« 水で洗うのって普通じゃないの? | トップページ | 同じ素材でも。 »

クリーニング代を減らす工夫。

昨日の晩、こんなものを見つけました。


クリーニング代を減らす工夫。

こんなご時世です、節約をしたいのは当たり前。
電気代は上がり、節電で仕事も早く終り、手取りも減ってくる。
当然クリーニング代だって少ない方がいいですよね。


読んでいると、なるほどなと思うところもあります。

服を買うところから注意しよう。

素材をよく見て買うことはとても大事です。
また、デザインも自分で洗えるかどうかの目安になりますから、よく見ることが大事。
買うときに気を使うとそれだけでクリーニングは減るでしょうね。


アウターはブラッシングをする。

これも正解。
直接肌につかないアウターは、ホコリなどの汚れが目立ちます。
家に帰ってきてからのこまめなブラッシングはとても有効なんです。

ここまでは良かったんですが、次からがあまりよろしくない。

カシミヤやアンゴラなど、普段着で使っている服は、クリーニング屋さんに普通と同じで、と言うと安くなる、と書いてある。

誰だ、こんな間違った情報を書くヤツは。(~_~;)

カシミヤやアンゴラのクリーニング代が高いのは、普段着だからとかおしゃれ着だからとかそういう問題ではないんですよ。
ここ、かなりまずい話なので、よく覚えて置いてくださいね。

クリーニング師の方が見れば、一発で分かるので洗うのも問題ないですが、アルバイトやパートさんが受付をしている場合、お客様のこの言葉を信じて、デリケートな扱いをしなければいけない服を、普通に洗うように指示を出してしまうかもしれません。
その場合どういったことが起こる可能性があるか?

縮みや固くなるなど、素材の柔らかさがなくなる可能性があります。

カシミヤやアンゴラなどは、その柔らかい素材をそのままの状態で洗うのにとても大変な素材なんです。
分かりやすく説明をすると、柔らかい素材なので、他の素材と一緒に洗うとカシミヤやアンゴラの生地が負けて毛羽が立ったりします。
それを避けるために、通常十数点で洗うのを一着だけで洗ったりしているんです。


これがコストがかかる原因の一つ。


一階の洗浄にかかるコストを、十数着で負担するか、一着で負担するかの違いです。


他にも色々あるのですが、要は風合いを維持するために必要な事をしているんですね。

普段着として使っているといって、固くなったら嫌でしょ?

普段着だからって、毛羽立っていたら嫌でしょ?

毛羽立たないように洗うために、固くしないように洗うために、カシミヤはカシミヤを洗うように、アンゴラはアンゴラを洗うように、しなければいけないんですね。

普段着なので、普通に洗ってください。

これは、決してクリーニング代の節約にはなりません。
ともすれば、着たくなくなる可能性も出てきてしまいます。

衣類の情報はきちんとクリーニング屋さんに伝えるようにしましょう。


途中まではいい事を書いてあっただけに、最後に来て、こんな内容を書くなんてとても残念でした。
節約をするのなら、ちゃんと正々堂々としなくちゃ。

本当に恐いですね、ネットの情報は。
やっぱりちゃんとした情報を発信しないといけないな。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« 水で洗うのって普通じゃないの? | トップページ | 同じ素材でも。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニング代を減らす工夫。:

« 水で洗うのって普通じゃないの? | トップページ | 同じ素材でも。 »