« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

中河原の人も。

短いようで長かった二月も今日で終わります。
三月に入ると、僕的にはとても忙しい月に変わってしまうんですね。

まず、9日に控えている、魔法使いアキットくんのマジックショー。
チケットの方も順調にはけていきまして、遠くは仙川から、アキット君のファンの方がいらっしゃっいました。
どこで知ったのか・・・・・、ってここしかないんですけどね。(^^;;;
良く調べていると思います。

うーん、でも、地元中河原からはまだ少なくて。
本当は、お客様、地元中河原、府中、この辺の人に見てもらいたいなあと思っております。


そして、翌日の神奈川県大和市でのクリーニング感謝祭。
こちらの準備もあわただしくなってまいりました。
お手伝いをさせてもらっていますが・・・・・・、今年は去年より面白いよ。(笑)
お楽しみにして置いてください。

そのほか、展示会など盛りだくさん。
仕事をしながら、時間を作るのも大変ですが、でも、やっている方はその忙しさがとても楽しかったりします。
不思議だね。(笑)

とりあえず、来週末に向けて、スパートです。
なんか、月初めにスパートって変だな。(笑)


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本って平和だなあ。

東京マラソンを走ったお客様が早速ご来店くださいました。

入ってきたときの顔、見せたかったなあ。
物凄く満足しているというか夢の中というか。
その顔を見ただけで、東京マラソンがいかに良かったか、すぐ分かるというものです。

当日のお話を聞くと、テレビなどで見たとおり、風が強くてとても大変だったそうです。
この方、普段はかなり早く走るのですが、今回のタイムは6時間。
どうしちゃったのかな?と思い聞いてみると、まずスタートを切るだけで30分はかかる、との事。
号砲が鳴っても動かず、なんとなく歩き出したかなあという感じでスタートが切れないそうなんですね。
また、35000人のランナーが一斉に走るわけですから、あんな道路では狭すぎるわけです。
ばらけて、自分のペースで走る事が出来るようになるまで、相当時間がかかったといいます。


それでも、東京の町の中を走る爽快感、豪華さといったらすごいようで、こんな豪華なマラソンはないよね、とおっしゃいます。


そして、私設応援団の方々にも感謝をされているんですね。


道路わきにブースを出してお味噌汁を配る人がいたり、応援してくれる人がいたりして、とても力になった、と。
お味噌汁、本当においしかったあと、おっしゃっていましたね。


そんな話をしているときに、お客様がポツリとこういったんです。

走っていてね、日本って平和だなあと思ったんです。

右を向いても左を向いても、楽しそうに走っている。
そこには、日本人もいれば中国人も韓国人もいるけど、誰もいがみ合ったり嫌がらせもしたりしない。
沿道にはたくさんの応援をしてくれる方がいて、ボランティアでお味噌汁をくれたり飲み物をくれたりする人もいる。
増上寺のお坊さんが大きなプラカードでがんばれ、と掲げているのを見たときは涙が出そうだったなあ。
スカイツリーがあり、増上寺があり、銀座の目抜きどうりがあり、こんなに豪華なマラソンは他にはない。
みんなが楽しんで走れる日本って、平和でいい国だなあと思った。


そして・・・・・、

ずっとこんな国にしていかなきゃいけないよね、と。


聞いていて、すごいなあと思いました。
本当に平和の象徴になりつつあるんだなあと、話を聞いていて思うし、何か自分も関われたらいいなと思いますもの。
こういうイベントが日本各地で出来つつあるようで、大阪マラソン、京都マラソンもあるらしいですね。

このお客様が、最後にポツリとこういいました。

今度は東北で走りたいなあ。
みんなで集まってみんなで東北を走って。
それだけだけど、きっと何かが出来るような気がする。

いいな、それ出来たらいいな。
話を聞くだけでも僕もいい気分に。
いいお話、ありがとうございました。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

視察。

3月10日の神奈川県大和市での、大和市クリーニング感謝祭2013に少しだけお手伝いさせていただいています。
チケットの方も順調にはけているようで、残りわずからしいですよ。
お客様、お早めに。


チケットが順調にはけていっていることで、ようやくこの告知が出来るようになりました。


クリーニング屋さん、イベントの視察はいかがでしょうか?


クリーニング業界でこの手の消費者を呼ぶようなイベントは余りありません。
イベントをして、お客様を呼んで、しかもクリーニングの啓蒙もする。
方々でどんな感じなの?と質問を受けたりするんですね。
そこで、人数を限定させていただいて、視察をしてもらおうということになったんです。

まだまだ発展途上で試行錯誤しながら作っている様を見に来ていただけたら幸いです。
意外と見に来ると、想像と違うと思います。
裏ではばたばた、でも、ああ、自分たちも出来るかもしれない、と思っていただけるような気がするんですよね。

視察に来たいというクリーニング屋さんがいましたら、私、工藤宛にメールをくださいね。
メールアドレスはこちら

締め切りは3月3日(日)です。
お早めに。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いらないセーター、洗濯で失敗してセーターを探しています。

今日はお願いです。

皆さん、要らなくなったセーターはありませんでしょうか?
古ぼけてきて着なくなったとか。
ほつれてきて、着なくなったとか。
サイズが合わなくなったとか。

また、自分で洗って失敗しちゃった!というセーターをお持ちの方はいらっしゃいませんか?


クリーニングのイベントで、セーターを使った展示をしたいのですがなかなかいいのが見つからなくて困っております。
もし、いらない、捨てるつもりのものでもかまいません、そういうセーターがありましたら譲っていただけないでしょうか?

お願いしたいのは、ウールーのセーターです。
化学繊維のものは今回は残念ながら使えないんです。


お心当たりのある方がいらっしゃいましたら、一伸ドライクリーニング店 工藤までメールをください。
よろしくお願いいたします。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔の合戦はこんな感じ?

今日は東京マラソンがありますね。

もう、日本中が注目するレースとなりました。
走りたい人が沢山いて、レースに出ることすら難しいようです。


うちのお客様が、なんと、抽選に当たりまして。
7年ぶりに走ることが出来ると喜んでいました。


先日、このお客様と、お話をしていたときの事。
実は東京マラソンが初めて出来た年にも走っていたそうで、どんな感じか、事前の登録の仕方など詳しく教えていただいていたんです。
3万人も走る大きなレースですから、受付も当然前日から。
いかに大きなイベントかわかりますよね。


そんな話をしているときに、ふとお客様がこんな事を言うんですね。


関が原の合戦とか、多分こんな感じだったんじゃないでしょうか。


最初、ピンと来なかったんですが、昔の合戦が何万人の軍勢が進行して行ったとか言いますが、まだに東京マラソンの人数とほぼ同じくらいなんだそうで。
すると、テレビに映る人たちが、合戦の支度をして、移動していたり戦っていると想像すると、なんとなく想像出来るんじゃない?なんて言われるんです。

面白い見方をする人だなあと、感心してしまいました。


でも、そういう見方をするととても面白いですね。
そうか、昔の合戦って、こんな感じだったんだな、と思います。


無事楽しんで走ってきていただきたいと思いますね。
終わったらまた楽しかったお話をぜひ聞かせてください。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実験中。(笑)

ただいま、クリーニングをわかりやすくするための、実験中。( ̄^ ̄)ゞ
みんなでどうすればわかりやすいか、正しく伝わるか、ワイワイやっています。


面白いもの、作るぞ。( ̄▽ ̄)


Image


| | コメント (0) | トラックバック (0)

機械の大きさ。

クリーニング屋さんの機械、大きいイメージありませんか?


大量に洗っている、そう思っている方、以外と多いのではないでしょうか。


クリーニング屋さんの機械も実は大きさにはいろいろあるんです。


ドライクリーニングを例にあげて見ましょう。


ドライクリーニングの機械は見た目は、コインランドリーにあるような、大きなドラム式の機械です。
違うのは、水で洗うかドライ用の溶剤で洗うか。


一応業務用なので大きいものはとても大きい。
一度に50キロの洗濯物を洗う事が出来る機械もあるんです。
これだけ大きい洗濯機のメリットは?と言うと、一度に大量の洗濯物を洗える、と言う点。
チェーン店など、薄利多売で品物を大量に集めているところでは大活躍です。
預かってからの納期が短いですから、一度に大量に洗う必要性があるんですね。


また、小さい機械では、10キロの機械も見たことがあります。
こちらは非常にコンパクト。
ともすればコインランドリーに置いてある機械よりも小さいかもしれません。
この小さい機械にもちゃんとメリットがあるんですよ。


小回りがきくんですね。


細かく分類して洗おうとすると、一度に洗う量が減ります。
もし、これが大きい機械だったら?
一回で洗える量がたまるまで、洗わないで品物がたまるまで待つことになるんです。


効率悪いですね。


そこで、小さな機械の出番。
少ない量でこまめに洗うことが出来るので、大変重宝するんですね。
また、コンパクト、と言うことは狭い場所にも設置しやすくなります。
クリーニング屋さんは、結構狭い場所で営業されているお店が少なくありません。
見学にお邪魔しても、友達のお店へ遊びに行っても、狭い中、機械をどうにか入れて作業されている店がかなり多いんです。
下手すると、僕が入れないような作業場までありますから。


そんなクリーニング屋さんにとって、コンパクトな機械と言うのはとても魅力的なんです。

また、小さい洗濯機と言うのは、落下する高さがそれ程でもないので、ボタンなどの破損がぐっと減るんですね。
反面、たたき効果が弱くなりますから、汚れ落ちが若干悪くなる、と言う人もいます。
まあここは、たたき効果だけで汚れを落としているわけではないので、一概に汚れ落ちと結びつけるのは強引なんですけどね。

こんな感じで、クリーニング屋さんの機械も大きさは千差万別。
大きくていいところもあり、小さくていいところもあるんです。


でも、仕事をしていると、段々と欲が出てくるもんなんですよ。


ああ、大きな機械があれば、大きな布団とかも洗えるのに、なんて。


洗濯機の中に入らなければ洗うことが出来ませんからね。
大きな品物が出るたびにいつも思います。
かといってお店は狭いしねえ。
難しい所ですね。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FMやまとさんにお邪魔してきました。

昨日、FMやまとさんにお邪魔してきました。
祝 ラジオ出演…、と言うわけではなく(笑)、魔法使いアキットくんがラジオに出演すると言うのでお邪魔してきたんです。

大和市、なんだかすごいですね。

タウンニュースにリベルタ、FMやまとと魔法使いアキットくんがここ最近よくでてるようです。
クリーニング感謝祭の影響かしら。(笑)

初めて入るラジオ局、見るものすべてが新鮮でしたね。
打ち合わせから見せていただいたのでちょっと緊張。
面白かったなあ。

FMやまとさん、パーソナリティの土屋さん、お世話になりました。

パーソナリティの土屋さんのブログはこちら。
つちやRYU'S BLOG
ameblo.jp/ryusuke-tsuchiya/

サーマル放送で聞けるようですよ。
ぜひ、チェックしてくださいね。

Image


| | コメント (0) | トラックバック (0)

回す?叩く?

クリーニング屋さんが使う言葉って結構独特なものがあると思うんですね。


仕事の合間に、調べ物をしていたときの事。
家庭用の洗濯機の話なんでしょうが、洗濯機を回す、と言う言葉に驚いている人がいらっしゃったんです。

これって、一般の人にはどうなんですかね?
ぼくらクリーニング屋さんは普通に、回す。
でも、驚いた方々からすると、洗濯機を回すという表現は合わないんでしょうね。

そういえば、うちはテレビのチャンネルも回すだな。(爆)
うちの子供たちは、チャンネルを回す、と言う意味がわからないと思うんですが、チャンネル回してと言うと別の番組に変えます。(笑)

話を元に戻しましょう。


僕らは他に、乾燥機にも、いくつか言葉を使い分けているんです。


普通に感応する事を、乾燥機にかける、と言います。
でも、ある時は、乾燥機で叩く、と言うんです。


どういうときか?


これは回転式の乾燥機、タンブル乾燥機といったほうがわかりやすいでしょうか、これを使って短時間でほぐして干すときに、乾燥機で叩いて、と言うような指示を出します。
乾燥機での乾燥に合わない、でも、そのまま干すとふんわりと仕上がらないときに、軽くタンブリングをして、ほぐしてからハンガーにかけて干す、という作業をするんですね。


これらを一言で、乾燥機で叩いて、と表現します。(笑)


この叩いて、に、ダウンと言う言葉がつくと、またちょっと意味合いが変わってくるから不思議。
ダウンと言う言葉がついたときには、偏ったダウンを乾燥機でタンブリングしながらほぐして乾かして、と言う意味になります。
この場合、乾燥時間は物凄く長いんです。


乾燥機でダウンを叩いて、とこのような指示を出された場合は、上記のような作業をする事を指します。


面白でしょうか?
ほんのちょっとの言葉の違いで、僕らはその次の作業の指示を出していたりするんですね。
と同時に、この指示が出るということは、たとえば、乾燥に弱い商品を扱っていると言うことになりますし、ダウンだったらほぐす必要がある、と言う事になります。

言葉一つから色々な情報をやり取りしているわけです。


クリーニングってね、汚れや繊維の特徴、装飾品の特徴、などを考慮しながら作業をしていきます。
これらが総合的に頭の中に入っていないと、次の仕事が出来なくなってしまうんです。


やるべきこと、やってはいけないこと、その中でどこまで出来るか、こんな事を常に考えながら作業をしているんです。

叩く、回す、と言う表現をたまに使いますが、驚かないでくださいね。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングして着ましょうよ。

今日も雪が降りましたね。
配達の途中、多摩川から多摩市の方をみると真っ白。
ゴルフ場があるからでしょうね。


先日の事。


お客様のお宅へ配達に出掛けました。
そこで、いつものようにお話をしていたんです。(笑)
このお客様、決まったブランドを好んで着ておられるんですね。
糸の細い、肌触りのいい品物。
デリケートだと言うのがよくわかるブランドです。

そこショップの店員さんは売っている服をみなさん着て接客をされているそうで。
上手な営業だなあとお話をしていると、だんだんと話の雲行きがおかしな方へ…。

お客様が、品物を私に差し出して、自分でも洗えるのかもしれないけど、クリーニングしてください、とおっしゃいます。
洗えない事はないが、自分で洗ったら風合いがおかしくなるような品物。
変だな、と思っていたら、こんな事をおっしゃったんです。


この服ね、お店の店員さんが着ていて、自分で洗っても大丈夫、っていうんです、今着てるのも自分で洗ってるし、って、平気で言うんですよ。

ちょっとびっくりしましたが、確認をまずしなければいけません。
洗濯表示をみると、水洗い×。
家庭では洗う事が出来ません。
ちなみに、ドライマークの洗える洗剤は水洗い用ですからね。
水洗い×の表示の品物は洗う事が出来ません。

お客様に、これ洗えませんよ、と言うと、ですよね、と。
二人で顔をみながら苦笑いをして、いい服なのに、店員さん、いいのかなあ、と。


自社の服を着て接客をされるのはとてもいい事だと思います。
実際に着てる姿を見る事が出来れば、お客様もイメージしやすく、選びやすくなると思うんですね。
しかし、それなのに、服が台無しでは、元も子もありません。
その服の一番いいところをなんで見せないのかなあと、残念に思いました。


前にもこう言う事があったんですよね。

人に見せるんだから。
ちゃんとしましょうよ。


クリーニング、してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セミナーを受けてきました。

昨日は展示会に行き、そこでセミナーを受けてきました。


久しぶりの展示会。
最近、あまり行ってませんね。


友達と会場に着き、お昼を用意してくれていたので頂いてから、セミナーへ。
セミナーの内容は、売り上げ倍増大作戦、でした。

クリーニング屋さんも、長引く不況にさらされ、どこも厳しい状況。
そんな中、何とかしようとこうしてセミナーが開催されているんですね。

話の内容は・・・・・、ネタばれになるからあまり書けないんですけどね、講師の方が日本だけではなく海外のクリーニング屋さんも回っている方だったので、とても面白く聞く事が出来ました。
言っていることは至極当たり前、でも、出来ているクリーニング屋さんがどれだけいるんだろう?と言うような内容でしたね。

現状の問題点を鋭く指摘しているのはさすが、といった所です。
ところが、少しだけ、疑問もあったんですね。
最近この手のセミナーをとんと受けなくなったのには実は理由がありまして、どこのセミナーでも同じスタンスで話しをされるので正直うんざりしていたんです。


その理由とは、一体どんなクリーニング屋さんを想定して話をしているんだろう?と言う事なんですよ。


話は確かに分かる、でも、それらは昔からクリーニング屋さんをやられている人たちにとっては当たり前で、いまさらそんな事を言う必要もないだけで、仕事はちゃんと注意しながらやっているんですね。
ところが、こういう話を聞いていると、ここ10年くらいに始めたようなクリーニング屋さんを対象にしたような話の仕方をされるんですよ。

僕ね、話を聞きながら実ははらはらドキドキ。
だって、ちょっと前ならこんな話をしたら、クリーニング屋さんのおじさんたちが怒ったもんでしたから。
馬鹿にするな!と一喝されても不思議ではないんですよね。

皆さん、おとなしくなったもんです・・・・・。

今回も、その辺がちょっとあいまいだったかなという印象。
それでもやりたいこと、望んでいる未来の青写真はしっかりと伝わってきたので、いいセミナーだったんだと思います。


曲がりなりにも数十年クリーニング屋さんをやってきたわけですから、口に出さないだけで、神経使いながら仕事をしているのは間違いありません。
僕らの仕事は軽くみられているのかなあと思ったりもするのも事実ですね。


さて、昨日は展示会もセット。
セミナーが終わるとみんなで移動して展示会をぐるりと回るんです。
所が、昨日の展示会は、いつものとは違うんですよ。
なんと、マイクパフォーマンスがある。(笑)
セミナー会場からみんなで移動をし、そのまま司会者がいて、展示会を、説明し始めます。
小さい展示会ですから、一部屋にいるだけなので出来る芸当ですが・・・・・・・・・、いいんですかね、これで。(笑)
少々おあり過ぎのような感じは否めませんでした。

元来、職人もしくは商売人とメーカーの真剣勝負の場。
マイクパフォーマンスであおるような事をして、それに同調するようではこの業界の未来も危うい。
売るほうとしてはやりたいんでしょうが、本来はそんな事をせずとも、いいものをお客様に提供するために、真剣にやり取りをする場所だと思うんです。
マイクパフォーマンスなんかしなくても、各々が、メーカーの人と、真剣に話をするはず、するようでなければいけないってことなんですけどね。


ここでも、不況がおかしくさせているような感じを受けました。
どこも必死だなあ。

それでも一通り終われば、メーカーさんと一対一で話をし、新しい機械の説明、薬品の説明、沢山話してきましたね。
昨日仕入れてきた話をここでまたしてみて、反応を見たり。
こんな事の繰り返しが、いい機械を生み出していくんだと思います。


実は、昨日は、テレビカメラが入っていたんですよ。
なんと、フジテレビの取材が入っていたんです。
朝の番組で使われるようですよ。
僕映っているかしら?(笑)

そこで、撮影をしているスタッフさんに、少しこちらから質問をしてみたんですね。
せっかく、展示会に来ている素人さんですから、生の声が聞きたい。
ちょうど機械で仕上げた服があったので、質問。


これ、どう思いますか?


僕らクリーニング屋さんから見ると、ハンドアイロンをかけているのとはやはり違うんで、若干のしわが見て取れる。
気になると言えば気になるんですが、スタッフさんが言ったのは、うちで洗ってたらもっとしわくちゃなのでこれで十分着ることが出来ます、との事。
自宅でアイロンはかけないんですか?との質問にも、そんな事はしませんとはっきりと言われてしまいました。


なるほどなあ、と思いつつ、次の質問へ。

Tシャツを仕上げる機械が新しく出ていたんですが、それで仕上げたTシャツを見せて、これ、いくらなら利用しますか?と質問。


返って来た答えが・・・・・、100円、でした。

うーんやっぱり、と言う思いと同時に、それでは提供できないんだよなと言う思いが。
機械の値段が物凄いですからね、とてもそんな金額では提供が出来ないんです。
その後、スタッフさんとお話をして、少しクリーニング屋さんの機械の値段と、クリーニング料金の関係についてお話をさせていただきました。
すると、スタッフさんはみんなびっくりしたような顔をするんですね。
ええっ!そんなにするんですか?と言う驚き。
一体何枚仕上げれば、機械のお金を払いきるんですか?などの質問を受けたり。

・・・・・、少し刺激が強すぎたようです。m(_ _)m


なんだかんだありますが、収穫のあった展示会とセミナーになりました。
どんなものでも、ヒントはあります。
見に行く、聞きに行く、そこまでではまだ半分、お店に返ってから生かして行って、初めて良かったね、となります。
そうなるように、今週もがんばっていきましょう。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

展示会とセミナーへ。

Image


おはようございます。

今日は、久しぶりに展示会とセミナーにやってきました。
八王子の三幸社さんです。

友人に強引に誘われましてね。(笑)
軽いお昼をとって、これからセミナーを受けてきます。

ここ最近、勉強というよりも、お客様との直のふれあいのための活動が多かったので、クリーニング屋さんだけのセミナーは久しぶり。


しっかりと勉強してまいります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト中。

今日は仕事を終わらせて、ちょっと集まっております。

テスト中。(笑)


これから試行錯誤の始まりです。


Image


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホコリ取り。

今日も湯江鍼灸接骨院さんの待合室からお送りしております、今日も洗濯日和。(笑)

去年の今頃は大変でしたからね。
ほぼ動けずに接骨院と家を行き来するだけの生活。
アイロンも3分もてなかったもんなあ…、すぐ腰砕けになっちゃって。
あの頃からみるとよく回復したなあと思います。

最近、新規のお客様が多数いらっしゃるんですね。
周りのクリーニング屋さんが辞めることになった影響だと思うんですが、それに伴い、いつもよりも仕事が一手間多くなっております。

それは、ホコリ取り。


通常、僕らの言うところのホコリ取りとは、仕上げたあとの品物のホコリを取ることを言うんです。

仕上げた品物は、畳んで包装する間に、ホコリがついてしまうことがあるんです。
それと、洗いでは取れない毛玉を綺麗にとってから包装をしているんですね。


だから、クリーニング屋さんの仕上がりは綺麗なんです。

…、うちは、にしておきましょうか。^_^;
お店によってはこういう仕事をやらなくて、有料サービスにしているところもありますから。

ところが、今の一手間は仕上がったあとではないんです。
洗う前に、ホコリ取りをしているんですよ。

それは、なぜか。


ズボンなどの縫い代のところに、ホコリがかなり溜まっているんです。
原因はわかりません、でも、他店から来たものはこういう状態が結構あります。


そのホコリをとってから洗ってあげると綺麗になるんですよね。
また、着やすくもなりますから、なるべく取るようにしているんです。

以前、なんでなるのか?うちで話し合ったことがあるんですが、結局答えは出ず。


品物のせいなのか、洗いのせいなのか、着用の仕方なのか。

どれにも当てはまるようなことがあるから難しいんですよね。

うちで洗っていればそのうちなくなってくるので、気にすることもないんですけどね。

地味な作業ですが、大事な作業の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

精一杯やって仕方がないのなら。

クリーニング屋さんの説明にドキッとすることってないですか?

先ほどいらしたお客様からのお話し。

今日は引き取りに見えたのですが、そこで、何でうちにクリーニングを出しに来たのか、と言う話になりまして。
いつも使っているクリーニング屋さんでいわれたある人事が気になって当店を探してこられたようなんですね。
その一言とは?

ボタンが割れても当店ではクレームは一切受け付けません。そのような規定になっております。よろしいですね?


という言葉だったらしい。
でもこのお客様、このお店をいつもご利用していて、クリーニングしようと思っていた服も何回も頼んでいたもの。
確かにいつもの店員さんとは違ったけど、こんなこと言われたことなんて一度もなかったのに・・・・とおっしゃいます。
で、それなら持って帰りますと持ち帰り当店へ来たのでした。


でね、いろいろと話をしていると、クリーニング屋さんの説明にももうちょっと配慮が合ってもよかったんじゃないのかなあと思うんですね。
まだ、クリーニングに預けてもいないのに、クレームは一切受け付けませんといきなり言われたのでは嫌な気しか怒らない、とお客様おっしゃいます。
また、今まで割れたことがないのに、何でいまさらこんなこと言うのか、割れるような仕事をするのか?と不安になったようです。

そりゃ、この説明を聞いてクリーニングお願いね、なんていうのは、どうでもいい服をクリーニングするくらいじゃないでしょうか。
でも、わざわざお金を出してクリーニングをするのに、いくらなんでもどうなってたっていいよなんていうお客様がいるはずもありません。

これね、言葉が足りなかったんですよ。


お客様もこうおっしゃってました。

人間がやることなので、100%間違いないということはない。
失敗もするときはあるし、もしボタンが割れたらその時は仕方ないと諦める。
でも、やる前から言われたら出したくなくなる、と。

最初の話し方だと、割れるのは当たり前だと言わんばかりの言い草ですもんね。
本当に言葉が足らない。

ボタンが割れて当たり前と思って仕事をしているクリーニング屋さんなんて、この世に一人もいません。
割れないように、気をつけて仕事をしているんです。
でも、それでも割れてしまうことはある。
避けようのない出来事というものも世の中にはありますからね。


お客様は、一生懸命、精一杯割れないように努力してくれて、それでも割れてしまったのなら仕方がないわよ、その時は諦めるわ、とおっしゃる。

問題は、出来る限り努力する、と言う一言が足りなかったんじゃないかなあと思うんです。

本当に言葉が足りないですねえ。

まあ、僕らのような個人店なら、扱う点数も少ないのでボタンのわれも本当に少ないんですが、クリーニングする料が私たちの何倍から数十倍もある大手チェーン店だと、数に比例して割れるのも多くあるのかもしれません。
それゆえに、慣れっこになって、当たり前になっちゃったのかなあ。


人がやることですからね、間違いはあるし、形あるものだからいつかは壊れます。
でも、しごっとしてやっている以上、そうならないように最善を尽くす、と言うのは、当たり前だと思うんです。
当たり前だからこそ、そのこともきちんとお客様に伝えないと、今回のように不安だけあおる形になってしまいます。


細かいことですけどね、クリーニング屋さんって色々な事に配慮しながら仕事をやっています。

ボタンが割れないように。

編に伸びないように。

ハンガーの跡がつかないように。

ホチキスの跡がつかないように。

ちゃんとやっているんだから、お客様にちゃんと伝えて欲しいですね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

品質と料金を考えてみました。

雪、降っちゃいましたね。
昨日、遅めの昼食を取りつつ、テレビを見ていたら、東京は温かいだろうから雨でしょう、といっていたので信じていたんですよ。
でも、接骨院の若い先生とは、意外とこういう時に積もるんですよね、なんて笑っていたら、あらら雪が積もってる。
こんなもんなんでしょうね。

値段って、品物やサービスの品質をはかる一つのバロメーターになっていると思います。

高いものはいいもの。

安いものは良くないもの。


一応こんな基準は皆さんの中にあるんではないでしょうか。
最近は安くていいものも沢山出てきたので、一概には言えなくなってきていると思いますけどね。
100円ショップ、あなどれませんもんね。
便利なもの、多いですよ。

値段って、それなりに理由が付けられて売られていると思うんです。
僕は料理をするわけではないし、男の人特有の思いついたら、目に付いたら買う癖がありますから、実は品質とかよく分かっていなかったりします。(^^;;;

肉やお魚、野菜の品質なんてわからないですもの。
高いからいい商品なんだなあ、とか、産地が特別に書いてあるからいいものなんだなあとか、POPにいいものと書いてあるからいいものなんだろうなあ、位の感覚しかないんですね。
あと、売っているお店の信用、とか。
デパートなら間違いないものを売っているだろうとか、ここのスーパーはいいもの扱っているから間違いないだろう、くらいでしょうか。

安いものを求めると、それなりに買うところも気をつけるようになります。
特にうちのように大人数で暮らしていると、普通のスーパーで買い物をしていると間に合いません。(笑)
必然的に市場で買うようになる・・・・・・、いや、仕入れるようになる。(笑)
買うときの値段も、業者価格になり、安く購入できるようになるんですね。

ところが、値段だけ見ると、市場は最安ではないんです。
安さだけで見るなら、スーパーの特売の方が安かったりする。
何だ、市場って高いんじゃん、と思ってこともありました。

まあ、値段だけしか見ていなかったんですよね。

ところが、これがうちの嫁さんや母と買い物に行くとがらりと印象が変わるんですね。
彼女たちは買い物をするときに、品質も見るわけです。

このお肉がこの値段なら買いだね、とか、この野菜は新鮮で形もそろっているからいいものだ、とか。
私にはちんぷんかんぷん。
でも、絶対的値段だけで決めていないということはよく分かります。


品質と値段、両方を考慮して、買い物をしているんですね。


そんな時、家族が僕ひとりだけおいて出かけた日がありました。
当然、ご飯は自分で用意しなければいけません。
でも・・・・・、ご飯もたいていなければおかずもない。
たぶん晩御飯も食べて返ってくるでしょうから、ご飯を炊いてもあまりだけ・・・・・、弁当でも買いに行こうとスーパーへ行ったんですね。


まあ、目に付くものを相変わらず衝動買いをしていくわけです。
サラダを買い、お弁当を買い、うちに帰って食べてみたときに、サラダが干からびていてびっくりしたんです。
買うときは、サラダってこんなに安いのね、と買うほうが良くない?なんて軽く考えていたんです。
でも、いざ食べてみると、いつも家で食べているものとまったく違うんでびっくり。
はじめて、生きが違うってこういう事を言うのね、新鮮ってこういう事を言うのね、と思ったんですね。

なるほど、値段だけでははかれない、品質とのバランスってあるんだなあと、ここで一つ勉強になりました。


ふと、クリーニングってどう思われているのかな?とふと考えます。
よく、クリーニング屋さんが言う所の、クリーニング店も色々あります、と言う事はこういうことなんでしょうね。
クリーニングをしてくれる所といっても、品質は様々、ちゃんと選んでくださいね、と言う事を伝えたいんだろうなと思うわけです。
ところが、クリーニング屋さんはお店にせよって、年中セールをしています。
もう、セールの値段が通常価格なんじゃないだろうか?(笑)と言うくらいセールを一年中しているお店、ありますよね。

セールをしていると、お得だってイメージがあるじゃないですか。

それは、品質は変わらないのが前提で同じ物を買うことが出来るのなら、安いほうがお得、と言う事。
これ自体はすごく正しいと思うんです。
また、そういう期待をして、買うわけですし。


ところが、実際はセール中の商品は品質ががくんと落ちるケースがある・・・・・・となると、果たしてそれは本当にお得なのか?と思い出すんです。
これがね、食べ物だったりすれば、最悪捨ててしまえば済むんですよ。
うちのような大家族のうちなら、はずれを引いても、みんながちょっと食べればすぐなくなりますし。(笑)
消費して、次買わなければ済むだけなんですよね。

でも、クリーニングの場合、そうは行かないから困るわけです。


クリーニングするのはお客様の衣類、お客様の手元にクリーニングした後の品物は残るわけです・・・・・・・・、捨てるわけにも行かず、簡単に新しいものを買うわけにもいかず、途方にくれてしまいます。

やっぱり、品質って大事ですよ。
過剰な品質では消費者も困りますけど、普通に使える食べられる、サービスを受けられる、そんな品質はとても大事。
当たり前の品質を損なうような、値引きや値段設定は、本当はお客様にとって不利益になっていると言う事を考えた方がいいのかもしれません。

お店の人は言います。

自分たちもいいものを売りたいんだ、でも、お客様は安いものを欲しがるんだ、と。


でも、お客様も言います。


私たちは品質のいいものを欲しいんだ、決して安かろう悪かろうと言うものは欲しくないんだ、と。

結局、みんなきちんとしたものが欲しいといっているんですよ。
・・・・・・・・・、答え、出てますよね。(^-^)


昔を懐かしむわけではないですけど、ちゃんとしたものを売りたい、ちゃんとしたものが欲しい、そんな風になっていけたら、みんな幸せになるんじゃないでしょうか。
作り手も生きがいを感じ、お客様もよろこぶ。
誰も、好き好んで手を抜いた商品なんか作りたくないですもんね。


うん、頑張っていいものを提供していくましょう。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕上げづらい理由は?

ただいま、湯江鍼灸接骨院さんにきています。
雨降ってて雪になるかも?と言う日なのに、めちゃ混み。(>_<)
待合室が混んでいるので、久しぶりに外で待って見ました。

さ、さむい。(>_<)

いただいたコメントに、仕上げやすいワイシャツと仕上げにくいワイシャツがあるとありました。

実際あるんですよね。(笑)

でも、その違いがなかなかわからないからみなさん困ってるわけですね。

仕上げに差が出る原因は、主に二つの原因があります。

一つは素材の違い。


綿や麻などの植物系の繊維100%のものはシワになりやすく、ついたシワが取れにくいんですね。
特に、水で洗った時にシワが強くつきますから、まず家庭で仕上げるのは厳しい。


でも、ここにポリエステルなどの化学繊維が入ると、途端に仕上げやすくなるんです。
混ざる割合、混紡率と言うんですが、ちょうどいいのは綿65%、ポリエステル35%ですかね。
綿の肌触りを残しつつ、シワもつきにくい。
僕らも仕上げやすいワイシャツになります。


逆に、ポリエステルの方が多くなるとそれはそれで仕上げしづらくなるんです。
繊維の太さにもやりますけど、テロンテロンになっちゃうものがありますよね。

もう一つ、仕上げ台の差があるんですね。
僕らクリーニング屋さんでは綿100%でも、普通に仕上げて行きます。
よく、アイロンが違うからよね、といわれますが、違うのはアイロン台の方。
こちらが、伸ばすようになっているんですよ。


一般家庭では見かけない、バキュームがついていてね、下から蒸気を吸い取ってくれるんです。
この機能がついているおかげで、シワがなく仕上げられるんです。

じゃあ、仕上げやすいワイシャツにして、アイロン台を揃えて…、と思うでしょ?
そんな簡単な話にはならないんですよ。


アイロン台、家庭で買えるような値段なんかじゃないんですもの。(>_<)
しかも、ものすごく場所取るし。

僕らだって、仕事だから高くても場所をとっても導入するんですね。
普通の家庭だったら…、クリーニング屋さんに出す方がはるかに経済的です。(笑)

ワイシャツのクリーニングって、それほどお手頃だと思います。

形態安定のシャツも永久ではありません。
早ければ3ヶ月もしないうちにシワがとれなくなります。


取れなくなったらクリーニング屋さんへ。
時間も手間も大幅カットできますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸洗いがいいと思うんですよね。

三連休、最終日。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?


先ほどいらしたお客様は、娘さんと二人でバレンタインデーのチョコの製作をしていたそうで、お父さんと息子さんは家を出て行って頂戴!と追い出されたんだとか。(笑)


うちは・・・・・・、なぜか今頃になって太鼓の達人にはまったようで、大人は仕事、子どもは居間で太鼓の達人を一生懸命やっていました。
これもテレビの影響でしょうね。

あくまでも僕個人の見解として書くので、クリーニング屋さんを代表した意見ではないと言う前置きしておきますが、やっぱり丸洗いが一番いいと思うんですよね。


小さなシミがぽつんとあった場合、そこを落とせば全てうまくいく・・・・という人も中にはいらっしゃいますね。
確かにそれでいい場合もあるんですが、僕の経験からすると、そういうのって稀なのかなあと思うんです。

シミはそこに一つかもしれませんが、しみが付くまでに相当使っていたりするので、全体的に薄汚れているケースの方が多いんですよ。
すると、しみを落としただけでは、周りとの差が出来てしまい、返って汚れみたいに見えてしまう、という事があるんです。
結局、丸洗いをして全体的な汚れも落としてすっきり、となるんです。


今、ニュースをにぎわしている、大気汚染の話ではありませんが。


着ているだけでも汚れる、そういうことの方が多いと思うんですよね。
大気汚染もあるし、汗もかきます、手垢もつくし、壁なんかも汚れているのでそこに触れれば汚れることもあります。

結果的にですけど、使用したり着用したりすると、全体的に汚れるのは当たり前の話なんだろうなと思うんです。
で、そういう汚れを部分的に落とすと、周りとの整合性が取れなくなるので結局丸洗いをすることになる。

丸洗いって大事だよなあと思うんです。

以前、クリーニング業界の関係者の一人が、Yシャツなんか汚れているのは襟と袖くらいだからそこの汚れを部分的に落として後はすすげばいい、見たいな事を言っていた時期がありました。
なぜか周りがそれに同調するような動きになっちゃって。
彼は、クリーニング屋さんではないから、簡単に考えたんでしょうね。

汚れが部分的にしか付かない、と言う発想は、常に洗っている現場の人間にはないんですよ。
だって、部分的にしか汚れていないと言うのは稀なケースだから。
やっぱり全体的に汚れているから、全体的に洗いましょうとなるのが普通なんですよね。

でも、こういう簡単に考える人が出てくるというのも、実は困りものなんですね。
別に自分達の仕事がいかに大変か、と言う事をアピールしたいわけではなくて、汚れの事をきちんと認識してくれないと取り返しがつかなくなっちゃうと思うんです。


今は、別に汚れているからといって、命をとられることはないですが。

将来的に、汚くしておくと服の上で何か菌のようなものが発生して体に害を与える・・・・なんていう事が起こらないとも限りません。
そもそも、僕らクリーニング業と言うのは、皆さんの公衆衛生を守るためにあるんですから、その根本が崩れていこうとしているのは、由々しき事態なわけです。

やっていることは洗濯と似ているかもしれませんが、クリーニングってもっと奥が深いんですけどね。
どの仕事もそうですが、出来上がるものはシンプルでも仕事としてやっている以上、目に見えないような細かいこともまで視野に入れて作業をしているのが今の時代だと思うんです。

シンプルにしていって作業を効率化するのは大切だけど、シンプルにしていながらも実は深く考えられていると言う姿勢は忘れてはいけないような気がしますね。

だって、お金をいただいてやっている仕事だもん。

そんな簡単な仕事なら、この時代まで残っていないと思うし、ここまで進化した家電メーカーや洗剤メーカーがあればうちらは必要ないし。
必要とされている所に理由があるわけですからね。

専門家として。

気持ちや姿勢は忘れちゃいけないよなあ・・・・・・と、Yシャツを仕上げながら考えていました。(^^;;;


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山に。

おはようございます。


寒いです。(>_<)
富士山に水汲みに来ております。
気温マイナス5℃。
しばれるなあ。


富士山はとても綺麗でしたけどね。
雲海に浮かぶ富士山、初めてみました。

今日も並んでます。(笑)
どれくらい待つでしょうか。(笑)

Image


| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングと電気。

クリーニングの仕事をしていて、色々な事に注意しながらやるんですが、たぶん消費者の方にはわからないかもしれないなあと言うのが一つあるんです。

それが、電気。

正確に言うと、電荷、ですね。
昔習いませんでしたか?+の電気、-の電気とか。
あれね、クリーニングにはとてもかかわりがあるんですよ。

一番わかりやすいのが静電気ですね。
この時期、乾燥をして、パチパチよく言うあれです。
あれね、静電気の起こりやすい繊維と起こりにくい繊維と言うのがあるんですよ。
また、着合わせもあるんですね。
これとこの組み合わせは、最悪、とか。(笑)
逆にこれとこれを着ていればほぼ静電気は起きないよね、とか。


なぜこんなことが起きるかというと、繊維には+-の電気があるんです。
どっちに偏っているかで、静電気の起こりやすい、起こりにくいという事があるんですね。

また、洗剤にも電荷はあります。

皆さんが普通に使っているのはマイナスの電気を帯びた洗剤。
汚れを落とすにはマイナスの電気を帯びた方がよく落ちると言われています。
逆に、プラスの電気を帯びた洗剤は汚れ落ちよりも殺菌の方に力が強く働くんですね。
逆性石鹸、聞いたことありませんか?
薬用石鹸とかがそれに当たります。


プラスとマイナス、相性悪いじゃないですか。
するとね、洗剤なんかも、一緒に使えない洗剤とか薬品が出てきたりするんです。
だから僕らが扱う薬品には、pHや電気の属性なんかが乗っているんですよ。
自分の使っている洗剤や薬品と合うのかどうか、最悪の場合、お互いが相殺しあってまったく効果がなくなってしまうことも起こりえるんです。


また、乾燥機でタンブリングをしていると、静電気が発生しやすくなります。
するとですね、ホコリが服につきやすくなってしまうんです。
せっかく洗ったのに、乾燥で色がくすんでは元も子もないですから、私たちが使う乾燥機には、アースが付けられていて、静電気を逃すようになっているんですね。
その他に、乾燥しながら静電気を逃すシートなんかをいれて一緒に乾燥する人もいたり、静電気にはとても注意を払っています。

まさかまさかの、クリーニングと電気の関係。
いい仕事をするためには、こんな所にも注意を払いながら仕事をしています。

今年の冬は、ちょっと厳しいですねえ・・・・・。
乾燥がひどいから・・・・・。


皆さんも、風邪にインフルエンザにお気をつけください。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青木屋さんの大創業際に急げ!(笑)

先日、一通のダイレクトメールがやってきました。

なんと、府中のお菓子といったらこれと言うほど有名な、青木屋さんから。


武蔵野日誌なんかお土産に持っていくと大好評ですよね。
なんと、青木屋さん、120周年だそうで。
おめでとうございます。

そして、それにあわせて本日より11日まで、プレミアム企画を立ち上げているんだそうです。

なんと、1000円のお買い物をすると、100円の商品券がもらえる、らしい。


ダイレクトメールには1000円ごとにとあるので、買えば買うだけもらえるんでしょう。
二回に分けてやるらしく、今回の実施店舗は、以下の店舗。


・府中けやき並木通り店
・武蔵野台店
・是政店
・稲城長沼店
・めじろ台店
・国立店
・多摩ニュータウン諏訪店

だそうです。
武蔵野日誌の、限定冬バージョンも合わせて発売されるそうですから、ぜひこの機会にお買い求めください。

他の店はまた別の日に開催するそうですよ。

配達の帰りに寄らなきゃ。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和市クリーニング感謝祭のCM、見ました?

3月10日に神奈川県大和市で行われる「大和市クリーニング感謝祭2013」のCMが出来たみたいなんですよね。

出演はもちろん、魔法使いアキットくん。(笑)
3つもバージョンがあるようですよ。
前日は、府中でもイベントに出てますから、ご興味のある方は一度ご覧ください。


大和市のイベントは、チャリティも含まれているようです。
沢山の方に見に来ていただきたい、と関係者も申しておりました。
ぜひ、ぜひ、チケットがなくならないうちに、大和のクリーニング屋さんにもいってあげてくださいね。


大和市クリーニング感謝祭魔法使いアキット 文化センター編


大和市クリーニング感謝祭2013アキットマジックショー カミカミ編

大和市クリーニング感謝祭魔法使いアキット ふぁふぁ編

ふわふわ編はすでに多くのファンがいるようです。(笑)
爆笑ものですよ。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それは洗いすぎのせいではないですよ。

今日は雪が損にあ降りませんでしたね。
予報と違ったんだけど、この場合は良かったんじゃないでしょうか。
予報どおりの大雪になってたら・・・・・、大変なことになっていたと思います。
外れていい事もありますよね。(笑)


先日の事。

あるホームページを発見しました。
そこにはスーツのクリーニングの事について書かれているんですが、内容を読んでいると、かなり偏った内容。
正直びっくりして、憤りを感じるくらいです。


その方、オーダーのスーツを持っていて、就に一度クリーニングを利用していたんだそうです。
ところが、あるホームページを読んで、洗いすぎがスーツに良くないということに気付いた、と言います。
スーツが傷んでしまうから、と言うんですね、洗いすぎると。


でもおかしな話ばかりなんですよね。
突っ込みどころ満載。


まず、参考にしたホームページはどこかと言うと、クリーニング屋さんで働いていた、バイトをしていた、と言う人の話。
この手の話で一番多いのは、クリーニング屋で働いていた、と言う人が話す話なんです。
でも、本当のクリーニング屋はいなくて、いつもあるバイトかパートをやっていた人が話をしています。

それはちょっと違うでしょう?とクリーニング師の人たちはいつも思っているんですよ。
資格を持っているわけでもなく、専門的な知識を持っていない人たちの話をどこまで信用していいのか、ちょっとは疑って欲しいと思うんですけどね。

ここでも何回も書いていますが、クリーニング屋さんも経営方針に違いがあって、当然仕事の仕方もまったく違います。
リーズナブルな価格でクリーニングを提供しているクリーニング屋さんと、品質第一でクリーニングしているクリーニング屋さんとでは、仕上がりも違って当たり前の話。
それらを一緒にしたような話は、クリーニング屋に恨みでもあるの?と言いたくなるような話です。


また、書いている人は、オーダーのスーツを春夏二着、秋冬二着で着まわしているそうで。


おい、それは少なすぎだろう?とここでも突っ込み。
一週間きて、もう一着を着ている間にクリーニングをして・・・・。
もしこれで傷むというのなら、それはクリーニングのせいではなく、明らかに着過ぎですよ。
僕らクリーニング屋さんが推奨するのは、各シーズン7着は持っていて欲しい、と言う事なんですね。
2着での着まわしなんて、すぐ服が傷んでしまいます。

ここでも書いたと思うんですけどね。自分の服でテストをしているんですね。


Yシャツを、一回着たら洗う、と言う事を繰り返した年と、2回ないし3回着たら洗う年と比べてみたんです。
すると、その差は歴然。


一回着て洗っていると、色も鮮やかで、キレイに着ていられるんですよね。
ところが、数回着てあらうと、どうなると思いますか?
まず、洗ったのに、どことなく色がくすんでいるんです。
もしかすると、これはクリーニング屋さんでしかわからないレベルかもしれません、でも僕らにははっきりとわかる。
そして、小さな毛玉が出来始めました。
僕のYシャツには、ポリエステルが混ざっているので、毛玉になってしまったんだろ思います。

ね、連続でき続けると良くないってこれで分かるでしょ?

Yシャツでさえこんな感じですから、ウールのスーツだったり、柔らかい生地だったりすれば連続して着れば・・・・・、後は想像できますよね?


何でもかんでもクリーニングを疑う前に、他の事を考えて欲しいなあと思います。


こんなホームページがあるのは正直嫌ですね。
まったく知らない人が信じてしまうのも嫌。


本当に困ったものです。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寄ってくださいましてありがとうございます。

先週、一本の電話が入ったんです。

毎年カシミヤのクリーニングを宅配便でご利用いただくお客様から。
ちょうど接骨院での治療中だったので電話に出れなかったのですが、治療終了後に電話。
何かあったのかな?と心配していると、来週、中河原に行くので、寄らせてもらいます、との事。
いつもお出しになっているカシミヤのコートの袖口を見て欲しい、と言う事でした。


そして、昨日の夕方、お客様がご来店。


実際に会ったのは昨日が初めてだったんですね。
メールや電話では何回もお話をし、人柄も十分分かっているのですが、初対面。(笑)
でも、不思議と初めてという気がしないんですよね。
もう何年もご利用いただいているということもあるし、お互い納得するまで話をしていると言う事もあると思うんです。

こうして欲しい。


そういう話をしていただくと、こちらはそれにどう応えるか?真剣に考えます。
出来ること、出来ない事、代替案、色々な話を今までしてきたからこそ、お互いの信頼関係が出来上がっているんだと思うんです。


袖口の件と、わざわざ挨拶に寄ってくださったんだな、と言う事はすぐにわかります。

宅配便でのクリーニングを受け付け始めて、このようにわざわざご挨拶に来ていただくことが増えました。
普通に考えて、インターネットでしかもメールでやり取り、宅配便での利用、不安だらけだと思うんですよね。
確かめるために寄っていただくこともありますし、お礼を兼ねて寄っていただく方もいらっしゃるんです。

こちらもお礼したいんですけどね。(^^;;;


だって、信用してもらって出してくださってるんですもん。
こちらも、出来る限り安心していただけるように、ご連絡したり、こんな仕事をしていますと発信したりしているんですが、それでも、中々信用は出来ないと思うんですよ。

所詮、ネットの情報、実際の店舗を見ていないし、もしかしたら嘘をついているかもしれない。
クリーニングすると言って預かってわからないからと洗わないとかもしくはどこかへ売っちゃったりしないだろうか?
そんな風に思う人もいると思うんですね。

でも、最後まで信じてくださってご利用していただける。
いつも品物が届くとお客様からありがとうと言うメールをいただくんですが、こちらもありがとうございます、といつも思うんですよ。


昨日もね、お互い会ってニコニコしっぱなしだったんです。
お客様が帰られた後も、母と二人で、初めてだけど、想像してた通りのような人だね、と。
いいひとだなあ、と。
今年の春も、一生懸命洗わないとね、と。


そんな事を話していました。


遠い所、わざわざ寄ってくださいましてありがとうございます。
宅配便ご利用のお客様、もしお近くにお越しの際は、ぜひ遠慮なく当店へお寄りください。
何も出来ませんが、心よりお待ちしております。m(_ _)m


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニング屋さんは宣伝下手?

昔、クリーニング学校に通っていた頃に、繊維の先生にこう言われた事がありました。


クリーニング屋さんの宣伝はどこも同じ。
白い!早い!きれい!
それ以外見たことがない。


なるほど、おっしゃる通りでクリーニングの仕事をどう表すかと言うと、この三つの言葉がわかりやすいんですね。
でも、ここでも何回も書いていますが、クリーニング屋さんも、各々経営方針を持ってクリーニングされています。
と言う事は、色々なクリーニング屋さんがあるわけですね。

一点一点、品物にあわせて、丁寧にクリーニングをするところ。


同じ品物をまとめて洗うことでコストを最大限カットし、リーズナブルな価格でクリーニングをするところ。

でも、宣伝も見た目もこの二店舗はあまり変わりがないから消費者の皆さんには分かりづらいと思うんですね。
これがラーメン屋さんだったらどうでしょ?


普通のラーメン屋さん、高級な中華料理屋さん、見た目だけでもある程度わかるようになっています。
でも、クリーニング屋さんってなかなか見た目だけでわかるようにはなっていないんですね。


しかも、チェーン展開をされていると、クリーニング屋さんを色々変えて出だしているつもりが工場は同じだったりして、仕事内容が変わらないと言う事もあります。
せめて同じ店名なら同じ系列だな、と思うのかもしれませんが、中には店名をがらりと変えているお店もありますからね。

こうなってくると、クリーニングはどこも同じと諦めてしまう人も出てくるようです。
すると、クリーニング屋さんは、クリーニング屋さんも千差万別です、選びましょう・・・・・・、と簡単に言ってくる。
千差万別でも、それをどう見分けるかがわからなくて困っているというのにね。


こうなる原因は、クリーニング屋さんはやは職人気質という所が大いにあるんだろうと思うんですね。

仕事を見てもらえればわかるよ!

こうおっしゃるクリーニング屋さん、結構沢山いるんです。(^^;;;
確かに、いい仕事をしている、でも、今そのいい仕事がわかる消費者の方が少なくなっているんですね。
どういうクリーニングがいいクリーニングなのか、そもそもわからないんです。
プロがやっているんだから、きれいにしてもらえているだろう・・・・、というのが普通の消費者の感覚だと思いますし。


そんな中、上手にクリーニングの事を伝えているクリーニング屋さんも増えて来ました。


どんな風に汚れを落としています、とか、こういうことに気をつけてください、とか。
クリーニング屋さんならではのアドバイスをしているお店が出てきたり、仕事内容を写真で紹介したり、消費者の皆さんにわかりやすい宣伝になっているんですね。


早い、安い、キレイ、これも悪くはないですけどね、でも、利用していただいている消費者の皆さんにわかりやすく伝えると言うのも、僕らの仕事ではないのかなあと思うんです。
特に自分のものを人に預けるわけですから、不安がないと言えば嘘になる。
キレイにするのは当たり前です、そこを伝えるのではなくて、プロだからこそ気を使っている部分が沢山あるはずなんですね、そこを紹介していけたらいいのになあと思います。

ここ今日も洗濯日和も、もっとお客様に色々な事を紹介していかなくちゃいけませんね。
もっと頑張りましょう。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yシャツの品質。

今日はお休みでしたが、お昼過ぎまで仕事をしておりました。
お店のロールカーテンがですね、おかしかったので、直していたんです。
その流れで、ついでだからと、Yシャツの仕上げなどをしておりました。


Yシャツの仕上げをしていると、いつも色々な事を考えます。
配達の事、春先の事、仕上げの事、洗いの事。


不思議なもので、リズムよく仕上げているときに限って、色々な事を考えているものなんですね。
だからといって仕事がおろそかというわけでもなく。
ちゃんと洗い直しは見つけるし、しわは取るし、ここが人間の不思議な所です。
返って何も考えられない方が注意力散漫だったりします。

今日は、仕上げをしながら、Yシャツを考えていました。

当店でクリーニングされるお客様は、毎週ほぼ決まった日に決まった枚数を持ち込まれます。
お預かりしている感じですと、少ない方でも15枚ほど、多い方ですと30枚ほどお持ちのようです。
でも、実際に着ておられる枚数は常時10枚前後といったところでしょうか。
お気に入り、または着易いというのがあるんでしょう。

こうして仕上げてますとね、Yシャツと一言でいいますが、色々あるんだなあと思います。


仕上げていて、これはとてもしっかりしている商品だ、と感心するようなYシャツがあるんです。
まず、こういったYシャツは洗っても形が崩れないんですね。
形が崩れないとは、ゆがまないと言う事。
襟もきちんとしてるし、袖口もしっかりしている、固いというわけではなくて、形を保っていると言う表現がぴったりきます。

そうですね、人によっては、このまま着る事が出来る、そんな人もいるかもしれません。
でも、こういうYシャツを着る人と言うのは、洗いざらしでは絶対着ない。
アイロンがかかったYシャツのきれいさ、気持ちよさを知っているからなんでしょうね。

他にもいろんなYシャツが出ているんですけどね、決まって同じメーカーのYシャツがおかしくなっていることに気付く事もあるんです。
たとえば、ボタンホールのある前たて。
ここだけ、縮んでしまうYシャツがあるんですね。
ボタンのあるほうと比べるとひどいものだと2センチほど違ってしまうケースがあります。
他のYシャツはこんな事にはならないのに、です。
同じメーカー、同じ加工がされているものに限って、このような縮みが起こっています。


そのまま返すクリーニング屋さんもありますが、うちでは、縮んだ所を伸ばして仕上げなおすんです。
これがかなり骨でして。
手首がおかしくなるんじゃないか?と言うくらい伸ばして仕上げています。


このメーカー、信用ある有名な所なんですけどね、ここのとこを早く何とかして欲しい。

また、みなさんが安物と思っているメーカーの商品が、割といいんではないか、と思うんですよね、仕上げていると。
型崩れがほとんど見られないんですよ。
縫製がしっかりとしているんでしょうね。
ただし、生地はお世辞にもいいものとはいえません。
でも、丈夫な生地ですから、安くて長持ちするのはたぶん間違いなし。
ファストファッションと言えどもあなどれませんよ、実際は。


ブランド物のYシャツは、かなり神経を使います。
生地の性質からでしょうね、縫製がそこまでいいものではないケースが多いんです。
しっかりと作られてはいるんだけど、頑丈かというとそうでもない。
作られた国によっては縮みやすいのもあるので、日常つかうのは厳しいんではないのかなあと思ってしまいます。


こんな風に、Yシャツといっても、値段だけでなく、かなりみんな特徴があって面白いんです。
ただ面白がってばかりもいられないので、その特徴を頭の中に叩き込んでおいて、Yシャツに合わせて仕上げ方を変えたり洗い方を変えたりして対応をしています。


ここでも何べんも書いていますが、値段が服の品質を表しているわけではない、と言う事を改めて感じます。

安くてもいいものはあるし、高くても丈夫でないものもある。


作られた目的を考えると、値段も納得だったりするんですけどね。

これだけ違いのあるYシャツ、皆さんちゃんと選んでいますか?

汗をよくかくハードなお仕事の方なら、生地も縫製もしっかりしたものの方がいいと思います。
できれば、疲れにくくするために、オーダーで作られるとさらにいい。
体にフィットするだけで疲れが激減しますからね。


汗もかかないし、通勤の行き帰りだけ、そんな方は、ちょっとおしゃれしてもいいかも。
ソフトな感じの生地で、縫製が強くなくても十分耐えられると思います。


一番悪いのは用途に合わない選び方をしてしまう事。
合わないと、傷みやすくなり、早く着れなくなってしまうこともあります。


服を長持ちさせたいのなら、まずは自分にあった服を選びましょう。
服が傷みやすい人は、服が自分にあっていない可能性もあります。
気をつけてくださいね。


一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダウンがぺしゃんこになってるのは傷んでるから???

ここ最近、ダウンの話しを良く耳にします。


ご自分で洗っていたり、クリーニング屋さんに出したり、様々なようですが、最近よく耳にするのがダウンがぺしゃんこになったと言う話。
洗ったら、ふくらみがなくなった、というお話を聞く事が多くなったんですね。

僕らは、その話を聞くと、ははーん、乾燥が足りなくてふくらみが足りないんだな、とすぐ思うのですが、どうやらお客様は違う事を思うようで。


洗うことで、ダウンが傷んだんじゃないか。


そう思うようです。
最近のお客様はとかく、衣類が傷むと言う事を口にされます。
痛むということにこれだけ神経質になってしまうと、関係ないことまで傷んでいる証拠として捉えてしまい、本当の原因を見つけられなくなってしまうことが多々あるんですね。


実際、僕らからすると、このケースの場合、、痛むということよりもふくらみが足りないから暖かくない、と言う事の方が大問題なわけです。
そこの話しをするお客様は減ってしまいました。


たとえば、うちで羽毛布団をクリーニングします。
すると、持ってきたときよりも、物凄くふくらむんです。
これはしっかり乾燥することで、膨らむようになり、暖かくなるんですね。
買ったときに近くなった、という方が正しい。
使っている内に段々と嵩が減っていき、ふくらみが足りなくなっていきますから。


たぶん、皆さんが今着ているダウン、そろそろ汚れがすごいことになっているはずなんですよ。
今年は、寒かったし、乾燥しているので、ホコリっぽかった。
大気汚染の話なんかもありましたしね。
12月くらいからきていると、そろそろダウンをキレイにしてあげる時期に来ているんです。

しっかりとクリーニングして、しっかりと乾燥をしてもらいましょう。


今日は暖かかったですが、明日からまた寒くなる予報。
来週は雪のマークもついていたりします。
クリーニングするなら、今!!!

たまに、クリーニングから返って来たダウンがふくらみが足りない、そんな話も耳にします。
そういう時は遠慮なく、もう一度乾燥をするようにお願いしてみましょう。
ダウンの命、ふくらみが足りないのでは、話になりません。

傷んでいるのかも?
これ以上乾燥したら傷むかも?


そんな心配は要りません。
やり直してもらいましょうね。


ご家庭で洗っている皆さん、キレイになっていると思っても、実際は結構違うものです。
一度クリーニング屋さんで洗ってもらうと、一目瞭然。
きれいだと思っていたら、まだ汚れていた、と思うかもしれませんよ。


僕なら、ダウンのクリーニングは自分でしません。
ダウンの品質をフルに発揮するのなら、クリーニングの設備が必要だとわかっているから。
ぜひ、お試しくださいね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筋肉痛。

昨日のお昼ごろから、母が動けなくなりまして。
とかくと、皆さんびっくりしますよね。
嘘ではないんです。

午前中、仕事に余裕が出来たので、母は乾燥機の掃除をしておりました。
乾燥機ってとても汚れるんですよ。
掃除をきちんとしてあげないと、無駄に乾燥時間が長くなる。
こまめな掃除は品質アップにも繋がります。

どうしてもほこりが出やすい作業なので、裏の扉を前回にして座り込んで掃除をしていたんですね・・・・・・。
そうしたら、腰が痛くて動けなくなっちゃった。


僕も去年やったのでそのつらさは分かります。
力が入らないんですよ。
たつことも出来ないし、座っていてもつらい。
時間はお昼を回ってしまったので、湯江さんに行くことも出来ません。
仕方なく、二階で休ませる事に。


何でこんなになったんだろう?と話をしていても、思い当たる節はなし。
思いつくのは冷やした事くらいでしょうか。


夕方になるとさらにひどくなってきたので、たまらず、若い先生にメールをして、痛みを和らげるような処置を教えていただきました。

そして、今朝。


やっぱり動けないのは変わらず。
このままではどうしようもないので、午前中に湯江さんに行きます。
診断結果は・・・・・、筋肉痛。


母、治療が進んできたので、筋トレも始まっていたんです。
ところが、早く治したいばかりに、がつがつと筋トレを始め、僕より早く治るんだと息巻いてやっていたんですよね。


間違ったやり方で。(爆)

どうも、これが原因のようです。
間違った筋トレをしていたため、変な風に負担がかかり、動けなくなった、と。


接骨院で、傷みのこない正しい動き方を教えていただいて、今安静にしております。
不思議なもので、動き方一つ教えてもらうだけで、さっきまで動くなくてうめいていた母が、立って歩けるようになるんですよね。

とりあえず、筋肉痛でよかったですが、皆さん冷えには注意してくださいね。
今年は特に寒いですし、女性はそんな中でも家の事をやらなければいけないときがあります。
体を冷やして傷めませんように。


一枚多く着るようにするといいですよ。
温かい格好で乗り切りましょうね。

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »