕事終り、汗臭いな?と思っても、家に帰るまでは汗のにおいを消すことが出来ます。
周りに汗のにおいを撒き散らしているんじゃないかな?と言うような不安も消えるでしょうね。


うまくご活用ください。


今日も暑そうです。
梅雨の中休みと言うけれど、また雨が来るのか、それとも梅雨が明けちゃうのか。
やっぱり、汗かくのは嫌だなあ。(^^;;

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せまい!

昨日、夜テレビを見ていました。


とても狭いお店の特集をしていたんですね。

到底僕なんか入れないようなお店の狭さ。(笑)
でも、とても繁盛していて、店主さん含めお客さんが仲良く楽しんでおられました。
ラーメン屋さん、焼肉やさん、飲み屋さん、狭いお店と一言で言っても、色々な業種があります。


お客様が座ると、奥に入った人はトイレすれいけない、そんなお店ばかりだったんですね。
トイレにたつときは、お店のお客様が一斉に立って外に出るという・・・。(笑)
見事な連携プレーでした。

さて、わたしはクリーニング屋ですから、やはり見るところが皆さんと多少違います。(^^;;

番組を見ていてまず気になったのが、焼肉屋さんでの光景。
あれほど狭い空間で、本当に目の前の七輪で焼肉をしている。
しかも、着ている服は普段着などではなく、それなりに着ていく服ばかり・・・。
仕事着だったり、おしゃれ着だったり。


そりゃ、汚れますって。


匂いもつきますって。


昔ならこういうところへは着ていかなかったであろう服を、今は普通に着ていっちゃうんですよね。
で、特に今の服は糸が細くなったので、繊細だし、弱い。
しみが付くと物凄く厄介になります。

おしゃれな人は多くなりましたが、場所によって服を使い分ける人は減ったんでしょうか?

もう一つ気になったことがありました。
やはり狭い場所で入れ替わるときの光景です。


狭いので、どうしても壁などに体をするんですよ。
ああ、あれも汚れるな、と。
これも多分消費者の方には分かりづらいものかもしれませんね。

洗剤のいらない布巾というものが売られています。
何で洗剤がいらないか?と言うと、実は繊維が物凄く細いので、汚れをかきだすんです。
昔、この繊維は洋服で使われていました。
しかし、あまりにも汚れが付きやすく、クレームばかりがくるので調べたところ、繊維が細すぎて汚れが付きやすいことが判明。
服として利用されなくなったんです。
そして、洗剤のいらない布巾へと変化していきました。

先ほど書きましたが、今の服もとても糸が細いものが多くなりました。
やっぱり、汚れやすいんですよ。


原理は同じです。

糸が細いので、擦れた時に、汚れをかきだしてしまう。
それを知っているのでね、狭いお店で入れ替わりに壁をすりすり一斉に動く様子を見ると、ああー、汚れるー、と思ってしまうのでした。


お仕事終りに、何かのイベントに、どうしても食事はつき物です。
食事をすると言うことは、汚れを負うリスクがあること、覚えて置いてくださいね。
着ていく服もそれなりに選ばないと、後で大変なことになることもあります。
また、壁などに寄りかかるのもなるべくやめましょう。

汚れが付く原因はいたるところにあります。
ちょっとした注意で防げますからね。
ぜひ気をつけてみてください。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑くなると増えます。(笑)

おはようございます。
今朝は恒例の水汲み、富士山にきています。(笑)


前回よりも短いスパンで汲みに来たのはやはり暑くなったからでしょうね。
よそ様のお宅よりも早く暑くなるクリーニング屋さん。(笑)
水を飲む量も段違いで増えるようです。

1341697782804.jpg

と思ったら、今日はこんなに混んでます。
暑くなってる証拠ですね。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕が子供の頃は。

自分の子供たちを見ていると、自分が子供の頃の記憶が思い出されます。
うちの子は、バイトとしてお手伝いをし、お小遣いをゲットしていますが、自分のときはと言うと・・・・・。


手伝うのは当たり前でしたね。

いくつのときからだろう?
配達についていったのは、小学4年生の頃からでしょうか。
学校が終わって、社長が家に一度戻ってきて、そのまま助手席に座り配達へ。
大体3時前には車に乗って、家に帰ってくるのが早くて7時過ぎ、遅ければ夜10時を過ぎることもよくありました。

