« 聖蹟桜ヶ丘 かつ膳 | トップページ | サンタクロースへの手紙。 »

ひとりが頑張っても駄目なんです。

今、クリーニング屋さんの露出が増えて来ています。


テレビや雑誌に引っ張りだこの洗たく王子こと中村君。
物凄い人気ですよね。
また、他にも個人で活動されている方が結構いらっしゃるんです。
昔なら考えられなかった事だと思います。
これもネットの進化のおかげでしょうか。


誰でも発信できる。

これはとてもすごい事で、どんな人でも皆さんと繋がれるツールを持っているということになります。
僕らクリーニング屋さんも例えネットを使っていなくても、お店で、お客様の玄関で、お話しをする機会はありますし、その時に色々とお伝えする事は出来るんです。

ところが。


問題はその内容でしてね。
各業者、話すことがバラバラな訳ですよ。
しかも、消費者が不安に思うような話しが中心で、ともすれば同業他社の批判だったりする。

クリーニングと言う仕事は衣類のメンテナンスです。
ですから、その性格上、どの商品にも完璧な仕事と言うのは存在しません。
お預かりする品物が、全部状態が違うわけですから、その品物ごとのベターはあるとしても、完璧と言うものは存在しないんです。

と言う事は、時に、お客様が思うような品質が作り上げられないときもある。


なのに、他社批判をし、品質の悪口を言っていると、それが全部自分に返って来てしまうんですね。
あんなによその事批判していたのに、お宅だって同じじゃない。
そんな事は無いんですよ、その品物の中でベストは尽くされているんですが、事前の悪い情報で、お客様が誤解をされてしまうことがあると思います。


お客様もクリーニング屋さんも両方とも不幸な話で・・・。


いまね、こういう誤解をなくそうと、活動されている方がいらっしゃるんです。
それが先ほども書いた、マスコミに登場している人たちなんですね。

でも、その人たちが頑張れば良いわけではないと思うんですよ。
結局、その人たちがマスコミに露出しているといっても、見ている人はほんの一握り。
僕らが仕事をしていて、クリーニング屋さんがテレビに出ていたわよ、なんていわれることは余りありません。
と言う事は・・・・・、意外と見られていないということなんです。

僕ね、いつも思うんですよ。
こういうときこそ、本当は同業他社同士で手をつなぎお客様へアピールをしていかなきゃいけないんじゃないか、と。


先日も書きましたが、クリーニング屋さんの良い悪いはクリーニング屋さんが決めることではないと思うんです。
利用されるお客様が決めること。
お互いの足を引っ張るような事をしないで、クリーニングと言うものを利用してもらえるようなアピールは、協力して出来るんではないか?と思うんですね。


でも、残念ながら今は個人個人が勝手に動いている感じ。
小さい形態で営業している方が多いクリーニング屋さんですから、全国でちらほらやったとしてもお客様にはなかなか伝わりません。


まとまればスケールメリットが出る。
そう思わないかなあ。

おれはやってるで!と自分の事だけ言っていればいい時代ではないと思うんですね。
事はもっと深刻、仲間ではないかもしれませんが、同じ業種を営んでいるもの同士、停戦協定を結んででも、協力していかないと数年後にはもっと大変な時代が来てしまうと思うのですが・・・。


まだまだ、おれはやってるで!と自己満足な状態の人が多いみたいです。

もう一つ、広い視野でものを考えられるような人が出てきたら少しは変わるかなあ。


洗うという文化、衣類の文化が少しずつずれてきていると、昨日、クリーニング屋さんの仲間と話をしていました。
協力して改善していけたら良いのになあと本当に思っています。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

|

« 聖蹟桜ヶ丘 かつ膳 | トップページ | サンタクロースへの手紙。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひとりが頑張っても駄目なんです。:

« 聖蹟桜ヶ丘 かつ膳 | トップページ | サンタクロースへの手紙。 »