« FMやまとさんにお邪魔してきました。 | トップページ | 実験中。(笑) »

機械の大きさ。

クリーニング屋さんの機械、大きいイメージありませんか?


大量に洗っている、そう思っている方、以外と多いのではないでしょうか。


クリーニング屋さんの機械も実は大きさにはいろいろあるんです。


ドライクリーニングを例にあげて見ましょう。


ドライクリーニングの機械は見た目は、コインランドリーにあるような、大きなドラム式の機械です。
違うのは、水で洗うかドライ用の溶剤で洗うか。


一応業務用なので大きいものはとても大きい。
一度に50キロの洗濯物を洗う事が出来る機械もあるんです。
これだけ大きい洗濯機のメリットは?と言うと、一度に大量の洗濯物を洗える、と言う点。
チェーン店など、薄利多売で品物を大量に集めているところでは大活躍です。
預かってからの納期が短いですから、一度に大量に洗う必要性があるんですね。


また、小さい機械では、10キロの機械も見たことがあります。
こちらは非常にコンパクト。
ともすればコインランドリーに置いてある機械よりも小さいかもしれません。
この小さい機械にもちゃんとメリットがあるんですよ。


小回りがきくんですね。


細かく分類して洗おうとすると、一度に洗う量が減ります。
もし、これが大きい機械だったら?
一回で洗える量がたまるまで、洗わないで品物がたまるまで待つことになるんです。


効率悪いですね。


そこで、小さな機械の出番。
少ない量でこまめに洗うことが出来るので、大変重宝するんですね。
また、コンパクト、と言うことは狭い場所にも設置しやすくなります。
クリーニング屋さんは、結構狭い場所で営業されているお店が少なくありません。
見学にお邪魔しても、友達のお店へ遊びに行っても、狭い中、機械をどうにか入れて作業されている店がかなり多いんです。
下手すると、僕が入れないような作業場までありますから。


そんなクリーニング屋さんにとって、コンパクトな機械と言うのはとても魅力的なんです。

また、小さい洗濯機と言うのは、落下する高さがそれ程でもないので、ボタンなどの破損がぐっと減るんですね。
反面、たたき効果が弱くなりますから、汚れ落ちが若干悪くなる、と言う人もいます。
まあここは、たたき効果だけで汚れを落としているわけではないので、一概に汚れ落ちと結びつけるのは強引なんですけどね。

こんな感じで、クリーニング屋さんの機械も大きさは千差万別。
大きくていいところもあり、小さくていいところもあるんです。


でも、仕事をしていると、段々と欲が出てくるもんなんですよ。


ああ、大きな機械があれば、大きな布団とかも洗えるのに、なんて。


洗濯機の中に入らなければ洗うことが出来ませんからね。
大きな品物が出るたびにいつも思います。
かといってお店は狭いしねえ。
難しい所ですね。(笑)

一伸ドライクリーニング店 
カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM
東京都府中市住吉町2-17-13
工藤隆史
TEL 042-362-6470
定休日 日曜日
営業時間
朝8:00~夜10:00
★宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他
詳しい集配エリアはこちら。

| |

« FMやまとさんにお邪魔してきました。 | トップページ | 実験中。(笑) »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機械の大きさ。:

« FMやまとさんにお邪魔してきました。 | トップページ | 実験中。(笑) »