お手伝いだからといって、何も出ません。
お小遣いも出なければ、欲しいものを買ってもらえるわけでもない。
純粋にお手伝いなんですね。


配達の時の主な仕事は配達。
あの当時、社宅のお客様が多かったので、エレベーターの無いような団地の上の階によく行かされましたね。
ドアをノックして、クリーニング屋でーすと、大きな声で挨拶をし、出来上がった品物をわたし、クリーニングする品物を預かってくる。
それが主な仕事でした。

後はひたすら待つのが仕事。(笑)


時には車で待つこと1時間・・・・・、なんていう事もありましたね。
ラジオから流れてくるのは、わけも分からない曲ばかり。
野球中継がせめてもの救いだったでしょうか。

たまに社長のおなかが空くと、途中の定食やさんでご飯を食べさせてくれるんですね。
あれがとても嬉しくってねえ。
通り過ぎたときには逆に悲しかった。(笑)
いい思い出です。


家にいるときも手伝いをしていましたね。
あの当時家でしていたのは、Yシャツの包装。
機械設備のない時代でしたから、毎日毎日、必ずYシャツを仕上げないといけません。
溜めてしまうとほかの仕事が出来なくなってしまうんですよ。
ですから、どんなに配達で遅くなっても、それからyシャツの仕上げをやっていたように覚えています。
で、仕上がったそばか僕が包装をしていくんです。


社長の仕上がりと競争しましてね。
包装する方が圧倒的に早いはずなんですが、それでも勝てると嬉しいもので。
そのうち、早く包装できるようになると、名前をつけるようになります。
タックに書いてある名前を書いていき、どのお客様か一発で分かるようにしていくんですね。
そして、それが終わると今度は整理。

配達用の品物、お店用の品物、全部分けまして仕舞っておきます。

洗いとか仕上げとかはほとんど無かったですね。
友達によっては、仕上げをしていた友達もいたようですよ。
ポケット掃除を手伝っていた子もいました。

あの当時は今よりも機械設備が少なくて、そして品物も今よりも多くて。
とにかく忙しい時期でしたから、子供も総動員して手伝っていたんでしょうね。

うちの子たちも、仕事には興味があるみたいです。
でも家の手伝いと違いますからね、お客様の品物を預かるわけですから、中途半端にはさせることは出来ません。
もし、仕事を手伝わせるならちゃんとやらせないと行けないな。

中学に入ると部活だなんだでやらなくなります。
手伝わせるならこれから二年以内ってことでしょうかね・・・・・。

ちょっと考えてみようかな。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人と人との間をつなげるクリーニング屋さん。

私は毎週、クリーニング屋さんの仲間とスカイプを使って会議をしています。
会議といいましても堅苦しい話だけでなく、世間話もしますし、趣味の話もしますし、悩み事も話したりしています。
今日は、そんな中から出た話を。

クリーニング屋さんって、地域密着なお店が多いんです。
皆さんの生活に入り込んでいる、といっても過言でないくらい。
ですから、お客様との距離も必然的に近いものになっていくんですね。


今はほとんど聞きませんが私たちの親の世代、昭和の頃なんかですと、まるでご近所さんみたいな感じでお宅に上がってお茶を飲んでいったりしてたこともあるんですよ。
また、今でもそうですが、クリーニングの仕事以外でも頼まれごとをするクリーニング屋さんは多く、私の友達でも時折する会話の中に、今日はお客さんに頼まれたので買い物に着た、なんていっている人いますからね。
僕も、お客様のお宅へ配達に行って、雪かきをして帰ってきたこともあります。(笑)


あるご夫婦がいたらしいんですね。
そのご夫婦、あまりご近所付き合いが好きでないらしく、誰とも接触をしていなかったらしいんです。
そこへ、友達のクリーニング屋さんが集配にお伺いをしていました。
周りの方々は、変わっている人だというんですが、そのクリーニング屋さんはそのお客様と話しが出来たんです。
確かに癖があったとはいいますが、普通にコミュニケーションをとっていたし、雑談もしていたし、長年ご利用いただいていたんだそうで。


その方との大事な話し相手にもなっていたんだそうです。


すると、不思議なことが起こり始めます。
その方のご近所さんが、声をかけてくるんだそうです。


お元気にされていますか?

この方の周りの方も、いい人がそろっていたんでしょうね。
お付き合いがほどほどでも、見かけなければ心配をしていたみたい。


そこで集配にお伺いしているクリーニング屋さんが、ご近所さんとそのお客様との間の架け橋になっていったらしいんですね。

元気そうですよ。
問題ありませんよ。


そんなたわいもない会話が、人の心に届いたことでしょう。
奥様がなくなられたときも、ぶっきらぼうだったけど、その話をクリーニング屋さんにだけしたという事を聞いても、そのお客様とクリーニング屋さんの関係は強い絆があったんだろうな、と思います。

クリーニング屋さんってね、元来こういうものだと思うんですよ。
皆さんと深く繋がっていく商売、こういう仕事って少ないと思います。
身に着けているものを洗う仕事ですから、段々と深い付き合いになっていくのかもしれませんね。


この話を聞いたときに、うちの母の事を思い出しましてね。
久しぶりにご来店くださったお客様に、開口一番、よくこういっていました。


あら、元気だった?体調はどう?


その声を聴いたお客様の顔、色々な顔があるんです。
安心したような顔、何か話したそうな顔、うれしそうな顔。

色々な顔を見せてくれます。
きっと、この一声が皆さんにはうれしい一声になっていたんだろうな、と思いました。

近年、クリーニング屋さんもご近所の個人店主から、大手チェーン店のクリーニング屋さんに代わりつつあります。
個人店はなくなってしまうんじゃないか?そんな話もちらほら出てくることも。
でも、こうした人の付き合いがある以上、個人経営のクリーニング屋さんがなくなる事はないんだろうなと思うのです。

町のクリーニング屋さんは必ず残ります。


そして、お客様と沢山話をし、いいパートナーとして残っていくと思うんですね。
悪いニュースが多い中、心が暖まるような話しが聞けてとてもうれしかったんです。
まだまだ、捜せばいい話はありますね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐れていたことが。(>_<)

クリーニングの仕事に携わり、クリーニングの仕事の凄さを目の当たりにしていると、何でもっとこの良さが広まらないのかな?と思うんです。
昨今のクリーニング業界を取り巻く環境に、危惧をしていたんですよね。


消費者の皆さんの中に、クリーニングに関して間違った情報が出回っている。

そう感じたのはもう数年前でしょうか。
最初はあまり気にしていませんでした。
中にはそういう人もいるだろうなあ、でも、ほとんどの方は分かっていることだし、と。


クリーニングすると、服が傷む。
何回も洗ってはいけない。
ドライクリーニングすると油分が抜けて傷む。


こんな根も葉もない話しが出回るまでにそう時間はかかりませんでした。
本当はそんなことないんですよ。
クリーニング屋さんでの仕事は、ただ洗っているわけではないんです。


傷つかないように、でも汚れは落として。

どこのクリーニング屋さんもそこは判って仕事をしています。
だから、クリーニングは見た目以上に大変な仕事でもあるんです。


こんな間違った情報のせいでクリーニングの利用が減っているのは忍びなく、何とか正しい情報をクリーニング屋さん側から発信できないか?と、二年前よりクリーニング屋さんの仲間と色々活動をしています。
先日行われた神奈川県大和市でのクリーニング感謝祭もその活動の一つです。

そんな中、とうとうと言うか、ついに来ちゃったんですよ。
恐れていたことが。

お預かりした品物にしみが残り、どうしても洗い直しをしたかったので、お客様がご来店くださったときに、その旨を伝えたんです。
すると、こんな事を言われてしまいました。


あまりやると傷むので、やらなくてもいいですよ。


その言葉を聴いた瞬間、ああ、とうとうここまで来ちゃったか、と思ったんです。(>_<)
クリーニングすると傷む、と言う言葉が出だしたときに、いずれこういう事をおっしゃるお客様が出てくるだろうな、と思っていたんですよ。

傷むことはないですよ、と伝え、作業工程やどうして傷まないか?の説明をした後に、どうして傷むと思ったんですか?と聞いてみました。
すると、こんなしぐさをしたんですね。


服をゴシゴシとこするような格好をするんです。


ああ、クリーニングってそんなイメージなんだなあと思いました。
汚れを落とすと作業ってそういうイメージなんでしょうかね。
実際、そんなゴシゴシこする作業はほとんどなくて、今、汚れを落とす主流は洗剤や染み抜き剤を上手に使い、キジに負担をかけないできれいにする方法なんです。

昔みたいに物理的な力をかけて落とすこともない事はないですが、昔と比べ糸が細くなり昔と同じような作業が向かなくなってきているんですね。


素材にあわせて。


これが正しいんです。
デリケートなものにはデリケートな仕事を。
繊細なので時間をいただくことがある理由もここにあります。


洗い直しで傷む、なんて間違った情報は鵜呑みにしないでくださいね。
クリーニングで傷むと言うのはえてして間違っています。
その辺の説明をクリーニング屋さんから聞いてくださると分かっていただけると思うんですけどね。

同業者の皆さん、早くこのことに気付いて手を打たないと本当にまずいことになりますよ。
うちは関係ないし・・・・、とか、いい仕事をしているから大丈夫、とか、下手なお店があるんじゃないの?なんて他人事のように構えていると笑えなくなりますから。

間違った情報を正すことは僕らのためではなく、お客様の適正な利益の確保にも繋がります。
何とかしたいところですね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生きてますよー。

日曜日の事。


僕らが出かけているときに電話が鳴ったんだそうです。
出たのが社長。


あのー、お宅にねこいますよね?
家にいますか?


とても不思議な電話。
いると思いますよ、と社長が伝えると、お弁当やさんの前で似たような猫が死んでるんですけどね、との事。


家の中がちょっとした騒ぎになりました。

4年ほど前から飼いはじめたキジトラの雌ねこ、モモちゃんがうちにはいます。
おてんばでとても臆病で、うちに来て三ヶ月で左足を骨折。
今はきちんと曲がらなくなってしまいましたが、元気に飛び跳ねているんです。

その後、家の中で無事に生存を確認。
ほっと安心したのでした。


その後、毎日のように通りすがりの方から、猫いる?と、聞かれるんですよね。
みなさん、あまりお店に出ていないももの事をちゃんと覚えてくれているんですねえ。

心配していただいてありがとうございます。
無事に家にいますよ。
今度お店で見かけたら声をかけてあげてくださいね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お支払い。

日曜日に、幕張で行われた次世代ワールドホビーフェアなる物に行って来ました。
長男が友達と約束したとかで、家族ごとに幕張に集合、と言う乱暴な企画。
向こうで落ち合う約束をしたらしいのですが、甘いですよね。
人が多いよ、といくら行っても想像できなかったらしく、現地に行ってあまりの人の多さにびっくりしてました。
お父さんたちと来てよかったよー、だって。(笑)

会場では、新しいゲームなどが無料で体験できるほか、会場限定のおもちゃなどが販売されていました。
入場の列が違いましてね、僕らは長男の希望で販売の列へ。
買い物をするなんて一言も聞かされていなかったので、長男に聞いたんです。

お金持ってきてるの?


確か、長男は今お小遣いがあまり多くないはず・・・。
その中から持ってきているようですよ。


でも、ここで一つ問題が。
この日、結局家族全員で来てしまいました。
他の子供たちが、何でおにいちゃんだけ・・・・と騒ぎになる可能性があります。
通常我が家では誕生日とクリスマス以外はおもちゃを買わない、と言う嫁さんからのルールがありまして、どうしようかな?と考えていたんです。


仕方ないので、他の子供たちにも一つだけ、買っていいよと伝えました。
こういうイベントはお祭りみたいなものですから、余興の一つにでもなればなあと。

お父さんが買ってあげよう。


すると、ここでもう一つの問題が発生。
今度は自腹で購入しようとしていた長男が、ずるいと言い出します。(笑)
うーん、めんどいやつらだ。(笑)
仕方ないので、長男にも一つだけなら僕が買ってあげることに。


ここに来て、痛い出費です。(T.T)

会場は上手に作られていて、事前に数千人並んでいたにもかかわらず、入るのは割りと早かったですね。
と言うのも、販売の会場が6つに区切られていて、どこでも同じものが買えるんです。
一箇所に50人ほど詰め込んだら、次の所へ。
これだから早く入場できるわけですね。

自分達の番が回ってきまして、販売エリアに入ると売り切れはまだありませんでした。
ほっとしたのも束の間、子供たちが好きなものを買いに走ります。
僕は、すかさず値段チェック。(笑)
一体いくらのものを買うのか、見ておかないと。


一番最初に買ったのは次男。
大きなポケモンのぬいぐるみを買いました。
おお、それ行ったか。それ、結構するぞ?


・・・・、仕方ないですね。

次に買い物したのが長男。
狙っていたものがあるらしく、ゲットしてました。


ここで長女と長男が不満そうな顔をしています。
どうやら他にも欲しいものがあるみたい。
でも、好きなだけ買わせるわけにも行きません。

で、ここで一つ提案を。

買ったおもちゃの中から、一つだけお父さんがお金を出してあげる。自分でお金を払うのなら他におもちゃを買ってもいいよ。
家に帰ってお金がなかったら、これから仕事して返してくれればいい。

借金OKと言うことにしてみました。(笑)


すると、長男と長女は欲しいものを選び出します。
結局、長男はおもちゃ二つ、長女はおもちゃ三つを購入。
最後に三男はベイブレードを買っていました。


買い物終了です。

その後、一通り遊ばせまして、長男はお友達と遊び、僕らは一足先に帰ってきたんです。


そして、昨日。
いよいよ精算の時がやってきました。(笑)

次男と三男は一つずつなので支払いはありません。
そのまま遊んでよし。(笑)

問題は長男と長女。


長男が買ったものは、一つが2000円、もう一つが4000円のもの。
さぁどっちを払う?と言うと、4000円のを払う、といいます。


こいつ、計算できないのか?


ちょっと不安に思いましたが、次に長女に質問。


長女が買ったのは、ゲーム5000円、本800円、おもちゃ1500円。
さて、どれを払う?と聞くと、ゲームは自分が払うんだ!といいます。

君たち、ちゃんと計算してるかい?(^^;;;


その後、何度聞いても譲らないんですよね。
普通、一番高いのを親に払わせて、安いのを自分で買うと思うのですが・・・。
この二人が何考えているか分かりません。

本当に大事にしたいものは自分で、と言う事なのかしら。

昨日も、子供たちは興奮してなんと4時おきですよ。
学校や幼稚園へ行くまでの時間を買って来たもので遊んでいました。
うれしかったのね。


よかったねえと思う反面、いいのか?と不安に思う、火曜日の朝。(笑)

さあ、配達の準備に取り掛かりましょう。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

通勤時間0分。

私たちはお店の2階と3階部分に住んでいます。
通勤時間0分、階段下りればすぐ仕事場です。(笑)

個人のクリーニング屋さんは結構このパターンが多いと思うんですよね。
最近は仕事場と住まいが別のクリーニング屋さんも増えてはきましたけど。

住まいと仕事場が一緒のメリットって沢山あります。


すぐ仕事が出来ること。


これが結構なメリットなんですね。
仕事やろうかな?と思ったらすぐ出来ますし、休もうとしたらすぐ休めます。
また、ぎりぎりまで仕事が出来るのも住まいが一緒だから、と言うもの。
思うように仕事が出来るんです。

急なお電話にすぐ対応できる。

これも大きなメリットですね。
急なお電話・・・・・、急に品物が必要になったので返してくれませんか?
こんなお電話が年間数本入ります。
住まいと仕事場が別だとわざわざお店に来なければなりませんが、住まいが一緒だとすぐ対応できます。
また、誰かしら家にいるので対応しやすい、と言うこともあるんですよね。


そして、何か起きても安全だと言うこと。


一番は泥棒でしょうか。
数年前、クリーニング屋さんにはいる泥棒がいました。
現金を盗む泥棒もいたらしいのですが、ある時、品物を盗む泥棒が一時期いたんです。
今は、クリーニング屋さんも警備会社と契約しているところがありますが、やはり住み込みが一番なんですよね。

人気のいない仕事場から物音がしたら、おかしいサインですから・・・。


人によっては、仕事とプライベートが分けられなくて嫌だといいますが、私は子供の頃から仕事場を見ながら育ってきたのでなんとも思いません。
逆に落ち着くくらい。(笑)


生活の一部になっているんでしょうね。

我が家の子供たちはどうなんでしょうか。
将来、この環境をどう思うのかな?
その前に、クリーニング屋さんをやる子供はいるんだろうか?

あと10年ほど経つと結果が出ますね。
それまでにクリーニング屋さんは楽しいぞ~って吹き込んでおきましょうね。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次世代ワールドホビーフェア

おはようございます。
寝坊しました。Σ(゚д゚lll)

今朝は長男が行きたいと、幕張メッセに来ています。
次世代ワールドホビーフェアと言うイベントのようで、寝坊したとはいえ、朝6時には家をでて、車でやってきました。

この混み具合をどうぞ。

1341096766720.jpg


すごいですよね。
前の方の人は一体何時にきてるやら。
夕方から用事があるのでお昼には帰るのですが、この分だと入場と共に帰ることになるかも。
みんな気合いはいってますね。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »